小顔クリームの選び方。成分や種類別の特徴を知って内側からケアを

小顔クリームの選び方。成分や種類別の特徴を知って内側からケアを

2017.09.30 / すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

丸顔だと、全体的に引き締まった印象になりにくいのが悩みどころ。顔が小さく見えるメイクや髪型もいいけれど、肌の内側からケアできる、小顔クリームを試してみませんか。選ぶポイントや注意点、成分の特徴などをチェックしていきましょう。

小顔クリームを選ぶポイント

小顔クリームはやや固めのものを選ぶ

マッサージすることでより効果が出るものが多い小顔クリームは、やや固いテクスチャーが望ましいです。柔らかいクリームでマッサージをすると、摩擦から肌を守る力が弱く、ダメージがそのまま肌に伝わってしまいます。

マッサージは「摩擦」ではなく、肌に「圧迫」を与えることが重要。しっかり圧迫することで血行の改善、ひいては新陳代謝を促すのです。小顔クリームは固めかつ、使用中にへたりにくいものを選び、肌を保護しながらケアしましょう。

クリームはたっぷりと使う

摩擦から肌を守るためにも、小顔クリームを使うときはケチらずにたっぷり使ってください。効果の薄い方法を長く続けていてもあまり意味がありません。クリームが足りず摩擦がひどいと、むしろ肌へのダメージになります。

小顔効果を狙うなら、パッケージに記載された使用法や使用量を守り、少ない量をちまちまと塗り込むようなことはしないようにしましょう。

短期間でフェイスラインが引き締まれば、クリームにかかる出費も抑えることができます。惜しみなくきちんと使ったほうが、トータルのコストが下がる可能性もあるのです。クリームを選ぶ際には、値段と容量を考慮に入れて検討してみてください。

小顔マッサージと一緒に行うのがおすすめ

さまざまな有効成分が含まれていて期待が高まる小顔クリームですが、ただ塗り込むだけより、マッサージを取り入れたほうが効果的です。血行を良くする、リンパを流す、顔色を良くするなど、小顔に有効なマッサージ方法がたくさんあります。小顔に効くツボも、いろいろなサイトや書籍で紹介されています。

マッサージクリームと銘打たれた商品など、リフトアップや血行改善が期待できるクリームを探してみましょう。クレンジングやスクラブでもマッサージができるものもあるので、商品説明をよく読んで使いやすいものを見つけてください。

クリームは顔の循環を活発にしてから使おう

せっかくのクリームの効果を最大限引き出すため、下準備をしてから使用しましょう。顔の血行を良くして、クリームの成分を行き渡りやすくします。ケアの前にホットタオルで顔を温め、毛細血管を開いておきましょう。

また、お風呂で使えるタイプのクリームを選ぶと、身体が温まり血液やリンパの流れが良くなっているときにケアすることができます。クレンジングタイプや、洗顔後に使用できる洗い流すタイプがよいでしょう。お風呂上りに就寝前のスペシャルケアとして使用する、ナイトクリームタイプもおすすめです。

クリームは水に弱いため湿気には注意

クリームタイプの化粧品は湿気を嫌います。濡れた手で使って水気を混入させたり、浴室や脱衣所に置きっぱなしにしたりすると、クリームが水で柔らかくなり、劣化を早めてしまいます。湿気は雑菌の繁殖を活発にして、肌荒れの原因になる恐れも。

原則として化粧品は、直射日光の当たらない、風通しのよい涼しい場所に保管してください。清潔な手やスパチュラで必要な分だけ取り出し、使用後はしっかりとキャップをして密閉、元の場所に戻すようにします。

大容量のクリームは便利ですが、置き場所に困るようなら適当なサイズを選びましょう。使い方や保管場所に注意してください。

小顔クリームの効果が出やすい個所と出にくい個所

効果がわかるのは頬やフェイスライン

小顔クリームの効果が一見してわかりやすいのは、頬やフェイスラインです。頬のたるみや輪郭の衰えは、顔の広範囲かつ全体の印象に影響しやすいので、少しでも改善するとすぐに実感できる箇所なのです。

逆にいえば、頬やフェイスラインがちょっとでもたるんでいると、輪郭がぼんやりとして顔が大きく見えてしまいがちに。小顔クリームを上手に活用したいものです。

効果がわかりにくいのは顎や目元

いまいち変化を実感しにくいのが、顎や目元。顔の中でも皮膚が薄く、肉が付きにくい場所です。そのためもともとたるみが出にくい場所でもあるので、小顔クリームによる効果はうるおいや美白など、たるみ以外の部分で感じることが多いでしょう。

また、皮膚が薄い=デリケートなところなので、マッサージも控えめに行ったほうが無難です。「目元は避けるように」と注意書きされているクリームやスクラブもあります。目元の引き締めには、専用のアイクリームなどを使用したほうがよさそうです。

小顔クリームの使い過ぎは頬骨が目立つ原因にもなる

効果がでるまで毎日使い続けていると、思わぬ弊害が出ることも。頬が引き締まってすっきりしてきたはいいけれど、これまで隠れていた頬骨が目立つようになってしまった、という話を聞きます。マッサージのやり過ぎも、こうした「ガイコツ化」を招くことがあるとか。

小顔クリームを継続して使うのは間違いではありません。顔は毎日重力に耐えてがんばっているので、適切な頻度で続けることは大切です。ただしキレイな小顔効果を維持するなら、数日置きの使用をおすすめします。

惰性や義務感でやるのではなく、自分の顔の状態を注意深く観察しながらケアしましょう。

種類別の小顔クリームの特徴

メイク落としの特徴

マッサージしながらクレンジングすることで小顔を目指します。汚れをすっきり洗い落とし、角質ケアをしながらトリートメントやパックの効果もある、といったオールインワンタイプが多く、ダブル洗顔が不要な場合も。

ふきとりと洗い流し両用なものも多いので、自分の生活スタイルに合わせて使いやすい方法を選べるのもメリットです。

美容液配合の特徴

美容液を配合した美容クリームやジェルとして売られていて、マッサージにも使えるという商品もあります。適量を手にとって顔にじっくりとなじませることで、美容成分が毛穴や角層まで浸透して、肌のキメを整えます。

肌荒れや毛穴の開きなどが気になる場合に美容液タイプを選べば、肌悩みをケアしつつ小顔を目指せます。美容液にもいろんな種類があって、エイジングケアに特化したものや美白効果のあるもの、肌の引き締めを目的としたものなど、じつにさまざまです。自分の欲しい効果を選びましょう。

マッサージが主体の小顔クリームの特徴

固めのテクスチャーで、肌に極力摩擦が起きにくくなっているのがマッサージクリームの特徴です。素敵な香りでリラックスできるものが多く、顔の凝りをほぐして血行を改善させる狙いもあります。

独自の技術でマッサージによる肌ダメージを軽減させているものや、その他付加価値をプラスしているものなど、内容は多種多様。パックと並び、多くが夜のスペシャルケアとして位置づけられています。

保湿剤配合の特徴

コラーゲンやセラミド、エラスチンなどの保湿剤が配合されているクリームには、パックのような機能が。なじませたりマッサージしたりしている間に、肌の奥、角質層まで保湿成分が浸透して、肌を引き締め、キメを整えます。

毛穴の開きや、ハリ不足によるたるみの改善に効果があります。もちろん乾燥対策にも有効なので、小顔と一緒にうるおいが欲しいなら、保湿成分を要チェックです。

スクラブの特徴

細かい粒子が入ったスクラブは、マッサージをより効果的にしてくれます。本来の角質除去や毛穴詰まり解消といった働きと一緒に、小顔のための血行促進やむくみ改善にも役立ちます。

極端に肌が弱い敏感肌でないなら、ピーリングと小顔マッサージを同時にしてみてはどうでしょう。肌がワントーン明るくなって手触りはツルツル、血行も良くなり顔色も健康的になれます。余計な水分を押し流し、新陳代謝を活性化して、むくみにくい肌へ。

香りやテクスチャーは商品によってそれぞれ違うので、お気に入りを探しましょう。

小顔クリームの配合成分別の主な効果

植物由来成分配合のものはリンパを流す

排出した老廃物を回収してくれる、リンパ管の流れ。滞ると老廃物のほか、疲労物質や余計な水分などが肌に溜まり、むくみやすくなって丸顔に見えてしまいます。

植物由来の成分には、リンパや血液の流れを正常に戻す「循環改善作用」があります。丸顔の原因が、どうもむくんでいるようだと感じたら、天然の植物由来成分が配合された小顔クリームを使ってみましょう。むくみがとれてすっきりすれば、フェイスラインもはっきりします。

ビタミンC配合のものは肌を殺菌する

衛生的でない環境は、肌にとって脅威。軽い炎症を起こし、全体的に野暮ったい印象になっている可能性もあります。そこで有効なのがビタミンCです。殺菌作用があり、ニキビの原因となるアクネ菌やマラセチア菌の殺菌効果も期待できます。

他にもビタミンCには、抗酸化作用、抗炎症作用、皮脂分泌抑制作用、コラーゲン生成促進など、美肌になるために必要な働きがたくさんあります。ハリのある健やかな肌を目指すには、ビタミンC入りのクリームがよいでしょう。

浸透しやすく肌の奥に届きやすい、ビタミンC誘導体が配合されたものがおすすめです。

セラミドやヒアルロン酸配合のものはハリを与える

コラーゲンをつなぎ留める役割のあるセラミド、保水力のあるヒアルロン酸はハリに効果大。うるおい不足でたるんでしまいがちなフェイスラインを引き締めることで、小顔に見せることができます。

キメの乱れやたるみによる丸顔には、ハリ対策に強い成分が配合されたクリームを選んでみてください。ハリが生むリフトアップ効果により、フェイスラインや頬のたるみが改善し、顔が小さく見えます。

アミノ酸配合のものは保湿効果がある

アミノ酸には高い保湿効果があり、分子が細かいため角質層へ浸透しやすいという特徴があります。また石油系の成分より低刺激で、敏感肌でも使いやすいのがメリットです。

アミノ酸は、商品の成分表示を一見しただけではわかりません。化粧品に含まれるアミノ酸系の添加物としては、グリシン、メチルタウリン、サルコシンなどがあります。見慣れない成分があったときは名前を検索して、少しでも調べてみると安心です。

肌が弱く新しい化粧品に不安がある場合、そしてマッサージの刺激が心配で少しでもうるおいが欲しい場合、小顔クリームを探す際にはアミノ酸系の成分を気にしてみましょう。

有機ゲルマニウム配合のものは細胞を活性化させる

有機ゲルマニウムには、体内に酵素を循環させる働きがあり、細胞を元気にしてくれます。肌細胞が活性化されると、保水力が高まりバリア機能が維持されるほか、ハリやツヤが生まれて肌が整います。肌荒れの回復を早める作用も期待できるため、アンチエイジングにも有効とされます。

肌の内側からケアできて、肌本来の力を引き出す。有機ゲルマニウム配合の小顔クリームは、リフトアップ効果が実感できると定評があります。年齢肌によるフェイスラインの衰えに、ぜひ選んでみてください。

ちなみに、人体に有害な「無機ゲルマニウム」とは別物です。

おすすめの小顔クリーム商品

モテ肌+小顔の1本2役!新発想のナイトクリーム【おやすみ中のご褒美】

超保湿と引き締めの2の効果を凝縮したナイトクリームです。ベタベタせずさっぱりとしたつけ心地で、寝る前に塗るだけで洗い流しは不要です。

美容成分・保湿成分を贅沢に使用しているだけでなく、軽くマッサージするだけでリンパの血流を促進しながら老廃物を除去する効果のある成分を配合。
顔色の良好さ、肌のハリや潤い、スッキリとしたフェイスラインという効果が翌朝実感できます。

通常価格は5200円+税ですが初回限定で税別980円送料無料です。

D.U.O. ザ クレンジングバーム

クレンジング、洗顔、角質ケア、マッサージ、トリートメントの5つの効果がある、W洗顔不要のクレンジングバーム。固形のバームを肌に乗せると、「毛穴クリアカプセル」がとろけて馴染み、メイクや汚れ、古い角質をすっきり落とします。

クリアカプセルがクッションの役割をして摩擦を軽減するので、マッサージクリームとしても有能。リラックスできるローズ精油の香りです。

Grace&Lucere Simius ホワイトニングリフトケアジェル

化粧水、乳液、美容液、パックやマッサージまで、計10役をこなすオールインワンジェルです。コラーゲンとシコンエキスがうるおいを与え、さらに美白有効成分プラセンタを配合しシミ対策もばっちり。

マッサージに適した層と美白の層、2層のジェルを構成する「ダブルクリスタル製法」で粘弾性が増し、マッサージクリームの機能がアップ。シミ対策に特化した、マッサージ用のホワイトニングリフトケアジェルです。

LITS(リッツ) リバイバルステム7

保湿やツヤをはじめ、弾力やハリなど7つの肌悩みに効く美容クリームです。保湿成分として7つの植物幹細胞由来成分を配合。水分と油分を補給して、柔らかくみずみずしい肌を作るためのエイジングケアをサポートします。伸びのいいクリームだから、マッサージにも使用可能です。

D.U.O. ザ クレンジングバーム クリア

独自のナノマトリクス構造でクレンジング、洗顔、角質ケア、マッサージ、トリートメントの5役をこれ1つで。毛穴よりも小さい「毛穴クリアカプセル」が汚れを落とすので、スクラブやピーリング剤がなくても毛穴と角質のケアが完了します。クリアカプセルがクッションになって、マッサージもスムーズ。

洗浄と同時に31種類の美容成分が角質層まで浸透し、うるおいをキープ。グレープフルーツ精油の香りがさわやかな、とろけるテクスチャーのクレンジングバームです。同ラインの「ザ クレンジングバーム」より軽い使用感で、より毛穴ケアに特化しています。

シェルクルール ベーシッククリーム

低刺激性であらゆる肌トラブルに対応してくれる「ナチュレポウ」シリーズから、天然オイルが中心のクレンジングです。メイクや汚れをしっかり落とし、クリームタイプだから洗い上がりはしっとりしなやか。マッサージクリームとしても使用可能。肌本来の美しさを引き出します。

SKINFOOD(スキンフード) ブラックシュガー マスクウォッシュオフ

オーガニックの黒糖を配合した、洗い流すタイプのスクラブ入りマスク。ミネラルやビタミンが豊富な黒糖の力で肌を柔らかくし、古い角質をオフしてザラザラを改善します。ツルツルの手触りとワントーン明るい素肌があなたのものに。つぶつぶスクラブがマッサージ効果を高めてくれる、ブラックシュガーマスクです。

RAFRA(ラフラ) バームオレンジ

“美容液で洗う”がコンセプトのホットクレンジングバーム。洗顔、温感マッサージ、メイク落とし、角質ケア、美容パックの5つの機能がひとつになっているから、W洗顔は不要です。肌にストレスのかからない柔らかいバームで汚れをやさしく落とし、肌に必要なうるおいを与えます。

水分が蒸発しない設計で、湯船に浸かりながらでも肌を保護しつつ、じっくりとマッサージできます。

コスメデコルテ AQ MW マッサージクリーム

日々蓄積される肌の疲れとコリに、深くアプローチするマッサージクリームです。保湿成分ムチンソームとサッカロミセス配合で、肌のゆがみや表情グセにまで届く、コクのあるエンジンケアを。魅惑のビャクダンの香りに癒されます。夜の洗顔後のスペシャルケアとしてぜひ。

LITS(リッツ) リバイバル ゴールデンナイトジェリーEX

就寝前、スキンケアの最後に使用する夜用美容ジェリー。クリームのコクとジェルのみずみずしさを兼ね備え、うるおい溢れるハリ肌へ導きます。植物の力で角質層をうるおし、目元のクマ対策も。リフトアップ効果のある形状記憶クリームジェリーです。

SK-II フェイシャル トリートメント マッサージ クリーム

顔全体から首筋、デコルテのマッサージに使えるクリームです。血液の循環を改善して、肌のキメを整える効果が。血のめぐりが良くなることでゴワつきやザラつき、くすみ、たるみなど、あらゆる肌悩みの解消につながります。洗顔後の使用で、ふきとり&洗い流し可。

クリニーク セブンデイ スクラブ クリーム リンス オフ フォーミュラ

粒子スクラブによるピーリング効果で角質のケアができるスクラブです。仕上がりはツルツル、翌朝はふっくら肌。クレンジングのあとに、スクラブで顔をクルクルと指でマッサージしてからオフして、あとはふつうに洗顔するだけ。程よい刺激が、肌をすっきりさせてくれます。

レチノタイム クレンジング&マッサージクリーム EX

ふきとり、洗い流しのどちらもOKなクレンジングクリーム。ハリ感が生まれ、毛穴パウダーが毛穴の奥のメイク汚れもすっきり落とします。血液の循環を改善するマッサージ効果で、引き締まった明るい肌を実現。小顔マッサージをしながらメイクも落とせる優れものです。

小顔クリームを上手に使って顔の印象を変えよう

一口に小顔クリームといっても、その成分や効能、タイプはじつにさまざま。まずはしっかりと情報を集め、自分にとって使いやすい商品を探してみてください。

丸顔が引き締まれば、輪郭だけでなく全体的な印象が変わります。クリームをうまく活用して、すっきりとした小顔を目指しましょう。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル