それぞれのニキビに合った対策・改善・ケア方法できれいな肌へ

2017.07.19

それぞれのニキビに合った対策・改善・ケア方法できれいな肌へ

すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

大人になってからポツポツと肌にできるようになってしまったニキビ。なかなか治らずにニキビ跡になってしまうと肌に残ってしまい憂うつな気分に...。大人ニキビには大人ニキビに合った適切なスキンケア方法・対策があります。正しいニキビケアで美しい肌になりましょう!

INDEX

目次

    ニキビが悪化していく過程とは

    皮脂が溜まり始めた状態の白ニキビ

    ニキビができる最初の原因は毛穴に皮脂や汚れが溜まってしまうことです。皮脂や汚れが毛穴に詰まることで白ニキビとなって、表面にプクっと出てきたり皮膚の中に隠れている場合もあります。

    白ニキビは古い角栓によって塞がった毛穴の内部に皮脂が溜まり始めた状態です。軽い状態なので手で少し触ったり、ピーリングなどで刺激を与えると自然に取れてしまう場合もあるため改善するのが比較的簡単です。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    白ニキビは早い対処が大切。美肌を取り戻す正しいスキンケア方法とは

    皮脂が酸化して変色する黒ニキビ

    ニキビの中央が穴のあいたように見え、肌の表面がボコボコとしているのが黒ニキビです。黒ニキビは詰まった皮脂や汚れが毛穴の中に治りきらずに表面に出てきてしまい、空気に触れることで酸化して黒くなったニキビなので、もとは白ニキビです。

    表面に出てきてしまうので、それだけ皮脂や汚れが溜まりやすくなってしまっている肌の状態だということです。黒ニキビが黒くなってしまう原因として空気に触れて酸化すること以外にも、汚れが付着したりメラニン色素、紫外線の影響も考えられます。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    目立ってしまう「黒ニキビ」改善して美肌を手に入れよう

    アクネ菌が増殖して炎症をおこす赤ニキビ

    赤ニキビは白ニキビや黒ニキビにアクネ菌が入り込み、皮脂をエサにアクネ菌が増殖することによって炎症を起こしてしまったニキビです。アクネ菌の増殖によって赤く腫れ上がることによって痛みを感じます。

    アクネ菌は皮膚に常在している菌ですが、増殖することによって体が敵と思い込んで白血球とアクネ菌が戦いを始めます。この戦いが起こっているときに炎症が起きてしまいます。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    赤ニキビができてしまったときの対処法。毎日の正しいスキンケア

    黄色ブドウ球菌に感染して膿を持った黄ニキビ

    黄ニキビは炎症を起こした赤ニキビが、黄色ブドウ球菌に感染して膿を持ったニキビです。赤く腫れあがったニキビの中央に膿が見えます。肌の奥の真皮にまで炎症が及んでしまっているため、ニキビ跡や色素沈着として肌に残ってしまう可能性が高いニキビです。

    黄ニキビになってしまったときにニキビを潰してしまうと、かなりの確率でニキビ跡や色素沈着になってしまうので絶対に潰してはいけないニキビになります。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    「黄ニキビ」は炎症の進んだ状態。少しでも早く対処しよう

    周辺の組織がダメージを受けた紫ニキビ

    ニキビの炎症が極限まで悪化し、毛穴の中に膿と血が溜まって腫れあがっている状態が紫ニキビです。毛穴の周りや皮膚の深いところなど周辺の組織にまでダメージが広がっており、じっとしているだけで痛みを感じる場合もあります。

    紫ニキビはニキビの周りが広範囲に赤紫や黒紫色をしており、硬くごわついています。潰してしまうとクレーターになってしまいます。炎症がかなり進んでしまっているので自分でケアするは難しいため、皮膚科に行って診てもらいましょう。

     

    できる場所によって違うニキビの原因

    おでこにできるのは前髪の刺激や洗い残し

    おでこはもともと皮脂が多く分泌されニキビができやすい場所ですが、洗い残しや前髪の刺激によってニキビができてしまうこともあります。髪の生え際の部分は洗い残しが多い部分になるのでニキビができやすいです。

    髪の毛がおでこに触れる刺激で肌のバリア機能が低下してしまってニキビができたり、髪の毛についてるスタイリング剤がおでこに付着して汚れてしまうとニキビの原因となってしまいます。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    「おでこニキビ」の原因はいろいろ。きれいなおでこを手に入れよう

    鼻にできるのは腸内環境の悪化

    鼻の毛穴は他の部分に比べて大きいので皮脂が汚れが溜まりやすい部分です。腸内環境が悪化すると真っ先に皮脂が過剰分泌されてしまうのは鼻になります。鼻にニキビができてしまったら腸内環境の悪化を疑いましょう。

    さらに鼻の毛穴は深いため皮脂が溜まりやすくなっています。皮脂をエサとするアクネ菌が繁殖しやすい場所になるため、白ニキビや黒ニキビが赤ニキビになってしまう可能性が高いです。鼻は特にケアが必要な部分です。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    治りにくく繰り返しやすい鼻ニキビ。気になる原因や対策とは?

    口周りにできるのは胃の弱まりとビタミン不足

    胃が弱くなってしまうと口周りにも影響が出てきてます。腸内環境の悪化も同じで便秘、下痢は腸内環境が乱れている証拠であり、ニキビの原因になります。便秘になると便が腸に残ったままになってしまうので、有害物質を発生させます。

    有害物質がたくさん腸に溜まってしまうことで顔にニキビとなって出てきます。胃が弱まると腸も弱まっているということなので、ビタミンもしっかりと吸収されにくくなり肌にビタミンが行き届かなくなってしまいニキビの原因となってしまいます。

    頬にできるのはアルコールによる肝臓の疲れ

    肝臓には体のさまざまな毒素を分解する機能があり、肝機能が低下すると体の毒素を分解できなくなり肌のターンオーバーを妨げてしまいます。肌のターンオーバーが正常に行われないことにより毛穴に古い角質が溜まりやすくなります。

    アルコールを大量に飲むと肝臓はアルコールを分解しようと動き出しますが、アルコールの量が多すぎると肝臓は疲れてしまい肝機能が低下してしまいます。体内に入った90%のアルコール肝臓で分解されるので、アルコール飲み過ぎはニキビの原因となります。

    首にできるのはストレスや血行不良

    ストレスによって血管が萎縮し血行不良になってしまうと身体が冷えます。身体が冷えると新陳代謝が低下し肌のターンオーバーが十分に行われなくなったり、血行不良によって栄養が肌に行き届かなくなります。

    ターンオーバーが正常に行われなくなると、古い角質がいつまでも肌の表面に残ってしまうので汗や汚れと一緒に毛穴を詰まらせてしまう原因となります。

    背中やデコルテにできるのは汗や洗い残し

    背中やデコルテにできるニキビの原因は汗や洗い残し、すすぎ残しにあります。背中やデコルテは汗や衣類で蒸れたりしてニキビができやすくなってしまう部分です。さらに背中は手が届きにくく洗い残しができてしまう部分でもあります。

    背中やデコルテはシャンプーやトリートメント、洗顔料などが付着しやすいためすすぎ残しができてしまうと、成分が毛穴に入ってしまいニキビの原因となってしまいます。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    何とかしたい背中のザラザラニキビ。意外な原因とすぐできる対処法

    おしりにできるのは下着による蒸れや擦れ

    おしりにできるニキビは下着による蒸れや擦れが原因です。お尻が蒸れて汗をかいたり下着による締め付けでダメージが与えられることによって、肌に負担を与えてしまうので、肌のバリア機能が低下してニキビができやすい環境になってしまいます。

    女性は生理のときにもっとも蒸れやすくなってしまうので、注意が必要です。

    さらに長時間同じ体制で椅子に座っていたりなどすると、血行が滞り老廃物が蓄積されてしまうのでニキビの原因となってしまいます。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    おしりニキビの予防と対処方法。つるスベ肌を手に入れよう

    皮膚科で処方されるニキビの治療薬

    毛穴の詰まりを解消する塗り薬

    毛穴の詰まりを解消してくれるディフェリンゲル(アパダレン)という塗り薬があります。ニキビの原因となる毛穴に詰まった皮脂を取り除いてくれるといった効果があり、ニキビになる前に作用してニキビができるのを防いでくれます。

    毛穴の詰まりを改善してくれるため、初期状態のニキビを改善したりニキビを予防するのに効果的です。炎症を抑えてくれる効果もあるのでニキビ炎症予防もでき赤ニキビにも使えます。

    抗菌作用のある塗り薬

    抗菌作用のあるベピオゲルという塗り薬を皮膚科で処方してもらえます。ベピオゲルは塗ると透明になり目立ちにくいので使いやすい塗り薬です。主成分は過酸化ベンゾイルという成分で、ニキビの原因であるアクネ菌やブドウ球菌を殺菌してくれます。

    抗生物質の内服薬

    ニキビの炎症がひどい場合には抗生物質の内服薬を処方してくれます。抗生物質を内服すると炎症もすぐに抑えられるので、ニキビの腫れも引いていきます。炎症がひどい赤ニキビや紫ニキビに効果的です。

    ステロイドの外用薬

    ステロイドには炎症を抑える強力な効き目があるので、皮膚科でニキビの外用薬として処方されます。ステロイド聞いていいイメージのない方もいるかもしれませんが、ニキビに使うステロイドの強さは弱いものなので心配する必要はありません。

    不足を手軽に補えるビタミン剤

    ニキビを内側から改善していくにはビタミン剤が効果的です。ビタミンはコラーゲンの生成を促したり、強い抗酸化作用があるため肌のターンオーバーを促してくれるので、ニキビも治りやすくなります。

    男性ホルモンを抑制する低用量ピル

    低用量ピルは避妊に使われていると思われがちですが、男性ホルモンを抑制してホルモンバランスを保ってくれるためニキビ予防に効果的です。男性ホルモンが優位になると皮脂が過剰分泌されてしまいニキビの原因となってしまいます。

    ニキビを治す助けになる市販薬

    ニキビを治す助けになってくれる市販薬を購入するときは、抗炎症成分が含まれているか、殺菌成分が入っているかに注意しましょう。

    テラ・コートリル軟膏

    ヒドロコルチゾン(抗炎症成分)配合により、炎症してしまっているニキビに作用して炎症を抑えてくれる効果があります。オキシテトラサイクリン塩酸塩(抗生物質)が、ニキビの炎症の原因アクネ菌の増殖を防ぐので、ニキビの炎症を防止してくれます。

    オロナインH軟膏

    クロルヘキシジングルコン塩酸(殺菌成分)配合で、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌し、ニキビのできにくい肌にしてくれます。オリーブ油などの保湿成分も含まれているので乾燥による白ニキビも防いでくれます。

    ペアアクネクリームW

    イブプロフェンピコノール(抗炎症成分)配合でアクネ菌などの雑菌を殺菌してくれます。イソプロピルメチルフェノール(殺菌成分)が毛穴に皮脂が入ってしまいニキビになってしまうのを防いでくれます。

    原因がカビの場合は効果がないので注意

    マラセチア菌という肌に常在するカビがあるのですが、皮脂や汗によってマラセチア菌が増えてしまうとニキビに似たぶつぶつが肌に出てきます。カビなのでニキビ用の薬を使っても治りません。

    • 淡路紗也
      淡路紗也(21)学生、サロンモデル
      7625-1:それぞれのニキビの治し方

      私は赤くプツっとしたニキビが出来た時、凄くショックになります。そんな私がニキビを治すのに使っているのが各家庭に必ずある 『歯磨き粉』 。歯磨き粉にはニキビを治す作用が含まれているらいしので、夜寝る前にニキビに歯磨き粉をたっぷり塗って寝ます!そうすれば、朝起きたら赤味が引き、おさまっている時が多いです!また、日中のケアはなるべく乾燥させない事!私はオロナインを塗ってニキビの乾燥を防いでいます。ニキビが乾燥すると、かさぶたの様な芯が取れてしまい、ニキビ痕が残る可能性が高いからです。

    淡路紗也さんを0人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    ニキビを改善するためのスキンケア

    クレンジングをなじませてメイクを落としきる

    メイクの洗い残しは皮膚に汚れをつけたままと同じになってしまうので、クレンジングをよくなじませてメイクを落としきるようにしましょう。オイルクレンジングよりもクリームクレンジグの方が肌に摩擦を与えなくてすみます。

    洗顔料をネットでよく泡立てる

    洗顔はたくさんの濃密な泡をネットなどで作ることで、毛穴の奥の汚れまで絡め取れます。泡立てると表面におうとつができ肌に接する表面積が増えます。表面積が増えることで肌にしっかりとフィットし汚れを取り除いてくれるのです。

    泡の弾力だけで優しく洗う

    洗顔をするときに肌をこすって摩擦を与えてしまっては、肌が傷ついてしまい肌のバリア機能の低下に繋がってしまうため意味がありません。濃密な泡の弾力で、泡を肌に押し当てるようにしてやさしく洗顔しましょう。

    ぬるま湯でしっかりとすすぐ

    洗顔をした後はしっかりとすすぐことが大切です。汚れや泡が落ちやすいのはぬるま湯なのでぬるま湯ですすぎ残しがないようにしましょう。お湯が熱すぎると肌を痛めてしまいますし、冷たいとすすぎ残しが残ってしまう場合があります。

    柔らかい綿のタオルで水分をふき取る

    洗顔後は柔らかい綿のタオルで水分をやさしく拭き取りましょう。化学繊維のタオルでゴシゴシ顔の水分を拭き取ってしまうと肌に傷を作ってしまいます。綿のタオルでやさしく押し当てるようにして水分を拭き取りましょう。

    手のひらで温めた化粧水を浸透させる

    化粧水は手のひらで温めた方が浸透しやすくなるので、手のひらで化粧水を温めてから肌を保湿するようにしましょう。化粧水を肌に塗ったあとはハンドプレスをして、肌の奥にまで化粧水を浸透させましょう。

    ニキビに有効な成分の含まれたおすすめ化粧水

    ニキビに有効な成分の含まれた化粧水を選ぶときは、バリア機能を高める保湿成分が含まれているか、炎症を抑える成分が配合されているかに気をつけましょう。

    富士フイルムACルナメアスキンコンディショナー

    肌をしっとりと保湿しながらニキビ予防有効成分グリチルレチン酸ステアリルがニキビを予防してくれます。独自技術でナノ化した「アクネシューター」がニキビをしっかりと予防してくれ、毛穴に詰まっている皮脂や汚れを集中的に取り除いてくれます。

    天草由来の抗炎症成分配合でニキビの炎症をやさしく抑えてくれます。肌がしっとりとするのにベタつかない化粧水なので、ニキビができやすいオイリー肌の人も心地よく使える化粧水です。

    ビーグレンクレイローション

    炎症を抑えるグリチルリチン酸配合で炎症をやさしく抑えてニキビを防いでくれる化粧水。環境ストレスから肌を守るオウゴンエキス、肌荒れを防ぐ納豆エキスも配合されているため肌をやさしくいたわりながらニキビケアが可能。

    とろみのあるテクスチャーでしっとりと肌に馴染み、肌をみずみずしく保ちながら乾燥しないように保湿してくれます。

    NOVアクティブフェイスローション

    セラミド、ヒアルロン酸配合で肌から水分を逃さずにしっとりと肌を保湿してくれる化粧水。アクネ菌の増殖を抑えるpH3.5処方で、にきびが悪化しにくい環境に整えてくれるのでニキビが炎症を起こす前に改善してくれます。

    ビタミンC、E誘導体配合で肌コラーゲンの生成をサポートするため、肌の再生が正常に行われ健康的な肌に導いてくれます。マイルドピーリング効果で、肌にやさしいのに毛穴の汚れをしっかりと取り除いてくれる化粧水です。

    オルビス薬用クリアローション

    炎症を防ぐ天草エキス、肌荒れを防ぐ紫根エキス配合でニキビによる炎症を抑えながら、肌荒れをしない肌に導いてくれます。100%オイルカット処方、浸透型コラーゲン配合でニキビを防ぎながら肌の奥からしっかりと保湿してくれます。

    しっかりと保湿してくれるのに、スーッと馴染む使用感なので肌がベタつくことなく使用できます。

    FANCLアクネケア化粧液

    防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤を使用していない肌にやさしい化粧水。3つの生薬を組み合わせた漢植物エキスがニキビの原因を元から抑え、肌のバリア機能を整えてくれます。

    炎症を抑えるグリチルリチン酸配合で炎症を起こしているニキビを抑えてくれます。アケビアエキスがニキビ跡や色素沈着の原因となるメラニンにアプローチして、ケアしてくれます。

    ニキビ悪化後に残るニキビ跡の種類

    肌内部に炎症だけが残る赤みタイプ

    赤ニキビなどで炎症が起こった患部には、ダメージを回復するためにたくさんの毛細血管が作られています。毛細血管がたくさん集まることで、赤い色をしたヘモグロビンが集まり肌から透けて見えてしまうのが赤いニキビ跡です。

    様々な色のシミ(色素沈着)タイプ

    黒、茶、紫の色をした色素沈着タイプのニキビ跡は、メラニンが原因で引き起こされます。炎症などによる肌へのダメージによってメラノサイトが活性化してメラニンを大量に生成します。炎症によるダメージが大きかった場合は真皮層にまでダメージが及んでしまっているため、なかなか消えない色素沈着になってしまいます。

    重症度の高いクレータータイプ

    黄ニキビや紫ニキビなど炎症が真皮にまで及んでしまっているニキビは、クレーターとして肌に残ってしまいます。アクネ菌によって真皮の組織が破壊されてしまうと肌の再生が難しくなってしまうため、クレーターのニキビ跡になってしまいます。

    赤みタイプの特徴と消す方法

    効果的なケアを続ければ簡単に治る

    赤みタイプのニキビ跡はもっとも症状が軽いニキビ跡なので、効果的なケアを続けていけば簡単に治ります。赤みタイプのニキビ跡を改善するには、肌のターンオーバーを促すことが大切なのでスキンケアをしっかりと行うようにしましょう。

    肌のターンオーバーを促すには十分な睡眠が必要不可欠です。肌の再生に必要な成長ホルモンは睡眠中にもっとも多く分泌されるからです。しっかりと睡眠を取るようにしましょう。

    毛穴の周りでうっ血が起こっている

    赤みタイプは毛穴の周りがうっ血が起こっているため赤くニキビ跡になっています。健康的な細胞がニキビの炎症によってダメージを受けてしまうと、毛細血管も一緒にダメージを受けてしまうのでうっ血してしまいます。

    肌の内部にまだ菌が残っている

    肌の内部にまだ菌が残っていると赤みタイプのニキビ跡になってしまいます。まだ菌が残っているため白血球などの免疫細胞がまだ菌と戦っており、肌が赤くなってしまってニキビ跡になってしまうのです。

    シミタイプの特徴とケア方法

    肌機能が正常ならば自然と治る

    色素沈着タイプのニキビ跡は肌のターンオーバーの機能が正常ならば、肌の再生のサイクルに合わせて自然と治っていきます。ニキビによって炎症が起きるとアクネ菌を殺すために活性酸素が生成されます。

    活性酸素が生成されると肌を守るホルモンがメラノサイトを刺激するため、メラニンが大量に分泌されてしまい色素沈着が引き起こされるのです。

    紫外線に当たることでメラニンが生成された

    炎症を起こしているニキビに紫外線が当たると大きなダメージを与えてしまい、メラニンが生成されて黒、茶色の色素沈着が起こってしまいます。美白化粧品を使うとメラニンの生成を抑えてくれるので効果があります。

    ニキビによる炎症後毛細血管が破裂した

    ニキビによる炎症後に毛細血管が破裂してしまい、毛細血管の外に血液が流れ出てしまうことで紫色をしたニキビ跡ができてしまうことがあります。ニキビが炎症しているときに潰してしまい毛細血管が破裂してしまうと、ニキビ跡になってしまいます。

    クレータータイプの特徴とケア方法

    専門の治療でのみ回復が可能

    クレータータイプのニキビ跡は傷がとても深いため、セルフケアでニキビ跡を改善していくには時間がかかります。専門機関でさまざまなクレーターの治療が受けられるので、専門機関で治療を受けるのも1つの手です。

    ピーリングによりある程度の回復が見込める

    クレーターのニキビ跡の表面をピーリングして古い角質を取り除いてあげることで、ある程度の回復が見込めます。古い角質を取り除くと肌のターンオーバーが促進され、傷の治りが早まるからです。

    炎症により真皮層まで破壊されている

    クレーターのニキビ跡は、ニキビの炎症により真皮層まで破壊されたものです。アクネ菌が周辺の組織を壊しながら増殖していくのを、白血球が食い止めようと皮膚細胞を壊します。皮膚細胞が壊れてしまうので、真皮層にまでダメージが及んでしまうのです。

    体質やニキビの炎症期間の長期化

    体質や肌のコンディションによって炎症が長期化してしまうと、肌にダメージがどんどん蓄積されていきクレーターのニキビ跡になってしまいます。乾燥肌やアトピー肌の人は肌のターンオーバーが正常に行われていないことが多いため、炎症が長期化しやすいです。

    ニキビ跡の解消をサポートするおすすめ化粧水

    ニキビ跡を解消をサポートしてくれる化粧水を選ぶときは、ニキビ跡に有効な成分が含まれているか、肌への負担が少ない低刺激かに注意しましょう。

    リプロスキン

    ノンコメドジェニックテスト済みなので、ニキビができにくいことがテスト済みの安心できる化粧水。炎症を抑えるグリチルリチン酸配合でニキビに炎症を抑えながら肌を保湿してくれます。美白成分プラセンタエキス配合で肌を美白してくれるのでニキビ跡にも効果的です。

    Mist Lotion

    高濃度ビタミンC配合で、コラーゲンの生成をサポートし肌にハリをもたらしてくれたり、肌のターンオーバーを促してくれます。ビタミンCには抗酸化作用もあるので、アンチエイジングも期待できます。

    Cマックスローション

    水溶性ビタミンの中で最も効果が高いリン酸アスコスビルMg配合で、ビタミンが肌の奥まで浸透します。角質を軟化させるレチノール誘導体配合で、角質を柔らかくしてくれるので毛穴に詰まった皮脂や汚れを取り除きやすくしてくれます。

    VCローション

    ビタミンC誘導体、高機能ビタミンA・E誘導体配合でビタミンを肌にしっかりと浸透させることができるので、肌のターンオーバーを促して色素沈着やニキビ跡を改善してくれます。サリチル酸配合で古い角質を取り除きながら、アクネ菌を抑制してくれます。

    voigeブライトニングローション

    ビタミンC誘導体配合で肌に浸透しやすくなっているため、肌の奥からうるおしながら美白もしてくれます。抗酸化ビタミンが多く配合されているので、アンチエイジングにもおすすめの化粧水です。

    ニキビ体質を変えてくれる漢方薬

    血行を改善する当帰芍薬散

    女性特有の病気で悩んでいる人に人気の漢方薬が、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)です。体を温め冷えを取ってくれるので冷え性などにも効果的です。血行を改善して女性ホルモンのバランスを崩さないようにしてくれるため、男性ホルモンが優位になったときに皮脂が過剰分泌するのを抑制してくれます。

    炎症をとる清上防風湯

    抗炎症効果、膿を外に排出してくれる効果がある漢方薬が清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)です。新陳代謝を活性化させてくれる効果があるので肌のターンオーバーを促進してくれます。炎症を起こし膿を持っているニキビに有効なので黄ニキビ・紫ニキビに効果的です。

    かゆみを抑える十味敗毒湯

    毒素を外に排出してニキビができにくい肌にしてくれる効果があるのが十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)です。体の中からニキビができないような体質にしてくれたり、炎症によるかゆみを抑えてくれる効果があります。

    ストレスを抑える加味逍遥散

    血液の循環をよくさせ、肌のターンオーバーを促してくれる働きのある漢方薬が加味逍遥散(かみしょうようさん)です。ストレスを抑える効果で、血液の循環がよくなることによって酸素が肌に送られるため肌のバリア機能が上がります。

    皮脂を抑える荊芥連翹湯

    炎症や化膿を伴う皮膚炎を抑えてたり、皮脂の分泌を抑えてくれる漢方薬が荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)です。殺菌作用も期待できるので白ニキビ・黒ニキビを炎症させないようにするためにも効果的です。

    ニキビ肌の改善に欠かせない栄養素

    肌を作るもとのタンパク質

    肌を再生する力を持つコラーゲンを生成するためにはタンパク質が必要です。タンパク質の多い食材を多く摂取するようにしましょう。タンパク質多い食材は、しらす干し、マグロ赤身、ツナ缶、納豆です。

    ターンオーバーを促進するビタミンA

    ビタミンAには血行を促進してくれる効果があるので、血行が良くなることによって酸素や栄養素が肌にまで行き届き肌のターンオーバーを促してくれます。ビタミンAを多く含む食材は、うなぎ、にんじん、ほうれん草などです。

    美白効果のあるビタミンC

    ビタミンCにはコラーゲンの生成をサポートしたり、抗酸化作用で肌にツヤを出しながら美白してくれます。ビタミンCを多く含む食材は、赤パプリカ、ブロッコリー、キウイ、レモン、イチゴです。

    新陳代謝を高めるビタミンE

    ビタミンEは新陳代謝を高めてくれるので、肌のターンオーバーを促したり体の毒素を外へ排出してくれるのでニキビ予防に効果的です。ビタミンEが多く含まれている食べ物は、アーモンド、かぼちゃ、うなぎ、たらこなどです。

    血流を促進する鉄分

    鉄分を摂取すると血流を促進してくれ、肌の再生が通常通りに行われるためニキビ跡が改善しやすくなります。鉄分を多く含む食べ物は、鶏レバー、ひじき、あさり、ツナ缶などです。

    傷の回復を早める亜鉛

    亜鉛には傷の回復を早めてくれる効果があるので、できてしまったニキビ跡を改善してくれます。亜鉛が多く含まれている食材は牡蠣、パルメザンチーズ、蒸したカニ、鶏肉、豚肉(レバー)、煮干し、するめなどです。

    不足しがちな時はサプリを活用して

    栄養素は食材から摂取するだけでは難しいので、不足していると感じたらサプリメントで補充するようにしましょう。サプリメントは必要な分だけサッと摂取できるので手軽でおすすめです。

    ニキビの発生を予防する食べ物

    便秘を予防する食物繊維の豊富なもの

    便秘はニキビを作る原因となってしまいます。便秘になってしまうと腸の中に老廃物が溜まり、有害物質を作り出し肌にニキビとなって出てきてしまいます。便秘を予防する食物繊維の豊富なものを食べるようにしましょう。

    食物繊維が豊富な食材はキャベツ、切り干し大根、インゲン豆、納豆、干ししいたけ、エリンギなどです。特に豆類はどの豆にも豊富に食物繊維が含まれています。

    大豆イソフラボンが摂れるもの

    女性ホルモンと似た働きのある大豆イソフラボンを摂取することで、男性ホルモンが優勢になって皮脂が過剰分泌されてしまうことを防ぐことができます。大豆製品を摂取してホルモンバランスを整えましょう。

    大豆イソフラボンは納豆、豆乳、味噌、豆乳などに含まれています。大豆製品は食卓に取り入れやすいです。

    脂質の代謝に関わるビタミンB6を含むもの

    脂質をエネルギーに変えて、皮脂の過剰分泌を防いでくれるビタミンB6が多く含まれている食材を摂取するようにしましょう。ビタミンB6を多く含む食材は牛肉、豚肉、さんま、にんにく、カツオ、鶏ひき肉、チーズなどです。

    皮脂を抑制するビタミンB2を含むもの

    ニキビの原因となる皮脂の過剰分泌を抑制してくれるビタミンB2を摂取するようにしましょう。ビタミンB2を多く含む食材は豚レバー、うなぎ、牛乳、納豆、魚肉ソーセージ、干し海苔です。

    ストレスを抑えるカルシウムの多いもの

    ストレスを溜め込んでしまうと血行不良を引き起こしたり、睡眠障害になってしまうのでストレスを抑えてくれるカルシウムを摂取しましょう。カルシウムを多く含む食材は牛乳、小魚、桜エビ、カマンベールチーズなどです。

    ニキビを作りにくくする生活習慣

    睡眠はたっぷりとる

    睡眠をたっぷりとることは肌のターンオーバーを促してくれる成長ホルモンを分泌するために必要です。成長ホルモンは睡眠中にもっとも多く分泌されます。肌のターンオーバーが正常に行われなくなると古い角質が肌に付着したままになってしまいます。

    古い角質が肌に残ったままになってしまうと、古い角質が毛穴を塞いでしまい洗顔しても皮脂や汚れが毛穴から出てこなくなってしまいます。肌のターンオーバーを促すためにも睡眠時間はしっかり確保しましょう。

    適度な運動で血行促進

    適度な運動は血行促進するのに効果的です。血行が促進されると栄養や酸素が肌にまで行き渡るので、肌のターンオーバーを促してくれます。ストレッチでも血行は十分に促されるので時間ができたらストレッチを行ってみると良いでしょう。

    通勤を徒歩や自転車に変えるだけでも、とても良い運動になります。忙しくて時間が取れない場合は通勤の仕方を少し工夫してみましょう。

    紫外線対策の徹底

    ニキビができているときに紫外線を浴びるとアクネ菌を増殖させてしまうため、肌にも悪影響ですしニキビ跡にも悪影響です。紫外線を大量にニキビ跡に浴びると、メラニン色素が生成され色素沈着の原因になってしまい、ニキビ跡が濃くなってしまう可能性があります。

    日焼け止めを塗ったり日傘をするなどして、紫外線対策を徹底しましょう。ニキビができている場合は日焼け止めの成分がニキビに刺激を与えてしまうことがあるので控えるようにしましょう。

    半身浴で血行改善

    半身浴をして血行を改善するようにしましょう。半身浴で体を温めることで血行がよくなりますし、毛穴も開いて皮脂や汚れが落ちやすくなります。半身浴をするときに塩や入浴剤を入れて発汗を促すと良いでしょう。

    時間がなくて半身浴ができないときは、足湯だけでも効果を得ることができます。足湯をする際に好きな香りのアロマオイルを入れて、香りを楽しむことでストレスも解消されます。

    趣味の時間を作ってストレスを解消する

    ストレスを解消するためには趣味の時間を作ることが大切です。自分の趣味だと時間を感じずに楽しむことができるので、ストレスを無理なく解消することができます。ストレスを溜め込まないように好きなことをしましょう。

    こまめに水分を取って毒素を排出

    こまめに水分を取って毒素を外へ排出すると、ニキビができにくい肌を作ることができます。水分を取ると体内にある古い水分を外に排出して、体内に新しい新鮮な水分を入れることができます。

    白湯を飲むと身体も温まって血行もよくなり、デトックス効果もあるので効率よく毒素を外に排出してくれるのでおすすめです。白湯を飲むと代謝が上がるため、肌に必要な栄養素や水分を運んでくれます。

    自分に合ったニキビを対策を見つけよう

    ニキビは体内の不調でできることがほとんどですので、体内の改善から行っていくことがニキビ肌を改善するのに効果的です。自分のニキビ・ニキビ跡はどのタイプかを理解してそれぞれに合った対策をしましょう。

    ニキビに合った対策をすることで改善を早めてくれます。体内の改善しながらきちんとスキンケアも行うと少しずつ改善して行き、ニキビやニキビ跡のない美しい肌を手に入れることができます。

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT