キスのやり方次第で相手との関係を深められる。素直な自分で接しよう

キスのやり方次第で相手との関係を深められる。素直な自分で接しよう

2017.09.28 / すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

キスのやり方でキスのムードをよくすることができ、関係を深めることができます。恥ずかしい気持ちを抑えて素直な自分になり、相手への気持ちを表現しましょう。キスのタイミングでも雰囲気が変わるので、焦らずにできる場所を選んで行うことも大切です。

キスをする絶妙なタイミング

デート中2人きりになったとき

キスをしたくても、タイミングを上手く作れない方も多く、いろいろなケースを想定したイメージをする方は多いです。キスをしやすい状況を考えると、デート中、2人きりになったときだとキスがしやすいので、デートの機会がある方はチャレンジしてみましょう。

2人きりになる瞬間は簡単に作れると思いがちですが、なかなか2人きりになれない方も。焦らずに、2人きりになれる機会を待ちましょう。相手の家に遊びに行ったときでも、2人きりになることができるので、ゆっくりと落ち着いてキスをすることができます。

焦ってしまうと、きちんとキスをすることができないので、落ち着いて雰囲気やムードを作ってキスができると、相手も興奮して夢中にさせることができます。

デートを楽しんだ後の別れ際

デートを楽しんだ後の別れ際も、キスをしやすいタイミングになります。単に別れるのではなく、キスをして別れると、また会いたいという気持ちが大きくなり、次のデートの予定も合わせやすくなります。何もなく別れてしまうと、自分たちの関係は大丈夫なのかと不安になってしまいます。

人目のあることが気になる方は、誰もいないような人気のないところで別れるようにして、別れ際にキスをしてみましょう。大好きな相手とは、離れずに居たいと感じますが、キスをすることでまた会うことができ、気持ちを確認することができるので、安心して別れることができます。

デートの別れ際に何もしていない方は、キスをするなどして雰囲気やムードを出して、2人の関係を盛り上げていきましょう。

お互いの顔が接近したとき

お互いに顔が接近したときに行うことも、キスをするよいタイミングで、自然に行うことができます。接近できる機会を作るためにも、いろいろなケースを想定して練習してみるとよいでしょう。振り向いた瞬間や、高さが同じになるときもキスがしやすくなるので、チャンレンジしてみましょう。

自然なキスは、相手も抵抗なく受け入れてくれるので、きちんとできるとお互いに気持ちが高ぶり、雰囲気がよくなります。顔が接近しても、相手が予想していないときにすると、びっくりさせてしまう場合もあります。しかし、予想していないときの方が、相手は興奮しやすくなるので、積極的にタイミングを伺い、キスができるチャンスを逃さないようにしましょう。

キスが終わった後も、笑いが起こるなど、雰囲気がよくなるので、2人の関係を縮めることができます。

キスをするときのスタイル

彼の腰に手を回す

キスをするスタイルによっても、相手の気持ちを興奮させることができます。彼の腰に手を回すことで、気持ちを確認することができ、自分の気持ちを表現することができます。相手への気持ちがあるからこそ、手を回したくなる行動をとるので、相手を興奮させることができる方法です。

相手との密着度も高まるので、お互いに気持ちを確かめ合えるキスを行うことができます。高さが合わない場合は、腰に手を回しづらいので、体制に無理のないように行いましょう。相手の体に触れることで、「普通のキス」を「とっておきのキス」に変えることができます。

自分の気持ちを表現することができるので、キスをするときは意識してみるとよいでしょう。雰囲気もよくなるので、相手を自分に夢中にさせることができます。

彼の肩に手を乗せ首の後ろで手を組む

彼の方に手を乗せて、首の後ろで手を組むスタイルも、気持ちが興奮するキスのスタイルです。彼は自分の腰に手を添えやすくなり、密着度が高いスタイルになります。普通のキスではなく、ディープキスになりやすく、スタイルによってもキスの仕方が変わりやすくなるので、スタイルに合ったキスを選びましょう。

相手への気持ちの大きさを表現することができ、気持ちをしっかりと伝えることができる方法です。相手も興奮できるので、嬉しい気持ちにさせることができます。2人の関係が深まってきたときに行うと、さらに進展しやすくなります。交際して間もないときにしてしまうと、相手がびっくりして引いてしまうこともあるので、注意しましょう。

彼の両頬を包むように両手を添える

彼の両頬を包むように、両手を添えてキスをする方法も素敵なスタイルです。確実にキスをすることができ、やさしい愛を伝えることができるので、雰囲気もやわらかく和やかなムードになります。強い力ではなく、やさしい加減で顔に添え、キスをしてあげましょう。

相手も嬉しい気持ちになるので、やさしく包み込むように抱いてくれます。誰もいない場所や、相手の家に遊びに行ったときなど、普通のキスではない方法で、チャレンジしてみるとよいでしょう。人目があるとキスはできないので、気にせずにできる環境で落ち着いてすると、上手くできます。

焦ってしまうと、彼の首が痛くなってしまうので、力を入れずにゆっくりとすると、雰囲気もよくなり、ムードよく行うことができます。

目を閉じてキスをする

目を閉じてキスをする方は多く、目を開けて行うキスよりも、ムードよく行うことができます。始めから目を閉じていると、相手のキスを待つスタイルになるので、求めるキスをするときにおすすめです。また、キスをする瞬間まで目を開けておき、キスをしている最中は、目を閉じるスタイルもよい方法です。

目を閉じると、自分の気持ちを表現しやすい状態になるので、ディープキスがしやすくなります。しかし、まだ2人の関係が深い状態ではない場合のディープキスは、相手をびっくりさせてしまうので注意しましょう。

相手が求めてきたら、自分も合わせるようにして、焦らずに2人の関係を進展させていきましょう。焦りは空回りの原因になるので、目を閉じて落ち着いたキスをしましょう。

あえて目を開けて見つめ合う

あえて目を開けて、見つめ合いながらキスをする方法も。この場合のキスは、キスをするまでゆっくりとした動きをすることで、ムードをよくすることができ、お互いの気持ちを高め合うことができます。

キスは普通のキスでもディープでも、2人の進展度に合わせて展開していきましょう。見つめ合いながら顔を近づけていき、口元を見ながら目を閉じると、自然にキスができる展開になり、ゆっくりと落ち着いて行うことができます。

キスをしている最中でも目を開けていると、相手にプレッシャーを与えてしまい、変に思われてしまうので、キスをしているときは目を閉じて、2人の世界を満喫し楽しみましょう。見つめ合いながら顔を接近させることで、自然なキスへ進めやすくなります。意識して行ってみましょう。

首の角度を変えて唇をクロスさせる

首の角度を変えて、唇をクロスさせるキスのスタイルは、ディープキスになるので、自分たちの関係に合わせて行いましょう。思い切って初ディープキスをするときは、焦らずにゆっくりとした自然な動きになるようにして、相手を緊張させないようにすることがポイントです。

自分が行動しても、相手に断られてしまう可能性があるので、慎重に行いましょう。急にキスで行動にうつす方法ではなく、あらかじめ口で伝えておくとキスがしやすくなります。最初から首を傾けたスタイルで顔を接近すると、ディープキスを誘うことができるので、試してみるとよいでしょう。

また、普通にキスをして、そこから首を傾けてディープキスをする方法もできるので、受け身ではなく積極的な自分になって、自分の気持ちを表現していきましょう。

上手なキスのやり方

焦らずに相手の動きに合わせる

上手なキスをするためには、焦らずに相手の動きに合わせることがポイントになります。キスをしないといけないという気持ちが緊張につながり、動きが硬くなってしまっては、キスをするたびに疲れてしまいます。体の力を抜いて、相手の動きに合わせることで、ムードよくキスを展開することができるのです。

相手を思う気持ちがあれば、キスをきちんと行うことができます。恥ずかしい気持ちになりますが、素直な気持ちで接することが重要になります。逃げずに相手と向き合い、自分の素直な気持ちを表現していきましょう。

キスは、相手への気持ちを態度で表現することができる方法なので、2人の関係を進展させていくためには、とても大切な行動です。焦らずに前向きな気持ちで行いましょう。

口から音を漏らす

口から音を漏らすことで、気分を高揚させることができます。決して嫌らしいことではなく、キスのムードをよくすることができます。「チュッ」という音は、ちょっとしたキスや可愛らしいキスになりますが、音があることで、気持ちが高揚します。

音を無理に出す必要はありませんが、意識してみると2人の雰囲気もよくなるので、キスをするときは意識してみましょう。音のないキスもよいですが、音があるとキスという雰囲気を楽しむことができます。自分だけではなく、相手の気持ちも高めることができるので、積極的に行ってみましょう。

まだ挑戦したことがない方は、1人で練習してみることをおすすめします。本番で上手くできない場合もあるので、あらかじめ練習しておくと、心に余裕をもってできるようになり、焦らずに行うことができます。

彼の唇の温度を感じる

キスをしているとき、彼の唇の温度を感じることで、まったりとしたキススタイルを展開することができます。焦らずに唇の温度や感触を感じることで、相手との呼吸を合わせることができ、2人だけの時間を楽しむことができます。

唇がやさしく触れ合う瞬間も、キスの楽しみの一つです。2人の時間を満喫したいときに、おすすめなキスのスタイルなので、試してみましょう。ムードのあるキスができるので、夜のデートにもマッチするキスの仕方になります。

お互いに唇の感触や温度を感じることで、相手のぬくもりを感じることができるので、やさしいキスをすることができます。

恥ずかしがらずに彼を信じる

キスに慣れていないと緊張してしまい、上手く行うことができずに、焦りが相手に伝わってしまいます。緊張して断ってしまうと、相手の心を傷つけてしまうことになり、別れの原因になってしまう場合もあるので、素直な気持ちで接することが大切です。

恥ずかしがらずに彼を信じて、キスをすることを意識して行ってみましょう。素直になることは、簡単なことに感じますが、実は素直になることはとても難しいことなのです。素直になっても、好きという表現を相手に伝わるように接しないと、気持ちは伝わりません。

恥じらいを捨てて、思い切って自分を表現してみましょう。キスは相手への気持ちを表す一つの手段です。素直になり、彼を信じてキスをしてみましょう。

キスをするときの注意点

キスの前に口臭ケアをする

相手への気持ちを伝えれば、それでよいわけではなく、キスをする前の口臭ケアをすることも忘れずに行いましょう。エチケットはとても大切で、相手に不快な思いにさせてしまっては、キスのムードを悪くさせるだけではなく、気持ちが冷める原因にもなります。

手軽に口に運べるフリスクは、簡単に口臭ケアをすることができるので、爽やかな味を選んで使用しましょう。甘い香りもよいように感じますが、爽やかなレモンやミントは、殺菌作用が高いので、口内環境をよく保つ効果があります。

キスをする前の口臭ケアにもおすすめですが、普段から使用することで、自分の気持ちも爽やかに保つことができます。コンビニなどで手軽に購入できるので、試してみましょう。

事前に唇のケアをする

事前に唇のケアをすることで、キスをするときのムードをよくすることができます。唇をスクラブでお手入れを行うことで、やわらかい唇にすることができ、リップをすることで乾燥を防ぎ、潤いのあるみずみずしい唇をキープすることができます。

相手に清潔感を与えることができ、思わずキスをしたくなる唇に導くことができるので、自分からではなく、相手からのキスの回数が増えます。たかが唇と思わず、相手からのアプローチを受けることができる部分でもあるので、きちんとお手入れを行いましょう。

唇のお手入れは、女子力をアップさせることができ、女性らしさを磨くことができるので、唇だけではなく美容への関心も高まります。

人目のつかないところで

人目のつかないところで行うことを意識しましょう。人目のつくところでキスをしてしまうと、自分たちは気にしませんが、周りの人に気を使わせてしまい、場合によっては不快な気持ちにさせてしまうので、人目につく場所でのキスはNGです。

人目のつかない場所を選び、2人の時間を楽しむことが大切です。キスができるタイミングを考えると、外でキスを行える機会は、限られてきます。タイミングを考えると、周りが見えなくなってしまいます。

しかし、焦ってキスをするよりも人目のない場所を見つけ、落ち着いた気持ちでキスをすることで、相手も緊張させずに、落ち着いた気持ちにさせることができます。人目のつかない場所を見つけて、2人のキスを楽しみましょう。

一人でできるキスの練習方法

練習用の彼役を用意する

キスに慣れていない方は、一人でできるキスを練習することが大切です。練習用の彼役を用意して、いろいろなキスの練習をしてみましょう。お気に入りのぬいぐるみで練習をすることで、親しみを感じながらキスの練習をすることができ、いろいろなシチュエーションをイメージして行うことができます。

一人で練習となると気が引けますが、本番で失敗してしまうより、あらかじめ練習しておくことをおすすめします。本番で失敗したときの対処法なども練習しておくと、焦らずに行うことができます。

軽い感じのキスや、雰囲気のあるムードのよいキスなど、色々なスタイルを練習しておくことで、対応することができるようになります。恥じらいを捨てて、素直に表現できる練習をしましょう。

ぬいぐるみに彼の顔写真を貼る

お気に入りのぬいぐるみに彼の顔写真を貼って、練習する方法もリアリティがあって、彼を意識したキスの練習をすることができます。彼の顔を見つめると緊張してしまい、上手くキスができない方や、素直に自分の気持ちを表現できない人におすすめの練習法です。

彼の顔を見つめる練習をすることで、本番の彼とのキスも動揺せずに行うことができ、彼に慣れる訓練を行うことができます。気持ちを上手く表現できない方も、練習するという努力を重ねることで、上手く表現することができるようになるので、積極的な自分を表現できるようになります。

彼に全て任せるのではなく、自分も積極的になることで、2人の関係を進展させることができるのです。

目を閉じて彼のことを考える

目を閉じで、彼のことを考えながらキスの練習をする方法も、よい練習方法になります。妄想状態になりますが、彼への気持ちがあるからこそできる練習法です。

キスに慣れていないと、相手をがっかりさせてしまうことにもつながるので、練習はとても大切なことです。そのため、恥じらいを捨ててどんどん練習していきましょう。目を閉じるだけではなく、キスをしているときのシチュエーションを考え、手の配置などもリアルに練習しておくと、実際のキスをムードよく行うことができるようになります。

気持ちを表現できることで、相手に気持ちを伝えやすくなり、相手を喜ばせることができます。積極的な自分になるためにも、練習は必要なのです。

何度もシミュレーションして免疫をつける

何度もいろいろなシチュエーションで練習をして、免疫をつける方法もよいでしょう。いろいろなシチュエーションを練習しておくことで、実際のキスでも動揺することなく、自然に行うことができ、ムードよくできます。

素直に表現する練習もしておくと、実際も相手に対して素直になることができ、自分の気持ちを表現することができます。恥ずかしい気持ちを抑えて、彼に対して素直になることができるため、相手も自分に心を開いてくれるようになり、2人の恋愛関係を進展させることができます。

関係を深め合い、気持ちも確かめ合うことができることにつながるので、一人での練習はとても重要なのです。

キスのやり方を学んで心の準備をしよう

キスのやり方を学ぶことで、緊張することなく、自然な気持ちでキスをすることができ、ムードよく行うことができるようになります。2人の関係に合わせたキスもよいですが、思い切って進展させたキスを展開させることもよいでしょう。

積極的な自分を表現することができるので、キスをするタイミングや状況を選んで、雰囲気よく行いましょう。また、あらかじめ練習をしておくことで、緊張しにくく相手への気持ちを表現しやすくなるので、いろいろなキスを練習しておくとよいでしょう。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル