高校生のkissは大人への大切な通過点。楽しい恋愛を展開しよう

高校生のkissは大人への大切な通過点。楽しい恋愛を展開しよう

2017.09.29 / 恋愛・結婚

NADECICA編集部
NADECICA編集部

高校生のキスは不潔なイメージを持つ方もいますが、決してそんなことはありません。大人へ成長してくために必要な通過点で、相手との距離を確かめ合う大切な心の成長です。子供の成長から目を背けず、しっかりと向き合い、よいアドバイスをしてあげましょう。

高校生の恋愛事情の実態

恋愛禁止の学校はほとんど存在しない

高校生というと、勉強や部活動で恋愛ができないイメージがありますが、恋愛禁止の学校はほとんど存在しておらず、休日を利用して恋愛を楽しむことができます。アイドルは恋愛禁止ですが、普通の高校生は、恋愛は禁止されていません。

しかし、初めての恋愛でどのように付き合ってよいかわからず、戸惑う方も多いです。素直になることはどのようなことか、相手の気持ちを考えるとはどのようなことかなど、恋愛を楽しみながら学ぶことができます。恋愛のある生活ができると、学校にも意欲的に行くようになるので、高校生の恋愛は、気持ちを成長させるきっかけとして考えることが大切です。

SNSで繋がる恋愛も多い

SNSで繋がる恋愛も多く、高校生でも遠距離恋愛をするカップルもたくさんいます。いつか会えたらいいね、などの希望をもち、お互いのことを伝えあい、励まし合える存在として感じ合うことができます。

高校生は、肉体関係よりも相手を思う気持ちが強く表われ、連絡を取り合うことで、繋がり合いを感じることができます。また、近くで知り合えたら、交通機関を利用して会うことができるので、会える楽しみが増え、お互いの距離を縮めることができます。高校生でも楽しい恋愛ができるので、毎日充実して意欲的な自分になることができます。

初キスの年齢は16歳が最多

初キスは16歳が最多で、高校1年生で経験している方が多いです。これは早すぎると感じる方も多いのですが、愛し合うことに年齢は関係ありません。しかし、判断力がまだ未熟な年齢なので、いろいろな失敗も経験していくことも理解しておきまよう。

キスくらいであれば、高校生の恋愛にとどめて欲しいというところなので、キスを経験する方は多いです。相手を思う気持ちや、感情のコントロールが難しい年ごろなので、自分を理解することとしても、恋愛はとても大切なことなのです。自分と向き合い、相手と向き合うことで、素晴らしい恋愛を楽しむことができます。

デートの頻度は週に1回程度

デートの頻度は週に1回程度と、大人と同じ頻度でデートしている高校生は多いです。普段は、LINEなどで連絡を取り合い、学校以外のプライベートで会うとなると、休日を利用した週1回が精いっぱいです。

しかし高校生は、学校や部活動などで毎日顔を合わせることができ、休み時間を利用すれば、いつでも会うことができるメリットがあり、常にデート感覚を楽しむことができます。

同じ高校であれば、距離が近い恋愛を楽しめますが、高校が違う場合は、離れていることで気持ちを高めることができ、会いたい気持ちを強めることができます。会えたときの嬉しい気持ちも強くなります。

お互いに1人の時間も大切にしている

相手のことを考える時間も多いものの、1人の時間も大切にできるのが高校生です。まだ未成年なので、家にいることで安心できる年齢です。1人の時間があることで、心の整理をすることができ、ゆっくりと考えることで、冷静な自分の気持ちと向き合うことができるのです。

相手と関わることと、自分の時間を持つことで、高校生らしい恋愛を展開することができ、楽しむことができるのです。今のことだけではなく、これからの進路も考えないといけないので、考えることは山積みです。1人になれる時間も大切にすることで、心の成長も促進されていきます。

高校生カップルがキスをするタイミング

初めてのデートの別れ際

高校生カップルが、キスをするタイミングとして多いのが、初めてのデートの別れ際です。デート中は主に会話を楽しみ、映画などの時間を楽しむ傾向があります。別れ際でムードよくできると、また会いたいと思える雰囲気になれるので、別れ際のキスはとても好印象に残ります。

主にデート中は手をつないでいて、頻繁にキスをするというよりは、特別なところで1回など、ポイントを抑えたピュアなデートが多いです。2人のタイミングで行い、恋愛を楽しみましょう。

初めて部屋に遊びに行ったとき

初めて部屋に遊びに行ったときに、キスをするという方も多いです。部屋なら誰にも邪魔されず、2人のタイミングで行うことができ、人目を気にすることがないということもメリットです。部屋で2人きりになると、とても緊張しますが、その緊張感も楽しめることが高校生の恋愛です。

学校や外で会うデートとは違い、部屋で過ごすデートは安心することができ、まったりとした雰囲気を楽しむことができます。最初は緊張しますが、慣れてくると安心できる空間になるので、自宅デートでキスをするカップルも多いです。

告白が成功した直後

告白が成功した直後にキスをする方も。ずっと長い期間相手を思い続け、やっと気持ちを打ち明けることができ、相手の返事もOKならば、気持ちを抑えることができずにキスをしてしまう人も。しかし、最初にキスをすることで、2人の関係を縮めることができ、近い状態からスタートさせることができます。

告白は緊張しますが、相手も自分と同じ気持ちであれば、喜びと緊張から解放された瞬間でもあるので、気持ちを抑えることができず、キスしてしまう傾向があります。素直に喜べることなので、これからの展開を急がずにゆっくり進めていきましょう。

盛り上がるイベントに行ったとき

盛り上がるイベントに行ったときも、気持ちが高まり、キスするタイミングも増えます。2人が楽しいと思うことができる瞬間にキスをすることで、距離を縮め絆を深めることができます。高校生は肉体関係よりもキスの方がイメージよく感じ、特別な魔法のように感じている方も。

2人でいられることに幸せを感じ、さらに盛り上がるイベントで、気持ちがハイテンションになるので、自分にとって1番近い存在に感じることができ、キスしたい気持ちが高まるのです。忘れられない思い出にするためにも、気持ちが高まったときにキスをすると、楽しい思い出を、さらに楽しくピュアなものにさせることができます。

誕生日や記念日のお祝いに

誕生日や記念日のお祝いに、キスをするカップルは多いです。キスは頻繁に行うものではなく、特別なときにしてあげたいと感じる方が多いです。特に高校生は、キスに慣れていない方も多いので、誕生日や記念日などのお祝いの特別なときにしようと感じている人が多いのです。

頻繁にしてしまうと、キスが物足りなく感じ、当たり前という意識が働きます。キスに対する意識を落とすことになるので、特別なときに行うことで、気持ちを高めることができるのです。

普段からのキスも大切ですが、誕生日や記念日は、いつもとは違ったキスを展開してみることもよい方法です。忘れられない特別なキスにすることができ、ムードや雰囲気を盛り上げることができます。

高校生におすすめのキスをするスポット

帰り道の誰もいない公園

高校生に人気がある、おすすめのキススポットは、帰り道の誰もいない公園です。誰もいない公園は、物騒に感じてしまいますが、2人だけになるので、歩くときも密着度が上がり、ムードがよくなります。

誰もいない公園ではなくても、デートスポットの公園で、周りのカップルもキスをしていると、人がいてもキスできる雰囲気になります。キスは2人だけの世界を楽しむことができるので、高校生におすすめのスポットです。

しかし、物騒すぎる公園は要注意です。全く人がいないところではなく、何人か歩いている程度の雰囲気がよいでしょう。少し薄暗くなっていると、キスの雰囲気やムードもよくなり、2人の時間を楽しむことができます。

誰もいない海岸

誰もいない海岸も、おすすめできるスポットです。場所によっては危険なところもあるので、足元や天候に注意をしながら行きましょう。ウォーキングやジョギングをしている方も多いので、タイミングを見てキスをすることは、難しい場合もありますが、誰も見ていない瞬間を見計らってキスをすることも、楽しい緊張感を味わいながら行うことができます。

景色もよく、夕焼けどきはムードもよくなるので、海岸はおすすめのスポットになります。ムードよくキスができると、2人の関係や絆を深めることができ、一緒にいたい気持ちや、また会いたい気持ちを深め合うことができ、楽しい恋愛を行うことができます。

校舎裏など人気のないところ

同じ高校であれば、誰も行かなそうな人気のない校舎裏なども、おすすめのスポットです。誰もいないので、キスしやすいスポットになります。しかし、高校によっては、不良のたまり場になっている場合もあるので、下見などの確認も必要になります。

誰もいなさそうな場所でも、上に窓がある場合もあるので、注意深く確認することが大切です。校舎裏は予鈴やチャイムが聞こえにくいので、時間を把握しておくことも大切です。学校のルールはしっかりと守って行動しましょう。

人気のないところでも、キスをする場所にふさわしくない場所もあります。人がいなければ、どこでもよいわけではないので、冷静に考えて場所を決めましょう。

まだ誰も来ていない部室の中

誰も来ていない部室の中も、おすすめのキスのタイミングです。今しかないと誘うことができ、緊張感もあるので、スリルを楽しみながらできます。部活が一緒であることが条件になるので、お互いに早く部室に行こうと、打ち合わせをしておくことが大切です。

また、他の部員に2人が付き合っていることがバレていたら、後に入ってくる人が部室に入りにくくなるので、付き合っていることは内緒にしておくか、部室に入りにくい雰囲気を作らないようにして、同じ部員のことも考えた行動をとることも大切です。

早く部室に行き、2人でキスをすることもよいですが、恋愛に夢中になりすぎず、恋愛パワーで部活もしっかりとこなして、充実した生活を過ごしていきましょう。

使われていない空き教室

使われていない空き教室も、おすすめのキススポットになります。誰もいないので、人目を気にせず行うことができ、普通のキスではなくディープができる率も高くなります。しかし、通りすがりの生徒もいるので、目立つ場所ではなく、さらに隠れて行うことがポイントです。

学校が締まる時間帯になると、先生が見回りにくるので要注意です。空き教室は、タイミングを見ながら活用できるキススポットになるので、思いきって活用してみることもよいでしょう。普段使われていない教室でも、稀に使うときがあるかもしれないので、常に使われていない教室かどうかを、確認しておくことも大切です。

高校生カップルがキスをするときの注意点

写真に撮られないようにする

高校生カップルが、キスをするときに注意しなければならないことがあります。写真に撮られてしまうと、ネット上にアップされてしまう可能性があるので、写真に撮られないようにしましょう。最近ではネットにアップする方が多く、2人の関係を世に知らしめることになり、お互いに傷ついてしまう結果になります。

写真を撮られても、2人の絆は壊れたりしないと強気で思っていても、現実は崩れやすく傷ついてしまうこともあるので、写真に撮られないようにくれぐれも注意しましょう。写真に撮る方も悪いですが、撮られる方も悪いので、キスをするときの環境を見極めて、行うようにしましょう。

安易に動画を投稿したりしない

安易に動画を投稿してしまうと、2人の関係が公となり、交際が続けにくくなる原因になるだけではなく、破局するケースも多いです。動画の内容にもよりますが、安易に動画や写真を投稿しないように心がけていきましょう。

2人の関係を知ってもらいたい気持ちは分かりますが、ひがみや妬みとして感じる方もいることを忘れてはいけません。誰もが純粋な気持ちで、共感してくれているとは限らないので、責任のある行動をして、2人の関係を守っていきましょう。後で後悔する結果になってしまうので、内容を考えた上で、安心できるものを投稿するようにしましょう。

プリクラではしない

プリクラも、写真として形に残るものです。気軽にシール感覚で貼ることができますが、人に渡せるシールではなく、2人だけの大切な思い出としてしまっておくことが大切です。プリクラは形として残り、魅力的に感じますが、プリクラを見て、関係を知られてしまうケースも少なくありません。

自分の部屋に親が出入りしている環境であれば、バレる確率も高くなってしまうので、プリクラでキスすることはNGにしましょう。顔だけ普通に撮れていれば、堂々と飾ることができるので、普通に撮ることをおすすめします。キスは写真で形に残したい方は、自分のスマホで撮り、自分だけしか見られないようにしておくとよいでしょう。

家族に見られないように気をつける

家族に見られないように注意することも大切です。特に、自宅に連れてきたときは要注意です。どのタイミングで部屋に入ってくるのか分からないので、あらかじめ飲み物やお菓子などは自分で取りに行き、用意しておくことが大切です。

用事があるときはノックをするなど、注意を呼びかけましょう。しかし、下に兄弟や姉妹がいると、突然部屋に入ってくる可能性があるので、家に誰もいないときを見計らって招待することもよい方法です。キスしている写真を残していると、バレるきっかけになるので、内緒にしておきたいことは、見えないところに隠しておくことも大切です。

高校生がキスをするときのコツ

ハグなどのスキンシップをとる

高校生がキスをするときは、まだ慣れていないこともあり、自然に行いにくく緊張してしまう人は多いです。しかし、ハグなどのスキンシップをとると、自然にキスがしやすい雰囲気になり、違和感なく自然な流れで、キスを行うことができます。

相手とキスをするときに、緊張してしまう場合は、ハグをしてからキスをするという流れで行ってみましょう。相手も、自然にムードよくできるので、不快に感じることはありません。しかし、毎回同じになってしまうと飽きてしまうので、違った方法を考え工夫して行ってみましょう。ちなみにスキンシップは、度が過ぎないように、軽く体に触れる位がよいです。

しっかりと口臭ケアをする

高校生でも、しっかりと口臭ケアを行うことが大切です。大人になると、口臭が気になる人が多いのですが、高校生でも虫歯で口臭がある方もたくさんいます。キスをするしないに関わらず、常に口臭ケアを習慣づけておくことで、口内環境をよくすることができ、いつも爽やかな香りを保つことができ、清潔感が出てきます。

キスする予定があると明確に分かれば、念入りに行いましょう。香りはとても大切で、キスのムードをよくしてくれます。口臭が気になると、キスまで至らずに、関係も壊れてしまう可能性も高くなるので、口臭ケアはしっかりと行いましょう。食べた後は、きちんと歯磨きをすることが基本なので、普段からのケアも大切です。

お互いを思いやる気持ちを持つ

お互いに思いやる気持ちを持つことで、2人の関係は深まり、キスをしやすい雰囲気を作り出すことができます。普段から思いやる気持ちで接することで、お互いに惹かれ合う気持ちが高まり、キスしたい気持ちをキープすることができます。

キスをしているときも、相手に嫌じゃないかどうかを聞くなどして、相手に対する思いやりとやさしさを表現していくことが大切です。お互いに思いやる気持ちを持てると、もっと一緒に居たいと思える関係を築き上げることができます。高校生でも、関係を深め合うことができるので、大人よりも深く、純粋な恋愛をすることができるのです。

高校生のキスは大人への第一歩と考えよう

高校生のキスは、大人への第一歩として考えるようにしましょう。親にとっては、子供の行動が気になるところですが、注意しなければならないことを警告しておき、子供を信じて見守ることが大切です。体は大人でも、判断力や感情のコントロールは子供のままです。

いかに表現するかなど、実際に行うことで、大人へと成長していくことができるのですから、やさしく見守っていきましょう。子供が悩みを持ちかけてきたら、きちんと向き合い、よい答えを導きやすくサポートをしてあげることが大切です。

どんどん大人へと成長していく姿を見ると、切ない気持ちになりますが、いろいろ悩む子供のサポートをすることが親としての役割です。自分ができるアドバイスをして、よい大人になれるように応援してあげましょう。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル