保湿力の高いファンデーション選びのコツ。つらい乾燥の悩みを解決

2017.07.01

保湿力の高いファンデーション選びのコツ。つらい乾燥の悩みを解決

スキンケア

NADECICA編集部
NADECICA編集部

オフィスのエアコンが直にあたるせいで、肌表面はカサついてファンデーションがヨレてくる…。そんなどうしようもない悩みを抱えて困っている方は、スキンケアとファンデーション選びを見直してみましょう。保湿成分の高いものを選ぶにはコツがあります。

INDEX

目次

    乾燥肌によるメイクの悩み

    時間が経つと粉をふいてしまう

    どれだけ朝しっかりと保湿をしても、夕方をすぎてくると口元や目元からカサついてファンデーションが浮いてくる…。オフィスの冷房が直にかかる席で、肌が乾燥してしまう…。など季節に関わらず肌の乾燥の悩みは尽きません。ファンデーションは肌が乾燥する原因。かといって化粧をやめるわけにもいかないので悩みの種ですよね。

    時間が経つと化粧崩れしてしまう

    朝しっかりとスキンケアしているのに、乾燥してうまくファンデーションがのらない。時間がたつと更にあたりが乾燥でカサカサと汚く見えてくる。ファンデーションのノリがわるいとそれだけで1日ブルーになってしまうので辛いですよね。人に顔を見られるのが嫌になってしまいます。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    化粧崩れの原因は汗・皮脂・乾燥にあった。崩れ防止と化粧直しの方法

     

    タイプ別ファンデーションの特徴

    液体状のリキッドファンデーション

    リキッドファンデーションは伸びがよく、肌に密着するのでシミや肌荒れをしっかりとカバーすることができます。リキッドファンデーションを複数混ぜることも可能なので、急に日焼けしてしまった時や肌の色に合わない商品を買ってしまった場合でも、手持ちのリキッドファンデーションと合わせて色を調節することができます。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    艶肌メイクはリキッドファンデーションでナチュラルに長持ちさせる

    リキッドよりカバー力の高いクリームファンデーション

    クリームファンデーションは、リキッドよりもテクスチャーが硬いので更にしっかりと肌悩みをカバーすることができます。また油分が主な成分なので、汗をかいても弾くほど水に強いのが特徴です。気になるシミは、重ねづけしてカバーすればしっかりと隠すことができます。

    油分が多い反面、皮脂には弱いのでオイリー肌の方はメイクの仕上げにパウダーを乗せてクリームファンデーションをフィックスさせる必要があります。

    刺激の少ないパウダーファンデーション

    パウダーファンデーションは上記のファンデーションよりもナチュラルな仕上がり。リキッドやクリームは肌と一体化させるような仕上がりのイメージだとしたら、パウダーファンデーションは肌にヴェールをかけたような肌になります。

    固形なので持ち運びがしやすく、外出先でもお直ししやすいのも特徴。パウダーファンデーションは重めのシリコーンオイルなどもあまり含まれていないので、添加物が少なく肌が敏感な人でも気軽に手を伸ばしやすいのがうれしいです。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    さっと塗って艶肌に。年代別おすすめパウダーファンデーション

    ルースファンデーション

    ルースファンデーションはパウダーファンデーションを固める前の状態なのでサラサラな粉状のパウダー。テクスチャーが軽く、ちょっとしたお出かけ等にもクルクルと馴染ませれば簡単に仕上げることができます。固形ファンデーションと違って粉状なので、毛穴の開きも筆でクルクルと仕上げれば隠しやすいというメリットもあります。

    スキンケアとベースメイクが1本になったBBクリーム

    BBクリームは下地、日焼け止め、コンシーラー、ファンデーションの役割に加えて美容液成分が配合されていることが多いです。時間がない日の朝は、BBクリームをたたきこむだけで簡単に肌を仕上げることができるのは非常に便利です。
    ▼さらに詳しい解説はこちら
    乾燥肌のメイクはBBクリームで決まり。使い方のコツを知って艶肌に

    保湿ファンデーションを選ぶときのポイント

    カバー力がある油性のものを選ぶ

    肌が乾燥しやすい状態になっているとき、肌内部に水分をとどめる力が弱っています。したがって、油性ファンデーションを選ぶことで肌に不足している油分をプラスしてあげるのがポイントです。油性のファンデーションはテクスチャーが比較的重めなので、しっかりカバーできるというメリットもあります。

    保湿力を高める成分のものを選ぶ

    ファンデーションにヒアルロン酸のような保湿成分が入っていると、肌の水分をサポートすることができるので乾燥しにくくなりおすすめです。伸びも良いので、乾燥してカサついた肌の上にもスルスルと伸ばすことができ、しっかりとファンデーションをフィットさせることもできます。

    自然な仕上がりで素肌感がでるものを選ぶ

    油性ファンデーションや保湿系のファンデーションはベタっとした重い質感のものが多く、つけ方を間違えると厚塗りになりがち。したがって、これらの中でも心地よく伸びるものを選べば、薄塗りで自然な仕上がりにできます。

    • 中村 沙織
      中村 沙織(30)読者モデル、主婦
      5841-1:自然な仕上がりで素肌感がでるものを選ぶ

      乾燥肌の私はファンデーションを選ぶ際、保湿力の高いものを選ぶようにしています。特におすすめのファンデーションはLANCOMEのクッションファンデーションです。これは、クッションに含まれているジェリー状のファンデーションが肌に塗る際にリキッドに変化し、肌に密着するとまたジェリー状になるというものです。保湿力やツヤ感のあるファンデーションはどうしても、テカリが気になってしまうことが多かったのですが、このクッションファンデーションはそういった心配は無いです。保湿成分が肌の角質層まで潤い、化粧崩れも無く、すっきりした使い心地なのでおすすめです。

    中村 沙織さんを0人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    紫外線カット機能の入ったものを選ぶ

    紫外線のダメージは肌を乾燥させる原因の1つです。紫外線によって、肌内部の水分が蒸発してしまうからです。下地に日焼け止めを塗るとしても、ファンデーションを選ぶ時は紫外線カット機能が含まれているほうが心強いですね。

    化粧品に配合される主な保湿成分の種類

    乾燥肌の改善効果の高いセラミド

    最近、保湿成分としてセラミドが大きな注目を浴びています。従来保湿力があるとされてきたヒアルロン酸やコラーゲンは成分自体が水分を蓄えているのですが、セラミドは水分をクッションのように抱え込み逃がさないようにする性質をもつ成分です。アトピー肌や乾燥肌の方はセラミドが不足しているために、肌が乾燥するのだといわれています。

    セラミドの中にもさまざまな種類があるのですが、特に効果を発揮するといわれているのがヒト型セラミドです。こちらのセラミドは、人間の皮膚に存在するセラミドと100%同じ構造なので肌馴染みが良いのです。成分名としてセラミド1、セラミド2、セラミド3のようにセラミド数字と表記されいているのがヒト型セラミドの特徴です。商品を選ぶ際に成分表記をチェックするだけなので、意識してみてくださいね。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    セラミドってホントに効果があるの?いつまでもハリのある肌を

    水分の含有量と保持力に優れるヒアルロン酸

    ヒアルロン酸の凄さは、1gで6リットルもの水分を抱え込むことができる水分含有力です。年齢とともにヒアルロン酸が減少してくるため、肌のハリが減ってみずみずしさが失われてしまいます。

    メリットとして、ヒアルロン酸は安価な成分なので、ドラックストアで手に入る化粧品にも含まれていることが多いです。

    皮膚の新陳代謝を助けるコラーゲン

    ヒアルロン酸とともに真皮に存在し肌のハリを与えているのがコラーゲンです。ヒアルロン酸とコラーゲンは真皮という皮膚の層のもっとも奥に存在しているので、ベースとなって肌のハリを支えています。こちらもヒアルロン酸と同様、年齢とともに減少していくので年齢とともにたるみが気になるようになります。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    コラーゲンサプリで美肌効果を実感。飲み比べて悩みを解消しよう

    肌の再生を助けるプラセンタ

    最近よく聞く成分のプラセンタ。もともと胎盤を意味する英語で、胎盤にはあらゆる栄養が含まれています。その中でも、新陳代謝を活性化させる成長因子が含まれているので、肌のターンオーバーを促進し再生を助ける作用があります。

    プラセンタの中でもヒトプラセンタと呼ばれるものは、実際の人間の胎盤を使用したものになります。もちろん、あらゆる厳正なチェックを受けた成分であり、高い安全性が確保されています。馬プラセンタは、馬の胎盤から抽出したものになります。厳重な健康管理・衛生管理体制のもとに育てられた馬なので、安全であるといわれています。

    保湿力の高いオススメのファンデーション

    RMK ジェルクリーミィファンデーション 30g

    RMKから発売された大人気ファンデーション。SPF24、PA++と紫外線カット成分がしっかりと含まれているので杏仁です。ジェルとクリームがひとつになったファンデーションなので、みずみずしく伸びるのでとても気持ちの良い使いごこちで大人気の商品です。
    RMK ジェルクリーミィファンデーション 30g

    カバーマーク モイスチュアヴェールクリーミィリキッド 25g

    カバーマークから発売されたリキッドファンデーション。SPF38、PA+++としっかりとUVカットをしてくれるので、これ1本で安心して出かけることができます。カバー力と伸びの良さを兼ね備えたテクスチャーを実現した理想のファンデーションです。
    カバーマーク モイスチュアヴェールクリーミィリキッド 25g

    リソウコーポレーション リペアリキッドファンデーション 30g

    リソウコーポレーションから発売されたリキッドファンデーション。100%天然由来成分が配合されており、まるで素肌のような自然な仕上がりを実現することができます。石油系フリー、タール系フリーと安心して毎日使用できるのがうれしいです。
    リソウコーポレーション リペアリキッドファンデーション 30g

    オンリーミネラル リッチモイストプレストファンデーション 10g

    オンリーミネラルから発売された天然由来成分100%の肌にやさしいパウダーファンデーション。ミネラルでありながら、SPF50、PA++++と高い紫外線カット効果を実現。毎日使えるのに、紫外線対策もしっかりできるのは本当にありがたいです。
    オンリーミネラル リッチモイストプレストファンデーション 10g

    ホットクレンジング

    ファンデーションの保湿力を高めるポイントと塗り方

    ファンデーションの前にしっかり保湿スキンケアをする

    1.クレンジングでゴシゴシ顔をこすらない

    クレンジングでゴシゴシこするのは、摩擦を引き起こし乾燥の元になってしまいます。粘性の高いクレンジングを使って、肌をこすらないようにたっぷりの量でクレンジングをしましょう。

    2.洗顔はたっぷりの泡をぬるま湯で優しく洗う

    洗顔でも絶対にこすらないことが大切です。泡立てネットを使って弾力のあるもこもこの泡を作ってくださいね。すすぎの際も、肌の水分を蒸発させないようにぬるま湯を使って洗ってください。

    3.化粧水は手で温めてから優しくハンドプレスする

    化粧水は手を使って温めて肌に馴染ませましょう。手のぬくもりで化粧水が温まって、しっかりとハンドプレスすることで肌に水分を送ることができます。

    4.美容液や乳液とクリームは手になじませてから塗る

    美容液や乳液を塗る際も、手の体温でしっかりと温めてください。適量を手のひらにとり、手に馴染ませてからそのままハンドプレスして顔を保湿していきます。こうすることで、ムラなくしっかりと保湿することができます。

    5.スキンケアの後少し間を置いて下地やファンデーションを使用する

    スキンケアの直後は肌表面に油分が浮いています。そのままお化粧を施してしまうと、のちのちの化粧崩れの原因になってしまいます。10分ほど置くとスキンケアの油分が馴染むのでしばらく時間をおいてからメイクを始めてください。

    ファンデーションは優しく叩き込むようになじませる

    ファンデーションはパフで優しく叩き込むように馴染ませます。こすりながら塗ると、肌に摩擦が起き皮が向けて乾燥が目立つ可能性があります。柔らかく清潔なパフを使って、ファンデを点で置いていくイメージでのせていきましょう。使い捨てパフを使えば、毎日新鮮なものが使えるのでおすすめです。

    化粧直しのベースは保湿成分の高い美容液で行う

    化粧直しの際は、高い保湿成分が含まれた美容液を使うのがおすすめ。うまく化粧直しするコツは顔全体にのせるのではなく、乾燥している部分にのみ点置きしてトントンと馴染ませていくことです。ある程度なじませれば肌表面がサラッとしてくるので、その上に軽くファンデーションをのせて化粧直し完了です。

    正しいスキンケアとメイクでファンデーションの保湿力を高める

    なかなかよくならない乾燥の悩み。肌が乾燥したままファンデーションをのせると仕上がりが汚くなってしまうので本当に悩みますよね。正しいスキンケアを意識することはもちろん、保湿力の高いファンデーションを選ぶことで肌表面がしっとりと仕上がります。スキンケア選びもメイク用品選びも、保湿成分に着目して商品選びを始めましょう。

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT