毛穴はクレンジングでキレイに。おすすめ商品とタイプ別選び方のコツ

2017.07.19

毛穴はクレンジングでキレイに。おすすめ商品とタイプ別選び方のコツ

すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

毛穴の黒ずみをキレイにするには、クレンジングが重要です。少しのコツと自分に合ったクレンジング選びで、気になる毛穴もゴッソリ。どれを買うか迷ってしまうクレンジングのタイプ別選び方のコツと正しい使用法、おすすめのクレンジングもご紹介します。

INDEX

目次

    オイルタイプのクレンジングの特徴

    洗浄力が高い

    クレンジングオイルは、メイク落としの中で最も洗浄力があります。成分のほとんどが油分のため、同じく油分を主とするメイクによくなじみ、少ない力で短時間でのメイクオフが可能です。

    ウォータープルーフのマスカラやリップなどをオフできる上に、酸化した皮脂汚れや、大気中の汚染物質まで落とす強さを持っています。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    クレンジングオイルを賢く選ぼう。メリットやおすすめの人気商品

    界面活性剤が多く含まれる

    メイク落ちの良さに関係しているのが「界面活性剤」です。本来ならば分離してしまう水と油を混ぜ合わせるはたらきがある界面活性剤は、オイルとメイクをなじませる際に役立っています。

    界面活性剤の力によりメイク汚れを浮き上がらせ、水やぬるま湯と一緒に洗い流せるようにしているのです。

    負担やダメージが大きい

    強い洗浄力を持つ反面、肌への負担が大きいのもクレンジングオイルの特徴です。ハードなメイクを溶かし出す界面活性剤の力は、肌に必要な皮脂も落として乾燥を招きます。

    また、石油系の界面活性剤はタンパク質を破壊して、アトピー・かぶれ・乾燥の原因にも。肌への浸透性と、残留性の高さも指摘されています。

    肌に負担となる成分を残さないためにはダブル洗顔が必要。より肌に負担をかける行程が必要になる点でも、肌へのダメージが大きいと言えます。

    クレンジング後に充分な保湿が必要

    オイルクレンジングの後は肌が乾燥します。界面活性剤により、メイクと共に肌の皮脂も溶かし出されるためです。皮脂の不足した肌は水分の蒸発を抑えられないため、放置しておくと、油分も水分もなくなった乾燥肌・敏感肌になります。

    クレンジング後には化粧水で水分をたっぷり補給し、乳液やクリームなど油分のあるものでフタをしましょう。

    ローションタイプのクレンジングの特徴

    アルコールが多く含まれている

    コットンに染み込ませてふき取るだけのクレンジングローション。水クレンジングなどとも呼ばれますが、水でメイクを落としているわけではありません。

    ふき取りだけで高いメイク落ちを実現させるために、アルコール系の成分を多く使用している場合があります。アルコール成分は刺激が強いため、肌の弱い方は注意が必要です。

    肌が乾燥しやすくなる

    アルコール以外にも、界面活性剤を多く含みます。クレンジングローションはオイルを含まず、主に界面活性剤の力でメイクを落とすため、界面活性剤が皮膚の角質層を破壊。乾燥の原因になります。

    肌の刺激が強く敏感肌や乾燥肌にはNG

    実は肌への刺激が強いローションクレンジング。ローションをコットンにつけて肌をこするため、摩擦が生じて肌トラブルの原因になりやすいのです。

    またアルコールを使用した商品が多く、界面活性剤の刺激が強い点からも、乾燥肌や敏感肌の方向きではありません。忙しくてメイクをしたまま寝てしまいそうな時の応急処置用と考えておいた方が良いでしょう。

    ジェルタイプのクレンジングの特徴

    やや洗浄力は低いが肌への負担が少ない

    洗浄力が低いイメージあるジェルクレンジング。しかしメイク落としの中では低刺激で、オイルイン・オイルフリーなど選択肢が豊富です。ナチュラルメイク向けのものから、しっかり系のメイクが落とせるタイプまで幅広くあります。

    とくにオイルフリーのものはしっかりメイクは落ちないものの、低刺激が評価され、敏感肌の方に選ばれているアイテムが多くあります。

    乾燥しにくく毛穴も開きにくい

    ジェルタイプにはダブル洗顔不要のタイプも多くあります。弾力のあるジェルが毛穴に密着し、メイクや皮脂汚れを吸着。何度も洗わず、皮脂を落とし過ぎないため、使用後の乾燥や毛穴の開きが少ない点も魅力です。

    敏感肌や乾燥肌でも大丈夫

    低刺激のジェルタイプは、敏感肌・乾燥肌の方にも選ばれています。肌トラブルが気になる方は、ナチュラルメイクで肌自体の負担を軽減して、低刺激のジェルクレンジングを使用するのがおすすめです。

    また、オイルインタイプであっても、オイルクレンジングに比べるとかなり低刺激です。しっかりメイクがはずせない方は、オイルインタイプのジェルを使用しましょう。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    クレンジングジェル使用のコツ。特徴を生かす方法とおすすめ商品は?

    クリームタイプのクレンジングの特徴

    肌への負担が少なく潤いを奪わない

    クリームクレンジングは界面活性剤が比較的少なく、肌への負担が軽いのが特徴です。また、濃厚なクリームが肌の上でクッションの役割を果たし、こすれによる摩擦を軽減。多く含まれている油分によって洗い上がりが乾燥しにくいのもうれしい点です。

    毛穴の中に皮脂や汚れが溜まりにくい

    毛穴の開きは乾燥によるものです。クレンジング後に肌が乾燥すると、毛穴が開き、汚れや皮脂がたまる原因に。クリームクレンジングは油分によって洗い上がりの乾燥を防ぐため、毛穴が開きにくく、新たに汚れが入り込むのを防ぎます。

    毛穴の黒ずみにお悩みの方におすすめ

    毛穴の黒ずみは、皮脂やメイク汚れなどの油汚れです。クリームクレンジングを行うと、クリーム内の油分が同じ油である毛穴の汚れによくなじみ、からめとって浮き上がらせます。

    クレンジングをするたびに毛穴ケアもできてしまうため、毛穴の汚れに悩んでいる方にはとくにおすすめです。

    敏感肌や乾燥肌の方ににおすすめ

    洗浄力とやさしさを兼ね備えたクリームクレンジング。もちろん敏感肌・乾燥肌の方にもおすすめできます。

    ふき取るタイプと洗い流すタイプがありますが、肌の弱い方はふき取るタイプは避けましょう。せっかく摩擦のないクリームを使用しても、拭き取りの時に刺激を与えてしまいます。敏感肌・乾燥肌の方には、洗い流すクリームクレンジングがおすすめです。

    毛穴の黒ずみを改善する方法

    毎日毛穴の汚れを落とす

    毛穴の汚れは毎日きちんと落としましょう。毛穴の黒ずみはメイクや汚れが残ったものや、皮脂・角質がたまったものです。放置しておくと汚れが蓄積し、どんどん毛穴が拡大します。

    クレンジングの選び方も大切で、ハードなメイクに対して洗浄力の弱いクレンジングを使用するなどはNG。メイクを落としきれずに汚れが残り、老化や肌トラブルの原因にもなります。自分のメイクに合った洗浄力のクレンジングを選びましょう。

    メイクをしたまま寝てしまうのは絶対にNGです。自分に合ったクレンジングで、肌の汚れをしっかり落としてから一日を終えるよう徹底しましょう。

    拭き取るタイプのクレンジングはNG

    拭き取るタイプのクレンジングは、毛穴ケアには向きません。肌をこすってメイクを落とす際に、毛穴汚れを奥に押し込んでしまいます。

    また、拭き取るだけでもメイクが落ちるように作られているため刺激が強く、こする摩擦もダメージになり、肌が乾燥。乾燥すると毛穴が開くので、逆に毛穴の黒ずみを悪化させることにもつながります。

    毛穴を開くのがコツ

    クレンジングの前には毛穴を開くのがポイントです。肌をしっかり温めると毛穴が開き、クレンジングの毛穴ケア効果をより高めます。

    入浴の一番最後にクレンジングを行うか、ホットタオルを使用して、顔を温めてから行うのがおすすめです。

    お風呂で使えるタイプのクレンジングでも、肌が濡れているとクレンジング力が低下します。水滴がついている場合は一度ふき取ってからクレンジングを始めるのもコツの一つです。

    温まった肌をやさしくマッサージするようにクレンジングすると、毛穴の汚れが浮き上がり、洗い上がりの肌いきいきします。

    毛穴を引き締める

    クレンジングで毛穴の汚れを落としたら、仕上げに毛穴を引き締めましょう。汚れが落ちた毛穴はぽっかり穴が開いた状態になっており、そのままだと新たに汚れが入ってしまう恐れがあります。

    おすすめなのは、洗顔の最後に冷水ですすぎを行う「冷水洗顔」です。クレンジングや洗顔は35℃~36℃のぬるま湯で行いますが、最後の仕上げだけは冷水にしましょう。温度変化によって血行が促進され、毛穴もキュッと引き締まります。

    冷やした化粧水を使用するもの良いでしょう。その後は通常のスキンケアを行い、保湿と油分によるフタをして完了です。

    毛穴を開かないためのポイント

    クレンジングはクリームかジェルを選ぶ

    肌が乾燥すると毛穴が開きます。極力乾燥しないクレンジングを選ぶのも重要なポイントです。クレンジングオイルやローションタイプは、クレンジング後の乾燥が強いため、避けた方が良いでしょう。

    肌へのやさしさと洗浄力のバランスを考えて、最もおすすめなのはクレンジングクリーム又はジェルです。ジェルの場合は、オイルフリーのものだと洗浄力がかなり落ちるため、ある程度しっかりとしたメイクにはオイルインタイプがおすすめです。

    また、ハードなアイメイクや口紅が欠かせない方は、ポイントメイクリムーバーを併用しましょう。

    顔をマッサージするように洗う

    毛穴ケアは、毛穴が開いた状態で行うのが効果的です。入浴時やホットタオルなどを活用して、肌を温めてから行いましょう。

    クリームやジェルを肌に乗せ、軽い力でクルクルとマッサージするようになじませます。中指と薬指を使うと、力が入り過ぎず、軽いタッチのマッサージが可能です。

    フェイスラインをあごの先から耳の下まで。小鼻のキワは汚れが残りやすいため、細かくていねいに行いましょう。他の部分も内側から外側に向かうようにマッサージすれば完了です。すすぎ残しがないように、やさしく流しましょう。

    お湯の温度に注意

    クレンジングを流す際は必ずぬるま湯を使用します。シャワーでそのまま流している方は要注意。シャワーの水圧は肌には強すぎるため、シワやたるみの原因になり、40℃以上のお湯は皮脂を取り過ぎて肌を乾燥させます。

    使用後のべたつきが気になる場合などは高温で流したくもなりますが、必ず35℃~36℃のぬるま湯を「手ですくって」やさしく洗い流すよう心掛けましょう。

    保湿をしっかりする

    汚れが取れた後はしっかり保湿しましょう。クレンジングクリームやジェルには乾燥を感じにくいタイプもありますが、放置は厳禁です。

    毛穴がからっぽになり、肌の防御力も低下しています。化粧水でたっぷりとうるおいを与えて、油分のあるもので水分の蒸発を防ぎましょう。

    お買い求めやすいクレンジングジェル

    キュレルジェルメイク落とし

    乾燥性敏感肌向けのオイルフリージェルです。無着色・無香料・ノンアルコールで肌にやさしく、アレルギーテスト済。

    オイルを含まないため、しっかりメイクには向きませんが、敏感肌の方から「何の刺激も感じない、肌にやさしいことが実感できた」との声があります。

    オードムーゲ メイク落としジェル

    トラブル肌にやさしい弱酸性でパラベンフリー。アレルギーテスト済です。オイルフリーのため、洗浄力は低めですが「マスカラ・アイライン以外はちゃんと落ちる」との声も。

    「するするなじんで洗い上がりがつっぱらない」と、使用感の軽さと肌なじみの良さ、肌へのやさしさでかなりの好評価を得ています。

    ### 無印良品 マイルドジェルクレンジング

    塗れた手でも使えるクレンジングジェル。ヒアルロン酸がたっぷりの水分をキープし、肌へのやさしさにもこだわった無着色・無香料・無鉱物油・ノンアルコール・弱酸性。

    「肌にやさしいのにメイクは良く落ちる、アイメイクも落ちました」とクレンジング力にも高評価です。

    贅沢プラセンタのもっちり白肌クレンジングジェル

    美容成分たっぷりで洗い上がりしっとり。国産100%のプラセンタエキスに、コラーゲン・ヒアルロン酸を配合したオイルフリージェルです。肌にやさしい無着色・無香料・無鉱物油・ノンアルコール。

    固めのジェルが、メイクになじむとスルっと軽くなります。「乾燥しないし目に入っても痛くないからキワまで安心して洗える。値段と使用感的でリピートです」との高評価です。

    reparte(レパルテ) クレンジングジェル 100g

    無着色・無香料・無鉱物・ノンアルコール・石油界面活性剤不使用の無添加オイルフリージェル。吸着力の強いクレイとこんにゃくスクラブで、毛穴の汚れを吸着します。

     

    洗い上がりはサッパリツルツルのため、乾燥が気になる場合があります。保湿ケアは忘れずに。高評価の意見が多く「肌にやさしいのに汚れ落ちもいい」と感じている方が多いようです。

    毛穴の黒ずみに効くクレンジングクリーム

    AQ ミリオリティ リペア クレンジングクリーム

    ダブルペプチド(保湿)を配合したまろやかなクリーム。女性らしい香りは合成香料を使用せず、摘みたての植物から抽出した天然香料を使用。

    「高級品ではあるけれど、美容液や基礎化粧品にお金をかけるならこれを使う。下手なエステよりも効果を感じる」との声もあります。

    つき華 クレンジングクリーム

    洗い流しもふき取りもできるクレンジングクリーム。みずみずしい使用感が肌への刺激を軽減し、ヒアルロン酸配合でうるおいのある肌に。

    クリームがメイクになじみ、オイルのように軽くなったら流すサインです。メイク落ちの良さと、洗い上がりのしっとり感が高く評価されています。

    エグゼティシャン マッサージクレンジング

    クレンジングとマッサージが同時にできる高機能クリームです。落としてから「与える」をコンセプトに、コラーゲン・ヒアルロン酸・ビタミンC・プラセンタ・コエンザイムQ10など、肌の若返りをサポートする成分がたっぷり含まれています。

    ナイトクレンジング

    マッサージクリームのようなメイク落とし。濃厚なクリームが、毛穴の汚れやメイクを浮き上がらせます。コラーゲン・ヒアルロン酸配合で洗い上がりしっとり。「油を取り過ぎず、しっとりもちもちに仕上がって感動」との体験談があります。

    イルネージュ リフレッシュマッサージ

    なめらかタッチのマッサージクリームです。クレンジングとしての使用も可能。コラーゲン・ヒアルロン酸がうるおいを与えながらマッサージし、肌にハリを与えます。

    「クレンジングをして洗顔後、さらにマッサージクリームとして使用するとモチモチでハリもアップします」とダブル使用のアドバイスや「メイク落としとしてのクレンジング力も優秀」との高評価の声が見られました。

    • Mai
      Mai(35)主婦、モデル
      7776-1:毛穴の黒ずみに効くクレンジングクリーム

      Nature & Co クレンジング クリーム アプリコットオイル配合で、マッサージにも適したエモリエントオイルをたっぷり含んだ、なめらかな使い心地のクレンジングクリーム。こんにゃく粒入りで肌の上をコロコロ転がってマッサージすることで、血色感のある、いきいきと明るいツルツルとした手触りの肌に導きます。 このクレンジングクリームを使い始めてから、肌トラブルが少なくなりました。 メイクを落としながら、こんにゃく粒で毛穴の黒ずみまでしっかりマッサージできている気がします。 洗い上がりはしっとりつるつるです。

    Maiさんを0人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    クレンジング選びに迷ったらクリームタイプがおすすめ

    種類の豊富さに「何を選べば良いかわからない」という方も多いクレンジング。総合的に見ると「クレンジングクリーム」が最もバランスが良く使いやすいと言えます。

    肌にやさしい低刺激クレンジングを使用しても、メイクが肌に残るのは、オイルクレンジングの負担よりずっと大きな負担です。

    自分のメイクの程度をきちんと把握したうえで、メイクに合わせたクレンジングを選びましょう。しっかりメイクも肌へのやさしさもあきらめたくない人は、一度クレンジングクリームを試してみることをおすすめします。

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT