目の下のクマは老け顔・疲れ顔のもと。若々しさを取り戻す方法は?

2017.07.19

目の下のクマは老け顔・疲れ顔のもと。若々しさを取り戻す方法は?

すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

目の下にクマがあると実年齢より上に見られたり、疲れてないのに疲れているように見えたりして困ってしまいます。クマができてしまう原因や改善方法を知ればクマとさよならすることができます。見た目の悪いクマを解消して若々しい目元を手に入れましょう!

INDEX

目次

    目の下のクマの種類

    血行が滞っている青クマ

    青クマの主な原因は血行不良です。目の下の皮膚はとても薄く毛細血管が集まっており、血行不良になると血液が滞りクマとして現れます。血行不良の主な原因として寝不足、不規則な食生活、喫煙、ストレス、運動不足などが挙げられます。

    寝不足や不規則な生活によって疲れが溜まってしまうと血行が悪くなり、身体に酸素が行き渡らずに血液が赤黒くなってしまいます。青クマを改善するには血行不良を改善することが大切です。

    皮膚がたるみ影ができている黒クマ

    黒グマの主な原因は加齢による目の下のたるみが、影のように見えてしまうことです。目の下のたるみが原因なので、皮膚を引っ張って見るとクマが薄くなります。正体は影なので光の強さによってクマが薄くなるのも特徴です。

    目元の筋肉の衰えもたるみを作り出す原因となります。目元の筋肉が衰えると今まで支えていた眼球と、眼球の下にあるクッションの働きをしている脂肪が前に押し出されて目の下に出てきます。その脂肪が目の下の膨らみとなり、黒い影を作り出しているのです。

    シミができたり色素沈着している茶クマ

    茶グマの主な原因は色素沈着であり、目の下の皮膚は他の部分と比べて皮膚が薄いので、刺激を受けると色素沈着の茶クマとして残ってしまいます。。日焼けや目をこするなどの摩擦を与えてしまうと、メラニン色素が過剰に生成され色素沈着になり茶クマができてしまいます。

    メラニン色素は肌のターンオーバーによって排出されれるので、摩擦や刺激を受けても色素沈着にならないことが多いです。しかし加齢や乾燥肌によって肌のターンオーバーが正常に行われないと、メラニン色素が蓄積されつづけ茶グマができたままになってしまうのです。

    青クマの特徴と見分け方

    目の下が青くなっている

    青クマは血行不良が原因なので目の周りの血が滞ってしまうと、目の下に青くなって透けて見えます。目の下の血の滞りが原因なので赤黒く見える場合もあります。青く見えたり赤黒く見えたりする場合は青クマを疑いましょう。

    血行不良にならない生活や、血行不良を予防することで青クマができないように予防することができます。

    常にあるわけではない

    青クマは血行不良が原因なので血行が良い日は青クマが目の下に現れないため、常に目の下にあるわけではありません。目の下にクマが現れたり消えたりする場合は青クマの可能性があります。常にあるのかをチェックして見ましょう。

    化粧である程度薄くなる

    青クマは化粧をすることで薄くなる場合があります。青クマをきれいに隠してくれるコンシーラーの色はオレンジ系です。コンシーラーを青クマの上に塗ると化粧で隠すことができます。

    青クマをオレンジ系のコンシーラーで隠した後は、ハイライトのパウダーを上から重ねて塗ってあげると光で飛ばしてくれるのでより自然に見えます。

    皮膚を軽く引っ張ると薄くなる

    青クマの場合皮膚を軽く引っ張ると薄くなることがあります。血行不良が原因なので皮膚を軽く引っ張ると目の下に力が加わり、血行不足が少し改善するためです。青クマを改善するためには目の下をマッサージするのがいいのも、このためです。

    黒クマの特徴と見分け方

    正体はたるんだ皮膚の影

    黒クマの正体はたるんだ皮膚の影です。加齢とともに皮膚や筋肉のたるみが目の下に影となって現れたものが黒クマになります。たるんだ皮膚の影なので皮膚のたるみを改善しなければ黒クマは消えません。

    加齢とともに皮膚がたるんでしまうのは仕方がないことですが、たるみができないように毎日適切なスキンケアをするとたるみができないように予防することができます。

    コンシーラーでも薄くならない

    たるんだ皮膚や筋肉の影なのでコンシーラーでどれだけ隠そうとしても薄くなりません。黒クマを隠す方法としてはハイライトのパウダーが効果的です。ハイライトパウダーを皮膚のたるみや影に塗ると光の反射でツヤが出るので目立ちにくくなります。

    上を向くと薄くなる

    皮膚のたるみが原因なので上を向くと黒クマかどうか判断できます。上を向くことでたるんでいた皮膚が持ち上がるので、上を向いてクマの色が薄くなるようであればそれは黒クマです。

    目元のたるみが原因の場合は、目元の筋力をあげる筋トレをすると効果を感じられます。目をつぶって開けたりするなど目の筋トレを心がけましょう。

    茶クマの特徴と見分け方

    シミの場所が真皮か表皮の2種類ある

    茶クマの原因は主に刺激や摩擦による色素沈着です。ただ色素沈着が真皮か表皮かの2つに分けられます。どちらも茶クマですが真皮に色素沈着がある場合皮膚の奥にあるということなので、改善するのに時間がかかってしまいます。

    引っ張っても薄くならない

    色素沈着が原因なので茶クマは基本的に引っ張っても薄くなりません。目の下の皮膚をひっぱても茶色いままなら茶クマを疑いましょう。色素沈着を改善するには肌のターンオーバーを促すことが大切です。

    コンシーラーで薄くなる

    茶グマは皮膚に茶色い色が着いてしまっているので、コンシーラーで隠すことができます。茶グマは自分の肌より明るすぎない、イエロー系のコンシーラを使うと目立たないくらいまで隠すことができます。

    茶クマを隠そうとしてコンシーラーを厚塗りしてしまうとかえって不自然に見えてしまうので、厚塗りしないように薄く伸ばしていきましょう。

    青クマができる原因となる習慣

    寝不足が続いている

    寝不足になると血管が縮んで凝縮してしまい、血行不良になってしまうため青クマを引き起こします。睡眠を十分に取ると、睡眠中に成長ホルモンが豊富に分泌されるのですが、成長ホルモンは肌のターンオーバーに必要なため寝不足にならないことが大切です。

    目を酷使している

    パソコン、スマホで目を酷使していると目に疲れが溜まってしまい、血行が悪くなってしまう原因となります。パソコンやスマホを仕事などで長時間使う場合は、休憩をしっかりと取り入れるなどして目を休ませましょう。

    目を酷使しすぎるとドライアイになってしまう可能性があります。ドライアイになると目の乾き、充血、痛みなどさまざまな症状を引き起こしてしまいます。瞬きの回数が減ることによって目の筋力も衰えてしまうので、クマの原因になってしまいます。

    疲労が蓄積している

    目に疲労が蓄積されると眼精疲労になります。眼精疲労になるとクマの原因の他にも、目の充血や目のかすみ、めまい、吐き気、頭痛などを引き起こしてしまうので注意が必要です。疲労が蓄積しすぎないように休息を取ることが重要です。

    眼精疲労を改善するためにも、休息を取ったときに蒸しタオルを目の上に乗せて血流を改善してみたり、目のストレッチをしてみると良いでしょう。

    仕事のストレス

    仕事などでストレスが溜まると血液の循環が悪くなり、血液が滞ってしまい血行不良になってしまいます。ストレスを溜めないためにも運動やリラックスできる時間を作ることが大切です。

    仕事で悩みがある場合は信頼できる人に少しでも話してみると、ストレスを軽減することができます。仕事のストレスはなるべく家に持ち帰らないようにしましょう。

    生理前後の冷えや貧血

    生理前後はホルモンバランスが変化するので冷えや貧血を起こしやすくなります。冷えや貧血は血液の流れを停滞させてしまうため、青クマもできやすくなってしまいます。生理前後は冷えや貧血を防ぐために栄養のある食材を摂ったりして対策しましょう。

    体を温めてくれる食材は生姜、にんにく、にんじん、レンコン、かぼちゃなどです。貧血を予防してくれる食材はレバー、牡蠣、卵、ブロッコリー、大豆などです。生理前後はこれらの食材を積極的に摂取するように心がけましょう。

    黒クマが現れる肉体的な原因

    保湿が足りなくて目元が乾燥している

    皮膚のたるみが原因の黒クマは目元の乾燥が原因となっている場合があります。目元に保湿が足りなくて乾燥してしまうと、目元のハリが失われてしまうためよけいに目元の皮膚のたるみの原因となってしまいます。

    目元にハリをもたらしてくれるプラセンタやヒアルロン酸配合の化粧品を使うなどして、保湿はしっかりとするようにしましょう。化粧水だけではなくて乳液やクリームで水分を蒸発させないようにすることが大切です。

    加齢により脂肪が減少している

    目の下のたるみが原因で黒い影を作り出している黒クマの他に、目の下がくぼんでしまって影になってしまっている場合もあります。加齢により目の下の脂肪が減少してしまったのが原因で、くぼみが影になって黒クマになってしまいます。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    目の下の黒いクマは「加齢」が原因。悪化を防ぐセルフケア特集

    生まれつき目の下の皮膚が薄い

    皮膚のたるみの原因は皮膚の乾燥にもありますが、生まれつき目の下の皮膚が薄いと刺激や乾燥による影響を受けやすくなるので黒クマの原因を作ってしまいます。生まれつき目の下の皮膚が薄い人は目元を乾燥させないように、毎日のスキンケアが重要になってきます。

    目の下がくぼむ骨格の遺伝

    遺伝で加齢とともに目の下がくぼんでいってしまう骨格の場合があります。親が骨格のせいで目がくぼんでいるのなら、疑った方が良いでしょう。加齢によってくぼみは大きくなっていくので保湿などスキンケアをして防ぎましょう。

    茶クマ発生の原因となる行動

    対策をせずに紫外線を浴びる

    茶クマの原因は刺激や摩擦によってメラニン色素が過剰に生成されることにあります。紫外線を大量に浴びるとメラニン色素が過剰生成されるため、目の下に色素沈着を作ってしまう原因となってしまいます。紫外線を大量に浴びないように対策することが大切です。

    目を擦って刺激を与えた

    花粉症などで目がかゆいときに目を擦ってしまうと、皮膚に刺激を与えてしまうためメラニン色素が過剰生成される原因になってしまいます。さらに洗顔後タオルでゴシゴシと顔を拭くのも刺激になってしまうので控えましょう。

    マスカラの落とし忘れ

    マスカラなどの化粧品をしっかり落としきれていないと、化粧品の成分が目の下の皮膚に付着したままになってしまい色素沈着の原因となります。化粧を落とす際は落とし残しがないように丁寧にクレンジングするようにしましょう。

    肌に合わない化粧品の使用

    敏感肌や乾燥肌の場合は肌に合わない化粧品を使うことで、目の下の皮膚に大きな刺激を与えてしまうことになるのでメラニン色素が過剰生成されてしまいます。化粧品を使ったときにヒリヒリしたり何か違和感を感じたら、すぐに使うのをやめるようにしましょう。

    真皮にできる茶クマの原因

    遅発性両側性太田母斑様色素斑というあざ

    真皮にまで色素沈着してしまった茶グマは遅発性両側性太田母斑様色素斑というあざになります。真皮にまで達していると通常の肌のターンオーバーでは改善することが難しいため、皮膚科での治療が効果的になります。

    多くは生後一年以内に発症する

    太田母斑は生後1年以内に片側にだけ発症します。遅発性両側性太田母斑様色素斑の場合は思春期などに顔の両側に発症することが多いです。どちらの場合も真皮にメラニン色素が沈着することで引き起こされます。

    20代から40代で発症する場合もある

    20代から40代に発症することも珍しくなく、大人になってから突然症状が現れる場合もあります。幼い頃に症状が現れた人は大人になるに連れて範囲が広がったり色が濃くなっていく場合もあります。

    頬にできることが多い

    遅発性両側性太田母斑様色素班は両側の頬にできることが多いですが、頬に近い目の下にできてしまった場合茶クマの原因となってしまいます。

    医師の診断を受けて適切な治療を受ける

    目の下に茶色いクマがあって遅発性両側性太田母斑様色素班が疑われる場合は、皮膚科を受診して医師の判断を受けましょう。医師が適切な判断で治療をしてくれます。

    クマの影に潜んでいるかもしれない病気

    ヘモグロビンの量が減る鉄欠乏性貧血

    体内に鉄が不足しヘモグロビンの量が減ることによって鉄欠乏性貧血になり、貧血状態になるので目の下にクマができる場合があります。鉄が不足するためヘモグロビンが十分に生産できなくなり貧血になってしまいます。

    眼球の突出が症状にあるバセドウ病

    黒グマのように見てしまう病気にバセドウ病があります。バセドウ病になると眼球が出てくるので目の下に影ができクマのように見えてしまいます。眼球が出ていないかチェックしてみましょう。

    肝臓機能が低下して血流が滞っている

    肝臓は血液をサラサラにしてくれる機能があるのですが、肝臓の機能が低下してしまうと血液はドロドロになってしまいます。ドロドロになることで血行不良になってしまいクマを引き起こす原因になってしまいます。

    腎臓機能が悪くなっている

    腎臓の機能が低下すると血液が汚れたり貧血になってしまうため青クマが目立つようになってしまいます。さらに目の下の腫れも引き起こすこともあるので注意が必要です。

    うつ病による自律神経の乱れ

    うつ病は直接クマとは関係ないように思われますが、うつ病になると自律神経が乱れてしまうので血液が滞ってしまい冷えの原因になったり、青クマを作る原因となってしまいます。さらに自律神経が乱れてしまうと肌のターンオーバーが正常に行われなくなってしまうため、色素沈着を作りやすくなります。

    アレルギーによる皮膚の炎症

    花粉、ハウスダストなどアレルギーによる皮膚の炎症でもクマは引き起こされてしまいます。アレルギーによって目がかゆくなってしまい目を手でこすってしまうと、皮膚に摩擦を与えてしまうので目薬で対処してこすらないようにしましょう。

    心配な場合はすぐに医療機関へ

    病気かもしれないと思ったらすぐに医療機関に受診するようにしましょう。クマが急にでき始めたら体調不良や病気のサインでもあります。気をつけてクマを観察するようにしましょう。

    青クマを取るための対処法

    蒸したタオルで温める

    蒸しタオルで目元を温めると血行が良くなるので効果的です。仕事などで目を酷使したあとは血行が悪くなってしまっているので、蒸しタオルを目元に当てて血行を促しましょう。

    蒸しタオルはタオルに十分に水を含ませて絞った後に、レンジで1分(700W)温めます。タオルを広げて40度くらいになるまで待ってから、蒸しタオルが温かくなくなるまで目の上に10分程乗せましょう。40度は人肌よりも少し高い温度なので心地よいです。

    マッサージやツボ押しで血流をアップ

    目の周りをマッサージしたりツボを押したりすると血行を良くします。マッサージやツボ押しをする際は皮膚を傷つけないように、必ずクリームをつけてから行いましょう。力を入れすぎないように注意することが大切です。

    中指と薬指を使って、目元から目尻に血流を流すようになぞります。こめかみまでなぞりそのまま首まで降ろしていき、リンパの流れを良くするように心がけましょう。手が冷たい場合は手を温めてから行うとより効果的です。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    「目のクママッサージ」顔の印象を明るく美しく保ちましょう

    • 高彩知華
      高彩知華(51)フリーモデル
      7627-1:マッサージやツボ押しで血流アップ

      睡眠不足・スマホやPCで目を酷使していると、クマが気になる時ありますよね。クマがあると疲れて見えがちです。そんな時、私はホットタオルで目の周りを温めてから、アイクリームを塗って目の下の骨に沿って目頭から目尻に向かって数カ所をやさしくプッシュします。最後にこめかみを気持ちいいと感じる強さでプッシュ。血流がよくなり、クマが軽減されますよ。

    高彩知華さんを0人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    半身浴で冷え症を改善する

    お風呂で半身浴すると身体を温めることで血行促進できるのでおすすめです。半身浴をするには38〜40度のぬるめのお湯が良いでしょう。みぞおちのあたりまで浸かるぐらいのお湯の量で20分くらい浸かりましょう。

    上半身から汗が出てくるまで半身浴をすると体が芯から温まります。バスソルトを入れると発汗作用があるので身体が温まります。

    適度な運動で全身の血流を良くする

    適度な運動やストレッチは体を温め全身の血流を良くするのに効果的です。体全身を温めるにはジョギングをすると体が早く温まります。ストレッチでも十分に効果があるので、仕事の合間などにストレッチをすると良いでしょう。

    運動をする時間がない場合は、通勤を徒歩や自転車に変えてみるだけで体が温まり全身の血流が良くなるのを実感することができるでしょう。

    保湿ケアは目元専用のクリームを使う

    目元が乾燥するとクマの原因となってしまうので、ビタミンKの配合された目元専用の保湿クリームを使うようにしましょう。ビタミンKには血流を良くする働きがあるので、血行不良でできてしまった青クマに効果的です。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    目元専用美容液の力が見た目の印象を変える。憧れのうるつや素肌へ。

    黒クマをなくすためのクリニック治療

    ヒアルロン酸を注入する

    黒クマは肌のたるみが原因なので、セルフケアでは限界があります、クリニックで治療を受けると改善しやすいので黒クマがなかなか改善しない場合は、クリニックに行って肌のスペシャリストに相談してみましょう。
    クリニックではヒアルロン酸を目の下に注入する方法があります。ヒアルロン酸を目の下のたるみに注入することによって、肌にハリが取り戻されて黒グマが解消します。

    脂肪を溶かす薬剤を目の下に注射する

    目の下に脂肪溶解注射をして目の下の脂肪を溶かす治療があります。目の筋力の衰えによって今まで支えていた目の奥の脂肪を支えられなくなることによって、脂肪が押し出されて目の下に出てきたクマに効果があります。

    脂肪溶解注射を行なっていないクリニックもあるので、しっかりと調べたり医師に相談してから行いましょう。

    高濃度のビタミンCを点滴する

    色素沈着が原因の茶クマの場合は高濃度ビタミンCを点滴すると効果があります。濃度の高いビタミンCを点滴することで血液中のビタミンCの濃度を一気に上昇することができ、抗酸化作用が高まるため色素沈着を薄くしてくれます。

    高濃度ビタミンC点滴は月に2回くらいのペースで間をあけて、徐々に点滴していくことで効果が期待できるので、改善は長期戦になります。

     

    脂肪を取る脱脂法

    脂肪を取り除く脱脂法という治療もあります。目の下のたるみを取り除いてくれる治療法で、経結膜下脱脂法という方法でまぶたの裏側から脂肪を取るので傷もできません。
    経結膜下脱脂法は手術になるので値段も高くなります。

    目の下の膨らみを全て取り除いてしまうのではなく、医師が目の膨らみがなくなったように見えるまで脂肪を取り除いてくれるため黒クマが改善されます。

    自費診療のため費用が高額になる

    目の下のクマを改善する治療は病気ではないため自費診療になってしまいます。自費診療になってしまうと保険が適用されないので費用が高額になってしまうことがあります。クリニックでしっかりと相談してから治療をしましょう。

    茶クマを解消するための方法

    美白成分含有化粧品による保湿の徹底

    ビタミンCを吸収されやすくしたビタミンC誘導体、ハイドロキノンの配合された美白成分含有化粧品で保湿を徹底することによって茶グマを改善することができます。ビタミンCには強力な抗酸化力があるので、紫外線によって発生する活性酸素を排除してくれます。

    ビタミンCには活性酵素を排除してくれるので色素沈着によるクマを防げますし、メラニンの生成を抑制したりシミを無色化してくれます。ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われているほど色素沈着を取り除いてくれる効果があります。

    UVケアを怠らない

    色素沈着を起こさせないためにはUVケアを怠らないことが重要です。紫外線を浴びるとメラニン色素が発生し、色素沈着を引き起こします。紫外線対策のためにしっかりと日焼け止めを塗り、メラニンを生成させないようにしましょう。

    化粧をする際も日焼け止めを塗ってから化粧をしたり、UV機能付きのコンシーラーを使うと効果的です。コンシーラーにも美容液成分入りで色素沈着を薄くしてくれる成分が配合されたものもあるので、チェックしてみると良いでしょう。

    ビタミンCが含まれた食べ物を多く摂取

    ビタミンCにはコラーゲンの生成をサポートして肌を乾燥から守ったり、肌のターンオーバーを促してくれる効果があります。ビタミンCの多く含まれる食べ物をできるだけ多く摂取するようにしましょう。

    ビタミンCが多く含まれている食材は赤ピーマン、レモン、パセリ、芽キャベツ、モロヘイヤなどです。毎日の食卓に取り入れるようにしましょう。

    目を擦るような癖を一切禁止する

    花粉症やアレルギーで目がかゆくなってしまっても目を擦るような行為は一切しないようにしましょう。目を擦ることで目の下の皮膚に刺激を与えてしまい色素沈着の原因となります。

    目を擦るときに上瞼にも刺激を与えると上瞼も色素沈着を起こしてしまう場合もあり、目の周りが茶色くなってしまうこともあります。目がかゆい場合は病院に行って薬を処方してもらったり目薬を使うなどして対策しましょう。

    クマを予防するために実践すること

    睡眠は毎日6時間以上とる

    睡眠時間は肌のコンディションを整えるためにはとても重要なことなので、睡眠時間は毎日6時間以上取るように心がけましょう。睡眠中には肌のターンオーバーを促してくれる成長ホルモンが多く分泌されます。

    成長ホルモンが分泌されないと肌のターンオーバーが正常に行われなくなるため、色素沈着が改善されなかったり、肌の乾燥の原因となってしまいます。成長ホルモンがもっとも分泌されるのは眠りについてから4時間なので、その時間帯にしっかりと深い睡眠が取れるように心がけましょう。

    デスクワークは定期的な休憩を

    デスクワークをしている場合は仕事中ずっと目を酷使していることになるので、目に疲れが溜まり血行不良になってしまうのでクマを引き起こしてしまいます。定期的な休憩をしっかりと取って眼精疲労にならないように気をつけましょう。

    休憩中は目薬をさしたり、目のストレッチや目のツボを押してみると効果的です。目の下の皮膚の真ん中くらいにくぼみがあるのでやさしく押してみましょう。目玉をぐるぐると回すと血行を促進する効果もあります。

    水分補給をこまめに行う

    水分補給をこまめに行なうことで黒クマの原因の目の下のむくみを改善することができます。むくみは目の下の細胞間に水が溜まってしまった状態なので、目の下にむくみができると影になって黒クマができてしまうので水を飲んで水分を交換しましょう。

    水分をこまめに補給すると腎臓に負担をかけずに、老廃物を外に流し血液の流れを良くすることができるので青クマにも効果的です。気付いたときに水分をこまめに補給するようにして血行を促進しましょう。

    目にいいサプリを利用する

    アントシアニン、ビタミンAなどの目にいいとされているサプリメントを利用しましょう。アントシアニンには強い血行促進効果や抗酸化作用があるため、アントシアニンのサプリメントを摂取すると血流を良くして目の下のくすみを軽減することが期待できます。

    ビタミンAは目の健康維持や、皮膚を健康に保ってくれる効果があるため目の下の皮膚を美しく保ってくれます。ただビタミンAを取りすぎてしまうと肝臓に負担がかかってしまうので容量はしっかりと守るようにしましょう。

    好きなことをしてストレスを発散

    ストレスを溜め込んでしまうと血行不良の原因や、肌のターンオーバーが促されずに色素沈着がなかなか改善しない原因となってしまいます。ストレスを溜め込まないようにストレス発散を心がけるようにしましょう。

    ストレスを発散するには趣味などの好きなことをするのが、1番の方法です。リラックスするとストレスを発散することができるので、入浴をしたりゆとりのある時間を取ってリラックスしましょう。

    目元の集中ケアで若々しさを取り戻そう

    目元にクマがあると老けているように見えたり、疲れが溜まっているようにみられてしまいます。化粧でクマを隠そうとしても限界があるので、クマの原因の元から改善することがこれ以上クマを悪化させない方法です。

    目のクマがなかなか改善しない場合は、クリニックで治療するのも1つの手です。目のクマに良い栄養素を摂取したり、生活習慣の改善などを心がけてクマのない目元を手に入れましょう。

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT