【脂肪燃焼ダイエット】引き締まった完璧ボディを手に入れる

【脂肪燃焼ダイエット】引き締まった完璧ボディを手に入れる

2017.09.06 / すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

ダイエットを行うと、筋肉や胸の肉ばかり落ちてしまい、うまく脂肪が落ちないということが、ままあります。効率のよい脂肪燃焼法を知り、ダイエットを成功に導きましょう。筋肉を落とさず、脂肪を落として、理想的なボディラインを手に入れましょう。

体脂肪を減らす6つの方法

運動で脂肪を落とす

体脂肪を落とす方法はいくつもあります。そのなかでも、運動で体脂肪を落とす方法が、もっともポピュラーな方法の一つではないでしょうか。運動の中でも、有酸素運動が、体脂肪を効率よく落とすのに向いているといわれています。

有酸素運動にはジョギングや水泳などがあり、20分以上継続して行うことで、脂肪を落としやすくなるとされています。

脂肪燃焼系のサプリメントを飲む

脂肪燃焼効果のあるサプリメントを飲む方法もあります。脂肪燃焼系サプリメントは非常に人気があり、薬局やネットなどで購入することができます。

粉末状のもの、タブレット状のものなどいろいろな形状のものがありますので、飲みやすいものを選ぶとよいでしょう。金額も、有効成分もさまざまですので、目的や生活に合ったものを選ぶとよいです。

脂肪燃焼を助ける食べ物を食べる

脂肪燃焼を助ける効果のある食べ物を食べる方法もあります。脂肪燃焼効果のある成分を含んだ食べ物はたくさんありますので、好きでいくらでも食べられるものがあると嬉しいですね。

キノコやセロリなどが有名で、キノコダイエット、セロリダイエットも人気です。どちらも低カロリーで、脂肪燃焼効果が期待できます。そして、手に入りやすい食材である点も魅力です。

脂肪燃焼スープダイエットを行う

脂肪燃焼スープを飲む方法もあります。脂肪燃焼スープは、ダイエット効果のある野菜を複数組み合わせて作ったスープです。各野菜の相乗効果を狙ったもので、食べれば食べるほど痩せるダイエットとして人気を博していました。

食事制限を伴うダイエットなので、リバウンドの心配がある点が弱点ですが、短期間でできるダイエットとして、目標をもって行いたい方法です。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
脂肪燃焼スープダイエット。1週間で目標体重までもっていく秘訣とは 

脂肪燃焼効果のある飲み物を飲む

脂肪燃焼効果のある飲み物を飲むこともダイエットとして有効です。脂肪燃焼効果のある飲み物としては、ダイエット茶が、毎日飲めるという点で取り入れやすいでしょう。

または、脂肪燃焼効果のある野菜を使ったスムージーを飲む方法もあります。朝ごはん代わりに、スムージーを飲むことで、ダイエット効果を期待することができます。

脂肪燃焼を促す化粧品を使う

脂肪燃焼を促す化粧品も販売されています。主にボディケア商品で、クリームやオイルが一般的です。脂肪燃焼を促す化粧品を、ボディケアとして使用することで、スリムアップ効果が期待できます。

塗ると温かく感じられるジェルなどもあり、各部位ごとにたくさんの商品が販売されています。目的に合った商品を選び、ボディケアの一部に取り入れていきましょう。

効率よく脂肪を燃やせる運動方法

背筋を伸ばしてウォーキング

ウォーキングは、代表的な有酸素運動です。有酸素運動は、効率よく脂肪を燃焼できる運動法とされています。なかでもウォーキングは、運動初心者でも取り入れやすい運動法で、朝の通勤の一部を自転車から歩きに変えるなどするだけでも、始めることができるため、手軽な運動法といえます。

さらに、背筋を意識してのばすことで、筋肉を正しく使うことができるようになるため、脂肪燃焼効果が高まります。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
ダイエットに人気のウォーキング効果と方法を知って健康に痩せる 

ジョギングとランニングの併用

脂肪燃焼効果が期待できる有酸素運動の代表として、ジョギングとランニングがあります。その違いはスピードや距離、目標タイムを設定するかどうかです。

ジョギングは、基本的にマイペースに走ってよいので、初心者に向いています。ランニングは距離を決めて、タイムを競うものです。ジョギングに慣れてきたら、ハーフマラソンなどの大会に挑戦するとよいでしょう。目標ができることによって励みになり、より運動量を上げることができるでしょう。

負荷の高い水泳のクロール

水泳も、脂肪燃焼効果が期待できる有酸素運動です。運動に慣れていない人は、水中ウォーキングや、軽めの平泳ぎから始めるとよいですが、慣れている方は、より負荷の高い泳法に挑戦するとよいでしょう。

泳法としては、クロールが負荷が高く、しっかりと体を使うことができるので、筋肉もついておすすめです。また、できるのであれば、バタフライもおすすめです。

軽いギアでこぐサイクリング

サイクリングも脂肪燃焼効果がある、有酸素運動のひとつです。長距離サイクリングをすることで、脂肪燃焼効果が期待できます。ギアを軽くして、長距離こぐことで、よりダイエット効果が期待できます。

サイクリング用の自転車を利用すると、よりサイクリングを快適に行えます。夏場は、日差しに注意して、日焼け止めをしっかりと塗って行うとよいでしょう。

重い荷物を背負った登山

登山はリラックス効果が高く、足腰をしっかりと使えます。さらに、登山をすることで、比較的長時間の有酸素運動ができ、森林浴などのリラックス効果も期待できます。このことから、登山には高いダイエット効果が期待できます。

さらに、重い荷物を背負うことで、自然に負荷がかかり、筋トレの効果も期待できるようになるのです。登山はダイエットだけでなく、健康にもよいので、しっかりと準備して、ときどき行うようにするとよいでしょう。

ストレス発散も兼ねてボクササイズ

ボクササイズは、ボクシングから生まれたエクササイズです。ボクシングの動きを取り入れてはいますが、ボクシングのように殴り合うことはなく、パンチがあたって、あざができるなどといったこともありません。

ボクシングの要素が取り入れられていることにより、パンチなどの爽快感がある動きがあり、ストレス解消効果が高いと、人気のエクササイズです。

自宅でできる簡単な有酸素運動

起床時におすすめのラジオ体操

自宅でも簡単にできるおすすめの有酸素運動に、ラジオ体操があります。古くからある体操で、小学生時代に学校や近隣で経験した方も多いでしょう。ラジオ体操は、体の多くの部分を刺激し、朝に必要な運動の要素をほぼ含んでいます。

このことから、朝、起床時におすすめの体操です。ラジオ体操は、朝の目覚めを快適にしてくれ、1日の始めにふさわしい有酸素運動です。

階段を使った踏み台昇降運動

階段を使った踏み台昇降運動は、家の中で手軽にできる運動です。家の中に階段がある家に住んでいる方におすすめですが、階段がなくても、踏み台を上り下りすることで、同様の効果が得られます。

階段を使った踏み台昇降運動では、普段使いにく太ももの筋肉を鍛えることができる上に、繰り返し続けることで、有酸素運動を行えます。階段を上り下りするだけなので、難しいテクニックもいらず、始めやすい運動といえます。

腰回りをすっきりさせるフラフープ

フラフープを使った運動は、有酸素運動と腰回りのエクササイズが同時にできる、おすすめのエクササイズです。フラフープは、スーパーのおもちゃ売り場などでも販売されており、手ごろな価格で手に入れることができます。

フラフープダイエットは、とにかくフラフープを行うダイエットです。10~15分以上続けて行えるとよいですが、はじめは難しいので、少しづつでもOKです。フラフープを行うことで、腰回りのシェイプアップにつながり、さらに、脚の筋肉も鍛えることができるようになります。

どこでも飛べるエア縄跳び

エア縄跳びは、どこででも行えるエクササイズとして人気です。しかも、続けて行うことで、有酸素運動としての効果が期待できます。縄跳びといっても、縄は使用せず、縄を持っているつもりで、縄跳びの動作だけを行います。

このため、縄跳びのようにスペースを必要とせず、縄跳びのエクササイズ効果だけを得ることができます。エア縄跳びは、場所を問わず行える点が、最大のメリットです。

DVDを見ながらダンスエクササイズ

楽しくダイエットを行いたい方におすすめなのが、DVDを見ながら行うダンスエクササイズです。DVDによるダンスエクササイズは多数販売されており、筋トレの要素を含んだもの、初心者でも取り組みやすい簡単なもの、流行りの要素を取り入れたもの、有名芸能人によるものなど、さまざまです。

好きな芸能人がいれば、その人が出しているものを見て行うとよいでしょう。好きな芸能人が出ていることで、モチベーションが上がりやすくなるためおすすめです。イメージトレーニングとしての効果も期待できます。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
ダンスダイエットで楽しく美しく痩せよう。その素晴らしい効果とは 

脂肪の代謝をアップさせる筋トレ

足を引き締めるスクワット

筋トレの中でも基本的なものであり、脚の引き締め効果が高いのは、スクワットです。スクワットを行うことにより、足全体を引き締めることができます。

中でも、普段の生活で鍛えにくい太ももは、スクワットを行っている最中も、しっかりと意識しながら行うとよいでしょう。使用している部位を意識しながら筋トレを行うことで、より筋トレの効果が高まるでしょう。

腕を鍛える腕立て伏せ

腕立て伏せは、腕を鍛える筋トレです。腕立て伏せは、上半身の筋肉を効率よく鍛えることができる、おすすめの筋トレ法です。腕だけでなく、胸の筋肉も鍛えることができるため、バストアップ効果も期待できます。

腕立て伏せがうまくできない、または負荷がきついという場合は、膝をついて行ってもかまいません。ひざをつくことで負荷が減り、女性でも腕立て伏せが行いやすくなります。また、体の側面を鍛える、横向きの腕立て伏せも効果があり、おすすめの筋トレ法です。

お腹を鍛えるクランチ

お腹の筋肉を鍛えて、腹筋を引き締めましょう。クランチは、お腹の筋肉を鍛える代表的な筋トレ法です。上向きに寝て膝を立て、上半身を持ち上げることで腹筋を鍛える、非常に代表的な腹筋法です。

学校の体育などでも経験している方が多数いるかと思いますので、始めやすい筋トレといえるでしょう。腹筋といったら、まずはクランチから始めてみるとよいでしょう。

背中を鍛えるバックエクステンション

背筋を鍛えるには、バックエクステンションが有効です。自宅で行う場合は、うつぶせに寝て、手を顔の下あたりで組みます。背筋を使って、しっかりと上半身を持ち上げます。

このとき手は、そのまま顔の下でもよいですし、横に広げてもよいです。スペースがない場合は、顔の下に置いたままでも十分です。ジムなどでマシンを使って行う方法も、負荷がうまくかかりますので、おすすめの方法です。

お尻を鍛えるヒップリフト

お尻を鍛えるには、ヒップリフトという筋トレ方がおすすめです。ヒップリフトはお尻の筋肉を使って下半身を持ち上げることによって、お尻の筋肉を鍛えることができる筋トレ法です。

上向きに寝て、膝を立て、お尻の筋肉を使ってお尻を持ち上げていきます。余力があれば、脚を上げてみてもよいでしょう。お尻の筋肉を鍛ええることで、お尻のラインを綺麗にできます。お尻のラインが綺麗ですと、パンツや体にフィットするスカートがうまく着こなせるようになります。

ヨガよりも筋肉を意識するピラティス

ヨガよりも筋トレ効果が期待できるのが、ピラティスです。ピラティスはもともと、傷ついた兵士のリハビリとして始まったため、癒しと筋トレの両方が期待できます。

ピラティスは筋肉や体幹を意識しながら、ゆっくりと行うプログラムです。筋肉をつけながら、ストレッチの効果も期待でき、穏やかな気持ちで行うことができます。つらい筋トレが苦手な方にもおすすめです。

筋肉をつけるとリバウンドしにくい

筋肉をつけることで、基礎代謝を上げることができます。基礎代謝が上がると、何もしなくても消費できるカロリーが増え、痩せやすい体になることができます。

その結果、ダイエットによるリバウンドが減り、ダイエット後に急激に太るといったことを減らすことができるようになるのです。以上のことから、筋トレはダイエットとして、非常におすすめできます。

運動による脂肪燃焼効果を高める方法

最大心拍数の6~8割を維持

脂肪燃焼効果を高めるには、無理のない範囲で運動を続けることが有効です。運動をする際は、最大心拍数の6~8割を維持するようにしましょう。

全力疾走よりも、ジョギング程度の走り方の方が、脂肪燃焼を目的とする場合は適しているということです。最大心拍数の6~8割を維持するには、有酸素運動を息が切れない程度に行うとよいでしょう。

筋トレの後に有酸素運動

筋トレは筋肉がつくことから、基礎代謝を上げることができます。ただし、筋トレだけでは、脂肪燃焼を効率的には行えないので、筋トレの後に有酸素運動をするようにしてみましょう。

筋トレの後に有酸素運動をすることで、より、脂肪燃焼効果が高まります。その後ストレッチを行うと、疲労がたまりにくく、ボディケアとしてもおすすめできます。

時間は20分以上が目標

有酸素運動をする時間は、20分以上を目標としてください。20分以上行うことによって、より脂肪燃焼効果が高まります。これは、有酸素運動を始めて20分たつと、血液中の脂肪がエネルギーとして使いつくされ、それ以外の部分をエネルギー源にし始めるためです。

もちろん、20分よりも短くてもダイエット効果は期待できますので、20分以上できないからといって、諦めてしまう必要はありません。

時間帯は早朝がベスト

有酸素運動や筋トレを行う時間帯は、早朝がベストです。これは、朝のうちに運動をすることによって、1日の代謝を高めることができるためです。

早朝に運動をすることで、1日中脂肪が燃えやすい体にすることができるのです。また、朝早起きして活動することは、健康効果も期待できますので、ぜひ、ダイエットを朝活に組み込むとよいでしょう。

前後のストレッチやマッサージが大事

運動をする前とした後は、ストレッチを欠かさずに行いましょう。ストレッチをきちんとしてから運動を始めることで、運動による筋肉の損傷や筋肉痛を防ぐ効果が期待できます。

ストレッチをきちんと行っていないと、筋肉がつりやすくなるなどの、トラブルが起きやすくなりますので、注意が必要です。もちろん、運動後のストレッチも非常に重要です。きちんと体をクールダウンさせてあげて、運動によるトラブルを防ぎましょう。

運動後のマッサージは、筋肉をしなやかなものにし、筋肉痛をふせいでくれますので、ぜひ、行うようにしましょう。マッサージ用のクリームやオイルを使用する方法がおすすめです。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
体を柔らかくするストレッチ法。ダイエットにも効果あり? 

乾燥肌と敏感肌にオススメの洗顔料

脂肪燃焼を促進するサプリメントの成分

脂肪燃焼を助けるL-カルニチン

脂肪燃焼を促進するサプリメントには、多くの脂肪燃焼効果が期待できる成分が含まれています。その一つである、L-カルニチンは脂肪燃焼を助ける成分として人気です。

多くの脂肪燃焼サプリメントに含まれており、含有量によって、価格に差が出てきています。とにかく、脂肪燃焼効果を求めるのであれば、L-カルニチンの配合量が多いサプリメントを選ぶとよいでしょう。

成長ホルモンの分泌を促進するアルギニン

成長ホルモンの分泌を促進するアルギニンという成分があります。これも、サプリメントに含まれていることが多い成分です。

アルギニンが分泌を促進する成長ホルモンは、ダイエットだけでなく美容にも非常によいとされています。成長ホルモンの分泌が増えることによって、代謝が高まるなどの良い効果が期待できるため、アルギニンは積極的に取りたい成分です。

筋肉を作るプロテイン

筋肉を作るためにプロテインを飲む人は多く、人気の成分です。プロテインは、筋肉のもととなるたんぱく質で、効率よく体内に吸収されるように調整されています。

プロテインを飲んで、筋トレを行うことで、筋肉がつきやすくなるため、筋トレの前後に飲む方法が有効でしょう。ただし、プロテインは飲みすぎると太りやすくもなるので、特に筋肉がつきにくい女性が飲む場合は注意が必要です。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
ダイエットプロテインで代謝アップ。効果的な飲み方で美しくなろう 

疲労回復効果のあるオルニチン

オルニチンには、疲労回復の効果が期待できます。疲労回復効果は、ダイエットに直接関係なさそうに感じるかもしれません。ですが、疲労がたまると活動的に動けなくなるため、運動による疲労をきちんと回復しておくことは重要です。

疲労が回復されることで、また運動ができるようになるため、結果として、ダイエットの効果が出やすくなるのです。また、疲労回復は健康・美容にとってもよいことですので、疲れやすいと感じている方はオルニチンが含まれているサプリメントを積極的にとるとよいでしょう。

エネルギーのもとになるコエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、エネルギーのもとになることから、元気になる成分などといわれることもあります。ひどく疲れている人や、ストレスが溜まっている人がすすめられこともあるくらいです。

ダイエット中はエネルギー不足に陥ることも多く、肌つやが落ちることもあります。コエンザイムQ10を補給して、エネルギー不足を防ぎましょう。

効率的に脂肪を燃やす市販のサプリメント

DHC ガルシニアエキス

URL:http://www.cosme.net/product/product_id/268658/top

HCAを含有するガルシニアカンボジアエキス末に、脂肪燃焼効果のある、カプサイシンが含まれるトウガラシと、ダイエット時に不足しがちなビタミンB群を配合したサプリメントです。

このサプリメントは脂肪燃焼効果が期待できる成分を配合しているため、ダイエットのサポートに適しています。DHCはサプリメントのメーカーとしては老舗にあたり、どのサプリメントも非常に人気です。

ヴァーム ヴァーム パウダー

URL:http://www.cosme.net/product/product_id/288148/top

独自バランスの17アミノ酸素材V.A.A.M.を3000mg配合した、人気のヴァーム飲料のパウダータイプです。アミノ酸の作用で、脂肪燃焼を促進してくれます。スポーツ時に飲むとより効果があり、パウダータイプですので、濃度の調節もできます。

通常のバームよりも薄く、または濃くして飲みたいときにおすすめです。味が苦手な場合は、他の飲料と混ぜて無むなど、工夫することもできるでしょう。

ザバス ホエイプロテイン100

URL:http://www.cosme.net/product/product_id/2935874/top

たんぱく原料として吸収のよいホエイ(乳清)たんぱくを100%使用したプロテインです。美味しさにこだわっており、飲みやすさから特に女性に人気があります。筋トレをして筋肉をつけたい人におすすめです。

さらに、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6配合を配合していることから、脂肪燃焼効果も期待できます。プロテインを初めて、試してみたい女性におすすめです。

DNS WHEY fit PROTEIN

URL:http://www.cosme.net/product/product_id/10063258/top

たんぱく質のサプリメントです。運動や筋トレをして、しっかりと筋肉をつけたい方におすすめです。味のバリエーションが多く、ダブルベリー風味、ショコラ風味、さくら風味、ミルクティー風味と女性が好む味が用意されています。

さらに、専用シェイカーで溶かすことで、ぐっと飲みやすくなります。プロテインは飲んでみたいけれども、味が不安という方は、まずは試してみるとよいプロテインです。

アミノバイタル アミノバイタル(R) プロ

URL:http://www.cosme.net/product/product_id/288043/top

アミノ酸(BCAA+グルタミン、アルギニン3600mg)と、8種類のビタミンを配合したサプリメントで、スポーツ時に摂取することで、脂肪燃焼効果が高まります。顆粒タイプでとかしやすく、1回分づつ個包装になっていることから、携帯にも便利です。

ジムやジョギングのときなどにも、持ち歩くことができます。ジム通いするときにもって行って飲むなどすると、モチベーションアップにもつながるでしょう。

脂肪の燃焼に欠かせない食べ物

体の代謝を向上させる唐辛子

脂肪の燃焼効果がある食べ物を食べることも、脂肪燃焼ダイエットには効果的です。まずは、体の代謝を向上させる食べ物として人気のトウガラシです、トウガラシにはカプサイシンという成分が含まれており、この成分が代謝を上げ、脂肪の燃焼を促進してくれます。

トウガラシを食べると、体が暖かくなってくるように感じるのも、カプサイシンの作用によるものです。トウガラシはとりすぎると、胃にダメージを与えることもありますので、とりすぎには注意しましょう。

インスリンを抑えるグレープフルーツ

グレープフルーツも脂肪燃焼効果が期待できる食べ物です。グレープフルーツに含まれる苦み成分は、香りをかぐことで、脳に刺激を与え、交感神経を活性化してくれます。このことにより、痩せやすい体づくりに有効とされています。

また、インスリンを抑える効果も期待できるため、グレープフルーツは食べても、香りをかぐだけでもダイエットによいフルーツといえるでしょう。通年販売されており、季節を問わず手に入りやすいのも魅力のひとつです。

糖質を代謝する海藻類

海藻類はダイエットにうれしい成分や栄養素を豊富含んでいて、さらに低カロリーという非常に魅力的な食材です。海藻類は、糖質を代謝する効果が期待できます。

さらに海藻に含まれる食物繊維は、脂質や糖質の吸収を阻害する作用があるため、食事の1番初めに食べるとよいでしょう。その後の食事の糖質や脂質の吸収を防いでくれる効果が期待できます。

筋肉を増やす鮭

鮭には質のいいたんぱく質が含まれており、筋肉を増やしたい人におすすめの食材です。また、鮭には美容にうれしいビタミンや良質なオイルが含まれていることからも、ダイエット中には積極的に食べていきたい食材です。

鮭は焼くだけでも食べることができ、調理が簡単であることも、うれしい点です。また、通年流通しているため、手に入りやすいのも魅力のひとつです。

オレイン酸豊富なアボカド

アボカドには不飽和脂肪酸の一種であるオレイン酸が豊富に含まれています。不飽和脂肪酸とは、体内で固まりにくいさらさらとした脂質で、コレステロール値や中性脂肪を下げる作用があります。

アボカドはこのほかにも、ビタミンEをはじめとする美容によい成分をたくさん含んでおり、食べる美容液ともいわれています。ダイエット時は特に積極的に取っていきたい食材です。

飲むだけで痩せる脂肪燃焼スープのレシピ

決まった野菜と調味料を鍋で煮込む

脂肪燃焼スープは決められた野菜を調味料と一緒に鍋で煮込んでいくだけの簡単なスープです。入れる野菜の種類も、ニンジン、セロリ、キャベツ、トマトなどと、スーパーなどで手に入りやすいものです。さらに、手に入らないものがあれば、代用もききます。

脂肪燃焼スープダイエットは、すべて材料を入れたのち、鍋で煮込んで、とにかくたくさん食べるようにすればOK。必ず毎日食べるようにしましょう。

豆乳やカレー粉などでアレンジOK

脂肪燃焼スープは1週間毎日脂肪燃焼スープを食べ続けるダイエットですので、当然飽きてしまいます。脂肪燃焼スープはアレンジOKですので、工夫して飽きずに食べられるようにしていきましょう。

アレンジは、カレー粉・豆乳・キムチ・コンソメなど、さまざまです。ときには、アサリと豆乳を入れて、クラムチャウダー風にしてもよいでしょう。毎日食べられるように、うまくアレンジして工夫してください。

嫌いな野菜があるときは他の野菜で代用可能

入れる野菜で、どうしても嫌いな野菜がある場合は他の野菜で代用してもOKです。例えば、タマネギをニラに変える、匂いの強いセロリをホウレンソウに変えるなどです。

脂肪燃焼スープに嫌いな野菜が入っていると、どうしても続けることが難しくなりがちですので、無理をせず、嫌いな野菜は別のもので代用して行うようにしましょう。

すりおろしてポタージュにしてもいい

脂肪燃焼スープは、すりおろしてポタージュ状にしてもOKです。野菜の切り方には特に決まりはないので、ゴロゴロと大きめに切って、ポトフのようにしたり、細かく切って原型が分らなくなるくらいまでよく煮込んだりと、自由にしてOKです。

ポタージュ状にすると、飲みやすく、食べごたえもありますので、アレンジとしてもおすすめです。カレー粉などで味をつけてもおいしいです。

保存は冷蔵か冷凍で行う

脂肪燃焼スープは保存が可能です。冷蔵庫で保存する場合は、2~3日で食べきるようにしましょう。冷凍保存も可能です。ジップロックなどに入れて、しっかりと空気を抜いて保存しましょう。

冷凍保存する際は、1食分づつ小分けにして、冷凍するとよいでしょう。食べるときに1食分ずつ解凍して食べられるので、非常に便利です。

脂肪燃焼スープの基本の摂り方

スープは好きなだけ食べてOK

脂肪燃焼スープは好きなだけ食べてOKです。それ以外の食事は脂肪を蓄積しやすいものや、添加物の多いものを避けてとるようにしましょう。

脂肪燃焼スープは、必ず1日1食以上食べるようにしましょう。もちろん毎食、または間食代わりに食べてもOKです。脂肪燃焼スープダイエットは食べることで、ダイエット効果を期待できるダイエット法なので、とにかくしっかりと脂肪燃焼スープを食べることが重要です。

小麦粉が原料のものは食べない

脂肪燃焼スープダイエットをしているときは、小麦粉が原料のものはなるべく、食べないようにしましょう。小麦粉は炭水化物の中でも、脂肪として蓄積されやすく、軽い食べ心地で、食べすぎてしまう傾向があります。

炭水化物をとるときは、パンやパスタよりもミネラルが豊富で、食べごたえのある、玄米などを食べるとよいでしょう。また、パンも米粉でできているものがあるので、試してみるとよいです。

アルコールは飲まない

脂肪燃焼スープダイエットは、デトックス効果に期待するダイエット法でもありますので、アルコールは飲まないようにしましょう。

アルコールをとってしまうと、水分を蓄積しやすくなり、むくみの原因となります。肝臓にも負担がかかり、脂肪燃焼スープダイエットが失敗しやすくなりますので、避けるようにしましょう。

主食は玄米を中心に考える

主食となる炭水化物ですが、なるべく玄米を中心に考えるようにしましょう。玄米にはミネラルが豊富で、よく噛んで食べることで、満腹感も得られやすいため、ダイエットに非常に向いています。

玄米が少し苦手な方は、白米に混ぜて炊くなどすると、食べにくさが軽減されます。さらに、玄米の感触がプチプチとしたアクセントになって、おいしく食べることができるでしょう。その他に、雑穀を混ぜてご飯を炊くのも、おすすめです。

消化しやすい食材を選ぶ

スープ以外の食材は、消化のよい食材を選ぶようにしましょう。油分の多いものや、加工食品は胃がもたれやすいので、避けた方がよいでしょう。特にスナック菓子やファーストフードは避けるようにしましょう。塩分も控えめにして、薄味を心がけましょう。

発酵食品を一緒にとるようにすると、胃腸の調子も整いやすいので、おすすめです。野菜であれば、ぬか漬けなどを添えるとよいでしょう。納豆もおすすめです。

甘いジュースは控える

甘いジュースなどの糖分が多いものは、避けるようにしましょう。糖分をとりすぎてしまうと、脂肪燃焼スープダイエットが成功しにくくなってしまいますので、控えめにしてください。

飲み物は白湯や常温の水がベストです。それ以外でも、なるべくあたたかい飲み物をとるようにし、体を冷やさないように注意しましょう。

脂肪の代謝をアップさせる飲み物の種類

リパーゼを活性化させるコーヒー

コーヒーには、リパーゼを活性化する作用があります。リパーゼは中性脂肪を分解する消化酵素です。つまり、コーヒーを飲むことで、中性脂肪を減らす効果が期待できるということです。

ただし、コーヒーには、体を冷やす作用もありますので、飲みすぎには注意してください。飲む際はホットで飲むとよいでしょう。

カテキンが豊富な緑茶

緑茶にはカテキンが豊富に含まれています。カテキンはポリフェノールの一種で、緑茶の渋みの主成分となっています。カテキンには、コレステロールを抑え、血糖値の上昇を緩やかにする作用があります。

また、殺菌作用もあるため、昔からすし屋で、上りとして出されています。カテキンを含んだ緑茶は、ダイエットだけでなく、健康効果も期待できます。

 

 

硬度の高いミネラルウォーター

ミネラルウォーターの中でも、硬度の高いものは、ミネラルが豊富に含まれており、エネルギー燃焼の助けをしてくれることがわかっています。さらに、ダイエット時に不足しがちな、カルシウムも豊富に含まれています。

ミネラルウォーターはなるべく常温で、飲むようにしてください。常温で飲むことによって、体を冷やさず、ダイエット効果や、ミネラル補給を期待できます。運動の最中に飲むのもよいでしょう。

代謝があがる炭酸水

炭酸水には、代謝を上げる効果が期待できます。炭酸水は無糖のもので、できればミネラルウォーターでガスを含んだものを飲むとよいでしょう。

また、炭酸水は、お腹にたまりやすく、満腹感を得られる効果もあるため、食事の前に飲むとよいとされています。また、運動の最中に飲むのもおすすめです。うまく生活に取り入れて、ダイエットに生かしましょう。

脂質の代謝を促進する豆乳

豆乳には、脂質の代謝を促進する効果が期待できます。また、豆乳に含まれる大豆イソフラボンには、女性ホルモンを調整する効果も期待できるため、ダイエット中にも積極的にとりたい飲みものです。

たんぱく質も含まれていますので、たんぱく質を補充したいときにもおすすめの飲み物です。豆乳は、他の飲み物と混ぜたり、料理に使用したりと汎用性も高いので、利用法もたくさんあります。

脂肪燃焼に効果のある市販のドリンク

花王 ヘルシア緑茶

URL:http://www.cosme.net/product/product_id/310119/top

特定保健用食品であり、日本人間ドック健診協会推薦です。脂肪の分解と消費に働く酵素の活性を高める、茶カテキンが豊富に含まれており、体脂肪が気になる方におすすめです。家庭で入れる緑茶に近い味わいで、深く、濃い目に入れた緑茶の味が楽しめます。

ペットボトルタイプで、飲みやすく、持ち歩きにも便利です。何本か購入して、朝持って出かけるなどすると、ダイエットのサポートになるでしょう。

ヤクルト 蕃爽麗茶

URL:http://www.cosme.net/product/product_id/348278/top

ヤクルトからでている、特定保健用食品(トクホ)です。ヤクルトの販売員も販売しており、頼めば家庭まで届けてくれる点も魅力です。グァバ葉ポリフェノールの働きで、糖の吸収をおだやかにしてくれるので、食後の血糖値がきになるかたにおすすめです。

毎日飲める、すっきりとした味わいで、非常に飲みやすいです。食べ物と一緒に飲むことにも向いています。飲み切りやすいサイズ感も、魅力のひとつです。

伊右衛門 特茶

URL:http://www.cosme.net/product/product_id/10094696/top

脂肪分解酵素を活性化させるケルセチン配糖体の働きが、体脂肪の減少を助けます。体脂肪が気になる方におすすめです。特定保健用食品(トクホ)であり、飲みやすい緑茶タイプです。

京都福寿園の茶匠が厳選した国産茶葉を100%使用、香り高く、飲みやすいので、食事と一緒に飲んでもOKです。ペットボトルタイプで、持ち歩きにも便利です。

日本コカ・コーラ からだすこやか茶W

URL:http://www.cosme.net/product/product_id/2947349/top

脂肪の吸収を抑え、糖の吸収をおだやかにする2つの働きをもつブレンド茶です。日本コカ・コーラ社から販売されており、ペットボトルのタイプなので、持ち歩きも可能です。

何本か買っておいて、通勤通学の途中に持って行くことも、おすすめです。ほうじ茶やウーロン茶をベースにしているブレンド茶なので、飲みやすさも魅力の一つです。食事にもあわせることができます。

黒烏龍茶 黒烏龍茶

URL:http://www.cosme.net/product/product_id/10108658/top

食事の脂肪吸収を抑えて 体外に排出し、体に脂肪がつきにくくなるトクホウーロン茶です。通常のウーロン茶より、やや苦みが強いですが、食事と一緒に飲めるくらい飲みやすくできています。

持ち歩きに便利なペットボトルタイプなので、ランチタイムにお弁当と一緒に持って行ってもよいですね。いろいろな、食事にもあわせることができます。

セルライトを除去する化粧品の使い方

セルライトが気になる部分に塗り込む

セルライトを除去する効果がある化粧品は、セルライトが気になる部分に直接塗り込んで使用します。太ももや、腹回りなどにすり込んで、よくマッサージして、脂肪をしっかりともみだすようにしましょう。

セルライトは強めにマッサージしないと効果がないので、しっかりとマッサージして、セルライトをつぶすように揉み込んで、クリームなどの効果を高めるようにしましょう。

5分ほどマッサージすると効果的

セルライトのマッサージは、5分ほど行うと効果的です。太ももであれば、足の付け根の方に向かって、しっかりともみほぐしていきましょう。手をしっかりと使って、セルライトをつぶすように行いましょう。

このとき、力を入れて、絞り出すように行うとよいでしょう。リンパの流れを意識して行うと、より老廃物を排泄できるようになるため、効果的です。

顔やウエストなど全身に使える

セルライト除去効果のあるクリームなどは、顔やウエストなど、全身に使えるものが多いです。セルライトが気になるのは、主に下半身だと思いますが、それ以外の部分でも、気になる部分には、積極的に使用していくとよいでしょう。

顔に使用するときは、目に入らないように注意して、使用するようにしましょう。刺激の強いものもありますので、痛みやかゆみを感じたら、使用をやめ、洗い流すようにしましょう。

就寝前につかうのがおすすめ

セルライト除去効果がある化粧品は、就寝前に使うのがおすすめです。就寝中は、有効成分を肌に長くつけていることができるので、効果が持続しやすくなります。お風呂上がりにマッサージをすることを習慣づけるようにすると、より効果が期待できるようになるでしょう。

基本的には、継続することで効果が出やすくなるので、毎日続けて使うことが大切になってきます。

ジェルやクリームに含まれる脂肪燃焼成分

脂肪を分解するカフェイン

ジェルやクリームに含まれる脂肪燃焼成分の一つに、カフェインがあります。カフェインといえば、飲み物に含まれている印象が強いと思います。しかし、カフェインには脂肪を分解する作用があるため、多くのシェイプアップ効果があるクリームやジェルに含まれています。

たっぷりと塗って、揉みこむことによって、さらに高い効果が期待できるため、マッサージなどと併用するとよいでしょう。

脂肪を排出するユーグレナ

ユーグレナも、脂肪を排出する効果があるということで、脂肪燃焼成分として期待されています。ジェルやクリームで塗る方法もありますが、食べたり飲んだりして、体内に入れる方法も一般的です。

さらに、ユーグレナには保湿の効果も期待できます。このことから、夜寝る前に体に塗るなどすると、よりよいでしょう。あまり、なじみはないかもしれませんが、ユーグレナを一度試してみましょう。

脂肪を燃焼するバニリルブチル

脂肪を燃焼するバニリルブチルという成分があります。こちらも多くの脂肪燃焼化粧品に含まれており、効果が期待できます。

バニリルブチルには塗ると、ポカポカと温かく感じる性質があり、4時間程度効果が持続します。このことから、冬場に使用するクリームとして、おすすめできます。一方で、肌への刺激が強いと感じることもありますので、痛みを感じたらすぐに洗い流すようにしてください。

リパーゼを活性化させるフィトソニック

リパーゼを活性化させる、フィトソニックという成分があります。植物生まれのスリミング成分として、近年注目されています。塗った場所にダイレクトに作用してくれることから、太ももの部分痩せなどを行うマッサージに使用すると、効果が期待できるでしょう。

その他にも、おなか周りのスリミングなどにも効果が期待できます。ここぞというところに、使用できる成分です。

セルライトを除去するヒバマタエキス

ヒバマタエキスは、海藻のヒバマタからとれるエキスで、髪や肌、爪を美しく保つために使用されてきました。一方で、セルライトを除去する効果も期待できることから、スリミングジェルなどにも配合されています。

保湿効果も同時に期待できるので、お風呂上がりのマッサージなどに利用すると、ボディの保湿も同時に出来て、便利ですね。

脂肪燃焼をサポートするスキンケアアイテム

 

3S 3Sボディクリーム

URL:http://www.cosme.net/product/product_id/10111850/top

ダイズイソフラボン(ゲニステイン)、カルニチン、カフェイン、スピルリナエキスの4つの植物エキスの複合体である「イソ・スリムコンプレックス」を最高濃度の5%配合したスリミングボディクリームです。

「メリハリボディ」を目指す「日本限定品」のクリームで、年齢とともにおこるでこぼこ肌をケアし、滑らかな肌に整えてくれます。

ナチュラルシー研究所 アウトセル

URL:http://www.cosme.net/product/product_id/10003246/top

3種のスリミング成分配合の洗い流さないボディクリームです。洗い流さないことにより、スリミング効果のある成分が、長時間肌にとどまってくれますので、スリミング効果がより、長く続きます。

アウトセルは、ポンプタイプで使用しやすい点も魅力のひとつです。顔、デコルテなど、胸以外の全身に使用可能です。全身にたっぷりつけて使用しましょう。特に、夜のマッサージにおすすめです。

クラランス ボディ フィット

URL:http://www.cosme.net/product/product_id/10126082/top

ボディケアブランドとして人気のクラランスのスリミングジェルです。3つの脂肪細胞にアプローチし、できてしまったセルライトにも、協力にアプローチするクリーム状のジェルクリームです。

引き締め効果やスリミング効果が期待できることから、非常に人気があり、マッサージと併用して使用すると、さらに高い効果が得られやすくなります。

日常生活で基礎代謝を上げてる方法

基礎代謝を上げるとリバウンドしにくい

基礎代謝とは、普段何もしなくても消費しているカロリーのことで、生きるために必要な、消費カロリーのことです。これを増やすことができれば、何もしなくてもカロリー消費ができます。

ダイエットにおいては、基礎代謝は非常に重要な存在です。基礎代謝が上がると太りにくく、リバウンドしにくくなりますので、筋肉量などを上げ、基礎代謝の向上を目指すようにしましょう。

電車では座らないで立つ

日常生活の細かい場面で、消費カロリーをふやし、代謝アップを目指しましょう。まずは、電車に乗るときは座らずに立つことから始めてみましょう。ほんの少しでも、運動量や、筋肉を増やすことにつながります。

日常生活の中で、少しでも筋肉を使うようにすることで、代謝を上げ、痩せやすい体を作ることができるようになっていきます。

エレベーターは使わず階段を上る

日常生活の中で、少しでも運動量を増やすためには、とにかく階段を利用することです。階段を利用することで、運動量が増え、さらに太ももやふくらはぎの筋肉を鍛えることにもつながります。

エレベーターやエスカレーターを使わずに、階段を利用するようにしましょう。また、少しの距離なら、タクシーやバスを使わずに歩くようにするなどすると、さらに運動量を上げることができるようになります。

背筋を伸ばすことを心がける

背筋を伸ばすように心がけましょう。背筋を伸ばすと、姿勢が正され、全身の筋肉を正しく使えるようになります。姿勢が正されることによって、猫背が治り、ボディバランスが整うようになります。

歩くときや、座るとき、どちらのときも姿勢を正し、背筋を伸ばすように心がけましょう。座るときに、姿勢矯正用のいすやクッションを利用する方法も有効です。

湯船に浸かって汗を流す

湯船につかって汗を流すことも、デトックス効果が期待でき、ダイエットに有効とされています。老廃物を流しだすことで、リンパの流れもよくなり、むくみの解消なども期待できます。

なるべく毎晩湯船につかって、しっかりと汗を流し、疲れをとるようにしましょう。湯船につかりながら、マッサージをすると、さらに効果がアップします。

起床後に太陽の光を浴びる

朝、起きてすぐに、太陽の光を浴びることは、1日を快適かつ活動的に過ごすためには、非常に有効です。朝、太陽の光を浴びることで、活性化され、目覚めがよくなり、活動的になれます。

1日を活動的過ごすことができると、必然的に消費カロリーが上がり、ダイエットにも結び付きますので、朝日を浴びることは、非常におすすめの方法です。

自分に合った方法で効率よく体脂肪を減らそう

体脂肪を燃焼させることは、年齢を重ね、代謝が落ちるにつれ、どんどん難しくなっていきます。工夫と努力をして、自分に合った方法を見つけ、脂肪燃焼ダイエットを行ってください。

すぐには効果が出なくても、諦めずに続けることで、少しづつ体脂肪を減らしていくことができるはずです。自分に合った方法を見つけ、効率よく体脂肪を減らしていきましょう。すっきりとした健康的なボディを手に入れて、自信を持てるようになるとうれしいですね。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル