お尻の黒ずみの原因とは。予防の仕方と簡単にできる自宅スキンケア法

お尻の黒ずみの原因とは。予防の仕方と簡単にできる自宅スキンケア法

2017.09.06 / すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

いつもは気にならないお尻でもふとしたときに黒ずみに気がつくことも。いつでも堂々と自信をもつためにはどんなケアが良いのでしょう。美尻のためのおすすめのクリームや自宅で簡単にできる予防法。自分に合うスキンケアで健康的で美しいお尻を保ちましょう。

 

外因性が原因となるお尻の黒ずみ

座っている時間が長い

デスクワークなど長時間座っている機会がある方は、お尻に負担がかかる時間が多く、血行が悪くなって老廃物が溜まりやすくなっています。老廃物が溜まると血の色も悪くなり、肌の透明感が失われて肌色も黒っぽく見えるために黒ずんで見えます。

また、体重がお尻にとって圧力になり、肌の新陳代謝が悪くなるために肌の生まれ変わりである、ターンオーバーがスムーズに進まなくなって古い角質が溜まる「過角化」が行われている可能性もあり、肌が固くなって黒ずんでいきます。

摩擦による刺激

肌は摩擦による刺激に弱く、摩擦を受けた肌はダメージを感じて、自らを守ろうとメラノサイトからメラニンが作り出され、メラニンを含んだ角質は黒くなります。黒くなった角質は、正常に肌のターンオーバーが行われると排出されていきますが、新陳代謝の低下などによってターンオーバーの働きが鈍ったり、メラニンが過度に作られることが原因で、排出が追いつかなくなり、角質が溜まり黒ずんでしまいます。お尻は座ったり立ったりすることで摩擦による刺激を受けやすい部分なので、気をつけていないと黒ずんでしまいます。

下着による締め付け

下着の締め付けは肌にとってとても負担になり、ダメージになります。とくに、サイズが合わない下着は肌への負担も多く黒ずみの原因に。下着によって締め付けられることで、血行が悪くなると血液がドロドロと黒ずんだものになり、肌色へも影響します。また、足の付け根などが下着で締め付けられると、歩いたときや動いたときに摩擦がおきて肌へのダメージになります。黒ずみを予防するためには、締め付けないように、サイズの合った下着を着用することが大切です。

シャンプーや石鹸の洗い残し

肌にシャンプーや石鹸の洗い残しがあると、それが毛穴の中に入り込み、汚れとなって皮脂と一緒に詰まってしまいます。毛穴に詰まった皮脂や汚れはアクネ菌の大好物。繁殖したアクネ菌によって作りだされたリパーゼは皮脂を分解し、遊離脂肪酸が作られますが、遊離脂肪酸は炎症を引き起こす作用があるためにニキビができます。お尻は下着などで蒸れやすくニキビも治りにくい場所。跡になってしまうとくすみや黒ずみの原因となります。

乾燥している

お尻は顔と違って、スキンケアにはさほど力を入れないことも多く、乾燥している可能性も。肌が乾燥していると角質細胞の1つ1つの水分が不足してカサカサの状態になり、角質と角質がくっつきやすく剥がれにくい状態になります。

そのため、肌が乾燥していると古い角質が自然と剥がれ落ちるターンオーバーが上手くいかなくなり、肌に古い角質が溜まりやすくなり「過角化」が行われ、肌のくすみや、黒ずみを引き起こします。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
保湿のケアと生活環境で乾燥肌が改善。透明感のある美肌を目指そう 

自転車のサドルでの擦れ

通勤などで自転車に乗る機会が多い方は、自転車のサドルとお尻が擦れて摩擦がおきています。摩擦がおきると肌にダメージを与えて、肌のメラノサイトからメラニンが作り出されて黒ずみの原因になります。とくにデコボコした不安定な道や段差のある所での走行は、お尻には過酷で負担も大きいもの。

メラニンを多く作り出した肌はメラニンが障害になるのでうまく力が働かずに、結果としてターンオーバーのサイクルが乱れてしまいがちです。

内因性が原因となるお尻の黒ずみ

ニキビやニキビ跡による色素沈着

お尻は通気性が悪く、汗や皮脂で蒸れやすい部分のため、皮脂が毛穴に詰まりやすくニキビができやすい部分。それに加えてお尻は、座っている時の体重の加圧などによってターンオーバーが乱れがちになるため、ニキビが出来るとなかなか治りにくくなります。

また、お尻は普段じっくりと見る機会もなく、一度出来てしまったニキビに気がつかずにケアが遅れてなかなか治らず跡になり、色素沈着してしまうことも。そのため、ニキビやニキビ跡が原因でお尻が黒ずむことがあります。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
メラニン色素を減らして肌のシミや顔のくすみを改善予防しよう 

ターンオーバーの乱れ

通気性の悪さや、座ったときの圧力から血行が悪くなり、ターンオーバーが乱れがちなお尻。ターンオーバーが乱れることによって古い角質が剥がれ落ちなくなり、角質が溜まる「過角化」が行われることも。

ダメージを受けにくく正常な肌であれば、28日周期で肌細胞は生まれ変わりますが、血行不良や乾燥、メラニンが過剰に作られることなどによってターンオーバーが乱れてしまうと、肌細胞の生まれ変わりが行われなくなるために古い角質が残り、黒ずみになります。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
おすすめなピーリングジェルまとめ。ターンオーバーを促進させよう 

ホルモンバランスの乱れ

お尻の黒ずみは、ホルモンバランスの乱れも原因になります。女性は、ストレスや睡眠不足、生理周期などによってホルモンバランスを乱しがち。生理後は卵胞ホルモン、生理前は黄体ホルモンが分泌されますが、黄体ホルモンは男性ホルモンに似た作用があるために過剰に分泌されてしまうと、皮脂量が増えてしまいニキビや肌トラブルが起きやすくなります。

また、女性でも、過度なストレスによってホルモンバランスが乱れてしまうと、男性ホルモンが分泌されてしまいます。男性ホルモンはメラニンを多く作り出してしまう作用があるため、シミやくすみ、黒ずみができやすい肌になってしまいます。ストレスをためずに良質の睡眠をとり、ホルモンバランスを整えることが大切です。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
エストロゲン・プロゲステロンのことを知って、女性ホルモンを整えよう 

脂肪が少ない

お尻に脂肪が少ないと黒ずみができやすくなります。お尻の脂肪は、椅子に座ったときのクッションの役割になり、衝撃をやわらげてくれるからです。反対に脂肪が少ないと衝撃が伝わりやすく、刺激を受けやすくなるので、アザや黒ずみができやすくなります。

ふくよかな人がお尻にアザが少ないのはそのためです。ダイエットのし過ぎで脂肪を落としすぎるとお尻に黒ずみができやすくなるので注意しましょう。

食生活の乱れ

食生活が乱れてもお尻の黒ずみの原因になります。黒ずみを予防して美尻を保つためには、肌に良い栄養をバランス良く摂取することが大切です。美肌には、肌を整え透明感を保つビタミンC、肌の再生を促すビタミンAやビタミンB、抗酸化力が高く肌老化を防ぐビタミンE、肌そのものを健康に作り出すたんぱく質などが欠かせません。

ビタミンCは、柑橘系の果物、イチゴ、ブロッコリーに。ビタミンAはウナギ、アナゴ、レバーに。ビタミンBは豚肉、納豆、カツオに。ビタミンEはナッツ類、食物油、ホウレン草、カボチャに。タンパク質は鶏肉、豚肉、牛肉、納豆などにそれぞれ多く含まれています。肌に良い栄養素をバランス良く摂りましょう。

黒ずみが出来やすい部分

お尻のトップ

いちばん盛り上がっているお尻のトップは、下着との摩擦による刺激も受けやすく、座っているときも体重による加圧で負担が大きい部分。肌はダメージを受けると、肌を守ろうとしてメラノサイトからメラニンが作り出され、ターンオーバーがスムーズに進まないと、メラニンを含んだ古い角質が排出されずに、くすみや黒ずみになります。

体重による加圧は、古い角質が排出されるターンオーバーが進みにくくなるため、角質が溜まる「過角化」が行われることになり、皮膚が固くなって黒ずみやすくなります。

お尻と足の境目

下着が当たる、お尻と足の境目も黒ずみができやすい部分です。お尻と足の境目はふだん動いたり歩いているだけで下着と擦れて摩擦がおきているので、肌へのダメージが多くなります。そして、摩擦を受けた肌はダメージから守ろうとしてメラノサイトからメラニンを作り出し、メラニンを含んだ角質は黒くなるため肌の黒ずみになります。

メラニンを含んで黒くなった角質は、肌の生まれ変わりであるターンオーバーによって剥がれ落ちるため、肌の色は元に戻りますが、お尻と足の境目は頻繁に摩擦がおきているのでメラニンも多く作り出されることになり、ターンオーバーの力が追いつかなくなり、黒ずみとして残りやすくなります。

お尻の割れ目

お尻の割れ目も黒ずみやすいところ。汗をかきやすく、通気性も悪いので蒸れやすい部分であり、下着などとの摩擦もおきやすい部分なので、肌へのダメージが多いところです。そのため、ダメージから肌を守ろうとしてメラノサイトからメラニンが過剰に分泌されて、黒ずみができやすくなります。また、あせもができてかゆみが現れたり、あせもの跡が残ってくすんだり黒ずんだりしやすい場所でもあります。

自分で簡単に出来るホームケア

仕事中など座るときはクッションをひいて座る

仕事や食事、乗り物での移動など、長時間椅子に座る機会は多々あります。そのため、お尻には体重の圧力がかかりやすく血行が悪くなりやすいので、肌のターンオーバーが遅れがち。そうなると、肌には古い角質が溜まって角質が厚くなる「過角化」が行われやすく、固くゴワついて黒ずんだ肌になりす。

そのため、椅子に座るときはクッションを敷いてお尻の負担を軽くしてあげると良いでしょう。血行不良を防いで、過角化や老廃物の停滞を予防することができます。

ガードルなど締め付ける下着は避ける

ガードルなどの締め付けは美尻には大敵。血行不良になり老廃物が溜まったり、擦れて摩擦をおこしたりと肌へのダメージが大きいもの。老廃物が溜まると血液は濁った色になり、肌色へも影響して黒くくすんで見えます。

また、摩擦でダメージを受けた肌は、メラノサイトからメラニンを作り出して肌を守ろうとし、肌に残るとくすみやシミ、黒ずみの原因になります。そのため、締め付ける下着はさけて、とくに夜はゆったりとした下着を身につけてターンオーバーを促すと良いでしょう。

木綿など天然素材の下着を身に着ける

下着は天然素材のものがおすすめです。ナイロンなどの化学繊維は、肌との間に摩擦が生じやすい素材で肌への刺激も多いため、黒ずみができやすい肌になります。

お尻の黒ずみを予防するためには、木綿やシルクなど天然素材の下着がおすすめです。肌ざわりも優しく、通気性が良いので肌への負担が少なく肌トラブルを予防する効果が期待できます。また、吸水性も良くあせもやニキビもできにくくなります。

食事でビタミンをしっかり取る

食事ではビタミン類をしっかり摂りましょう。美尻に必要にな栄養素も顔の美肌と一緒でビタミンは必須です。肌のコンディションを整えてシミ、くすみを予防してくれるビタミンC、肌細胞の生まれ変わりや再生を助けてくれるビタミンA、B、抗酸化作用で肌の老化を予防してくれるビタミンEを積極的に摂取しましょう。柑橘類の果物や、緑黄色野菜やナッツ類をバランス良く摂り、肌を作るたんぱく質もしっかりと摂りましょう。

十分な睡眠をとる

良質な睡眠は美肌に欠かせません。肌に古い角質が溜まる「過角化」を防ぐためには、肌のターンオーバーを促す必要があります。ターンオーバーは、夜22時から2時までの間におこなわれ、睡眠中に分泌される成長ホルモンの作用によって行われます。

また、成長ホルモンは寝てから3時間後に最も多く分泌するといわれており、ターンオーバーをきちんと行うためには6時間以上の睡眠が必要とされています。そのため、夜更かしはせずに、肌のターンオーバーに備えて規則正しい生活を心がけ、しっかりと睡眠を取りましょう。

汗をかいたら拭く

お尻は汗をかきやすく、下着で蒸れやすい部分。そのために、汗をかいたままにしておくと肌への負担になるとともに、あせもの原因になります。それに加え、お尻は座っていることで体重がかかり血行不良になることが原因で、ターンオーバーが乱れがち。そのため、できてしまった肌トラブルが治りにくい部分です。

肌トラブルが黒ずみを引き起こすことを防ぐためには、なるべく汗を残さないことが大切です。お尻は普段なかなか汗を拭きづらい部分ではありますが、トイレなどの時間にシートなどで拭いて清潔に保ちましょう。

お風呂で出来るケア

湯船につかる

血行を良くして美尻を保つために、シャワーではなく湯船につかることがおすすめです。シャワーでは一見体が温まったようですが、体の内側から温まったのでは無く皮膚の表面の温度が一時的に上がっただけで、すぐに戻ってしまいます。そのために血液を温めることはできずに、血行は良くならずに老廃物が溜まりやすい体に。

しっかりと湯船につかることで体の芯から温めて血行をよくすると、老廃物がスムーズに排出されやすい体になるので、お尻の黒ずみを予防することができます。また、湯船につかることはリラックス効果もあるのでホルモンバランスを整える効果に期待できます。

お尻をピーリングをする

古い角質を取り除くピーリングをすることによって、肌の再生サイクルを早めることができます。黒くなった古い角質は肌の生まれ変わりであるターンオーバーが行われると剥がれ落ちて元の肌の色に戻りますが、メラニンが作られた肌ではメラニンが障害になってターンオーバーが遅くなりがち。

そのため、自然に剥がれ落ちるのを待つよりもピーリング剤などでお手入れを加えて古い角質を取り除くことによって効果的にターンオーバーを行うことができ、黒ずんだ肌を元の色に戻す手助けができます。

お風呂で洗うときは優しく手洗いする

お風呂で体を洗うときは、手で優しく洗いましょう。体を洗うためのナイロンのタオルなどは、汚れが落ちやすいようで良いように感じますが、肌へは逆効果。肌に摩擦がおきてしまい、ダメージで肌を傷めてしまうことにつながります。また、ゴシゴシこすることも肌へはとても負担。

ダメージや負担を感じた肌は、肌を守ろうとメラノサイトがメラニンをどんどん作り出して黒ずみの原因に。そのため、お風呂で体を洗うときはしっかりと泡立た石鹸やボディソープなどを使い、手で優しく洗うことを心がけましょう。

マッサージで血流を良くする

お尻の黒ずみを予防するにはマッサージで血行を良くすることがおすすめです。お風呂で清潔になったお尻にクリームなどの肌すべりの良いものをつけて、下から上へと優しく持ち上げるようにマッサージしましょう。人差し指から小指までを使い、コリ固まった老廃物をほぐしながら、尾てい骨の上のくぼみまで流していきましょう。お尻の上のくぼみはリンパ節があり、老廃物を外に排出する道への出口になっています。

マッサージをして老廃物をくぼみに集めたら、最後は手をグーにしてくぼみをほぐすことで、老廃物をスムーズに排出することができ、お尻の黒ずみを予防することができます。

お風呂上りにクリームを塗って保湿する

お風呂上りには、お尻にクリームを塗って乾燥を予防しましょう。乾燥は、肌のターンオーバーを遅らせたり、あらゆる肌トラブルの原因になり、肌を黒ずませてしまうことにもつながります。お尻専用のクリームがおすすめですが、保湿成分や美白成分が配合されているものも効果的です。

お風呂上りは、顔の肌と同様にお尻の肌も乾燥が進みます。しっかり保湿して乾燥を防ぎ、肌トラブルを避けながら、美白成分が黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑えてくれて、くすみやシミ、黒ずみを防いでくれるでしょう。

お尻の黒ずみが気になる人におすすめ

アンティームオーガニック by ルボア アンティーム ホワイトクリーム

Vラインやわきの下、乳首などの気になる黒ずみを明るく導く保湿ホワイトクリーム。植物の相乗効果作用や海藻、セージ、レモン、甘草、ブルーベリーによって肌を明るく保ちます。

オリーブオイルから抽出しした自然原料によって皮膚に栄養と柔軟性、うるおいを与えます。オーガニック原料にこだわった肌にやさしく、環境にもやさしいクリーム。

リボーテスキンケア ピーチローズ

医薬部外品のお尻のニキビや黒ずみに対応したクリーム。薬用美白成分がシミや黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑えてくれます。また、お尻にも浸透しやすい超低分子ヒアルロン酸が肌の内側から、高分子ヒアルロン酸が肌の表面をそれぞれダブルで高濃度保湿。

さらに、プラセンタ、アルブチンがメラニンを含む古い角質をケアしながら集中美白。セラミドが肌の水分をキープしてニキビを予防しながら肌バリアを形成します。

無着色料、無鉱物油、ノンアルコール、パラベンフリーでアレルギーパッチテスト済み。繰り返すお尻の肌トラブルを防いでくれます。

プラスキレイ プラスソープHQ

ハイドロキノン配合の、ニキビ予防、乾燥、気になる毛穴、ゴワつき、ザラつきに対応した枠練り石鹸。肌の漂白剤とも言われるハイドロキノンは刺激の強い成分なので、顔や体全部に使えるように配合率が1%以下のやさしい設計です。

まるで美容クリームのような濃厚な泡でソフトにピーリング。グリコール酸がザラついた肌を整え、炭の微粒子が毛穴につまった汚れや皮脂、古い角質を吸着してすっきりすべすべの洗い上がりです。

ラポマイン ピューレパール

わきの下、バストトップ、ビキニライン、手首、ひじ、ひざ、くるぶしなどの体の黒ずみケアに。これまでのお手入れが刺激になり、メラニンを大量放出してしまった方へのクリームです。

美白成分のプラセンタ、グリチルリチン酸2K、米ぬかエキスが、肌に透明感を出してくれます。また、コラーゲン、トリプルヒアルロン酸、セラミド、天然ビタミンEなどの潤い成分がたっぷりでしっかり保湿。黒ずみの原因へダイレクトにアプローチ。エステ級の潤い成分で理想的なターンオーバーをサポートしてくれます。

ハーバルラビット ナチュラルゲルクリーム

有効成分水溶性プラセンタエキスがメラニンの生成を抑制し、黒ずみをシャットアウト。また、ビタミンC誘導体、米ぬかエキス、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kが、美白、肌の潤いを強化。

さらにトリプルヒアルロン酸、トレハロース、セラミドが肌の芯まで潤いを与えてくれ、ぷるぷるした肌を保ちます。石油系界面活性剤、シリコン、着色料、アルコール、紫外線吸収剤などの添加物を一切配合していない、肌にやさしいクリーム。1日2回、朝と晩に塗るだけでダメージや乾燥から肌を守ってくれます。

 

お尻の黒ずみとザラつきが気になる人におすすめ

ペリカン石鹸 恋するおしり ヒップケアソープ

お尻の黒ずみ、ザラつき、ブツブツに直接洗いの簡単ケア。余分な角質を落とす、スクラブ&ピーリング成分、モモ核、マンナン、リンゴ酸、乳酸、クエン酸配合。また、モモ葉エキス、ビワ葉エキス、キウイエキス、アーチチョークエキス、アロエベラエキスの美容保湿エッセンスが、必要な潤いを守ってくれます。

長時間座りっぱなしのデスクワークや下着の摩擦、締め付けによって溜まった角質をしっかりケア。洗うたびにお尻が好きになるヒップケアソープです。

ニールズヤード レメディーズ ボディトリートメントオイル

お尻、太もも、二の腕など、気になる部分のザラつきを集中ケア。ジュニパー、フランキンセンス、レモン、ブラックペッパーなど7種類の珠玉のオーガニックのハーブ配合で、ボディの悩みにしっかりアプローチしてくれます。

重苦しい印象やザラつきを集中ケアして全身がキュッとハリ感に満ちたボディへ導きます。別売りの専用のボディブラシと併用も可能で同時に冷え、むくみケアもできます。

beauty Labo Mediuse パールホワイト スキンソープ

毛穴の汚れがゴッソリ落ちる、顔と体の両方に使えるソープ。フルーツ酸やパパインなどの成分が肌に安全な角質ケアをしながら、毛穴の開き、くすみなどを解消。また、ユキノシタエキスや、リビジュアが美白や保湿効果を高めます。

界面活性剤、合成着色料、合成香料、エタノール、パラベン不使用で肌にやさしい処方。たっぷりの弾力ある超極粒子の泡で肌に刺激を与えずに毛穴と表皮の角質をしっかりきれいに洗います。

北の快適工房 みんなの肌潤糖クリア

肌なじみのよい「てん菜糖」「ビート糖」を微粒子の球状にし、ラベンダー、ハッカ、ティートゥリー等の肌を健やかに導く植物オイルで1粒1粒コーティングした、体温と水で溶けるニキビ用のスキンケア化粧品。砂糖の高い浸透力と高い吸水力、保湿力で角質層まで潤いを素早く浸透させ、保持することができます。肌が潤いをたっぷり取り込むことで肌が整い、潤いを貯水できる肌に導く、貯水型保湿のニキビケア。

万が一品質に満足できない場合は商品が到着して25日以内であれば、すべて使い切った後でも1個分の商品代金を全額返金の保証つき。

シアクルスリベージュ

肌のざらつきや黒ずみを防ぎ、ニキビのないスベスベのお尻に導いてくれる医薬部外品のピーリングジェル。美白成分の水溶性プラセンタエキスを美容液なみに高配合。有効成分のグリチルリチン酸2Kが、ニキビや吹き出物を予防します。

ジェルを肌につけて放置したら洗い流すか拭き取ります。3秒で角質が取れる簡単ケア。柔らかなジェル状で、肌に傷をつけずに古い角質や汚れをやさしく取り除き、肌のターンオーバーを整えて肌を健やかに保ってくれます。

ニキビやニキビ跡でおしりが黒い人におすすめ

ビズキ HerbalRabbit(ハーバルラビット)NaturalGelCream

メラニンの抑制効果のある水溶性プラセンタエキスが肌の黒ずみをシャットアウト。ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2K、米ぬかエキス配合で美白、トリプルヒアルロン酸、トレハロースなどの潤い成分を独自の処方で強化し、肌の芯まで潤いを与えます。

また、セラミドが肌のバリア機能を保護し、プルプルした肌を保ち、新陳代謝を促すことで黒ずみが古い角質となって剥がれ落ち、透明感のある肌へ導きます。石油系界面活性剤不使用、ノンアルコールで肌に優しい医薬部外品のクリーム。

シーヴァ ブランマージュ薬用レディーシークレット

バストトップ、ワキ、ヒップなどの黒ずみザラつきをポロポロ吸着するピーリングゲル。角質吸着ポリマーで古い角質を取り除き、薬用プラセンタエキスが瞬間美白。ピーリングするたびに薬用の美白成分がメラニンの発生源に浸透します。黒ずみの原因となるメラニンを取り去りながらメラニンそのものをつくらせないことでつるんとした明るい肌に導いてくれます。

また、美容成分のヒアルロン酸、トレハロースなどが肌にしっかりと潤いを与え、薬用成分が肌あれやニキビを防ぎます。

魅惑のおしりプレミアム薬用ジェル

保湿と美白のお尻用ジェル。薬用成分プラセンタがチロシナーゼが活発になることでおこるメラニンの過剰な生成を抑え、グリチルリチン酸2Kの消炎症効果でおしりニキビにアタック。フィストフィンゴシンが肌の水分保持を助け、柔軟肌を守るとともに、ラクトフェリンが静菌保湿、ヒアルロン酸の2倍の保湿力であるリピジュアが保水性とバリア層形成効果により肌の潤いをしっかり保持してくれます。薬用パワーで、ブツブツニキビ、黒ずみ、ダルダルヒップに対応。最強の美尻に導いてくれます。

 

尻の黒ずみを予防したい人におすすめ

ニベア ニベアクリーム

健康でしっとりした素肌を保つスキンケアクリーム。顔や体にも全身のスキンケアに使えます。もともと肌にある成分で、体の水分と交じり合うことで皮脂膜になり、乾燥などから肌を守ってくれるスクワラン、主成分が人間の皮脂とおなじ成分構造なので安全性が高く低刺激なのに保湿力が抜群のホホバオイルを配合で高保湿。無着色料で肌にやさしく、ボディクリームランキングでも上位をキープしているクリームです。

ププストア フェアリームーン

美容成分が98.2%配合されたお尻専用のジェル。朝、夜とそれぞれの環境に合わせた成分が配合された、2つのセットです。日中用は、内側からふんわり輝くお尻へ育てるために高級美容成分の酵母エキスやみずみずしい成分を補うために20種類の植物エキス。夜用は、皮膚再生医療で使われたEGFや抗酸化力やコラーゲンの生成力に優れたフラーレンを配合。その他コエンザイムQ10やコラーゲゲン、プラセンタ、セラミドなどの美容成分がたっぷり。

界面活性剤、パラベン、合成香料、鉱物油など、デリケートなお尻に刺激になるものは徹底的に排除した無添加処方で弱酸性。アレルギーテスト済で、むきたまごのようなお尻を目指します。

ロゴナ ベビィ ケアクリーム

大人も使える、敏感な赤ちゃんの肌のために作られたクリーム。大人の5分の1ほどの厚みしかなく、肌本来の役目としての保護力がまだ完成されていない弱い赤ちゃんの肌にも対応。

化学合成の色素、香料、防腐剤を不使用で無鉱物油。オーガニックの植物オイルやエキスを配合しました。BDIHの厳しいナチュラルコスメの基準を満たしているので特に優しい処方。肌を乾燥させず、優しく肌の保護をしてくれます。新生児から小さい子供、敏感肌の大人の方まで使えます。

自分に合ったケアで綺麗なお尻になろう

お尻の黒ずみや肌トラブルは気がつきにくく、治りにくいもの。トラブルを見つけたら早めに対処をしましょう。また、いつでも堂々とお尻に自信がもてるように、日々のケアも大切です。

それぞれの生活スタイルによってお尻が黒ずむ種類や原因もさまざま。自分に合ったスキンケアできれいなお尻を保ちましょう。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル