ボコボコの肌をなんとかして。ボコボコ肌の原因とおすすめスキンケア

2017.07.18

ボコボコの肌をなんとかして。ボコボコ肌の原因とおすすめスキンケア

すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

まだまだ若いと放っておいたらいつも間にか肌がボコボコに!でも原因もわからないし、どのスキンケアを使用したらいいかもわからない...そんなあなたもまずは原因を知り、それに合ったスキンケアを行うことでちゃんと肌はキレイに戻ります。

INDEX

目次

    肌がボコボコしている状態

    みかんの皮のようにぶつぶつしている

    メイクをしても目立ってしまう、ボコボコした肌。まるでみかんの皮のようでうんざりしてしまいますよね。こうした肌がボコボコしている状態には5つのタイプと原因があります。きっとあなたにも当てはまるものがあるはずですので、あなたの肌と照らし合わせてみてくださいね。

    ボコボコのタイプ5つと原因

    タイプ1、毛穴の広がり

    毛穴が開いた状態が目立ち、ボコボコ肌になっている方は、体質的にオイリー肌ではありませんか?もしくは表面は乾燥していても毛穴の中が油っぽいインナードライのタイプ。

    これらのタイプの方は、毛穴に汚れが貯まりやすく、うまく汚れを洗浄することができずに毛穴を広げてしまっている状態になり、ボコボコ肌となっています。
    ▼さらに詳しい解説はこちら
    毛穴が目立つ原因は?しっかり対策をしてツルツル陶器肌を目指そう

    タイプ2、ニキビによるもの

    10代に多くみられるニキビが顔いっぱいにあり、ボコボコの肌になっているという方も多いでしょう。10代だけでなく、大人ニキビはさらにやっかいで生活習慣やストレスなどでニキビに悩まされている方も多くおられます。根本的に治さなくては、治っても、またできてしまうという悪循環から抜け出せません。

    タイプ3、目立つニキビ跡

    ニキビによるボコボコ肌で悩んでいる方がさらに気を付けなくてはいけないのが、ニキビ跡。腫れが引く前にニキビの修復が終わってニキビ跡になってしまったり、化膿したニキビの膿が大量に出た後の凹みがそのままボコボコになってしまうということがあります。

    気になるニキビを潰してしまったり、日常生活の中で潰れてしまうとニキビ跡になりやすく、1度なってしまうとなかなか治りにくくなってしまいます。
    ▼さらに詳しい解説はこちら
    ひどいニキビ跡を軽くするには?タイプ別ケアですべすべお肌に

    タイプ4、肌荒れや炎症

    肌荒れや炎症で、肌に傷がある状態から修復しようとしている途中で、修復が終わってしまい跡が残ってしまうタイプです。ニキビ跡のタイプともよく似ているボコボコで、クレーターのようなボコボコや出っ張った状態になるのが特徴です。広範囲に広がる恐れがあり、メイクでもなかなか隠すのが難しいタイプ。

    タイプ5、アトピー跡

    アトピーによる炎症からくるボコボコ肌です。タイプ4ともよく似ている状態で、肌を修復しようとしている状態なのに途中で修復が終わってしまい跡が残ることが多いです。見た目もタイプ4によく似ていて、広範囲にボコボコが広がる恐れがあります。

    肌ボコボコの対策方法

    肌のマッサージを行う

    ボコボコ肌にマッサージを行うことで、血行が良くなり、細胞が活性化されていきます。それによって、ターンオーバーがスムーズに行われ、ボコボコの肌がきれいになっていくというわけです。

    ニキビなどが現在も肌にある場合は、マッサージを行うとニキビに刺激となり、悪化してしまう恐れがありますので、その場合は行わないようにしましょう。

    肌に良い美容成分を取り入れる

    ボコボコした肌には、積極的に摂取していきたい美容成分。特に有効と言われている「コラーゲン」は肌のハリや弾力を生む働きがあり、肌をふっくらと膨らませることでボコボコの肌を正常な状態に戻す効果が期待できます。

    さらに併せてビタミンCを摂取することで、よりコラーゲンの生成を助け、相乗効果を生むことができます。コラーゲンが多く含まれている食材は、ふかひれやウナギ、すっぽんなど高級食材にも多いですが、身近なところで手羽先や豚足、魚の皮、牛筋などがあります。魚や手羽先を焼き、レモンをかけると手軽に摂取できおすすめです。

    洗顔後にしっかりと保湿する

    しっかりと保湿をすることは肌を守る効果があると言われています。インナードライの方だけでなく、オイリー肌の方も保湿は必ず行わなければ、それを補うために油分が出てしまう恐れがありますので、しっかりと保湿は行いましょう。
    ▼さらに詳しい解説はこちら
    化粧水のあとってどうしてる?基本的なスキンケアのコツ教えます

    プラセンタドリンクを飲む

    コラーゲンやビタミンC以上に即効性が欲しい方には、プラセンタドリンクを寝る前に飲むことをおすすめします。朝起きた時のお肌の状態がプルプルと潤い、ボコボコした肌の修復が大幅にスピードアップも期待できます。あくまで薬ではありませんので、すぐにデコボコ肌が治るわけでなく、修復の力が補助されるとお考えください。

    • miu♡
      miu♡(26)フリーランス
      7731-1:肌ボコボコの対策方法

      お肌がボコボコしていると、お化粧のノリが悪くなり、いまいちテンションが上がらないことや、もしかして誰かに見られているのではないか?と気になりますよね。 上の記事の5つの肌タイプにもあるように、原因は様々です。 保湿、栄養を与え賦活作用を高めたり、古い角質や不要物をピーリングで優しく取り除くなど、ターンオーバーを促進してあげることも必要です。(肌の生まれ変わり) そして、肌質やその時の体調などによっても変わるため、外から働きかけるケアだけでなく、バランスの良い食事や栄養補給をするなど、自分に合う方法でケアしてあげましょう。

    miu♡さんを0人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    毛穴の広がりにオススメの化粧アイテム

    b.glen 毛穴ケアセット (セットなので容量の記載なし)

    コラーゲンやビタミンCなどボコボコ肌によいとされる美容成分配合に加え、保湿成分であるヒアルロン酸も配合されています。肌に乗せた瞬間に浸透し、長時間潤い続ける化粧水でしっかりとお肌の補修を助けます。お試しのセットですが、毛穴ケアはまずご自身の肌に合っていないと逆効果になる恐れがありますので、お試しできるのはうれしいですよね。

    草花木果 透肌化粧水・竹

    拭き取りタイプの化粧水です。コットンで優しく古い角質を拭き取るように使用します。しっかりと潤いますが、べたつきやかさつきは感じられません。肌をいたわりながら、ボコボコ肌の余分な角質をキレイに取り除くことができます。肌の隅々まで浸透し、潤いを与えながらキメを整えることができます。洗顔ミルク、マスクジェルとラインで使うとより毛穴の目立たない肌を目指すことができますよ。

    ニキビ・アトピーにオススメの化粧洗顔

    プライマリー ノンエー

    しっかりとした泡立ちの石鹸タイプ。きめ細やかで弾力ある泡でニキビ肌の方でも優しく洗うことができます。ニキビ用の石鹸ですが、ピーリング成分などは含ませておらず、香料やエタノール、着色料など無添加の石鹸ですので、肌が弱い方でも安心してお使いいただけます。

    健康コーポレーション どろあわわ

    チューブのような容器に入っている半練りタイプ。泡立てネットを使用し、洗顔なのに潤う、弾力のある泡を作ることができます。毛穴の汚れをしっかりと泡で吸着し落とすことができ、さらに引き締め効果も期待できます。豆乳の発酵液が配合しており、ツッパリ感もなく、ふっくらとした洗い上がりです。

    ニキビ跡にオススメの化粧水

    リプロスキン ベース ローション

    せっかくよい成分の化粧品を使用しても、柔軟性のはいお肌では美容成分が浸透していきません。リプロスキンは美容成分がしっかりと肌に浸透することにこだわった化粧水。お肌のバランスを整えることで、ニキビができにくい肌へと育てていくことが期待できます。医薬部外品で敏感肌の方でも安心して使うことができます。

    あいび ベルリアン

    ニキビやニキビ跡のシミなども防ぐ効果が期待できるビタミンC誘導体が配合されているだけでなく、悪化した時の炎症を防ぎ、大人のニキビに悩む方におすすめの商品です。高保湿のヒアルロン酸も配合されているので、ニキビケアをしながらしっとりとした肌を保つことができます。医薬部外品でノンアルコール、パラペンフリーなど肌に優しく使用することができます。

    肌荒れや炎症にオススメの化粧水

    ガシーレンカー ジャパン プロアクティブ+ (セットで容量記載なし)

    ニキビケアのために作られた3ステップのプロアクティブ。毛穴の詰まりや、過剰に分泌された皮脂、乾燥やくすみ、シミなどにも効果が期待できます。刺激が強いと思われがちなニキビケア商品ですが、まったく負担を感じないほど天然由来成分配合で肌にも優しくケアすることができます。使い切っても60日間返金OKなのは商品への自信の表れですね。

    肌のボコボコを改善する化粧下地もチェック

    セルフューチャー シルキーカバーオイルブロック

    キチンキトサンという成分が肌のデコボコをカバーし、毛穴やシワを目立たなくさせる効果がある下地です。ファンデーションのノリもよくなり、シルクのようなさらさらとしたつるんとした仕上がりとなります。ヒアルロン酸やコラーゲンなど、美容成分も配合されているので、つければつけるほどスキンケアの効果も期待できます。

    米肌 澄肌CCクリーム

    毛穴を目立たなくさせる効果があるだけでなく、SPF50と日焼け止めの効果も高い商品です。BBクリームよりも「塗っている」という感じがなく、素肌をキレイに見せることができます。ファンデーションやパウダーの必要がないほど、さらさらとした仕上がりですので、これ1本でお出かけできる肌の完成。

    ボコボコ肌をケアするコツ

    乾燥したら美容液や美容クリームを塗る

    乾燥してしまうと角質が堅くなることで、毛穴がたるみやすくなります。それによってボコボコの肌を形成してしまう恐れがありますので、保湿効果の高い美容液や美容クリームを塗ることで防ぎましょう。
    ▼さらに詳しい解説はこちら
    保湿美容液の特徴や使用方法。若々しく美肌を目指そう。

    洗顔は洗いすぎない

    ニキビ肌の方に多いのですが、肌の油分を気にしすぎて洗顔をしすぎることです。洗顔をしすぎてしまうと、肌を守るのに必要な油分まで落としてしまいます。肌は落ちた油分を補おうとさらに過剰に皮脂を分泌してしまいます。丁寧な洗顔は必要ですが、朝晩の1日2回に抑えましょう。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    間違った洗顔が原因だった!正しいスキンケアでオイリー肌にサヨナラ

    部屋の湿度を保つ

    意外と見落としがちなのが、部屋の湿度。エアコンなどのかかった部屋は、肌が乾燥しやすい環境です。加湿器を使うなど部屋の湿度をコントロールすることで肌の乾燥を防ぐことができます。加湿器が使えない環境にある場合は、濡れたタオルをそばにかけておけば多少は湿度を補うことができます。

    食事で治すボコボコ肌

    野菜や果物に含まれるビタミン類

    ボコボコ肌を治すにはターンオーバーが大切。ターンオーバーを促す効果が期待できるのが、ビタミンAです。ビタミンAを多く含む食材は、鶏レバー、ほうれん草、かぼちゃ、うなぎ、にんじん、モロヘイヤなどです。

    また真皮層にあるコラーゲンの生成を補助し、皮脂が過剰に分泌するのを抑える効果が期待できるのはビタミンCです。ニキビ跡の色素沈着にも効果ありですので、ぜひとも摂取したい栄養素です。ビタミンCを多く含む食材は、ブロッコリー、パプリカ、かぶの葉、菜の花、カリフラワーなどです。

    新陳代謝を上げる鉄分

    鉄分を摂取すると血流がよくなり、新陳代謝を上げることができます。鉄分は体内で作ることができない成分で、貧血の方も多いかと思いますので、ぜひとも摂取をおすすめします。鉄分を多く含む食材は、鶏レバー、ひじき、ほうれん草、レンズ豆、高野豆腐、しじみなどです。

    魚や肉に含まれるタンパク質

    ダイエットをされている方でタンパク質を控えている方も多いかもしれませんが、美肌作りに欠かせないタンパク質。実はとても大事な役割をしており、タンパク質は体内でアミノ酸に変化し、コラーゲン生成の元となります。タンパク質を多く含む食材は、しらす干し、本マグロ(赤身)、牛筋、いわし、いくら、さんまなどです。

    生活習慣から治すボコボコ肌

    不規則な生活の改善

    とても効果のあるスキンケアを行っても効果が見えないという方は生活習慣の見直してみてはいかがでしょうか。ボコボコ肌の改善にはターンオーバーが欠かせません。常に寝不足の状態、たばこ、飲酒など続けているとターンオーバーを乱してしまいます。ご自身の生活を改善すれば治るかもしれません。

    ストレス発散

    ストレスを受け続けると自律神経を乱してしまいます。それによって男性ホルモンが優位な状態となり、皮脂が過剰に分泌されやすくなってしまいます。ストレスをなくすことは難しいかと思いますので、うまく発散できるようにしましょう。

    湯船に浸かって保湿する

    お風呂はシャワーだけでなく、しっかりと湯船に浸かるようにしましょう。湯船に浸かるとそれだけで保湿効果を得ることができ、潤いのある肌になります。また毛穴が開くことによって、毛穴の汚れが取れやすくなります。

    適度に運動をして汗をかく

    適度な運動を行うことで、代謝が上がり、ターンオーバーを促すことができます。また汗をかくことで毛穴の中に汚れが溜まりにくい状態になります。運動がストレス発散に繋がることもありますので、ぜひ生活に取り入れましょう。
    ▼さらに詳しい解説はこちら
    「ウォーキングの効果」気軽にはじめて健康美人を目指そう

    早寝早起きを心がける

    お肌のゴールデンタイムと呼ばれるのが夜22時から夜中の2時。そして質のよい睡眠は寝始めてから3時間くらいですので、この時間に睡眠をしっかり合わせると肌のターンオーバーを促し、キレイな肌を目指すことができます。3時間ということは夜11時には寝るように心がけましょう。

    ボコボコを改善してツルツルなお肌を目指そう

    気が付いたらやっている習慣など、ご自身の生活に身の覚えはありませんでしたか?原因とスキンケア法を知る事で、ずっと悩んでいたボコボコ肌もキレイにツルツルなお肌にすることも可能です。まずは自分のタイプを知り、スキンケアだけでなく、ご自身の生活習慣、食事などを見直し、ツルツルなお肌を目指しましょう。

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT