おすすめ白髪染め厳選ランキング!市販のメンズ向け自宅でセルフ染め

2018.08.29 / スキンケア

NADECICA編集部
NADECICA編集部

 

おすすめの白髪染めが知りたい!

体質によっては20代前半からでも生えてくる白髪、見た目が気になる、何とかしたい、そんな時に頼りになるのが白髪染めです。セルフで染められる自宅用の白髪染めは、手軽に使えますし、美容院などで行ってもらうよりリーズナブルです。

でも「髪が痛みそう」「いつも使ってるけどうまく染められない」という人も多いかもしれません。おすすめの白髪染めを知って、自分らしいスタイリングを目指していきませんか。

この記事ではおすすめの白髪染めのほか、市販品に特化しておすすめの白髪染めをメンズ向けと、すぐに使える部分染め・白髪隠しを合わせてチェックできます。それぞれ特徴がありますから、自分にとって使いやすいものを選んでいきましょう。

白髪染めの選び方やおすすめが分かる
店頭にもたくさん並んでいて選びにくい白髪染め、なかなか好きな色がなかったり、髪へのダメージが心配だったりしませんか。この記事で白髪染めの選び方を学んで、自分らしくスタイリングしていきましょう。

白髪染めのおすすめな選び方

項目

選び方の解説

解説

選び方1

染めたい範囲で選ぶ

白髪染めと一口に言っても、ヘアカラーやヘアマニキュアなど様々です

染めたい範囲で選びましょう

選び方2

髪質に合わせて選ぶ

髪が細くて柔らかい=染まりやすい

髪が太くてしっかり=染まりにくい 

選び方3

自分が扱いやすい形状を選ぶ クリームタイプやホイップ式の泡タイプなど、自分の使いやすい形状を選びましょう 

選び方4

ダメージの大きさで選ぶ 白髪染めは「キューティクルを開いてカラーを入れる」ため髪を痛めがち、ダメージが少ないかどうかもポイントです 

選び方5

成分で選ぶ

防腐剤として使われるレゾルシンやジアミンといった「使い続けることでアレルギーや皮膚炎の原因となる」有害物質が含まれていることが市販品もサロンのものでも一般的

リスクが気になる人は成分をよく見ることがポイント 

染めたい範囲で選ぶ

髪全体を同じ色にして白髪を目立ちにくくしたり、部分的に白髪を自然に隠したかったり、染めたい範囲は人それぞれです。髪を染める方法の代表例はヘアカラーですが、他にも一時的に染められるものなどがあります。

  • ヘアカラー:内側から染めるので長持ち、広範囲
  • ヘアカラートリートメント・シャンプー:少しずつ毎日染めていく、シャンプーとして使える
  • ヘアマニキュア:一部分だけ染める、髪の内側まで染めないため少しずつ落ちる
  • ヘアマスカラ(一時染め):一時的に一部分だけ色を付ける、洗うと落ちてしまう

ヘアカラーは色が豊富で髪色に合わせやすく、現在はアッシュグレーなど白髪染めのカラーバリエーションも増えているため、美容院でお願いすればより好みのカラーに染めやすくなっています。一方、ヘアマニキュアやヘアマスカラは、一部分だけ色を付けます。

ヘアマニキュアは髪の表面だけをコーティングするように色を付けるため、ヘアカラーに比べると全体に塗るのが難しく、部分染めに向いています。ヘアマスカラはより細かな部位、たとえば生え際や分け目などに効果的です。

髪質に合わせて選ぶ

一般的に「切れ毛になりやすい柔らかく細い髪質」はカラーが入りやすいと言われています。しかしカラーが入りやすいと、表示時間より短い時間でカラーが入ってしまうこともあり、狙っていたカラーにならないこともあります。浸透時間を短くする工夫や、白髪染め用ではないヘアカラーを使う工夫がおすすめです。

反対に「広がりやすくて太く、1本1本が硬い髪質」の場合は、カラーが入るのに時間がかかることも多く、こちらは「染まったか分からない」ようなこともあります。やや明るめのカラーを選ぶと、この点は改善できるようですが、だからと言って長時間カラー剤をつけっぱなしにするのは控えましょう

これはカラーにも同じことが言えます。色が入りやすい柔らかく細い髪質の人は、明るい色なら綺麗に入りやすいのですが、暗めの色は色が入りすぎて暗くなりすぎてしまいます。暗い色の人は暗い色であれば会いやすいのですが、明るい色は入りにくいので、理想よりワントーン明るい色を選びましょう。

自分が扱いやすい形状を選ぶ

ヘアカラーの形状はさまざまで、たとえばブラシのような容器から適量クリームが出てくるタイプや、シャンプーをするように泡をなじませるタイプなどがあります。初めての人はムラができにくく扱いやすい、泡タイプがおすすめです。ただ泡タイプはその性質上、色を入れるために強い薬剤が使われていることもあり、髪が痛みやすくなるとも言われています。

一方、染めたい面積が大きい髪の長い人は、ジェルタイプが扱いやすいでしょう。髪が短い場合やピンポイントで染めたい場合は、クリームタイプが垂れたりほかのところに落ちたりしにくいのでおすすめです。

ダメージの大きさで選ぶ

白髪を染める仕組みは、髪を保護している表面のキューティクルを開いて脱色し、その内側にカラーを浸透させます。キューティクルが剥がれ落ちると髪はボロボロになるため、白髪染めは使えば使うほど、髪にダメージを与えてしまいます。薬液がつくと、頭皮もダメージを受けてしまいます。

市販のヘアカラーは要注意

市販の白髪染めは「たくさんの人をしっかりと染める」ことを目的としているため、髪質に左右されないよう、強めの薬剤が使用されています。ダメージの大きさはヘアカラーが一番強く、次にヘアマニキュア、ヘアマスカラ、ヘアトリートメント・シャンプーの順に柔らかくなります。ヘアマニキュアやヘアマスカラは表面に色を塗るだけなので、ダメージが少ないのです。

ダメージをできるだけ抑えながら綺麗に染め上げたい場合は、やはり美容院などでプロにしてもらうのが一番です。髪へのダメージを最小限にしつつ、根本近くまで丁寧に塗ってくれるので、自分ですると起きやすい塗り残しや染め残しが防げます。

オーガニックという表記にも要注意

白髪染めの市販品にもオーガニック素材仕様、髪に優しいなどの謳い文句を掲げた商品がありますが、基本的にはダメージは同じ程度です。ヘアカラートリートメント・シャンプーはじっくり染めるため、比較的髪にもダメージが少ないといえます。

よりダメージの少なさを求めるのであれば「ヘナカラー」もおすすめです。ハーブの作用をつかって髪を染めるため、比較的髪にも頭皮にも少ないダメージで済みます。しかし扱いが難しく、100%ヘナでなければダメージは市販の白髪染めと変わらないため、気軽に染めるのは難しい商品です。自分が何を優先したいかで選びましょう。

成分で選ぶ

ヘアカラーを使う際に、どうしても避けられないのが髪や頭皮へのダメージ、そしてアレルギーです。白髪染め用のヘアカラーは強い薬剤が使用されているため、使う前に必ずパッチテストが必要です。初めて白髪染めを使うなら絶対にパッチテストをしておきましょう。

この時知っておきたいのが「パラフェニレンジアミン」「パラトルエンジアミン」といった物質です。酸化染料と呼ばれる染毛成分の中でも、これらの成分が頭皮から何回か吸収されると、アレルギーを起こす頻度が高いとされています。

しかし市販のヘアカラー剤にも、美容院のヘアカラー剤にも含まれていることが多く、基本的に避けるのが難しい成分です。頭皮につかないようしっかり注意する、基本的な使い方を守るのが前提です。

ジアミンアレルギーが起きたら?

アレルギーは、体を守ってくれる免疫システムが異常作用することで起きます。特にジアミンアレルギーの場合、触れてから24~72時間で赤い腫れなどが起きるアレルギー性接触皮膚炎や、かぶれが生じることが多くあります。

ですがそれが酷くなると、刺激感や炎症が収まらなくなり、皮膚科で治療が必要になることもあります。もしパッチテストの時点で異常があったり、それまで使えていたヘアカラーでも「刺激感」や「腫れ、かぶれ」など異常を感じたら、すぐに使用をやめましょう

また体調が悪いときや、頭皮に傷がある、肌荒れが起きているといった時も注意が必要です。薬液は手で触らないように気をつけ、手袋を使うのがベストです。そしてアレルギーは突然起きることが多いため、自宅でヘアカラーリングを行う際は、必ずパッチテストをしてから行うようにしましょう。前回はOKでも、今回はアレルギーが出る可能性があります。

目的に合わせて髪を染めよう
ヘアカラーは広い範囲に、一部分だけならヘアマニキュアなど、自分が染めたい範囲から見ていきましょう。またカラー選びも重要ですから、もし不安があれば1回目は自宅ではなく、美容室などで染めてもらうのも1つの方法です。そしてアレルギーを起こしやすい人、皮膚が弱い人は要注意です。パッチテストは必ず行い、ジアミンアレルギーやその他の成分によるアレルギーを防いでいきましょう。

白髪染めの人気ブランド・メーカー

ブランド・メーカー

特徴

サスティ 自然派のヘアカラートリートメントが人気
ブローネ 花王のヘアカラーブランド、商品が豊富
サイオス プロのスタイリストと開発したサロン品質のヘアカラーブランド
ホーユー ヘアカラー剤を広く使うプロフェッショナル商品も手掛けるメーカー

サスティ

https://www.sastty.com/lp/hct_a_c3/?trflg=1

自然派のヘアトリートメントが人気

毎日継続して使うヘアカラートリートメントが人気のメーカーです。髪を脱色して染める染色剤とは異なり、継続して使うことで色をじっくり入れることができるため、髪を痛めたくない人から人気があります。

ブローネ

https://www.kao.co.jp/blaune/

自分に合う商品が探しやすいブランド

さまざまな製品を手掛ける花王のブランドで、同じ白髪染めでも髪の量やカラー剤の形、取り置きの有無などで自分に合う商品が選びやすくなっています。販売している店舗も多いため、手に入りやすいのも特徴です。ヘアカラーとして髪全体を一気に染める泡カラーや、全体をむらなく染められるクリームタイプなどがあります。

サイオス

http://schwarzkopf-henkel.jp/brand/syoss

サロン帰りのリッチ感を目指す白髪染め

オイルインクリームなど、サロンで仕上げたようなリッチな質感の染め上がりを目指す、明るい仕上がりなどが魅力的なブランドです。パッケージもラグジュアリーで、手に取りやすいのがポイントです。メーカーであるヘンケルからは、100年以上の歴史を持つヘア・コスメティックブランドであるシュワルツコフといったブランドが取り扱われています。

ホーユー

https://www.hoyu.co.jp/

プロフェッショナル商品も取り扱うヘアカラー剤メーカー

Bigen(ビゲン)やCIELO(シエロ)など、白髪を染めたい人にとって使いやすい商品を幅広く扱う、ヘアカラー剤を中心とするメーカーです。ヘアマニキュアやメンズ向けの取り扱いもあるため、手に取りやすいメーカーでもあります。

人気メーカーやブランドをチェックしてみよう
初めて白髪染めを使うという人にとっては、人気メーカーやブランドの商品は多くの人が使っているという点からも安心感があります。どんな商品を買おうか迷ったら、こうした安定感のあるブランドから購入するのもおすすめです。

白髪染めの総合おすすめ人気ランキング

それではまずは白髪染めのおすすめ人気ランキングを見ていきましょう。市販や通販で手に入るものが中心になっているので、気になったらぜひ公式サイトをチェックしてくださいね。

項目

1位

2位

3位

4位

5位

6位

7位

8位

9位

商品画像

リライズ 白髪用髪色サーバー リ・ブラック ふんわり仕上げ つけかえ用 190g サイオス オレオクリーム 白髪染め 2A プレシャスアッシュ [医薬部外品] ウエラトーン2+1 白髪染め クリームタイプ 7CB [医薬部外品]  サロンドプロ ザ・クリームヘアカラー(白髪用) 6<ダークブラウン> 50+50g [医薬部外品]  マロン マインドカラー N 自然な黒褐色 140g [医薬部外品] ホーユー ビゲンクリームトーン7G(自然な黒褐色)  1剤40g+2剤40g [医薬部外品] Naiad(ナイアード)  ヘナ 木藍(モクラン)400g アートネイチャー LABOMO(ラボモ) スカルプアロマ ヘアカラートリートメント (ダークブラウン)  サロン ド プロ 泡のカラー・エクストラリッチ (白髪用) 4 <ライトブラウン> 1剤:50g+2剤:50g [医薬部外品]

商品名

リライズ 白髪用髪色サーバー リ・ブラック ふんわり仕上げ

サイオス オレオクリーム 白髪染め

ウエラトーン2+1 白髪染め クリームタイプ 

サロンドプロ ザ・クリームヘアカラー(白髪用)

マロン マインドカラー

ホーユー ビゲンクリームトーン

Naiad(ナイアード) ヘナ 木藍(モクラン)

アートネイチャー ラボモ スカルプアロマ ヘアカラートリートメント ヌーボー

サロン ド プロ 泡のカラー・エクストラリッチ (白髪用)

価格

2,916円(税込)

972円(税込)

1,254円(税込)

804円

140g/859円

509円

400g/4,060円

100g/1,620円

3,000円

727円
タイプ トリートメントタイプ ヘアカラー、クリームタイプ、2剤を混ぜて使う ヘアカラータイプ ヘアカラー、クリームタイプ ヘアカラー、クリームタイプ ヘアカラー、クリームタイプ 粉末を溶いてクリームにするタイプ トリートメントタイプ ヘアカラー、泡タイプ
カラー 2色(ブラック、グレーアレンジ) 11種類 全25色 全14色 全3色 全11色 黒っぽい色合い  3色 15色
パッチテスト 必要 必須  パッチテスト必須 パッチテスト必須

パッチテスト必須

ノンジアミン

パッチテスト必須

10種のハーブ入り

パッチテスト必須

特にアレルギー体質の方、肌が敏感な方、妊娠中の方は、ご使用前にパッチテストの実施をお願いいたします。(公式サイトより) パッチテスト必須

総合評価

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★☆☆

★★★☆☆

★★★☆☆
染めやすさ

★★★★★

★★★★★

★★★★★

★★★★★

★★★★★

★★★★★

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆
対応髪質

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★☆☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★☆☆
簡単度

★★★★★

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆
ダメージ

★★★★☆

★★★☆☆

★★★☆☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★☆☆

★★★☆☆

★★★☆☆
成分

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★☆☆

★★★☆☆

公式リンク

それではランキングを8位からチェックしていきましょう。

9位.サロン ド プロ 泡のカラー・エクストラリッチ (白髪用)

サロン ド プロ 泡のカラー・エクストラリッチ (白髪用) 評価
染めたい範囲で選ぶ 全体に使いやすく色むらが出にくい
髪質に合わせて選ぶ ロングにも使いやすい、硬い髪にはやや入りにくい 
自分が扱いやすい形状を選ぶ 泡タイプヘアカラー 
ダメージの大きさで選ぶ ややダメージ大きめ、使いやすい 
成分で選ぶ 髪保護エキス、6種のトリートメントエキス入り、アンモニアフリー、ジアミン系の成分入り

泡で出てくるから全体に伸ばしやすい白髪染め

アンモニアフリーで無香料の、泡タイプの白髪染めです。混ぜる必要もなく、シャンプーをするように髪全体に泡をしっかり馴染ませることができます。ついてくる手袋もぴったりフィットするタイプの手袋なので、指先をまんべんなく使いながら髪に泡を載せていくことができます。残った分を取り置きできるので、経済的です。

クリームタイプだと綺麗に仕上がりにくい人におすすめ
泡タイプの特徴として、髪全体に染料をしっかり伸ばしやすいことが挙げられます。クリームタイプだとなかなか伸ばしづらい、ムラになりやすい、という人に泡タイプはおすすめです。比較的、ムラが出にくく、かつ初心者でもシャンプー感覚で使えるので扱いやすいとされます。

サロン ド プロ 泡のカラー・エクストラリッチ (白髪用)の口コミ・評判

  • 30代・OL
    やや色のもちが悪い
    ★★★☆☆

    もちはやや悪いですが、髪の毛全体になじませるのはとても良いです。襟足やもみあげにもちゃんと伸ばすことができます。ただ髪質が硬いせいか、ちょっぴり色が入りにくいかな。

  • 40代・会社員
    短髪でも使いやすい
    ★★★★☆

    髪の量が短く少なめです。そのせいか、泡タイプのこちらがとてもよく染まります。目に染みにくく、臭いも全くしません。髪のダメージ感もないので、かなり助かっています。

  • 50代・自営業
    使いやすくて便利
    ★★★★☆

    冬の時期や秋の時期だと液だれしにくいです。さらにしっかり振ってから使い、最初に出る泡ではなく、もっちりと濃厚な泡になったところで使うと、さらに染まりやすいと思います。とても使いやすいですし、個人差はあると思いますが、自分としては色が落ちにくいです。

「髪の毛全体になじませやすい」「短髪でも使いやすい」「色が落ちにくい」といった口コミが見られました。使いやすさに関する口コミが多く、髪全体に伸ばすのも楽にできるようです。ただ色ムラを感じないわけではないため、人によっては使いにくさ、あるいは色もちの悪さを感じるようです。

8位.アートネイチャー ラボモ スカルプアロマ ヘアカラートリートメント ヌーボー

アートネイチャー ラボモ スカルプアロマ ヘアカラートリートメント ヌーボー 評価
染めたい範囲で選ぶ 髪全体
髪質に合わせて選ぶ 肌質を問わない 
自分が扱いやすい形状を選ぶ トリートメントタイプ、シャンプー後髪になじませて3分待つだけ
ダメージの大きさで選ぶ 低ダメージ、ダマスクバラ花エキス、アルガンオイル配合
成分で選ぶ ノンジアミン 

アートネイチャーが生み出した3分で染まるトリートメントタイプの白髪染め

刺激性やアレルギー、臭いの元となるジアミンが配合されていないタイプのトリートメントの白髪染めです。髪表面のキューティクルに染料が密着するため、むらなく全体的に染まります。白髪染めとトリートメント効果が一緒に得られるのがポイントです。

髪に詳しいメーカーがいい人におすすめ
増毛商品や医療用ウィッグ、増毛サロンなどを広く展開する、アートネイチャーが手掛けている商品です。髪の専門家が作った商品を使ってみたい、と考える人におすすめです。宣伝内容は女性らしさが優先されていますが、もちろん男性にもおすすめです。

アートネイチャー ラボモ スカルプアロマ ヘアカラートリートメント ヌーボーの口コミ・評判

  • 30代・OL
    簡単に使えて綺麗に仕上がる
    ★★★★☆

    簡単に毎日染まるし、明るさが出てきた塗って仕上げるといった調整が、自分で気軽にできます。白髪染めだけじゃなくて、カラーリング途中の色抜けも防げると思います。手で塗ると色がつくので、使い捨て手袋は必須です。

  • 40代・OL
    刺激感なく仕上がります
    ★★★★☆

    市販の白髪染めだとどうしても刺激を感じてしまうのですが、これなら大丈夫でした。香りもいいし、使いやすかったです。テクスチャは粘度の強いトリートメント財で、タオルドライした後に使うとかなりしっかりと色が入ります。柔らかい髪質のせいか、1回で十分染まりました。こうなるとコスパもよさそうです。

  • 50代・会社員
    男性でもOK
    ★★★★★

    妻が最初に購入し、とてもきれいに染まったのを見て使わせてもらいました。伸びも良く、正直ただのビニール袋でも伸ばせます。わざわざ手袋を使わなくてもいいし、3回ほど繰り返したらかなり色が染まってきました。時間も3分、男性用の白髪染めより短い待ち時間なので、これからも続けようと思います。

染めやすさと刺激の低さに評価が集まりました。口コミでも臭いがなく、面倒な人でも使える手軽さが多く指摘されています。女性ターゲットのパッケージや内容ではありますが、いくつか男性の利用者もいたため、カラーさえ合えば男性もおすすめです。

7位.Naiad(ナイアード) ヘナ 木藍(モクラン)

Naiad(ナイアード) ヘナ 木藍(モクラン) 評価
染めたい範囲で選ぶ 髪全体、部分染めには不向き
髪質に合わせて選ぶ 白髪が多め、かつ落ち着いた色にしたい人向け
自分が扱いやすい形状を選ぶ 粉末を45度ぐらいのお湯でペースト状にして使う
ダメージの大きさで選ぶ 低ダメージ
成分で選ぶ トリートメント効果あり、100%植物原料

トリートメント効果を持つ市販で使える植物由来の白髪染め

ヘナはインドを生産地としてもつ、ハーブの一種です。古くから洗い流せる入れ墨の原料として使われており、日本でもここ数十年のうちに天然素材の染髪剤として人気を集めました。ただヘナ100%だと白髪は赤褐色やオレンジに近い色に染まってしまいます。このヘナ+木藍(モクラン)は、落ち着いた茶褐色系に染まりやすいため、黒に近い色にしたい人にもおすすめです。

市販の白髪染めが使えない人におすすめ
アレルギーなどで市販の白髪染めが使えなくなってしまった人に、選択肢の1つとしておすすめしたい白髪染めです。アレルギーの原因になりやすいジアミン系の成分が入っていないのはもちろんですが、ケミカルな成分が含まれていないので、そうした成分にアレルギーを持つ人も使いやすくなっています。ただアレルギーが全く起きないものではないため、パッチテストは必須です。

Naiad(ナイアード) ヘナ 木藍(モクラン)の口コミ・評判

  • 40代・OL
    白髪のきらきら感がなくなった
    ★★★★☆

    黒っぽく染まり、白髪がきらきらしてしまうのを防げるので、かなり目立ちにくくなりました。色のつきやすさと価格のバランスが、ヘナの中だとかなりお得だと思います。

  • 30代・主婦
    爽やかな草の香りがする
    ★★★★☆

    ふわふわのふにゃふにゃな髪質で、ハリやコシとは無縁でしたが、使い始めてからハリが出てきました。草のような香りがあり、個人的にはこの香りがとても好きです。染まり具合もちょうど良いので、続けたいと思います。

  • 50代・OL
    さらさらツヤツヤの髪になれる
    ★★★★☆

    草の香りが数日程続くので、それが嫌でなければ、市販の白髪染めが全く使えない人にはおすすめです。穏やかに色が染まるので、はっきりと白髪を染めたい人にはあまり向かないかな、と思います。

「ヘナの中では暗い色がつきやすい」「髪にハリが出てきた」「市販の白髪染めが全然使えない人におすすめ」といった口コミが見られました。ヘナ自体は賛否両論ありますが、市販の白髪染めがダメだった人はパッチテストからトライしてみるのもおすすめです。

ただ注意したいのは100%植物原料だからと言って、アレルギーが全く起きないとは限りません。スギ花粉による花粉症の人がいるように、植物由来であってもアレルギーを起こすことはあります。必ずパッチテストを行いましょう。公式サイトにパッチテスト専用の受付フォームもあるため、必要であれば申し込むのをおすすめします。

6位.ホーユー ビゲンクリームトーン

ホーユー ビゲンクリームトーン

評価
染めたい範囲で選ぶ 生え際までしっかり染まる
髪質に合わせて選ぶ 短い髪にも使いやすい
自分が扱いやすい形状を選ぶ クリームタイプのヘアカラー 
ダメージの大きさで選ぶ

高密着、頭皮についても比較的落ちやすい 

成分で選ぶ ジアミン系の成分入り 

男女ともに使いやすい色がそろう密着度の高いクリームタイプ定番白髪染め

粒子が細かく滑らかなミクロエマルジョン・クリームが使用されており、薬剤が髪の芯まで自然と染みわたります。小分けに出来るため、部分染めにもぴったりです。生え際まで丁寧に塗ることで、しっかりと染まります。

長持ちするカラーがいい人におすすめ
市販のヘアカラーの中でも、色の持続性が高く、お値段もお得なため、長持ちするカラーが欲しい人におすすめです。1箱あたり1剤と2剤合わせて80gですが、Amazonでは1箱およそ500円で購入できます。

ホーユー ビゲンクリームトーンの口コミ・評判

  • 40代・OL
    色が染まりやすい
    ★★★★☆

    液だれもせず、色落ちもしにくいので長年愛用しています。小分けにすると部分染めも楽ですし、刺激臭もほとんどないため、綺麗な仕上がりになります。

  • 30代・自営業
    コスパが良い
    ★★★★★

    とにかくお値段がお得です。若白髪で少ししか染めないため、いくら使い勝手が良くても2剤が同時に出てくるタイプだとなにかと出すぎてもったいなかったのですが、これならそんな心配もいりません。

  • 60代・会社員
    ヘアカラーの定番品
    ★★★★☆

    男女問わず使える感じがいいですね。白髪が多い方なので、イメージしているカラーより暗めを選ぶと、ちょうどよく仕上がります。使い方も基本的なヘアカラーといった感じで、まさに定番品です。お値段もそう高くないので、1か月に2回染めても美容院に行くのに比べればはるかにお得です。

「長年使っている」「お値段がお得でコスパがよい」「定番品」といった口コミが見られました。特にコスパに関しては評価が高く、2セット購入しても1,000円程度で済むのが人気の理由の1つと言えそうです。

カラーバリエーションも11色あるため、男女問わず使いやすく、髪色に合わせやすくなっています。シンプルなヘアカラーなので、初心者でも使いやすいでしょう。

5位.マロン マインドカラー

マロン マインドカラー 評価
染めたい範囲で選ぶ 髪全体
髪質に合わせて選ぶ 酸化染毛剤にかぶれやすい人でもOK 
自分が扱いやすい形状を選ぶ クリームタイプ、1剤を塗った後2剤を塗るタイプ
ダメージの大きさで選ぶ 脱色効果を持たないためヘアダメージが起きにくい
成分で選ぶ ノンジアミン 

ノンジアミンでかぶれにくくかゆみができにくい白髪染め

1剤に配合されているポリフェノール類などが、2剤に含まれる鉄塩と反応しあい、キューティクルが収縮して色素が沈着するという仕組みをもちます。このおかげでジアミン系の成分を使わずに、髪に色素を入れることが可能になっています。

仕組みとしては黒豆を煮るとき、ナスを色よく着けるときに鉄のクギを入れるのと同じ原理です。確かにキューティクルを膨張させますが、脱色効果がないため、比較的髪に優しく、ジアミンアレルギーの人でも使えるのがポイントです。

市販の白髪染めだとかぶれやすい人におすすめ
ジアミンアレルギーの人はもちろん、市販の白髪染めだとぴりぴりする、かゆみが出るという人にもおすすめの白髪染めです。1か月程度しか色モチがないこと、パーマがかかりにくいこと、狙った色を出すのが難しいといった難点はありますが、

マロン マインドカラーの口コミ・評判

  • 30代・OL
    手間はかかるけどかぶれない
    ★★★★★

    市販のヘアカラーだと肌荒れしてかぶれがすさまじく、だけど白髪を染めないわけにはいかない、と悩んでいた時にふと見つけました。これなら髪も艶やかなまま、肌荒れもなく、全くかゆみがありません。もちろんかぶれないです。使う手間だけちょっとかかりますが、むしろ最近は楽しんでいます。

  • 50代・主婦
    ジアミンアレルギーにおすすめ
    ★★★★☆

    ジアミンアレルギーになって以来、市販のヘアカラーはほぼすべて使えず、かといってトリートメントタイプは色がすぐに入らない、そんな時にこれは本当に救世主です。ショートヘアなので何度も染めるのですが、1剤と2剤を同じ量使えばよいため、わりととっておけます。

  • 40代・会社員
    かゆくならなくて使いやすい
    ★★★★☆

    カラーリングをするとかぶれる、染めた場所からずっとかゆい、ということが続いており、ヘアカラーはもちろん白髪染めのヘアマニキュアも全く使えませんでしたが、これなら大丈夫です。髪の長い人だと大変かもしれませんが、自分は1時間半くらいでシャンプーまで済みます。

「ジアミンアレルギーだけど平気」「かゆみもなくかぶれない」といった口コミが多くみられました。一方で「1と2剤を順番に使うので手間」「色が思ったように出ない」といった口コミもありました。

明るい色に染め重ねると暗くなりやすいこと、鉄塩の反応が温度や髪質にも左右されるため、狙った色になりにくいこともありますが、暗い色に染められるという利点でもあります。かぶれないものがいい、かといってヘナだと明るくて使いづらい、という人におすすめです。

4位.サロンドプロ ザ・クリームヘアカラー(白髪用)

サロンドプロ ザ・クリームヘアカラー(白髪用) 評価
染めたい範囲で選ぶ 全体、部分染めにも使いやすい
髪質に合わせて選ぶ 混ぜる手間がなく使える
自分が扱いやすい形状を選ぶ クリームタイプ、混ぜる手間なし
ダメージの大きさで選ぶ ダメージは大きめ、うるおいエキスやオリーブオイル配合なのでトリートメント効果はやや高め
成分で選ぶ ジアミン系の成分配合 

ツヤ系の仕上がりになる混ぜる手間のいらない白髪染め

ワンプッシュで1剤と2剤が両方出てくるため、混ぜる手間がいらないクリームタイプです。部分染めに便利で、比較的色が濃く仕上がります。そのため白髪が多い人や、髪質が柔らかい人はイメージより明るい色を選んだ方が良いようです。

コスパよくツヤ髪に仕上げたい人におすすめ
2位のサイオスと同じく、オイルインタイプの白髪染めです。サイオスに比べるとややお得に購入できるため、コスパよくツヤ髪仕上げにしたい人や、サイオスだとカラーがない人におすすめです。

サロンドプロ ザ・クリームヘアカラー(白髪用)の口コミ・評判

  • 50代・主婦
    黒くしたい人におすすめ
    ★★★★☆

    かなりカラーが黒っぽく出やすいです。取り置きもできるので便利ですし、手も汚さずに使えて、箱から出してすぐ使えるので簡単です。黒に近い色なので、しっかり染めたい人や、もともと髪色が黒々としている人にはいいかもしれません。

  • 30代・OL
    部分染めにぴったり
    ★★★★☆

    混ぜる手間が省けていいのですが、色が想像より暗く出ました。ただ臭わないし、ちょっとだけ使ってすぐ保存できるので、美容院に行くまでのつなぎとしてはとても便利です。

  • 50代・会社員
    使いやすくて色むらが出にくい
    ★★★★☆

    妻と兼用しています。刷毛がいらないし、混ぜなくていいので、ほんの数本だけ塗りたいときとか、白いところだけのせたいときにとても便利です。普段部分染めにしか使わないので全体を染めたときの見た目は分かりませんが、色むらも出にくいような気がします。

「色が黒くなりやすい」「混ぜる手間がいらないから使いやすい」「部分染めに使いやすい」といった口コミが見られました。使いやすさで人気が高く、クリームタイプなので液だれしにくいのもポイントです。

口コミの中には、髪が痛んでしまったという意見もありました。市販の白髪染めの中でもヘアカラータイプは特に髪が痛みやすいので、オイルインタイプでも使用後はしっかりケアしておきましょう。

3位.ウエラトーン2+1 白髪染め クリームタイプ 

ウエラトーン2+1 白髪染め クリームタイプ 評価
染めたい範囲で選ぶ 全体
髪質に合わせて選ぶ 髪質を問わない 
自分が扱いやすい形状を選ぶ クリームタイプ、複数回分けられる
ダメージの大きさで選ぶ ヘアカラータイプ、ダメージは大きめ、輝きエッセンス付き
成分で選ぶ 三剤式、酸化染毛剤。ヘアカラーでのアレルギー経験のある人は使用不可。

7つのシェードパターンから選べる全25色の豊富なカラーがそろう白髪染め

白髪染めというと一定のカラーに落ち着きがちですが、ウエラの白髪染めは全25色と非常にカラーが豊富で、なおかつベースとなるカラーが違います。赤みが強い人、赤みを抑えたい人、自然な茶色にしたい人、それぞれが自分の好みのカラーを選べます。ピンクブラウンやウォームブラウンなど、かなり明るめの色も選べます。

髪色にこだわりたい人におすすめ
白髪染めだけでなく、ヘアカラーとして染めるなら髪色にこだわりたいと考える人には、カラー数の豊富なウエラの白髪染めがおすすめです。またヘアカラータイプの使用後のケアにぴったりなエッセンスも付いてくるため、使用後のケアも簡単です。またクリームタイプのほかに、ミルキータイプやジェルタイプ、分け目やフェイスライン専用もあります。

ウエラトーン2+1 白髪染め クリームタイプの口コミ・評判

  • 30代・OL
    白髪染めに抵抗がある人にもおすすめ
    ★★★★☆

    カラーバリエーションがとても豊富なことと、白髪染めに抵抗がある人でも使いやすいパッケージで、手に取りやすいです。髪もいたまず、しっかりとしたテクスチャのカラーでパサつかず、ツヤ感もあるので使いやすいです。

  • 60代・自営業
    コスパよしで髪質も良好
    ★★★★☆

    カラーバリエーションが本当に豊富で、6番だけでも7種類、しかも自然です。染まり具合も良いですし、長年使っていて髪が荒れたこともありません。染めてからツヤ感も続くし、髪質も柔らかいままです。ちょっとトレーで混ぜたりが大変ですが、お値段のことと美容院で染める手間を考えればなんてことはないでしょう。

  • 30代・OL
    液だれしなくて使いやすい
    ★★★★★

    クリームタイプのこちらを使う前は、ジェル状のものを使っていました。こちらに切り替えたのは偶然でしたが、使い勝手の良さはダントツです。液たれしないのでつけたらラップでくるんだまま、時間が来るまで洗濯物を干せます。カラーバリエーションもおしゃれだし、赤っぽい自分の髪色にもよく合います。

「カラーバリエーションが多くて色も綺麗」「臭いもきつくなくて使いやすい」「髪が荒れない」といった口コミが見られました。また内容量も1剤と2剤がそれぞれ60g、合計120g入っているため、量としても多めです。

なかなか髪色に合うものがない、と悩んでいる方は、一度見てみると良いかもしれません。

2位.サイオス オレオクリーム 白髪染め

サイオス オレオクリーム 白髪染め 評価
染めたい範囲で選ぶ  全体タイプ
髪質に合わせて選ぶ オイルインのため硬めの髪質、パサつきがちなタイプにおすすめ 
自分が扱いやすい形状を選ぶ クリームタイプ、2剤式、20分放置が必要
ダメージの大きさで選ぶ ダメージはあるものの、ピュアオイル配合で比較的ケアがスピーディ
成分で選ぶ 毛髪保護成分ピュアオイル配合、パッチテストは必須

サロン帰りのような仕上がりになるオイル入りの白髪染め

髪のパサつきを抑える効果もセットになっている、リッチでしっとりとした染め上がりの白髪染めです。8種類の保湿成分アミノ酸や、全11種類の髪色で仕上がりも綺麗にキープしてくれます。刺激臭も抑えており、明るい髪色がそろっているクリームタイプなので、部分染めに使うのもおすすめです。

髪がパサつきがちな人におすすめ
オイルインタイプの市販の白髪染めはあまりなく、パサついてしまいヘアオイルが手放せない人におすすめの白髪染めです。色の出方が良いため、柔らかい髪質の人だと色が入りすぎてしまうこともあるため、比較的毛が太めの人におすすめです。

サイオス オレオクリーム 白髪染めの口コミ・評判

  • 40代・OL
    部分染めにも使いやすい
    ★★★★☆

    オイルなしの使用経験もありますが、やはりこちらの方が部分染めにはぴったりで、かなり明るめの色なので、全体的に茶色い私の髪でも無理なく染めることができます。クリームタイプで取り置きできるので、部分的に使えます。同じシリーズなら混ぜて使えるそうなので、ロングヘアの人でも使いやすいと思います。

  • 50代・自営業
    量はちょっぴり少ないけど仕上がりは大満足
    ★★★★★

    サロン帰りの品質、という謳い文句通り、美容院で染めたときのようなツヤのある仕上がりに驚きました。色落ちもしにくいし、刺激や臭いもありません。ただセミロングの髪で毛量も多い自分だと、1箱は少ないですね。

  • 40代・会社員
    ツヤが出てくる
    ★★★★☆

    わりと髪の色が明るく、男用の白髪染めだと黒くなりすぎてしまうので、カラーバリエーションがしっかりあってツヤの出るこちらを愛用しています。クリームタイプなので液だれせず、地肌につかないし、パサつかないのでかなり使い勝手がいいです。

「色が明るくて使いやすい」「髪にツヤが出てパサつかない」「液だれしない」といった口コミが見られました。なお2剤あわせて100gなので、量の多さでは3位のウエラの白髪染めの方が上ですが、ツヤ感や仕上がりの良さではこちらに人気があるようです。

1位.リライズ 白髪用髪色サーバー リ・ブラック

リライズ 白髪用髪色サーバー リ・ブラック 評価
染めたい範囲で選ぶ 髪全体を黒く、白髪に自然な黒さをプラス
髪質に合わせて選ぶ 髪がパサパサ系向けのまとまり仕上げ、ボリュームを出したい人向けのふんわり仕上げの2つから選べる
自分が扱いやすい形状を選ぶ コンディショナータイプ、臭いが気にならない無香性 
ダメージの大きさで選ぶ キューティクルに負担をかけにくい 
成分で選ぶ 空気に反応して黒く染まるジヒドロキシインドール配合

繰り返し使うことで白髪全体を自然なグレー・ブラックへ仕上げる白髪染め

コンディショナータイプの白髪染めで、髪の黒さの元となるメラニン色素のもととなる、花王が開発した「ジヒドロキシインドール」という成分を使って、自然な黒さをプラスしていくものです。自然な黒色になりやすく、肌への刺激や臭いが少ないほか、ジアミン系の成分も入っていません。

ただポイントとして、ヘアマニキュアやパーマとの相性はよくありません。ヘアマニキュアになじむことで、そのカラー自体を引きはがして取り除いてしまいます。併用するのではなく、これ単体ならOKです。

黒く染めていきたい人におすすめ
グレーやブラックと、基本的に白髪に黒をプラスして、白髪の黄ばみや明るい色合いを控えめにすることができます。上品さやダンディズム溢れるカラーに仕上がるため、白髪が多い人にもおすすめです。

リライズ 白髪用髪色サーバー リ・ブラックの口コミ・評判

  • 30代・OL
    黒っぽくしていきたい人におすすめ
    ★★★★☆

    白髪にピンポイントでのせると、きちんと黒くなります。またまだ色が入らない段階でも、丁寧なグレーや銀色っぽく見えるので、ケアやお手入れをしている感じがでます。臭いも刺激感もほとんどないので、使いやすいと思います。

  • 60代・自営業
    落ち着いた黒に染まる
    ★★★★☆

    トリートメントによく含まれているシリコン入りなので、使った後に髪がつるつる、ハリやコシもちゃんと出ます。ヘアカラーの刺激臭がどうしてもだめだった自分からすると、非常に使いやすいですし、浴室のタイルも全く汚れません。色も落ち着いた黒さと言いましょうか、この年代に見合う色になります。男女ともに使えると思います。

  • 40代・OL
    きちんと色が乗って丁度良いです
    ★★★★★

    カラーリンスなども気に入ったものがなく、かといってヘナではオレンジになりすぎる白髪の多さで、美容院に通うべきかと悩んでいた時に出会いました。タオルドライした生乾きの髪へのせるとすーっと伸びます。コンディショナーをつけなくても良いですね。注意点としては、手袋が必須で、爪が染まりやすいです。

「使いやすくて刺激感がない」「臭いも少ない」「3回目の後にはしっかり染まる」といった口コミが見られました。シャンプー後に使うコンディショナータイプなどにありがちな、タイルやぬぐうタオルへの色移りもないのがポイントです。

カラーがグレーとブラックしかないため、ブラウンなどに染めたい人だと選択肢がないのが難点ですが、徐々に染まるため汗に襟や帽子の色移りを気にせず、さらに頭皮や髪へのダメージも少ないのがポイントです。

【市販】メンズ向け白髪染めのおすすめ人気ランキング

「レディース向けの白髪染めは良くみても、メンズ向けとなるとなかなかいいのが見つからない」という人向けに、メンズ向けの白髪染めを集めました。

5位.アンファー スカルプD ヘアカラーコンディショナー 

綺和美 ROOT VANISH ヘアカラートリートメント 評価
染めたい範囲で選ぶ 全体をカバーしつつツヤをプラス
髪質に合わせて選ぶ 深く色を染めるタイプ
自分が扱いやすい形状を選ぶ マニキュアタイプのヘアカラートリートメント 
ダメージの大きさで選ぶ 低ダメージ
成分で選ぶ シリコン、パラベン、ジアミン、過酸化水素、エタノール、石油系界面活性剤、合成香料、アンモニア無添加 

いつものコンディショナーと同じように使える簡単白髪染め

ノンシリコンタイプのコンディショナーで、かつカラーリング効果もプラスされている商品です。男女ともに使いやすいブラックと深いブラウン2色で、1度の染髪でも白髪を目立ちにくくしてくれます。ユーカリミントの香りつきですが、精油を使用しているため合成香料が入っていません。

トリートメントタイプが使いたい人におすすめ
トリートメントタイプの強みは、肌への優しさとお風呂場で濡れた髪に使えること、臭いが少なく全体的にぼかすように染められる点です。しかし、色の入りやすさや1回での染まり具合はどうしてもヘアカラーに軍配が上がることは考慮しておきましょう。

アンファー スカルプD ヘアカラーコンディショナー の口コミ・評判

  • 40代・会社員
    肌荒れしないし刺激もない
    ★★★★☆

    手軽に白髪を目立ちにくくする、という点では、かなり効率的だと思います。ただ人によって染まる時間がかなり変わるらしく、自分は表記の通り5分浸透させれば十分でしたが、友人は10分待っても染まらなかったそうです。いわゆるヘアカラータイプの白髪染めに比べると値段がそれなりにするので、ちょっと勇気はいるかも。

  • 40代・会社員
    継続利用が前提
    ★★★★☆

    アレルギーがあり、白髪染めはほとんど使えず、かといってヘナなどはちょっと手が出なかった自分にはぴったりでした。3回くらいつかうと、かなり白髪があるかどうかは分かりにくくなり、色も綺麗に染まりました。続けてみようと思います。

  • 30代・会社員
    とりあえず1本使い切ってみて
    ★★★☆☆

    謳い文句ほど手軽じゃないな、というのが印象です。やっぱりカラーを入れるので、ブラシで髪に塗ることは前提だし、色水が出なくなるまで洗うのも手間です。これなら普通の白髪染めを使った方がいいな、と感じました。でも臭いがないし、なにより肌についても洗い流せば色がつかないうえ、刺激感がありません。若白髪なので、肌のことを考えるとこういうのがいいのかな。

「個人差がある」「アレルギーがあっても使えた」「刺激感や臭いがない」といった口コミが見られました。染まり具合は口コミでも大きく差が見られ、表記通りの時間で染まった人もいれば、30分近く置いて置く人、雨の日は色が落ちてくる人もいました。

トリートメントタイプによくある悩みが、使ってみてもきちんと染まらなかった、すぐに染められない、といったものです。ヘアカラーに比較すると外側に染料をまとわりつかせていくため、髪質や状態によっては染まりにくく、落ちやすいこともあります。

お風呂で使える点を重視したい人や、アレルギーがあるけど染めたい人におすすめです。

4位.ミスターパオン セブンエイト

ミスターパオン セブンエイト 評価
染めたい範囲で選ぶ 部分染めや全体染め
髪質に合わせて選ぶ 元の髪色が濃く、黒色が強い人におすすめ
自分が扱いやすい形状を選ぶ クリームタイプ 
ダメージの大きさで選ぶ パッチテスト必須 
成分で選ぶ パラフェニレンジアミン入り

コスパ重視のメンズ向け白髪染め

トレーいらずのチューブタイプの白髪染めで、専用ブラシが大・小2本ついてきます。1本あたり1,000~500円以下で購入できるため、コスパ面で非常に優れています。放置時間を延ばすごとに色が濃くなるため、自分の好きなタイミングで洗い流すことで、より自然な仕上がりを目指せます。

髪質が硬くて染まりにくい人におすすめ
比較的、髪質が硬い人向けの、染める力が強い商品です。価格も安いものの、短時間で色が入るため、部分染めにも向いています。チューブタイプなので、使わない分は取っておいて、再び使うのもおすすめです。

ミスターパオン セブンエイトの口コミ・評判

  • 30代・会社員
    サイドにちらほらを染めてくれる
    ★★★★☆

    色がかなり染まりやすく、自分の場合は3週間近く持ってくれます。ブラシも大・小とそれぞれついてきますし、コスパ面は相当優秀ですね。髪質が硬いので、良く染まってくれるこれはとてもありがたいです。

  • 40代・自営業
    深く黒い色に染まる
    ★★★★☆

    チューブから絞り出して使うので、部分染めに最適です。ガツンとした濃い黒になるので、白髪以外が黒々としている自分にはとてもありがたいです。濃い髪色の人なら、そこまで違和感なく染まるのではないでしょうか? どちらかというと剛毛向けだと思います。

  • 40代・会社員
    短髪でも使いやすい
    ★★★★☆

    市販品だとよくあるアンモニア臭がほとんどないですし、置き時間を変えれば髪質に合わせて染められるので便利です。短髪ですが、小さいブラシを使って細かく塗ればちゃんと地肌につけずに染められます。

「色が染まりやすい」「硬い髪質におすすめ」「臭いも少ない」といった口コミが見られました。コスパの良さも評価が高く、気軽に使えます。ただ販売個所がやや少ないという口コミも寄せられていたため、ネット通販での購入が手堅いかもしれません。

3位.メンズビゲン ワンプッシュ

メンズビゲン ワンプッシュ 評価
染めたい範囲で選ぶ 簡単にワンプッシュで使うだけ、全体にもポイントにも
髪質に合わせて選ぶ 髪が弱い人には使いづらいかも 
自分が扱いやすい形状を選ぶ  一押しで2剤がブラシの上に出せる、あとは使うだけ
ダメージの大きさで選ぶ パッチテスト必須
成分で選ぶ 毛髪保護成分、タウリン、テアニン、アスパラギン酸配合

クリームをブラシに出して溶かすだけの定番色が豊富な白髪染め

ダークブラウンやナチュラルブラウンなど、使いやすい定番色がメインのクリームタイプの白髪染めです。2剤が同時にブラシの上に出せるため、手軽に使えます。定番商品でもあるため、比較的どのスーパーやドラッグストアでも購入できるのが強みです。

仕上がりのカラーを重視する人におすすめ
よく染まりやすく、定番色なため、仕上がりのカラーを重視する人におすすめです。ショートヘアや髪の一部にしか使わない人であれば、使い終わった後に1回ずつ容器の口を洗い、液が詰まらないようにすることで、次にもまた使えます。

メンズビゲン ワンプッシュの口コミ・評判

  • 30代・会社員
    簡単でスピーディー
    ★★★★☆

    染めたときの色が綺麗で、臭いもあまりありません。ただ知り合いはこれで地肌が荒れたといっていたので、必ずパッチテストをした方がいいと思います。染まり上りが綺麗なので、仕上がりを求める人にはおすすめかな。

  • 20代・会社員
    色落ちが不自然かも
    ★★★★☆

    そこまで臭いわないし、色落ちもしにくいと思います。髪を染めたかどうかが分かりにくいくらい自然な仕上がりになるので、わりといいんじゃないでしょうか。ただ2週間ぐらいで、自分は色落ちがはじまってくるらしく、すると白髪がやや赤みがかった色になってきます。

  • 40代・OL
    仕上がりが綺麗
    ★★★★☆

    超剛毛でしかも多毛、女性向けの白髪染めではほとんど色が入らなかったので、もしかしてと思い男性用を購入したら当たりでした。ただ刺激は男性用にしろ女性用にしろ感じるので、ヘアカラーはパッチテスト必須ですし、頻繁にしない方がいいとは思います。

「染めたときの色が綺麗」「自然な仕上がり」「多毛で剛毛でも色が入る」といった口コミが見られました。使い勝手も定評があるワンプッシュタイプなので、初めてトライする人にもおすすめの商品です。

皮膚が弱かったり、薬剤が合わなかったりした結果、肌荒れや髪質の変化を感じた声も多かったので、必ずパッチテストを済ませてから行いましょう。

2位.サロンドプロ 無香料ヘアカラー メンズスピーディ

サロンドプロ 無香料ヘアカラー メンズスピーディ 評価
染めたい範囲で選ぶ 全体にも部分にもOK、短髪やもみあげ、生え際にも
髪質に合わせて選ぶ 髪質は問わない
自分が扱いやすい形状を選ぶ クリームタイプ、1剤と2剤を別々にブラシへ出す
ダメージの大きさで選ぶ ヘアカラー、パッチテスト必須
成分で選ぶ パラフェニレンジアミン、硫酸メタフェニレンジアミンを含む

臭いがどうしても気になる人におすすめの無臭タイプ白髪染め

ツンとした臭いがする成分を徹底的に除去した、臭いがほとんどない白髪染めです。細かいところまで染めやすく、もみあげや生え際など、部分使いにも向いています。また髪を労わる成分として、ローヤルゼリーエキス、オリーブオイル、植物性プロテインが配合されています。色落ちしても赤っぽく発色しにくいのがポイントです。

臭いが気になる人におすすめ
ツンとする嫌な臭いがしやすい白髪染めですが、そうした臭いのない成分だけで作られているため、臭いがどうしても気になる人には特におすすめの白髪染めです。カラーバリエーションは黒や黒褐色がメインですが、色味が合えば女性にもおすすめです。

サロンドプロ 無香料ヘアカラー メンズスピーディの口コミ・評判

  • 30代・会社員
    臭いがダメな人には本当におすすめ
    ★★★★☆

    5分で染まるのに、臭いがとにかく少なくて、使っていて抵抗感がありません。白髪染めに関しては、鼻につくような嫌な臭いで面倒な思いをすることが多かったのですが、これなら複数回使えます。取り置きもOKなので、コスパもいいです。

  • 40代・会社員
    もみあげなど細かいところ向け
    ★★★★☆

    臭いが全くしない。そこは評価するが、やや色落ちがしやすいと思う。しかし隅々まで染められるため、細かいところも丁寧に染めたい自分としては非常にありがたい。また色落ちしやすく臭いも少ないのも関係しているのか、比較的他の白髪染めよりダメージが少ない気もする。

  • 20代・会社員
    コスパがいいと思う
    ★★★★☆

    安いのにちゃんと染まりますし、色落ちも自分はしにくいように感じます。髪質がやや猫毛なので、それもあるとは思いますが、お値段と効果としては十分だと思います。

「臭いが少ない」「細かいところに使いやすい」「コスパが良い」といった口コミが見られました。臭いについては評価が高いため、白髪染めの臭いに悩んでいる人は一度使ってみると良いかもしれません。

一方でネガティブな口コミとしては「色落ちしやすい」というものが見られました。色落ちしやすいと何度も染めることになるため、その分髪へのダメージが蓄積されてしまいます。仕上がりを見て、継続するか考えた方がいいかもしれません。

1位.ルシード ワンプッシュケアカラー

ルシード ワンプッシュケアカラー 評価
染めたい範囲で選ぶ 髪全体に使えるヘアカラータイプ
髪質に合わせて選ぶ どの髪質でもOK 
自分が扱いやすい形状を選ぶ クリームタイプ、ワンプッシュでOK 
ダメージの大きさで選ぶ パッチテスト必須 
成分で選ぶ 無香料、マイルドバランス処方、

ワンタッチでムース状の染料が出る使いやすい白髪染め

スプレー缶にムース状の染料が両方詰まっているため、ワンタッチでブラシに必要な量を出すことができます。ごわつきやパサつきの原因となる過酸化水素水の量を、同じルシードの商品より1/3カットしているため、ゴワゴワ感が控えめなのもポイントです。比較的髪に優しく、なおかつ使いやすく、放置時間も5分でOKなため、すぐに染めたいときにもぴったりです。

使いやすさと染みにくさを優先したい人におすすめ
pHを抑えてパサつきなど不快感を軽減し、浸透性アミノ酸や海藻エキス、コラーゲンなどを配合した、無香料タイプです。1セットあたり、染料の1剤と2剤がそれぞれ50gずつなので、量的にも多めで、余った分は次回に持ち越すことができます。

ルシード ワンプッシュケアカラーの口コミ・評判

  • 30代・会社員
    全体的に染めるときに便利
    ★★★★☆

    使いやすくて、色が落ちにくいところがお気に入りですね。よくあるヘアカラーだと1剤と2剤をそれぞれブラシに出す必要がありますが、これはワンプッシュで両方まとめてブラシに出せるので、手間がかかりません。全体的に塗りたいときにはかなり楽です。

  • 20代・会社員
    無香料タイプで使いやすい
    ★★★★☆

    放置時間が5分でOK、というところに魅かれました。長時間置くタイプだとどうしても頭皮がピリピリしてしまうため、放置時間も短くて、なおかつダメージ成分が少ないのもいいところです。剛毛なのでいまいち染まりにくいのでは、と危惧しましたが、そんなこともなくちゃんと染まりました。

  • 40代・会社員
    短髪にもおすすめ
    ★★★★☆

    短髪で髪質が柔らかいので、もともと薬剤がそんなに必要ないです。それもあってだとは思いますが、カラーはブラウンのはずが真っ黒になってしまいました。反対に、剛毛で色が入りにくい人も染めやすいんじゃないかな。ノズル部分も分解して洗えるし、臭いもきつくないので、短髪で1回に量を使わない人にも向いていると思います。

ワンプッシュで染色剤が出せるので使いやすい」「何度も使える」「染まり具合もいい」といった口コミが見られました。また余った薬剤の取り置きもでき、香料も使用されていないため、特有の臭いが気にならないのも評価ポイントだったようです。

市販ですぐに購入できるので、使用しやすいようです。

【市販】部分用白髪染め&白髪隠しおすすめ人気ランキング

こちらはでは、部分向けを中心に、ヘアマスカラやヘアマニキュアなど、一部だけを染められるものをランキング形式でチェックできます。

5位.綺和美 Root Vanish 白髪隠し

綺和美 Root Vanish 白髪隠し 評価
染めたい範囲で選ぶ 根本など髪表面に使うマニキュアタイプ
髪質に合わせて選ぶ 髪質を問わない 
自分が扱いやすい形状を選ぶ 大きな筆のような形、塗りやすい 
ダメージの大きさで選ぶ パラベン、鉱物油、香料無添加、ノンシリコン。髪表面に付着するマニキュアタイプなので、においもなく低刺激 
成分で選ぶ 22種類の天然植物由来エキス配合 

前髪や分け目などにも使いやすいヘアマニキュア

太めの大きなブラシで、容器のお尻をカチカチとボールペンのようにノックすることで、少しずつ筆先にカラー剤が出てくるタイプのヘアマニキュアです。持ち歩いても邪魔にならないコンパクトサイズで、少しずつ使えます。自然素材が豊富なため使用期限がありますが、その分、髪や地肌へのダメージが少ないのも特徴です。

自然派にこだわりたい人におすすめ
極端に色づきすぎず、自然に仕上がるタイプです。髪と頭皮を労わりつつカラーリングできるマニキュアタイプなので、部分染めでも仕上がりを気遣いたい人にはぴったりです。

綺和美 Root Vanish 白髪隠しの口コミ・評判

  • 50代・会社員
    分け目が分かりにくくなる
    ★★★★☆

    男性向けの商品だと、何かと髪色に合うものがなくて困っていたのですが、これなら便利です。液体もダマにならないし、極端に色がつかないので自然に仕上がります。少しずつなじませるように使うと、気になったところだけ染められて便利です。きらきらしたり、赤みが出たりすることもありません。

  • 40代・OL
    自然な仕上がり
    ★★★★☆

    トリートメントタイプやマニキュアタイプを使っていても、どうしても部分的に白いのが目立ってしまいがちでした。かといってヘアマスカラだとベタベタになるのですが、これならすごく簡単で、化粧ブラシのような使い心地です。色づき自体は市販のドラッグストアのものに比べると控えめですが、ベタベタ感が出ないので私は好みですね。

  • 40代・OL
    仕上がりが綺麗
    ★★★★☆

    塗った後にドライヤーをかけるとすぐ乾くので、綺麗に仕上がります。少量ずつ重ね塗りしても、ヘアマスカラならありがちなぱりぱり感やバリバリ感も出ません。気になるところだけブラシで溶かすように使えばOKだし、容器もシンプルでドレッサーに置いてあっても変に目立ちません。

「仕上がりが自然」「ベタベタにならない」「少量ずつ染めればOK」といった口コミが見られました。監修しているKazumi Mortonさんは、ヘアカラリストとしてニューヨークやロサンゼルスなどで活躍するマスターカラーリスト。そのこだわりのナチュラルかつ豊かな髪色を体験したい人にもおすすめです。

ただ自然な仕上がりが基本なので、スピーディーに染め上げたい、カラーを強く押し出したい、と考える人にはやや不向きな面もあります。価格も高いので、要検討が必要でもあります。

4位.サロンドプロ ヘアマニキュア・スピーディ

サロンドプロ ヘアマニキュア・スピーディ 評価
染めたい範囲で選ぶ 全体的に染めることも可能、
髪質に合わせて選ぶ 髪質を問わないが、柔らかい髪質の方が染まりやすい
自分が扱いやすい形状を選ぶ クリームタイプ
ダメージの大きさで選ぶ ヘアカラーよりは軽め
成分で選ぶ  水、エタノール、ベンジルアルコール、グリコール酸、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、加水分解コンキオリン、加水分解シルク、加水分解ダイズタンパク、キサンタンガム、ツバキ油、ローヤルゼリーエキス、BG、香料

部分用白髪におすすめの5分で染まるヘアマニキュア

ヘアカラーを使うとダメージが心配、という人におすすめのヘアマニキュアです。髪表面のたんぱく質と染料が結合して表面をコーティングするように染めるため、繰り返し染めても髪へのダメージがヘアカラーより非常に少ないのがポイントです。

継続して使いたい人におすすめ
髪へのダメージが低いこと、1セットでショートヘアなら約2回分、残ったものを次に取っておくことができます。また椿オイルやパールエキスが配合されており、ハリ・コシ成分などトリートメント成分が豊富なのも特徴です。セット内容にはブラシやプロテクトクリーム、リムーバー、手袋なども含まれています。

サロンドプロ ヘアマニキュア・スピーディの口コミ・評判

  • 50代・OL
    つなぎにはぴったり
    ★★★★☆

    白髪染め後、おでこ周りなどが次第に伸びてきたところで次に染めるまでのつなぎで使っています。5分放置するだけでいい、というのがお気に入りです。ただ肌や頭皮につくと色が中々落ちないので、そこだけ注意ですね。

  • 40代・OL
    ダメージが控えめだと思う
    ★★★★☆

    髪質が痛みやすい人にはおすすめですね、ヘアカラーよりダメージがずっと少ないです。全体染めは美容院でやってもらい、部分的に気になったところだけこれで染めています。クリームタイプなので摩擦感もないです。

  • 30代・会社員
    カラーバリエーションが増えるといい
    ★★★★☆

    比較的、他のヘアマニキュアよりも、色落ちが少ないと思います。すぐに染まってくれるので、ほんのちょっとだけ隠したい自分は、お風呂に入りながら染めて、シャンプーするだけでいいのがありがたいです。ただ男性的に使いやすいカラーバリエーションではないかな、という気はします。

「5分放置でいいから簡単」「髪が痛みにくい」「色落ちが少ない」といった口コミが見られました。使いやすさや放置時間の短さには、口コミを見る限り定評があるようです。

一方でこのヘアマニキュアの特徴として、染料を入れ込むのではなく、たんぱく質に反応してカラー剤を結合させるため、うっかり皮膚につくと染まってしまうという弱点があります。全体を染めるのは難しい、ととらえておきましょう。

3位.ブローネ ヘアマスカラ

ブローネヘアマスカラ 評価
染めたい範囲で選ぶ ワンポイント、生え際や分け目
髪質に合わせて選ぶ 髪質を問わない
自分が扱いやすい形状を選ぶ 3.5cmのロングブラシタイプ
ダメージの大きさで選ぶ 一部分だけなのでヘアカラーに比べればダメージは控えめ
成分で選ぶ エタノール、ポリシリコーン-9、フェニルトリメチコン、(メタクリル酸エチルベタイン/アクリレーツ)コポリマーなど

ダマになりにくいウォータープルーフタイプの簡単白髪隠し

3.5cmのロングブラシはスポンジを併用しており、髪を痛めずに広範囲をすぐに塗ることができます。束になりにくくごわつかないので、さらりと仕上がります。また塗ってからおよそ30秒ほどで乾く速乾タイプなので、朝や出先でサッと使えるのも魅力です。

夏場にも使いたい人におすすめ
ウォータープルーフタイプで臭いも穏やか、液体もダマになりにくいため、夏場にも白髪隠しや白髪染めを使っている人におすすめです。

ブローネ ヘアマスカラの口コミ・評判

  • 50代・OL
    ブラシがとても使いやすい
    ★★★★★

    白髪部分を綺麗に色付けしながら、伸びてきた髪とも自然になじんでいます。ブラシの隙間に小さなスポンジが並んでいるのですが、ここがクッションになるので頭皮にも薬液が付かず、いままで痛かったり、かゆかったりしてたのがなくなりました。初めてヘアマスカラを使う人にもおすすめです。

  • 40代・会社員
    使いやすくて簡単
    ★★★★☆

    液体もダマにならないし、髪の毛のちょっとした部分だけ染めたい人にはとてもいいと思います。ブラシがすぐ髪になじむし、ベタベタ感がありません。マスカラなんて使ったことがない私でも、数回使えば思ったところへ色をのせられるようになりました。

  • 20代・OL
    コンパクトで使いやすい
    ★★★★☆

    時間がないときにとても重宝しています。ポーチに入れても邪魔にならないので、会社でも気になった時にさっと塗れます。でも臭いがないし、妙にテカテカ光ることもないので、ほとんど目立ちません。それから後れ毛も一緒にまとまるので、塗ったところが垂れてきて肌につく心配がなくていいですね。

「ブラシが使いやすい!」という口コミが多くみられた、ヘアマスカラです。男性からも、部分隠しに使いやすいという口コミが見られました。洗うと色落ちしてしまうため継続して染めることには向きませんが、隠すために使うのにはぴったりです。

2位.プリオール ヘア ファンデーション

プリオール ヘア ファンデーション ダークブラウン 評価
染めたい範囲で選ぶ こめかみや分け目、頭頂部
髪質に合わせて選ぶ 髪質を問わないが、ブラッシングで落ちてしまうこともあり
自分が扱いやすい形状を選ぶ ブラシでのせるファンデーションタイプ
ダメージの大きさで選ぶ 粉体をまとわりつかせるため、シャンプーなどで落とせる程度 
成分で選ぶ ジメチコン,ポリエチレン,リンゴ酸ジイソステアリル,ジエチルヘキサン酸ネオペンチルグリコールなど

自然にふんわりと隠せてダメージが少ない、白髪染めのつなぎにもおすすめ

ファンデーションタイプで、髪1本1本に絡みつくように色がつくので、自然にふんわりと隠せます。シャンプーなど通常の洗剤で落とせるため、髪に対するダメージはほとんどありません。美容院に白髪染めに行くまでのつなぎや、ちょっとしたお出かけ時に重宝するアイテムです。

ホームケアは優しさにこだわりたい人におすすめ
カラーマニキュアや部分染めなどに比べると、実際に染めるわけではないためダメージが少なく、頭皮についてしまっても白髪染めのように染みたり、頭皮を痛めてしまう心配がありません。専用の除去液も必要ないため、できる限り肌や髪をやさしくいたわりたい人におすすめです。

プリオール ヘア ファンデーションの口コミ・評判

  • 30代・OL
    使いやすくて便利
    ★★★★☆

    ファンデーションタイプのなかでは色づきがかなり良く、付属のブラシもとても使いやすいです。確かに手に触れたりすると色落ちしてしまいますが、ファンデーションを塗った顔を手で触るのと同じ程度です。分け目とか頻繁に触れる場所でなければ、そこまで気にならないと思います。

  • 50代・主婦
    持ち運べるから旅行先も安心
    ★★★★☆

    コンパクトなケースで持ち運びやすく、分け目をあいまいにぼかすことができるので便利です。しっかりはっきり色を入れたい人には向かないかと思います。3週間に1回白髪染めを入れているのですが、それでも目立つつむじや分け目を、自然に隠してくれるので便利です。

  • 40代・OL
    ふわふわ感あり
    ★★★★☆

    マスカラタイプが使いづらかった人におすすめです。色もテカらないし、パウダーファンデーションのような細かな粉末がまとわりついて、重ね塗りをしてもふんわりと仕上がるので、マスカラタイプにありがちなゴワゴワ感やぱりぱり感は一切ありません。髪の長い人でも使いやすいです。

「色づきも良い」「使いやすい」「ゴワゴワせずふんわり仕上がる」といった口コミが見られました。ファンデーションタイプなので白髪染めと併用しつつ、自然な仕上がりをキープしたい人におすすめです。

一方で「活発に動く人には向かない」という口コミが見られました。パウダーファンデーションが汗で流れ落ちてしまうように、こちらも良く動く人や汗をたくさんかく人にとっては流れ落ちてしまい、長持ちしないというデメリットがあるようです。

1位.サロンドプロ カラーオンリタッチ 白髪かくしEX

サロンドプロ カラーオンリタッチ 白髪かくしEX 評価
染めたい範囲で選ぶ 生え際や細部など、細かい部分向け
髪質に合わせて選ぶ 女性用、比較的柔らかい髪質向け 
自分が扱いやすい形状を選ぶ マスカラのように使うアーチ状のブラシタイプ
ダメージの大きさで選ぶ 表面だけ手軽に隠すタイプ、ダメージは少なめ
成分で選ぶ ジアミン系の配合はなし

ワンポイントで隠せる白髪隠し出かけるときにも持ち運べるサイズ

白髪の根元だけ、毛先だけちょっと染めたい、出先で使いたい、という人におすすめのヘアマスカラです。カラーも扱いやすいダークブラウンや、ナチュラルなブラック、明るい髪色に合わせやすい明るいライトブラウンなどがあります。

ピンポイントで使いたい人におすすめ
塗れる範囲が非常に狭いので、たとえば2~3本だけ生えてる白髪を目立ちにくくすることも可能です。部分的に白髪を隠すことができるため、

サロンドプロ カラーオンリタッチ 白髪かくしEXの口コミ・評判

  • 30代・OL
    ちょっと使うのにとても便利
    ★★★★☆

    間に合わせで少し隠したい、というときに非常に便利です。確かに全面染まるような白髪染めに比べれば範囲も狭く、不自然さは否めませんが、手間暇は比較にならないほどです。わざとムラをつけると、不自然になりすぎません。

  • 40代・OL
    気軽に使える
    ★★★★☆

    乾く前に触ると手に色がつきますが、一度乾いてしまえば触った程度では落ちないので、ある程度自然に髪をキープできます。ちょっとぱりぱり感が出るのですが、簡単に染められることを考えると、とても便利です。長い髪の人はまとめた状態などにして、染めない部分に髪が触れないようにしてからの方が良いと思います。

  • 50代・OL
    短髪でも使いやすい
    ★★★★☆

    短髪なので、なかなか染めづらかったのですが、これなら毛先にさっと濡れるので重宝しています。白髪染めというと地肌についてしまうと痛みが出やすいのですが、液だれしにくいのでそうした心配もありません。

男女問わず、利用者の多い部分用白髪染めです。特に口コミでは「少しだけ隠したいときに便利」「簡単に使える」「ブラシが使いやすい」といった口コミが見られました。一方でしっかり塗れてしまうため「ぱりぱり感が出る」「べったりとした印象」を感じる人もいるようです。

使い方によっては自然にできること、比較的1本あたりのお値段が安価なことから、初めて使う人にもおすすめの部分用白髪染めです。

自分の希望に合わせてヘアスタイルを変えていこう

白髪染めをすることで、白髪を目立ちにくくしながら、見た目の若々しさや印象の変化をもたらすことができます。しかし白髪染めを繰り返すことで、反対に白髪を増やしてしまったり、髪が抜けやすくなってしまったりしては本末転倒です。自分に合う白髪染めを見つけたら、使い方をしっかりと守り、使った後のケアもきちんと行うことがとても大切です。

編集部では年齢ごとにおすすめのシャンプーなどもランキングで紹介しているため、ぜひ参考にしてくださいね。また最近では「白髪育て」ということで、白髪のある自分の髪自体を楽しみながら、白髪らしいヘアスタイルを作り上げていく人もいます。

白髪への捉え方は人それぞれ、今回紹介したアイテムも参考にしつつ、頭皮や髪へのダメージを避けながら、自分らしくヘアスタイルを楽しんでいきましょう。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル