黄ニキビは化膿して痛がゆい。根本原因を解消して美肌を取り戻す方法

2017.07.18

黄ニキビは化膿して痛がゆい。根本原因を解消して美肌を取り戻す方法

すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

ニキビの悪化が進んでしまうとできてしまう黄ニキビ。ニキビは食生活やホルモンバランスの乱れなどから悪化してしまいます。効果的な治療法を知り綺麗に黄ニキビを直しましょう。

INDEX

目次

    白ニキビと黄ニキビは似ているが違う

    白ニキビは白く、黄ニキビは周囲が赤い

    白ニキビは初期段階

    白く小さなプツプツのように見えることから「白ニキビ」と呼ばれています。毛穴に詰まっている皮脂が外に出られず皮膚の内側で盛り上がり、皮膚の外側からも見える状態です。

    皮脂は白に近い色なので、ニキビの色も白くなります。初期段階のニキビなので、スキンケアで治せます。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    白ニキビを潰すのはダメ?白ニキビを潰すメリットや正しいケア方法

    黄ニキビは膿が溜まり炎症している

    黄ニキビは炎症して毛穴に膿が詰まっている状態です。化膿でやや黄色味を帯びているため「黄ニキビ」と呼ばれています。炎症がニキビ周辺に及び、赤く腫れてボコッと盛り上がっているのも特徴です。

    黄ニキビには痛みがある

    黄ニキビの炎症は肌奥深くまで到達しています。炎症が広がっているので少し触れただけでも痛みを感じます。また、肌のバリア機能が低下しているので、かゆみを感じるケースもあります。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    「黄ニキビ」は炎症の進んだ状態。少しでも早く対処しよう

    黄ニキビの原因

    毛穴の詰まり

    ニキビの根本的な原因は毛穴詰まりです。肌のターンオーバーの周期が乱れ、古い角質が溜まると角栓詰まって炎症し、ニキビの原因となります。

    皮脂の分泌過剰

    皮脂の多い体質遺伝や、思春期を除くと、皮脂の過剰分泌は乾燥が原因です。肌が乾燥すると、防衛機能として皮脂を分泌するのです。

    皮脂が溜まると毛穴が詰まり、ニキビができます。白ニキビの状態で皮脂を抑制しないと、黄ニキビにまで悪化してしまう可能性があります。

    食生活やホルモンバランスの乱れ

    糖質や脂質の多い食事ばかりしていると、皮脂が過剰分泌します。また、ホルモンバランスの乱れでも皮脂は過剰分泌します。

    生理前であれば、男性ホルモンに似た黄体ホルモンが多く分泌され、ストレスが溜まると同じく男性ホルモンに似た働きをする交感神経が優位になります。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    エストロゲン・プロゲステロンのことを知って、女性ホルモンを整えよう

    アクネ菌や黄色ブドウ球菌の繁殖

    ニキビができたとき、炎症の原因となるのはアクネ菌と黄色ブドウ球菌の2種類です。アクネ菌は白ニキビの状態のときから皮脂をエサにして繁殖をし始めます。アクネ菌は白ニキビから赤ニキビへと段階を進めます。

    さらに悪化すると、黄色ブドウ球菌が繁殖を始めます。黄色ブドウ球菌とは、人の体に存在する常在菌の一つですが、悪玉菌に近い常在菌です。菌自体がバリア機能を持っているので、ニキビ薬や抗生物質などが効きにくい菌と言われています。

    黄色ブドウ球菌は繁殖すると炎症を一気に広げてしまうので、赤ニキビから黄ニキビになる原因となります。

    黄ニキビの治し方

    軟膏塗布で炎症を抑制する

    黄ニキビは炎症がひどい状態です。薬を使い炎症を抑える応急ケアが有効です。

    ステロイド軟膏は炎症を抑える

    ステロイドは抗炎作用があるので黄ニキビにおすすめです。炎症を抑える作用があるので、皮脂が詰まっているだけの白ニキビや、白ニキビの皮脂部分が酸化している黒ニキビにはあまり効果がありません。

    ステロイド軟膏使用の注意点

    ステロイドには免疫力も抑える働きがあるので、使い続けるとニキビを悪化させてしまう可能性があります。塗布する範囲を最小限に抑え、1日に2~3回以内を目安に使用してください。

    効き目が強い薬、長時間使用しないようにしてください。皮膚が薄くなり、白く漂白されてしまうなどの副作用があります。医師や薬剤師さんに相談の上使用しましょう。

    抗生物質はあくまで応急処置

    ステロイド軟膏の他に、抗生物質を使用して炎症を抑える方法もあります。しかし、ドラッグストアなどで手に入る市販薬は応急処置にしかなりません。黄ニキビを完全に治したいなら、皮膚科で処方される薬を使用することをオススメします。

    • 滝沢日花里
      滝沢日花里(34)MR、モデル、医療・美容・健康コンサルタント
      7676-1:軟膏塗布で炎症を抑制する

      疲労や睡眠不足、ホルモンバランスによって気を遣っていてもニキビが出来てしまう事はありますよね。 皮膚トラブル全般に言える事ですが、トラブルが起きている部位は清潔に保ち触れない事が大切です。ニキビが出来た時の対処法の一つに、湯船に浸かり毛穴を開く方法があります。毛穴が開くと膿が出易くなりますのでお勧めです。炎症が酷い場合は、スキンケアの前にニキビの部分だけ消毒をしてあげると良いでしょう。抗生剤やステロイドは化粧水の後に付けてあげて下さい。私はニキビが出来た際、寝るときには前髪を上げニキビの部分にテープを貼る様にしています。この方法は個人差や皮膚の状態で変わりますので、専門医にきちんと相談をした上でケアをしていきましょう。尚、医療機関で薬を処方された場合は、独断で中断をしたりせず指示通りにケアを行って下さいね。

    滝沢日花里さんを23人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    膿を出す

    黄ニキビの中にある白い膿の正体は、雑菌と戦った後の「白血球」の死骸です。膿は体内に溜まると悪影響があるので、早く取り出した方が良いと言われています。

    しかし、爪で潰して絞り、血が出るようなやり方は絶対にNGです。高い確率でニキビ跡になってしまうので、正しい方法で膿を出すようにしましょう。

    膿の正しい取り出し方

    膿を取り出すためにまず、消毒した針とガーゼ、抗生物質入りの軟膏を用意します。膿をだけを取り出すので、針を刺すときは表面の薄い膜のみにしましょう。

    針で刺した後は、針で開けた出口の上にガーゼを置いて優しく膿を吸い取ります。膿は出しきろうとするとニキビ跡になるので、表面にある膿だけを処理するようにしてください。

    皮膚科を受診する

    黄ニキビは治療法を間違えると危険です。潰してしまうとニキビ跡になりますし、周囲にある他のニキビも悪化させてしまいます。専門機関での治療がベストです。

    一般的な皮膚科での治療法は、炎症を抑えるために市販薬より強い抗生物質が処方されます。また、場合によってはステロイド注射やレーザーを使った施術を行う場合もあります。

    炭酸ガスのレーザーで膿を溶かす

    レーザー治療は、膿が溜まっている部分に炭酸ガスのレーザーを使用し、膿を溶かして分解します。炎症が静まり治りが早くなります。

    膿を出しても良い黄ニキビ

    赤みが引き、膿んでいるだけの状態

    黄ニキビまで到達したニキビは、周りの細胞まで炎症が広がっています。赤みがあって痛みがあるときに膿を出そうと潰してしまうと、炎症が悪化する恐れがあります。膿を出す場合は周りの赤みが引き、ニキビに膿が溜まっているだけの状態の時にしましょう。

    すぐに膿が排出されそうな状態

    膿は体に残っていると良い影響はありません。膿が奥深くにあり、表面が硬くなっている場合は力がいるので専門機関で治療してもらいましょう。

    力を入れて膿を取り出そうとすると、溜まっている膿を周りの細胞にさらに広げてしまいます。膿が周りの細胞に広がってしまうと、逆に黄ニキビを悪化させてしまうので、膿をとりだすときは力をこめなくてもすぐに取り出せる状態のときにしましょう。

    周囲に他のニキビがない

    膿が周囲にあるニキビに付着してしまうと、炎症の原因となりさらに黄ニキビが増えてしまう可能性があります。黄ニキビの周囲に他のニキビがない状態で処置を行いましょう。

    潰す行為はニキビ跡の原因になるので注意

    無理やり搾り取った場合ではなく、あくまで表面の膿を取った場合のみ、黄ニキビは治りが早いと言われています。ただし、セルフで行うのはリスクがあります。専門機関で治療した方が跡になる心配ありません。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    黄ニキビを潰すとデメリットがたくさん。きれいに改善する方法は?

    黄ニキビの予防方法

    白ニキビの段階でケアをする

    黄ニキビを原因から根絶するには、今あるニキビの炎症を抑えるのに加え、白ニキビができないよう、スキンケアと生活改善しなければなりません。

    たっぷりの泡で優しく洗顔

    毛穴に皮脂や汚れが詰まっているだけのニキビは、洗顔で毛穴をきれいにしましょう。洗顔をしているときに刺激を与えてしまうと、ニキビをケアするどころか、かえってニキビを悪化させてしまいます。

    洗顔をするときは刺激を与えないようにたっぷりの泡を使い優しく洗ってあげるようにしましょう。

    洗顔後はすぐに保湿を

    ニキビを悪化させる原因は刺激だけではありません。肌が乾燥することで皮脂量が増え、菌を繁殖させてしまいニキビが悪化します。

    洗顔後の肌は水分が蒸発しやすく乾燥しやすいので、洗顔後は乳液やクリームなどを使用し。すぐに保湿をしましょう。

    野菜中心の食事

    皮脂量が増える原因は食生活も関係しています。脂質や糖質を摂取しすぎると皮脂量は増えてしまうのです。皮脂量が増えすぎないよう野菜中心の食生活に改善しましょう。

    野菜には、ビタミンなどニキビ予防に必要な栄養素がたっぷりと含まれています。脂質や糖質も控えれば、皮脂の量を抑えられます。

    十分な睡眠

    ホルモンバランスは寝不足やストレスが原因で乱れます。ストレスは、寝不足が続くと解消されにくくなります。十分な睡眠が大切です。寝る前のスマホやPC作業は控えるようにしましょう。ブルーライトは脳に刺激を与えてしまいます。

    寝る前の食事も浅い睡眠に繋がりますので、就寝3時間前には食事を終えましょう。ぬるめのお湯にゆっくりと浸かると、リラックスして眠れます。

    イソフラボン配合の医薬品、化粧品を用いる

    イソフラボンとは大豆に多く含まれている成分です。イソフラボンには女性ホルモンに似た性質があり、さらに皮脂分泌を抑える効果もあります。イソフラボンが配合されている医薬品や、化粧品を使用することでニキビができにくい肌を目指しましょう。

    黄ニキビがあるときのスキンケアのポイント

    低刺激のスキンケア用品を選択

    黄ニキビができている肌は、炎症が起きてボロボロな状態です。当然刺激にも弱くなっています。黄ニキビに限らず、肌トラブル全般において刺激は厳禁です。治りをできるだけ早めるには、低刺激で抗炎症効果のあるスキンケア用品が有効です。

    油分の多いクリームや乳液は使用しない

    保湿は肌にとって重要ですが、油分の多いクリームや乳液には注意が必要です。毛穴を塞いでしまうので、黄ニキビを悪化させないために適切なスキンケア商品を選びましょう。

    抗炎症作用のある化粧水を

    黄ニキビの場合は強い炎症を起こしているニキビなので、保湿成分のみの化粧水よりは、抗炎症作用のある化粧水がおすすめです。

    サリチル酸か甘草が配合されている化粧水を選ぶ

    化粧水に使われている抗炎症作用がある成分は、「サリチル酸」と「甘草」が一般的です。サリチル酸は抗炎症作用が強く、甘草はサリチル酸より抗炎症作用が弱まります。

    効果が強いと刺激も比例して強くなるので、炎症がひどいときはサルチル酸、肌全体が乾燥していたり、黄ニキビの炎症が治まってきたら甘草を選ぶと良いでしょう。

    ビタミンC配合美容液を使用

    黄ニキビは跡になるリスクが高いので、ビタミンCが配合された化粧水や美容液がおすすめです。ニキビ跡が残ってしまうのは、メラニンが肌に色素沈着するのが原因です。そこで、ビタミンC美容液が活躍してくれます。ビタミンCには肌の奥に直接働いて、メラニンがニキビ跡やシミを防ぎます。

    ビタミンCは肌の奥に浸透してくれないと意味がないので、ナノサイズまで細かくされているビタミンC美容液を選びましょう。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    ニキビ改善にはビタミンCが効果的。効率良く摂取する方法とは?

    黄ニキビに対する皮膚科での治療

    抗生物質の内服

    化膿している黄ニキビが複数個所あり、今後さらに悪化しそうな場合は皮膚科で抗生物質の内服を勧められることがあります。抗生物質を服用すると、原因菌を素早く減らせます。

    ステロイド剤の注射

    黄ニキビの中でも、炎症が激しい場合や、激しく化膿している黄ニキビには直接注射して治療するケースがあります。使われる薬剤はステロイド剤です。黄ニキビに直接注射することで、激しい炎症を抑えられます。

    レーザー治療

    レーザー治療の施術は、膿が溜まって化膿しているニキビに小さな穴をあけ、皮膚の中に直接レーザー光を当てます。レーザー光には殺菌作用があるので、炎症を鎮めると同時に、ニキビが再発しにくい肌に導いてくれます。また、レーザー治療法で使用されるレーザーは炭酸ガスレーザーです。

    炭酸ガスには膿を溶かして分解してくれる効果があるので、黄ニキビの中から膿を取り出すことができるのです。

    漢方薬の内服

    黄ニキビまでニキビが悪化してしまうと完治までに時間がかかります。抗生物質やステロイド剤は素早く炎症や黄ニキビの化膿を鎮めてくれますが、副作用が出やすくなります。

    一方、漢方薬は時間がかかりますが、副作用が少ない薬です。黄ニキビの炎症や化膿があまり酷くない場合や、内服薬や外用薬にプラスして処方されます。

    ホルモン療法

    男性ホルモンを抑制する「スピノラクト」や、「低用量ピル」を服用します。どちらも服用する時間や量に決まりがありますので、医師と相談の上、使用法を守りましょう。

    すぐに効果は実感できませんが、徐々に肌のサイクルが整い、体が内側から変化してきます。副作用もありますので、事前に問い合わせると安心です。

    黄ニキビにおすすめの市販薬

    テラコートリル

    テラコートリルには市販薬ではあまり配合されていない、オキシテトラサイクリン塩酸塩という成分が配合されています。細菌は増えるときにタンパク質を合成させます。オキシテトラサイクリン塩酸塩はこのタンパク質の合成を阻止する効果がある抗菌薬成分です。

    抗菌成分がニキビの原因であるアクネ菌の増殖を防いでくれます。また、テラコートリルには抗炎症作用がある「ヒドロコルチゾン」も配合されています。ヒドロコルチゾンはステロイド剤の一つで、黄ニキビのせいで起きている炎症を抑えます。

    使用上の注意

    同じ抗菌薬を長期間使用すると耐性がついて効かなくなってしまいます。また、ステロイド剤も長期間使用すると赤ら顔になり、副作用が出ることがあります。長期間の使用は避けるようにしましょう。

    効果的な使い方

    テラコートリルはスキンケアをした後に、ニキビの部分だけ塗布して使用します。ニキビのない部分にテラコートリルを使用すると、副作用のリスクが高くなるので注意しましょう。

    メンソレータムアクネス ニキビ治療薬

    赤みが腫れのあるニキビに効果がある治療薬です。イオウ成分が毛穴の汚れを吸収して、皮脂分泌の排出を改善させる効果があります。さらに、アクネ菌を殺菌する効果があります。

    また、抗炎症成分の「グリチルレチン酸」を配合しています。化膿したニキビにも効果があるので、黄ニキビの治療薬としておすすめできます。

    黄ニキビは皮膚科での治療がおすすめ

    ニキビには段階があり、黄ニキビは最終段階まで到達したニキビです。黄ニキビができてしまった肌はすでにボロボロな状態とも言えます。黄ニキビは完治しにくい上に、ニキビが治ったとしてもニキビ跡になってしまう可能性が高いニキビです。

    ドラッグストアなどで手に入る市販薬で、一時的に症状は抑えられますが、セルフで行う治療はニキビを悪化させてしまう恐れがあります。仕事や学業で忙しくても、専門機関での治療を受けるようにしましょう。

    悪化がひどい黄ニキビは外側と内側の両方からケアする必要があります。早い段階で生活習慣を見直し、心身ともにリラックスした日々を送りましょう。

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT