デコルテニキビは人に見られやすい。正しいケアで美しいボディに

2017.07.11

デコルテニキビは人に見られやすい。正しいケアで美しいボディに

すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

デコルテにニキビができてしまうと、胸元の開いた服や水着が着れなくなってしまいオシャレを楽しめなくなってしまいますよね。デコルテにニキビができてしまう原因はいろいろあります。、正しい対処法や予防法を知って美しいデコルテを目指しましょう!

INDEX

目次

    デコルテにニキビができる外的要因

    シャンプー・トリートメントのすすぎ残し

    シャンプーやトリートメントをすすぐとデコルテに流れて行ってしまいます。すすぎ残しがあるとデコルテにある毛穴をシャンプーやトリートメントの成分が塞いでしまいます。成分と皮脂、汚れが混じり合うことによってニキビが発生します。

    シャンプーの成分には界面活性剤という強力な皮脂を落とす成分が入っているので、すすぎ残すことによって毛穴にダメージを与えてしまいます。洗浄力の弱いアミノ酸シャンプーやノンシリコンシャンプーを使うと少し気にならなくなります。

    髪の毛先が刺激を与えている

    髪の毛がデコルテまで伸びている人は髪の毛の先がチクチクとデコルテに刺激を与えている可能性があります。肌に刺激を与えると肌がどんどん敏感になっていきバリア機能が低下します。

    バリア機能が低下してしまうと髪の毛以外にも衣類の刺激にも敏感になり、ニキビができやすい肌になってしまいます。さらにニキビができてしまった後も刺激を与え続け炎症を起こしてしまいやすくなります。髪の毛を1つに結ぶなどして対策しましょう。

    寝具が汗や皮脂で汚れている

    枕カバーやシーツは寝るとき毎日肌に接するものなので、できれば毎日取り替えて清潔に保ってください。毎日使うことで汗や皮脂が毎日付着していっているということになります。

    汗や皮脂で汚れた枕カバーなどを使っていると、せっかく丁寧に洗顔しても汚れがついてしまいます。清潔な枕カバーや寝具を使いましょう。

    紫外線によるダメージ

    デコルテは胸の開いた服などを着ていると1番紫外線が当たりやすい部分になります。紫外線を大量に受けることによる影響で、メラニン色素の合成やニキビの炎症の原因であるアクネ菌が活発になってしまいます。

    メラニン色素の合成が行われることによって色素沈着やニキビ跡ができてしまいますし、アクネ菌が活発になることで炎症をまだ起こしていないニキビが炎症を起こしてしまう可能性があります。日焼け止めクリームを塗ったり日傘をさすなどして対策しましょう。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    紫外線対策のコツ。紫外線の影響を知って美肌も健康もキープしよう

    ボディクリームなどの過度な保湿

    肌に乾燥は大敵なのでボディークリームなどで保湿することは大切ですが、過度にクリームをデコルテに塗ってしまうとニキビを作ることに繋がります。ボディークリームには多くの油分が含まれているので油分が毛穴に詰まってしまうのです。

    ニキビができるということは皮脂が多いということです。デコルテにボディークリームを塗らなくても、顔と同じように化粧水、乳液でケアするといいでしょう。

    デコルテにニキビができる内的要因

    寝不足などの不規則な生活

    寝不足はニキビにとって大敵です。寝不足になるとストレスが溜まったり自律神経が乱れたりして、皮脂を過剰分泌する原因となる男性ホルモンが優位になります。男性ホルモンが優位になることで皮脂が過剰分泌されれ、ニキビができてしまいます。

    肌のターンオーバーを正常に行うためには睡眠をゴールデンタイムにしっかりと取ることが大切です。ゴールデンタイムとは22時〜2時の時間のことで、肌のターンオーバーを促してくれる成長ホルモンがもっとも多く分泌される時間です。

    生理によるホルモンバランスの変化

    生理になるとホルモンバランスが変化してニキビができやすくなります。特に生理前はホルモンの影響をもっとも受ける時期なので、フェイスラインや顎にニキビができやすくなります。さらにホルモンバランスの影響を受けると肌のバリア機能が低下してしまいます。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    エストロゲン・プロゲステロンのことを知って、女性ホルモンを整えよう

    ストレスによる自律神経の乱れ

    ストレスは自律神経を乱れさせ男性ホルモンを多く分泌させたり、血行を悪くして肌のバリア機能を低下させたり、肌のターンオーバーを遅らせてしまいます。そのため、ストレスを溜め込むとニキビができやすく治りにくい肌になってしまいます。

    運動をしたりお風呂で汗を流すことによって身体が温まって新陳代謝がよくなり、自律神経の乱れを正常に戻してくれます。自律神経の乱れがなくなると寝つきがよくなり肌の再生を促す成長ホルモンもしっかりと分泌され、肌のターンオーバーも正常化します。

    乳製品や糖分の過剰な摂取

    ケーキやジュースなどの、甘い糖質やチーズ、牛乳などが多く含まれる食べ物は控えるようにしましょう。糖質や脂質の多いものを食べることで皮脂が過剰分泌されてしまい、ニキビに繋がってしまいます。

    特に生理前はフェイスラインや顎にニキビができやすくなっているので注意が必要です。ホルモンバランスの影響を受けることで肌のバリア機能が低下してしまっているので、そこに皮脂や汚れが加わることでニキビを引き起こします。

    デコルテにかゆいニキビが発生する理由

    皮脂腺が多い場所だから

    顔ではない部分のニキビはアクネ菌が原因ではなく、マラセチア菌というカビの1種によって引き起こされます。ただ菌が違うだけで毛穴に皮脂や汚れが溜まってニキビになる工程は同じです。デコルテはもともと皮脂の分泌が多い場所であり、汗もかきやすいので皮脂と汗が混じり合って毛穴に詰まってしまいニキビになってしまう場合が多いです。

    汗が溜まりやすいから

    デコルテとは首下から胸上の部分のことです。胸上の場合胸の谷間に汗が溜まりやすく溜まってしまった汗が蒸れることで肌にニキビを作ります。

    蒸れて汗をかいたり下着や衣服で摩擦が加わることによって肌にダメージを与え、肌のバリア機能が低下してニキビができやすい環境を作ってしまうのです。

    汚れを蓄積しやすい形状をしている

    デコルテの鎖骨のあたりは骨が出ているので表面がデコボコとおうとつになっています。おうとつになっていると汚れが蓄積されやすく、洗うときも汚れが落ちにくいです。

    お風呂に入って洗うときは鎖骨周囲の汚れがしっかりと落ちるように濃密な泡を作り、丁寧に洗うように心がけましょう。デコルテに洗い残しがあるとニキビの原因となってしまうので洗い残しがないようにしましょう。

    服に覆われていて蒸れやすい

    胸元が隠れている服を着ていると衣服と常に接している状態なので摩擦の影響を受けやすいですし、夏には暑さで蒸れて汗が毛穴に詰まってしまうことがニキビの原因になります。

    ニキビがデコルテにできてしまっている人はニキビを隠したくてデコルテが覆われた服を着ていると思いますが、家にいるときはなるべくデコルテ部分が開いた服を着て蒸れないように気をつけましょう。

    デコルテニキビのケア方法

    体を洗うのは洗顔や洗髪の後にする

    体を洗うのは洗顔や洗髪の後にしましょう。洗顔や洗髪の前に洗ってしまうと洗剤の成分がすすぐときにデコルテに流れていき付着してしまいます。成分が毛穴に入ってしまうことでニキビの原因となってしまいます。

    洗顔料やシャンプーを敏感肌の人用の刺激の少ないものを使うと洗い残しが少し残ってしまっても、低刺激なので皮膚に刺激を与えすぎません。デコルテにはなるべく洗髪剤や洗顔剤が付着しないようにしましょう。

    化学繊維ではなく綿のボディタオルを使う

    身体を洗う時に化学繊維のボディタオルを使ってしまうと皮膚を傷つけてしまう可能性があります。化学繊維ではなく綿のボディタオルを使うようにしましょう。綿のボディタオルであれば肌を傷つけることなくやさしく洗うことができます。

    ボディータオルを使わなくてもたっぷりと泡だてた泡だけで顔を洗うときのように洗うのも肌を傷つけません。デコルテは皮膚が薄いので泡だけでも十分洗うことができます。

    たっぷりの泡で優しく洗う

    たっぷりの濃密な泡を作って洗うことは顔にもデコルテにもとても大切です。泡立てることで泡の表面にデコボコができ、皮膚に接する表面積が増えるので毛穴の奥の皮脂や汚れもしっかりと洗い流すことができます。

    泡で洗うことでゴシゴシとこすって洗う必要がなくなります。

    泡立てるときはボディータオルでボディーソープを泡立てるか、泡だてネットや泡だて器を使って泡立てましょう。

    泡をぬるめのお湯でしっかりすすぎ落す

    冷たい水だと洗顔料の成分が溶けにくく、熱いお湯だと肌を傷つけてしまいます。ぬるめのお湯を使って泡を丁寧にすすぎましょう。

    毛穴の汚れをしっかりと落とすには入浴をして毛穴を開いておくと、毛穴の奥の皮脂や汚れもきれいに落ちます。入浴をして少し汗ばんできたら毛穴が開いているサインです。毛穴を開かせるためには半身浴をすると効果的です。

    顔のついでに化粧水で保湿する

    デコルテの皮膚は薄くて顔の皮膚と似ているので、スキンケアをするようにデコルテのケアもしてあげると良いでしょう。顔に化粧水をつけるついでにデコルテにも化粧水をつけて乳液で水分が蒸発しないようにフタをするとなお良いです。

    スキンケアをするようにデコルテもいたわってあげましょう。

    • ブルーナ
      ブルーナ(26)サロンモデル / アルバイト
      7565-1:顔のついでに化粧水で保湿する

      私もデコルテのニキビ、肌荒れにすごく悩んでいました。色々と調べて読んだり試したりしましたが、デコルテはやはりすごく皮脂の多く出る場所なので私の場合は顔用の化粧水をそのままデコルテまで付けるとあまり効果はありませんでした。身体用にさっぱりめの化粧水を買いそれをお風呂上がりに塗った後、薬局でも売っている傷跡や火傷用のクリームを薄く伸ばして使っていました。そしたらみるみる肌荒れが治り化粧水なしでもニキビなど出来なくなりました。ぜひ試してみて下さい。

    ブルーナさんを0人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    炎症が広範囲の場合は皮膚科へ

    デコルテにニキビができて初期段階の皮脂が詰まってしまっただけの、白ニキビや黒ニキビなら炎症が起きていないため様子見で良いですが、アクネ菌が入り込み炎症を起こして赤ニキビになった場合は皮膚科に行くことも考えましょう。

    炎症を起こして赤ニキビが広範囲に広がってしまった場合は早急に皮膚科に行きましょう。炎症が広がってしまっているので潰したり、ケアをしないでいるとニキビ跡や色素沈着として肌に残ってしまう可能性があります。

    自分でできるデコルテニキビ対策

    夏は特にこまめに汗の始末を行う

    夏は汗をかきやすく衣服や下着で蒸れてしまい毛穴に詰まってしまいます。ベタベタした汗を拭かないでそのまま放っておくと汗がホコリなどと混じり合いニキビの原因になってしまいます。
    汗をたくさんかいたらすぐにシャワーで洗い流したり、タオルでこまめに汗を拭き取るなどして対策しましょう。タオルで拭き取る際は強く拭き取らないで、やさしく押し当てるようにして拭き取りましょう。

    コットン素材の服に変えてみる

    衣服の摩擦は肌に刺激を与え肌のバリア機能を低下させてしまうので、ニキビができやすい環境を作ってしまいます。デコルテにニキビができてしまう場合はコットン素材の、肌に刺激を与えない服に変えてみましょう。

    日傘で紫外線を防ぐ

    紫外線はニキビをアクネ菌を増殖させるのでニキビには大敵です。紫外線をデコルテに大量に浴びさせないようにするためにも、日傘などで紫外線からデコルテを守りましょう。

    タオルなどを巻くのも効果的です。日焼け止めクリームはニキビができているときは刺激になってしまうので控えましょう。

    野菜や果物でビタミンを摂る

    ビタミンは皮脂過剰分泌を抑えたり、コラーゲンの生成をサポートし肌を健康に保ってくれる効果があります。野菜や果物にはビタミンが多く含まれているので、意識して毎日の食事に取り入れるようにしましょう。

    野菜や果物には食物繊維も多く含まれているので便秘にも効果的です。便秘になってしまうと腸に老廃物が溜まり有害物質を発生させるのでニキビの原因となってしまいます。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    肌によいビタミンとは?正しい摂り方を知って高い効果を得よう

    睡眠時間を6時間以上に増やす

    私たちが眠っている間に肌の再生に必要な成長ホルモンが多く分泌されています。成長ホルモンを多く分泌させるには深い眠りが必要不可欠なので睡眠時間は6時間以上しっかりと取るようにしましょう。

    アロマでリラックス

    ストレスは自律神経を乱れさせて交感神経を優位にさせてしまいます。リラックスできなくなって不眠症になったり男性ホルモンが多く分泌されて、皮脂過剰分泌になってしまいます。

    香りの良いアロマオイルを使ってリラックスしましょう。アロマを焚いたり、アロマオイルを湯船に入れてみても効果はあります。

    食事とストレスのケアで美しいデコルテを目指そう

    規則正しい食生活やストレスを緩和することで身体が健康な状態になり、ニキビができにくい肌やニキビが治りやすい肌になります。デコルテは人にみられやすい部分です。人に見られても大丈夫な、自信の持てるデコルテを手に入れましょう!

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT