あごのリンパがはれるのは肩こりのせい?原因を知り悩みを解消しよう

あごのリンパがはれるのは肩こりのせい?原因を知り悩みを解消しよう

2017.09.28 / すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

デスクに張り付いてパソコンで仕事をしていると、首や肩こりで疲れを感じるもの。実は、その疲れが原因であごの周りのリンパが腫れてしまうことがあります。あごまわりを流れるリンパの種類や腫れの原因を知りスッキリしたフェイスラインを手に入れましょう。

あごの周りのリンパ節の種類

内顎静脈にある上深顎リンパ節

上深顎リンパ節はあご先から耳の方へ上がった上部のあごにあります。下あごと耳の下の境目になっているところというとわかりやすいでしょう。顎下リンパ節の上部、後頭リンパ節のより少し上顔中心部よりになります。

喉の左右にある扁桃リンパ節

扁桃リンパ節は口内の扁桃がある部分のすぐ近くにあるくぼみを指します。扁桃線はのどの入り口付近にあるので、その左右に扁桃腺に並ぶようにして位置しています。扁桃リンパ節は上深顎リンパ節へとつながっていて、位置としては下あごの左右角ばっているところのすぐ内側にあたります。

あごのラインの下にある顎下リンパ節

上深顎リンパ節よりあごの先端側にあるのが顎下リンパ節です。下あごの骨を触ると少し角ばっているところがあ理、その尖っている骨の少し内側の部分が顎下リンパ節にあたります。

あごの先端の下にあるオトガイ下リンパ節

下あごの先端にあるのがオトガイ下リンパ節で、下あごの先端部分には骨があります。その骨のすぐ内側にあるくぼみがオトガイ下リンパ節です。

あごのリンパ腺がはれて痛い原因

炎症を引き起こす歯痛

通常の虫歯では、リンパが腫れて痛みをもつことはまれです。しかし、抜歯が必要なほど重度な虫歯になってしまった場合に炎症を起こしてしまうことがあります。その場合、結果としてリンパ腺が腫れ、痛みを感じてしまうのです。

対策としては、まずは虫歯にならないよう、日ごろから口内のケアをしておくことが第一です。また、虫歯になってしまった場合でも、長期間放置せずできるだけ早く歯医者へ相談に行くことをおすすめします。また、現状でリンパが腫れて痛い、そして虫歯があるという方はまずは歯医者で相談しましょう。

ウイルスが侵入する風邪

リンパ線にウィルスが侵入してしまい、リンパが腫れる場合があります。風邪の症状と一緒に、リンパの腫れを感じた場合は、このケースに当てはまる場合が多いでしょう。単なる風邪だけでなく、おたふく風邪もリンパや多くの場合、耳の下のリンパ腺が腫れる症状を伴います。おたふく風邪は子供に多く見られる症状ですが、大人になってからも感染する場合は十分にあるので、注意しましょう。

おたふく風邪には流行性耳下腺炎と反復性耳下腺炎の2種類があります。流行性耳下腺炎は、流行によってかかるおたふく風邪です。おたふく風邪はウィルスで感染し流行するので、身近におたふく風邪にかかった人がいた場合には十分に予防・対策をしましょう。反復性耳下腺炎の場合は、一時的な症状で収まる流行性耳下腺炎と異なり、何度も症状が繰り返します。しかし、中学生くらいになると反復の症状は落ち着いてきます。

疲れが溜まる肩こり

肩こりが原因でリンパ腺が腫れ、痛みを伴う場合があります。そもそも肩こりとは、運動不足や筋肉の疲労によって生じる肩のこり、痛みのことです。一般的な肩こりの場合、長時間筋肉を動かさずにいた場合に血液の流れが悪くなることが原因で起こります。

筋肉は長時間同じ状態でいると緊張しつづけるので、疲労を溜めてしまいます。筋肉は疲労がたまると膨張するので、結果として血管を圧迫、血流を悪くしてしまうのです。血流が悪くなると体内のエネルギーがうまく変換されなくなり、乳酸などの老廃物を生み出し、それが痛みの原因となってしまいます。

肩こりによるリンパ腺の痛みを解消するには、筋肉をほぐし血流をよくすることが重要です。しかし、これは肩の筋肉のみを動かせばよいというわけではありません。リンパは全身にめぐっているので、肩こり解消のためには、全身運動をし、全身の筋肉を動かすことが全身の血流をよくするためには効果的です。

あごのリンパ腺にできたしこり

あごの下のリンパ腺にできたしこりが原因で、リンパ腺が腫れてしまい、痛みを伴う場合があります。しこりの原因は風邪、虫歯などによるリンパ腺の腫れからくるものやストレスが原因で起こる場合もあります。しこりは、それらの症状が解消され、リンパ腺の腫れが収まると自然となくなっていくので過剰な心配はいりません。

また、筋肉のこりによってしこりが生じる場合もあります。あごの下の筋肉のこりは眠っている間に激しい歯ぎしりをしてしまうことによって筋肉を酷使してしまった際に起こります。歯ぎしりは無意識的なものが多いので、自覚症状がなく心配になってしまうかもしれません。あごの疲れがひどい、眠っても疲れがとれない、といった場合には歯ぎしりを疑ってみるとよいでしょう。

リンパが風邪ではれたときの治す方法

必要な栄養素を摂取する

風邪を治すには、まずバランスの取れた食事をし、必要な栄養素をとる必要があります。特に風邪の際にはビタミンC,ビタミンAといった栄養素を多く取るとよいといわれています。

ビタミンCが多く含まれている食べ物としては、ピーマンやブロッコリーといった緑黄色野菜、オレンジ、グレープフルーツといった柑橘系のくだものがあります。ビタミンAは特に鼻風邪を伴っている場合には有効です。ビタミンAが多く含まれている食材としてはカボチャ、ニンジンといった緑黄色野菜、どくだみ茶などがあります。それ以外に、抗菌作用の強いタマネギ、ショウガ、ニラなどはどの風邪にも有効です。ショウガは体を温める効果もあるので、積極的に摂取すると良いでしょう。

また、風邪を治すためには体を冷やさないことが重要です。風邪の原因となるウィルスは冷えを好む傾向が強いため、体を冷やしてしまうと、風邪を悪化させてしまうことになります。温かい食べ物を食べることはもちろん、飲み物で体を冷やしてしまう場合も多いので注意が必要です。

免疫力を回復させる

風邪でリンパ腺が腫れるのは、風邪のウィルスにリンパが対抗している印です。そのため、リンパ腺の腫れを治すには免疫力を回復させる必要があります。免疫力を高めるには、まず栄養バランスの良い食事をとること。風邪のときはもちろん、普段から栄養バランスには意識して食生活を送るようにしましょう。

特に免疫力を高める上で重要なのは、たんぱく質をたくさん摂ることです。魚、肉、卵、大豆、牛乳など、たんぱく質を豊富に含む製品を積極的に摂りましょう。食事の他には、睡眠と運動も免疫力を高める上では欠かせません。十分な睡眠と適度な運動が丈夫な体を作ります。

リンパの流れをよくする

リンパ腺が腫れて痛いときは、リンパの流れをよくして症状を和らげるとよいでしょう。しかし、リンパが腫れてしまっているときにマッサージをするのは逆効果になりかねません。風邪の場合はウィルスによって腫れているので、ウィルスを体内に広げてしまう原因にもなります。こまめに水分をとる方法でリンパの流れをよくしましょう。

「美健めぐりんぱ」は加齢と共に毛細血管が消えてしまう「ゴースト血管化」を回復・復活させるために必要な美容酵素「Tie2(タイツー)」を 活性化させる 「ヒハツ」が配合されているサプリメントです。

毛細血管は年を重ねると共に衰えていき数が減少していきます。その結果、血のめぐりや代謝が悪くなっていくことも。「美健めぐりんぱ」は体の内側から代謝をサポートします。

一般的な生姜に比べて体の温め力4倍と言われる「金時生姜」自律神経の乱れを調整する働きがあるサポニン成分を含む「高麗人参」肌のメラニン生成を抑える成分シナクロピンが含まれていて、西洋ではハーブとして使用されている「アーティチョーク」、血の流れを良くして、コリをほぐす効能があるアントシアニンと呼ばれるポリフェノールが豊富に含まれている「カシス」。これら5つの成分をバランスよく配合しています。

現在、1袋30粒で通常価格3,800円(税別)が、初回980円(税込)で購入ができる限定コースを実施中です。代謝が悪い、むくみで悩んでいる方はぜひ試してみてください。

湿布などで熱を冷やして炎症を鎮める

リンパ腺の腫れによる痛みを和らげるためには、冷やすことが効果的です。リンパが腫れてしまっている場合、炎症を起こし、熱を持ってしまっていることが多いです。炎症を鎮めるために、湿布や氷などを用いて冷やすことで痛みが和らぐ場合があります。

あごのリンパが痛いときは内科か耳鼻科へ

リンパの腫れによる痛みがひどいときには、早めに病院へ行き、専門の医師に診てもらうのがよいでしょう。原因が風邪と明確な場合には、通常の風邪と同じくまずは内科を受診します。リンパの腫れの原因は耳や鼻、喉などが原因の場合も多いので、症状によっては、耳鼻科への受診が必要な場合もあります。

リンパが肩こりではれたときの治す方法

姿勢正しく座る

肩こりは同じ姿勢で長時間座っている場合に、筋肉が疲労し起こります。特に姿勢が悪く、猫背になっていると首に負担が大きくかかってしまい、ひどい肩こりの原因となります。まずは、姿勢を正し、肩こりの原因を作らないようにしましょう。

首や肩に溜まったリンパを流す

長時間同じ姿勢でいることが原因で、リンパが流れずらくなり、首や肩周りなどで流れが悪くなってしまいます。リンパの流れをよくしてあげることで、肩こりの痛みを解消することができます。首や肩周りにあるリンパ腺に沿ってマッサージをするとよいです。

疲れた時に溜まる乳酸を除去する

筋肉が疲れたときに溜まる乳酸が肩こりの原因となるといわれています。乳酸は筋肉が運動したときにでき、筋肉中に溜まることで疲労感やだるさを感じさせる物質です。乳酸を除去するには、クエン酸を含むかんきつ類などの食材をとることが効果的です。

身体を温める

肩こりは身体を温めて、血行をよくすることで和らげることができます。手軽な方法としては、蒸しタオルで肩周りを温めたり、入浴によって身体を温めるなどがあります。肩こりによる痛みがひどい場合などには温めることで悪化させてしまう場合もあるので、注意が必要です。

首のはれを解消するリンパマッサージ

入浴中や入浴後が効果的

リンパマッサージは身体が温まり、血行がよくなっている入浴中や入浴後がおすすめです。身体が冷えていて、リンパ腺の流れも悪い時にマッサージをしても効果的ではありません。入浴中、入浴後に時間が取れない方は、寝る前などのリラックスタイムに行うとよいでしょう。

水の摂取やマッサージオイルの使用が効果的

リンパマッサージをより効果的にするためには、マッサージの前に水を摂取しておくとよいでしょう。水分を多めに体内に摂取しておくことで、リンパの流れをスムーズにすることができます。また、マッサージオイルの使用も効果的です。マッサージがしやすくなるだけでなく、リラックス効果も期待できます。

首のリンパマッサージのやり方

1.手の平の固いところを使う

首のリンパマッサージは手の平を使って行います。手の平の固いところを使ってリンパを押し流すようにするとよいでしょう。首回りのリンパは皮膚の近い場所にあるので強い力で押す必要はありません。軽く触れる程度の圧力で十分です。

2. 時計回りに、反対側の鎖骨の上をマッサージする

首のリンパ節は鎖骨に沿うようにして流れています。鎖骨の上をなぞるようにマッサージしましょう。リンパの流れに沿って、時計周りに。

3. 反対側も行う

片側の鎖骨に沿ってマッサージを行ったら、次は反対側の鎖骨も同じようにします。リンパは両側の鎖骨あたりに流れているので、どちらも同じようにマッサージするのがコツです。

二重あごの原因について知ろう

あごの筋肉が衰えてきたとき

あごの筋肉が衰えてくると二重あごになってしまいます。あごの筋肉は、食事のときに?む回数が少なかったり、柔らかいものばかりを食べていると衰えてしまいます。意識的にあごの筋肉を動かす回数を増やすようにしましょう。

リンパに老廃物などが滞ったとき

リンパに老廃物が溜まると、むくみの原因となり、二重あごにつながります。あご周りのリンパをマッサージして流れをよくするようにしましょう。リンパマッサージは日ごろから続けることが重要です。

姿勢が悪くなったとき

姿勢が悪くなると、首に負担がかかってしまいます。その結果、あご周りの筋肉が弱ってしまい、二重あごに繋がります。長時間同じ姿勢でいないようにしたり、猫背にならないようにするなどの注意が必要です。

体重が増量したとき

体重が増加してあご周りに脂肪がついてしまうと二重あごにつながります。脂肪を落とすには、ダイエットやあご周りのマッサージなどが効果的です。

二重あごを解消するリンパマッサージ

しゃもじを使った方法

あごのリンパをマッサージするにはしゃもじを使うのが有効です。しゃもじのカーブしている上の部分を使い、あごを中心からエラの方に向かってマッサージしていきます。内側に押し込むようにマッサージするとよいでしょう。

二重顎のリンパマッサージの方法

二重あごにはリンパマッサージも効果的です。リンパマッサージはお風呂上りなど身体が温まっているときに、オイルやクリームを使って行いましょう。あごの中心から外側に向かってマッサージします。このとき、必ず内側から外側に向かってマッサージすることが重要です。

リンパマッサージを避けた方が良いとき

リンパマッサージを避けた方がよいときもあります。リンパが腫れているとき、体調が悪いときにはリンパマッサージをしないようにしましょう。よけいに悪化させてしまう原因になる恐れがあります。

あごのリンパの流れをよくしてすっきりした笑顔に

あごのリンパの流れをよくすることで、顔まわりをすっきりさせることができます。リンパマッサージは、他の顔の部位や手・足などでも応用できる点もあるので、試してみるといいですね。あごがすっきりすると笑顔も素敵に見えるでしょう。

リンパのトラブルの原因を知り、すっきりしたフェイスラインを手に入れましょう。すべてをやろうとすると大変ですが、まずはできるところからはじめてみることが大切。リンパケアは少しづつで毎日やることが効果的です。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル