減量以外にも効果あり?美容効果も期待できるポップコーンダイエット

減量以外にも効果あり?美容効果も期待できるポップコーンダイエット

2017.09.06 / すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

ポップコーンはお菓子というイメージが強いですが、ダイエットに嬉しい効果をたくさん発揮してくれる食材なのです。ポップコーンダイエットを成功させるにはどのように取り入れれば良いのでしょうか。注意しなければいけないポイントやおすすめアイテムとは。

 

ポップコーンダイエットの効果

食物繊維の効果で便秘が解消

ポップコーンの原料はご存知の通りトウモロコシです。トウモロコシは食物繊維が豊富なため、ポップコーンを食べることで食物繊維を取り入れることができるのです。それらは便秘解消などに非常に効果があり、便通を良くしてくれるのです。

便秘はダイエットの妨げのみならず、体調面でも悪影響がでる可能性があるため、ポップコーンを食べながら食物繊維も取り入れられるのは嬉しいですね。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
食物繊維はダイエットの味方。効果や摂取方法を知りスッキリボディへ 

カロリーダウンによるダイエット効果

ポップコーンは乾燥させたトウモロコシをフライパンなどで炒ることであの形状になるため、油など一切使われておりません。そのため、非常にヘルシーな食べ物なのです。おやつや間食をポップコーンに変えるとカロリーダウンとなりダイエットにはおすすめです。

なぜポップコーンがいいのか

野菜や果物よりも食物繊維が多い

ポップコーンには野菜や果物よりも豊富な食物繊維が含まれているのです。食物繊維を取り入れることで便秘解消につながり、老廃物を体外へ排出してくれます。老廃物が体内に残っていると効果的に減量を行うことが難しくダイエットの成果も出にくくなってしまいます。食物繊維によって老廃物を溜め込まない体づくりを心がけることで痩せやすい体質を目指しましょう。

ポリフェノールが豊富に含まれている

ポップコーンには抗酸化作用が高く、身体の老化などに良いとされているポリフェノールが含まれているためアンチエイジングにも効果的だといわれています。他の野菜や果物といった食材と比べても高濃縮なポリフェノールなため細胞が受けたダメージや、老化現象を引き起こすフリージカルという分子に効果的にはたらくことがわかっています。ダイエット目的のみならず年齢によるトラブルに対しての予防にもおすすめです。

タンパク質が豊富に含まれている

タンパク質は栄養価が高く、日々の食生活でも欠かせないものです。ポップコーンにはこのタンパク質も含まれているため健康に良いとされています。その他に、ビタミンやミネラルもバランス良く含まれており、スナック感覚で手軽に栄養を補給できるのです。健康的な食材のため大人だけでなく、子供のおやつなどにも良いでしょう。

全粒穀物が摂取できる

穀物は通常加工された状態で商品として出されることが多いのですが、ポップコーンは加工されることなくそのままの全粒穀物を食べることができるため栄養分を余すところなく摂取できるのです。加工されてしまうとその際に栄養のある部分が取り除かれてしまうのです。

ポップコーンは余すところなくさまざまな栄養素を取り入れられるためとても健康的です。

ビタミン類が豊富に含まれている

ポップコーンには豊富にビタミン類が含まれています。ビタミンはエネルギーのもととなるため疲労回復に役立ったり、細胞の新陳代謝を促すはたらきもあり美容にも良いといわれています。ポップコーンを適度に取り入れることでビタミンを摂取でき健康的にも、そして女性としても嬉しい効果を得ることができるのです。

小腹が減った時などに、甘いものやスナック菓子を食べてしまうと太る原因となってしまいますが、ポップコーンであれば低カロリーなうえ、美容効果もあるので置き換えるには最適です。

ポップコーンダイエットのやり方

間食にポップコーンを食べる

ダイエット中は間食やおやつを食べられないというストレスを抱えがちですが、ポップコーンはよく噛んで食べるため満腹感が得られやすいのです。そのため間食にポップコーンを食べることで食事の量を減らすことができるのです。

ダイエット中でありながら間食におやつのような感覚で食べることできるのでストレスを感じにくく、効果的にダイエットを行えます。

食事の前にポップコーンを食べる

食事前にポップコーンを食べることで満腹感を得られ食事を少量に抑えることができます。空腹の状態で食事をするとダイエット中であってもつい食べ過ぎてしまう可能性があります。

しかし、あらかじめ満腹感を得られるポップコーンを食べておくことで食事に歯止めをかけることができます。食事を適度な量で抑える自信のない人は、特に食事前に食べることがおすすめです。

食事をポップコーンに置き換える

食事そのものをポップコーンに置き換えるという方法もあります。1日の食事の中のどこかでポップコーンを食事として取り入れることで大幅に摂取カロリーをカットすることができます。

このとき注意しなくてはならないのは味付けを濃くしすぎないということです。バターや味付けが濃くなってしまうとダイエットとは真逆に太る原因にもなってしまいます。味付けを薄くすることを心がけてポップコーンを食事として置き換えるのも良いでしょう。

ポップコーンは太るのか

ポップコーンはカロリーが低いが糖質が多い

ポップコーンは低カロリーではありますが、糖質が高いため食べすぎると太る原因にもなってしまいます。ポップコーンに限らず、低カロリーだからと安心して食べていても必ずしも糖質も低いとは限らないのです。そのため、どんなダイエット向きな食材であっても食べ過ぎないように注意しましょう。

糖質を過剰に摂取すると脂肪になる

糖質を摂りすぎると太ってしまう理由は、体の仕組みにあります。糖質は生命維持のために必要な臓器などに回されますが過剰に摂取すると使い切れずに余ってしまいます。この余ってしまった分が脂肪として蓄えられてしまうのです。糖質の高い食材は食べる量に気をつけましょう。

塩分により食欲が増進

塩分は食欲を増進させてしまうため、ポップコーンの味付けも濃くなってしまわないよう注意が必要です。味付けが濃いとついつい食べ過ぎてしまうことにつながり、ダイエットの妨げとなってしまいます。薄味を心がけて食べ過ぎに注意しましょう。

塩分によりむくみの原因になる

塩分は食欲を増進させてしまうだけでなく、むくみの原因にもなってしまいます。太る原因にもなるうえ、むくみまで招いてしまってはダイエットの効果を発揮することは出来なくなってしまいます。ポップコーンのみならず普段から塩分のとりすぎには十分注意しましょう。

カリウムでむくみを解消

ポップコーンを食べる場合、多くの人は塩をかけるかと思います。しかし、先程も触れたように塩分は体がむくむ原因となってしまいます。そんなときにはカリウムを積極的に摂るようにしましょう。

カリウムは果物や野菜などに多く含まれており、むくみを予防、解消してくれるはたらきがあります。少し塩分が多いメニューだなと感じる日にはサラダを一緒に食べたり、食後にフルーツを食べるなどしてむくみを事前に予防するのも良いでしょう。

低カロリーなのに腹持ちが悪い

ポップコーンは腹持ちは良いとは言えません。食べた直後は満腹感を得られるのですが、消化されやすいためすぐに空腹を感じてしまいます。低カロリーなので食べ過ぎてしまいがちですが、低カロリーだと安心してしまい「たくさん食べても大丈夫だ」と考えている人はとても危険です。

限度を決めて食べるようにしましょう。カロリーの低い食べ物でも過剰に摂取してしまうと太る原因となってしまうため注意しましょう。

糖質はよくないのか

糖質はエネルギー源になる

糖質は摂りすぎると肥満の原因となりますが、体にとって必要な栄養素であることも確かなのです。糖質は人間が活動するために必要なエネルギーとなるため適度に取り入れることは良い事なのです。ダイエットだからと、一切摂取してはいけないというわけではなく、過剰に摂取してしまわないように心がけましょう。

極端に糖質を制限してしまうと体調を崩しやすくなってしまうなど影響が出てきてしまいます。摂り過ぎはいけませんが適度に取り入れることも大切です。

糖質を蓄えておくと運動効率の向上につながる

体に糖質を蓄えておくことは運動効率の向上につながるため効果的にダイエットの成果を出す事が出来るのです。そのため、糖質だからと一切の摂取をやめてしまうのはおすすめできないのです。分量を決めて過剰に摂取してしまわないように気をつけて適量を摂り入れましょう。

トレーニングの直後に糖質をとっても太らない

トレーニングの直後は体の筋肉に負荷がかかった状態のため栄養を与えてあげなくてはいけません。そのため、トレーニング後は糖質をとっても必要な部分に送られるため太らないのです。

ダイエット中には糖質を避けるべきだと思われがちですが、ダイエットに耐えられる体づくりのためにはしっかりとエネルギーを取り入れなくてはいけません。できるだけ体を動かすことを心がけたり、トレーニングを取り入れるようにしましょう。

バランスよく糖質をとることが大事

ダイエットだからと糖質を一切とらないというようなことはせず、とりすぎに注意してバランスよく摂取することが大切です。糖質は体にとって必要なエネルギーとなるため適度に取り入れれば健康にダイエットを行える力になります。摂りすぎたり、極端に控えたりすることなく他の栄養素とともにバランスよく摂取しましょう。

太らないポップコーンの食べ方

食べ過ぎには注意する

低カロリーなポップコーンであっても食べ過ぎてしまっては太る原因となってしまいます。ポップコーンに限らずですが、低カロリーなものであってもそればかりを食べてしまったり、過剰に摂取しすぎてしまうことのないように注意しましょう。

ポップコーンはスナック感覚で食べることができるため、ついたくさん食べてしまいダイエットの妨げとなってしまう可能性もあります。食べる量を決めて適度に食べることが大切です。

味のついていないポップコーンを食べる

ポップコーンに味がしっかりとついていると食欲が増進してしまいますし、摂取カロリーも高くなってしまいます。そのため味付け無しでそのままで食べることがおすすめです。

初めは味気ないように感じてしまうかもしれませんが、よく噛み締めて食べるとポップコーン本来の甘さや香ばしさを楽しめます。味付けをカットすることで大幅にカロリーをカットできるためぜひ試してみてはいかがでしょうか。

水分補給もしっかり行う

ポップコーンを食べる際には一緒に水分を摂ったほうが満腹感を感じやすくなります。食べることに夢中になってしまうとつい水分を摂らずに食べ続けてしまいがちですが、水分を摂取しないと満腹感を得られるまでに時間がかかってしまうためダイエットの妨げとなってしまうのです。

ポップコーンだけでなく、何かを食べる際には水分を一緒に摂るようにしましょう。

烏龍茶は血糖値を下げてくれる

ポップコーンはカロリーは低いのですが糖質が高いという欠点があります。糖質を摂取すると血糖値が上がり脂肪に変わってしまいます。その働きを抑えてくれるのが烏龍茶です。烏龍茶には血糖値を下げてくれる効果があるため糖質が脂肪に変わるのを抑えてくれます。

ポップコーンには食物繊維がたくさん含まれており、水分と一緒に食べることでそれらがお腹の中で膨らみ、少ない量でも満腹感を得ることができます。必ず水分と一緒に食べるようにしましょう。

よく噛んで食べる

ポップコーンだけでなく何かを食べる時にはよく噛んで食べることで満腹感が得られるのです。口に入れて少し噛んだだけで飲み込んでしまっては脳が満腹だと感じるまでに時間がかかってしまいます。たくさん噛むことで脳がたくさん食べているのだと認識し、少ない量でも満腹だと感じることができるのです。食べ物を食べるときにはたくさん噛むことを心がけましょう。

油を使わずに調理できるマシーンを使う

家庭でポップコーンを作る場合には専用の機会などを使用するのが良いでしょう。そこで気をつけることは油を使わずに調理できるものを選ぶということです。さまざまなタイプの機械がありますが、油を使わずとも熱だけでタネをはじけさせることができる物なども販売されていますのでおすすめです。できる限りカロリーカットできる方法を常に意識しながら実践するようにしましょう。

?油を使う場合はカロリーオフタイプにする

使用する機械や調理方法によって脂を使用する場合にはカロリーオフタイプのものを使用するようにしましょう。少しでもカロリーの低いものを使用することの積み重ねで、大きくカロリーを抑えることにつながるのです。普段の食事でも使っている油がカロリーの高いもので、それによる摂取カロリーが高くなっている可能性もあります。日頃からカロリーオフタイプのものを使用して摂取カロリーを抑えるように心がけましょう。

ポップコーンダイエットの味付け

キャラメル味やバター味はNG

映画館やテーマパークなどで人気のキャラメルやバターなどの味が付いているものはとても美味しいですが、非常に高カロリーなのです。そのためポップコーンダイエットを行っている期間には避けたほうが良いでしょう。

味がしっかりとついているものを食べてしまうと、その後、味の薄いものを受け付けなくなり、ダイエットを継続できなくなってしまう可能性もあります。ダイエット中は高カロリーな味付けは控えましょう。

できるだけ味をつけない方がよい

味付けやバターなどを使うとそれだけでかなりのカロリーがプラスされてしまいます。ダイエット中は少しでも低カロリーに抑えるために味付け無しで食べるのが良いでしょう。塩分も糖分もダイエット中に限らず普段から摂りすぎは体に良くありません。健康のためにもできる限り素材の味を生かして食べるのがおすすめです。

味付きの場合低カロリーの薄い味のものを選ぶ

どうしても味付きで食べたい場合は低カロリーに抑えることと、薄味にするように心がけましょう。味の濃いものは食欲を増進させてしまうことにつながりますし、体にも良くありません。市販のものであればカロリー表記があるため必ずチェックすることが大切です。

また、家庭で作る場合は味付けを行う際に濃くなりすぎないよう注意しながら作りましょう。

手作りのポップコーンがおすすめ

ダイエット中は特に、家庭でポップコーンを手作りすることをおすすめします。なぜなら、家庭で作る場合は市販のものとは違い自分で味を調節できるからです。買ってきたものでは味が濃すぎたり、高カロリーである場合もありますが自分で作るのであれば加減ができます。低カロリーでヘルシーな仕上がりになるよう工夫しましょう。

ポップコーンを家で作る方法

ポップコーンメーカーを使う

家でポップコーンを作る場合は、ポップコーンメーカーを使うと簡単に作ることが出来ます。機械の中にポップコーンのタネを入れてスイッチを押すと自動で熱を加えてくれるものなど種類はさまざまです。見た目にも可愛らしくインテリアとしても楽しめるようなデザインがたくさん販売されています。

家庭で作る場合はカロリーを抑えやすくダイエットには最適なのでポップコーンメーカーはとても便利です。

レンジでチンするタイプ

市販のものを買ってきて自宅で熱を加えるタイプのものもおすすめです。レンジに入れて加熱するだけでタネが弾けてポップコーンが出来るためとても便利な商品です。材料も何も加えずにそのままチンするだけなので非常に簡単、短時間で出来るのも嬉しいところです。

紙袋を使ってレンジでチンする

ポップコーンのタネを紙袋に入れてレンジでチンすることで作る方法もあります。自宅に紙袋とポップコーンのタネさえあればすぐに出来るためとても簡単です。レンジの種類によって熱を加える時間には差がありますが、ポップコーンの弾ける音がしなくなったら食べごろです。市販のものが無い場合はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

フライパンで作る

フライパンでポップコーンを作る方法は、フライパンの上にうすく油、またはバターをひいてその上にポップコーンのタネを置いて熱を加えるというものです。フライパンは高熱を与えやすく短時間でタネを弾けさせることが出来ます。勢いよくタネが弾けるため飛び出してしまわないようフタをするなど注意して行いましょう。そして、油やバターは多くなりすぎないよう控えめを意識しましょう。

おすすめのポップコーンメーカー

D-STYLIST ラクラクポップコーンメーカー

こちらは機械の中にタネを入れてスイッチを押すと自動的に熱を加えて次々にポップコーンを作ることが出来るとても簡単で便利な商品です。サイズも場所をとらず、キッチンやリビングにおいても邪魔にならず非常にコンパクトです。火を使わずに電気で作れるため安全面でも嬉しいアイテムです。

ポップコーンメーカー 家庭用 【ポップコーンマシン PM-3600】

レトロなデザインで見た目にもかわいいポップコーンメーカーです。インテリアとしても楽しめて1台あれば盛り上がること間違いなしの商品です。出来上がりも4分と非常に早く、子供のおやつやパーティーのときなどさまざまな場面での使用が可能です。1度に作れる量も多いため大人数でも楽しめます。

大容量 6リットル ポップコーンメーカー FPM-850

こちらは1度に6リットルもの量が作れる大容量のポップコーンメーカーです。時間もわずか5分と短時間で出来上がるため家庭だけでなくイベントなどでも使用できる商品です。フタ部分がそのまま皿になる便利な形状で、出来立てアツアツのポップコーンを食べることができます。1度に作れる量が多いと作り置きもでき、外出時に持参するなど出先での間食にも便利です。

Vitantonio POPCORN MAKER ビタントニオ ポップコーンメーカー VPC-10

こちらは形状に特徴のあるマッシュルームタイプの、ポップコーンにも対応している商品です。弾けたポップコーンは付属の容器に入れることができ、飛び散りも少なく仕上がります。およそ2分で60gのポップコーンを作ることができるため、味などを変えてさまざまなアレンジを加えてみるのもおすすめです。

Firlar ポップコーン ポップコーンマシーン 電子レンジ でポップコーン 家庭用 ポップコーンメーカー シリコン製

電子レンジでポップコーンを作る際に便利なシリコン容器です。この中にタネを入れて電子レンジにかけることで簡単に作ることができます。また、使わない時にはコンパクトに折りたたみが出来るようになっており邪魔にならずに収納が出来ます。シリコン製のため汚れもつきにくく管理も楽に行える便利なアイテムです。

電子レンジ で簡単 畳んで収納できる! 家庭用 ポップコーンメーカー (オリジナル レシピ 付き) 2436041

こちらも電子レンジを使用するタイプのポップコーンメーカーです。畳んで収納することが可能でコンパクトに収める事ができます。容器に直接バター、タネ、塩を入れるタイプになっており、出来上がり後すぐに食べることが出来る便利さが嬉しい商品です。

曙産業 チンしてキャラメルポップコーン RE-935

見た目にもかわいいデザインでインテリアにもぴったりの商品です。この容器にポップコーンのタネをいれてレンジで温めることで出来上がる便利なアイテムで、大人だけでなく、子供のプレゼントなどにもおすすめです。タネをすくうスプーンもついており便利ながら、非常にリーズナブルで嬉しい商品です。

グリーンハウス ポップコーンメーカー バタフライタイプ マッシュルームタイプ対応 アメリカン GH-POPA-RD

タネをいれてスイッチひとつでかんたんにポップコーンが出来上がります。油を使わず熱風式でヘルシーな仕上がりなのが嬉しいアイテムです。デザインもとてもかわいく、大人にも子供にも喜ばれること間違いなしのおすすめ商品です。少しでもヘルシーに仕上げたいならば熱風式は非常にダイエットに向いているといえます。

パーティーで盛り上がる 家庭用ポップコーンメーカー【ぽこぽこポッパー】ポップコーンマシーン

こちらもタネを入れたらスイッチを押すだけのかんたん操作で出来上がります。熱風式でヘルシーなうえ、本体が熱くなりすぎると自動停止機能がはたらきストップするため消し忘れなどがなく安全です。小さなワゴンのようなデザインが部屋に置いておいてもインテリアとして馴染む可愛らしいアイテムです。

D-STYLIST ハンディポップコーンメーカー

小さなフライパンのようなデザインで子供でも扱いやすい商品です。フッ素加工が施されており、焦げや汚れがつきにくく拭き取るだけでかんたんに手入れができます。また、丸洗いが可能なため清潔に保てて便利な商品です。

シリコン製 ポップコーン メーカー 電子レンジで簡単ポップコーン

シリコン製の容器にタネをいれ、そのまま電子レンジであたためるだけで簡単にポップコーンが作れます。ポップコーン用としてだけでなく、シリコンスチーマとしても応用が可能で料理などでも使用できます。容器を開いてそのままみんなで食べることができ、パーティーなどでも使用できるアイテムです。

ポップコーンダイエットは味付けと食べ過ぎに注意

ポップコーンはスナック感覚で食べられ、ダイエット感がなく楽しみながら続けられます。しかし、一方でダイエット中だという意識をしっかりともっていないと食べ過ぎてしまうことにもなります。食べる量に気をつけて、味付けを濃くしたり、甘い味にしないよう、ダイエットのために少しでもカロリーをカットする方法を考え、分量を決めて薄い味付けを意識しながら食べるようにしましょう。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル