憧れの「艶肌メイク」。自分に合った艶肌ファンデでもっと簡単に

2017.07.19

憧れの「艶肌メイク」。自分に合った艶肌ファンデでもっと簡単に

すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

みずみずしく潤いあふれる艶肌は、明るく若々しい印象を与えます。艶肌メイクを叶えるためには基礎化粧品やポイントメイクも大切ですが、艶肌ファンデ選びが1番の鍵。さまざまな種類のファンデーションから自分に合うものを見つけて艶肌メイクをマスターしよう。

INDEX

目次

    艶肌メイクにリキッドファンデを使う利点

    カバー力が高くシミやくすみを隠せる

    大人の肌は、色むらやシミ、くすみや目の下のクマなど気になるところがいっぱいありますよね。気になるところにコンシーラーを使って、ファンデーションを塗って、さらにまたコンシーラーを…と重ねていると、いつの間にか厚塗りになってしまいます。

    カバー力のあるリキッドファンデーションを使うことで、コンシーラーなどのポイントメイクを最小限に抑えることができ、透明感のあるナチュラルな艶肌を作れます。

    保湿力があるので乾燥に強い

    乾燥しがちな肌へパウダータイプのファンデーションを使用すると、粉浮きしてしまいます。その点、リキッドタイプは主成分が油分なため、保湿効果が高く乾燥にも強いので、乾燥肌の方や乾燥シーズンにおすすめです。

    伸びが良くて塗りやすい

    リキッドタイプのファンデーションは、油分を多く含んだ柔らかい乳液タイプなため肌の上で伸ばしやすく、肌への密着度も高いので、パウダータイプよりもムラになりにくい特徴があります。また、ファンデーションの塗り方やパウダーなどでの仕上げ方によって、微妙な変化をつけることができます。

    塗るときにスポンジやブラシを使用すれば、ムラになりにくく程よい薄付きの、透明感のある肌に仕上げることができます。

    • 滝沢日花里
      滝沢日花里(33)MR、モデル、医療・美容・健康コンサルタント
      7629-1:伸びが良くて塗りやすい

      リキッドファンデーションの艶感は健康的にも見え、朝の時間が無い時のメイクには簡単に艶やかな肌を作り出す事が出来ます。 実際にTVや雑誌に出ていらっしゃる女優さん達も、上手に使われていますよね。 私も天気や肌の状態に合わせ、リキッドタイプを使用します。ヘアメイクさんに教えて頂いた、実践しているムラがない早く綺麗に塗る方法をご紹介します。刷毛が大きいブラシにファンデーションを付けてメイクをする事です。テカりが気になる部分は最後にメイクをするのと、目や口回りだけスポンジでポンポンと塗っていきます。熊野筆のブラシを使っておりますが、あっという間に艶肌メイクの完成です。リキッドタイプを使用する際にも、スキンケアがしっかり馴染んだのを確認する事が化粧崩れの防止になります。朝のメイクに使うもよし、化粧直しやアフターファイブに使うもよし、方法1つで綺麗な艶感を出せます。美容液が配合されているのもお勧めです。上手なメイク法と正しいスキンケアで艶感のある魅せる肌を出していけると良いですね。ご質問等がございましたら、お気軽にInstagramから相談して下さいね。

    滝沢日花里さんを23人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    はっきりとした艶感が出せる

    リキッドタイプのメリットの1つは、高い保湿力です。しっとりとした質感で、乾燥した肌などにも伸ばしやすく、ファンデーションを塗った後には油分の膜となり外部の乾燥から守ります。液状なため肌に艶感を出しやすいので、みずみずしく潤った質感が大切な、艶肌メイクにピッタリです。

    幅広い肌質に対応している

    リキッドタイプのものは、肌の隙間にもムラなく広がるため、肌表面をフラットに整えることができます。毛穴や、肌の凹凸のある部分にも入り込んで密着するため、仕上がりがきれいなことが魅力です。多少の肌荒れや乾燥などもしっかりカバーしてくれます。

    艶肌メイクにおすすめのリキッドファンデ

    RMK ジェルクリーミィファンデーション

    ジェルの透明感と、クリームのカバー力を併せ持つファンデーションです。ヒアルロン酸などスキンケア効果のある保湿成分を配合。肌に溶け込むような柔らかなテクスチャーが魅力です。

    アディクション スキンケアファンデーション

    10種類のうるおい美容エッセンスを配合。美容液のような、高保湿効果のあるファンデーションです。伸びもよく毛穴や色ムラのない肌へ仕上げます。乳液や下地、仕上げパウダーも不要で、これひとつでつややかでなめらかな肌をキープします。

    マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

    高い保湿力と美白効果が魅力です。美容液成分を62%配合したリキッドファンデーション。肌にうれしいスクワラン、コラーゲン、プラセンタエキスを配合。シワや黄くすみをカバーしながら、エイジングケアまで叶えます。

    POLA B.Aザクリーミィファンデーション

    日本人の肌の色に合わせて作られたファンデーション。スキンケア成分に加え、保湿成分モイストアップポリマーを配合。チューブタイプで使いやすく、日本人の肌に肌馴染みのいい色が揃っています。

    リソウ リペアリキッドファンデーション

    100%天然由来のミネラル成分を配合。超微粒子パウダーが肌の凹凸に密着し、表面をなめらかに整えます。タール系色素、石油系界面活性剤、合成香料、石油系鉱物油、石油系シリコンなど不使用のため、肌にやさしく自然な仕上がりをキープ。

    メディア クリームファンデーション

    ヒアルロン酸や、保湿美容液成分を配合。高保湿クリームファンデーションです。毛穴やくすみをカバーして自然な艶肌をキープします。

    SUQQU(スック) エクストラ リッチ クリーム ファンデーション

    時間を味方につける新発想ファンデーション。数時間後でもその人らしい艶感をキープします。美容液成分を配合、伸びがよく、均一に溶け込みながら肌に密着するような付け心地で、ムラのない美しい肌に仕上げます。くすみを抑えて生き生きとした血色感やツヤをもたらす「グロウリキッド」配合。

    艶肌メイクにパウダーファンデを使う利点

    ナチュラルな艶が出せる

    肌はファンデーションでカバーをすればするほど、厚塗りになってしまい老けて見えたり肌がくすんで見えたりします。パウダータイプのファンデーションは、リキッドタイプに比べてカバー力が低いため、かえってナチュラルで自然な肌に見せることができます。

    落としやすいので肌への負担が軽い

    パウダーファンデーションは、油分が少ないので洗い流すことが簡単です。リキッドタイプなどは、成分に油分が多く含まれていることや、カバー力や密着力が高い分、なかなか落ちずに洗浄力の強い洗顔料が必要になったり、2度洗顔が必要になったりと、肌の負担が大きくなります。

    パウダータイプのものの中には、油分が入っておらず洗顔料だけで落とせるものもあります。肌の状態や目的に合わせて、使い分けるといいでしょう。

    まるでリキッドのような艶を出せる商品も

    パウダータイプのものの中には、保湿成分や美容液成分などが含まれていて、フィット感が高くツヤ感が出るものや、水でスポンジを濡らしてリキッドファンデーションのような使用感に変えられるものもあります。このような商品を選ぶことで、乾燥肌の方でも気にならずに使用でき、リキッドファンデーションのようなツヤ感も表現できます。

    使い心地がさらっとしている

    パウダーファンデーションは、パウダーが毛穴などの肌のくぼみにフィットするため、余分な皮脂を吸収してサラッとした仕上がりになります。軽くて扱いやすく手軽に塗れることや、パウダーなため密着度が比較的低いので、肌に塗っている感覚が少なく軽いつけ心地であることが特徴です。

    化粧直しがしやすい

    パウダータイプは固形でコンパクトに持ち運べるため、手を汚さずに化粧直しも簡単にできます。扱いが簡単なため、広く普及しているファンデーションです。カラーバリエーションや種類もさまざまあるため、自分に合ったものが探しやすいことがうれしいですね。

    手軽に艶肌を作れる人気のパウダーファンデ

    ルナソル スキンモデリングパウダーファンデーション

    パウダーとは思えない抜群のフィット感で、粉っぽさを感じさせず、透明感とツヤのある、肌と一体化するような仕上がりが魅力です。ソフトフォーカス効果により、光が肌を包み、毛穴や肌の凹凸を整えなめらかで美しい肌へ仕上げます。美容液成分配合で、うるおい感をキープ。上質な仕上がりが長時間続きます。

    シャネル ヴィタルミエールエクラコンパクト

    光を拡散させて味方につける、独自の成分の「RLDコンプレックス」が、肌に明るく美しい輝きをもたらします。高い保湿力を持つジャスミンワックスとラベンダーエキスを配合。パウダーでありながら、クリームのようなしっとりとした肌触りを実現。

    ランコム タンミラクコンパクト

    植物性オイルを配合。独自の成分の「ユニバーサルライトテクノロジー」で、光に包まれたような艶と透明感のある肌を演出。潤い効果でしっとりとした肌に仕上げます。

    ディオール ディオールスキンフォーエバーエクストレムコンパクト

    肌に光が溶け込んだような、毛穴の目立たないマット肌へ仕上げます。肌へ自然な明るさをもたらし、気になる毛穴やテカリ、色ムラを防ぐマットパール配合。ぴったりと肌へ密着してつけたての美しさが持続します。潤いを閉じ込める独自のスキンケア成分配合で、理想の肌状態へ導きます。

    マキアージュ ドラマティックパウダリーUV

    ムース生まれのパウダリーファンデーションです。つけた瞬間に軽く広がり、肌へ溶け込むようにフィットします。美容液成分配合で、軽やかなフィット感と心地のいい肌ざわりが魅力です。

    ベアミネラル ベアプロ パウダー ファンデーション

    呼吸をするような素肌感とカバー力が魅力です。90%ミネラルとビタミンを配合した、軽やかで快適なつけ心地。気になる部分に重ね付けしても厚塗り感がなく、立体感と素肌間が際立つ理想のヌード肌へ仕上げます。素肌がランクアップしたような仕上がりが長時間持続します。

    ゲラン ペルル ブラン ライトブースター コンパクト

    なめらかで透明感のあふれる肌を長時間キープ。毛穴の開きや発汗、皮脂をコントロールする独自の成分の「ウェザーフィットテクノロジー」を採用。どんな気温や湿度の中でも、美しく輝く肌が持続します。保湿成分配合で、肌を均等に整えてくすみをはらい、澄んだ輝きを演出します。

    ファンデと併用してもっと艶肌になれる化粧下地

    ポール&ジョー ボーテ ラトゥーエクラファンデーションプライマー

    日本人の黄味の肌を明るく補正するラベンダーパールを配合、光コントロール機能をもった化粧下地です。素肌そのものが輝きを放っているような上質なツヤと透明感が特徴です。シルバーパール、レッドパールが肌との調和性を高めながら、透明感のあふれる明るい肌に整えます。

    エスプリーク ツヤ・ハリ仕上げ 発光下地

    4種の偏光パール配合で、ひと塗りで肌の内側から発光するようなツヤとハリを演出し、気になる小じわやほうれい線を光で飛ばして目立たなくさせます。角質層をうるおいで満たす脂肪酸フィトステリル配合。

    コフレドール オーラキープベースUV

    微細パールが明るい輝きを生み出し、ファンデーションの仕上がりに透明感を与えます。光の効果で肌全体を白浮き感のない明るさに仕上げて、時間がたっても透明感のある仕上がりが持続。なめらかな感触で肌にフィットし、肌の凹凸を整えます。

    バーバリー フレッシュグロウルミナスフルイドベース

    超微粒子パウダーの自然なきらめきを演出し、みずみずしく健康的なトーンの肌へ導きます。ファンデーションとブレンドしたり、メーク後のハイライトとしても使用でき、みずみずしいツヤ感が魅力です。

    SK‐II サインズコントロールベース

    4色のパール配合で、くすんだ肌へ透明感を与えます。肌をなめらかに整えて、独自成分の「アドバンストサインズトリートメント」の美容液成分配合で、スキンケア効果と保湿効果をもたらします。明るい血色とツヤを取り戻し、明るい肌へ導きます。

    ルナソル スムージングライトメイクアップベース

    みずみずしいテクスチャーで、肌に均一に伸び、毛穴や凹凸を自然にカバー。オレンジ系のパールを配合することで、白浮きすることない素肌感とツヤのある仕上がりを実現。保湿成分配合で肌にやさしく、計算された上質なツヤ肌をもたらします。

    アナ スイ ゲル ファンデーション プライマー

    ほんのりと白く、透明感のあるクリアカバーパウダーが、毛穴や肌の色ムラをカバーします。さらに、トリックパウダーのソフトフォーカス効果を組み合わせることで、透明感を感じる毛穴レス肌を演出。肌表面の凹凸をなめらかに整えて、つるんとした肌へ導きます。

    艶肌をメイクで作りあげる方法

    下地を均一に優しく伸ばす

    艶肌の特徴は、肌そのものです。下地で肌の色を整えましょう。ファンデーションの効果を引き出すためにも、下地は均一に塗り伸ばします。赤みがあったり、くすみが気になる場合などにはコントロールベースと呼ばれる、肌の色をよく見せるためにもともと色味のあるものを使用することで、よりきれいに仕上がります。

    内から外にブラシで薄く伸ばしていく

    ファンデーションは、ブラシを使って顔の内側から外側へ馴染ませるように塗りましょう。少し角度をつけて下から上に塗るようにブラシを動かすことで、リフトアップ効果が期待できます。

    細かい部分はスポンジで叩いて馴染ませる

    顔の細かい部分に付ける時には、スポンジを使用します。叩くように薄くなじませることで、厚塗りにならずに自然に仕上げることができます。

    フェイスパウダーを控えめにブラシでのせる

    ツヤ感や透明感を引き立たせるために、仕上げにフェイスパウダーを使いましょう。つけ過ぎてしまうと、粉っぽくなってしまったり白浮きしてしまうので、1度手の甲に取り付ける量を調節しながら控えめに肌へのせていきましょう。
    ▼さらに詳しい解説はこちら
    艶肌になれるフェイスパウダー。上手な選び方と使い方で美肌に

    艶肌ベースメイクのポイント

    メイクの前にしっかりと保湿しておく

    乾燥しがちな肌や、テカリやすい肌には水分量が足りていない可能性があります。メイクの前にしっかりと保湿ケアを行うことで、化粧品のノリもよくなり化粧崩れもしにくくなります。すぐにメイクをしたいときには、軽くティッシュなどで押さえるとベタつきやヨレが防げます。

    密着力を上げるために下地は必ず使う

    化粧下地は、肌の色を整えるだけでなく、肌表面の凹凸も整えファンデーションをきれいに仕上げます。肌をフラットにすることで、ムラになりにくくなり肌への密着力も上がります。
    ▼さらに詳しい解説はこちら
    艶肌メイク成功の秘訣は下地から。「みずみずしい艶肌」を手に入れる

    ファンデーションはブラシでのせる

    ファンデーションを塗るときに、ムラなく均等に塗ることは難しいものですが、ブラシを使うことで比較的簡単に、きれいに仕上げることができます。指やパフ、スポンジなどで塗るよりも、力がかかりにくいため肌の負担も軽減できます。リキッドでもパウダーでも、ブラシを使用して塗ることで、均一に美しい肌に仕上げることができます。

    リキッドファンデーションの塗り方

    リキッドタイプの場合には、1度に広い面積に塗ろうとするとムラニなりやすいため、細かくポイントに分けてファンデーションをのせていきます。その後、顔の内側から外側へ、放射状に塗り広げ馴染ませていきます。

    パウダーファンデーションの塗り方

    パウダータイプの場合には、クルクルとブラシを回してファンデーションを含ませて、頬にスタンプを押すように肌へ軽くのせていきます。その後、ブラシを左右に動かしながら顔全体に塗り広げます。フェイスラインは顔の内から外へ向かって馴染ませます。

    厚塗りはせず薄く伸ばすことを心がける

    ツヤ感や透明感を出すためには、ファンデーションの厚塗りには気を付けましょう。せっかくの艶肌メイクも台無しです。また、ファンデーションの主成分は油分であることが多いので、厚塗りの状態が長時間続くと酸化が進み、ニキビや肌荒れなどのトラブルの原因となることも。思っている以上に、肌には負担がかかっているのです。きれいな艶肌を作るためにも、厚塗りはせずに薄く仕上げることを心がけましょう。

    気になる部分はスポンジで優しく叩きこむ

    シミやしわ、くすみなど気になる部分には厚塗りをしがちですが、ファンデーションを何度も重ね付けすることにより、ツヤ感が失われて不自然な印象になり、化粧も崩れやすくなります。肌のツヤ感や透明感を引き立たせるためにも、厚塗りはせずに、気になる部分はポイントでファンデーションを少しだけ重ねて、スポンジなどで優しく叩いて馴染ませる程度にとどめましょう。

    お好みのファンデで魅力的な艶肌に

    ファンデーションにはさまざまな種類があり、それぞれ違う質感や役割を持っています。ナチュラルに仕上げたい、しっかりカバーしたい、健康的に見せたいなど、どのような肌に仕上げたいかで選ぶタイプが変わってきます。自分の肌質や好みに合うものを見つけて、魅力的な艶肌を手に入れましょう。

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT