パックは保湿する時間も重要。パックの種類や使用方法のまとめ

2017.06.21

パックは保湿する時間も重要。パックの種類や使用方法のまとめ

スキンケア

NADECICA編集部
NADECICA編集部

普段スキンケアでパックをしているのに、なかなか効果が得られない。という経験はありませんか?その原因はパックを効果的に使用していないことが考えられます。パックの種類や効果的な使い方をいまいちど確認してみましょう。

INDEX

目次

    パックの種類

    顔を包み込むシートパック

    顔を包み込むシートパックは、ドラッグストアやコンビニで手軽に購入できます。種類も豊富で、保湿や美白など目的に合ったスキンケアのモノを選ぶことができます。

    シートパックの効果的な使用方法は、パッケージに記載されている手順に従うことです。
    また、手順に従う前後は、しっかりとスキンケアをしましょう。シートパックの効果がより高まります。

    シートパックを使用する前は、洗顔をしてしっかりと皮脂汚れなどを落とします。皮脂汚れを落とすことで、シートパックの成分が肌に浸透しやすくなります。パック後の肌は、保湿されうるおった状態ですが、水分が蒸発しやすくなっています。そのため、油分の多いクリームで肌に膜を作って保護することが大切です。

    手持ちの化粧水で手軽に行えるコットンパック

    コットンパックは、普段使用している化粧水で手軽に行うことができます。準備するものは、手持ちの化粧水だけなので、手間やお金がかかりません。

    また、コットンパックには、乾燥を防いだり、毛穴の黒ずみを目立たなくさせる効果があります。コットンに含まれる化粧水が肌にうるおいを与え、角質を浮かせ黒ずみを取りやすくしてくれるのです。

    ちなみに、このパック法をする際には、アルコールが含まれた化粧水を使ってはいけません。アルコールは水分の蒸発が早く、乾燥を引き起こしてしまう場合があります。手持ちの化粧品の成分記載欄をしっかりとチェックしましょう。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    化粧水パックのやり方。ひたひたコットンで肌に水分を補給する

    油分も補給できるクリームパック

    油分も補給できるクリームパックは、肌に美容クリームを塗って保湿させる方法です。普段使いのクリームを使用できるのでが手軽に行うことができ便利です。クリームパックを行うことで、ツヤと弾力のある肌に導き、保湿不足や加齢によっておこる、シワやくすみへの効果も期待できます。

    泥でできたクレイパック

    クレイパックはミネラルを多く含んだ、天然の泥を使って行うパックです。ミネラルには、角質や皮脂代枯れを吸着してくれる働きがあり、ニキビなどの皮脂分泌の多い、肌トラブルを改善する効果が期待できます。

    クレイは含まれているミネラルの成分の種類で、効果や色が変わります。ですので、自分のスキンケアに合ったものを選んで使用しましょう。

    毛穴汚れや詰まりを取る毛穴パック

    毛穴汚れやつまりを取る毛穴パックは、毛穴の角栓をごっそりとってくれます。この鼻パックの種類は、シートをつけて剥がして取るタイプと水で流すタイプの2つです。

    どちらも、毛穴汚れを取り除く効果が高いです。しかもシートパックは、その汚れを目で確認することができ、汚れが取り除けた喜びが得られます。しかし、肌に与える負担が大きいので使用回数は記載通りに守りましょう。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    毛穴パックで黒ずみ解消。いちご鼻からキレイを取り戻そう

    パックをする際の目安となる時間

    シートパックは10分程度

    手軽にできるシートパックの目安時間は、10分程度です。10程度で化粧水が、肌のすみずみに浸透します。また、シートパックをしたまま寝るという人がいるようです。しかし、パックをしたまま寝てしまうとシートが渇き、逆に乾燥してしまう場合があるので注意してください。

    コットンパックは3分程度

    低コストでできるコットンパックの目安時間は、3分程度です。化粧水のタイプに合わせて調整し、使用することをおすすめします。また、コットンパックもシートパック同様で、長い時間使用してしまうと、コットンが渇き肌の水分を奪ってしまいます。

    クリームパックは15分程度

    保湿力の高いクリームパックの目安時間は、15分程度です。クリームを塗り15分程度置いた後に、コットンでサッとふき取ると弾力のある肌になります。ちなみに、蒸しタオルでクリームをふき取ると、蒸気で浸透力を高める効果が得られます。

    クレイパックは5分程度

    吸着力が高いクレイパックの目安時間は、5分程度です。クレイパックは5分以上行うと、肌の水分を奪ってしまう可能性があります。また、クレイパックは、肌に負担がかかります。ですから、使用する頻度は、週に1~2回にしましょう。

    毛穴パックは10分程度

    毛穴の角質をごっそりとってくれる毛穴パックの目安は、洗い流すタイプが10分程度です。洗浄力が高い毛穴パックは10分以上使用してしまうと、肌に負担をかけてしまいます。

    一方、シートタイプの毛穴パックは、目安時間がありません。その時の湿度や空気の状態によって、シートの乾き具合が違うからです。シートが完全に乾いてから、ゆっくりと剥がしていきましょう。

    パックの端が乾燥してきたら剥がすタイミング

    パックを剥がすタイミングは、パックの端が乾燥してきてからです。パックの端は中心部よりも、水分が蒸発しやすいです。すると、剥がれにくくなり、肌を傷つけてしまう可能性があります。端が乾燥してきたら、下からゆっくりと優しく剥がしましょう。

     

    パック時間が長いと起こる肌トラブル

    肌が乾燥する

    肌に潤いを与えてくれるパックですが、長い時間使用すると肌の乾燥の原因に鳴ってしまいます。長い時間パックすると肌に必要な油分まで取ってしまい、その結果肌が乾燥しやすくなってしまいます。肌を乾燥させないためにも、目安時間は守りましょう。

    • Emiri
      Emiri読者モデル,被写体モデル
      3073-1:肌が乾燥する。

      元々乾燥肌のため少しでも保湿や効果が出るようにと出来るだけ長時間使用しようとしていました。使用後にシートを外してみるとふだんの肌以上にカサカサしてしまい化粧水で保湿しても潤いがまったく出ませんでした。パックの水分が蒸発する時に自分の水分も一緒に蒸発させてしまっていました。せっかくのパックも誤った使用方法をしてしまうと逆効果になってしまうので注意が必要だと思いました。

    Emiriさんを1人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    肌に負担がかかる

    パックを長い時間行うと、肌に大きな負担をかけてしまいます。負担をかけると、さまざまな肌トラブルをお越しかねません。

    また、パックをやりすぎることでも、肌に負担がかかります。肌に負担をかけないためにも、パックをする際は、それぞれの使用頻度をしっかり守りましょう。

     

    時間帯で効果の違うパックを使用すると肌により効果的

    朝のパックは保湿効果のあるパックを選ぶ

    朝のスキンケアにパックを行うことで、化粧のノリが良く、化粧崩れがしにくくなります。ですので、保湿効果の高いパックを選ぶことがおすすめです。肌をたっぷり保湿させることで、歯d直キメを整えることができます。

    また、肌パックは、肌になじみの良いテクスチャーを選びましょう。テクスチャーの良いモノを選ぶことで、化粧崩れが起きにくいです。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    お肌の保湿機能と美肌力アップのための保湿成分。あなたはどこまで知っている?

    夜のパックは美容成分を豊富に含んだパックを選ぶ

    夜のパックは、美容成分を豊富に含んだものを選びましょう。また、入浴後にパックすることがベストタイミングです。入浴後の肌は毛穴が開いた状態なので、美容成分が肌の深部まで浸透します。しかも、全身が温まっている状態なので、全体に行きわたりやすくなります。

    一日の肌の疲れを癒やすためにも、入浴後は美容成分が豊富に含まれたパックでケアをしましょう。

    種類別のパックを行う頻度

    乾燥対策の保湿パックは毎日使用しても良い

    美容効果の高いパックは、栄養成分が多く含まれています。ですから、週に1~2回の頻度で使用することが良いです。また、美容効果の高い成分が含まれているシートは厚みがあるので、剥がれにくく破れにくいです。

    美容効果の高いパックは週に1~2回の頻度で良い

     

    パックをする際のポイント

    顔や手を洗ってからパックを使用する

    パックは、顔や手を洗ってから使用しましょう。手はさまざまな場所や物に触れます。そのため、雑菌が多く付着してしまいます。その手でパックを使用すると、雑菌が顔に付着してしまい、肌荒れなどを起こしかねません。パックだけではなく、スキンケアをする際には必ず手を洗ってから行いましょう。

    パック使用前に化粧水を使って効果を上げる

    パックを使用する前に化粧水を使うと、保湿効果を上げることが可能です。パックを使う前に化粧水を塗ることで、パックの成分の吸収がアップします。また、パック後に乳液などの保湿ケア用品で蓋をすることで、より高い効果が期待できるでしょう。

    乾燥対策のため目元や口元に乳液をつける

    パックを使用すると、肌が乾燥しやすくなります。目元や口元は、通常乾燥しやすい部分です。そのため、パックを使用することで、より乾燥してしまいます。目元や口元の乾燥対策のためにも、保湿効果のある乳液をつけることをおすすめします。

    伸びた爪はパックを破ってしまい満足に使用できなくなる

    伸びた爪でパックを使うと、パックにしわができたり、破ってしまったり満足に使うことができません。そのため、出来るだけ爪を短く切ってから、パックを行うことをおすすめします。

    パックの上からラップをかける

    パックを効果的に使用するために、パックの上からラップをかけましょう。ラップをかけることにより、パックの成分が肌に浸透しやすくなります。また、パックをする前に蒸しタオルを顔にのせることで顔全体を温め、より高い浸透効果が得られます。

     

    パックを行った後は乳液などで保湿をしよう

    パック後の肌は、毛穴が開いた状態になっていて刺激を受けやすい状態です。乳液などで蓋をして、肌のうるおいを保つようにするのがベストです。肌の健康に必要な成分をパックで浸透させた後は、しっかりと乳液などで保湿してふっくら肌を目指しましょう。

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT