美顔器ローラーの効果と使用上の注意点。美肌になれるオススメ4選

美顔器ローラーの効果と使用上の注意点。美肌になれるオススメ4選

2017.09.30 / すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

美顔ローラーは種類がたくさんあるので、どれが良いかどれが効果があるのか悩んでしまいますね。美顔ローラーについてよく理解して、自分に合ったものを使用することが大切です。やりすぎは肌に良くないので、正しく使用し美肌と小顔を手に入れましょう。

美顔器ローラーの価格は幅広い

安価すぎるのは実物を確認すべき

安価な美顔器ローラーは、ローラー部分がゆるいなど壊れやすいものもあったり、皮膚トラブルの原因にもなる場合がありますので、購入するときは実物を確認してみることが大切です。安すぎる物は主に皮膚の表面に刺激を与えるだけのものです。

同じところを刺激し続けていると、皮下組織までダメージを受けてしまい、メラニンを活性化させてしまうためシミができたり、肌の細胞が壊れて皮膚がたるんできてしまいます。毎日継続して使うものなので、すぐ壊れてしまったり、肌に悪影響が出るようであれば使用するのは控えましょう。

1万円以下のお手軽美顔器ローラー

美容家電の中でも1万円以下のお手頃価格で購入できる美顔器ローラーがあります。安価なものとは違いローラーでコロコロするだけでなく、付加機能としてつまみローラーやさすりローラー、もみ玉など形も変わってきて気になる部分に合わせて使い方を変えられるところがポイント。継続して使うと嬉しい効果が期待できます。自分へのご褒美や、お試しにちょうどいい価格ですね。

有名メーカーの高価な美顔器ローラー

高価な美顔器ローラーは特に効果的です。リフトアップやたるみ解消の小顔効果はもちろんのこと、美肌効果もあります。表情筋がマッサージされるので肌にハリが出て、リンパの流れも良くなるので肌のターンオーバーが正常化されるのです。このようなことから、続けていくとどんどん肌が綺麗になっていきます。微弱電流が流れたりゲルマニウムが配合されていたり、付加機能があるのもポイントです。長く使うことを考えると、高価でも品質の良いものを選びたいですね。

スティックタイプの美顔器ローラーの特徴

持ち運びがしやすい美顔器ローラー

スティックタイプの美顔器ローラーは電動の美顔器ローラーなどに比べて、比較的軽いので持ち運びに便利です。スティックタイプの多くには、ローラー部分にゲルマニウムやプラチナなど、金属が埋め込まれていたりコーティングされています。金属がマイナスイオンを発生し、新陳代謝を高めることが期待できるため、健康な美肌を目指す方は金属のスティックタイプの美顔器ローラーがぴったりです。

美肌効果に特化している

スティックタイプは顔専用のケアを目的としているものが多いため、美肌効果に特化しています。例えば、ゲルマニウムは32度以上でマイナスイオンが発生するため、肌の上で転がすとマイナスイオンを発生させて肌のイオンバランスを整えてくれます。イオンバランスを整えることで、たるみやハリ、ほうれい線や毛穴、シワなどに効果的です。他にもプラチナには肌の老化の原因となる酸化を防ぐ効果があります。

エステの”タッピング”効果

美顔器ローラーを継続して使うことで、エステの”タッピング”に似た効果を得られます。タッピングとは、肌を軽く叩くようにマッサージする手技のことです。タッピングに似た効果を得られるスティックタイプの美顔器ローラーは表情筋を刺激することで血行を良くし、リンパの流れを促進してくれるので、小顔効果もあります。半導体などが埋め込まれたローラーが、肌の上で回転することで、エステのタッピングのような効果が得られます。

スティックタイプの美顔器ローラーは、持ち手になる部分をタッピング後の肌のクールダウンに使用することもできます。また、冷たい感触で肌の引き締めを促してくれます。

Y型タイプの美顔器ローラーの特徴

ボディ兼用も多く重量もある

Y型タイプの美顔器ローラーは、顔のケアだけでなくボディのケアもできる優れものです。スティックタイプよりは重さがあるので自宅でのケアにオススメです。それに加えて、肌へ与える力も強くなりますので、リンパの流れを促すのに適しているので小顔効果が抜群です。

小顔効果が高い

スティックタイプと比べると小顔効果が高く、フェイスラインや目尻の下がりが気になっている女性にオススメです。Y字の先端についたローラーで不要な肉をもみ上げることで、セルライトや老廃物の排泄、筋肉のコリをほぐす効果が得られます。さらにY型タイプの美顔器ローラーには、微弱な電流の刺激を利用してマッサージ効果をアップするものもあります。

美顔器ローラーの選び方

軽すぎると転がす際に力が必要

ゲルマニウムやプラチナ、チタンなどの素材が主流ですが、中にはプラスチックなど軽い素材の美顔器ローラーもあります。それを使う場合には、力が入りすぎたりして摩擦で肌を傷つけてしまうこともあります。適度な力加減で使える素材のものを選びましょう。

重すぎるとお手入れ自体が億劫になる

美顔器ローラーは、毎日継続して使うことが大切です。そのため、重すぎると使い勝手が悪く、手も疲れてしまうので、お手入れ自体が億劫になってしまう場合があります。素材や大きさによって重さは変わってくるので、実物を店頭で確認してから選びましょう。

適度な力で転がせるもの

美顔器ローラーを効果的に使うためには、程よい力加減で肌をつまみあげることが重要です。左手と右手のどちらでも力を入れずに転がせるものを選ぶと良いでしょう。軽すぎない素材のものを選ぶと、美顔器ローラー自体の肉をつまむ効果が高いので、適度な力で転がしやすいです。

お風呂で使用できる耐水性のある美顔器ローラー

美顔器ローラーの中には、お風呂でも使用できる耐水性のあるものもあります。半身浴しながら美顔器ローラーを使用することで、より血行が良くなり、デトックス効果も高まるのです。また、お風呂の温度が1度上がると代謝が13%以上あがるので、より美顔器ローラーの効果を得ることができます。

可動式タイプの美顔器ローラー

美顔器ローラーの中には、ヘッド部分(ローラー)が可動するタイプもあります。こちらは、ローラーが可動することによって肌をつまみあげることに力が必要になります。ヘッド部分が動いてしまうので、好みの力で転がすことが難しいですが、慣れれば均等に力を入れることができます。

実物を試して心地のよいもの

美顔器ローラーは毎日使うものですので、店頭で実際に試してみて自分の好みのものを選びましょう。心地が良いと感じるものを選ぶことで、お手入れを続けることができます。素材や形状によって重さや使用感が異なり、それぞれの商品のこだわったポイントなども違うので、実物を試したうえで自分に合ったものを選ぶことが大切です。

肌別 クレンジングの選び方

美顔器ローラーの使い方

保湿をしてから使用する

乾燥している肌に美顔器ローラーを使用するとシワやたるみの原因となる場合があります。美顔器ローラーを使用する前には必ず保湿してください。保湿に使う化粧水、乳液、美容液は普段使用しているものでかまいません。保湿して潤った状態で美顔器ローラーを使用すると、摩擦を軽減できるのでツルツルの肌になります。

Y型タイプは転がす方向が決まっている

Y型タイプは、逆回転してしまうと肌をつままれたようになり痛みを感じることがあります。強い刺激は肌へのダメージとなりますので、使用する前に回転させる方向を確認しましょう。説明書などをよく読み、正しく使うことで美顔器ローラーの効果を得ることができます。

下から上へ転がすことが基本

リフトアップするには下から上へ転がすことが大切です。上下に転がすとかえって肌をたるませてしまう可能性がありますので注意してください。下へ転がす際に皮膚を下げてしまいます。肌を引き上げるイメージで行いましょう。

リンパの流れには上から下が効果的

基本はリフトアップが目的ですので下から上へ転がしますが、リンパの流れを良くする目的で使用する際には逆になります。耳の下から首筋、鎖骨へかけて上から下へ転がしましょう。リンパの流れを良くすることで、老廃物や毒素を排出しやすくなります。また、リンパの流れが滞るとセルライトができたり肌が衰えてしまいます。むくみをとってスッキリさせたい足など、顔以外の場所への使用もオススメです。

美顔器ローラーを使うタイミング

お風呂上りや就寝前のリラックスした状態のときに使うのがベストです。耐水性の美顔器ローラーであれば、蒸気で肌が潤っている入浴中もオススメです。身体が温まっている入浴中は血行促進効果が高まります。眠り始めて3時間は身体が成長ホルモンを分泌するので、寝る前に使うのも効果的です。次の日の朝の肌にハリが出てスッキリとしたフェイスラインが期待できます。また、朝に使うことで寝起きのむくみや顔色の悪さを改善してくれます。血行が良くなるため、全身に使ってから出かけるのもいいでしょう。

やりすぎには注意

効果をすぐ感じたいからといってやりすぎは逆効果です。美顔器ローラーを決められた時間以上使い続けていると、肌の繊維が緩みたるみや乾燥の原因になってしまいます。時間にすると5分~10分程が目安です。正しく説明書通りに使用しましょう。一度に長時間使うのではなく、毎日少しずつ使い続けることで効果が得られます。

美顔器ローラーの効果

リフトアップで小顔効果

年齢と共に表情筋が衰えることが原因で、フェイスラインは下がってしまいます。筋力が衰えることでリンパ液や血液の流れが悪くなり、老廃物がスムーズに排出されなくなるのです。エステの手技を再現した美顔器ローラーを使うと、エステで引き締まるのと同じ小顔効果が期待できます。肌の奥まで働きかけるものは、血の巡りやリンパの流れを促進してくれるので、老廃物の排出もスムーズになるため、リフトアップに繋がるのです。表情筋を鍛えづらい箇所も、美顔器ローラーを使えば意識的に鍛えることができます。

ほうれい線二重あごが薄くなる

美顔器ローラーを使用すると、血行やリンパの流れが改善されて新陳代謝がよくなります。新陳代謝がよくなると肌のターンオーバーも改善されるため美肌効果があり、ほうれい線や二重あごが薄くなる効果があります。美顔器ローラーの中には微弱電流を流すことにより表情筋を鍛え、ほうれい線の原因になる頬のたるみを改善してくれるものもあります。

口角目尻が上がる

様々な美肌効果が期待できる美顔器ローラーですが、フェイスラインに使用すると下がっていた口角や目尻が上がり、シワ対策にもなります。表情筋をマッサージすることで、肌がきゅっと引き締まるのです。口角や目尻が上がることで、表情が明るく見えたり若々しい印象にもなります。

フェイスラインがシャープになる

多くの人が気にしているフェイスライン。筋肉のコリによって筋肉が萎縮してしまうことで、顔の幅は大きくなってしまいます。このコリを美顔器ローラーでほぐすことで頬の幅が狭くなり、フェイスラインがシャープになるのです。ただし、間違った使い方をすると逆効果になることもあります。

力を入れすぎると細胞が破壊され、かえってフェイスラインは下がってしまいます。また、ローラーは下から上へ転がすことを心がけましょう。上下に転がしてしまうと、下へ転がしたときに皮膚を下げることになってしまいます。

老廃物が排除されてむくみ解消

美顔器ローラーを使うことで得られる効果として、老廃物を排除してむくみを解消してくれるということがあります。肌の上でローラーを転がすことによって、リンパの流れが良くなり体内の老廃物や毒素を流してくれるのです。また、代謝や循環も良くなり、肌が活性化されることでターンオーバーがスムーズになるという嬉しい効果もあります。

お肌トラブルに注意

摩擦はシミの原因になる

効果を出そうと強く当てたり擦りすぎてしまうと、摩擦で肌繊維に傷を付けてしまいます。肌繊維の傷が原因で活性酸素が集まりメラニン色素が生まれることにより、その色素の残骸がシミになってしまうのです。美顔器ローラーを使う際には必要以上に強く擦らないよう気を付けましょう。つまみあげる効果が低いものを使うと、どうしても手に力が入り摩擦を強めてしまいます。力を入れなくても顔の肉をつまみあげてくれる効果のあるものを選ぶことが大切です。

プラスチック製は摩擦が強い

プラスチック製のものは軽いため、美顔器ローラー自体の肉をつまむ力が低くなってしまいます。そのため、リフトアップなどの効果を得るために手に力が入りやすいのです。力を入れて使ってしまうことで、肌への摩擦が強くなってしまいます。

効果のあるものは軽く転がすだけで十分

美顔器ローラー自体にしっかり肉をつまみ上げる効果があれば、力を入れる必要はなく軽く転がすだけで十分です。強い摩擦で肌を傷付けないためにも、適度に重さがありリフトアップ効果の高いものを選びましょう。使う際の力加減は、皮膚があまり動かない程度で大丈夫です。特に目元などの皮膚の薄い部分に使う場合は、強い刺激を与えないよう優しく転がしてください。

化粧水などお肌の土台作りをしてから使用する

摩擦を抑えるためにも、化粧水などをつけた肌に使用するようにしましょう。乾燥した状態の肌に使うと、ローラーの刺激で肌を傷めたりシワやたるみの原因になってしまいます。そのため、化粧水などでしっかり保湿してから使用してください。また、ニキビや傷などの肌トラブルが起きている箇所には、刺激を与えないためにも使用を控えた方がいいでしょう。

オススメの美顔器ローラー

MTG”Refa CARAT”

リファカラットは全身用の美顔器ローラーです。Y字タイプのローラーが肌をつまみ上げます。プラチナに輝く360度マルチアングル構造のローラーが、顔や身体のあらゆる起伏にフィットしてくれるので、あらゆる箇所の引き締めができます。顔や首だけでなく、二の腕やバストのケアも可能です。

エステのプロの技、ニーディングの複雑で高度な動きを再現し、つまみ流す動きで肌にハリとツヤを与え引き締めてくれます。防水仕様なので、体が温まり代謝の上がるお風呂でも使えるのも嬉しいポイントです。また、ハンドル部分に設けられたソーラーパネルから光を取り込むことで、マイクロカレントという微弱電流を発生させるという特徴もあります。使用の際にはソーラーパネルを隠さないように持ちましょう。使い方としては、顔や身体のラインに沿って、肌の柔らかい部分をつまみ上げるようにローリングします。

マインドエッジ”Emily Stone”

肌のハリ不足やくすみ、二の腕やお腹の贅肉が気になるという方にオススメなのが、このエミリーストーン。これ1台で顔にも身体にも使える、全身用でY型タイプの美顔器ローラーです。シルバー、スペースグレー、ピンクの3色から選べるので、お好きな色で毎日のケアができます。

寝起きの顔のむくみや目元口元のハリ不足などの顔のケアだけでなく、贅肉やむくみなど身体のケアにも使えるのも魅力的です。マッサージ効果で血行不良や老廃物の蓄積を解消することで、ハリ不足やむくみの対策をしてくれます。ローラーが肌に密着し、肉をつまんで揉んでマッサージしてくれるので、力を入れずにケアすることが可能です。本体には丈夫なABS樹脂とステンレスを使用しているため、水がかかっても壊れずお風呂でリラックスしながら使えます。お風呂で血行が良くなった状態でケアすることで、効果をより実感することができます。

ヤーマン”プラチナゲルマローラー”

六角形のローラーにゲルマニウムを配合した、スティックタイプの美顔器ローラーです。回転打撃で表情筋を刺激することで、肌を引き締めます。専用ポーチがついてくるので、持ち運びに便利なのも魅力的です。仕事の休憩時間など、外出先でも使えるのでオススメです。また、9つの半導体チップやプラチナ加工が加わっているのも特徴です。メイクの上や濡れた肌にも使用できますが、使用後は乾いた布などで拭くようにしましょう。ケアしたい部分によって、持ち方や回転の仕方を変えてお使いください。

タッピング回転、ブレーキ回転、クーラント回転の3種のバリエーションで幅広くお手入れができます。タッピング回転で血行やリンパの流れを良くしたあと、クーラント回転で肌を引き締めるといった使い方ができます。1日3分を目安に、力を入れず優しくコロコロしましょう。

スリムセラ”美顔器ローラー”

スリムセラの美顔器ローラーは、うねる5本のローラーでピンと張った肌へと導いてくれます。特徴的な形とうねるローラーが、エステティシャンのフェイシャルテクニックのように心地よく肌を引き締めてくれるのです。ローラーの表面はダイヤモンドカット加工されており、その凹凸が毛穴を引き締めながら回転します。

また、ヘッド部分の約10種類の鉱石を原料とするセラミックからは遠赤外線とマイナスイオンを放出します。メイクの上からや、お風呂でも使える錆びにくいステンレス製。水洗いができるのも嬉しいポイントです。タマゴ約1個分の軽さで持ち運びにも便利です。メンテナンスサービスや無料返品期間など、保証が充実しているのも魅力的です。

自分に合った美顔器ローラーを見極めよう

美顔器ローラーには色々な種類のものがあり、重さや耐水性など選ぶポイントも様々です。お試しにちょうどいい1万円以下のお手頃な美顔器ローラーでも、小顔以外の効果も期待できる高価な美顔器ローラーでも、店頭で使い心地を確かめてから自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

外でもケアしたい人は持ち運びしやすいスティックタイプ、自宅で夜のリラックスタイムにお手入れしたい人はY型タイプの美顔器ローラーがオススメです。Y型タイプは耐水性のものが多く、ボディもケアできるので入浴中に使用すると美肌効果もアップします。美顔器ローラーを選ぶ際には、重さも重要になってきます。継続してお手入れできるように、左右どちらの手でも力を入れずに使用できる重さの美顔器ローラーを探しましょう。

そして、使用する際には肌を傷つけないために必ず保湿してください。化粧水や乳液は普段使っているものでよいです。基本は下から上へと使用しますが、リンパの流れには上から下へと転がすことを意識しましょう。早く効果を出したいと焦って、長時間美顔器ローラーを使用することは厳禁です。肌へ刺激を与えすぎると、肌の繊維が緩んでしまいたるみやシワの原因となってしまいます。説明書をよく読み、1日5分~10分を目安に毎日継続して使用しましょう。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル