海でも焼かない日焼け止め。日差しを防いで美肌を守るコツ

2017.07.19

海でも焼かない日焼け止め。日差しを防いで美肌を守るコツ

すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

毎日気を付けなければいけない日焼け。なぜ日焼けが起こるのか、日焼けを防ぐためにどんな日焼け止めが良いのか、その種類やおすすめ、また、うっかり日焼けしてしまった時の対処法などを確認しましょう。日焼けを防いでしっかり美肌を守りましょう。

INDEX

目次

    紫外線を浴びすぎるとこんなトラブル

    シミ、ソバカスの原因に

    紫外線にあたると、膚の内部で細胞が損傷し、炎症を起こしたり活性酸素が発生したりします。すると、肌を守ろうとメラニンができます。メラニンは皮皮膚を守る働きがあり、通常は肌のターンオーバーで剥がれ落ちます。しかし、メラニンが過剰に作られてしまうと、落ちきれなくなり、体にたまります。その過剰にたまったメラニンこそが、シミやソバカスの原因になります。
    ソバカスは遺伝的な要素もありますが、紫外線によって濃くなるといわれています。シミもソバカスも同様に、過剰な紫外線を浴びることは避けたほうが良いでしょう。

    肌の水分量が低下し乾燥の原因になる

    肌は皮脂からできている肌バリアで守られています。しかし、そこに強い紫外線や長時間の紫外線があたると、肌バリアが壊されてしまい水分が保てなくなります。これが乾燥の始まりです。
    肌バリアが壊れてしまったことにより、肌を守ろうとして角質が厚くなります。すると、スキンケアがしにくい肌になり、ますます乾燥するという悪循環に陥ってしまうのです。

    日焼け止めはどのブランドがいいのか

    日焼け止めの種類

    日焼け止めのタイプにはその効果の働き方から2種類に分けられます。まず、紫外線を反射させて紫外線を防ぐ「紫外線散乱剤」です。このタイプの日焼け止めは自然素材のものが多く、肌に優しいといわれています。また、成分を変化させずに紫外線を防ぐため、効果が長持ちです。しかし、白浮きしやすかったり使い心地が悪いという難点があります。
    もう一つは紫外線を吸収し、そのエネルギーを熱に変換して紫外線の侵入を防ぐ「紫外線吸収剤」です。こちらは有機化合物が原料のことが多いため、肌に負担がかかりやすいといわれています。また、成分を変化させて紫外線を防ぐため、時間がたつと効果が弱くなってきます。しかし、白浮きしにくく、使い心地が良いので製品としては使用しやすいです。
    ▼さらに詳しい解説はこちら
    紫外線吸収剤が肌を乾燥させる原因に?日焼け止めの失敗しない選び方

    シーンによって使い分ける

    さまざまな種類や効果のある日焼け止めですが、1つ目のポイントとしてシーンによって使い分けることをおすすめします。例えば、日常の買い物や近所への散歩などの場合、PA+SPF10位の弱めで対応し、屋外での軽いレジャーなどはPA++SPF30~40など少し強めのものにし、必要以上に肌に負担をかけすぎないようにするといいでしょう。

    また、季節によっても紫外線の強さが変わってきます。紫外線の量はWebサイトなどでも確認できます。
    ▼さらに詳しい解説はこちら
    日焼け止めが冬でも必要な理由とは?紫外線対策している方は必見。

    自分の肌質に合うものを選ぶ

    2つ目のポイントとして自分の肌質にあったものを選ぶと良いでしょう。自分に合ったものを選ぶことで、肌トラブルが減りストレスが少なく、日焼け防止ができると思います。例えば敏感肌の人はノケミカルでPA,SPFが低めのものを選ぶことをおすすめします。紫外線吸収剤には有機化合物が含まれています。できれば紫外線吸収剤の含まれていない日焼け止めを選ぶと良いでしょう。

    また、PAは+++以内でSPFは30以内のものが良いといわれています。レジャーなど屋外に行くときには、こまめに塗り直し、日傘や防止なども日焼け止めグッツも上手く使いながら防いでいくと肌に余分な負担がかかりません。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    「ノンケミカル」日焼け止めは低刺激。紫外線からやさしく肌を守ろう

    海で使う日焼け止めを選ぶときのおすすめポイント

    FPS、PAの値を確認する

    先ほどからSPF,PAと言っていますが、これらはどの種類の紫外線をどのくらい防ぐかを表しています。

    SPFはUV-Bを防止する効果の目安の数値

    個人差はありますが人が日焼けをするまでの時間は約10分~20分と言われています。その時間をどれくらい伸ばせるかという目安がこのSPFです。

    例えばSPF20の日焼け止めを10分で日焼けが始まる人が使用すると、日焼け開始までの時間を200分伸ばすことができるという意味です。

    PAとはUV-Aを防止する効果の目安の数値

    こちらは具体的な数値はなく、このように定められています。+が1つの場合は効果がある、+が2つの場合はかなり効果がある、+が3つの場合は非常に効果がある、+が4つの場合は極めて高い効果があると定められています。

    目安として使用する値ですが、これらを確認することで効果的に日焼け止めを使うことができます。特に海に行く場合にはSPFは30~50、PAは+++以上のものを使うといいでしょう

    ウォータープルーフタイプを使う

    水を浴びることも考えると、海ではウォータープルーフのものがおすすめです。注意点としてはウォータープルーフの耐水時間をきちんと確認しましょう。また、ウォータープルーフはとても強く皮膚に密着しているので、肌の負担も多く日常的に使うのはおすすめできません。海などの限定されたシーンでのみ使用し、使用した後は専用の洗顔で良く落とすようにしましょう。
    ▼さらに詳しい解説はこちら
    ウォータープルーフの日焼け止め情報満載。美肌を守って夏を乗りきる

    肌に優しい成分の入ったものを選ぶ

    海で使用する日焼け止めは、SPF,PAともに高いものを使うことになります。日焼け止めの効果が高い物は、肌への負担がかかります。できるだけ保湿や美白成分が入ったものを選ぶと良いでしょう。自分の肌質に合わせ、入っている成分を選んで使用してみましょう。

    各タイプの特徴から選ぶ

    日焼け止めの形状は大きく分けて6種類あります。
    1.クリームは、一番一般的なものです。保湿性が高く、しっかりぬれます。しかし、油分が多いため、肌荒れやニキビの原因になってしまう場合もあります。
    2.ミルクは、肌に優しく、伸びが良いので敏感肌の方にもおすすめです。
    3.ローションは、肌に優しくスキンケアとしての使用が可能です。しかし、SPFやPAは弱いものが多いので、強い紫外線を防ぐのには向いていないといえます。
    4.ジェルは、潤いのある使い心地で伸びが良くべたつきにくいので使いやすいといえます。しかし、肌に刺激の強い成分が入っていることが多いので敏感肌の方にはむかないこともあります。
    5.スプレーは、簡単に使用することができます。メイクの上からや髪の毛など普段は使用するのか難しい場所でも簡単に使うことができます。しかし、すべてスプレータイプでカバーしようとすると値段が高くなってしまうでしょう。
    6.パウダーは、メイクの上から使えたり、香りがついたものがあったりとしっかり日焼け止めをするのが苦手な方も使いやすいです。しかし、落ちやすいという欠点もあります。
    このように日焼け止めといっても効果や形状、使い心地など様々なものがあることがわかります。自分の肌に合わせて選んでいくと良いでしょう。また、特に海のように紫外線が強く、落ちやすい場所に行くときには、2種類を組み合わせて使用することもできます。

    つけ心地がさらさらとしているビオレ

    アクアリッチウォータリーエッセンス

    2017年2月にリニューアル発売されています。SPFは50、PAは++++と強いUVカット効果がありますが、ウォーターインカプセル入りでみずみずしい使用感が特徴です。スーパーウォータープルーフで水にも強いですが、専用のクレンジングでなくても落とすことができます。
    また、顔、からだどちらにも使え化粧下地にもなります。紫外線吸収剤を使用しているので、肌への負担もありますが、美容成分のヒアルロン酸、ローヤルエキス、シトラスMIX配合されているところもポイントです。

    プチプラで優秀な日焼け止めが多い

    ビオレの日焼け止めはアクアリッチシリーズ、さらさらUVシリーズ、親子で使えるUVシリーズがありシーンや好みによって使い分けができます。タイプもジェル、BBクリーム、スプレーなど様々あり選ぶことができます。そして、価格も1000円を切るものも多く、プチプラで優秀といえます。

    強い日差しでもうるおいが続くニベア

    プロテクトプラス ウォータープルーフUVミルク

    こちらの商品もSPFは50、PAは++++と高い紫外線カット効果があります。ウォータープルーフで水や汗にい強いですが、いつものクレンジングなどで落とすことができます。また、ミルクタイプなのでぬりやすく、使いやすいのも魅力です。高保水型ヒアルロン酸と天然植物エキスで保湿し、肌がうるおう効果もあります。

    • 巽 彩華
      巽 彩華(28)モデル、会社員
      7622-1:海でも焼かない日焼け止め

      海に行きたいけど焼けたくない。女性は誰でも思いますよね。 化粧水感覚で使用できるニベアサンのプロテクトウォータージェルこちらはSPF50PA+++でジェルなのにしっとりサラサラのお肌に。 普段から化粧下地としてもご使用できます。ウォータージェルは持続性もあるのに石鹸でも簡単にしとせるところがオススメです。海に行く際はこまめに塗り直すことがポイントです。

    巽 彩華さんを0人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    普段使いにおすすめな商品も

    こちらは、ボトルタイプとポンプタイプ、詰め替えがあり普段づかいに便利です。肌にのせるとジェルがローションに代わり軽い付け心地です。屋外でのレジャーなどには弱めですが、日常の散歩や買い物などにはぴったりではないでしょうか。

    CMでもおなじみのアネッサ

    パーフェクトUV アクアブースター

    こちらの商品もSPFは50+、PAは++++、繰り返し紫外線をあびても製剤を安定に保つ光スタミナ技術が使われており、強力なUVカット効果があります。また、80分間の耐水性があるスーパーウォータープルーフです。強いだけではなく、せっけんで落とすことができ、美肌成分であるバラ果実エキス、ヒアルロン酸、グリセリンが含まれています。強力なUVカット効果ですが付け心地もさらっと軽く使いやすいのも魅力といえます。

    サンケア商品は全品アクアブースターを搭載

    そして、サンケア製品にはアクアブースターという効果が搭載されています。これは、水や汗は日焼け止めとくっつくと成分が安定し膜が益々強くなるという効果です。汗や水で落ちないだけでなく、効果がアップすというところが心強い日焼け止めとなっています。

    口コミで人気のあるアリー

    エクストラUVジェル (ミネラルモイスト ネオ)

    こちらの日焼け止めもSPFは50+、PAは++++と高いUVカット効果があります。また、ウォータープルーフ効果も備わっています。強いUVカット効果がありますが、落とし方が簡単で洗顔料やボディーソープで落とすことができます。保湿成分はヒアルロン酸、ローヤルゼリーエキス、コラーゲン、ハトムギ種子エキスが配合されています。ジェルで塗りやすく、白くなりにくいと口コミで人気があり、日焼け止め市場ではNO1の売り上げです。

    UVカット効果のあるBBジェルも人気

    アリーからは顔用のSPFは50+、PAは++++の高いUVカット効果とウォータープルーフ効果があるエクストラUVジェル ミネラルBBも人気です。1本でUVカット、保湿、化粧下地、ナチュラルカバーの働きをしてくれます。

    顔に使えるおすすめの日焼け止め

    アクセーヌ「スーパーサンシールド EX」

    アクセーヌ史上最高のSPFは50+、PAは++++のUVカット効果とウォータープルーフで紫外線から守ってくれます。また、紫外線による乾燥に注目し、保湿効果が高い仕上がりになっています。また、敏感肌にも使いやすくノンケミカル、紫外線吸収剤フリーになっています。伸びもよく化粧下地としても使えます。

    dプログラム「アレルバリア エッセンス」

    こちらは下地効果のある美容液ですがSPFは40、PAは+++と強めのUVカット効果も兼ね備えています。です。ノンケミカル、紫外線吸収剤フリーで子供も使えるように作られているため敏感肌の方の使えます。

    海で絶対焼かないためには

    こまめに塗り直す

    水や汗で落ちやすい状況、強い紫外線というう環境の海で絶対に焼かないためにはこまめに塗りなおすといううことが大切になります。いくら強い良い日焼け止めを使用しても、1度塗ればずっと効果が続くものではありません。少し手間はかかりますが、スプレーやパウダーなども上手に使用しながらこまめに塗りなおしましょう。

    • miu♡
      miu♡(26)フリーランス
      7772-1:海で絶対焼かないためには

      夏のレジャーは海やプールに行く機会が増えると思います。日焼け対策として、日焼け止めは欠かせませんよね。日焼け止め効果がある時間はあくまで目安です。水や汗によって落ちやすい為、私は「こまめに塗り直す」ように心掛けています。その時のポイントとして、クリームをさっと手で伸ばすだけでなく、含ませるようにハンドプレスして馴染ませるのがオススメです。 顔はメイクの上から、クリームを塗るのが難しい場合、ミストタイプもあるので、うまく使い分けましょう。日焼け後の、保湿ケアもお忘れなく。

    miu♡さんを0人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    日焼け止めは適量をムラなく塗る

    また、適量をむらなく塗ることも大切です。せっかく効果の高い日焼け止めを使用してもむらがあるとその部分には効果を発揮してくれません。少量すぎるとムラになる原因にもなりますので使用方法をよく読み、効果的に使用できるようにしましょう。

    もしも日焼けをしてしまったら

    まずは冷やす

    精一杯、努力してもうっかり日焼けをしてしまうこともあるかもしれません。そんな時には、焦らずアフターケアをしましょう。日焼けはやけどの一種と言われています。その為、まずは冷やしてあげることが大切です。日焼け後の肌は敏感になっていますので、冷たいタオルなどでごしごしこすったりはせず、そっとおさえたりシャワーで流すようにしましょう。

    日焼けの状態によって保湿・カバーをする

    日焼けの状態によって保湿やカバーの方法を変えましょう。まず、我慢できないほどほってたり、水ぶくれができている、吐き気や頭痛がある場合には、医師の診察を受けることをおすすめします。
    我慢はできるが、ひりひりするときにはワセリンなどの軟膏、クリームをぬります。やはりひどいときには病院に行き軟膏を処方してもらうことも必要です。ほてりがある場合にはいつもより多めに化粧水もぬりましょう。できれば化粧水は冷蔵庫で冷やしておき、手を使って優しくつけましょう。

    日焼け後のケアにおすすめのクリーム

    ニベアクリーム

    ニベアの青缶でおなじみのニベアクリームです。スクワランとホホバオイルを配合。うるおい成分でしっかり保湿できます。しっとりもちもちの使用感です。

    オーデクリームS

    アロエエキスで保湿する医薬部外品です。乾燥、肌荒れ、肌を保護することができ、日焼けのケアになります。クリームですがさらっとした使い心地で使いやすいです。

    しっかり日焼け対策をして美しい肌に

    いかがでしたでしょうか。日常生活を送っていれば日焼けは、誰もが気を付けなければいけないものです。そして、毎日のケアからレジャーまで様々なシーンで注意しなければいけません。面倒になりがちですが、日焼けすることで現在の肌トラブルになるばかりではなく、将来の肌トラブルを招くことにもなります。しっかり日焼け対策をして美しい肌を保ちましょう。

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT