頭皮マッサージでさまざまな悩みが解決される。健康的な美しさへ

頭皮マッサージでさまざまな悩みが解決される。健康的な美しさへ

2017.09.01 / すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

加齢とともに出てくる頭皮の悩み。頭皮が凝ってしまうと頭痛や肩こりなどの原因となり憂鬱な気分に...。頭皮スパに定期的に通えれば良いですが、時間もお金もかかってしまいます。自分でできる頭皮マッサージで頭皮トラブルを改善しましょう。

頭皮マッサージの効果

顔のたるみの改善

頭皮マッサージをすることで顔のたるみを改善することができます。頭皮と顔の皮膚と筋肉は繋がっています。頭皮マッサージをして頭皮の凝りをほぐしてあげることで、頭皮が持ち上がって顔の皮膚も持ち上がることになります。

頭皮のたるみを改善して顔をリフトアップすることができるので、顔のたるみで悩んでいる人に効果的になります。顔のたるみが気になっていて悩んでいる人は、頭皮マッサージを行なってみるとよいでしょう。

頭痛や肩こりの緩和

頭痛や肩こりを緩和するのにも頭皮マッサージは効果を発揮します。頭痛や肩こりの原因に血流が悪くなっていることが挙げられます。スマホやパソコンなどを長時間使うことで、血流が悪くなり頭痛や肩こりを引き起こしてしまうのです。

頭皮マッサージを行うことで頭の血流が良くなるため、血行の悪さからくる頭痛や肩こりを緩和することができます。頭痛や肩こりで悩んでいる人は、頭皮マッサージをしてみるとよいでしょう。

髪のパサつきや抜け毛の予防

頭皮マッサージは髪のパサつきや抜け毛の予防にも効果的です。頭皮が凝って硬くなってしまうと髪のパサつきや抜け毛の原因になってしまいます。髪にパサつきがあったり、抜け毛が多かったりすると老けて見られてしまいます。

頭皮をマッサージして頭皮の凝りをほぐしてあげることで、頭皮が柔らかくなるためパサつきや抜け毛を予防することができます。頭皮マッサージを行なって、髪にうるおいを取り戻しましょう。

目の疲れの軽減

頭皮が硬くなって凝っていると、目の疲れを引き起こしてしまいます。頭皮と顔の皮膚はつながっているからです。パソコンやスマホなどを長時間使用していると、頭皮が凝ってきたり、目の疲れが溜まってきます。

目の疲れを感じたら頭皮マッサージを行うことで、目の疲れを改善することができます。デスクワークをしている人は特に目が疲れやすいので、休憩中などに頭皮マッサージを行いましょう。

睡眠の質の向上

頭皮のマッサージをすることで睡眠の質の向上に繋がります。頭皮マッサージをして頭皮を柔らかくすることで、疲れが取れるためリラックス効果を感じられます。睡眠の質が悪くなってしまう原因にストレスがあるので、リラックスすると質の高い睡眠を得ることができます。

頭にはたくさんのツボがあり、マッサージでそれらのツボを刺激することで様々な効果が得られます。マッサージやツボ押しによって血液の流れが良くなると、体の緊張がほぐれてリラックス状態になり副交感神経が働くので眠りにつきやすくなります。

集中力や作業効率のアップ

頭皮マッサージをすることで集中力や作業効率をアップすることができます。頭皮マッサージをすると自律神経のバランスを整えることができます。自律神経の乱れは不眠や頭痛など、さまざまな不調を体にもたらすので乱れさせないことが大切です。

不眠や頭痛などの体の不調は集中力や作業効率の低下につながります。頭皮マッサージを行なってリラックスをしたり、自律神経を整えて体のコンディションを良くするように心がけましょう。何かに集中したり、作業効率をアップさせたいときの前に行うのも効果的です。

頭皮が硬くなってしまう理由

長時間のデスクワーク

長時間のデスクワークは頭皮が硬くなってしまう原因になってしまいます。デスクワークは長時間同じ体制で座ってないとなりませんし、目も酷使するため身体中の血行が悪くなってしまいます。身体中の血行が悪くなってしまうと、頭皮の血行も悪くなり硬くなるのです。

デスクワークを長時間行う際は、休憩中にストレッチをしたり頭皮のマッサージを行ったりして身体や頭皮の血行がよくなるようにしましょう。血行不良は身体の不調の原因となってしまうので、気をつけることが大切です。

スマホの見すぎによる目の疲れ

スマホの見すぎによる目の疲れは頭皮を硬くしてしまう原因になります。スマホなどの液晶画面を見続けることで、目が疲れて血行不良になります。スマホやパソコンによる目の疲れは、眼精疲労やドライアイの原因にもなるので注意が必要です。

目の疲れは頭皮の硬さの原因、肩こりの原因、首の痛みの原因となるので、スマホやパソコンを使用する場合は休憩をとって目を休ませるようにしましょう。目を蒸しタオルで温めたり、目の体操をすると効果的です。

冷房による身体の冷え

夏は特にですが、職場や家などで冷房が効きすぎて体が冷えてしまうことがあります。冷房によって急激に体が冷えてしまうと血行不良になってしまうため、身体全体に血液が行き渡らず頭皮の硬さの原因や身体全体の不調の原因になってしまいます。

夏は冷房を使用してしまいがちですが、必要以上に冷房を使用すると身体を冷やしてしまう原因となるので、冷房をあまり使わないように心がけましょう。

ストレスの蓄積

ストレスが身体に蓄積してしまうのも頭皮が硬くなってしまう原因となります。ストレスが蓄積すると血行が悪くなってしまうため、頭皮が硬くなる原因となってしまいます。それによって頭痛や頭皮のトラブルなども引き起こしてしまいます。

ストレスが溜まりやすいのは対人関係や仕事で悩むことです。仕事をしていれば避けられないことですが、1人で抱え込んでしまうとストレスとなって身体に蓄積されていってしまいます。親しい人に悩みを話すなどして、悩みを抱え込まないようにしましょう。

紫外線によるダメージ

紫外線によるダメージを受けると頭皮が硬くなってしまうことがあります。頭皮は身体の一番上にあるため、紫外線を浴びやすくなっています。紫外線を浴びることによって頭皮が傷んでしまい、フケが出る原因になってしまったり血行が悪くなってしまうのです。

紫外線を頭皮に浴びるのを防ぐために、帽子を被ったり日傘をさしたりしましょう。頭皮を紫外線から守ってくれるためダメージを防ぐことができます。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
日焼け止め「最強アイテム」。美肌を守るための紫外線対策 

洗浄成分が強いシャンプーの使用

洗浄成分が強いシャンプーを使用している人は控えるようにしましょう。シャンプーには石鹸系、高級アルコール系、アミノ酸系の3種類があります。石鹸系は石鹸をベースにしたシャンプーで少しキシキシしますが、自然志向の人におすすめです。

高級アルコール系は洗浄力が強いシャンプーで、大手メーカーの市販のシャンプーのほとんどに使われています。アミノ酸系は美容室などで使用されているシャンプーで、洗浄力が弱いですが頭皮を傷めないやさしいシャンプーです。

理想的な頭皮の状態チェック

指で頭皮を前後に動かすことができる

両手の指を頭皮に当てて前後に動かすことが出来るかチェックしてみましょう。前後に動かすことができれば健康な頭皮の状態です。前後に動かすことが出来なくて頭皮が硬い状態であれば、頭皮の状態が悪いといえます。

皮を掴めるほどの柔らかさはない

健康で理想的な頭皮は皮を掴めるほどの柔らかさがあります。しかし健康でない頭皮の皮を掴むのは難しくなります。自分の頭皮が柔らかくて皮を掴めるようであれば、健康的な頭皮なので安心して大丈夫でしょう。

押すと適度に弾力がある

健康で理想的な頭皮は押すと適度に弾力がありますが、不健康な頭皮には弾力があります。指で押してみても弾力がなく、硬い頭皮は健康的な頭皮ではない証拠なので頭皮マッサージなどをして健康的な頭皮を保つようにしましょう。

気持ち良いと感じる

頭の頂点のちょうど真ん中に百会(ヒャクエ)というツボがあるのですが、そこを押してみて気持ち良いと感じる場合は健康な頭皮です。痛かったり、弾力がなくてぶよぶよしている場合は頭皮の状態が悪いということになります。

セルフ頭皮マッサージの方法

髪をくしでとかしておく

頭皮マッサージを行う前はブラシやくしで髪をとかしておくようにしましょう。髪の毛には1日の埃が付着しているため、あらかじめブラシで落としておくことで絡まった髪の毛を取り除き、マッサージが行いやすくなります。丁寧にとかす必要はないのでざっくりと髪をとかしておきましょう。

前髪の生え際をほぐすマッサージ

1.指を生え際に沿うようにして当てていく

指の腹を生え際に沿うようにしておでこの中心から当てていきます。両手合わせて10本の指の腹をしっかりと生え際に当てるようにしましょう。

2.指を上下に動かしながら耳の方まで移動していく

髪の生え際に当てた指を上下に動かしながら、耳の方まで移動していきましょう。このとき力を入れすぎないように注意しましょう。

頭頂部を柔らかくするマッサージ

1.手で頭頂部を掴みやさしく持ち上げる

頭頂部を柔らかくするために手で頭頂部を掴んでやさしく持ち上げてみましょう。頭皮が硬くなってしまっている場合は持ち上げにくいかもしれませんが、マッサージを続けることで柔らかくなります。

2.大きく円を描くように指を動かす

頭頂部を持ち上げたら大きく円を描くように指を動かしましょう。このときに力を入れすぎないようにしてやさしく動かすことがコツです。

側頭部を動かすマッサージ

1.3本指を耳の上にある側頭部にそえる

側頭部を動かすマッサージをするにはまず、3本の指を耳の上にある側頭部にそえます。このとき小指も入れて4本指でもマッサージできます。

2.頭皮を動かすように頭頂部までスライドさせていく

頭皮を動かすように頭頂部までスライドさせていきましょう。頭皮が健康な人は気持ちよく感じますが、頭皮が不健康な人は痛みを感じる場合もあります。

頭全体を刺激するマッサージ

1.頭全体を指先で軽く叩いていく

頭全体を刺激するマッサージは頭全体を指先で軽く叩いていきます。頭全体を軽く叩くことによって血行が良くなっていきます。このとき爪を立てないように注意しましょう。

2.側頭部、頭頂部、後頭部の順で移動する

頭を軽く叩くときは側頭部、頭頂部、後頭部の順で叩くようにしましょう。叩くときは刺激が加わるように、でも強すぎないように叩くのがコツです。

マッサージしながら押すと効果的なツボ

頭痛に効く百会

百会(ひゃくえ)は頭頂部のちょうど真ん中にあるツボで、頭痛に効果があります。両手の指の腹を当てて垂直に押してみましょう。頭頂部なので力を入れて少し痛みを感じる程度に押すようにします。百会にはリラックス効果もあるため、ストレスを緩和したいときに押すのもおすすめです。

疲れ目に効く太陽

太陽(たいよう)はこめかみの近くにあるくぼみのツボで、疲れ目に効果的です。スマホやパソコンなどを長時間した後など、眼精疲労が気になるときに押してみましょう。太陽を押すことで疲れが和らいでいきます。疲れ目が改善することで頭痛や肩こりなどの症状の改善も見込めます。

冷えに効く風池

風池(ふうち)は冷えに効果的なツボです。うなじ部分の耳裏付近にあります。風池をマッサージすることで血流が良くなってくるため、冷えを感じている人には効果的です。冬など寒い季節は冷え性になりやすいので、寒い季節は特におすすめです。冷えを解消することで頭痛、眼精疲労、肩こりなどを改善することができます。

自律神経を整える天柱

天柱(てんちゅう)は自律神経を整えてくれます。天柱はうなじの生え際の外側にある少しヘコんだツボです。指2本ほどで押すと良いでしょう。自律神経を整えてくれるので、肩こりや頭痛を緩和してくれます。さらに眼精疲労も緩和してくれるので、目が疲れている人にもおすすめのツボになります。

頭皮のめぐりをよくする角孫

角孫(かくそん)というツボは頭皮のめぐりを良くしてくれます。角孫は耳の上の1番高いところの裏側にあるツボです。頭皮が凝り固まっていると感じる場合はこのツボを押してみましょう。このツボを押すことによって頭皮の血の巡りを良くすることができるので、身体のさまざまな不調を改善することができます。

頭皮マッサージをする時のポイント

時間は5分程度にしておく

頭皮をマッサージする時間は5分程度にしておきましょう。頭皮も顔の皮膚と同じで、刺激を与えすぎるとトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。頭皮マッサージを行う場合は長くても5分程度にしておくようにしましょう。

マッサージ機で頭皮マッサージを行う場合も同じで、5分以上はしないようにしましょう。ただ毎日続けることは頭皮の環境を良くするために必要なことなので、毎日5分以内のマッサージを続けましょう。

指の腹でやさしく刺激する

頭皮マッサージを行う際は指の腹でやさしく刺激するようにします。マッサージを行う際に爪を立てないように気をつけましょう。頭皮はデリケートなので強い刺激を与えすぎないように、やさしくマッサージをするのが基本です。

マッサージ機を使うと強さのレベルを選ぶことができますが、機械に慣れてくると刺激をあまり感じなくなり強いレベルでマッサージしてしまうことがあります。頭皮に刺激を与えすぎるのは良くないことなので、強さのレベルには気をつけましょう。

シャンプー前の乾いた髪の状態で行う

頭皮マッサージはシャンプーの前の乾いた髪の状態で行うようにしましょう。手は汚れているのでシャンプーをする前に行った方が髪の毛が汚れずにすみます。濡れた髪の毛の状態でマッサージをすると髪の毛が摩擦で傷んでしまう可能性があるので、乾いた髪の状態で行うようにしましょう。

マッサージ機を使用する場合は、シャンプーをしながらマッサージ機を使うことができます。この場合は髪の毛が濡れていても構わないので、しっかりとシャンプーしながらマッサージをして毛穴に詰まった皮脂や汚れを取り除きましょう。

できる限り毎日続ける

頭皮マッサージはできる限り毎日続けるようにしましょう。毎日頭皮マッサージを継続して行うことで、効果をより実感することができます。お風呂に入る前の一手間として、日課にしてみると忘れないようになるのでよいでしょう。

毎日継続して頭皮マッサージを行うことで、健康的な頭皮と美しい髪の毛を手にいれることができます。

頭皮マッサージにプラスしたいアイテム

頭皮のクレンジングもできるオイル

頭皮マッサージには頭皮のクレンジングもできるオイルを使うと、より効果を実感できます。頭皮のクレンジングもできるオイルは、頭皮の皮脂や汚れを落としながら髪の毛にツヤを与えてくれるものなどがあります。

天然由来のアルガンオイルやホホバオイルは基本的に、頭皮クレンジングとして使用することができます。クレンジング剤として天然由来のオイルを使用している場合は、オイルをそのまま頭皮マッサージに使ってみるとよいでしょう。

刺激を与えやすいブラシ

頭皮に程よい刺激を与えてくれるブラシを使うようにしてみると、髪をとかしながら頭皮マッサージを行うことができます。マッサージできるブラシには、根元がクッション性になっているので程よい刺激を与えられるブラシや、毛穴に詰まった皮脂や汚れなどを落としてくれるブラシがあります。

ブラシによって効果はさまざまですが、ブラシのピンが頭皮に程よい刺激を与えてくれるものが多いです。ブラシのピンを使って頭皮をマッサージできるので、髪をとかすことだけが目的ではなくマッサージを目的としても使うことができます。

手が疲れないマッサージ機

手が疲れないマッサージ機は頭皮マッサージを行うのに最適です。自分の手で頭皮マッサージを行うとどうしても手を上に挙げるので、腕などが疲れてしまいます。さらに指も動かすためマッサージ自体が苦痛に感じて長続きしない場合も。

マッサージ機を使えば電動で動いてくれるため手が疲れることもありませんし、指ではできない動きをしてくれます。マッサージ機は動く回数が指よりも多いため、毛穴に詰まった皮脂や汚れもしっかりと落としてくれる効果があります。

頭皮を柔らかくする育毛剤

頭皮マッサージの際には頭皮を柔らかくしてくれる育毛剤を使用するとよいでしょう。髪の毛のコンディションを改善するにはまず頭皮の環境を良くすることが必要不可欠です。育毛剤には頭皮に効果的な有効成分がたくさん含まれており、頭皮の環境を整えてくれます。

育毛剤は硬くなった頭皮を柔らかくしてくれるため、頭皮が硬いことでさまざまな頭皮トラブルがある人におすすめになります。女性と男性では髪のメカニズムが違うので、女性が育毛剤を選ぶときは女性用を選ぶと良いでしょう。

頭皮マッサージにぴったりのオイル

ジョンマスターオーガニック ARオイル

ジョンマスターオーガニックの100%オーガニックアルガンオイルは、さまざまな美容誌でコスメ大賞に輝いてきたオイルです。縮れ毛や枝毛が気になる毛先の保湿ケアもでき、髪やボディのデイリーケアに最適です。アルガニアスピノサ核油が髪や頭皮をすこやかに保ちながら、ツヤをもたらしてくれます。

年齢の気になる頭皮にうるおいを与えて、すこやかに保ってくれます。コンディショナーにブレンドして髪の毛を保湿することもできます。頭皮に垂らして頭皮クレンジングとしても使え、さらに湯船に垂らすことでリッチなモイスチャー入浴料にもなります。

TSUBAKI ヘッドスパ エクストラクレンジングNc

地肌の老廃物をしっかりオフしてすっきりさせてくれるTSUBAKIのヘッドスパエクストラクレンジングです。保湿・柔軟成分として、セージ・ジンジャー・ローズヒップ・タイム・ソルビトールなどの天然エッセンシャルオイルを配合。保湿成分としてツバキ花エキス、ソルビトールを配合しています。

厳選 椿オイル(ツヤ・毛髪保護成分)配合で、髪に艶を与えてくれます。地肌をひきしめながら冷感効果があり、サラサラでべたつきのない仕上がりになります。毛髪メラニンホールを 徹底補修し、輝く艶髪へと導きます。リラックスアロマの香り。

ヴェレダ オーガニック ヘアオイル

頭皮を健やかに整えて、健康でしなやかな髪へと導いてくれるヘアオイルです。ピーナッツオイルや天然エッセンシャルオイル配合で、乾燥した髪を柔らかくして自然なツヤとコシを与えてくれます。ゴボウエキスがうるおいを与えながら、頭皮の環境も整えるため健康でしなやかな髪へと導いてくれます。

オイルはローズマリーの香りで気分をリラックスさせてくれます。さらに収斂作用があるため、オイリー肌に効果的です。洗髪前にオイルを頭皮と髪に揉みこむように指の腹でやさしくマッサージして、ホットタオルを巻き15分程度置きます。その後シャンプーするとスチームの効果で頭皮がやわらかくなり、ハリ・ツヤ・コシのある髪を手に入れることができます。

ゆず油 無添加ヘアオイル

植物由来原料100%の無添加ヘアオイルが、ゆず油の無添加ヘアオイルです。高知県北川村産「ゆず種子油」使用しており、天然精油でつくりあげた自然で爽やかなゆずの香りが広がるため楽しみながら頭皮ケアを行うことができます。

なじみがよく、サラッとした使い心地で、軽やかにまとまって輝く艶髪へと導いてくれます。紫外線によるダメージからも髪を守ってくれるヘアオイル。ノンシリコン、合成香料フリー、着色料フリー、鉱物油フリー、紫外線吸収剤フリー、パラペンフリーです。

マッサージにオイルを使う時の注意点

乳化させてからオイルを流す

頭皮のマッサージにオイルを使うときは、オイルを乳化させてから流すようにしましょう。オイルを乳化させるというのは、オイルが白くなるまで待つということです。オイルは基本的に皮脂と混じり合うことで乳化します。

つまりオイルが白く濁ってきたら皮脂と十分に混じり合っている証拠となります。乳化したオイルは洗い流しやすくなるので、頭皮もベタつきません。皮脂をしっかりと取り除いてすっきりと洗い流したい場合は、乳化させるようにしましょう。

オイルは湿気のないところに保管する

オイルは湿気のないところに保管するようにしましょう。保存料などの添加物が入っていない天然のオイルは、添加物が入っているオイルと比べて非常にデリケートになっています。オイルの品質が劣化してしまわないようにするためにも、保管場所には気をつけましょう。

オイルは空気中の酸素や湿気に触れることによって、質が下がっていってしまいます。湿気の少ない場所に保管するようにしましょう。お風呂でオイルを使う人はお風呂場に保管してしまいがちですが、お風呂場湿気が多いのでオイルはお風呂場の外で保管するようにすることが大切です。

週に1回の使用頻度を守る

オイルを使って頭皮クレンジングや頭皮マッサージを行う場合は、週に1回程度にするようにしましょう。オイルを使って頭皮をマッサージすると皮脂や汚れは落ちるのですが、やりすぎてしまうと頭皮トラブルの原因となってしまいます。

必要な皮脂まで排除してしまったり、頭皮を傷つけてしまう可能性があります。フケが出る、頭皮が乾燥してしまうなどの原因となってしまうので、オイルを使ってマッサージを行う場合は頻度に気をつけるようにしましょう。

頭皮にほどよい刺激を与えるマッサージグッズ

アヴェダ パドル ブラシ

ブラシ部分が頭皮に刺激を与えマッサージ効果を高めてくれるヘアブラシが、アヴェダパドルブラシです。自宅で簡単にできるセルフスカルプケアや、髪の絡まりをとかして整えるのに最適なブラシです。

高いクッション性のあるブラシで頭皮と髪への負担を配慮し、幅の広いボディが頭皮を適度に刺激してくれます。このブラシを使って頭皮に刺激を与えながらマッサージすることができます。

エス・ハート・エス スカルプブラシ

汚れを落としながら頭皮をしっかりマッサージすることで髪が元気になり、抜け毛や髪の毛の細さにお困りの方にもおすすめなスカルプブラシです。頭皮を傷つけないように限りなく真球に近いピンが376個ブラシに付いています。そのピンが約4万個あるといわれる頭皮の毛穴に届くため、指では落とせない汚れをやさしく、しっかり落とすことができます。

長さの違うピンをブラシにW植毛しているため、ブラシをしたときに心地よさを味わうことができます。柔らかいながらも強度の異なるナイロンピンを植毛しており、微妙な強弱が生まれ絶妙の心地良さで頭皮をブラッシングしてくれます。特許取得の頭皮密着設計なので、どこからブラッシングしてもしっかりと汚れを落とすことが可能。

ラ・カスタ ヘッドスパ ブラシ

エレガントでツヤのある美しい髪とイキイキとした頭皮に仕上げてくれるヘアブラシです。特製のミックス毛(豚毛・ナイロン毛)を使用しています。豚毛に含まれた水分と油分で髪のキューティクルを整えてくれるため、まとまりやすい美しい髪に仕上げてくれます。

細長いナイロン毛は、デリケートな頭皮を傷めることなく、ブラッシングによる頭皮マッサージ効果を発揮するため、ツヤのある健やかな髪を育てる頭皮環境へと導いてくれるブラシ。入浴前にこのブラシで頭頂部に向かってブラッシングすると、頭皮へのマッサージ効果が高まるため、毛穴の汚れが浮きやすくなります。

アヴェダ プラマサナ エクスフォリエイティング スカルプ ブラシ

ループ状のピンが頭皮に蓄積した余分な角質と汚れを取り除いてくれる、アヴェダの頭皮用ブラシです。再生プラスティック素材でできているので、お風呂場でも安心して使用できるブラシ。頭皮への負担をクッションで緩和するよう、空気穴がほどこしてあります。

乾いた頭皮の生え際から頭頂に向かって、毛並みに逆らうように頭皮をやさしくブラッシングします。ブラシの汚れが気になったら石けんで洗ってすすぐことができるブラシです。

頭皮ケアのできるおすすめマッサージ器

リファグレイス ヘッドカッサ

12本のアームが髪をかき分けて頭皮にアプローチしてくれる、レファグレイスのヘッドカッサ。アームの底辺に丸みを持たせているため、ヘッドセラピストのような指先のタッチ感を味わうことができます。頭皮をさすりながして引き締めてくれるヘッドカッサです。

ハンドルの底部に突起を設けているため、頭頂部を力強くプッシュしてくれます。ヘッドカッサはリファグレイスのヘッドローションと一緒に使うことで、より効果を発揮します。保湿ローションを使うことで頭皮環境を整え、フェイスラインにもハリと弾力を与えてくれます。

パナソニック 頭皮エステ〈サロンタッチタイプ〉EH-HE98

フォーフィンガースパイラルで頭皮を動かしながら密着し、引き上げるような感覚を味わえるパナソニックの頭皮エステ。東洋のかっさのような動きをしてくれるため、地肌を力強くなめらかに引き上げながら押し流すように動かしてくれます。

TOTAL・SIDE・TOP・KASSAの4つのモードと、ノーマル・かっさの2つのブラシを組み合わせて自分好みのヘッドスパを行うことが可能。硬めのカッサブラシと普通のノーマルブラシの2つからブラシを選ぶことができます。細かいマッサージの動きを再現しており、防水仕様になのでお風呂でも使える頭皮ケアグッズです。

アンファー 頭皮エステスカルプdメカノバイオ

頭髪研究のアンファーと工学技術のパナソニックが生んだスカルプケアデバイスです。硬めの頭皮ストレッチブラシが頭皮を動かし寄せ上げてくれ、掃き出しブラシが皮脂や汚れをしっかりと掃き出してくれます。頭部に合わせたカーブ形状のブラシで、効果的・効率的に頭皮に刺激を与えてくれます。

短周期での急加速・原則を反復して頭皮を動かすスカルプDメカノバイオ独自のモードを搭載。頭皮に密着させることで、より頭皮を動かす頭皮ストレッチブラシとのコンビネーションで伸展運動を頭皮全体に伝えてくれます。

ヤーマン アセチノヘッドスパ

ヤーマンのアセチノヘッドスパは自宅でプロ感覚のヘッドスパを体験できます。ヘッドスパのプロのテクニックを再現した3Dフィンガートリートメントで、毎分約48,000回のタッチでスッキリ頭皮洗浄してくれます。

先端の240個の突起でしっかりと頭皮をつまみながら、毛穴に入り込んだ皮脂を絞り出してくれる防水仕様のブラシ。人の指を再現した3Dフィンガーストレッチで、密着して吸いつきながら、頭皮をもみ上げてマッサージしてくれます。頭や顔だけでなく首や肩にまで使用でき、首や肩の疲れをとることが期待できます。

頭皮マッサージをすることで効果の上がる育毛剤

BELTA ベルタ育毛剤

頭皮、毛穴の奥にまで浸透する女性のために開発された薬用育毛剤が、ベルタ育毛剤です。ビワ葉エキス、プルーン酵素分解物、イチョウエキスなど厳選した32成分をナノ化しているため、毛穴の奥まで浸透して根強い髪を育ててくれます。

保湿によって頭皮を柔らかくしてくれる天然由来成分、ユキノシタ、シルバーバイン果実、ウメ果実を配合。16種類のアミノ酸、2種類のコラーゲンを配合しており、ノンシリコンで肌にやさしくしっとりとなめらかな洗い上がりになります。

資生堂プロフェッショナル ザ・ヘアケア アデノバイタル スカルプエッセンス

有効成分が浸透し、毛根に発毛シグナルを伝達する薬用育毛エッセンス。薄毛や脱毛を予防しながら発毛を促進し、健やかでしっかりとした髪を育ててくれます。アデノシン配合により育毛をサポートしてくれます。

保湿成分APコンプレックスが頭皮にうるおいを与えながら、健やかな頭皮環境に導き美しい髪の育成をサポート。補修成分オノニスエキスがキューティクルを補修してダメージを受けにくい髪へと導いてくれます。

マイナチュレ マイナチュレ 無添加育毛剤

薄毛や抜け毛など髪のことで悩んでいる人のための女性用無添加育毛剤です。センブリなどの3種の育毛有効成分配合で、医学部外品の薬用育毛剤として厚生労働省の承認を取得。敏感肌や乾燥肌の女性にもおすすめの育毛剤になります。

原料にこだわった27種類の天然由来成分配合、細胞レベルまで考えたアミノ酸10種を配合しています。香料・着色料・鉱物油・パラベン・石油系界面活性剤・タール系色素・赤外線吸収剤・合成ポリマー・動物性原料・酸化防止剤・シリコン不使用です。

モウガL モルティ 薬用育毛エッセンス

髪を根元からふんわりとしてくれ、生薬で発毛促進、脱毛予防が期待できる薬用育毛エッセンスです。生薬有効成分にショウキョウ、センブリ、ニンジンが配合されており、ビタミン誘導体も配合されているため、血行を促進し毛根を活性化。分け目、つむじ、生え際などの気になる脱毛を予防、発毛を促進してくれます。

保湿成分にビワ葉エキス、毛髪構成アミノ酸が配合されているため、根元からハリとコシのある髪に導いてくれます。オイル・シリコン・防腐剤・香料・着色料が不使用で、爽快な使い心地で液だれしにくい薬用育毛エッセンスです。

適切ではない逆効果な頭皮マッサージ

爪を立てている

頭皮マッサージを行う際は絶対に爪を立てないようにしましょう。爪を立ててしまうと頭皮を傷つけてしまい、かさぶたができてしまう原因になります。さらに頭皮を傷つけることで頭皮が乾燥して、頭皮を守ろうと皮脂が過剰分泌されてしまいます。皮脂が過剰分泌されてしまうと頭皮の嫌な臭いが発生してしまうので、気をつけるようにしましょう。

同じところばかりマッサージ

頭皮マッサージを行う際は同じところばかりマッサージするのではなく、頭の頭皮全体をまんべんなくマッサージするように心がけましょう。同じところばかりマッサージしていても、頭皮マッサージの効果をしっかりと得ることができません。まんべんなくマッサージを行うことで、マッサージの効果を十分に発揮でき、身体の不調を改善してくれることに繋がります。

強く叩いて刺激を与える

頭皮マッサージをする際に強く叩いて刺激を与えるのは控えましょう。頭皮マッサージに頭皮を指で軽く叩くマッサージがありますが、やさしく心地よい程度に叩くのが基本です。強く叩いてしまうと頭皮に刺激を与えてしまうので、頭皮が傷ついてしまい赤くなってしまったりフケが出てしまう可能性があります。頭皮を叩いて刺激を与える場合はやさしくするように心がけましょう。

1日に何度も行っている

頭皮マッサージを1日に何度も行うのはやめましょう。頭皮は毎日凝って硬くなるので毎日頭皮マッサージをすることは大切ですが、1日に何度もマッサージを行ってしまうと頭皮に刺激を与え過ぎてしまいます。マッサージを毎日するのは良いことですが、何回もマッサージを行うのはやめるようにしましょう。

マッサージ以外で頭皮の緊張とる方法

自分に合った枕を使う

マッサージ以外でも頭皮の緊張を取ることはできます。自分に合った枕を使って頭皮の緊張を取りましょう。枕で一番大切なのは高さです。枕の高さが合っていないと首に負担がかかるので、頭皮の血行まで悪くなってしまいます。

理想的な枕の高さは枕に頭を乗せたときに、首の下にわずかな空間ができないことです。空間ができてしまうと首に負担がかかり疲れてしまいます。空間ができないような枕を選ぶようにしましょう。自分に合った枕を使って首や頭に負担をかけないようにしましょう。

頭皮のコリを解消する海藻類を食べる

頭皮の凝りを解消してくれる海藻類を食べると、頭皮の緊張をとって柔らかくしてくれます。海藻類を食べると血行を良くしてくれる効果があるため、凝り固まった頭皮も柔らかくして頭痛や疲れ目などを改善してくれることが期待できます。

特に海藻類は髪に良いとされており、ワカメや昆布などの海藻類には豊富なミネラルや食物繊維が含まれています。ミネラルの中に含まれているヨードには血行促進に大きな効果があり、新陳代謝を促したり成長ホルモンを促進してくれるので、美しい強い髪を手に入れることができます。

ホットタオルで首や目を温める

ホットタオルで首や目を温めるようにしましょう。パソコンやスマホを長時間使ったり、デスクワークが多い人は目の周りなどが疲れて凝り固まってしまっています。凝り固まって血行が悪くなっているところにホットタオルを当ててあげることで、血行が促進され頭皮の血行も改善されていきます。

ホットタオルでなくても目を温めてくれるグッズがあります。電子レンジに入れたり、熱いお湯につけることでできるホットアイマスクなどです。デスクワークが多くて目や首が疲れやすい人は、このようなグッズを常備しておくと良いでしょう。

定期的にストレッチを行う

定期的にストレッチを行うようにしましょう。ストレッチは血行を良くするのに最適です。ストレッチで筋肉など身体を伸ばすことで、凝り固まった筋肉を柔らかくすることができます。さらにストレッチをすると血行が良くなるため、頭皮の血行も同時に改善されています。

ストレッチは夜寝る前や朝起きたときなど、時間を決めて毎日やることで効果を感じることができます。デスクワークでずっと同じ体制でいる人は筋肉が固まって血行が悪くなってしまいがちなので、休憩中にストレッチを取り入れるとよいでしょう。

水を飲んで皮膚のターンオーバーを促す

水を飲んで皮膚のターンオーバーを促すようにしましょう。私たちの身体はほとんど水でできているため、水を毎日飲むことはとても大切です。身体の中にある水分は尿や汗として体外に出て行くので、毎日水をしっかりと補給しなければなりません。

水をしっかりと補給することで皮膚のターンオーバーが促されるため血行が良くなったり、頭皮を健康に保つことができます。朝起きたときにコップ1杯、お風呂上がりにコップ1杯、寝る前にコップ1杯など、水を飲むのを意識して生活してみましょう。

頭皮を疲れさせない生活を心がけよう

頭皮の疲れはさまざまな頭皮トラブルを引き起こしてしまいます。頭皮トラブルは抜け毛、薄毛、切れ毛、フケ、臭いなどを招いてしまうため、普段から頭皮を疲れさせないように意識することが大切です。頭皮の環境が乱れてしまうと、髪の毛を失ってしまう可能性もあります。

自分に合って続けられそうな頭皮の環境改善方法を選んで頭皮ケアを行いましょう。美しい頭皮を得ると美しい髪が手に入ります。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル