食事制限なしのダイエットで痩せやすい体になるための秘訣とは

食事制限なしのダイエットで痩せやすい体になるための秘訣とは

2017.09.06 / すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

食べることが好きで、食事制限があるダイエットは、失敗ばかりを繰り返している人も多くいます。できれば、食事制限がないダイエットで痩せたいけど、方法がわからないという人におすすめの、食事制限がないダイエット方法をお伝えします。

 

食事制限をしないダイエットのメリット

空腹のストレスが溜まらない

食事制限がないダイエットの最大のメリットは、空腹のストレスが溜まらないことにあります。食事を制限するダイエットは、好きなものが食べられないというストレスで、続かなくなってしまうことも多くあります。偏った食事制限がないダイエットなら、空腹で辛いということがなく自分のペースで続けられるでしょう。

ダイエット後もリバウンドしにくい

食事制限をしないダイエットは、確実に痩せる体質に向かうことが目的なので、ダイエット後のリバウンドを防ぐことができるといわれています。運動や、食事のバランスを考えて行うダイエットは、継続することで体型を維持できるような生活習慣に変えていけます。

太りにくい体質になる

極端な食事制限をするダイエットは、痩せたとしても一時的なもので、同じような食生活にもどれば、逆に太りやすい体になってしまう場合もあります。これは、食事制限によるダイエットで、脂肪ではなく筋肉が落ちてしまうため、以前より太る体質になる可能性があるのです。

食事制限のないダイエットは、筋肉を落とさずに、脂肪を減らすダイエットなので、太りにくい体質に近づけます。脂肪を落として、痩せやすい体づくりが目的のダイエットです。

食事制限をしないダイエットのデメリット

短期間での成果は見込めない

食事制限なしのダイエットのデメリットは、短期間では効果が望めないという点です。運動を組み合わせることで、効果をもたらすダイエットにつながります。そのため、短期間で痩せたい人には向きません。ゆっくりと長期的なスタンスで、ダイエットを行う必要があるのです。

普段より食べ過ぎると失敗する

食事制限がないとはいえ、いつもよりたくさん食べてしまっては、ダイエットにつながりません。食事制限はありませんが、ダイエットに効果のあるバランスのよい食事や、適量などを守ることで痩せやすい体質につながるのです。

諦めない精神力が必要

偏った食事制限はありませんが、運動や食べ方などの日常の習慣を見直すことで、痩せやすい体づくりができるダイエットです。そのため、長期的に継続をする地道さが必要となります。目に見える結果が出るまで、時間がかかります。根気を持って、強い意志で続けることが大切です。

食事制限なしで痩せるための簡単ストレッチ

まっすぐ立つだけでインナーマッスルを鍛える

食事制限なしで痩せやすい体作りをするために、姿勢を正すことで簡単なストレッチになります。普段の生活から心掛けるようにすることが大切です。時間があるときに、やっておきたいストレッチは、壁に背中を付けて背筋を伸ばします。

その際に、つま先を少し広げてください。壁に、肩・頭・お尻・ふくらはぎ・かかとを付けて立ちます。お腹とお尻に力を入れて、壁との間に隙間を入れないようにしましょう。これだけのことですが、インナーマッスルを使うストレッチになるので、継続することによってダイエット効果につながります。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
腰のストレッチで腰痛予防?インナーマッスルを鍛えて健康な体へ 

枕を腰の下に置いて骨盤の歪みをとる

枕を腰の下に敷いて、骨盤の歪みを矯正するストレッチもおすすめです。骨盤の歪みは、ダイエットだけでなく健康にも影響します。骨盤の歪みを整えることは、体内から健康体に変えていく効果が期待できます。骨盤矯正の簡単ストレッチは、仰向けに寝た状態でおへその裏側にある骨盤のところに枕を敷きます。

両足の親指、手を伸ばした状態で小指を付けて、お腹をへこませて5分間キープします。骨盤枕は、タオルを使って作ることができます。バスタオルを二枚使ってグルグル巻きにして結ぶだけで出来ます。自宅にあるものを使ってできるので、取り入れやすいストレッチとなります。

お腹にひねりをくわえてくびれを作る

お腹にくびれを作るためには、お腹にある腹斜筋や腹横筋を鍛える必要があります。これらの筋肉を鍛えることにより、くびれに効果的といわれています。寝る前におすすめな簡単ストレッチの方法は、仰向けに寝て両手を広げます。

両足を揃えて足を上に上げて、ゆっくりと右に倒し、床スレスレで止めます。足を戻して、左も同様に行います。これが、下半身をひねるストレッチになります。そして、立ったままでできる簡単ストレッチもあります。

これは、足を肩幅くらいに広げて立ち、胸の前で手を合わせて上半身を右にひねります。真ん中に戻したら、左も同じようにひねりを加えます。左右10回ずつ行います。ストレッチを行う際に、下半身を固定して動かさないようにすることが大切です。普段の生活の中で、手軽に行えるので便利です。

食事制限なしでも痩せる簡単な筋トレ

お腹をへこませるだけのドローイン

お腹をへこませる運動の「ドローイン」は、ゆっくりと空気を吸い込みながらお腹を膨らませて、ゆっくりと息を吐きながらお腹をへこませていく運動です。これは、お腹をへこませる運動のひとつで、ポイントは息を吐くときに背中とお腹をくっつけるイメージで行うことです。

ドローインは、単純な運動に見えますが、継続をすることによって、インナーマッスルを鍛えられる体幹トレーニングになります。腹斜筋や、横腹筋などのインナーマッスルが他の腹筋を支え、内臓もしっかりと鍛えることができるのです。

うつ伏せで寝たまま腰を浮かすブランク

腹筋に力を入れて、体をまっすぐにする運動の「ブランク」は、腹筋だけでなく背筋なども鍛えることができるストレッチです。うつ伏せに寝て、両腕を曲げ肘を床につけ、上半身を起こします。そして、つま先を立ててお尻を肩の位置と同じ高さまで上げます。これを10秒~30秒間続けて下さい。

このときに、気を付けたいのは床と一直線になることです。背中が反り過ぎないようにすることと、お尻が出過ぎてしまうことに気を付けるようにしてください。そして、腹筋をお腹の方へ引っ張るように心掛けるようにしましょう。

ひねりながら起き上がるツイストクランチ

ひねることで、腹斜筋を刺激し、くびれを作る運動になる「ツイストクランチ」は、お腹やくびれにきくストレッチです。ストレッチを行う際に、腰をしっかりとひねることがポイントです。腹斜筋をメインに鍛えるツイストクランチは、他のストレッチよりもくびれ作りに効果が期待できます。

ツイストクランチの方法は、まず仰向けになり両手を頭の後ろで組みます。そして、足を90度くらいに曲げます。体をねじりながら起き上がり、腰をしっかり右側にひねります。同時に右の膝を内側に入れるようにして、左足を伸ばします。左ひじと右膝を軽く触れるような形にします。

ゆっくりと元に戻して、左右交互に行います。20回くらい繰り返し、慣れてきたら3セット位行うとよいでしょう。

仰向けで腰を浮かすヒップリフト

お尻の筋肉を鍛えるストレッチの「ヒップリフト」は、お尻を集中的に鍛えるトレーニングです。太ももは鍛える必要はないけど、お尻を鍛えたい人におすすめの運動です。ヒップリフトのトレーニング方法は、床に仰向けになり膝を45度に曲げます。

手のひらを下にして、体の横に付け、お尻を締めながら腰を持ち上げていきます。太ももと体が一直線になった時点で、1秒停止します。そのままゆっくりと落としていき、お尻が床に着く直前に再び腰を上げます。これを、10~15回繰り返します。慣れたら、3セット行うのが目安です。

仰向けで手足を動かすアブドミナル

ぽっこりお腹をへこましたい人におすすめの運動は「アブドミナル」です。効果的に下腹部だけを鍛えることができるストレッチなので、女性が気になるお腹のぽっこりを解消につなげてくれる効果が期待できます。ストレッチの方法は、床に仰向けに寝て、膝を曲げます。

お腹の筋肉をリラックスさせておきます。おへそから下腹の部分にかけて、空気を送りこむように鼻からゆっくりと息を吸いこみます。そして、口から空気を吐き出します。気を付けたいのは、お腹をへこまさないようにすることです。20回~30回を目安に慣れたら3セット行うとよいでしょう。

消費カロリーが高いダイエット向けの運動

全身を使う水泳のクロール

全身を使って泳ぐ水泳の「クロール」は、消費カロリーの高さが抜群によいといわれています。クロールの消費カロリーは、1時間泳いで最大で約1300キロカロリーといわれており、他のスポーツや日常では中々難しい数字です。

クロールでダイエットにつなげたい場合は、のんびりと泳ぐことが大切です。クロールは、200m泳いだあたりから脂肪燃焼される状態になります。早く泳ぎ過ぎて体力が続かず、長く泳げなくなってしまうと、脂肪燃焼されない状態で終わってしまいます。

普段あまり泳いでなかった人は、少しずつ慣らしていくのがよいでしょう。200mをゆっくりと無理なく続けられるようになるまでは、ゆっくりとクロールを泳げる練習をしておきましょう。

速足のウォーキング

速足のウォーキングは、消費カロリーが高く、綺麗に痩せられるところがポイントです。速足のウォーキングは、自分のペースで時間や場所を問わずにできます。仕事などで忙しく、時間が取れない場合は、日常の中に取り入れるようにするとよいでしょう。

通勤で一駅分歩いたり、買い物などの時間を充てるのもよいでしょう。仕事が終わって時間があれば、ストレス解消にウォーキングをするのもよいでしょう。ウォーキングをしなければいけないという強制的な状況よりも、日常の生活の中で自然に取り入れることがおすすめです。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
有酸素運動のウォーキングでメリハリのあるボディーをつくる 

30分以上のランニング

ランニングもきちんと行えば、高い消費カロリーが期待できます。有酸素運動は、最低でも20分行わないと、脂肪燃焼がはじまりません。そのため、ランニングを行うのであれば、30分以上は行う必要があります。体に余分な体脂肪がエネルギー源として、使われ始める30分を目安に続けましょう。

慣れないうちは、30分ランニングをすることは大変かもしれません。はじめから、30分ということにこだわらず、少しずつ慣れるようにしましょう。そして、走る前や後は、ストレッチなどの軽い運動を行ってから行うとよいでしょう。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
【ランニングで体力作り】自分にあったランニングで体力を高めるには 

1時間の登山

登山は、消費カロリーが高い有酸素運動のひとつです。平地ではない傾斜部も歩くため、有酸素運動に加えて、筋肉も鍛えることができるのです。登山1時間での消費カロリーは、だいたい500キロカロリー~600キロカロリーといわれています。

毎日行うことは、難しいですが、登山が趣味であったり山登りが好きな人なら、続けやすいこともメリットです。しかし、慣れていない人が急にハードルが高い登山をすることは危険なので、安全を前提とした登山を心掛けてください。

日常生活でできる階段の登り降り

日常生活の中で、できる階段の登り降りは、無理なく取り入れられる運動です。一日に20分ほど階段の昇り降りをして、トータルで一時間になるくらいがよいでしょう。普段の生活で、意識的に階段にするだけでも、かなり変わってきます。

職場や駅などで、エレベーターなどを使っているのであれば、階段に変えてみるのがよいでしょう。ウォーキングなどと組み合わせながら、日常に取り入れていくのがよいでしょう。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
階段ダイエットで美脚を目指そう。消費カロリーを上げる体の使い方 

自宅で簡単にできるなわとび

自宅で手軽にできる、消費カロリーが高い運動のなわとびは、平均で10分間行った場合の消費カロリーは、約80~90カロリーといわれています。ジョギングなどは、外に行かなければいけませんが、なわとびなら自宅などでも場所を取らずにできるのがメリットです。

余裕があればトレーニングジムも効果的

余裕があれば、トレーニングジムでトレーナーに自分にあった、プログラムを作ってもらうのもよいでしょう。毎日ではなくてもよいので、日常の運動に取り入れることもおすすめです。ジムに通うことは、気分転換にもなるので、効果的な運動を楽しみながらできるでしょう。

運動のダイエット効果を高めるポイント

事前にしっかりストレッチ

運動をする前に行っておきたいストレッチは、運動効果を高めるために大切です。筋力トレーニングを行うことで、脂肪燃焼効果を高めることが期待できます。筋トレを行うことで、成長ホルモンなどが分泌されるので、脂肪燃焼がされやすくなります。

事前のストレッチがあるだけで、効果が違ってくるので、せっかく運動を行うのであれば、ストレッチを加えてみましょう。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
簡単なストレッチを日常に取り入れる。基礎代謝をアップする方法 

起床後すぐに行う

運動を行うにも、効果のある時間があります。一番効果的だといわれているのは、朝です。朝が効果的だといわれているのは、自律神経のリズムにあります。自律神経には、交感神経と副交感神経があります。交感神経は、活動的になるときに優位になるもので、副交感神経は、リラックスモードになるときに優位になります。

交感神経が優位になるのは、朝から日中の時間帯です。体温が上がり脂肪を分解して、熱を生み出します。運動を行うために、ストレッチなどの運動を行うことと、起きてからすぐ行うのではなく、30分から1時間は空けるようにし、バナナなど簡単な食べ物を摂取してから行いましょう。

筋トレの後に運動を行う

ストレッチ効果を上げるために、筋トレを行ったあとに行うことがおすすめです。脂肪燃焼効果が高まることと、体的にも安全です。筋トレを行ったあとに、有酸素運動を行うことで、よりよいダイエット効果が期待できます。

運動は20分以上続ける

有酸素運動を行う際には、必ず20分以上継続するようにしましょう。運動をはじめてから、20分続けることで脂肪燃焼効果が高まります。できれば、30分くらいは行うとより効果が期待できます。あまり長時間でも継続しづらくなってしまいますし、短時間では効果も減少してしまうので、目安にしておきましょう。

脂肪燃焼を助けるサプリを利用する

脂肪燃焼効果を助けるサプリを、利用することもひとつの手段です。運動と組み合わせることで、脂肪燃焼効果が高まるため、効率よいダイエットを行うことができます。サプリを選ぶ際には、利用の注意点などを確認して利用するようにしてください。

運動の脂肪燃焼を助けるダイエットサプリ

DHC ガルシニアエキス

食べ過ぎてしまった炭水化物や、蓄積された余分なものの有効利用のサポートをするサプリ「ガルシニアエキス」は、HCAを含有するガルシニアカンボジアエキス末に、トウガラシと不足しがちなビタミンB群を配合されたサプリです。食べ過ぎが気になる人におすすめです。

アミノバイタル アミノバイタル(R) カプシ(R)

運動に大切な、5種類のアミノ酸1500mgとカプシエイト類1mgが配合されたサプリメントです。ダイエットのための運動を快適に行うことができ、アミノ酸でラクに運動ができ、カプシエイトで更に燃焼効果が期待できるといわれています。

DNS WHEY fit PROTEIN

たんぱく源であるホエイプロティン100%を使用している「ホエイフィットプロティン」は、運動後、30分以内に飲むことで、美しいボディラインづくりをサポートしてくれます。女性に最適な1回分のたんぱく量が配合されており、水に溶けやすく美味しいのが特徴です。

アミノバリュー アミノバリューサプリメントスタイル

アミノ酸2500mg含有の「アミノバリューサプリメントスタイル」は、すっきりとした飲みやすいサプリメントです。水がなくても、飲む事ができる顆粒タイプなので、どこでも手軽に摂取できます。アクティブな体づくりに必要なアミノ酸BCAAを効率よく摂取できるタイプです。

ザバス ウエイトダウン

筋肉を残して減量をしたい人におすすめの「ザバス ウエイトダウン」は、たんぱくを原料とした大豆プロティンを配合したサプリメントです。運動をメインにしたダイエットに向いている商品です。そして、減量時に不足しがちなカルシウムや鉄、ビタミンなどが配合されています。

食事制限なしでも痩せられる食べ方

食物繊維や野菜から食べ始める

食事制限なしで痩せるためには、食べ方などに工夫が必要になってきます。バランスのよい食生活を心掛けることは大切ですが、更に痩せやすい体質に近づく食べ方を知っておく必要があります。血糖値の上昇を抑えるために、野菜や食物繊維から摂取するとよいでしょう。

食べたい物を制限せず、順番を変えるだけで太らない食事につながります。炭水化物やたんぱく質を先に摂取してしまうと、血糖値の上昇が早まり脂肪を溜め込みやすくなります。野菜を摂取してから炭水化物や脂っこいものを食べれば、糖分の吸収を防ぐことにつながります。

間食は15時に食べる

食事制限があると、間食も我慢しなければいけない場合が多くあります。我慢をするということは、ストレスが溜まりやすくなります。結果、我慢ができなくなってしまいダイエットに失敗をしてしまうケースもあります。食事制限なしのダイエットでは、間食禁止ではありません。

間食は禁止ではありませんが、時間を選ぶようにしましょう。間食をするのであれば、15時に食べるようにしてください。体の中には、脂肪を蓄えるビーマル1というたんぱく質が存在しています。この働きは、夜20時から2時までがピークとなります。

そして、一番働きが鈍る時間が午後14時となるのです。そのため、間食をするのであれば15時がよいといわれています。当然ながら、働きが活発になる時間帯に間食をすることは、太る原因となるので避けるようにしましょう。

1口で30回以上噛む

早食いをすると太る原因になります。満腹感を感じられるのは、食べてから15分から20分後になるので、早食いをしてしまうと、量は食べていても満足感を得られないまま食事が終わってしまいます。食事をしながらダイエットにつなげるのであれば、1口で30回以上噛むとよいでしょう。

これは、咀嚼の回数が増えれば増えるほど、適量な食事で満腹感を味わうことができます。さらに、噛むことは運動にもなるので、体が温まる効果もあり、新陳代謝もあがります。食事をする際は、ゆっくりとたくさん噛むようにしましょう。

朝食を抜かずに食べる

忙しい朝は、朝食を抜いてしまう人も多いはずです。しかし、朝食を抜くというのは、ダイエットだけでなく、健康や脳などにもよくないといわれています。朝食を抜いて、いきなりランチでドカ食いをしてしまうと、血糖値の上昇が高くなり脂肪になりやすくなります。

簡単なものでよいので、朝食を抜かずに食べるようにしましょう。朝食を摂取することにより、体内の熱があがり胃腸が活発になってきます。朝食を抜いてしまうと、胃腸の働きが弱くなるため、便秘につながる傾向があります。たんぱく質や、フルーツなどを摂ることで、便秘になりにくくなり、健康的な一日をはじめることができます。

夕食を早めに食べる

食事制限がないといっても、いつでも食べていいというわけではありません。夕食を取る際には、なるべく早めの時間に食べるようにしましょう。睡眠の時間を考えて、4時間前くらいまでに済ませられれば理想的です。最低でも、20時以降は食べないように習慣づけるようにしましょう。

もし、20時を過ぎてから空腹を感じるようであれば、白湯や水などを飲むようにして、間食を避けるようにしてください。最初はきついかもしれませんが、慣れてくれば体が習慣づいてきます。朝になれば、好きな物が食べられると思いながら続けてみてください。

食前に脂肪吸収を抑えるサプリを飲む

食事の前に、脂肪吸収を抑えるサプリを飲んでおくのも手段です。カロリーをカットする効果があるサプリは、どうしても脂っこい食べ物が辞められない人などにおすすめです。摂取した食べ物の脂肪分の吸収を抑える働きがあるので、ダイエットに併用してみるのがよいでしょう。

食事のカロリーカットにおすすめのサプリ

ファンケル カロリミット

食事の糖質や脂質をため込む前のサポート成分を配合した、「カロリミット」は、脂肪を代謝する力を高めるダイエットサポートサプリメントです。脂っこいものや甘いモノなどカロリーが気になる食べ物を摂取する機会が多い人におすすめのサプリメントです。

神仙桑抹茶ゴールド

血糖値や糖が気になる人におすすめの「神仙桑抹茶ゴールド」は、甘いモノが中々やめられない人にぴったりのサプリです。食物繊維が豊富で、更にカルシウム・鉄分・亜鉛などのミネラルが豊富です。水に溶いて飲むだけの手軽なタイプなので、取り入れやすいでしょう。

富士フイルム 飲む食べる私のサプリ

ピザやパスタ、スイーツなどがやめられない人におすすめな「飲む食べる私のサプリ」は、機能性関与成分サラシア由来サラシノール配合で糖の吸収を抑える働きがあるサプリです。糖を分解して消化酵素の働きをセーブして、糖の吸収をおさえる働きがあります。デザインも可愛らしいので、持ち歩きしやすいのも特徴です。

ヘルスエイド サラシア

サラシア由来サラシノール配合の「サラシア」は、糖の吸収をおだやかにして、食後血糖値を上昇をゆるやかにする機能が報告されています。インスリンの分泌の増加を抑制してくれる効果が期待できるサプリメントです。

メタバリア メタバリアスリム プレミアム

脂質の吸収を抑える効果が期待できる、海藻ポリフェノールを配合し、糖の吸収を抑える効果が期待できる、サラシアのダブル効果があるといわれるサプリメントです。トウガラシエキスとヒハツエキスは、時間差で働く燃焼系成分があるので、燃焼効果が長く続きます。

食事制限なしのダイエットで心がけること

カロリーの知識をつける

食事制限なしのダイエットで、心掛けておきたいのは、日々食べる食事のカロリーを意識しておく必要があります。特に、糖分や脂質が含まれる食べ物は、どれくらいのカロリーかを知って、摂取量に気を付ける必要があります。制限は必要なくても、適量を守ることや食事のバランスが取れているかを、意識して生活するようにしましょう。

食事は自分で作る

ダイエット中は、なるべく自炊を心掛けるようにしましょう。外食やコンビニなどの食事は、カロリーの高いものが多く、バランスが取りづらいため、ダイエット中は控えるようにしましょう。どうしても、外食が続くようであれば、なるべくカロリーが少ないものをチョイスするようにしてください。

新鮮な食材を使う

ダイエット中の、栄養素はとても大切です。自炊で使う食材は、新鮮な食材を使用するようにしましょう。新鮮な食材には、栄養素が多く含まれています。効率良くダイエットを行うためには、必要な栄養素を上手に得るようにしましょう。

食事中はTVを見ない

一人で食事をするときなどは、TVを見ながら食事をすることが多いのではないでしょうか。自分の好きな番組を見ながら食べれば、楽しい時間を過ごすことができます。しかし、ダイエットには不向きな行動となってしまうのです。

なぜかというと、TVを見ながら食事をすることで、食事の満足感が落ちてしまうのです。美味しいものでも、食事だけの幸福感が落ちてしまうので、食べていても食べた気がしなくなってしまうことがあります。そのため、もっと食べたいという気持ちが起こりやすくなってしまうのです。

ストレスは趣味で解消する

ストレス解消を食欲に充てる傾向がある人は、ストレス解消法を食事ではなく趣味で解消するようにしましょう。ダイエットでのストレスも含め、ストレスを持ちながらの状態だとダイエットが続かなくなってしまいます。ストレスを軽減するために、なんらかの趣味で解消していくようにしましょう。

運動も食事制限もしないゆるいダイエット法

起床後に白湯を飲む

太る原因のひとつに、体の冷えがあります。これは、冷えにより血液の流れが悪くなり、むくみなどの原因にもつながります。起床後に白湯を飲むことで、代謝アップ効果が期待でき、脂肪燃焼効果があるといわれています。体内のデトックスもになるので、毎朝継続して行うとよいでしょう。

常に姿勢をよくしてすごす

日常の中で、姿勢をよくする習慣をつけることもダイエット効果につながります。仕事中も常に意識をして、姿勢を正すようにしてみましょう。姿勢を正すことにより、内臓機能にもよい影響があるので、心掛けるとよいでしょう。

毎日体重計に乗る

ダイエット中は、毎日自分の体重を確認しておくことも大切です。中々変化が感じられない時期があっても焦らず、体重を計る習慣をつけるようにしましょう。食事制限のないダイエットは、長いスタンスで続ける必要があります。地道な習慣がダイエットにつながるので、諦めずに続けましょう。

食べたものをアプリに記録する

ダイエットは、少しでも楽しくする要素があった方が続けやすくなります。身近にあるスマホのダイエットアプリを使って、食べたものを記録するのもひとつの手段です。様々なアプリがあるので、自分が使いやすいものを選んで使うとよいでしょう。自分の食べたものが、目で見てわかるとダイエットに必要なことがわかるようになります。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
記録するダイエットは効果抜群。スリムなカラダをめざして 

お風呂にはゆっくりと浸かる

シャワーだけで済ませている人は、湯船に浸かる習慣をつけるようにしましょう。体の冷えは、太りやすくなる原因となります。湯船にゆっくりと浸かると、体内から温まることができます。血液の流れがよくなり、代謝アップにつながります。マッサージなどを加えれば、更に効果的なお風呂ダイエットにもなります。

太る原因を排除して楽にダイエットを続けよう

無理な食事制限ダイエットや、短期間で痩せようとするのではなく、太る原因を排除するダイエットが効果的です。極端な制限や、無理な運動は継続することが難しいものもあり、リバウンドの可能性もあります。

痩せやすい体質を目指して、気楽にできるダイエットを続けてみましょう。長いスパンかけながら、楽しくダイエットしてみませんか。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル