本来の肌に戻る肌断食のやり方は?本当はもっと綺麗なのかも

2017.07.19

本来の肌に戻る肌断食のやり方は?本当はもっと綺麗なのかも

すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

「肌断食」をご存知ですか?「顔に何もつけない」という非常にシンプルな美容法です。実践している方は「美肌になった」という方が多いのですが、美肌担ったのではなく「本来の肌」に戻ったのです。では、なぜ今の肌は「本来の肌」でないのでしょう?

INDEX

目次

    肌断食の目的

    肌本来の力を取り戻すため

    化粧品を使い続けていたため、今のお肌は肌本来の力を失っているかもしれません。化粧品がすべて与えてくれて、洗顔で角質を落としてくれるので「皮脂分泌しなくていいや」「角質落とさなくてもいいや」と肌が怠けてしまうのです。

    肌断食は、怠けた肌がもう一度しっかり働くよう、乱れた肌のバランスを整え、ターンオーバーを正常化するための美容法です。

    肌荒れの原因を取り除くため

    何を使っても肌荒れが改善しない…という方はいませんか?もしかしたら、肌荒れの原因は今使っている化粧品の成分や洗顔方法かもしれません。

    界面活性剤

    水と油を溶け合う状態をつくるために使われる界面活性剤は、ほとんどのクレンジングに含まれています。界面活性剤は、肌の皮脂と水を同化し、落としてしまうためバリア機能の低下の原因となりえます。

    防腐剤

    毛穴にはたくさんの菌が住み着いており、皮膚を弱酸性にたもってくれたり、皮膚を雑菌から守ってくれています。化粧品に使われている防腐剤が、これらの常在菌まで死滅させてしまい、雑菌が繁殖しやすくなります。その結果、ニキビができやすくなってしまいます。

    保湿成分まで洗い流す洗顔

    メイク以外の汚れは、ぬるま湯だけで落とすことが可能です。それなのに、洗顔料で洗うと皮脂を落としすぎ、うるおい成分まで奪ってしまいます。せっかく、自分でうるおい成分を体内から出しているのに、それを洗顔で奪ってしまうのはもったいないですね。

    肌断食のやり方

    順番に肌への刺激を減らしていく

    突然肌に何もつけなくなると、乾燥が気になりますね。最初からすべての化粧品の使用をストップしても良いのですが、少しずつ減らしていくとやりやすいでしょう。まず、クレンジングの使用をストップ、クリーム、乳液、美容液、最後に化粧水の使用もストップ。

    お肌と相談しながらアイテムを減らしてみてくださいね。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    肌断食で元のキレイな素肌へ。不安にならないための正しい始め方

    全ての化粧品の使用をやめる

    最終的に、一切の化粧品を使わないのがゴールです。

    洗顔も水洗顔のみが理想ですが、日焼け止めやファンデーションを塗った日はクレンジングではなく、洗顔石けんで洗顔しましょう。石けんも界面活性剤ですが、すすぐ時に界面活性剤を残さないという性質を持っているからです。

    完全肌断食の注意点

    正常化するまでにかかる時間は様々

    肌断食をはじめてどのくらいで効果が出るのでしょう?人によってさまざまで1週間で肌のキメが整った、ニキビが減った等すぐに効果が出る方もいれば、1年、2年と年単位でようやく効果の出る方もいます。

    最低限のスキンケアは大事

    肌の状態によっては、肌の様子をみながらの最低限のスキンケアも必要になります。

    メイクをしている場合は、ぬるま湯洗顔でメイクは落ちません。「純石けん」という防腐剤や保存料などの添加物が一切使用されていない低刺激の石けんで洗いましょう。洗顔後、肌は乾燥していますが、しばらくすると新しい皮脂が分泌されるため、すこしずつ潤ってきます。

    ただ、粉をふいてしまうほど乾燥しすぎた場合は、白色ワセリンを塗るのはOKです。
    ワセリンは肌の中の水分を逃げないように蓋をしてくれる性質を持っています。

    冬から始めるのを避ける

    肌断食をはじめる時期も大切です。

    日本の冬は、空気が乾燥していますね。
    すでに肌断食を行っていれば、乾燥した季節でも問題ありませんが、始めたばかりだと、肌が正常に機能していないため、悪化し続けることがつらい場合があります。梅雨や夏など、湿気のある季節からスタートさせるのがおすすめです。

    プチ肌断食のやり方

    夜だけ肌断食

    昼は、今までどおりのスキンケア、夜はせっけんで洗顔のみで後は何もしない方法です。夜は、寝てしまうだけなので、カサカサしていても気になりません。

    注意点は、メイク。クレンジングの使用は界面活性剤が含まれているため、使用はNGです。石けんで落とせるクレンジング不要の化粧品を使用してください。

    週末肌断食

    平日は通常のケア・メイクをし、土日のみ何もつけない方法です。金曜日の夜から日曜日の夜まで何もつけないことで、肌を本来の姿にリセットするのが目的です。

    平日使用する化粧品は、界面活性剤や防腐剤などの添加物が含まれていない化粧品をつかってください。でないと、せっかく肌断食で良い状態になった肌が界面活性剤や防腐剤で傷ついてしまいます。

    肌断食中のメイク

    肌断食中はできれば、メイクもしないのがベストです。…が、毎日ノーメイクってつらいですよね。化粧品をきちんと選ぶ、工夫をするなどすれば、肌断食中でもメイクはOKです。

    おすすめはポイントメイクのみ。眉やアイメイクのみのポイントメイクであれば、肌に化粧品を乗せる範囲が少なくてすみます。

    ファンデーションを使いたい場合は、油分を含むリキッドファンデーションではなく、パウダーファンデーションを使用しましょう。油分を含む化粧品は石けんだけでは落ちない商品がほとんどだからです。

    ファンデーションもポイントメイクに使用する化粧品も、石けんで落ちる商品を選びましょう。

    • 滝沢日花里
      滝沢日花里(33)MR、モデル、医療・美容・健康コンサルタント
      7754-1:肌断食中のメイク

      私は週末肌断食をしておりますが、今回はメイク用品と肌質の改善も見込める肌断食の方法について記載したいと思います。肌断食中に限らず、私は毎日のメイクでミネラルファンデーションしか使用しておりません。化粧下地も使用しておりません。スキンケアの後にミネラルファンデーションのみです。愛用しているのは「VINTORTE」。特徴としまして、1、クレンジング不要。2、つけたまま眠れる。3、商品のラインナップやカラーバリエーションが豊富。4、安心の国産。5、コスパが良くお財布にもお肌にも優しい。6、10個のフリーを(タルク不使用、パラベン不使用、紫外線吸収剤不使用、界面活性剤不使用など)達成されているメーカーさんです。朝のメイクを短くしたいと思い、VINTORTEさんのファンデーションのみを使用しております。化粧をしない男性は肌トラブルが女性より少ないのでは?というのが最初の疑問でした。ホルモンの関係もあるとは思いますが、1番はメイクや過度なスキンケアが更に肌への負担を掛けているのではないかと考えました。医療・美容コンサルをさせて頂いている私からお伝えしますと「肌断食はスキンケアを卒業、というより、肌トラブルを改善していき最低限のスキンケアで美肌効果が期待出来る方法」だと思っております。 肌本来の力に戻れても、年齢と共に減少していくヒアルロン酸、目立ってきたシワやほうれい線などは、スキンケア無しで改善していく事はとても難しいのが現状です。 肌断食は、肌のデトックスを行い、これを機会にメイク用品の見直し、クレンジングや洗顔、スキンケア用品の成分を見直していく良いきっかけだと考えます。 最低限のスキンケアとメイクで、是非お肌に休暇期間を与えてあげましょう。 肌断食後に、本当の肌トラブルの原因が見えてくると思います。 それに合わせたピンポイントのケアで、すっぴん美肌が一気に近付くと思います。時間は掛かると思いますが、何か不安な点や疑問点がございましたら、お気軽に医療・美容コンサルタント滝沢のInstagramからご相談下さいね。

    滝沢日花里さんを23人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    肌断食を始めると起こる反応

    顔全体が乾燥する

    肌断食をは始めたばかりの時は、顔全体が乾燥してつらい、という方が多く見られます。パリパリと粉を吹いたり、皮がむけてしまう場合もあります。

    これは、界面活性剤や防腐剤入りの化粧品を使用してきたため、肌のうるおう機能やバリア機能が低下しており、皮脂を自力で分泌しにくくなっているのが原因です。

    皮脂が気になる

    乾燥しているのに、皮脂でテカる場合もあります。肌をうるおしてくれていた化粧品を与えられなくなり、乾燥を防ぐために「皮脂を出さなくちゃ」と肌が過剰に皮脂を出してしてしまっている状態です。

    ニキビが増える

    皮脂をださなくちゃ、とがんばっていた肌は皮脂腺が肥大化している可能性もあります。

    さらに、化粧品が原因で肌の機能が低下していたり、生理の影響(生理前・整理中はホルモンの影響で肌が敏感になっています。)などが重なり、ニキビが一時的に増えることがあります。

    角栓が出来る

    洗顔料で角質を強制的に落としていたため、ターンーバー機能が乱れているとポツポツと毛穴に角栓ができてしまいます。ターンオーバーが正常だと自然に落ちていくのですが、ターンオーバーが停滞していると角質が落ちず、毛穴にたまってしまうのです。

    かゆくなる

    肌が乾燥するため、かゆみを感じる時もありますが、徐々におさまるので問題ありません。ただし、かゆくて我慢できないほどであれば、真菌が繁殖している可能性がありますので、素人判断はせず、皮膚科を受診してください。

    肌環境が整うまでは肌が荒れて見える

    肌断食をすると、化粧品でうるおいやツヤを与え、誤魔化していた肌があらわになります。好転反応によって、一時的に肌が荒れているわけでもありません。残念ながら、これが本来の自分のお肌です。

    でも、がっかりしないでください。肌の環境が正常になるにつれ、化粧品で誤魔化さなくてもツルツルの綺麗なお肌に近づいていきます。

    肌断食が失敗しやすい原因

    体質

    体質によっては、肌断食が合わない人もいます。生まれつき肌が弱い場合、肌断食によって肌が丈夫になることはありません。また、肌断食によってアトピーが治ることもありません。

    これは、肌断食が「本来の肌に戻す」ためです。そのため、元から肌環境の良い人には効果があまり見られないかもしれません。

    しかし、肌環境が良いということは、綺麗なお肌なはず。シンプルケアを心がけてきた方やあまりメイクをしない方に多く見られます。

    我慢できなかったり不安になる

    肌の環境が改善するまで、肌荒れ・ニキビ・乾燥などに悩まされます。肌が綺麗になるまで我慢できなくなったり、本当に効果があるのか不安になったり…。

    そんな方は、週末だけまたは夜だけのプチ肌断食から始めて、少しずつ慣れていくと良いでしょう。

    顔をよく触る

    顔をよく触っていませんか?無意識に頬杖をついたり、顔にかかる髪をはらったり、実は顔をよく触る機会って多いのです。

    顔を触りすぎるのはNG! 触るたびに角質をこすり落とし、肌を傷つけているのです。意識的に顔を触る機会を減らしてくださいね。

    肌断食の効果

    肌の機能が正常化する

    肌断食で肌が美しくなるわけではありません。…がっかりしましたか?本来の肌の姿になるのです。でも、化粧品できれいに見えても実は傷ついているお肌よりも、本来の肌はもっと美しいんです。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    悩まされるニキビ肌。一度ケアをやめる肌断食でニキビ知らずの肌へ

    肌の状態に敏感になる

    化粧品のおかげで、ボロボロお肌でもごまかせていたので肌の状態はあまり気にならなかったかもしれません。

    肌断食では、化粧品により誤魔化しができなくなるため、油物を食べるとすぐ顔の油分が増える、睡眠不足で顔色が悪い等、肌の反応が早くなります。それによって、肌に良い食べ物を摂ったり、しっかり睡眠を取るなどしてすぐに対応できますね。

    肌の機能を生かそう

    今まで化粧品で与えていた肌に必要な成分は、実は自力で分泌が可能なのです。ピーリングをしなくても、ターンオーバー機能が正常なら、余計な角質のないお肌でいられます。本来の肌の機能を取り戻し、化粧品の必要のないお肌を目指しましょう。

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT