オイリー肌のファンデ選び。毎日のケア見直しでよりきれいな肌に

2017.07.18

オイリー肌のファンデ選び。毎日のケア見直しでよりきれいな肌に

すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

オイリー肌の人にとって、化粧崩れや顔のテカリは悩みの種。しっかり化粧をしたつもりでも、ふとした時に鏡をみてガッカリ…なんて経験をした人も多いようです。適切なファンデーション選びや毎日の対策を見直して、化粧崩れしにくい肌を手に入れましょう。

INDEX

目次

    オイリー肌にあったファンデーション選びのコツ

    リキッドやクリームタイプはNG

    オイリー肌の人にとって、化粧品を選ぶ際、化粧崩れや顔のテカリが起きにくいものを選びたくなりますね。ファンデーションでは、なじみやすいリキッドタイプや、カバー力の高いクリームタイプを選んでいる人もいるかもしれません。

    しかし、オイリー肌の人にはあまりおすすめできません。リキッドやクリームタイプは、油分や水分が多く含まれているため、ヨレやすく、皮脂と混ざって崩れたり、顔のテカリが起こりやすくなるのです。しっとりとした仕上がりになるので、オイリー肌の人にとっては、逆効果になってしまうことが多いようです。

    パウダータイプを選ぶ

    オイリー肌の人におすすめなファンデーションは、パウダータイプです。パウダーが余計な水分を吸い取る働きがあるので、皮脂と混ざっても崩れにくく、さらりとした仕上がりになります。

    また、化粧崩れや顔のテカリが気になった時でも、パウダータイプであればささっと化粧直しをすることができます。他のファンデーションに比べると、パウダータイプは化粧直ししやすく、オイリー肌で化粧直しが必要な人にとって便利だと思います。

    オイリー肌にはミネラルファンデーションが最適

    オイリー肌の人におすすめするファンデーションの一つに、ミネラルファンデーションがあります。ミネラルファンデーションとは、天然のミネラルだけで作られたパウダー状のファンデーションのことです。

    日焼け止め効果がある酸化チタン、透明感を与える酸化亜鉛、肌をきれいにみせる酸化鉄、艶を与えるマイカなど、主に含まれる4つのミネラル成分によって肌をきれいにみせてくれます。肌に優しく、メイクをしても肌への負担がかかりにくいのが魅力です。

    ミネラルファンデーションは、粒子が細かく、毛穴をふさぎにくいので、肌荒れを起こしにくいと言われています。パウダーが皮脂を吸着してくれるので、オイリー肌の人も安心して使うことができますね。

    オイリー肌になる原因

    間違ったスキンケアをしている

    オイリー肌になってしまう原因として、間違ったスキンケアをしていることが考えられます。余計な皮脂を取ろうとして、必要な皮脂まで取り除いてしまうことで、肌を守ろうとかえって皮脂が過剰に出てしまうことがあるのです。

    また、肌の水分不足、つまり乾燥状態にある時にも、皮脂が過剰に出てしまい、結果オイリー肌になってしまうことがあります。皮脂を取りすぎず、しっかりと保湿を行うことで
    、過剰な皮脂分泌を抑えることが大切です。

    偏った食生活

    脂肪や糖分の多い食事や野菜が極端に少ない食事など、偏った食生活によって、オイリー肌を招いてしまうことがあります。脂身の多い肉やケーキ、揚げ物、アルコールなど、摂取する量が多いと、皮脂が過剰に分泌されます。

    ビタミンB2やB6、ビタミンCなどの栄養素には、皮脂の分泌をコントロールする働きがあります。ビタミンB2は、レバーやうなぎ、納豆などに多く含まれます。ビタミンB6は、レバー、まぐろ、かつおなどに、ビタミンCは野菜や果物などに多く含まれています。

    バランスの取れた食事を心がけることで、皮脂分泌を正常に整えることができ、肌をより良い状態に近づけることができます。

    生活習慣の影響

    生活習慣の影響で、皮脂の過剰分泌を招いてしまうことがあります。皮脂の分泌には男性ホルモンが大きく関わっています。睡眠不足やストレス、飲酒や喫煙などにより、自律神経が乱れ、ホルモンに影響し、過剰な皮脂分泌を起こしてしまうのです。

    遺伝の可能性も

    オイリー肌には、遺伝の可能性もあると言われています。皮脂分泌は、皮脂腺からされますが、皮脂腺が大きいと、一般的に皮脂分泌が多くなります。この皮脂腺の大きさは遺伝によるものであるとされているので、遺伝によって、皮脂分泌が多くなることがあると考えられます。

    普段のスキンケアが大事

    クレンジングはミルクかクリームタイプを

    オイリー肌の人は、皮脂や汚れをしっかり落としたいと、オイルタイプのクレンジングを選びがちです。オイルクレンジングは、しっかりメイクもきれいに落とせるのですが、その分、必要以上に皮脂を取り過ぎてしまうことがあります。

    肌への刺激となり、皮脂の過剰分泌を招く原因になってしまうことがあるため、オイリー肌の人はオイルタイプは避けた方が安心です。ミルクかクリームタイプのクレンジングは、肌への負担も少ないので、オイリー肌の人におすすめです。
    ▼さらに詳しい解説はこちら
    クレンジング ミルク ランキング。低刺激で肌に優しい選び方

    たっぷりの泡で洗顔が鉄則

    洗顔をする時には、しっかり泡立てて、たっぷりの泡でやさしく洗顔することが大切です。しっかり泡立てずにゴシゴシ洗うと、肌に負担がかかってしまいます。また、泡を流す時にも、ぬるめのお湯で、すすぎ残しがないようしっかりと流しましょう。

    洗顔の頻度も重要です。皮脂が気になるからと言って、1日に何度も洗ってしまうと、逆効果です。洗顔は夜1回、もしくは朝夜2回までがベスト。肌に負担をかけないよう、優しくていねいな洗顔で、皮脂の分泌を抑えましょう。

    低刺激・高浸透の化粧水や乳液を

    洗顔をして、顔の皮脂や汚れを落とした後には、化粧水や乳液でしっかりと保湿をすることが大切になります。化粧水や乳液は、低刺激のもので肌への刺激を抑えると良いでしょう。

    また、高浸透化粧水は、肌に必要な成分がより浸透しやすく、保湿効果も高まります。低刺激や高浸透の化粧水、乳液を選びたいですね。

    セラミド配合のものを選ぶ

    角質層にあるセラミドは、肌に水分を蓄える働きがあり、減少すると乾燥しやすくなります。年齢と共に減少してしまうため、化粧水などでセラミドを補う必要があります。セラミド配合の化粧水で、角質層から肌を整えることができます。
    ▼さらに詳しい解説はこちら
    セラミド入り化粧水がツヤ肌に導く。肌の水分を保つその効果とは

    • 滝沢日花里
      滝沢日花里(34)MR、モデル、医療・美容・健康コンサルタント
      7730-1:セラミド配合のものを選ぶ

      医療・美容コンサルタントの滝沢日花里です。以前6月21日の「超乾燥肌はセラミドで潤い肌に。加齢でなるカサカサ肌を改善しよう」の記事にてセラミドについてコメントをさせて頂きました。今回はセラミドとオイリー肌の関係についてご説明致します。若くて健康な肌にはセラミドがしっかりと含まれており、肌も艶やかでしっとりしています。しかし加齢や気候の変化、環境の変化などによって、セラミドの量は減ってきます。そうしますと肌に潤いがなくなり、肌が乾燥した状態になってしまいます。実際に乾燥肌や荒れ肌などの肌では、セラミドが著しく少なくなっていることが報告されています。セラミドの減少で、肌が潤いを出そうとしてしまう反応がオイリー肌の原因の一つと考えられています。オイリー肌にお悩みの方ですと、スキンケアを軽く済ませがちですが乾燥から肌を守る為に、余計な油分が出てしまいます。対応策として1番良いのは、化粧水前の先行美容液を使用する事です。先行美容液は化粧水の浸透を高める効果があり、角質層まで潤わせる事が期待出来ます。私も洗顔後は必ず先行美容液を使用してから、化粧水を付けるようにしています。継続していく事で肌の水分量が安定してきますので、是非取り入れてみて下さい。尚、テカりによる化粧崩れの場合はティッシュオフをしてから乳液で保湿をしてあげると、よれずに化粧直しが出来ますよ。出来る事から始めて、オイリー肌の卒業を目指していきましょう。

    滝沢日花里さんを23人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    ローションパック等でさらに保湿

    よりしっかり保湿したい人や、美容液などをしっかり浸透させたい人は、ローションパックなどを行うと良いでしょう。ローションパックをすることで、肌に水分をしっかり与えたり、その後の美容液を浸透しやすくすることができます。

    ローションパックは、お手持ちの化粧水と水、大きめのコットンがあればできます。コットンを水でひたひたになるまでしっかりと湿らせ、そこに化粧水を500円玉くらい染み込ませます。1枚のコットンを数枚に割いて、頬、鼻、おでこ、顎…と顔に貼っていきましょう。

    そのまま3分ほど置いたらはがして終了です。終わった後は、必ず乳液などでしっかり蓋をしましょう。

    ニキビが気なるなら「ノンコメドジェニック」

    ノンコメドジェニックと呼ばれる化粧品とは、毛穴がつまりにくく、ニキビができにくいとされる化粧品のことです。ニキビができやすく気になっている場合には、ノンコメドジェニック化粧品を使うことで、ニキビの発生を抑えることができます。

    ただし、ノンコメドジェニック化粧品には、ニキビを治す効果はないとされています。あくまでニキビをできにくくするというものであることを理解しておきましょう。

    効果的な紫外線対策

    UVカット効果のある下地やファンデーションを使用する

    日焼けすることで、肌が乾燥するため、皮脂が分泌されます。効果的な紫外線対策が必要です。化粧下地やファンデーションには、UVカット効果のあるものが多くあります。下地やファンデーションをしっかり塗ることで、紫外線から肌を守ることができます。
    ▼さらに詳しい解説はこちら
    お肌にやさしい「日焼け止め・化粧下地」を使って肌荒れ知らずに。

    シーンに応じたUVカット効果の物を選ぶ

    生活環境や用途によって、必要なUVカット数は異なります。通勤や買い物の時、屋外レジャーや運動会など一日中屋外にいる時、海など強い日差しを浴びる時など、それぞれのシーンに合わせて、必要なUVカット数のものを選ぶ必要があります。

    また、UVカット効果が高いものであっても、こまめに塗ることが大切です。こまめな塗り直しで、紫外線から肌をしっかりと守ることができます。

    化粧直しに大事な事

    化粧直しに油とり紙は使わない

    化粧直しをする時、まず最初に油とり紙を使うという人は多いのではないでしょうか。実は、油とり紙を使うことで逆効果になってしまうことがあります。油とり紙は、皮脂をしっかりとれるように作られているため、どうしても皮脂を取りすぎてしまいます。

    その結果、必要な皮脂まで奪われ、肌を守ろうと皮脂が過剰に出されてしまうのです。化粧直しをするときに、皮脂が気になるときには、柔らかいティッシュなどで優しく抑えるようにしましょう。必要以上に皮脂を取りすぎる心配がありません。

    パウダーファンデーションでふんわりと乗せる

    パウダータイプは、パウダーが皮脂に吸着し、さらっとした仕上がりになります。化粧直しの時には、ゴシゴシと強く塗るのではなく、ふんわりと乗せるようにして塗り直すと良いでしょう。肌への負担を抑えることができます。

    付属のパフは使いまわさない

    ファンデーションに付いているパフは、清潔に保ち、商品ごとに使い分けるようにしましょう。つい面倒くさくて、同じものを使い続けてしまうこともあるかもしれませんが、かゆみを感じたり、肌荒れの原因になってしまうことがあります。肌に直接つけるものなので、清潔を心がけたいですね。

    オイリー肌が使うべきパウダーファンデーション

    ファシオ ラスティング ファンデーション

    崩れにくく、テカリを抑えてくれると人気です。化粧下地がなくても使用できるので、ささっと塗ることができて便利です。

    マキアージュ ドラマティックパウダリー UV

    薄付きなのに、カバー力があり、崩れにくい、オイリー肌に嬉しいパウダーファンデーションです。肌をきれいに見せてくれます。

    ソフィーナ プリマヴィスタ  パウダーファンデーション

    ムラになりにくく、化粧が落ちてきてもきれいな状態を保つことができます。オイリー肌の人にとって、化粧落ちがきれいなのはうれしいですね。

    エスト パウダーファンデーション シルキースムース

    時間がたっても崩れにくく、程よく艶が出て自然に馴染みます。テカリも抑えてくれるので、化粧直しをする回数が少なくて済みます。

    お値段以上の実力 セザンヌ ウルトラ カバー UVファンデーションII

    お手頃価格なのに、カバー力があり、崩れにくいと人気です。値段以上の効果で、安心して使うことができます。

    立体感のある肌へ M・A・C ライトフル C SPF 30 ファンデーション

    透明感が出て、肌が明るい印象にしてくれます。光に反射して、肌をきれいに見せてくれるファンデーションです。

    オイリー肌の強い味方のミネラルファンデーション

    オンリーミネラル ファンデーション

    高品質のミネラル100%のミネラルファンデーションです。肌にも優しく、超微粒子のパウダーで自然に仕上げることができると人気です。

    レイチェル ワイン ミネラルファンデーション

    カバー力がありながら、軽いつけ心地で自然な仕上がりのミネラルファンデーションです。ミネラルだから肌にも優しく、安心して使うことができます。

    明色化粧品  モイストラボ BBミネラルファンデーション

    スキンケア、化粧下地、UVカット、ファンデーション、コンシーラー、フィニッシングパウダーの6役をこなしてくれます。これ1つでいいのは便利です。

    Lily Lolo(リリーロロ) ミネラルファンデーション

    より自然に、透明感のある肌にしてくれるのに、毛穴など気になるところをうまくカバーしてくれます。ミネラルだから肌にも優しいので安心です。

    オイリーなのに乾く

    肌の内側の乾燥「インナードライ」に気を付けて

    肌の表面は皮脂が目立っているのに、肌の内側が実は乾燥しているということがあります。インナードライと言われ、通常のオイリー肌と見分けがつきにくいので、自分では気づきにくいようです。一度コスメカウンターなどで水分量を測ってもらうとよいでしょう。

    インナードライの場合、肌の水分量が足りていないので、肌にしっかりと水分を与えてあげる必要があります。油分は控え、化粧水など水分をしっかり補えるものを使いましょう。

    ホルモンバランスやストレスが原因の可能性も

    インナードライは、皮脂の取りすぎや、肌への強い刺激が原因でなることがあります。その他、ホルモンバランスやストレスが原因となって、インナードライを引き起こすことがあります。ストレスなどによって、ホルモンバランスが崩れると、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

    インナードライを防ぐためには、基本的なスキンケアや生活習慣を見直すことが必要になります。

    肌の状態を考えて選んで

    オイリー肌の人にとって、化粧崩れや顔のテカリはとても気になるもの。オイリー肌でもきれいに化粧を楽しみたいですね。オイリー肌をうまくカバーして、きれいな肌を作るためには、自分の肌に合ったファンデーション選びが大切です。

    オイリー肌を今すぐ改善することは難しいかもしれません。しかし、日々のスキンケアを見直して、自分の肌をより良い状態に近づけることは可能です。また、自分の肌に合わせた化粧品選びによって、オイリー肌とうまく付き合っていくこともできます。

    まずは自分の肌の状態を知り、肌に合わせた化粧品やスキンケアを大切にしていきましょう。化粧崩れしにくい肌作りで、メイクを楽しみましょう。

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT