唇のくすみは老けて見える原因に。うるつやリップになれるスキンケア

2017.07.19

唇のくすみは老けて見える原因に。うるつやリップになれるスキンケア

すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

唇はとてもデリケートな部分です。日焼けの影響を受けたり血行が悪かったりなどするとくすんで見えてしまいます。唇のくすみが起きてしまう原因を知り正しいスキンケアをすることで、くすみ知らずなピンクの唇を手に入れましょう。

INDEX

目次

    唇のくすみはなぜ起こる

    日焼けによる色素沈着

    唇はもともとメラニンができにくい部分です。メラニンは刺激によって炎症を起こすことで、活性酸素が発生し生成されます。紫外線の影響から刺激を受け、メラニンの色素が唇に沈着し黒ずんで見えます。この黒ずみこそが唇のくすみです。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    メラニンを徹底解説。メラニンの構造を理解して、適切な対策をしよう

    こすったり摩擦による色素沈着

    口紅やリップクリームなど唇に頻繁に塗っていると、無意識のうちに唇をこすってしまい摩擦を起こしてしまうことがあります。そうすると、摩擦から炎症を起こしてしまい唇に刺激を与え、メラニン色素が沈着するのでくすんでしまいます。

    血行不良による唇の酸欠状態

    唇は皮膚が薄い部分です。皮膚が薄いぶん、血流の状態が見えやすくよくわかる部分といえます。そのため血流がよいと唇は赤く、血流が悪いと紫っぽく見えてしまうのでくすんだ状態に見えます。

    唇のくすみができる原因

    UVケアが不十分で日焼けしてしまった

    唇も皮膚の一部です。薄い皮膚でできているので、太陽光から紫外線の影響を受け日焼けしてしまいます。紫外線の刺激を唇が受けることで、メラニンが生成され色素沈着の原因になります。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    「uv対策」で恐ろしい紫外線から徹底的に身を守る。おすすめのアイテム

    リップクリームを何度も塗りすぎている

    リップクリームを何度も繰り返し塗ると、自分では気づかないうちに唇に摩擦が起き炎症を起こしてしまっていることがあります。炎症が起きると唇に刺激を与えるので、色素が沈着してしまいます。リップクリームを何度も塗りすぎると、唇がくすんでしまう原因になることがあるのです。

    • 大津留 梨紗
      大津留 梨紗(29)主婦
      7773-1:リップクリームを何度も塗りすぎている

      リップクリームは一年中使用しています。普段からちょっと気になる時などに使用していますが特に乾燥してる時や荒れてる時は無意識に塗りすぎているなーと思います。それが原因でさらに乾燥してしまいリップクリームが手放せないという悪循環になってしまいます。そうならない為に日頃から唇を触るのをやめたり、ラップしたり保湿には気をつけています。

    大津留 梨紗さんを0人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    リップクレンジングができていない

    クレンジングができていないと唇に口紅やグロスの色素が残ってしまいます。色素が残っていると唇が炎症を起こしてしまうことがあります。炎症を起こし色素沈着してしまうので、リップクレンジングができていないとくすみの原因になるのです。

    医薬品リップクリームの常用

    医薬品のリップクリームには炎症を抑えたり、ひび割れに効果的です。しかし、薬のひとつなので副作用のリスクがあります。唇はデリケートな部分で薬の効果が出やすいぶん、副作用のリスクも高まってしまいます。
    また、医薬品のリップクリームは唇本来の機能を弱めてしまいより敏感にしてしまう可能性があるので、常用を避けるのがベターです。

    タバコに含まれているニコチンの影響

    タバコにはニコチンという物質が含まれています。ニコチンは血管を収縮させてしまいます。血管が収縮させられると血流が悪くなるので、唇が紫っぽくみえてしまいくすんだ状態になるのです。

    就寝前に紫外線対応のリップクリームを塗っていた

    紫外線対応のリップクリームは外出するときに、紫外線の刺激を防ぐための必要なものです。しかし、紫外線を防ぐぶん唇には負担がかかります。負担は唇に刺激を与えてしまうので、就寝前に紫外線を防ぐ成分が配合されているリップクリームを塗ることは避けましょう。

    くすみのないピンクの唇にするスキンケア方法

    洗顔後のスキンケアで唇も保湿する

    唇が乾燥してしまうと、ついついリップクリームを何度も塗ってしまいがちです。リップクリームを何度も塗ると炎症を引き起こすことがあり、唇のくすみの原因に繋がってしまいます。

    唇の乾燥を防ぐために肌と同じで洗顔後に保湿してあげることが大切です。唇の美容液などで保湿をしてあげるようにしましょう。

    週1回シュガースクラブでくすみと古い角質を落とす

    唇は薄い皮膚でできています。肌と同じでターンオーバーを促すことで、新しい皮膚へと生まれ変わります。砂糖を使用したシュガースクラブは古い角質を落とし、メラニン色素が沈着した唇を新しく生まれ変わらせるのでくすみを解消できるのです。

    また、シュガースクラブは砂糖にオリーブオイルを混ぜて作るので、乾燥にも効果がありしっとりとした唇に導いてくれます。

    唇マッサージで血行促進

    唇マッサージの効果

    血流が悪いこともくすみの原因のひとつです。血流の悪さはマッサージをしてあげることで改善できます。

    唇マッサージのやり方

    1.唇にリップクリームを塗る
    2.唇の中心から口角に向かって指の腹でくるくると円を描くようにマッサージをする
    3.左右上下に5回ほど繰り返す

    唇は皮膚が薄くデリケートなのであまり力を入れずに、優しくマッサージをしましょう。

    ワセリンやはちみつで唇パック

    唇のくすみを改善するために唇の保湿は効果的です。唇パックはリップクリームよりも高い保湿効果があります。ドラッグストアなどで唇パックが市販されていますが、唇パックはワセリンやはちみつを塗ってラップを被せてあげることで簡単に行えます。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    「ワセリン」でつるつるな唇へ。自宅で簡単にできるセルフケア

    リップクリームは縦に塗る

    リップクリームを塗るとき横に塗ってしまう方が多いと思います。しかし、唇のシワは縦ジワです。シワの流れに逆らって横に塗ってしまうと、刺激が強くなってくすみを引き起こしやすくなります。リップクリームはシワの流れに沿って、縦に塗るようにしましょう。

    唇のくすみを軽減させるアクション

    口呼吸を減らして唇をなめない

    口呼吸をすると吐く息に含まれている水分で唇が湿りますが、湿った水分と一緒に唇に必要な水分まで一緒に蒸発させてしまいます。また、唇を舐めると唾液で唇が潤ったように感じますが、唾液と一緒に唇の水分まで蒸発させます。唇に必要な水分が蒸発してしまうと唇が乾燥し荒れてしまうこともあるので、口呼吸を減らし唇は舐めないようにしましょう。

    唇を頻繁に触ったりこすらない

    唇に摩擦が起こると炎症を起こし、くすみの原因になってしまいます。頻繁に唇を触ったりこすったりすると摩擦が起きやすいので、唇にはあまり触れずこすらないようにしましょう。

    ビタミンの多い食事を摂取

    ビタミンCにはメラニン色素の沈着を防ぐ働きがあったり、ビタミンEは毛細血管の働きを活発にさせたりなどビタミン類にはくすみ解消に効果があります。しかし、ビタミン類は体内にためておくことができないものもあるので、意識して積極的にビタミンを摂取することが必要です。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    ビタミン摂取で日焼け対策。体の内側から予防してきれいになろう

    唇のくすみにモアリップは有効か

    唇の荒れ、皮向け対策には有効

    モアリップは油分の中に潤い成分が入っています。そのため皮が剥けている状態の唇や、皮向け対策に効果的です。また、ひび割れや炎症を起こして赤くなっている唇にも有効のようです。

    くすみに効いた事例もあるが、少ない

    モアリップはくすみに効果があるというより、ひび割れなどの唇の荒れや皮向けに効果的なものです。くすみの原因の色素沈着を防ぐものではありません。しかし、乾燥を防ぐことで徐々にくすみが改善された例もあるよう。モアリップがくすみに効いた事例は少なく時間がかかるようです。

    医薬品のため常用しするとくすみの原因に

    モアリップは医薬品のひとつです。そのため常用すると副作用が出てしまったり、唇本来の機能を低下させてしまうことがあります。モアリップを常用することで刺激を与えてしまい、くすみの原因になることもあるので注意が必要です。

    リップケアで色つやのよい唇になる

    唇がくすんでいると老けて見えたり、口紅などの発色が悪くなってしまったりします。くすみは唇が紫外線などの刺激を受けメラニン色素が沈着してしまうことや、唇の血流が悪くなってしまうことが原因です。

    唇は皮膚の一部でデリケートな部分なので、くすみを解消させるためには正しいリップケアが必要です。マッサージやパックなど正しいリップケアをして化粧ノリがよく、色つやのよい唇を手に入れましょう。

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT