気になるニキビをメイクで隠そう。隠すポイントはコントロールカラー?

2017.07.11

気になるニキビをメイクで隠そう。隠すポイントはコントロールカラー?

すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

ベースメイクで最初につまずくのはニキビ隠し。コンシーラーののせ方のコツなど対策はありますが、実は重要なのは下地なのです。コントロールカラーを使い、保湿力の高いファンデーションでメイク中でもニキビをケアしていきましょう。

INDEX

目次

    すっぴんの外出はニキビの原因に

    メイクは必ずしもニキビにとって悪ではない

    ニキビができている時にメイクをするのは少し抵抗がありますよね。炎症の起きているところに油分をのせたり、叩き込んだり、ニキビに触ることはなるべく避けたいところです。しかし、使う化粧下地やファンデーション一つで、メイク中の肌をケアしてくれる化粧品もあります。

    ニキビに効果のある化粧品を使い、メイク中でもスキンケアをしているような状態へ近づけられるようにしましょう。

    メイクで紫外線カット

    化粧下地としてローションタイプの日焼け止めを使用することで紫外線カットができます。日焼け止めの数値表すSPF、PAが記載している日焼け止めの使用をおすすめします。また化粧下地の上にファンデーションをのせることで紫外線を防ぐこともできます。

    皮脂による化粧よれを防ぐため、日焼け止めもファンデーションも薄付けにしましょう。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    お肌にやさしい「日焼け止め・化粧下地」を使って肌荒れ知らずに。

    ニキビへの負担が少ない化粧とは

    保湿力のあるもの

    メイクをしている時もニキビケアができるよう、保湿力の高いものを使用しましょう。重要なのは化粧下地とファンデーションです。付けている時間も長く肌へも負担も多いこの2つの保湿力を高めることで肌への負担を軽減できます。

    直接肌にのせるものなので、スキンケア用品と同じように慎重に選びましょう。

    皮脂分泌を抑えるもの

    ニキビの原因である皮脂。この分泌を抑えるには化粧下地選びにあります。最近では皮脂やテカリ防止に特化した化粧下地も数多く販売されています。

    ニキビケアにもなりますが、化粧崩れも防止することができます。

    薬用の化粧品

    薬用のものは、肌トラブルの防止を目的として作られています。ニキビなど肌トラブルが起こっている肌には薬用のものをおすすめします。メイクをしながら同時にニキビケアもできるうれしいアイテムです。

    ニキビの赤みの撃退法

    コントロールカラーで抑える

    自分の肌トラブルの悩みにあったコントロールカラーを使うことでトラブル箇所を簡単にカバーすることができます。色分けして使用するのもいいと思います。ナチュラルな仕上がりにしたい方へおすすめです。

    グリーン系の下地がおすすめ

    ニキビ跡をカバーしたい場合はグリーンのコントロールカラーを使うと良いでしょう。赤みのある肌にはグリーンを重ねることで肌馴染みが良くなり、カバーできます。またファンデーションの発色もよくなり、肌がワントーン明るく見える利点もあります。

    おすすめのグリーン下地3選

    RMK ベーシックコントロールカラー #03

    肌のムラやくすみなどに気になる箇所へ部分的に使用するコントロールカラーです。自然由来の保湿成分を配合し肌に大切な潤いを守ります。気になるところをカバーしながらも、保湿を高めてくれます。化粧持ちや透明感のある肌が長時間維持できます。

    ツヤを出したいところにのせて使用することもできます。

    メディア メイクアップベースS(グリーン)

    お買い求め安い化粧品の中で最近人気なメディア。赤みのカバーももちろんですが、毛穴を目立たなくさせてくれる効果もあります。また肌をワントーン明るくし、透明感のある肌になります。柔らかめのテクスチャーなので、ムラになりにくいです。

    こちらは部分づかいではなく顔全体用としての使用が良さそうですね。無香料なので匂いも気になりません。

    スージーニューヨーク カバーリング コントロールベース

    毛穴の凹凸や色ムラをカバーしナチュラルな仕上がりになります。無鉱物なので、Tゾーンや小鼻などテカリやすいところの皮脂を抑制してくれます。日焼け止めとしての使用でも構いません。メイクオフの日などはこれ1本でベースメイクは完成です。

    容器がシンプルなところも可愛いですね

    ## おすすめのファンデーション

    24H cosme シルキーエアヴェール

    これはカバー力と保湿性に優れたファンデーションです。天然ミネラルとスキンケア成分で作られているファンデーションはなかなかほかではありません。またコンキオリンという、保湿成分も含まれていて、長時間ファンデーションを付けていても乾燥は気になりません。軽い付け心地で気になるところをカバーしてくれます。

    肌に負担のかからないように作られているため、肌を休ませたい休日メイクとして使用するのもいいかもしれませんね。

    インテグレート ミネラルファンデーション

    化粧水、乳液、UVカット、化粧下地、ファンデーションが一つになったミネラルファンデーションです。肌への負担が軽く、みずみずしい肌をキープ。一日中サラサラの肌を保つことができます。パラベンフリー、アレルギーテスト済の為、敏感肌の方も安心。無香料で匂いも気になりません。

    紹介通りみずみずしいテクスチャーで、伸びが良くサラサラ感の残る仕上りになります。

    毛穴パテ職人 BBミネラルルースパウダー

    とてもカバー力のあるファンデーションです。隠したい毛穴、シミ、ニキビ跡をしっかりカバーしてくれます。11種類のミネラル配合で軽めファンデーションで、しっとりサラサラなしあがりになります。

    カバー力もあり皮脂もしっかり押さえてくれてテカリなし。マットな仕上がりになりますが、少し厚塗り感が出てしまいます。。

    オンリーミネラル ファンデーション

    日焼け止め、コンシーラー、ファンデーション、フィニッシングパウダー化粧下地が合わさった、オールインワンファンデーション。急いでいる朝に大活躍。カバー力のあるファンデーションなので、薄付きでナチュラルな仕上がりになります。100%ミネラル配合で肌に優しい成分です。無香料で匂いは気にならず、無着色です。

    下地いらずのファンデーション。カバー力もあり素肌っぽい仕上がりになります。

    ### エトヴォス タイムレスミネラルファンデーション

    下地なしで使用可能です。肌への密着度の高いファンデーションなので保湿効果への期待大。どんな肌の方にも使用できます。マットな仕上がりにしたい方へおすすめです。皮脂を抑える成分も配合されているので乾燥の心配もありません。成分もノンアルコール、パラベンフリー、界面活性剤不使用で安心して使用することができます。

    素肌を生かしつつ、ナチュラルな仕上がりを目指すファンデーション。カバー力は少し劣りますが、長時間使用していてもよれにくいです。

    セザンヌ UVファンデーションEXプラス

    プチプラで人気のセザンヌ。ファンデーションの評価も高いようです。パウダーファンデーションで時間が経っても透明感のある肌を保つことができます。 。比較的お安いお値段で購入できるところも魅力的ですね。無香料、無鉱物、界面活性剤不使用、紫外線吸収剤不使用で長時間使用しても安心です。

    パフでのせるより、ブラシでのせるとよりナチュラルメイクに仕上がります。

    オルビス クリアパウダーファンデーション

    隠したい跡や、色ムラをカバーしてくれるニキビ用ファンデーション。軽い使用感で尚且つカバー力もあります。余分な皮脂を吸収してくれ、乾燥のない仕上がりになり、ニキビ肌には最適なファンデーションです。

    また付属のパフは摩擦の少ない起毛なので肌を傷つける心配はありません。敏感肌の方へアレルギーテスト済、ニキビ肌の方へのノンコメンドジェニックテスト済、匂いも気にならない無香料。

    カバー力は劣りますが、軽い仕上がり。皮脂抑制効果があるため、テカリのなく、よれにくいようです。ニキビができているけどメイクをしなくちゃ…という方には最適です。

     おすすめコンシーラー

    オルビス アクネススポッツコンシーラー

    ニキビのための薬用コンシーラーです。ポイント使いがおすすめです。肌の凹凸や赤みなど色ムラを補ってくれます。オイルフリーなところもニキビには効果的ですね。SPF配合で紫外線から肌を守ります。

    コンシーラーというよりは、薬用のジェルタイプのケア用品です。ニキビのできているところに塗っておくと、翌朝起きると良くなっているという効果があるようです。

    ノブ コンシーラー

    シミ、そばかす、ニキビをしっかりカバー。敏感肌の方におすすめです。指の温度で溶け、隠したいところにのせます。優しく叩き込むようにのせていくと自然な仕上がりになります。ニキビ予防への効果も見られ、メイク中でもケアしているような状態になります。

    敏感肌、ニキビ肌に優しいアレルギーテスト済、ノンコメンドジェニックテスト済、そして低刺激。安心してメイクできますね。

    カバー力もあり、フィット感もあり、よれのの心配もなさそうです。マット感が強いですが、サラッとした仕上がりです。

    DHC 薬用アクネスコンシーラー

    ニキビに優しい薬用コンシーラーです。ニキビや肌荒れを予防しながらもしっかりカバーもしてくれます。フィット感が強いので、長時間付けていてもよれにくいです。テカリ防止も配合で皮脂を吸収します。ニキビに優しいだけあってノンコメンドジェニックテスト済、アレルギーテスト済です。

    薬用コンシーラーなので、ニキビを隠すことできるし、予防もできる優れもの。スポッツタイプで適量出てくることで使い過ぎも防げます。

    NARS ラディアントクリーミーコンシーラー

    肌に潤いを与えながらカバーしてくれるクリームタイプのコンシーラー。ひと塗りで伸びもよく、肌へのせやすいです。スティックタイプで使いやすさ抜群。マット肌な仕上がりになります。ニキビ肌の方はノンコメンドジェニックテスト済。安心して使用できます。

    カラー展開も豊富なので、ご自身にあったカラーを選べそうですね。

     24H cosme コンシーラーUV

    ライトとナチュラルの2色セットなので使い分けができて便利です。肌を白く見せる効果がある成分を含んでいるので就寝前に目元につけるとアイクリームとしても使用できます。24時間落とさなくても平気という24Hコスメならではの使用方法ですね。国産にこだわった植物エキス配合。紫外線吸収剤不使用で紫外線カット。

    2色セットなので肌の色に合わせて調整できます。ニキビ隠しだけでなく、小鼻のキワやクマ隠しとも併用可能。

    コンシーラーを選ぶ時のコツ

    ワントーン暗めの物を使用する

    ニキビを隠す時は顔全体に使用したファンデーションより、ワントーン暗めのコンシーラーを使うと肌馴染みの良く、キレイに隠すことができます。そして薄く塗って馴染ませることを繰り返し行うことでニキビ跡が目立ってしまうことはなくなります。

    最後にニキビ周辺もファンデーションを塗って周りの肌と馴染むようにしましょう。

    • 富樫あい
      富樫あい会社員 / 読者モデル
      7597-1:ワントーン暗めの物を使用する

      ニキビあとが気になって、ついファンデーションを厚塗りしてしまっていたのですが、コンシーラーを使うようになってからはファンデーションは薄くても大丈夫になりました。コンシーラーは筆タイプのものを使用しています。明るめのコンシーラーにしてしまうと、逆に隠したい部分が目立ってしまうため、暗めのコンシーラーを購入して使用しています。コンシーラーを塗ってポンポンと叩き込んだあとに、ファンデーションを塗ると、ファンデーションを厚塗りしなくてもニキビあとが気にならなくなります。

    富樫あいさんを12人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    無理に隠そうとして厚化粧にならないように注意

    どうしてもニキビ箇所が目立ってしまう、上手くメイクで隠しきれないときもありますが、コントロールカラーを使用して、ニキビを隠していくというメイクの仕方でよりナチュラルな仕上がりにを演出できます。ファンデーションやコンシーラーで隠すことも必要ですが、しっかりスキンケアを行い、根本からニキビを改善していけるようにしましょう。

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT