頭の皮脂が増える原因とは?ベタつきを抑えて頭皮をきれいにするコツ

2017.09.06 / すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

頭皮のベタつきが気になってくると、かゆみや髪の毛のハリなどといったトラブルに悩まされてしまいます。皮脂の過剰分泌は食生活やシャンプーの洗い方など、さまざまな原因があります。対処法を知って、頭皮の皮脂の悩みを解消しましょう。

頭皮の皮脂が多く分泌される原因

脂質や糖質の多い食生活

皮脂は頭皮を覆うことで肌に必要な水分の蒸発を防いだり、乾燥などの影響を受けにくくする役割を持っています。しかし皮脂が増えすぎてしまうことで、ベタつきやかゆみなどを引き起こしてしまうことも。その主な原因のひとつが、脂肪分や糖質の多い食生活です。

脂質は人にとって必要なエネルギーですが、動物性たんぱく質の摂取などで血液の中に中性脂肪が蓄積され、毛穴の詰まりや皮脂の過剰分泌といったトラブルを引き起こしてしまいます。

不清潔な生活環境

普段から汗をかくことが多かったりすると、皮膚の上に汚れや汗の水分が溜まり、かゆみを引き起こす細菌が増えてしまいます。シャンプーでしっかり洗い流すことで、余分な皮脂や汗を取り除くことができるため、皮膚が清潔に保たれてターンオーバーのリズムもスムーズになります。

シャンプーで洗い残しがあったり、皮脂のよごれをそのままにしてしまう状態が続くことで、汚れが皮膚に蓄積され、皮脂のテカリが目立つようになってきます。忙しくて髪を洗わないなどの生活環境の悪化も、頭皮の皮脂によるトラブルを引き起こします。

加齢による頭皮の老化

頭皮にうるおいやハリを与えてくれる保湿成分は、加齢とともに分泌量が減ってしまいます。女性はピークが20代と早いため、男性よりも頭皮の乾燥などが早く訪れる傾向に。

頭皮が老化することで肌の表面が乾燥し、乾燥を防ぐために皮脂が過剰に分泌されてしまいます。血行を良くするマッサージやうるおい成分の配合されたローションやシャンプーを使うことで、頭皮の状態を健やかに保つことができます。

洗浄力の強いシャンプーの使用

シャンプーをするときにたくさんの量を使ったり、力を入れながら洗ってしまったりすると、本来頭皮に必要な皮脂まで落としてしまう場合があります。頭皮のベタつきやニオイが気になっている方はしっかり洗おうとするため、皮脂を全て取り除いてしまう傾向にあります。

しかし、皮脂は頭皮を正常に保つために大切なものです。皮脂が足りなくなることで、地肌を守るために過剰に皮脂が分泌され、悪循環に陥ってしまうことに。洗浄力の強いシャンプーは刺激も強く、皮脂量のバランスを崩す恐れがあります。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
敏感肌に合うシャンプーとは?特徴を理解して最適を選ぼう 

運動不足による代謝の低下

デスクワークが多かったり、普段体を動かす時間が少ない方は、運動不足による代謝機能の低下といったトラブルを引き起こしてしまいます。代謝機能が低下することで血液の流れが悪くなり、リンパに老廃物がたまりゃすくなってしうことに。

老廃物が溜まるとむくみや冷えといった症状を引き起こし、毛穴の詰まりや乾燥といった肌トラブルを引き起こします。毛穴の皮脂が詰まることでにきびや肌の乾燥につながり、皮脂が溜まりやすくなってしまいます。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
基礎代謝を上げるダイエット。食事法と運動を組合わせて結果を出す 

紫外線の浴びすぎ

私たちはいつも紫外線を浴びています。紫外線を浴びすぎてしまうと皮膚の奥まで紫外線が行き届くため、肌の有効成分が破壊され、乾燥や皮膚の弾力の低下といった症状を引き起こします。皮脂は外部からの刺激に備えて分泌されるため、汗と一緒に皮脂が出ることでテカリや汗臭さといった症状を引き起こします。

紫外線は肌に必要な水分や有効成分を破壊するだけでなく、皮膚の炎症やかゆみといったトラブルの原因に。本来肌を守るための皮脂も、紫外線を浴びることで過剰に分泌され、肌環境を悪化させてしまいます。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
紫外線の量が多いのは真夏だけじゃない?知っておきたい知識と対策法 

汚れや整髪料の洗い残し

髪の毛のスタイリングなどで使う整髪料は、シャンプー時にしっかり洗い流すことができないと、頭皮の表面に汚れとして溜まってしまいます。頭皮の表面が汚くなってしまうと、肌のターンオーバーのリズムが崩れて毛穴の詰まりや皮脂によるテカリといった症状を引き起こします。

余分な皮脂や汗、整髪料は、その日のうちにしっかりと洗い流すことで、頭皮の表面を清潔に保ちながら肌バリア機能を正常にすることができます。洗いすぎずにしっかりと汚れを落とすことが大切です。

パーマやカラーリングの頻度が高い

美容院などでパーマやカラーリングをよくする方は、カラーリング剤に含まれている刺激成分が頭皮や髪の毛にダメージを与え、皮膚を守るために皮脂が過剰に分泌されてしまう傾向があります。頭皮や髪は弱酸性なため、逆の性質を持つアルカリ性の薬剤は頭皮に負担をかけてしまうことに。

カラー材の種類はさまざまですが、頻繁に使うことで皮膚が痛み、炎症や皮膚のトラブルを引き起こすことに。使用頻度は頭皮の状態をみながら、間隔を置いてするのがよいでしょう。

喫煙や飲酒が習慣化している

喫煙や飲酒による体への影響は、頭皮のほかにも、健康状態の悪化などを引き起こす恐れがあります。タバコを吸ったりアルコールを摂取することで、血管が収縮して血液の流れが悪くなってしまいます。

また、アルコール摂取による急激な血糖値の上昇によって、インシュリンの分泌が促進され、皮脂量の増加を引き起こすことに。体内のリズムが崩れることで、肌トラブルの症状を悪化させてしまうため、喫煙や飲酒は適度な量を心がけることが大切です。

男性ホルモンの過剰分泌

ストレスを感じるときには、コルチゾールという成分が分泌されます。コルチゾールはストレスに対抗する作用や、男性ホルモンの分泌を増やす働きがあります。この作用によって皮脂の分泌量が増えるため、ニキビや肌のテカリといった症状を引き起こすことにつながります。

男性ホルモンの分泌量が増えることで皮脂腺が刺激され、必要以上に皮脂が分泌される傾向に。男性ホルモンが増えているときは角質が厚くなり、毛穴も狭くなるため、皮脂が過剰分泌することで毛穴が塞がり、ニキビやターンオーバーのリズムが崩れるなどの原因となってしまいます。

頭の脂が多くなることでおきるトラブル

テカリやベタつきの不快感

乾燥やストレス、生活習慣の悪化によって頭の脂が多くなってしまうと、テカリやベタつきといった不快感に悩まされることに。皮脂が正常な量でなく、過剰に分泌されてしまうことで、髪の毛の根元に汚れがたまりやすくなり、かゆみといった症状を引き起こしてしまいます。

余分な皮脂だけをしっかり洗うことを意識し、頭皮を傷つけずに丁寧に洗うことで、ベタついたり乾燥するのを防ぐことができます。最近頭皮がベタついてきた…と感じたら、頭皮の環境が悪化している可能性があります。

フケやかゆみの発生

洗髪をする回数が少なかったりすることで頭皮に余分な皮脂が溜まり、そこに細菌が繁殖してかゆみの症状が出てくることがあります。余分な皮脂は毛穴を塞ぐため、新陳代謝ができなくなくなった頭皮は古い角質が正常に剥がれず、フケの発生につながることに。

頭皮の機能が弱まることで、シラミなどの寄生虫のトラブルを引き起こすこともあるため、清潔な状態に保つことが大切です。

抜け毛や薄毛

毛穴に皮脂が溜まることで角栓になり、髪の生まれ変わりのリズムが阻害されてしまいます。髪は呼吸をする通気口が塞がれてしまうため、髪の成長が行われなくなり、新しい髪が生えてこないことも。酸化した皮脂は頭皮にダメージを与えるため、菌が繁殖して悪臭やかゆみの原因となり、抜け毛の原因となります。

頭皮の環境が悪化した状態が続いてしまうと、抜け毛がひどくなってしまったり、薄毛の症状を引き起こしてしまうことに。皮脂によるかゆみやベタつきといった症状が気になり始めたら、早めにケアすることが大切です。

皮脂の酸化で起こる臭い

汗の匂いが気になるという方も多いかと思います。汗は皮膚の表面に出てきた水分が皮脂の汚れや細菌と一緒になることで酸化してしまい、臭いを発生することに。でてきたばかりの汗は水分なので脂は含まれていませんが、皮脂と混ざることで皮脂の脂を栄養に菌が繁殖し、酸化して臭いを発生させてしまいます。

毛穴詰まりでできるニキビ

最近ニキビができやすくなってきた…という方は、食生活や乾燥による毛穴の詰まりが原因として考えられます。毛穴が皮脂によって詰まりを起こしてしまうと、毛穴がふさがれてニキビを引き起こします。

通常は皮脂はスムーズに排出されるものですが、皮脂の量が多すぎてしまうことで毛穴が塞がれ、吹き出物やニキビができてしまうことに。皮脂や汗による汚れが皮膚の表面にたまってしまうことで、肌トラブルを引き起してしまいます。

頭皮の脂汚れをキレイに除去する方法

オイルで頭皮のクレンジングを行う

頭皮の余分な皮脂をしっかり除去したいという方は、オイルを使った頭皮のクレンジングがおすすめです。オイルは油なため、皮脂となじみやすいという特徴があります。オイルで頭皮をクレンジングすることにより、毛穴につまった皮脂や汚れなどの脂分が浮きあがり、シャンプーで汚れが洗い落としやすくなります。

頭皮クレンジングとシャンプーや日々の保湿ケアなどを組み合わせることで、頭皮の健康状態を保つことができます。しかし、クレンジングは皮脂をしっかりと落とす効果があるため、必要な皮脂量を保つためにも、週1程度の目安で行うのがよいでしょう。

ブラシで頭皮をマッサージする

頭皮の状態を良くするためには、余分な皮脂や汚れを洗い流すことももちろんですが、ブラシなどを使って頭皮をマッサージすることも有効的な方法です。頭皮をマッサージすることで血行が良くなり、古い角質や汚れがスムーズに排出されやすくなります。

普段仕事で頭を使うことが多いかと思いますが、マッサージすることでコリがほぐれて血行が良くなり、頭が冴えてくる効果も期待できます。マッサージ用のブラシや、普段使っているブラシなどで、やさしく頭皮に刺激を与えてみましょう。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
頭皮マッサージでさまざまな悩みが解決される。健康的な美しさへ 

美容室でヘッドスパを受ける

自分で頭皮のマッサージをするのは苦手…という方は、美容室などでヘッドスパを受けるのがよいでしょう。専門の知識をもった美容師なので、頭皮のコリや血行促進の高い効果が期待できます。カットなどのメニューと一緒にヘッドスパをすることで、頭皮の状況をチェックすることができます。

アロマオイルなどと一緒にリラックスしながらヘッドスパを受けることで、普段のストレスを解消できる効果も。頭皮の血行が良くなればテカリや乾燥の症状も抑えることができます。美容師のアドバイスも聞きながら、頭皮をマッサージしてもらいましょう。

頭皮の脂を抑える方法

低刺激なシャンプーを使う

シャンプーの種類はさまざまで、低刺激なものから洗浄力の高い刺激成分の含まれたものがあります。頭皮の皮脂が気になっている場合は、乾燥などで頭皮が荒れている可能性があるので、低刺激性の成分のシャンプーを選ぶのがよいでしょう。

低刺激といっても洗浄力が高いシャンプーもあります。肌への負担を少なくするためにも、肌質に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。

皮脂を抑制するスプレーを使う

皮脂によるベタつきが気になる方は、頭皮専用のスプレーを使うのもおすすめです。スプレーの成分が頭皮の皮脂を吸着し、ベタつきを抑える働きをしてくれます。血行促進や保湿にもなることから、髪の毛の環境にも良い効果が期待できます。

皮脂の分泌を抑えるサプリを飲む

サプリメントを摂ることで皮脂の分泌を抑え、肌トラブルの症状を和らげることができます。ビタミンBは、脂質の代謝を促して皮脂の分泌をコントロールする働きがあります。ビタミンBが不足すると肌が脂っぽくなってニキビや肌荒れを引き起こすことに。

ビタミンBは皮膚や粘膜、細胞の再生、酸化された脂質を還元する働きがあることから、皮脂の分泌を抑えて肌トラブルを改善する効果が期待できます。

頭皮を冷やす

皮脂腺の活動は気温や湿度などによって大きく変化します。皮膚の温度を低く保つことで、皮脂分泌を抑制することができます。皮膚を冷やすことで赤みが抑えられたり、毛穴が引き締まる効果も期待できるため、頭皮の状態を見て、冷たいタオルなどで肌を冷やすことで症状を抑えることができます。

あまり冷たすぎると逆に肌がびっくりしてしまうことがあるため、ぬるま湯よりも少し冷たい程度の水ですすぎながら肌を冷やしてみましょう。皮膚温度を下げることで、皮脂を減らす効果が期待できます。

皮脂を抑える市販のシャンプーの選び方

アミノ酸系の洗浄成分を使用

髪にも頭皮にも低刺激でやさしいのが特徴なのが、アミノ酸系のシャンプーです。シャンプーの回数が多い場合でも、髪や頭皮を痛める心配がありません。皮膚と同じ弱酸性なので、髪が傷みやすい方や頭皮が乾燥しているときに使用することで、保湿しながら頭皮の汚れを落とすことができます。

ノンシリコン処方

シリコンには髪の毛を保護してベタつきを抑える働きがありますが、シリコンが肌に付着することでコーティング力が強いために毛穴を塞ぐことも。頭皮に付着することで髪の毛が生えにくくなってしまったり、ニキビや吹き出物といった毛穴詰まりの発生につながることも考えられます。

ノンシリコン処方のシャンプーを選ぶことで毛穴のトラブルや頭皮の環境を良くする効果が期待できます。シリコンは髪の毛をコーティングしますが保湿効果はないため、スキンケアやローションを浸透させるためにも、ノンシリコンシャンプーを選ぶのがよいでしょう。

硫酸系の成分が含まれていない

硫酸系の成分は合成界面活性剤と呼ばれる、強い洗浄力で汚れを落とすことが出来るのが特徴です。頭皮や髪に対しては刺激が強すぎる場合があるため、肌の弱い人などは頭皮湿疹や炎症を引き起こす原因となってしまい、髪の毛の乾燥を進行させてしまう元となる成分です。

合成界面活性剤は頭皮や髪に与えるダメージが大きいため、シャンプーを選ぶときは硫酸系の成分が含まれていないタイプを選ぶことで、頭皮への負担を少なくすることができます。

頭の皮脂対策におすすめのアミノ酸系シャンプー

モーガンズ ノンシリコン アミノ酸シャンプー/コンディショナー (リッチ&フローラル)

果実油や蜂蜜等の自然由来成分の香りがするのが特徴。18種類以上の植物アミノ酸成分をたっぷり配合し、自然の力で頭皮の状態を改善し、ボリューム感のある髪に仕上げてくれます。痛んだ髪を芯から補修し、保湿と潤いを与え、頭皮と髪の両方の調子を整えてくれます。

アラヴォーテ ルネッサンスシャンプー/コンディショナー

髪や地肌への刺激が少ないアミノ酸洗浄剤を使用。毛髪の保護や補修作用に優れた加水分解ケラチンを配合。パーマやカラーリング、紫外線でダメージを受けた髪を頭皮の汚れをやさしく落としながら、ツヤのある美しい状態へと導いてくれます。

コルダジュール プレミアムマイクロスパークシャンプー/スキンモイストトリートメント

高濃度溶解炭酸水を使用したノンシリコンのシャンプーとトリートメント。キメ細かい泡で髪と頭皮を守りながらしっかりと洗い上げ、11種類のアミノ酸と3種の希少天然オイルが健やかでツヤのある髪へと導きます。爽やかなフローラルアクアの香りでリラックス効果も。

MARKS&WEB ハーバルアミノシャンプー/コンディショナー

アミノ酸や糖からつくった洗浄成分で汚れをしっかりと洗い流します。低刺激なので敏感肌でも安心して使うことができ、指通りが良くてさらさらした髪ざわりの仕上がりに。タピオカの澱粉からつくったアミノ酸系成分なので、添加物がないのも特徴です。

皮脂を減らすための正しい髪の洗い方

洗髪前にくしでざっくりとかしておく

髪の毛を洗う前は、くしをつかってとかしておくことで、頭皮の汚れをしっかりと洗い流すことができます。髪の毛が痛んでくしが通らないと、根本部分を洗浄しにくくなってしまうため、洗髪前はくしでざっくりととかしておきましょう。

シャンプーをつける前に予洗い

シャンプーをつける前はぬるま湯で軽く洗い流し、頭皮の血流を良くすることが大切です。頭皮の血流がよくなることで毛穴が開いて汚れを落としやすくなる効果も期待できます。シャンプーで洗う前に、水で余分な汚れを軽く洗い流すようにしましょう。

爪は立てずに指の腹で洗う

爪を立てて洗ってしまうと、頭皮を傷つけてしまう恐れがあります。爪の先で洗うのではなく、指の腹部分を使ってやさしく洗い流すようにしましょう。頭皮が傷つくことで肌が乾燥し、皮脂が過剰分泌される悪循環に。やさしく指の腹を使って洗うことを意識しましょう。

ぬるま湯で時間をかけてすすぐ

熱いお湯や冷たい水は頭皮に負担をかけてしまう恐れがあります。皮膚がびっくりしてしまうと、皮脂が過剰に分泌されるなどの症状を引き起こすことがあるため、ぬるま湯で時間をかけてすすぐことを意識しましょう。

頭の脂を抑えるのにおすすめのサプリ

DHC ビタミンBミックス

ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸のビタミンB群全8種類にイノシトールをプラスしたサプリメント。ビタミンBを摂ることで皮脂の分泌を抑えることができます。

チョコラBB チョコラBBローヤル2

コンビニなどでも購入することができる、栄養ドリンク。ビタミンB2に加え、ローヤルゼリー、アミノ酸、タウリン配合なので、体の疲れを癒す効果も。手軽にビタミンBを摂りたい方におすすめです。肌荒れにも効果があるのが魅力です。

アンファー スカルプDサプリメント AGAメンズプロテイン プラスパウダー AGAブロックEX

発酵大豆胚芽エキス、コギリヤシエキス、ウコンエキスを高配合。ドリンクタイプで飲みやすく、プロテインを効率よくとることができます。イソフラボン成分で頭皮の状況を整える効果が期待できます。バナナ味なので粉タイプのドリンクが苦手な方でも美味しく飲むことができます。

頭皮の皮脂分泌を抑えてくれる食べ物

食物繊維の豊富なきのこ類

食物繊維の豊富なきのこ類には、整腸作用やビタミンなどの栄養価が多く含まれていることから、頭皮の皮脂分泌を抑える効果が期待できます。きのこはスーパーでも簡単に手に入る食材です。毎日のメニューに加えることで、内側から肌環境を整えることができます。

脂質の排出を助ける根菜類

野菜の中でも、根菜類に多く含まれている食物繊維を摂取することで、腸内環境を整えてくれるだけでなく、 体の中の有害な成分を解毒して排出してくれる働きがあるため、中性脂肪などによる脂質増加の防止に役立てることができます。レンコンやゴボウなど、作り置きのおかずとして食べるのもおすすめです。

ビタミンB群が豊富な緑黄色野菜

脂質の代謝や皮脂量のコントロールをする働きをするビタミンBは、頭皮の皮脂トラブルに効果的な成分です。緑黄色野菜を普段から積極的に摂ることで、皮脂の分泌を防ぐ効果が期待できます。脂質の多い食事も緑黄色野菜と一緒に食べることで脂質を抑える効果が期待できます。

ビタミンCの豊富な柑橘類

肌の代謝に不可欠なビタミンは腸内環境を良好に保つ働きがあります。皮脂の分泌を抑え、抗酸化作用もあることから、汗などによる臭いの予防にも役立てることができます。ビタミンCの豊富な柑橘類は毎日手軽に摂ることができ、美肌と頭皮の皮脂トラブルの両方を改善する効果が期待できます。

頭皮を労わる生活で皮脂分泌を少なくしよう

頭皮の皮脂トラブルは、生活習慣の悪化やシャンプーによる洗いすぎが原因のものなど、要因はさまざまです。自分のライフスタイルを見直すことで、皮脂によるかゆみやテカリを抑えて頭皮の環境を改善することができます。頭皮の状態を労わりながら、皮脂分泌を正常にし、ストレスフリーな肌を目指しましょう。

 

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル