メイクでクマは消せる?セルフケア方法やメイクでクマを隠す方法

2017.07.18

メイクでクマは消せる?セルフケア方法やメイクでクマを隠す方法

すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

目立つクマをメイクで隠そうとすると、時間や手間がかかります。メイクでクマを隠すポイントは、クマの色に応じたコンシーラーを使い分けることです。効果的なセルフケアや再発を防止する方法なども身につけて、クマのない明るい目元を目指しましょう。

INDEX

目次

    青クマのセルフケアでの消し方

    目元用のパックで集中ケア

    青クマは、血行不良や遺伝、皮膚の薄さなどが原因となって起こるクマ。血行不良で血液中の酸素が減ると、血管が皮膚を通して見えた時に青黒く見えてしまいます。見分け方として、目の下を引っ張った時にクマが少し薄くなって見える場合には、青クマの可能性が高いと言われています。

    このような原因から、青クマを解消するには、まずは血行不良を改善することが大切です。目元のダメージや血流を改善する効果を得るための方法として、目元ケア専用のパックを使って目元を集中的にケアする方法が挙げられます。

    目元用のパックには、保湿成分や美容液成分が含まれたシートタイプや、くすみやしわにも効果があるクリームタイプなどさまざまな種類があるので、自分の肌質に合ったものを選びましょう。

    化粧水の他にアイクリームで保湿

    青クマが起きやすい原因の一つに、生まれつき皮膚が薄いことが挙げられますが、皮膚が薄いことで、バリア機能や保水機能が低く、乾燥してしまいがちです。乾燥が起きると、正常なターンオーバーができなくなり、クマだけでなくさまざまな肌トラブルが起きやすくなります。

    そこで、乾燥から肌を守るために、化粧水を使って青クマを改善する方法もありますが、目元専用のアイクリームを使って目元の保湿力を高める方法もあります。しかし、普通の化粧水は、皮膚の薄い目元には刺激になってしまう恐れがあります。刺激が気になる場合には、刺激に弱い目元のことを考えて作られた目元専用のアイクリームで保湿力を高めましょう。

    蒸しタオルを乗せて血行促進

    青クマは血行不良が原因の一つとして考えられるので、蒸しタオルやドラッグストアなどで売られているホットアイマスクなどを使って血行を促進させると効果的です。

    蒸しタオルを使う場合には、皮膚に触った時に心地よく感じる40度程度にタオルを温めて、目の上に乗せることで、目の疲れや血行を改善する効果が期待できます。ホットアイマスクを使う場合には、商品ごとの指示に従って使用方法を守りましょう。ここで、蒸しタオルやホットアイマスクの後は、毛穴が開いた状態になってしまうので、保湿をしっかり行いましょう。

    ハンドマッサージで血流を良くする

    青クマを解消する有効な方法として、ハンドマッサージで血流を改善する方法も挙げられます。ハンドマッサージをする際には、マッサージ用のクリームやローションをたっぷり使い、皮膚への摩擦やダメージを減らすように心がけましょう。

    両手の薬指の腹を当てて、骨格に沿って目頭の下から、下まぶた、こめかみ、上まぶた、目頭、こめかみの順に血流を流すようにマッサージしていきます。
    最後は、こめかみから耳の後ろまで抑えながら進み、首筋から鎖骨にかけてリンパを流します。時間がある時や目の疲れを感じるときに、3~5回程度行うと効果的です。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    「目のクママッサージ」顔の印象を明るく美しく保ちましょう

    顔のツボ押しで血流改善

    マッサージ以外にも、血行を促進させて肌のコリを取ってハリを持たせる効果が期待できる顔のツボ押しも、青クマには効果的です。

    例えば、鼻の根元と目頭の間のくぼんだ部分にあり、眼精疲労に効果がある「せいめい」と呼ばれるツボや、左右の目尻の少し外側のこめかみの骨がくぼんだ部分にあり、血行改善効果のある「太陽」と呼ばれるツボなどを、毎日根気強く押す習慣を身につけましょう。

    メイクでコンシーラーを使って隠す

    青クマが目立つ場合には、メイクの時にコンシーラーを使って隠すと自然な仕上がりになります。メイクをする前に、蒸しタオルやホットマスクなどで目の周りを温めることで、血行を促進させて青クマの症状を緩和することができるのでおすすめです。

    目元は皮膚が薄くなっているので、コンシーラーを使う際には、ソフトな触り心地で肌への刺激が弱い筆ペンやリキッドタイプを使うようにしましょう。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    コンシーラーで気になるクマを隠そう。おすすめアイテムと隠し方

    茶クマを改善するための方法

    美白成分含有化粧水による保湿の徹底

    茶クマは、摩擦による色素沈着や乾燥などが原因となって起こるクマ。下に引っ張っても上に向いてもクマが薄くならない場合は、茶クマの可能性が高いと考えられています。茶クマはメラニン色素が関係していることが多く、シミ対策と同様のケアを行うことが有効です。

    保湿をする際には、ビタミンC誘導体やトラネキサム酸、ハイドロキノンなどのシミのケアに効果がある美白成分が配合された化粧水やスキンケアアイテムで保湿を行いましょう。目元を重点的に美白成分で潤いを与えることで、乾燥や色素沈着を改善する効果が期待できます。

    • 滝沢日花里
      滝沢日花里(34)MR、モデル、医療・美容・健康コンサルタント
      7674-1:美白成分含有化粧水による保湿の徹底

      年齢と共に目の下のクマには悩まされますよね。私も徐々に目立ち始め、アイケアを欠かさずやっております。御自身のクマがどのタイプかしっかり見分けた上で、タイプ別の正しいケアを行いましょう。今回は茶クマの場合です。目の周りの皮膚は、顔の中でも特に薄く目の下の皮膚はとてもデリケートです。バッチリアイメイクをしていた、クレンジングで専用のリムーバーを使っていなかった、アイケアを怠った乾燥など原因は様々です。茶クマのケアとしてビタミンC誘導体やトラネキサム酸配合の美白化粧品は人気です。アイケアで注意をしなければいけないのは、優しく指の腹などで撫でる様にケアをしてあげる事。せっかくのケアも、力を入れ過ぎて擦ってしまうと意味がありません。また乾燥し易い部分ですので、美容液や乳液、クリーム等もきちんと塗ってあげましょう。ポイントケア(一例としてハイドロキシンやレチノール)は1番最後に塗る事を間違えない様にして下さいね。メイクでカバーする際は、肌のトーンより少し暗めの黄色のリキッドタイプのコンシーラーがお勧めです。正しいケアと上手なメイク法でクマケアをしていきましょうね。

    滝沢日花里さんを23人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    UVケアを怠らない

    紫外線を浴びると、肌を守る性質があるメラニンが大量に生成されます。紫外線をメラニンが吸収してくれる一方、メラニンが過剰に蓄積されることで色素沈着が起き、シミやくすみなどの原因になります。

    紫外線は春先から強くなりますが、年中紫外線は地上に降り注いでいるため、1年中UVケアを徹底する必要があります。効果的なUVケアにより、過剰にメラニンが生成されるのを防止しましょう。

    ビタミンCが含まれた食べ物を多く摂取

    メラニンは、紫外線のほかにも加齢やホルモンバランスの乱れなどでも過剰に生成されることがあります。そこで、メラニンが過剰に生成されるのを防止する栄養素であるビタミンCを食生活に積極的に取り入れることが大切です。

    ビタミンCは、赤ピーマンやレモン、トマト、ゴーヤ、ブロッコリーなどに多く含まれています。ビタミンCが含まれた食べ物を体内に多く取り入れることで、シミやくすみなどの肌トラブルを改善し、予防も行いましょう。

    目を擦るような癖を一切禁止する

    アレルギーや花粉症、洗顔やクレンジングなどで目元を擦ってしまうような癖がある場合、皮膚の薄い目元に強いダメージを与えてしまい、色素沈着が起こることがあります。

    洗顔を行うときには目元はマッサージするように優しく洗うようにし、アレルギーや花粉症などで擦るのが我慢できない場合には、皮膚科や眼下に相談するようにしましょう。

    アイメイクはクレンジングで落としきる

    目元を美しく見せるためにアイメイクは女性にとって欠かせませんが、オフする際にはクレンジングで落としきりましょう。洗顔をする時に、落とし忘れに気づいてゴシゴシと擦って落とそうとすると、皮膚が摩擦されて大きな刺激を与えてしまいます。

    アイメイクを落とす際には、コットンにアイメイク専用のリムーバーを含ませてまぶたの上に10秒程度置いて放置します。アイメイクにクレンジングがなじむことで、メイクが浮かんでくるので、そっとなでるようにふき取るようにしてください。この時、肌の刺激を与えないようにゴシゴシ擦らないようにしましょう。

    アイメイク専用のリムーバーは、保湿力が高く低刺激のものが多いため、普通のクレンジング剤よりも肌に優しく使うことができます。

    眼輪筋を鍛えるトレーニング

    目の周辺には眼輪筋と呼ばれる表情筋があります。この筋肉が衰えてしまうと血行が悪くなり、肌に必要な栄養分が届きにくくなることで、肌の新陳代謝の機能を低下させる原因となります。これにより、不要な角質やメラニン色素が含まれた角質などが排出されずに蓄積され、茶クマやシミなどが起こりやすくなります。

    眼輪筋を鍛えるトレーニングを毎日行うことで、血行を改善して肌の新陳代謝を活発にすることで、メラニン色素が含まれた角質などを外に排出しやすくなります。目をギュッと閉じて5秒間キープした後に、目を大きく見開いて5秒間キープするのを5回程度繰り返すという簡単な方法なので、目の疲労感やたるみが気になった時に行うようにしましょう。

    黒クマを消すための皮膚科治療

    ヒアルロン酸を注入する

    黒クマは、目元の筋力の衰えや加齢によるたるみの影が涙袋の下に黒い線となって現れているクマ。上を向いた時に、目の下の黒い影が薄く見える場合は、黒クマの可能性が高いと言われています。黒クマを解消するためには、ヒアルロン酸を注入して目の下に適度な膨らみを作り、たるみの影を消す必要があります。

    ヒアルロン酸には、たるんだ部分にハリを持たせて、しわやたるみを改善する効果があります。ヒアルロン酸は、もともと人間の体内に含まれている成分であることから、アレルギー症状や副作用などが発生しにくく安全性が高いと言われています。

    脂肪を溶かす薬剤を目の下に注射する

    ヒアルロン酸注入以外にも、脂肪を溶かす薬剤を使用して目の下に注射する脂肪溶解注射と呼ばれる方法でも、黒クマを改善する効果が期待できます。脂肪の代謝を促進することで、たるんでしまった脂肪を溶解し、黒クマを改善することができます。

    しかし、一度の注射ですべての脂肪を溶解することはできず、注射を何度か重ねて、状態を見ながら回数を減らしていくのが一般的な方法です。注射の回数は脂肪の付き具合や体質などにより個人差がありますが、一般的に3回程度の注射で効果が実感できると言われています。

    高濃度のビタミンCを点滴する

    高濃度ビタミンC点滴とは、濃度の高いビタミンC製剤を静脈に注入することで、血液中のビタミンC濃度を高めて美肌・美白効果や免疫力機能の効果を高める治療方法のこと。クマの中でも、主に色素沈着が原因の茶クマに効果があると言われています。

    普通のビタミンCは、汗や尿と一緒に排出されてしまってなかなか体内に吸収されにくいですが、高濃度のビタミンC点滴なら血液中にビタミンCをそのまま注入するので、ビタミンCが本来持っている力を最大限発揮することができます。サプリメントなどでは得られない高い抗酸化作用を発揮するので、クマの治療だけでなく、アンチエイジングにも効果があります。

    レーザーを使って脂肪を取る脱脂法

    目の下にたるみや膨らみができることで不自然な凹凸が生まれて、黒クマが目立ってしまいます。そこで、たるみとなった脂肪を高周波レーザーメスを使って取り除く方法を脱脂法もしくは脱脂術と言います。この治療法により、目の下の不自然な凹凸を改善して黒クマを解消することで、明るく若々しい目元に導いてくれます。

    高周波レーザーメスを使うことで、切開部分を小さくすることができるため出血があったり、傷口が残ったりする心配がなく、短い時間で脂肪を取り除くことができます。

    自費診療のため費用が高額になる

    皮膚科でヒアルロン酸注入や脂肪溶解注射などの美容診療を受診する場合、自費診療となり、保険診療の対象外になるため、費用が高額になります。

    しかし、薬中心の保険診療よりも自費診療の方が高い効果を得られるため、クマや肌トラブルの治療に効果的で、肌の状態を早く正常に整えてくれます。できるだけ早くきれいな肌を手に入れたい人は、皮膚科や美容皮膚科で治療効果と美肌効果の高いケアを受けた方が良いでしょう。

    青クマをメイクで隠す方法

    オレンジ系のコンシーラーで隠す

    青クマをメイクで隠す際には、青の反対色であるオレンジ系のコンシーラーで隠すとクマが目立ちにくくなります。この時、自分の肌より明るいものを選んでしまうと、青クマの部分の色が薄くなり、目立ちやすくなってしまいます。

    自分の顔の印象や肌に合ったコンシーラーが見つからない場合には、自分の肌より少し暗めのトーンのコンシーラーを選ぶようにしましょう。

    リキッドかクリームタイプのものを使う

    皮膚の薄い目元に硬いタッチのペンシルタイプやスティックタイプのコンシーラーを使ってしまうと、肌への刺激が強く、色素沈着や乾燥などの肌トラブルの原因となります。

    青クマを隠す際には、ソフトなタッチの筆ペンやリキッドタイプ、柔らかいクリームタイプのコンシーラーを使い、刺激やダメージを少なくしましょう。

    スポンジか指の腹で伸ばす

    青クマをコンシーラーでカバーする際の塗り方は、スポンジか指の腹で伸ばしてトントンと優しく肌になじませるように塗っていきます。指の腹で塗ると指の体温で肌なじみがアップしますし、スポンジの場合はムラなく均一にコンシーラーを塗ることができます。

    ここで、どちらもゴシゴシ摩擦を加えながら肌になじませずに、肌にふんわりとの せるようになじませていきましょう。

    下まぶたにシャイニー系のシャドウをオン

    ファンデーションやコンシーラーで目元の下地メイクが完了したら、下まぶたにシャイニー系のシャドウをのせていきましょう。光の反射が利用できて、青クマの存在をぼやかしながら目元を明るく若々しい印象に演出してくれます。

    また、自然な仕上がりにしたい場合には、肌なじみが良く青クマの印象をぼやかしてくれるゴールドなどのシャイニー系のアイシャドウを選ぶと効果的です。

    パウダーをなじませる

    コンシーラーを塗ると、時間が経つとよれたり化粧が崩れたりすることがあります。そこで、コンシーラーの上にフェイスパウダーを重ね塗りして、しっかりコンシーラーを肌に定着させましょう。

    少し塗るだけでも肌になじみ、長時間化粧崩れなどの心配がありません。時間が経って、崩れてきたと感じる場合には、パウダーファンデーションを重ね付けして化粧直しを行いましょう。

    コンシーラーは赤リップでも代用可能

    目元は周りからの視線を集めがちですが、明るくて華やかな印象の赤リップを口元にのせてあげると、青クマの印象をぼやかすことができます。また、頬の印象を明るくするためにチークを塗るなどのポイントメイクも効果的です。

    青クマの存在が気になったり、仕上がりが不安に感じたりする場合には、目元以外の口元や頬などのポイントメイクを積極的にメイクに取り入れていきましょう。

    茶クマをメイクで隠す方法

    イエロー系のコンシーラーで隠す

    茶クマの場合、テクスチャーが緩めのイエロー系やベージュ系のコンシーラーを使うことで、暗い印象を目立ちにくくしてくれると言われています。目元を自然に明るく見せて、茶クマの存在をぼやかしてくれます。

    自分に合った色がない場合には、自分の肌色より明るすぎない控えめな色を選ぶようにしましょう。

    スティックタイプがおすすめ

    茶クマを隠す際には、気になるポイントをしっかりカバーし、肌への密着感も高いスティックタイプのコンシーラーがおすすめです。スティックタイプの場合、リキッドやクリームタイプなどと比べて多少厚みが出てしまいますが、茶クマやシミなどをしっかりカバーしたい時に効果的です。

    コンシーラーを塗る時は、クマの周りにコンシーラーを薄くなじませるようにして厚塗りしないように心がけましょう。厚塗りしてしまうと、隠すつもりが逆に目立ってしまったり、化粧崩れやヨレの原因になったりするので注意してください。

    肌となるべく同じ色を選ぶ

    自分の肌より明るいコンシーラーを選んでしまうと、クマの部分だけ色が薄く浮いた形になり、目立ってしまう恐れがあります。

    コンシーラーを選ぶ際には、自分の肌となるべく同じ色か少し暗めの色を選び、クマをきれいに隠しましょう。

    指で叩きこんでなじませる

    目元にコンシーラーを斜め下の方向に少量伸ばすように乗せた後は、軽くトントンと叩き込むようにスポンジや指の腹で肌になじませていきましょう。厚塗りはできるだけ避けるようにして、気になる場合には少量ずつ足して薄く伸ばすようにしてください。

    ここで、リキッドファンデーションの場合はコンシーラーを後に、パウダーファンデーションの場合にはコンシーラーを先に使うようにすると肌になじみやすくなり、自然な仕上がりになります。どちらの方法も良くなじませたら、最後に上からフェイスパウダーを塗り、化粧崩れを防止しましょう。

    厚塗りに注意する

    ファンデーションやコンシーラーを厚塗りしてしまうと、化粧崩れやヨレなどの原因となります。また、皮膚の呼吸を阻害してしまい、肌トラブルを起こすこともあります。

    ファンデーションは全体に薄くなじませ、コンシーラーはクマやニキビなどのポイントをふんわり隠すように使用しましょう。また、肌が弱い人や敏感肌の人は、低刺激で油分の少ないメイクアイテムを使うのをおすすめします。

    黒クマをメイクで隠す方法

    ポイントメイクを濃くして視線をずらす

    青クマや茶クマと違い、濃い黒クマの場合には、コンシーラーなどを使ってもぼやかすのが難しくなります。周りからの視線をクマに向かせないために、視線誘導メイクを利用しましょう。

    例えば、アイシャドウやチークなどを明るく華やかな色にしたり、アイラインなどのアイメイクをしっかり行ったりすることで、視線をクマからずらすことができます。しかし、全体的にメイクを濃くしてしまうと、厚化粧になって印象が悪くなるので、ポイントメイクは1~2か所程度にとどめておきましょう。

    オレンジ系のコンシーラーを使う

    黒クマを目立たなくするには、オレンジ系のコンシーラーなどでほんのり赤みを足してあげることで自然に暗さを目立たなくしてくれます。塗る際には、たるみの下の影の部分に沿うように塗り込み、ペンシルタイプのコンシーラーで細かい部分までカバーすると効果的です。

    一方で、薄い黒クマの場合には、オークル系やベージュ系のコンシーラーやパール感のあるコンシーラーを使うことで、目元にハリと明るさを演出し、クマが目立ちにくくしてくれるので、黒クマの状態に応じてコンシーラーを使い分けましょう。

    色は肌よりもワントーン明るめで

    黒クマを隠すためにコンシーラーを選ぶ際には、自分の肌よりワントーン明るい色を選ぶことで、ダークトーンを打ち消して、明るい目元を演出してくれます。これは、光の反射で影が目立たなくなるためです。

    茶クマや青クマのようにコンシーラーできれいに目立たなくするのは難しいですが、光の反射を利用して明るい目元に導きましょう。

    パールの入ったパウダーでなじませる

    オレンジ系のコンシーラーを肌になじませたら、最後にパールやラメの入ったパウダーで肌にハリやツヤ感を出しましょう。また、光の反射でさらに影を目立ちにくくしてくれます。

    また、仕上げにフェイスパウダーを使うことで、化粧崩れやヨレなども防止してくれるのでメイク直しが楽になります。

    クマを内側から消してくれる栄養素

    ドライアイを予防するビタミンA

    ビタミンAには、白目や黒目の表面の細胞や機能を正常にキープするための粘液の分泌を促進させる効果があります。ビタミンAが不足してしまうと、角膜が傷ついたり目元が乾燥して疲労感を感じやすくなったりしてドライアイになることもあります。

    ホウレン草やパセリ、ニンジンなどには豊富にビタミンAが含まれているので、ドライアイなどを予防して目の健康を維持するために毎日の料理に取り入れましょう。

    血管を丈夫にするビタミンC

    ストレスや紫外線などで活性酸素が体内で大量に発生すると、血管の細胞を傷つけるだけでなく、心臓系の疾患などにつながることもあります。ビタミンCには、この活性酸素を打ち消す作用があり、血管を丈夫にして血行を改善でき、心臓系の疾患を予防する効果も期待できます。

    また、抗酸化作用やシミの元となるメラニンの生成も抑制する働きもあるため、赤ピーマンやアセロラジュース、レモンなどビタミンCが多く含まれる食材を毎日摂取するようにしてシミなどを予防しましょう。

    眼精疲労を改善するビタミンB2

    ビタミンB2には、眼精疲労を改善したり、ピント調節機能や光を調節する機能などを正常に保ったりする効果があります。ビタミンB2が不足して、目に疲労が蓄積していくと、不眠症になりやすくなり、夜眠れずに肌の調子を整える成長ホルモンが分泌されにくくなります。

    こうなると、肌のターンオーバーが乱れて、シミやニキビなどの肌トラブルが起きやすくなってしまいます。豚レバーやうなぎ、チーズなどからビタミンB2を摂取して、目と肌の健康を守りましょう。

    貧血に効果のあるビタミンB6

    大豆や牛乳、まぐろなどに含まれているビタミンB6は、眼精疲労や貧血などに効果があると言われています。また、自律神経を整える効果もあり、精神的な病であるうつ病にも効果が期待できます。

    貧血やうつ病などを改善して健康的な体や目元をキープしたい人は、特にビタミンB6を摂取するようにしましょう。

    血のもとになる鉄分

    血液のもととなる鉄分が不足してしまうと、血行が悪くなって目元に栄養が行き届きにくくなることから、青クマやシミ、くすみなどの原因になります。体に必要な栄養を届けるためには赤血球中に含まれているヘモグロビンという成分が必要となりますが、ヘモグロビンが体内で生成されるには鉄分が必要となります。

    このことから、鉄分が不足すると、ヘモグロビンの生成が上手くいかずに体の隅々まで栄養や血液が届かずに、貧血や肌トラブルにつながりやすくなります。レバーやパセリ、卵の卵黄など鉄分が多く含まれている食材とともに、ビタミンCやたんぱく質を一緒に摂取すると鉄分の吸収効率がアップするので、バランスの良い食生活を心がけましょう。

    目を健康にするポリフェノール

    ポリフェノールとは、木の葉や花などが光合成をする際に生成する成分のこと。ブルーベリーやカシスなどに含まれるアントシアニンや、大豆に含まれるイソフラボンなど種類はさまざまですが、どのポリフェノールにも高い抗酸化作用と抗菌作用があります。

    抗酸化作用により、活性酸素の発生を防いで細胞や血管の老化を防ぐことで、シミやたるみを改善するとともに、皮脂の分泌量を正常に整えて乾燥肌などを防止してくれます。また、抗菌作用により、ニキビや肌荒れにも効果があります。

    クマの再発を予防する生活習慣

    睡眠をしっかりとる

    クマの原因は、血行不良や睡眠不足が原因となっていることが多いため、まずは睡眠をしっかり取るようにすることが大切です。睡眠時間をしっかり確保することで、肌の調子を整える成長ホルモンを分泌させることができ、正常なターンオーバーに導いてくれます。

    これにより、血行を改善したり、色素沈着を起こすメラニン色素を排出したりすることができるので、クマを改善して予防することもできます。肌のゴールデンタイムと呼ばれている夜の22時~深夜2時の間は眠るようにして、最低でも7時間の睡眠時間を確保しましょう。

    軽い運動を毎日続ける

    クマの原因となる血行を改善するためには軽い運動を毎日行うことも大切です。また、軽い運動により、ストレスを発散することができるので、過剰な活性酸素の発生を防止することもできます。

    毎日無理のない程度に、30分程度のウォーキングや軽いジョギングなどを行い、体の巡りを良くしていきましょう。

    湯船に浸かって体を温める

    毎日忙しくてシャワーしか浴びていないという人は多いと思いますが、体が冷えた状態になると血液やリンパの巡りが悪くなり、クマや肌荒れなどの原因となります。

    体を冷えから守るために、体が熱いと感じすぎない39度~40度程度の湯船に15分~20分程度浸かる習慣を作ることで、体が温められて血行改善効果が期待できます。また、リラックス効果も得られるため、夜寝つきが悪い場合には、ベッドに入る前にお風呂に入るようにすると、睡眠の質がアップします。

    家の中でも靴下を履く

    血行不良を防止するためには、湯船に入ることも大切ですが、靴下などを利用して足元を温めることも大切です。足が冷えてしまうと、血行が悪くなったり、ベッドに入った後も寝つきが悪くなったりしてしまいます。

    できれば家の中でも靴下を履くようにして、体を冷えから守りましょう。

    就寝前のストレッチ

    就寝前にストレッチを行うことで、体の血行が改善する効果や寝つきが良くなる効果が期待できます。夜時間がないという人も、10分程度のストレッチを行うだけでも効果があります。

    ストレッチには、呼吸を使ったストレッチや背中をほぐすストレッチなどさまざまありますが、どの方法もリラックスした状態で行うと効果が上がります。例えば、アロマを焚きながら照明を暗くするなどして、リラックス効果をアップさせましょう。

    冷たいものを飲みすぎない

    冷たい飲みものを飲むと、胃腸などの内臓が冷えてしまいます。内臓の機能が低下すると、代謝の低下や血行不良、便秘などを起こしてしまいやすく、クマや乾燥などの肌トラブルが発生することもあります。

    冷たいものを飲むのはできるだけ控えて、常温の水や温かい飲み物を選んで飲むようにしましょう。

    生活を見直してクマを撃退しよう

    クマの原因は乾燥や血行不良、たるみなどさまざまですが、どの原因も生活習慣やスキンケア方法などを改善することで、撃退することができます。また、体や肌の負担にならないことを行うことで、クマやシミなどの肌トラブルを未然に予防することもできます。

    効果的なセルフケア方法やバランスの良い食事、正しい生活習慣などを身に付けて、クマやくすみのない美しく整った素肌をキープしましょう。

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT