ウォータープルーフの日焼け止め情報満載。美肌を守って夏を乗りきる

2017.07.19

ウォータープルーフの日焼け止め情報満載。美肌を守って夏を乗りきる

すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

日焼け止めをこまめに塗っても、毎年日焼けをしていませんか?水に強いウォータープルーフの日焼け止めを選ぼうにも種類や効果はさまざま。日焼けの原因や人気アイテムなどを知り、今年の夏は紫外線対策をしっかり行い、白く美しい素肌をキープしましょう。

INDEX

目次

    何故日焼けするのか

    紫外線が皮膚の細胞組織を破壊する

    太陽の光には、目に見える光と目に見えない紫外線や赤外線の2種類があり、中でも、人体に悪影響を及ぼしてしまうのが紫外線です。紫外線には、UVA、UVB、UVCの3つの波長が存在し、中でも、UVAは地表に届きやすい性質から太陽から届く紫外線の大半を占めていると言われており、肌に蓄積してダメージを与えます。

    このUVAと呼ばれる長い波長は、肌の深い部分まで入り込み、皮膚の細胞組織を破壊します。肌の水分量を調整する機能を低下させて、肌が本来持っているハリや潤いを損なわせるだけでなく、メラノサイトと呼ばれる色素細胞に働きかけてメラニン色素を合成・酸化させて肌を褐色に染めます。これが日焼けの主な原因と考えられています。

    紫外線を浴びる時間が長い程焼けてしまう

    UVAの他にも、地表にはUVBと呼ばれる肌を赤くしたり、水膨れを起こしやすくしたりする紫外線も届いています。UVAは肌の奥に影響を及ぼし、じわじわと時間をかけて肌に影響を与える一方、UVBはUVAよりもエネルギーが強く、肌表面の細胞を傷つけて炎症を起こします。

    例えば、長時間外で日光浴をする場合、肌が赤くなってしまうのはこのUVBと言う波長が大きく関係しています。このように、紫外線を浴びる時間が長いほどUVBの影響を受けやすく、赤い炎症を起こして日焼けをしやすくなります。

    焼けてからの回復は時間がかかる

    日焼け後の肌に美白スキンケアを行っても、元に戻るまでには時間がかかります。古い細胞と新しい細胞が入れ替わる肌のターンオーバーが行われるまでには、約1~2か月程度かかると言われており、日焼けの度合いによってどのくらいの期間で元の状態に戻るのかも変化します。

    また、日焼け後にしっかりケアを行わないとダメージはどんどん蓄積していき、数年後の肌に表面的にシミやしわなどとなって現れてしまいます。日焼けをする前も日焼けをした後も、肌を紫外線から守って炎症を抑制するようにし、正常な肌をキープできるように気を付けましょう。

    日焼けにも個人差があるのか

    赤く肌が焼ける人

    日焼けには、UVBによって皮膚が炎症を起こして赤く焼ける「サンバーン」と、UVAによって肌がすぐに黒く焼けてしまう「サンタン」の2種類があります。

    この中で赤く肌が焼けてしまうサンバーンを起こしやすい人は、日焼けをしても黒くならないのでダメージが少なそうに見えますが、紫外線を吸収する役割を持つメラニンと呼ばれる体内で生成する物質が少なく、紫外線の影響を直接受けてしまいます。

    このことから、しわやシミが将来的にできやすくなるなど、紫外線により老化現象が起きやすくなります。日本人は白い肌の人が多いですが、メラニンの生成が少ないことから、サンバーンを引き起こす人が多いと言われているので、効果的な紫外線対策を行う必要があります。
    ▼さらに詳しい解説はこちら
    日焼けのせいで赤い肌になるのが辛い。手軽なケアと治し方とは?

    黒く肌が焼ける人

    黒く肌が焼けてしまうサンタンを起こす人は、メラニンがしっかり紫外線を吸収してくれていることを意味しているので、肌へのダメージは少ないです。

    サンタンには、日焼け後にすぐに黒くなるタイプとサンバーンを起こして数日後に黒くなるタイプの2種類があります。すぐに黒くなるタイプの場合は、皮膚表面のメラニンが酸化しているだけなので元の肌の状態に戻りやすく、数日後に黒くなるタイプの場合は、炎症が引いた後にメラニンが新たに生成されることから元に戻るのに1週間程度かかります。

    サンタンを起こす人の特徴として、紫外線を感じるとすぐに体内でメラニンを合成してくれるため肌が黒くなってしまいますが、紫外線による老化現象が起きにくいと言われています。しかし、遺伝子は傷ついていることに変わりはないので、将来的にしわやシミなどが起きてしまう場合があります。積極的なUVケアを心がけましょう。

    最悪の場合はやけどの様にみずぶくれも

    紫外線による炎症がひどい場合は、日焼けによる毛細血管のダメージを修復するために皮膚内に水溶性の分泌物が生じて皮膚が腫れた状態になり、みずぶくれの症状が起きることもあります。

    毛細血管の傷を修復するために分泌された水ですので、自然治癒する場合がほとんどです。完治を早めるために患部を冷やしたり、保湿ケアを行ったりすると完治が早くなります。しかし、みずぶくれが広範囲にできてしまった場合には、治るのに時間がかかるので皮膚科に相談するようにしましょう。

    海でも使用可能ランキング上位のウォータープルーフ日焼け止め

    アネッサ エッセンスUV アクアブースター

    汗や水に触れると紫外線をブロックする膜が強化される「アクアブースター技術」と、紫外線によるダメージから肌を守る「美肌エッセンス」で、高い紫外線対策効果と保湿効果が得られます。

    また、耐水性確認済のウォータープルーフタイプでしっとり肌になじんでくれます。さらに、SPF50+・PA++++と高い紫外線防止効果がありながら、せっけんですぐに落とせる手軽さも人気です。

    ナリスアップ コスメティックス パラソーラ イルミスキンUVエッセンス

    高浸透型ビタミンC誘導体やセラミドなどの美白成分が配合され、紫外線対策しながら透明感アップ効果も期待できるナリスアップ コスメティックスのパラソーラ イルミスキンUVエッセンス。ラベンダー色が特徴的なUCエッセンスで、肌に自然な血色感や透明感を与えるとともに、SPF50・PA++++と高いUVカット効果で肌を守ります。

    また、マジックフォーカスパウダー効果で肌の立体感を演出し、顔や体を細く見せながら肌につやを与えてくれます。水や汗に強いため落ちにくく、肌なじみの良いさらさらとした使い心地です。さらに、弱酸性で無香料なので肌への刺激も少ないです。

    ジェルタイプウォータープルーフ日焼け止め

    アリィー(ALLIE) エクストラUVジェル (ミネラルモイスト ネオ)

    たっぷり潤い感のあるジェルでありながら、スキンフィット技術により毛穴の凹凸までしっかりフィットして、ムラ焼けを防いでくれます。

    また、水や汗に強く日中はSPF50+・PA+++と高いUVカット効果で肌を守ってくれます。いつも使用している洗顔料やボディソープで落とせてオフも簡単。無香料・パラベンフリーなので肌が弱い人にもおすすめです。

    • 菱沼希帆
      菱沼希帆(24)歯学生
      7678-1:アリィー(ALLIE) エクストラUVジェル (ミネラルモイスト ネオ)

      私は日焼け直後は赤く、数日経つと黒くなるサンタンタイプです。 趣味でサーフィンをしているので日焼け対策は欠かせません。 サラサラしてる日焼け止めだと海に入った時にすぐに取れてしまってるように感じるのと、日焼け止めが肌の上で白浮きするのが嫌なのでALLIEのジェルタイプを使っています。 量が多くSPFも高いので、全身に使えるし塗り直ししても全然減らないのでコスパが魅力です。

    菱沼希帆さんを1人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    メンターム ザサンパーフェクトUVジェル

    肌なじみが良く潤い成分たっぷりでみずみずしい使用感が人気のメンタームのザサンパーフェクトUVジェル。無着色・無香料で低刺激なので、顔や体のUVカット対策に安心して使えます。また、潤い成分として肌に優しい7種類の植物エキスが使用されており、肌にしっかり潤いも与えます。

    また、SPF50+・PA++++とUVカット効果抜群でありながら、石けんで簡単に落とせる点も人気です。

    クリームタイプウォータープルーフ日焼け止め

    ジルスチュアート エアリーティント ウォータリーCCクリーム

    高いスキンケア効果で肌に自然に潤いを与えながら、透明感のある仕上がりに整えるクリスタルフローラルブーケの香りが特徴的なジルスチュアートのエアリーティント ウォータリーCCクリーム。

    1本持っているだけでスキンケアとファンデーションが手軽にできて、自然なピンクベージュで透明感と自然な血色感ある肌に素早く整えてくれます。また、SPF30・PA+++とUVカット効果もあり、UVケアしながらメイクもムラなく楽しむことができます。

    SK-II アトモスフィア CC クリーム

    肌本来が持つ血色を生かしてトラブルのみをカバーして、自然な仕上がりに整えるSK-II のアトモスフィア CC クリーム。肌のツヤや輝きを高める2種類のパールが配合されており、透明感のあるつややかな肌に整え、使い続けることで肌そのものもケアしてくれます。また、SPF50・PA++++でUVカット効果も高く、人気のアイテムです。

    コスメとして使用可能なウォータープルーフ日焼け止め

    雪肌精 ホワイト BBクリーム

    素早く塗っても肌なじみが良く、美白効果も高いと人気の雪肌精のホワイト BBクリーム。スキンケアや毛穴の凹凸補正を行いながら、シミなどの肌トラブルをカバーし、透明感あるクリアな肌に整えてくれます。

    また、化粧水の後に塗るだけで自然なすっぴんメイクが完成するので、時間をかけずに紫外線対策とメイクアップが可能です。

    ランコムUV エクスペール BB

    SPF50・PA++++の高いUVカット効果とムラのないクリアな素肌に導く効果が人気のランコムのUV エクスペール BB。紫外線やストレスなどによる肌ダメージから肌を守るアーバンシールドテクノロジーという技術により、肌トラブルから肌を守ってくれます。

    また、しみやしわなどのエイジングケアにも高い効果があり、早いうちからエイジングケアしたい人におすすめです。さらに、軽くなじみの良いテクスチャーで自然な美しい素肌を演出してくれます。

    使い心地サラサラなウォータープルーフ日焼け止め

    アリィー(ALLIE) エクストラUVプロテクター(パーフェクトアルファ)S

    無香料・パラベンフリーの低刺激な使い心地で紫外線から肌をしっかり守るアリィー(ALLIE)の エクストラUVプロテクター(パーフェクトアルファ)S。SPF50+・PA++++の高いUVカット効果と汗や水に強い耐久性で、肌をしっかり守ります。

    伸びが良くさらさらとした肌の感触で使い心地が良く、普段のクレンジングで落とせるのでオフも簡単です。

    雪肌精 サンプロテクト エッセンス ジェル

    紫外線による肌ダメージを防ぎながら、透明感ある肌へ整える雪肌精のサンプロテクト エッセンス ジェル。さらさらと肌なじみの良いゲルでベタベタ感を感じさせず、長時間潤い感をキープしてくれます。

    また、日焼け止めとしてだけではなく、化粧下地としても、ファンデーションの効果を高めるアイテムとしても使えます。顔にも全身のケアにも最適です。

    海外製のウォータープルーフ日焼け止めは安全なのか

    オーガニックのものを使えば安全性は上がる

    海外製のウォータープルーフの日焼け止めを選ぶ際に、安全性を心配する人は多いと思います。しかし、オーガニックのものは、化学成分の使用を控えてナチュラルな成分を中心として作られているので、肌への負担が少なく安全性は高いと言えます。

    また、オーガニックの日焼け止めは、植物の持つ抗酸化力や抗炎症作用が含まれているので、肌本来の自然治癒力を高めながら、肌を優しくケアしてくれます。
    ▼さらに詳しい解説はこちら
    オーガニックの日焼け止め「おすすめ商品」。敏感肌が気になる方も必見

    オーガニックといえど化学成分は入っている

    オーガニックの日焼け止めは肌への負担が比較的少ないですが、どのアイテムも誰でも安心して使えると思ってはいけません。

    オーガニックの日焼け止めとして販売されているアイテムの中には、合成防腐剤や合成界面活性剤など肌への刺激が強い化学成分が含まれていることもあります。人によっては刺激を強く感じたり、アレルギー反応を起こしたりする場合もあります。

    成分表で無駄な成分が少ないものを見極めよう

    オーガニックの日焼け止めを選ぶ際には、成分表を見て、商品にどの程度オーガニック成分が配合されているのかを確認しましょう。その際、合成界面活性剤や鉱物油などの化学成分が含まれていないかも一緒に見るようにして、無駄な成分が少ないものを見極めて選ぶようにするのがポイントです。

    また、自分の肌に合っているかを本格的に使う前に確認して、その時の使用感で今後使い続けるのか決めるようにしてください。

    飲む日焼け止めなるサプリも存在する

    塗るタイプの日焼け止めの他にも、飲むタイプの日焼け止め用サプリが存在し、海外セレブの間では紫外線対策として広く使用されており、日本でも広まりつつあります。現在販売されている飲む日焼け止めは、100%オーガニックと表示しているものがほとんどです。

    体の内側から抗酸化作用やメラニン色素抑制作用などを取り入れられ、紫外線による老化現象や肌の黒ずみなどを抑制する効果があります。しかし、日焼け止めサプリは、体格や肌質などにより成分の配合量が考えられて作られているので、海外製よりも日本人に合わせて作られた国産のものの方が安全性が高いです。
    ▼さらに詳しい解説はこちら
    飲む日焼け止めランキング。成分の効果や注目ポイントをチェック

    海外製日焼け止め=白浮きは肌の色の違いからくる

    海外製の日焼け止めを使用して、白浮きして目立ってしまった経験がある人は多いと思います。海外製の日焼け止めは、その国や地域の肌の色に合わせて成分が調整されていることが多く、日本人と肌の色が異なる場合には、肌の色が白っぽく見えてしまう白浮きが起きることがあります。

    海外製の日焼け止めを使う際には、自分の肌色に合っているか、油分が多くテカテカしないかなどを確認した上で、日々の生活に取り入れていきましょう。

    話題の海外製ウォータープルーフ日焼け止め

    Badger(バジャー) サンスクリーンモイスチャライザーSPF30 <無香料>

    オリーブオイルやホホバオイルなどオーガニック保湿成分がたっぷり配合されたBadger(バジャー)の サンスクリーンモイスチャライザーSPF30 <無香料>。紫外線から肌を守るとともに、オーガニック保湿成分が優しく肌をケアして潤いをキープします。

    また、紫外線吸収剤や香料、アルコールなどの余分なものが不使用で低刺激な付け心地です。虫よけ用の成分が配合されたものや上品で香りのよいものなどさまざまなシリーズがあるので、自分の肌質や用途に合ったものを選べます。

    ラ ロッシュ ポゼ アンテリオス XL フリュイド

    SPF50+・PA++++の高いUVカット力で肌を紫外線から守りながら肌のバリア機能も高めてくれるラ ロッシュ ポゼのアンテリオス XL フリュイド。白浮きせずにサラッとした肌なじみの良い使用感で、紫外線によるシミやそばかすなどの肌トラブルから肌を守ります。

    また、パラベンフリー・無香料・アレルギーテスト済みなどで肌への刺激が少なく、優しい使い心地です。

    soleo organics(ソレオ オーガニックス) ソレオ オーガニックス

    オーガニック植物と天然由来の成分だけで作られた優しい使い心地のsoleo organics(ソレオ オーガニックス)のソレオ オーガニックス。日焼けにより乾燥しがちな肌に、オーガニックの保湿成分が肌に潤いを与えるとともに、紫外線による肌トラブルを防止してくれます。

    敏感肌はウォータープルーフ日焼け止めを使っていいのか

    肌に負担をかける紫外線吸収剤不使用がおすすめ

    紫外線吸収剤とは、紫外線を吸収して紫外線による肌へのダメージを減らす成分のこと。一見肌への負担が減って良いのではと思いますが、紫外線吸収剤は天然の成分から作られたものではなく、化学合成して作られた成分です。

    紫外線を自分の中に取り入れて化学反応を起こす性質があり、化学反応の際の熱の放出や化学反応で変化した物質などにより、肌に強い刺激を感じる人もいます。敏感肌の人や肌が弱い人は、できれば紫外線吸収剤不使用のものを選んで、肌への刺激や負担を減らしましょう。

    無着色、無香料、低刺激製品がマスト

    着色料や香料、鉱物油、石油由来の防腐剤であるパラベンなどが配合されている場合、バリア機能を低下させて皮膚炎や色素沈着、アレルギー反応を起こす可能性が高いと言われています。特に、敏感肌の人は刺激が強く感じられて、肌への影響が大きくなります。

    スキンケアアイテムや日焼け止めを選ぶ際には、無着色・無香料・パラベンフリー・アレルギーテスト済みなど低刺激なものを選び、肌を優しく守りましょう。

    敏感肌の人におすすめのウォータープルーフ日焼け止め

    アクセーヌ スーパーサンシールド EX

    軽やかな使い心地と高いUVカット効果が人気のアクセーヌのスーパーサンシールド EX。
    軽やかに伸びてナチュラルな肌を演出し、紫外線から肌を守りながら長時間潤い感をキープしてくれます。

    ノンアルコール・アレルギーテスト済み・無香料・紫外線吸収剤不使用など低刺激で肌が弱い人でも安心して使えます。

    ノブ UVミルクEX

    潤い成分のヒアルロン酸配合で、みずみずしい軽い付け心地が人気のノブのUVミルクEX。無香料・無着色・紫外線吸収剤不使用・アレルギーテスト済みなど肌に優しい低刺激タイプの日焼け止めなので、肌が弱い人や赤ちゃん、子どもにも安心して使えます。

    SPF32+・PA+++でしっかり紫外線をカットできて、お湯でさっとオフできるので、忙しい人やスキンケアに時間をかけたくない人におすすめです。

    日焼けしてしまったら手遅れなのか

    アフターケア次第で完治も早くなる

    どんなに紫外線対策に気を付けていても、気づかないうちに日焼けしていて肌がヒリヒリする経験がある人は多いと思います。日焼け後の肌は、コラーゲンなどの皮膚の細胞組織が傷ついており、肌に必要な水分を保つ機能も弱まっています。そのまま何もせずに放置してしまうと、シミやしわなどの肌トラブルの原因になります。

    こまめに肌を紫外線から守り、日焼けをしないことが一番ですが、日焼けをした後もアフターケア次第では完治が早くなり、正常な肌に戻りやすくなります。

    ただ冷やすだけでも効果はある

    日焼けをしてしまった場合、最初にまず肌を冷却して炎症を抑えることが大切です。日焼けは、肌が火傷のように炎症を起こしている状態なので、まずは冷やして炎症を抑えることが効果的です。

    冷やす際には、日焼け止めや日中の汚れを低刺激の洗顔料などで落とし、専用のローションや、肌に刺激を与えない少しぬるめの水などで日焼けした部分を冷やしましょう。ヒリヒリ感や痛みが引いたら、保冷剤を清潔なタオルで包んで患部を冷やすと、炎症を早く抑えることができます。

    良く冷やした後は、アルコールや香料などの添加物が含まれていない肌に優しい低刺激な化粧水をコットンに含ませて優しく保湿していきましょう。

    かゆみを抑えて、皮膚に触れない様にしよう

    日焼けした後は肌のバリア機能が低下しており、炎症による痛みを感じやすくなったり、乾燥により少しの刺激でもかゆみを感じたりします。かゆくてついつい搔いてしまうと、さらに皮膚の細胞が傷ついて肌のバリア機能が一層低下し、乾燥を招いてかゆみが増すこともあります。

    日焼け後のかゆみを抑制するには、炎症を抑える成分や肌のターンオーバーを促進して治りを早める成分が入っている保湿剤を使うと効果的です。塗った後は、掻きたいのを少し我慢して皮膚に触れないように心がけましょう。

    痛みのケアも重要

    日焼けによる炎症がひどく痛みがある場合には、まずは患部を水で冷やしましょう。この時、冷たすぎる水は肌に強い刺激を与えてしまうので、触れて心地良いぐらいの少し温い水で冷やしてください。ここで、冷やしても我慢できない程の痛みがある場合や広範囲の水ぶくれの症状がある場合には、皮膚科に相談しましょう。

    しっかり患部を冷やした後は、皮膚を乾燥から守るために保湿を行います。化粧水は刺激が強いと感じる場合には、低刺激の保湿クリームを塗って肌への負担を減らしましょう。痛みが引いた後も1週間程度は、患部を重点的に保湿すると再発を防ぐことができます。

    皮膚の皮が剥けた時の対処法

    日焼け後に皮膚の皮がボロボロと剥ける場合、炎症を起こしていた皮膚の下から新しい皮膚が再生されていることを意味します。自分で皮を無理に剥いてしまうと、炎症がひどくなったり、紫外線が当たってシミやくすみなどが発生しやすくなったりするので、注意が必要です。

    入浴する際には、皮が剥けている部分は手で優しく包み込むように洗うようにし、刺激の少ない化粧水やクリーム、乳液などでしっかりと保湿を行いましょう。

    ビタミンCは塗っても食べても効果的

    スキンケアアイテムの中でも、ビタミンC誘導体が配合されたアイテムは、メラニンが作られるのを抑制し、アイテムはシミやそばかすの発生を予防する効果が期待できます。紫外線を多く浴びた日や日焼けしてしまった日に使用すると効果的です。

    また、ビタミンCは、レモンやキウイなどの食材から摂取して体内に取り入れても効果を発揮します。ビタミンCは、肌を修復する効果や皮膚や血管に必要なコラーゲンの生成をサポートする効果なども期待できるため、日焼けが気になる場合には積極的にビタミンCを取り入れるようにしましょう。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    ビタミン摂取で日焼け対策。体の内側から予防してきれいになろう

    日焼け止めを最大限活用して、暑い夏を乗り切ろう

    こまめに日焼け止めを塗りなおして紫外線から肌を守ることが大切ですが、万が一日焼けをしてしまった場合には、しっかりアフターケアを行いましょう。

    そのままにしておくと、将来的にシミやくすみなどの肌トラブルを起こしてしまう可能性があるので、冷却や保湿をしっかり行うことが大事です。

    汗や水に強いウォータープルーフタイプの日焼け止めなどを最大限に活用して、紫外線の強い暑い夏を乗り切り、白くてクリアな肌をキープしましょう。

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT