化粧水をつけない美容法。肌質に合った「美肌」を手に入れるには?

化粧水をつけない美容法。肌質に合った「美肌」を手に入れるには?

2017.05.30 / スキンケア

NADECICA編集部
NADECICA編集部

肌の保湿には欠かせない化粧水。スキンケアに時間をかけない方でも、毎日化粧水だけはたっぷりとつける、という方も多いことでしょう。しかし、あえて化粧水をつけない美容法もあります。自分の肌と相談して、一番合う方法を見つけましょう。

化粧水について

普段毎日つけている化粧水はどのような意味があるんでしょうか。

化粧水をつける目的は?

化粧水とはローション、トナーとも言われ、肌の保湿をしてなめらかにする透明な液体のことです。角質層まで浸透しやすいようにさまざまな成分を配合して作られています。

化粧水はほとんどが水でできているため、肌に浸透する美容成分は多くが蒸発してしまいます。化粧水を肌につけることですでに刺激を与えているため、細胞の機能が低下し、肌本来の保湿機能が衰えることにつながります。肌本来の保湿機能が弱まると老化を早めてしまうことがあるのです。肌の老化や乾燥を防ぐために化粧水を今までぬってきたのに、肌本来の保湿機能を失ってしまったら意味がありませんよね。

化粧水は必要ないの?

ヨーロッパなどの海外では、日本人のように化粧水を洗顔後につけるのはあまり主流ではありません。さらに化粧水を重ねづけすると肌に必要な水分までも蒸発してしまい、肌を守ってくれるバリアの機能までも弱まってしまうことになるので、化粧水はつけない方がいいのかもしれません。化粧水をつけないことによって、肌本来のバリア機能や保湿力を取り戻すことができます。健康な肌の人であれば化粧水をつけない美容法も効果が期待できますが、乾燥肌や敏感肌の人は化粧水をつけた方が潤いが保たれる場合があれます。

 

【化粧水をつけない美容法】やり方は2タイプ

化粧水や化粧品を全くつけない美容法を肌断食と呼びます。

洗顔後に化粧水を含め何もつけない肌断食

洗顔後に化粧品を全くつけない肌断食方法です。肌の潤いがもとからあり、乾燥やニキビなどない健康的な肌の人に向いています。
肌トラブルのある人が急にこの方法を試してしまうと、今まで化粧水に頼っていたせいで肌本来の自然治癒力や保湿力も弱まっているので、肌荒れがさらに悪化してしまうことになる場合があり注意が必要です。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
肌断食ってどうやるの?乾燥肌に効果ありのお肌の断食道場

化粧水の代わりにクリームなどをつける方法

洗顔後化粧水はつけないが、美容液、オイル、馬油、クリームなどで保湿する断食方法です。ニベアの青缶のクリームが優秀で注目を浴びています。洗顔後のまだ水分を含んでいる肌に、油分でフタをして水分を蒸発させないようにする方法です。ニベアの青缶には高級化粧品にも劣らないくらいの保湿力があります。褐藻エキスを含めたいくつかの成分以外はなんとほぼ同じ成分でできているそうなんです。乾燥してしまったら化粧水の代わりに塗ると良さそうですね。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
おすすめの「保湿クリーム」を調査。上手に使ってしっとり潤うお肌へ

  • 山本 怜奈
    学生 / フリーモデル
    山本 怜奈さん(22)

    私は乾燥肌なので化粧水を使っていたのですが、合う合わないがあり化粧水をやめました。ですが、何もしない訳にはいかないので美肌を保てる方法が他にはないのかと思い調べたりしました。すると口コミでも話題になっていたニベアの青缶のクリームが良いと知り早速試すことにしました。お値段が安いにも関わらず、保湿力に驚きリピートして使用しています。乾燥肌の方には是非オススメ致します。

 

肌断食のやり方&期待できる効果

肌断食はどういったやり方が効果的なのでしょうか。

一般的な肌断食のやり方

いきなり化粧水を絶ってしまうのが難しい人には、化粧水をつけない日をつくったり夜だけ化粧水をつけないなどのプチ肌断食がオススメです。昼間どうしてもメイクをしないといけない人は、メイクの前につけて夜の洗顔後はつけない肌断食をするのも良いですね。メイクも肌に負担をかけないような、ミネラルファンデーションを使うと効果的です。

期待できる効果と効果が出るまでの期間

肌断食をすると期待できる効果は、乾燥肌の改善、ニキビができにくくなる、シミが薄くなるなどです。肌断食をすることによって肌本来の力が取り戻され、水分と油分のバランスが整いターンオーバーも正常になるからです。今まで保湿をしてくれていた化粧水を絶つため肌のバリア機能がなくなり、1カ月くらいは肌荒れに悩まされるかもしれませんが、2カ月・3カ月後には改善されることが多いようです。さらに半年経てばきっと化粧水なしでもきれいな肌になっていますよ。

宇津木式肌断食のやり方

宇津木式肌断食はいきなり全ての化粧品を辞めるのではなく、徐々に減らしていく方法です。
最初は肌へのまさつを減らすため、洗顔の回数を見直します。それから徐々にクレンジング、乳液、美容液、化粧水という順番で辞めていくのです。肌断食中に角栓が出てくる場合がありますが、それは肌が正常に戻ろうとして出てくるものなので触らずに放っておきましょう。
乾燥が気になる場合は肌に優しいワセリンを塗ると効果的です。皮膚科では白ワセリンという不純物が少ないワセリンを処方してくれます。メイクを一切しないことも大事なので、週末にメイクをしないようにして肌断食を行うのも良いですね。

期待できる効果と効果が出るまでの期間

化粧品を長く使って入念にケアしてきた人ほど、肌の状態が悪く効果を実感するのに時間がかかります。数週間で効果を感じられる人もいれば、数年かかる人も。ただ肌本来の機能を取り戻してしまえば、キメが細く美しい肌を手に入れることができます。肌トラブルもなく化粧水をつけなくてもうるおってる肌は魅力的ですね。

 

【化粧水をつけない美容法】のココが知りたい

化粧水を今まで毎日つけてきた人は化粧水をいきなり辞めるのは不安ですよね。

化粧水をつけない美容法で注意したい肌質は?

化粧品をつけない肌断食は肌荒れがない、健康的な肌質の人にはとても早く効果がでます。ただニキビ肌、ニキビ跡、乾燥肌、アトピー肌でお悩みの人は急に化粧水による水分補給を絶ってしまうと、逆に肌荒れを招いてしまう可能性があります。それは肌が化粧品の力に頼っていて、自己治癒力や保湿力が弱まってしまっているからです。これらの肌質の人で、肌断食をしたい人は様子を見ながら少しずつ行うと良いですね。

化粧水をつけないでいて肌の将来は大丈夫?

肌断食は肌本来の美しさや保湿力、バリア機能などを取り戻すための美容方法なので肌断食が成功した後には、化粧水をつけなくても良いくらいの健康的な肌を手に入れています。成功した後は化粧品に頼らなくても健やかな肌を保っていけます。今まで化粧品を使って時間をかけて肌ケアしてきたのが、嘘みたいに楽になりますよ。

肌断食をはじめたら肌状態が悪くなる理由は?

肌断食を始めると肌荒れがひどく出てしまう場合があります。それは今まで化粧水を使ってきたので自己治癒力が弱まっているためです。ニキビがひどくなったりもしますが、主に乾燥がひどくなります。肌がピリピリしたり、痒かったり、ひび割れてしまうこともあります。化粧品がない状態だと肌がとても乾燥していたという証拠ですね。これは肌が改善していっている証拠なので、ここを乗り越えれば肌は自然に肌を保湿する力を取り戻していきます。あまりにひどい場合は白ワセリンを使いましょう。白ワセリンは赤ちゃんの肌にも使用できるほど安全なので、乾燥している部分に優しく塗り込みましょう。

肌断食中の紫外線対策はどうする?

肌断食は肌に何もつけないことが基本です。メイクもしないのが望ましいです。肌につける化粧品自体が肌への刺激となってしまうからです。
肌断食中に紫外線対策のために日焼け止めを塗りたくなると思いますが、日焼け止め自体が肌に負担の大きい化粧品なので、なるべくつけないようにしましょう。外で遊ぶときなど長時間紫外線を浴びる場合はつけても良いですが、普段はなるべく帽子、マスク、日傘、サングラスなどを身につけて日焼け対策をすることが好ましいです。

 

【化粧水をつけない美容法】は自分の肌質と相談して試してみよう

肌断食を行って化粧品いらずの肌になったら、自分の肌にかなり自信を持てるようになりますね。肌断食をすれば肌荒れのトラブルからも解消されて、健康的な肌を手に入れることができます。すでに肌荒れを起こしてしまっている人は、自分の肌と相談しながら肌断食を行うと良いですね。また肌断食でかなり肌荒れが出てしまった場合は、一旦中止して経過を見ましょう。化粧水をつけない美容法、肌断食で本来の健康的な肌を取り戻しましょう。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル