忘れられない女の特徴。愛する彼を虜にする「イイ女」を目指そう

忘れられない女の特徴。愛する彼を虜にする「イイ女」を目指そう

2017.09.28 / すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

忘れられない女というのは、別れても男性の心に残り彼の心を翻弄し続ける女性です。自分の事ばかりではなく、付き合っている時から彼の事を考えてあげられる女性は、別れた後も彼の心に深く刻まれているものです。彼を虜に愛され続ける女性になりましょう。

忘れられない女性の特徴

なんだか世話が焼ける

どこかおっちょこちょいで男性をハラハラさせる女性は、別れた後も「俺がいなくてもちゃんとやってるのかなぁ」と頭をよぎることがあるようです。付き合っているときは「まったくもう…」と思っていても、別れてしまうとそんな心配すらできなくなることに、寂しさすら感じるのです。

男性は頼られることに喜びを感じますから、あれこれと世話を焼き色々と手がかかったことを思い出し「可愛かったな」と思い出すのです。付き合っている頃は自分が居たから安心できたけれど、自分が居ない今はどうしてるのかと心配になることもあるようです。

付き合っているときは、近くにいすぎて感じることのなかった気持ちを、別れてからしみじみと感じて後悔する男性もいます。世話を焼いていたあの頃は、それで幸せを感じたいんだなぁ…と改めて実感するのです。それほど、世話の焼ける女性は男心をくすぐるのです。

高嶺の花

学校で1番モテる子、スタイルが良くてみんなから憧れられている女性、なんでもできて周りから一目置かれている女性…そんな女性に対して「俺なんか相手にされないだろう」「付き合うなんて夢のような話だ」と、自分の中で勝手に思ってしまうものです。

誰もが羨むような女性と付き合うことは、男性にとってとても自信になります。手に入れるのが難しい女性を自分が手に入れたことで、周りより優れている・周りより勝っているという誇らしい気持ちになるのです。人生の勝ち組に入ったことで、スーパーマンになったかのような気持ちにすらなるのです。

男性は、周りが注目するような素敵な女性を連れて歩き、色々な人から注目されることが嬉しいのです。周りの男性に自慢して歩きたいのです。ですから、高嶺の花である女性と付き合った経験は自分の武勇伝でもあり、彼女のことを忘れることはないでしょう。

いつも味方でいてくれる

多くの女性は、友達に愚痴をこぼしたり悩みを相談したりすることに抵抗がありませんが、男性は周りに愚痴をこぼしたり不安な気持ちを吐露することに抵抗がある人が多いです。しかし、包容力のある彼女の前では安心して本音を話せる、という男性も多いものです。

ですから、困っているときには必ず味方になってくれて、温かく見守ってくれた女性のことを忘れられない、という男性は多いのです。別れた後も、1人で不安なときや落ち込んで居るときには「一緒にいたときは頑張れたな」と頭に浮かぶこともあります。

仕事で悩んでいるときは、これといったアドバイスをもらえなくても、ただただ話を聞いてくれるだけで心が落ち着くことがあります。話を聞いて「大丈夫だよ」「いつも味方だよ」と絶対的な味方でいてくれた女性のことは、いつまでも心に残るものです。

本気で叱ってくれた

相手の間違いや欠点は、思っていてもなかなか指摘しづらいものです。しかし、しっかりとした信頼関係が築けている相手ならば、その間違いや欠点を指摘されても受け止めることができるはずです。また、相手のことを思うなら、指摘することも大切だと感じます。

自分のことをしっかりと理解してくれて、的確な助言をしてくれる女性は、自分自身を成長させてくれる特別な存在です。女性は男性よりも感情が豊かでコミュニケーション能力が高いですから、そんな女性から意見を言われることで男性はハッとさせられることも多いのです。

普通なら言いづらいこともはっきり言ってくれたり、ダメな部分を本気で叱ってくれた彼女のことは、別れた後も「こんな時彼女ならなんて言うかな」とふと思い出すことがあります。本気で叱ってくれる存在はなかなかいないですから、いつまでも忘れられず、長い間心に残るのです。

とことん尽くしてくれた

いつでも彼の言いなりになり、どんなとでも彼のことを1番に行動している女性は、彼の征服欲を満たしますが「都合のいい女」と思われがちです。しかし、男性は別れた後にそれが深い愛情であったことに気付き後悔することもあります。別れてから「自分のことを愛していてくれたんだ」と気づくのです。

付き合っているときは、尽くしてくれることに対してそれが当たり前だと思ってしまう男性は多いものです。ですから、感謝の気持ちや喜びが薄くなってしまい、ありがたさを感じなくなってしまいます。感覚が麻痺してしまい、彼女の大切さを見失ってしまうこともあります。

しかし、彼にとことん尽くす女性は、彼のことを愛しているからこそ、とことんまで尽くすことができるのです。ただ言いなりになるだけでなく、愛を持って間違いを正してあげることができる女性のことは「あのときのおかげで今がある」といろいろな場面で思い出し、ことある毎に考えてしまうのです。

心配させる女性

男性は、自分よりも弱い女性を見ると「彼女を守ってあげなきゃ」と本能で思うものです。最近は女性の社会進出も多くなり、また強い女性も増えてきています。好きな人の前で強がってしまい、1人でも生きていけるようなオーラを持っている女性も多いですが、恋愛の場面では裏目に出てしまいます。

しかし男性は、強い女性よりもどこか心配でか弱い女性に心を惹かれます。つい「俺が守ってあげなきゃ」と思わせることのできる女性は、男性の心に残りやすいようです。ですから、彼の前では強がったりせず、1人でも大丈夫、というオーラを出さないことが、男性を惹きつける秘訣なのです。

付き合っているときに彼女のことが心配になるのは、彼女のことを愛しているからです。自分が守ってあげないと、という気持ちで付き合っていた彼女の存在がなくなるのは、手をかける存在がいなくなってしまうということです。ですから、別れてからも気になってしまう男性が多いのです。

恋愛上手な「いい女」になるためのことを占ってもらうには

恋愛上手になりたい!いろんな恋愛がしたいなど恋愛の悩みがあると思います。
kizunaでは、電話やメールで簡単に占ってもらえます!有名な占い師によってあなたの恋愛の悩みも解決できるかもしれません。

忘れられない女の結婚

もう連絡が取れない

別れてから、連絡先を消してしまったり携帯が壊れて連絡先が分からなくなってしまった場合、連絡をしたくてもできない状況になってしまいます。また、連絡先は分かっていて男性のほうから連絡をしても、返事がこない場合は連絡が取れないのと同様です。

彼女と共通の知り合いや友人がいない場合は、今彼女が何をしているのか・どんな様子なのかを噂で聞くこともありません。ですから、なおさら彼女のことが気になってしまうのです。彼女のことが気になるのに何も情報が入ってこないことに、モヤモヤしてしまいます。

連絡手段がない場合でも、彼女から連絡を断たれてしまった場合でも、1度気になってしまうとそれを解決する術がないためモヤモヤが続いてしまうのです。ダメと言われるとやりたくなるのと同じで、連絡が取れないと取りたくてしょうがなくなり、いつまでも考えてしまうのです。

別れ方がキレイだった

同じような付き合い方をしていたとしても、別れ方の違いで「いい女度」は変わってきます。フられたのではなく自分からフった場合でも、別れ方がキレイだと「いい女だったなぁ」と忘れられない男性が多くなります。まさに、立つ鳥跡を濁さず、というような女性のことです。

彼のことが大好きでいつもベッタリで、彼がいないと生きていけない、というような女性が、別れ話をしたら意外に冷静に受け入れ、引き止めることもなくその後の連絡もない…というような場合は、自分からフったとしても「あれ?」と思い、なんだか心に引っかかるものです。

あんなにベッタリだったのに「どうして?」という気持ちや、そのギャップに男性は衝撃を受けるものです。彼のことを好きだからこそ別れ話をすんなりと受け入れ、連絡もしない…そんな女性は、もう一生会うことがないかもしれないという理由から美化され「いい女だったな」と思われるのです。

おだて方がうまい

褒め言葉というのは、本心で「いい」と思ったときに使う言葉です。おだてるというのは、本心では思っていなくても「相手をポジティブにするため」に使います。おだてる場合は、少し大げさに表現したり、あまり心にはないことを言う場合もあります。

男性は、女性から褒められればとても嬉しく感じます。それが好きな女性であればなおさら嬉しいものです。しかし「明らかに」おだてられている場合は、逆にプライドが傷つき、全く嬉しさを感じません。たとえそれが好きな女性だった場合でも、下心を感じてしまうことがあります。

おだて方がうまい女性とは、わざとらしくなく彼をポジティブな気持ちにしてあげられる女性のことです。おだて上手な女性は、どこを褒めれば喜ばれるかを本能で分かっているので、男性をいい気分にさせたり成長させることができるのです。ですから、 いつまでも心に残りやすくなります。

ミステリアスな女性

秘密が多くて謎めいている「ミステリアス」な女性に、男性はものすごく魅力を感じます。それなりに長い間付き合っているのに、どんな生活をしているのかが謎だったり、何を考えているのかがわからない女性は、男性の心をくすぐり、追いかけたくなる存在なのです。

ミステリアスな女性は、男性からすると、付き合っていて自分だけのものになったのに、なぜか自分だけのものではないような気がする…と思われています。なので、もっと知りたい・自分だけのものにしたい…という気持ちがどんどん大きくなり、彼の想像力を掻き立て翻弄するのです。

「昨日は何してたの?」と聞けば「いつもと同じだよ」と返されたり、「どんな男性と付き合ってたの?」と聞けば「いたって普通だよ」と返されたり…他のことでも細かい情報をほとんど知らない場合は、付き合っているときはもちろん、別れてからも「もっと知りたかった」と思ってしまうのです。

最後の彼女だった

大好きだった彼女と別れてから彼女が居ない場合、元カノのことを引きずっていて新しい恋ができていない、という可能性があります。付き合いが長かったり同棲していたなんて場合は、なおさら次の恋に進むまでに時間がかかってしまうことがあります。

ポカンとあいた心の穴を埋めたくて、他の女性と遊んではみるものの、やはり元カノと比べてしまい「あの頃はもっと楽しかったなぁ」と思ったりすることもあります。次の彼女ができるまでに時間がかかればかかるほど、当時の記憶が美化され、そのような気持ちが大きくなる傾向があります。

最後に付き合った彼女は、男性にとって特別な存在なのです。あれ以来、心から好きになれる女性には巡り会えていないな…と思うと、最後の彼女が運命の相手だったのではないかと思ったりもしてしまいます。そんな気持ちが、さらに新しい恋わー逃す原因になる可能性もあるのです。

一生忘れられない女の特徴

抱き心地が良かった

男性は恋愛において、本能で視覚や触覚をとても重視しています。ガリガリに痩せている女性よりも、少しぽっちゃりした女性の方が男性から支持されるのは「抱き心地が良さそう」だと思われているからなのです。女性らしい柔らかさを、男性は本能で求めているのです。

ギュッと抱きしめたときに心地よかったり、不意に体が触れたときにドキッとするのは、自分にはない、女性らしい感触を感じるからです。そんな抱き心地の良かった女性のことは感覚的に覚えているので「また触れたい」「あの感覚が忘れられない」というように、気持ちが蘇ってしまうのです。

抱き心地とは、体の相性も含まれます。体の相性が良かった女性のことは「どうしても忘れられない」「また付き合いたい」と思う男性が多いといいます。1度そのような女性に出会ってしまうと、その後に付き合った女性では満足できなくなってしまい、彼女のことが頭から離れなくなってしまうのです。

初めてを経験した人

どんな人でも、初めての経験は記憶に残るものです。初めて行った場所、初めて食べたもの、初めて付き合った相手、初めてベッドを共にした相手…人生にはいろいろな「初めて」がありますが、初めてベッドを共にした相手のことは、男女ともにいつまでたっても記憶に残り続けます。

女性でもそうだと思いますが、初めてベッドを共にした相手のことはいつまでも忘れずに記憶に残っているものです。初めての経験は、その時・その相手としか感じることのできない経験です。今の自分には感じることのできない緊張感や感動を味わっているので、心に残っている人は多いのです。

自分を男にしてくれた女性、自分を一人前にしてくれた女性だと思っているので、男性の中では神秘的な存在にもなり得ます。気持ち良かった・心地良かったなどの気持ちとは別にして、自分に初めての経験を味あわせてくれた彼女のことは、自分の成長の1つとして心に残ります。

彼にとって忘れられない思い出の女性になろう

「忘れられない女性」になる、というのは、別れてから行動を起こしてもどうこうなるものではありません。付き合っている時から、彼のことをちゃんと考え、魅力的な女性でいることで、例え別れてしまったとしても彼の心の深い部分に残り続けるのです。

男性にとって「いい女」は、別れてからも「いい女」なのです。男性の心を虜にし、どんな時も魅了し続けることのできる女性は、男性から愛され続けます。「忘れられない女性」になるために、魅力的な女性を目指しましょう。

彼との寄りを戻したいと思っている女性は、付き合っている時のことを思い出してみてください。もし自分が「忘れられない女性」に当てはまるのならば、彼はあなたのことを忘れられずにいる可能性があります。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル