固形石鹸で洗顔って本当にいいの?実力を知り潤いのある綺麗な肌へ

2017.07.19

固形石鹸で洗顔って本当にいいの?実力を知り潤いのある綺麗な肌へ

すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

固形石鹸はよく雑誌でも見かけますが、本当によいのか分かりませんよね。実は、固形石鹸は洗顔フォームよりもお肌にかかる負担が全然違うんです。潤いのあるお肌になるためにも、固形石鹸の使用方法などをみていきましょう。

INDEX

目次

    大きく分けて2種類ある洗顔料

    洗顔フォームと洗顔石鹸

    みなさん、洗顔フォームや洗顔石鹸を購入するとき、裏に書いてある成分などは見ていますか?実は洗顔フォームと洗顔石鹸は、「配合されている成分」がそれぞれに違ってくるんです。

    その配分されている成分によって肌への働きはどう変わっていくのか、順に説明をしていきますね。

    洗顔フォームには合成界面活性剤が入っている

    まずは洗顔フォームについてです。洗顔フォームには、「合成界面活性剤」というものが入っています。これが洗顔フォームの大きな特徴として考えてもらえれば大丈夫です。

    「合成界面活性剤ってなに?」と思う方もいらっしゃいますよね。簡単に言ってしまうと、合成界面活性剤はお肌にとても悪いもの…。

    もともと、洗顔料には界面活性剤というものが入っているんですが、これは私達の顔についている汗だったり皮脂だったり、汚れを洗い流してくれる働きをしているんです。

    なので、そのような嬉しい働きをしてくれる界面活性剤が入っていることに問題はありませんが、この、「合成」界面活性剤になると話は変わってくるんです。

    皆さんは、お皿を洗ったり洗濯をしたりするときに洗剤を使いますよね。洗剤を使うと、どんな汚れでも綺麗に落ちます。

    どうして綺麗に落ちるのかというと、「水と油を合体させ、汚れを落としやすくしよう」
    という目的があるため、合成界面活性剤が使われているんです。お皿を洗っていたら、気が付けば日に日に手がボロボロになってきた…という方もいらっしゃいますよね。これも、合成界面活性剤が原因なんです。

    お肌も手と同様にボロボロになってきたら…考えるだけで怖いですよね。そもそも、洗顔の目的はお肌の汚れを洗い流し、ターンオーバーを正常に機能させるため。

    合成界面活性剤が入っているもので洗顔し続けるとお肌の皮脂はもちろん、保湿成分もどんどん無くなっていってしまいます。保湿成分がなくなってしまうと、乾燥肌や敏感肌を招いてしまう原因にも。洗顔フォームにはこのような特徴があったんですね。

    洗顔石鹸は天然の油脂から作った界面活性剤でできている

    続いて洗顔石鹸についてです。洗顔石鹸は、洗顔フォームとは違い天然の油脂から作られた界面活性剤でできているもの。

    さきほども説明したように、界面活性剤は合成界面活性剤と違ってお肌に悪いものではありません。さらに、着色料や、アルコール、香料、防腐剤なども一切入っていません。

    なので、洗顔をしてもお肌が必要としている成分を、落とすことなく洗顔することができるんですね。お肌の汚れだけを洗い流してくれる、という洗顔の本来の目的をしっかり達成してくれるものが洗顔石鹸なんです。

    「石鹸を使ったら、顔がつっぱる感じがした」という方もいらっしゃいますが、石鹸はつっぱるのが当たり前。

    洗顔をしたら皮脂が取り除かれますよね。お肌は、それを補おう補おうとして皮脂をたくさん出そうとします。つまり、つっぱり感というのは、お肌が回復させようと頑張っている証拠なのでいけないことではないんですよ。

    なので、つっぱるから石鹸はやっぱりだめだ、とは思わずにつっぱっている=お肌がよい方向へ働いていっている、と考えていただければよいと思います。

    固形石鹸イコール洗顔石鹸ではない

    形だけで判断をしてしまうと、合成界面活性剤が入っている商品だった、ということもあります。固形だからといって、全部が全部、合成界面活性剤が入っていないというわけではないのでご注意を。

    成分表を見て選ぼう

    どんなものを買うか悩んでしまうと思いますが、まずは成分表を見てどのような成分が入っているのかを確認しましょう。本当の石鹸というのはアルカリ性であるので、まずはアルカリ性かどうかを確認。さらに、純石鹸や無添加石鹸を選ぶとよいですよ。

    洗顔石鹸を肌タイプで選ぶ

    ニキビ肌には

    成分表を見るだけでなく、自分の肌に合ったタイプのものを選ぶとなおよしです。ニキビ肌には、脂や毛穴の汚れを吸着するクレイなどの成分が入ったものや、消化作用のあるグリチルリチン酸治カリウムなどの成分が入ったものを選ぶとよいですよ。

    敏感肌には

    敏感肌には、できるだけ肌への負担を減らすためにも完全無添加である石鹸を選ぶとよいでしょう。刺激のない洗顔料だけでは、敏感肌を卒業することはできないので無添加、さらに美容成分の入ったものを使うとよいですよ。

    乾燥肌には

    乾燥肌には、潤いを補ってあげることが大切なので、保湿成分が入っているものを選びましょう。保湿成分には、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどがあります。化粧水や乳液だけでなく、洗顔にも保湿を意識するとよいですよ。

    お求めやすいおすすめの洗顔石鹸

    ミヨシ 無添加白いせっけん 108g(無添加 赤ちゃんにも使える)

    この商品は、1個162円という安さで販売されています。香料や着色料、防腐剤は無添加であるうえに、合成界面活性剤は不使用なので安心して使えますね。

    カウブランド無添加シリーズ カウブランド無添加せっけん 100g(石けん素地100%)

    この商品は、100グラム150円、3個パックで450円と低価格で販売されています。こちらも、着色料や香料防腐剤、品質安定剤が無添加となっています。

    アレッポの石鹸 アレッポの石鹸<エキストラ40> 180g(シリアの石鹸職人が、伝統的な製法で作っている)

    こちらの商品は、昔ながらの伝統を守り、そして品質にこだわり続けてなんと300年もの歴史がある老舗のメーカーなんです。無添加天然石鹸で、洗顔だけでなくシャンプーや体など、全身に使用することができますよ。

    ユゼ化粧品 薬用馬油透明石けん 100g(界面活性剤不使用)

    こちらの商品は、界面活性剤が使用されておらず、肌荒れを防いでくれるグリチルリチン酸ジカリウムが入っています。また、うるおい成分も25パーセント配合されており、潤い感もあるので敏感肌の方に合うと思います。

    リッチに洗えるおすすめの洗顔せっけん

    マークアリーフ デイリーピールソープ 80g(無香料・無鉱物油・石油系界面活性剤不使用・オレイン酸フリー)

    こちらの商品は、豆乳発酵エキスが配合されたもので、保湿効果は140パーセントもアップしているんです。無香料、無鉱物油や石油系界面活性剤が不使用で肌にも優しく、しっかりと洗浄することができます。

    DHC DHCマイルドソープ 90g(バージンオリーブオイルと蜂蜜を効果的に配合)

    こちらの商品は、バージンオリーブオイルと蜂蜜を効果的に配合しているのでお肌にとっても優しい石鹸です。汚れはしっかり落としますが、お肌には潤いを残したままつっぱり感のない仕上がりになります。

    クリニーク フェーシャルソープ 100g(いろんな肌用に種類あり)

    こちらの商品は、皮膚科医も推薦するほど優れた商品になります。お肌をスッキリと洗い流してくれますよ。必要な潤いはきちんと残してくれるので、安心ですね。

    洗顔石鹸の正しい使い方

    清潔な手で、しっかり泡立てる

    まず大事なことは、清潔な手で行うことです。手が汚れたままだと、手の雑菌が洗顔石鹸から洗顔泡へいき、そしてお肌にまで移っていってしまいます。弾力のある、きめ細かい泡を作って洗いましょう。ネットやブラシを使うと簡単に泡を作ることができますよ。

    顔にのせた泡でやさしく洗う

    洗うときは、お肌をこすらず中から外にかけて円をかくように指を使って泡を広げていきましょう。お肌を直接触ってしまうのではなく、泡の上から汚れを落としていくイメージで行います。

    ぬるま湯でしっかりすすぐ

    ぬるま湯ですすぐことがポイントです。なぜかというと、熱いお湯だと、顔の油脂も一緒に洗い流してしまう可能性があるからです。ぬるま湯で、肌に石鹸が残らないように、生え際もしっかりと洗い流しましょう。

    洗浄力が強いのでスピーディに

    泡をつけた後は、そのまま放置しておくのではなく早めに洗い流します。低刺激だとはいっても、長時間泡のついた状態だとお肌に負担がかかってしまいます。優しく、スピーディに行いましょうね。

    • 藤田 あみ
      藤田 あみフリーランスPRモデル, 会社員
      7779-1:洗顔で重要なのは泡だてと温度!

      固形石鹸は、固形ではない洗顔と比べ、洗浄力が高いものが多いです。これは、作り方の違いが原因です。なので、汗をかく時期、また、脂性肌の方、毛穴汚れが気になる方は、個人的には固形石鹸が向いていると思います。ただ、固形石鹸の方が最初、泡が立ちにくいので、意識して泡を立てる必要があります。これを怠ると、お肌の刺激にもなりますので、固形石鹸を使うときは、しっかり泡立てネットなどを使って、泡を立てることをオススメします。あとは温度です。お肌にとってストレスのかからない、ぬるま湯で洗うのがお肌にとってはベストです。

    藤田 あみさんを1人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    ニキビケアは洗顔料も大事。失敗しない選び方と正しい洗顔方法まとめ

    ひと手間かけて美肌になろう

    固形石鹸は、洗顔フォームに比べると泡立てるのも面倒だし、ついつい洗顔フォームへ頼りがちになってしまいます。

    ですが、洗顔フォームよりも固形石鹸を使用する方がお肌に優しく、効果もきちんと出てきます。

    ずっと付き合っていく自分のお肌のためにも、自分に合ったタイプの石鹸を使って潤いのあるお肌を保っていきたいですね。

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT