コーヒーを断食に使用するのはNG。体のためにも知っておきたいこと

コーヒーを断食に使用するのはNG。体のためにも知っておきたいこと

2017.09.06 / すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

コーヒーは痩せる飲み物として有名です。断食もできるのではないか、と思いがちですが、それだけを摂取すると、体を壊してしまう場合があります。コーヒーの注意点や飲むポイントを知って、なぜダイエットに向いていないのかを学びましょう。

 

コーヒーが断食には向いていない理由

利尿作用が強すぎて水分不足になる

コーヒーに含まれているカフェインには、尿の排出を促す利尿作用があります。体内で不要になった老廃物を流して、キレイな体を作ることができるのです。しかも、余分な水分を外に出すので、むくみの解消の効果も期待できます。

しかし、コーヒーだけを飲むと利尿作用により、体に必要な水分まで排出してしまうのです。すると、体内は水分不足になって、肌の弾力が失われたり、脱水症状を引き起こしたりします。また、カルシウムの吸収を妨げる作用もあり、吸収されずに尿と一緒に外へ出てしまい、骨粗しょう症の原因にもなるのです。

体温が下がりやすくなる

コーヒーは体を温めるというイメージがありますが、逆に体が冷えるともいわれているのです。コーヒーに含まれているカフェインは多量に摂取すると、交感神経を刺激して、自律神経のバランスを乱す作用があります。バランスが崩れてしまうと、血液の巡りが悪くなり、冷えを引き起こしてしまいます。

また、利尿作用があるので、体に必要な水分が排出されます。体内の水分を出しすぎると、熱を奪って体温を下げてしまうのです。科学的な根拠はないのですが、コーヒーの注意点として知っておくとよいでしょう。

ビタミンの吸収が阻害される

コーヒーだけを飲むと、体の健康をサポートや美肌を保つのに欠かせない、ビタミンの吸収が阻害されてしまいます。これはカフェインの利尿作用によるもので、特に水溶性のビタミンが尿と一緒に排出されてしまうのです。

ビタミンが不足することで、体内に十分な栄養が行きわたらず、さまざまな部位に支障をきたしてしまいます。そのため、すこやかな体をや美肌を維持することができなくなります。

胃を痛める可能性がある

コーヒーは胃を痛める、ということをよく耳にします。これは、コーヒーに含まれているカフェインに、胃酸を分泌させる働きがあるからです。

空腹時にコーヒーを飲むと、胃酸が多量に分泌されて胃の粘膜を刺激し、荒れてしまいます。胃が荒れてしまうと、吐きけやおう吐、胸やけなどの症状を引き起こしてしまうのです。また、悪化すると、さまざまな胃の病気を招く可能性があります。

飲み過ぎでお腹が緩くなる場合がある

コーヒー飲みすぎると、お腹が緩くなり下痢を引き起こす場合があります。お腹が緩くなるのは、コーヒーに含まれている成分のタンニンが原因ではないかといわれています。

タンニンとは、ポリフェノールの一種で、渋みや苦みの元になっている成分です。これを過剰に摂取してしまうと、腸の粘膜を刺激してしまいます。すると、腸内が活発化しすぎてしまい、お腹が緩くなるのです。

血糖値が上がりやすくなる

砂糖の入っていないブラックコーヒーは、血糖値を上がらないイメージがあります。しかし、砂糖が入っていなくても、コーヒーには血糖値を上げやすくする作用があるのです。

コーヒーに含まれているカフェインは、アドレナリンの分泌を促し、インスリンを抑えて血糖値を上昇させる働きがあります。アドレナリンとは、神経細胞の興奮や抑制を他の神経に伝達してくれる物質です。

一方、インスリンとはすい臓で作られているホルモンの一種で、食事にすることで上がった血糖値を一定に保ってくれています。血中のブドウ糖をエネルギーに変える作用や、体内に蓄える作用があります。インスリンは量が少なかったり、多かったりすると、ブドウ糖を処理しきれなくなり、血糖値を上げてしまうのです。

アドレナリンが細胞を抑制することで、インスリンが減少してしまい、その結果血糖値の上昇を招いてしまいます。この状態が続くと、糖尿病を引き起こす可能性があるので十分注意しましょう。

断食中にコーヒーが飲みたい時の工夫

カフェインレスのコーヒーを飲む

断食中にコーヒーが飲みたくなったときは、カフェインレスのコーヒーを飲むようにしましょう。カフェインは、空腹時に飲むと胃酸を多量に分泌させて胃の粘膜を刺激し、吐き気などを引き起こす可能性があります。カフェインが入っていないコーヒーを飲むことで、胃に悪影響を与えにくくしてくれるのです。

豆乳を入れてソイラテにする

断食中はコーヒーに豆乳を入れて「ソイラテ」して、飲むことがおすすめです。豆乳には、女性ホルモンを整える大豆イソフラボンや、抗酸化作用があるビタミンEが含まれています。

ソイラテにすることで、これらの成分が得られ、ハリやツヤのある肌に仕上げ、アンチエイジング効果も期待できます。また、空腹時の胃酸分泌を抑え、腹持ちをよくして断食中のイライラを防ぐげます。

たんぽぽコーヒーを飲む

テレビや雑誌などでよく取り上げられているタンポポコーヒー。カフェインが含まれておらず、健康の維持や美容効果などの効果が期待されている飲み物です。

これをコーヒーの代わりに飲むことで、必要以上の水分の排出や胃が荒れるなどの、カフェインによる影響を体が受ける心配がありません。しかも、タンポポコーヒーには、女性ホルモンのバランスを整え、分泌を促す作用があります。そのため、体や肌をすこやかで美しい肌へと導いてくれます。

断食中にコーヒーを飲む時のポイント

1日1杯程度にしておく

コーヒーを飲みすぎると、胃を痛めたり、お腹を緩くしたり、血糖値が上がりやすくなったりします。すると、体調を壊してしまい、断食を続けることができなくなります。そのため、断食中は、コーヒーは1日1杯程度を飲むようにしましょう。これを守ることで体に悪影響を与えることなく、断食を行うことができます。

コーヒーと一緒に水分を摂る

断食中にコーヒーを飲むときは、水分を一緒に摂るようにしましょう。コーヒーに含まれているカフェインには、利尿作用があります。そのため、体に必要な水分まで排出してしまい、水分不足を引き起こしてしまうのです。

そのため、水分をしっかりと摂ることが大事です。このとき、水分を補給するために飲むものは、ミネラルウォーターやお湯を沸かして作った白湯などがおすすめです。これらは砂糖や添加物などの、体に支障をきたす成分が含まれていません。しかも、体全体に行きわたりやすく、体内に十分な水分を補給することができるのです。

温めてから飲む

コーヒーは、アイスやホットの2種類の飲み方がありますが、できるだけホットコーヒーを選んで飲むようにしましょう。温かいコーヒーを飲むと、体がポカポカと温かくなり、体温が上昇します。すると、内臓が活発化して、代謝をアップさせる効果が得られるのです。代謝が上がることで、体に蓄積された脂肪を燃焼することができます。

ゆっくりと味わって飲む

断食中は食事ができないことから、イライラしてストレスを溜めこんでしまいます。ストレスが溜まると、肌荒れなど体に悪影響を与えてしまいます。コーヒーの香りには、脳にα波を発生させる効果があるのです。

α波とは、脳が発生する電気信号で、これがある状態だと心身ともにリラックスできます。なので、コーヒーは、ゆっくりと味わって飲むようにしましょう。味わいながら飲むことで、リラックス状態になり、ため込んだストレスを発散させやすくします。

断食中の気分転換に適したお茶

リフレッシュ効果のあるハーブティ

断食中に、モヤモヤとした気分になったら、リフレッシュ効果のあるハーブティーを飲むようにしましょう。ハーブティーは、天然の素材でできた、いわば西洋の漢方のようなものです。カフェインが含まれておらず、香りの効果(アロマテラピー効果)で、リフレッシュやリラックス効果を得ることができます。

断食中におすすめのハーブティーは、ミントやラベンダーが使用されたものです。ミントは、メントールの爽やかな香りが特徴で、イライラを鎮めて気分をリフレッシュさせる効果があります。一方、ラベンダーは、ほのかな香りが、イライラと不安を解消し、神経を安定させる作用があるのです。

気分がイライラしたり、落ち込んだりしたら、ハーブティーを飲んで気分転換してリフレッシュすることをおすすめします。

リラックス成分の含まれる紅茶

ダージリンやアールグレイ、アッサムなど種類が豊富な紅茶には、テアニンという成分が含まれています。これには、心身をリラックスさせる効果があるのです。

テアニンはアミノ酸の一種で、興奮を鎮めたり、緊張をやわらげたりする作用があります。そのため、断食中のイライラを防ぎ、リラックスさせてくれるのです。また、テアニンは紅茶に含まれているカフェインと互いに作用して、集中力を高める効果も得られます。断食中の空いた時間に、紅茶を飲みながら本を読んで、ゆったり過ごしてみてはいかがでしょうか。

美容にも嬉しい黒豆茶

美容効果が期待できるとされている黒豆茶は、香ばしい香りで断食中の空腹を満たすことができるお茶です。これを飲むことで、食欲を抑制させて断食が継続しやすくなります。

黒豆茶は黒大豆から作れたお茶で、カフェインが含まれていません。しかも、ダイエット効果や美肌効果、老化を防止する作用があります。黒豆茶に含まれている「サポニン」という成分は、腸で吸収したブドウ糖をエネルギーに変えて、脂肪の代謝を促してくれます。

また、黒豆茶には、ポリフェノールの一種である「アントシアニン」が含まれており、弾力のある肌を保ったり、活性酸素を除去したりすることができるのです。コーヒーのような、香ばしいものが飲みたいときには、美容効果も得られる黒豆茶を飲むとよいでしょう。

ノンカフェインの麦茶

夏に欠かせない飲み物の一つである麦茶は、カフェインが含まれていません。そのため、断食中に飲んでも、体に悪い影響を与えることがないのです。

麦茶には体の血行を促進させる効果があります。麦茶に含まれている「ピラジン」という成分には、血流をよくする働きがあり、代謝をアップさせることができます。代謝が上がることで、脂肪の燃焼を促進させる効果が得られやすくなるのです。

また、麦茶は麦の香ばしい香りで食欲を満たすことができ、断食中の食べられないというストレスを軽減することができます。体の代謝を促し、食欲を軽減さる麦茶を飲んで、断食を成功させるようにしましょう。

クエン酸が含まれている梅ほうじ茶

梅ほうじ茶は、その名の通りほうじ茶と梅を合わせたものです。煎茶や番茶などを、茶葉が赤茶色になるまで煎られたほうじ茶には、リラックス効果やデトックス効果などがあります。また、ほうじ茶は熱を加えると、性質が変わってノンカフェインに近いものになり、カフェインによる影響があまりありません。

一方、梅にはクエン酸が含まれていて、疲労回復や唾液の量を促進させて、胃酸の過剰分泌を抑えてくれる作用があります。これらの成分を摂取することで、断食中でも体の健康を保つことができるのです。

血液をサラサラにするそば茶

断食中は、栄養が不足している状態なので、血行が悪くなる可能性があります。すると、代謝が落ちてしまい、脂肪が燃焼されにくくなるのです。

そば茶の原料であるそばの実には、「ルチン」という成分が含まれています。ルチンは、ポリフェノールの一種で、高い抗酸化作用と血液が固まるのを防ぐ効果があります。そのため、血液がサラサラになり、代謝を維持することができるのです。

断食中の置き換えにおすすめの飲み物

たんぱく質の豊富なヨーグルト

腸内環境を整えてくれるヨーグルトは、タンパク質が豊富で、断食中の筋肉の減少を防いでくれます。筋肉が落ちにくくなることで、基礎代謝が下がることなく、効率的に脂肪を燃焼してくれるのです。しかも、濃厚な味わいでコクがあって腹持ちがよく、断食に最適な飲み物といえます。

また、ヨーグルトには、善玉菌を増やす効果があるので、腸内をキレイにしてくれます。腸内環境が整うことで、便秘を予防したり、肌荒れを防いだりすることができておすすめです。

栄養豊富な酵素ドリンク

栄養豊富な酵素ドリンクは、断食中の強い味方です。カロリーが少なく、満足感が得られるフルーツや黒糖のスウィートな甘い香りが、ツライ断食を成功へと導いてくれます。また、代謝を促進させるために必要な酵素が豊富に含まれており、脂肪の燃焼をアップさせることができます。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
酵素断食で美と健康のために。綺麗な体と肌を手に入れましょう 

ビタミンたっぷりの果物ジュース

果物にはビタミンが豊富に含まれていて、断食中に不足している分を補うことができます。果物をジュースとして飲むことで、ビタミンの力で健康維持や便秘予防、美肌効果を得ることができるのです。

しかも、ビタミンは体内でほとんど生成されないので、果物ジュースでたっぷりと摂取することにより、若々しくすこやかな体を作りあげます。

腹持ちのいいグリーンスムージー

最近注目されているグリーンスムージーは、凍らせた野菜や果物をミキサーにかけた飲み物です。グリーンスムージーには、野菜や果物に豊富に含まれる酵素や食物繊維を、効率的に摂取することができます。

排泄をスムーズにし、消化吸収機能を正常化させ、代謝を高める作用があります。また、のどごしがよくて、腹持ちもいいので、断食を挫折することなく続けることができます。

イソフラボンの豊富な豆乳

大豆から作れる豆乳には、美容や健康によいとされるイソフラボンがたっぷりと含まれています。イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンと同じような作用があり、ホルモンバランスを整えてくれるのです。ホルモンバランスが保たれることで、ハリやツヤのある肌が保てたり、自律神経の乱れを防いだりする効果が期待できます。

また、豆乳は良質なタンパク質が豊富に入っており、断食中の筋肉の減少を抑えてくれます。筋肉が保たれることで、断食後のリバウンドを防ぎやすくなるのです。

コーヒー以外で断食中に飲んではいけない飲み物

果糖以外の糖分が入ったジュース

断食中は、果糖以外の糖分が入ったジュースは、控えるようにしましょう。特に、砂糖が含まれているジュースを多量に摂取すると、血糖値を急激に上昇させる作用があります。

血糖値が上がるとインスリンの関係で、余分な脂肪が蓄積されやすくなるのです。また、生活習慣病などの症状を引き起こしやすく、体に負担をかけ、健康も阻害されてしまいます。

消化に負担のかかる牛乳

腹持ちがよく、断食中に飲んでもよいのではないかと思う牛乳。動物性のタンパク質が多く含まれているので、消化する時間がかかり、内臓に負担をかけてしまいます。

断食は、内臓を休めることが目的です。内臓が休んで回復することで、断食後に体内に食物を摂りいれると、元気になった内臓が活発化します。すると、溜まった毒素がどんどん排出され、体がスッキリして、健康的に痩せることが可能になるのです。

そのため、消化しにくい牛乳は、内臓に負担をかけてしまうので、断食にはおすすめできない飲み物とされています。

肝臓に負担がかかるアルコール類

アルコール類は、肝臓などに負担がかかるので断食中には、飲まないようにしましょう。アルコールを摂取すると、解毒を行うために肝臓の働きを低下させてしまいます。すると、エネルギーの生成やタンパク質の合成などの機能も悪くなってしまい、健康を保つことが難しくなるのです。

また、断食中は胃の中が空っぽな状態なので、胃の粘膜を傷つけてしまう恐れがあります。吐き気や胸焼けなどの原因になるので、断食中はアルコール類は摂取はしないことをおすすめします。

カフェインの多い緑茶

日本茶を代表する緑茶は以外にも、カフェインを多く含んでいます。断食中にカフェインを摂ると、胃が荒れたり、お腹が緩くなったりといった症状を引き起こしてしまいます。緑茶には脂肪を分解する作用があって、体を引き締める効果があるのですが、断食中は控えるようにしましょう。

断食後のコーヒーの上手な飲み方

運動をする前に飲んで脂肪の分解を助ける

断食後は、運動をする前にコーヒーを飲むようにしましょう。コーヒーに含まれているカフェインには、「リパーゼ」という脂肪を分解する作用のある成分が含まれています。

そのため、余分な脂肪を落とすことができ、スッキリした体を手に入れることができます。運動の種類は豊富にありますが、その中でもウォーキングやジョギングなどの、有酸素運動を取り入れることがおすすめです。

有酸素運動を行うことで、血中に酸素が行き渡って体全体を巡り、代謝を促進させる効果が得られます。ちなみに、コーヒーを飲んで有酸素運動を行う際には、運動を始める20分~30分前に飲むと、より脂肪を燃焼させる効果が期待できます。

食後に飲んで消化を助ける

コーヒーは食後に飲むと、消化を助ける作用があります。そのため、断食中に休んでいた内臓を効率よく、活発化さすることができるのです。コーヒーを食後に飲むなら、アイスよりもホットで飲むことをおすすめします。

アイスで飲むと内臓を冷やして、機能が低下してしまいます。それに対して、ホットにすると体がポカポカと温まり、内臓の機能が正常化され、消化がスムーズになるのです。消化がよくなることで、体全体に栄養素が運びこまれ、健康を保つことができます。

ドリップコーヒーを飲む

コーヒーは、簡単に作れるインスタントコーヒーを飲む方が多いのではないでしょうか。インスタントコーヒーは手軽に作れて便利ですが、断食後はドリップコーヒーを飲むことがおすすめです。

コーヒーには、ポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」が含まれています。これは、脂肪の蓄積を防いだり、分解をしたりする働きを持っています。ドリップコーヒーには、インスタントコーヒーよりも、クロロゲン酸がたっぷり入っています。

また、ドリップコーヒーを選ぶときには、深煎りよりも浅煎りを選ぶとよいでしょう。脂肪の蓄積を防ぎ、分解するクロロゲンは、熱に弱い性質があります。浅煎りは、深煎りよりも熱を加える時間が少なく、クロロゲン酸を多く摂取することができるのです。

少し手間がかかりますが、ダイエット効果を得るためにも、断食後はドリップコーヒーを作って飲むようにしましょう。

入浴前に飲んで代謝をあげる

コーヒーは入浴前に飲むと、体の代謝を上げることができます。コーヒーに含まれているカフェインが、脂肪を分解している酵素の「リパーゼ」を活性化させるのです。リパーゼが活発化することで、体についた脂肪を分解してエネルギーに変えます。すると、余分な脂肪を落とすことができ、引き締まった体になります。

このときに飲むタイミングは、入浴前の約30分前です。カフェインは体内に吸収されるまでに30分程かかり、その前に飲んでしまうと、せっかくの効果を得ることができません。ですから、入浴前に飲んで、体に蓄積されてしまった脂肪を効率的に燃焼させましょう。

コーヒーを飲む時の注意点

空腹時の飲用を避ける

コーヒーは、空腹時に飲むと胃を痛めるので避けてください。前述したとおり、コーヒーの主成分であるカフェインには胃酸を分泌させる作用があります。胃の中に何もない状態で胃酸が分泌されると、粘膜が刺激されてしまい、胃が荒れてしまいます。そのため、コーヒーは体内に食物を摂りいれた後に飲むようにしましょう。

飲み過ぎに注意する

コーヒーを飲みすぎると、カフェインを過剰に摂取してしまい、体を壊す可能性があります。めまいや吐き気、下痢、震え、不眠などの症状を引き起こしやすくするのです。

また、カフェイン中毒を発症させる場合があり、コーヒーを飲むことがやめられず、体や精神に支障をきたしてしまいます。コーヒーの摂取量は1日2~3杯程度を目安に飲んで、体の健康をしっかりと守ることが大切です。

飲んだ後は水で口をすすぐ

コーヒーを飲んだ後は、舌にコーヒーの成分が付着します。これを放置すると、口臭がさらにきつくなってしまうのです。そのため、飲んだ後は、水で口をすすぐことをおすすめします。

口臭をなくすためには、歯磨きをすることが一番よいのですが、できないことが多いです。少しでも軽減させるためにも、水を口に含んで舌を動かしながら、口臭の原因である成分を落すようにしましょう。

コーヒーは断食ではなくダイエットに活用しよう

コーヒーを飲むと、ダイエットの効果が期待できますが、断食には向いていない飲み物です。カフェインの作用である、ビタミンの阻害や必要以上の水分の排出、胃や腸の調子が悪くなるなど症状を起こし、体に支障をきたしてしまいます。そのため、コーヒーは断食ではなく、ダイエットの補助として活用することがおすすめです。

ダイエットのサポート役として取り入れることで、体の代謝を向上させて、脂肪を燃焼させる効果が期待できます。コーヒーは断食後に飲むようにして、その効果を発揮させましょう。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル