洗顔料で肌は変わる。自分の肌にぴったりのおすすめを大公開

2017.07.18

洗顔料で肌は変わる。自分の肌にぴったりのおすすめを大公開

すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

洗顔はスキンケアの基本といわれ、洗顔料にこだわる女性は多いです。でもいざ選ぼうとすると、洗顔料は種類も多くタイプもいろいろとあって悩んでしまいませんか?洗顔料のタイプや特徴、そして選び方からおすすめまでお役立ち情報を一気に公開します。

INDEX

目次

    洗顔料の役割

    毛穴汚れを取り除く

    ほとんどの人が顔を洗うときに洗顔料を使用しているかと思います。当然のように使っている洗顔料ですが、どのような役割があるのかご存じですか?顔は空気中の汚れやほこりなどに常にさらされています。女性はメイクをしますが、汗や皮脂なども混ざって1日の終わりにはかなり汚れた状態になります。

    洗顔はこうした汚れを取り除くために行います。そして洗顔料を使用することで、水だけではなかなか落としきれない古い角質や汚れなどもしっかりと洗い流すことができるのです。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    ニキビ改善にはビタミンCが効果的。効率良く摂取する方法とは?

    スキンケアのベースを作る

    洗顔料には、汚れを落とすこと以外にも大事な役割があります。それはスキンケアのベースをきちんと作って、洗顔後につける化粧水の効果をアップさせること。

    古い角質などが落としきれないで肌に残ると、化粧水の浸透を妨げてしまいます。逆に必要な皮脂まで落とし過ぎるのも問題で、乾燥して角質が肥厚する原因となり、やはり化粧水が浸透しづらくなります。自分の肌に合った洗顔料を使って正しく洗い、化粧水がしっかりと浸透するようにすることが大切です。

    洗顔料のタイプ

    しっかり洗い上げる固形タイプ

    洗浄成分を一つに固めた固形タイプは弱アルカリ性なので、もともと弱酸性の私たちの肌をアルカリ性に近づけます。そうすることで肌は本来の状態に戻ろうとしますが、この作用が肌を健康に導いてくれます。

    固形タイプはしっかりと洗い上げてくれますが、前述のような弱アルカリ性の性質によって洗顔後につっぱったように感じることもあります。

    泡立ちがいいクリームタイプ

    やわらかいクリームタイプは、泡立ちがいいのが特徴です。手だけで泡立つものもありますし、泡立てネットを使えば簡単にクリーミィーな泡ができあがります。

    このクリームタイプの洗顔料には、保湿成分や美白成分などが配合されている製品が多いので、モコモコの泡で汚れを落とすだけでなく、プラスアルファのスキンケア効果も期待できます。

    泡立ちが軽めのリキッドタイプ

    水分が多い液体状のリキッドタイプの洗顔料というのもあります。リキッドタイプはどちらかというと泡立ちは軽めで洗浄力が高く、さっぱりとした洗い上がりでオイリー肌の人に向いていると言えます。

    リキッドタイプは保湿成分が配合されているものが多く、洗顔後にしっとり感も得られます。気を付けたいのは、洗顔後のすすぎが不十分でぬるついているのをしっとり感と勘違いしないようにしたいです。

    泡で出て手間がかからない泡タイプ

    ハンドソープのように容器から泡の状態で出てくる泡タイプは、発泡成分が配合され泡立てる手間がはぶけます。さらに洗顔フォームのようにキャップを外す必要もなく、ワンプッシュですぐに洗顔ができて便利です。

    ただし容器から出した直後でも、泡立てネットでしっかりと泡立てた泡に比べると物足りなさを感じるかもしれません。

    石鹸を粉末状にしたパウダータイプ

    パウダータイプには、石鹸を粉末状にしたものと酵素が配合された酵素パウダーなどがあります。水分を含まないパウダータイプで、毛の平で水を加えてクリーム状にしてから使用します。

    酵素パウダーは泡立ちは控えめですが、泡で汚れを落とすというよりは、古くから活用されている酵素の力で古い角質などをきれいに取り除きます。

    洗顔石鹸と洗顔フォームの違い

    配合されている成分が違う

    洗顔料として、洗顔石鹸か洗顔フォームのどちらかを使用している人が多いかと思います。そして多くの人が固形タイプは洗顔石鹸で、チューブの容器入りが洗顔フォームと認識しているかもしれませんね。

    しかし2つの違いは配合されている成分にあります。洗顔石鹸は石けん素地が配合されたもので、洗顔フォームは合成界面活性剤が配合されたものをいいます。ちなみに石けん素地とは、牛脂やヤシ油など天然の油脂からつくられる界面活性剤の一種です。

    肌への影響が違う

    洗顔石鹸と洗顔フォームは、配合されている成分によって区分されると前述しましたが、それによって肌への影響も違ってきます。石鹸は洗浄力が高めで皮脂や汚れをしっかりと落としてくれますが、洗顔後につっぱり感が生じることがあります。

    洗顔フォームの場合、洗浄力は製品によってまちまちですが、油分が多めなので洗い上がりはしっとりするものが多いです。

    洗顔料選びのベース

    毛穴汚れをしっかり落とせるもの

    洗顔料を選ぶときに覚えておきたいのは、洗顔の基本ともいえる毛穴汚れをしっかりと落としてくれるかどうかがカギとなるという点です。

    最近は肌へのやさしさや豊かな泡立ちが売りの洗顔料も多く見られます。しかし、本来の目的である、確かな洗浄力で肌に不要な皮脂や汚れをきちんと取り除いてくれるかどうかに注目して選びましょう。

    自分の肌具合に合うもの

    いままで見てきた通り、洗顔料の種類やタイプ、そして特徴もさまざまです。そして私たちの肌質もいろいろですし、肌の状態も変化します。

    肌質ごとに向いているものとそうでないものがあるので、自分に合ったものを選ぶことが大切。また季節の変化や体調などによっても肌具合は変わるので、その時の肌状態に合わせて洗顔料を変える必要もあるかもしれません。

    肌悩み別洗顔料選びのポイント

    ニキビには?

    ニキビケアで大切なのは、洗顔のときに皮脂をしっかりと落とすこと。だからといって洗浄効果が高すぎる洗顔料で洗うと、肌の乾燥を招いて逆効果となってしまいます。

    また、ニキビ向けの洗顔料にはアクネ菌を殺菌する成分が配合されていることがありますが、刺激になることも多く大人のニキビ肌には向いていません。ニキビができているときは、ほどよい洗浄力で汚れを落とし、できれば保湿成分で肌にうるおいをあたえてくれるような洗顔料をおすすめします。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    ニキビケアは洗顔料も大事。失敗しない選び方と正しい洗顔方法まとめ

    毛穴汚れには?

    毛穴に詰まった角栓汚れを落とすには、毛穴の奥の汚れまで落としてくれるクレイ配合のものや酵素洗顔料がおすすめです。

    クレイには毛穴の中の汚れを吸着して落とす性質がありますし、酵素は皮脂を分解する働きで、汚れをしっかりと落としてくれます。どちらも汚れを落とす効果には優れていますが、人によっては肌がかさつく場合もあるので、乾燥肌の人は注意が必要です。

    くすみやエイジングケアには?

    いまひとつ顔色がパッとしないといったくすみが気になる場合は、角質ケア効果のある洗顔料を使うとよいでしょう。角質ケアができる成分としては、AHAと呼ばれるフルーツ酸があげられます。AHAは不要な角質のみをやさしく取り除いてくれます。

    ほかにも毛穴汚れの悩みのところでも取り上げた、クレイや酵素もくすみを除去する成分として人気があります。

    敏感肌には?

    敏感肌の人はどれもしみたりかゆみが出たりして、なかなか自分に合った洗顔料が見つからないという人も多いでしょう。肌が外部刺激を受けやすい不安定な状態になので、なるべく肌に負担をかけないようにしたいですね。

    低刺激なものがいいのはもちろんですが、豊かな泡立ちで肌へ摩擦による負担をかけないような洗顔料がおすすめです。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    敏感肌向けのおすすめ洗顔料。優しく丁寧なケアで改善しよう

    乾燥肌には?

    乾燥肌の人は、洗顔をするたびに顔が乾燥して粉がふいたり、ひどくなると皮がむけてしまうなんて人もいます。洗顔による乾燥が気になる場合は、油分や保湿成分が配合されて潤いを保ちながら洗うようなタイプがおすすめです。

    油分としてはワセリンやビーズワックス、保湿成分はセラミドが配合されていると潤いを保ちやすいといわれています。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    乾燥肌にはどんな洗顔料が良いの?正しく選んでうるおい美肌になろう

    洗顔をする前に知っておくべきポイント

    人肌と同じくらいのぬるま湯を使う

    洗顔をするときのポイントとして、洗うときの水の温度も大切です。なんとなく水やお湯で洗っているという人もいるかと思いますが、適温は32度~34度でこれは人肌程度のぬるま湯になります。冷たすぎると毛穴が閉じてしまうので、汚れをきれいに落としきれません。また適温を超えたお湯だと、必要な皮脂まで落としてしまい肌がかさつく原因となります。

    洗顔料はしっかり泡立てる

    顔を洗うときには、まずは洗顔料をしっかりと泡立てて弾力のある泡で顔をやさしくなでるように洗いましょう。

    手で少しずつ水を加えて、空気を含ませながら泡立てる方法もありますが、手軽なのは泡立てネットを使った方法。泡立てネットを使うと空気をたっぷりと含ませることができ、短時間でキメの細かい泡が作れて便利です。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    洗顔料「泡立て方」のコツ。正しい方法でキメの細かい綺麗肌を目指す

    すみずみまで丁寧に洗う

    顔の中でも目立つ部分の頬や皮脂が気になるTゾーンなんかは、比較的気合を入れて洗っているという人は多いかと思います。しかし、あごや口まわりなどのフェイスライン、そして髪の生え際などもしっかりと洗えているでしょうか?

    洗い残しがあると、肌がざらついたりニキビができたりとトラブルの元になるので、すみずみまで丁寧に洗うように心がけたいです。

    流す時はすすぎ残しがないように流す

    洗うのと同じくらいに大切なのがすすぎです。洗顔が終わったら、ぬるま湯ですすぎ残しがないようにしっかりと流しましょう。

    すすぎの際に特に気を付けたいのは、こめかみや髪の生え際、そしてフェイスラインなどに泡が残りやすいことです。すすぎ残しがあると肌トラブルが起きる原因ともなるので、見落としがちな部分も意識して洗い流すようにしたいですね。

    基本的な洗顔の流れ

    1.洗顔前にきちんと手を洗う

    まずは手についた雑菌を落とすためにしっかりと手を洗いましょう。

    2.ぬるま湯で素洗いをする

    人肌程度のぬるま湯で軽い汚れを素洗いしておきます。素洗いすることで毛穴を開く効果もあり、汚れが落ちやすくなります。

    3.ぬるま湯で洗顔料を泡立てる

    泡立てネットがあれば利用して、空気を含ませるようにして洗顔料をよく泡立てます。

    4.皮脂が気になるところから泡をのせる

    まずは額から肌にかけたTゾーンなどの皮脂の分泌量の多い部分から泡をのせます。

    5.顔全体に泡を転がすように広げて洗う

    顔全体に泡を転がすようにして広げながら、やさしく丁寧にあらいます。

    6.ぬるま湯で顔全体をきちんとすすぐ

    洗い終わったらぬるま湯で顔のすみずみまでしっかりとすすぎます。すすぎの目安としては、30回もすすげば充分でしょう。

    7.清潔なタオルでふんわり水気を拭き取る

    最後にきれいなタオルを使って、顔をこすらないようにふんわりと水分を拭き取りましょう。

    洗顔後のスキンケアアイテム

    水分与える化粧水

    洗顔後の肌は汚れが落ちてきれいな状態ですが、逆にいえば皮脂なども落とされて不安定にもなっています。そこで洗顔後はなるべく早く化粧水をつけて、不安定な肌に水分補給をしてあげましょう。また化粧水で水分補給をすることで、その後につける化粧品が浸透しやすくもなります。

    潤いを閉じ込める乳液

    化粧水で水分を補ったあとは、油成分を補う目的で乳液を塗ります。乳液には潤いを閉じ込めてキープする働きもあります。乳液のべたつく感じが苦手だから使わないという人もいるようですが、せっかく補給した潤いを逃がさないためにも乳液は外せないアイテムといえます。

    べたつきが気になったら、さっぱりタイプを使うか量を減らしてみるなどして、ぜひスキンケアに加えてください。

    肌の働きを高めるクリーム

    クリームは乳液よりも油分が多くこってりとしていて、乳液と同じく補った美容成分をキープする役割があります。乳液でもまだ物足りないと感じたら、乾燥が気になる部分にクリームをプラスします。テカる原因ともなるので、ピンポイントで塗るだけで充分です。

    クリームは保湿以外にも特別な美容効果があるタイプも多く、肌の働きを高める目的としても使用されます。

    • 滝沢日花里
      滝沢日花里(33)MR、モデル、医療・美容・健康コンサルタント
      7723-1:肌の働きを高めるクリーム

      クリームには様々な特徴があります。1番は乳液までのステップを睡眠中に保護してくれる役割が大きいので、肌質改善の為にも使って頂く事をお勧め致します。メーカーさんによっては、春夏用・秋冬用とテクスチャーや役割を変えて、季節毎に合ったクリームを出していらっしゃる所もあります。また私が愛用しております「全薬工業さんのジュレリッチ エタンクリーム」こちらは、角質層まで浸透しベタつきも無く、脂質肌の方・インナードライの方にも好評のクリームです。クリームは沢山付ける必要はありません。肌質に合った成分や使い易いテクスチャーのクリームを、上手に使って頂くとより美肌に近付いていけます。乳液だけでも問題はありませんが、20代前半をピークに肌の水分やコラーゲンは大幅に減少していきます。予防美容は積み重ねと継続が大切です。御自身の肌に合ったクリームで最高の美肌を手に入れるスキンケアの仕上げをしていきましょう。

    滝沢日花里さんを23人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    おすすめスキンケアとタイミング

    より潤いを与えるフェイスパック

    いつものスキンケアだけではなんとなく物足りなさを感じたら、潤い効果の高いフェイスパックがおすすめです。美容液や化粧液がたっぷりしみ込んだフェイスパックを顔にのせて15分ほどおくことで、美容成分が肌の奥までしっかりと浸透します。

    乾燥肌をしっとりさせるフェイスパックでのスペシャルケアをぜひ取り入れてみてください。

    フェイスパックは洗顔後がベスト

    スペシャルケアとしておすすめのフェイスパックですが、洗顔後の毛穴が開いている時に行うのが一番です。やはり毛穴が開いていると、その分美容成分の浸透も良くなります。

    肌の乾燥が気になる人は、メイクをする前にフェイスパックをするとメイクのノリやもちが全然違ってくるので、時間に余裕があれば試してみてください。

    しっかり保湿する美容液

    スキンケアはとにかく保湿することが大切だといわれますが、肌トラブルの多くは肌の乾燥によって起こります。そこでいつものスキンケアにプラスアルファするなら、保湿力に優れた保湿用美容液がおすすめです。

    美容液もさまざまな目的別に配合成分が違いますが、保水力に優れたセラミドや水分を抱え込むヒアルロン酸やコラーゲンなどが配合された美容液がよいでしょう。

    保湿用美容液は化粧水後がベスト

    保湿用美容液ですが、どのタイミングでつけるのがベストかというと化粧水を浸透させた後です。化粧水は後でつける化粧品の浸透力を高めるので、美容液の成分が肌の奥に届きやすくなります。

    化粧品をつける順番なんてと思われるかもしれませんが、せっかくプラスする美容液の効果をしっかり実感するためにもきちんと意識して使用するようにしましょう。

    編集部が選ぶ洗顔料人気ランキングと口コミ

    1位 ムースネトワイアントA

    ダイヤモンドパウダーが配合された贅沢な洗顔料です。独自の設計によって、肌をいたわりながら汚れを取り除いて艶やかで輝く美肌に洗い上げます。吸いつくような濃密泡がくすみの元となる肌の不要物を除去して、毛穴の目立たないキメの整った肌に導いてくれます。天然ローズやランの華やかな香りで、優雅な洗顔タイムが楽しめます。

    ▪口コミ情報
    ・洗顔後につっぱらず、くすみが抜けたような感じがする
    ・BAさんのおすすめで硬めのクリーム状に練ってから使ったら肌がツルツルに
    ・値段が値段なので期待したけど、それほどの良さは感じなかった
    ・洗顔直後にツッパリ感とひりつきを感じた

    こちらは大人の女性の愛用者が多いです。値段だけあって使用感が良いという人に、値段の割には普通という人に感じ方はさまざまなようです。口コミにあるように手で丁寧に練ってから使うと、違った使用感が得られるかもしれません。

    2位 シンデレラタイム ブースターセラム ナノクレンジングゲル 敏感肌タイプ

    W洗顔不要で、これ1つでクレンジング、洗顔、導入美容液、角質ケア、毛穴ケアの5つがかなうクレンジングゲルです。ナノ粒子が毛穴の奥のしつこい汚れも浮き上がらせてすっきり落とします。7種類の美容成分が配合されていて、洗顔後のスキンケア効果を高めてくれます。刺激のある成分は無添加なので、敏感肌の人にも安心です。

    ▪口コミ情報
    ・敏感肌でもかゆくも痛くもならずに化粧がスッキリ落ちる
    ・W洗顔不要で汚れ落ちも良く、洗顔後につっぱる感じがしない
    ・もう少しさっぱりした方がいいので、W洗顔している
    ・メイクはよく落ちるけど何回か使ったら乾燥がひどくなった

    濃いメイクもするっと落ちるという声がある一方で、中には肌が乾燥して合わなかったという声も。W洗顔不要なタイプのクレンジングですが、洗い上がりがもっとさっぱりしたい場合には洗顔料で洗ったほうがよいかもしれません。

    3位 オバジC 酵素洗顔パウダー

    ピュアビタミンCと酵素が配合されたパウダー状の洗顔料です。酵素の力で毛穴の汚れやザラつきをしっかり取り除き、ビタミンCがなめらかな肌に導いてくれます。ポーションタイプのパッケージに入っていて、1回分ごと使い切るので手軽で衛生的です。1日1回のスペシャルケア洗顔で毛穴知らずの肌に。

    ▪口コミ情報
    ・鼻やあご下のざらつきが使うごとになくなるのを実感
    ・他の酵素洗顔料から乗り換えたが、くすみがとれて3個目をリピ中
    ・これを使うと肌が痛くなって化粧水すらしみる
    ・他の酵素パウダーとの違いがよく分からない

    酵素洗顔パウダーは、肌に合う合わないの差が比較的激しいかもしれません。こちらも肌がツルツルになったという声は多いですが、逆にヒリヒリして合わなかったという意見も見られました。

    4位 カウブランド 赤箱(しっとり)

    パッケージに牛のイラストが描かれたカウブランドの洗顔石鹸。手間ひまのかかる釜だき製法でつくられ、天然の油脂成分がうるおい成分としてしっかりと石鹸に含まれています。赤箱は肌を保護するミルク成分とうるおい成分のスクワランが配合され、クリーミィな使用感でしっとりと洗い上げます。ローズ調のやさしい花の香りです。

    ▪口コミ情報
    ・洗顔料を色々試したけどなかなか治らなかったニキビが、これにしてから日ごとになくなっている
    ・洗顔フォームを使っていたときより肌トラブルが減った
    ・クレンジングの後に牛乳石鹸で洗顔したら乾燥して吹き出物がでた
    ・洗顔用で使用すると洗浄力が足りなくてざらつきが気になる

    昔ながらの固形石鹸で、体だけでなく顔にも使えて重宝しているという人がたくさんいました。コスパの良さに加え、良い口コミが多く皮膚科医が薦めていることなどが人気の理由のようです。

    5位 パパウォッシュ

    パパイヤの天然酵素が主原料の酵素洗顔料です。天然パパイン酵素が毛穴の汚れや角質を分解して、やさしく取り除きます。パパウォッシュはパウダー状で、水となじませてクリーム状にしてから使用します。30年以上のロングセラー商品で、今もなお10代から70代以上まで幅広い年齢層に指示されています。

    ▪口コミ情報
    ・若い頃に使ってニキビができなくなったので、久しぶりに使ったら毛穴が目立たなくなり肌がワントーン明るくなった
    ・乾燥肌だけど、かさつきやかゆみは出なかった
    ・使用感はさっぱりで、少しつっぱる感じがある
    ・においが独特で好き嫌いが別れるかも

    ロングセラーだけあって、20年近く使い続けている人や昔愛用していたのを思い出して使い始めたという人も多いです。酵素洗顔料なので、さっぱりと洗い上がるという声が多数。毎日使用せずに週に数回のケアに取り入れているという人もいました。

    毛穴汚れをしっかり取り除くおすすめの洗顔料

    どろあわわ どろ豆乳石鹸

    異なる性質の2種類の泥と豆乳発酵液が配合されたどろ石鹸。固い泥パックに似たテクスチャーで、パウチ型のパッケージに入っています。濃厚でもちもちな泡が毛穴の奥の汚れを吸着して落とします。豆乳のほかにもコラーゲンやヒアルロン酸、黒砂糖エキスなど保湿成分がぜいたくに入っているので、洗顔しながら肌にうるおいも与えてくれます。

    DHC マイルド ソープ

    枠練製法で1ヶ月以上かけて作られる半透明の洗顔石鹸。ほんのりと甘いハチミツとオリーブの香りがします。キメの細かい泡が肌の汚れや余分な皮脂をすっきり落とし、天然美容成分配合でうるおいはしっかりキープします。一円玉をのせてもつぶれないほど弾力のある泡立ちで、肌に負担をかけずに洗顔できます。

    FANCL 洗顔パウダー

    カンテンやデンプンなど自然派の成分で汚れを浮かせて吸着する無添加の洗顔料です。濃密でもっちりとした泡はへたりにくく、こすらずに最後まで心地よく洗えるのが特徴です。肌が持つうるおい成分を守りながら洗うので、洗うだけで肌自らの保湿力がアップします。さらに洗顔後のスキンケアの浸透力まで高まります。

    アクセーヌ リセットウォッシュ

    ムース状のみずみずしい泡が肌に密着して、汚れをしっかりと吸着して落とします。保湿効果の天然多糖類が角質をやわらかくして、グリコール酸がやさしく除去します。不要な角質が取り除かれるので、洗い上がりの肌はしっとりやわらか。無香料・無着色・アルコールフリーの低刺激性となっています。

    洗顔料は肌質や状態をみて選ぼう

    洗顔料のタイプや種類、特徴などについて見てきましたが、意外だと感じたことや初耳ということもあったかもしれませんね。

    肌質やお悩み別におすすめのものも取り上げましたが、洗顔料の口コミでも見られたように合う合わないは個人差があります。それぞれ肌質が違うのはもちろん、その時々で肌の状態も変わってきますので、ご自身の状態に適した洗顔料を見つけてみてください。

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT