肌タイプで選ぶ「化粧水の正しい効果」自分の肌質にあうのは?

2017.07.18

肌タイプで選ぶ「化粧水の正しい効果」自分の肌質にあうのは?

すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

どんなに高価な化粧水を使っていても、それが本当に自分の肌に合っているものでなければ意味がありません。今回は、さまざまな化粧水の効果と、正しい使い方について徹底追求してみました。ぜひこれからの化粧水選びのポイントに役立ててください。

INDEX

目次

    化粧水を使った場合に得られる効果

    肌が保湿されて潤う実感がある

    化粧水の役割とは、洗顔後の肌に水分を与えて保湿するためだということは、既にご存知の通りです。化粧水は、潤いのあるふっくらとした素肌に整えてくれる働きがあります。

    乾燥しにくくなる

    たっぷりの水分が浸透した素肌は、かさついた肌を整えてくれる効果があります。乾燥を防いで、みずみずしい素肌へ導いてくれる効果があります。

    キメが整って肌がきれいに見える

    表皮の角質や肌の水分を整えたあとの素肌は、キメが細かくなめらかになります。肌が明るくきれいにみえるのも、化粧水の効果のひとつですね。

    肌トラブルの予防になる

    化粧水で整えた素肌は、毛穴が引き締まり、クリアな透明感を感じることができるはず。乾燥はもちろん、シワやニキビなどの肌トラブルも予防することが可能です。

    化粧のノリが良くなる

    肌の調子が良くなれば、当然その後のメイクのノリも変わってきます。なめらかに整えられた素肌には、ファンデーションがきれいについてくれるので、ムラのない・化粧崩れしにくいメイクをすることができるようになります。

    使わない場合より肌の調子がいい

    洗顔後、化粧水を使わないまま放っておくと、肌のつっぱり感を感じることはありませんか?化粧水を使ったときと使わないときでは、明らかに肌の調子が違うはず。

    特に、お手入れをせずに寝てしまった次の日の朝は、いつもよりも肌の調子が悪いと感じることが多いのではないでしょうか。

    化粧水の効果に関する注意点

    肌の内部に成分は届いていない

    さまざまな化粧水には、それぞれ特徴があり、どれも美肌に有効な成分が含まれているということで注目を集めていますね。

    しかし、その成分のほとんどが、肌を生成する真皮層までは届いていないのが現実です。化粧水は、肌の表皮を潤し、キメを整えるのが目的です。肌の内部にまで浸透する美容成分は、ほとんどないといっても良いでしょう。

    時間が経てばある程度蒸発する

    化粧水のほとんどは、水分でできています。化粧水をつけっぱなしにしていると、肌の化粧水の水分は、ある程度蒸発していきます。しかし、化粧水に含まれた潤い成分がそのまま肌に残って、肌を守ってくれているため、うるおい感を長く感じることができるのです。

    化粧水は、つけてすぐに肌に浸透してくれるので、ある程度化粧水がなじんだら、半分に折ったティッシュを顔に優しく押し当てて水分を吸い取らせましょう。その後、乳液やクリーム・美容液などで、水分を閉じ込めるためのフタをしてあげます。

    化粧水が必要がない人もいる

    実は化粧水を多く使っているのは、日本人独特の習慣になっているようです。海外では、洗顔後の仕上げとして使うこともあるようですが、一般的には、すぐに乳液やクリームで保湿を行うとのこと。

    化粧水は肌の必要な水分までも蒸発させてしまうという理由で、化粧水を使わない美容法を実践している人も増えてきているようです。しかし、この美容法で効果を実感できるのは、既に肌の保湿機能が整っている人。洗顔後も肌のつっぱり感を感じないと言う人なら、化粧水を無理に使う必要はないのかもしれません。

    肌の水分量は蓄積されない

    年齢とともに低下していくと言われている肌の水分量。たっぷりの水分を含んだ肌は、なめらかで弾力性がありますよね。

    しかし、生活習慣やストレス・紫外線などのダメージによって水分を保存しておく細胞が減少してしまうと、肌の水分量が低下し、かさつきの気になる乾燥肌になってしまう可能性があります。

    肌の水分量は、角質細胞のひとつであるセラミドの数に比例しているといっても過言ではありません。このセラミドが、肌の水分を吸収・維持することで、ふっくらした弾力のある素肌をキープすることが可能になっているのです。

    本当に潤いのある弾力のある素肌を手に入れるためには、このセラミドを増やすことが何よりも大切なのです。

    化粧水の価格と効果は比例しない

    CMやインターネット・雑誌などでは、とても高価な化粧品が有名モデルやタレントなどによって宣伝されていますね。しかし、せっかくの高い化粧水を購入しても、肌に合っていなかったりもったいないからと使う量を抑えているなどでは、あまり効果は実感できないのではないでしょうか。

    現在、国内では、実にさまざまなスキンケアコスメが販売されています。安価なものでも、しっかりと美容成分が配合されている優秀な化粧水もたくさんあります。

    化粧水の価格と自分の肌への効果は、決して比例するものではないので、その中で本当に自分に合ったものを見つけるのは、難しいかもしれません。しかし長く付き合うスキンケアアイテムだからこそ、自分に合ったものを選びたいものですね。

    直射日光や湿度の関係で品質が落ちる

    化粧水の成分の7~8割は水分です。残りの2~3割の美容成分は、ほとんどのものが直射日光を嫌います。太陽光をはじめ、温度や湿度でも品質が変わってしまう可能性もあるのです。

    様々な効果をもたらす化粧水の種類

    浸透力を高めるプレ化粧水

    プレ化粧水は、導入化粧水とも呼ばれています。オープン初日前にお客様を招待して、実際にお店を体感してもらうプレオーブンと同じような感覚です。誰もが絶対に使わなくてはいけないというものではありません。

    プレ化粧水には、肌をやわらかくして浸透率を上げるという特徴があります。通常の化粧水だけでは物足りなく感じる・乾燥が気になる・肌のざらつきやごわつきが気になる・肌の皮膚が厚くて硬いなどの肌タイプの人に、おススメしたい化粧水です。

    皮脂を抑える収れん化粧水

    毛穴を引き締め、皮脂を抑えてくれるのが、収れん化粧水です。アルコールが多めに配合されているのが特徴で、ニキビ肌や、テカリの気になる脂性肌タイプの人におススメの化粧水です。

    敏感肌でも使える低刺激性タイプや保湿効果のある収れん化粧水など、高価なものからコスパのよいプチプラなものまで多種多様な収れん化粧水が販売されています。価格にとらわれず、自分の肌タイプにあったものを選ぶのが良いでしょう。

    使い方は、通常化粧水の前に、コットンに500円玉大の収れん化粧水を含ませます。あとは優しく顔全体をぽんぽんとパッティングするだけ。皮脂の気になるTゾーンは、特に念入りにパッティングすると良いでしょう。

    汚れを取るふき取り化粧水

    古い角質を除去し、くすみや美白効果が高いと注目を集めているのが、拭き取り化粧水です。クレンジング後のメイク汚れの残りや、落としきれなかった皮脂をしっかり取り除くことができるので、にきび予防やテカリ防止などにも高い効果があります。

    使い方は、収れん化粧水と同様、コットンに500円玉大に含ませます。その後、顔全体を優しく拭き取りましょう。肌への負担を軽減するため、内側から外側へ一方向に拭き取ることがポイントです。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    「ふき取り化粧水」で効果アップ。クリアで美しい肌を目指そう

    シミを防ぐ美白化粧水

    アルブチンやビタミンC誘導体などの美白成分が配合された美白化粧水。日焼けやニキビ跡などのシミやくすみを改善する効果があるとされています。継続して使用することで、その効果が少しずつ実感できるのではないでしょうか。拭き取り化粧水と併用すると、さらに効果的といわれています。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    素肌に透明感!美白化粧水の効果と知っておきたい有効成分

    肌を潤す保湿化粧水

    通常使用している化粧水が、この保湿化粧水です。乾燥肌や敏感肌・混合肌や脂性肌など、肌のタイプは人それぞれ。保湿タイプの化粧水にも、肌タイプに合わせたしっとりタイプやさっぱりタイプなど、たくさんの種類があります。肌を潤し、キメを整えてくれる保湿効果に優れたものであれば、価格を問わず自分に合ったものを見つけるのが良いでしょう。

    効果を正しく引き出す化粧水のつけ方

    手は爪を切って清潔にしておく

    伸びたままの爪は、肌を傷つけてしまう可能性があります。誤ってニキビをひっかいてしまったり、引っかき傷をつけてしまっては、肌トラブルを引き起こしてしまいますよね。毎日素肌のお手入れをする前に、爪は短めに切って、常に清潔にしておくことが大切です。スキンケアの前には、必ず手を洗って、清潔な状態で行いましょう。

    1回に使用する量は500円玉大程度

    コットンを使用する・手のひらにそのままのせて使うなど、化粧水の使い方も人それぞれです。1回の化粧水の使用量の目安は、500円玉大程度と覚えておくと、化粧水を無駄にすることもありませんね。肌への負担を軽減するためにも、たっぷりの化粧水を惜しみなく使うことが大切なのです。

    手で温めてから優しくハンドプレス

    顔につける前の化粧水は、手で人肌に温めてから使用するのが良いでしょう。温められた化粧水は、肌への浸透率がよくなるので、いつもよりも水分がグングン吸い込んでいくのを実感できるはず。化粧水をなじませた後は、手のひらで顔を覆い、ハンドプレスでさらに浸透を促すのが効果的です。

    乾燥が気になる場所に2度づけする

    頬や口の周りなど、乾燥しやすい部位には、化粧水を2度づけするのが良いでしょう。肌がゴクゴクと化粧水を浸透してくれるので、乾燥しがちな季節などには、特におススメです。乾燥肌や敏感肌タイプの人はもちろん、混合肌タイプの人にもぜひおススメしたいスキンケア方法のひとつです。

    洗顔後は間を置かずにつける

    洗顔料を使って洗ったあとは、皮脂や角質がきれいに落とされているので、ツッパリや乾燥を感じやすくなっています。また、空気中のホコリや雑菌が肌に触れる前に化粧水をつけておくことで、皮膚を保護してくれる役割もあります。

    洗顔後は、すぐに化粧水でお手入れする習慣を身につけましょう。

    化粧水の種類によってはコットンを使用

    拭き取り化粧水や収れん化粧水などは、コットンを使用することが必須となります。余分な皮脂を落とし角質や汚れを除去するためには、手のひらだけでは拭き取ることができません。大き目のコットンにたっぷりの化粧水を含ませて、上手に活用しましょう。

    効果を半減させる間違った使い方

    強く叩くようにパッティングする

    とくに収れん化粧水などで間違いがちなのが、パッティングの力加減です。強く叩けば、毛穴が引き締まって、肌が引き締まるというものではありません。ただ力を入れただけのパッティングでは、肌を痛め、ダメージを与えてしまうだけ。ポンポンと軽い力で行うのが、上手なパッティングのコツです。

    ただし、毛穴の気になるTゾーンでは、他の部位よりも念入りにパッティングすることをおススメします。収れん化粧水でしっかりと毛穴を引き締めて上げましょう。

    コットンが乾くほど長時間つけ続ける

    コットンパックは、手軽でコスパも良いことから、実践している人も多いことでしょう。しかし、コットンパックは、長い時間つけているからいいというものではありません。目安は3分程度。それ以上つけ続けていたとしても、肌が化粧水を吸い込まないので、つけている意味がないのです。

    1日に何度もつける

    乾燥しがちな季節だから、テカリが気になるからといって、1日に何度も化粧水をつける必要はありません。洗顔後の肌の調子を整え、保湿するための化粧水は、肌に合ったものを正しく使っていれば、朝晩の使用のみで十分です。お手入れのしすぎは、肌への負担を増やしてしまうだけ、ということになってしまうことだって考えられるのです。

    繊維が硬い安物のコットンを使う

    収れん化粧水や拭き取り化粧水などに使用するコットンは、大きめで質の良いものを使うようにしましょう。硬い繊維のものでは、化粧水が浸透しにくく、肌への負担を大きくしてしまいます。また、安価なコットンは、繊維が肌に残りやすいものもあるので、あまりおススメできません。

    高い化粧水に固執するよりも、使用するコットンへのこだわりを大切にしましょう。

    頻繁にコットンパックを行う

    うるおいのあるクリアな素肌へのスキンケアのひとつがコットンパックです。乾燥や日焼け跡の肌のお手入れには、とても効果的。

    とてもお手軽で、即効性のあるスキンケア方法のひとつですが、頻繁に行ってもあまり効果はありません。肌の水分量は毎日激しく変化を遂げるわけではないので、肌が乾いたな・・・と感じたときに行うのが最も効果的といえるでしょう。

    化粧水の効果を高めるスペシャルケア

    たっぷり使ってコットンパック

    化粧水の効果をより高めてくれるスペシャルケアのひとつがコットンパックです。

    コットンパックの方法は、大きめのコットンを水に濡らし、軽く絞ります。その後、化粧水をたっぷり含ませ、おでこ・頬・Tゾーン・口周りなどにコットンを貼り付けていきます。そのまま3分ほど放置するだけ。コットンを取り除いたら、顔全体を軽くパッティングして完了です。

    コットンには、蒸発していない化粧水が含まれたままの状態になっているので、そのまま胸や背中・足や腕などを拭きとりましょう。古い角質や皮脂が除去されるので、全身のスキンケアにもなります。1週間に1度など、ペースを決めて定期的に行うのが、おススメです。

    ホットタオルの後に化粧水を使う

    温めたホットタオルは、顔の毛穴を開かせ、汚れを浮かせてくれる効果があります。疲れ目や三重まぶたの改善などにも効果があるとされており、1日の疲れを癒してくれるひとときです。

    ホットタオルでじっくり毛穴を開かせた後は、拭き取り化粧水で残った汚れを取り除き、プレ化粧水や収れん化粧水で、しっかり毛穴を引き締めましょう。その後保湿化粧水を使用すると、いつもよりも浸透率のよさを実感できるはずです。

    • 富樫あい
      富樫あい会社員 / 読者モデル
      7683-1:ホットタオルの後に化粧水を使う

      ホットタオルはよく家でやっています。 水で濡らしたタオルをレンジで温めて、数分顔にのせると、毛穴が開いて化粧水の浸透もとても良いですし、また洗顔の前におこなうのもおすすめです。より毛穴の奥までヨゴレが取れる感じがします。 特に冬など寒い時期には、ホットタオルでお顔を温めてから、化粧水をたっぷりつけた方が、感想も防げると思います。

    富樫あいさんを12人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    化粧水をレンジで数秒温める

    暑い夏の季節には、毛穴を引き締める効果がある、などの理由から、化粧水を冷蔵庫などで冷やして使っているという人も多いのではないでしょうか。しかし、保湿を目的とした化粧水は、肌への浸透率のよさが重要です。人肌に温めた化粧水は、浸透もよく、水分をしっかりと吸い込んでくれます。使用する分の化粧水をコットンに含ませ、ラップでくるんで、数秒間電子レンジで温めたものを使用しましょう。そのまま使ったときよりも、肌への浸透率がグンとアップします。

    入浴中のシリコンマスクでローションパック

    入浴中は毛穴が開き、代謝も活発になっています。シリコンマスクを使ったローションパックは、開いた毛穴に美容成分を含んだ化粧水がたっぷりと浸透されていくので、美容には、とても効果的。汗をかきながら行うので、顔やせ効果も期待することができそうです。

    乳液と混ぜてつけて浸透力を上げる

    化粧水と乳液と混ぜてつけると、乳液の浸透率を上げることが可能です。おススメなのは、大豆イソフラボンを使った化粧水と乳液。乳液のべたつきが嫌だと感じていた人もこれなら、抵抗なく乳液をつけられるはずです。コスパもよく、手間もかからないので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

    まずは自分に合った化粧水を見つけよう

    どんな化粧水でも一番に大切なのは、自分に合っているかどうかということです。憧れの有名人が宣伝していても、その効果を感じられなければ、まったく意味のないものになってしまいます。

    プラ化粧水や収れん化粧水・拭き取り化粧水などは、自分の肌に必要なのか。保湿化粧水は、どんなものを選べばよいのか。種類もたくさんあって、迷ってしまうことも多いと思います。

    そんなときは、近くのコスメショップで、自分の肌の水分量を測ってみてはいかがでしょうか。水分量の違いで、選ぶ化粧水もかなり絞り込まれることでしょう。

    うるおいや弾力が欲しいと感じている人は、コラーゲンやヒアルロン酸・セラミドなどの美容成分を多く含むものがおススメ。シミの除去や肌をクリアにしたいと考えている人には、ビタミンC誘導体やアルブチン・トラネキサム酸などを多く含んだ美白効果の高いもの通いでしょう。また、ニキビやテカリが気になる脂性肌タイプなら、収れん化粧水や拭き取り化粧水と併用したさっぱりタイプのものをおすすめします。

    価格やうたい文句にとらわれることなく、この機会にぜひ自分だけのこだわりの化粧水を見つけてみましょう。

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT