日焼けすると赤くなるのはなぜ?正しいケアで肌状態を改善しよう

2017.06.21

日焼けすると赤くなるのはなぜ?正しいケアで肌状態を改善しよう

スキンケア

NADECICA編集部
NADECICA編集部

日焼けをするとすぐ肌が赤くなってしまう女性は多いでしょう。赤みが引かないとメイクものらず、とてもやっかいですよね。今回は、日焼けをすると赤くなってしまう原因やその対策方法についてご説明します。正しいケアを知って、肌をいたわりましょう。

INDEX

目次

    日焼けで赤くなる原因と治るまでの時間

    紫外線により肌が傷つく

    日焼けで肌が赤くなってしまうのは、紫外線によって肌が傷ついてしまうことが原因。肌の細胞を傷つけ、炎症が起きてしまうのです。

    紫外線の中でも、大きく影響しているのが紫外線B波。エネルギーが強く波長が短いという特徴を持っています。日焼けによる肌の赤みを防止するためには、この紫外線B波を対策する必要があります。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    日焼けしやすい人必見。紫外線対策で意識するべきこととは?

    色白の人のほうが赤くなりやすい

    肌が黒っぽい人に対して、色白の人のほうが日焼けをすると赤くなりやすい傾向にあります。これは、色白の人が持つメラニンの量が少ないため。

    メラニンは、紫外線を吸収する役割を持っていいます。つまり、メラニンの量が少ない色白の人は紫外線の影響を受けやすいのです。肌が黒っぽい人と比べると、炎症を起こしやすく肌もすぐ赤くなってしまいます。

    肌が赤くなるのはヤケド

    肌が赤くなってしまうのは、紫外線によって炎症を起こしているため。これは実は、肌がやけど状態にあるということです。

    やけどをすると、患部が赤くなり熱を帯びますよね。日焼けも同様。赤みを持ち、ヒリヒリとした状態になります。やけどをしたときは、それに相応する処置を行いますが、日焼けをした場合もやけどと同じように適切な処置をする必要があるのです。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    日焼けのせいで赤い肌になるのが辛い。手軽なケアと治し方とは?

    日焼けが治るまでの期間

    日焼けが治るまでの期間は、肌のターンオーバーの期間となります。ターンオーバーというのは、肌の代謝のこと。新しい肌へとなるまでの期間を指します。

    肌のターンオーバーは一般的に28日前後と言われています。日焼けをした肌が元の肌へと戻るのも、ターンオーバーの期間である28日前後と考えて良いでしょう。しかし、不規則な生活習慣や食生活によってターンオーバーが乱れてしまう可能性もありますので、少々注意が必要です。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    美肌のもとは「ターンオーバー」。肌の再生機能を助けるケア方法

    日焼けを改善する方法

    日焼けした肌を冷やす

    日焼けはやけどと同様なので、肌を冷やすのが効果的です。ほてりを鎮め、炎症を抑えましょう。

    と言っても冷やしすぎは良くありません。体温と同じくらいのぬるめのお湯でシャワーを浴びてください。日焼けをした直後の肌はとてもデリケートなため、水圧は弱めに優しく行ってくださいね。肌を冷やすことで、ヒリヒリとした辛い感覚をやわらげることが可能です。

    • natsu
      natsu(30)会社員、主婦
      3198-1:ライフスタイルでできる敏感肌改善ポイント

      夏の日焼けは痛いですよね。 海やプール、仕事や車の運転など 日に当たる場所は様々。 私は冷やしてボディクリーム等を 塗ります。 最初に冷やすのは少し 痛いかもしれませんが、 とにかく氷水やアイスノンを タオルで巻いて冷やし、 その後ボディクリームや 保湿成分がたかいものを塗り、 睡眠をとるのがいいかなと私は思います。

    natsuさんを4人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    睡眠をしっかりとる

    日焼けした肌を改善するためには、ターンオーバーを促進させる必要があります。ターンオーバーと大きく関わるのが睡眠。

    睡眠中に分泌される成長ホルモンが、肌のターンオーバーを効率的に促進させます。良質な睡眠をとることが大切なので、リラックスした状態で入眠しましょう。就寝前のスマートフォンの使用や目を酷使する行為は避けてくださいね。

    水分補給をしてビタミンの多い食事を

    日焼けした肌はとても乾燥している状態。水分を補給する必要があります。

    たっぷりの化粧水などで十分に肌に水分を与えましょう。また、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは紫外線による影響をやわらげる効果があります。ビタミンAはニンジン、ビタミンCはアセロラやキウイ、ビタミンEは赤ピーマンやうなぎに豊富に含まれているので積極的に摂取しましょう。

    アロエも効果的

    日焼けした肌にアロエが効果的という話を耳にしたことがある方も多いでしょう。実際にアロエは日焼け改善に効果的と言われています。

    アロエに含まれるアロエシンや、アロインは抗炎症作用を持っており、そのため、日焼けによる炎症をやわらげることができるのです。ドラッグストアなどで販売されている、アロエ化粧水や軟膏でも効果があるのでぜひ試してみましょう。

    保湿を意識した洗顔をする

    日焼けで赤くなっている肌に対して、洗顔は負担がかかる行為。特に、洗顔は乾燥を引き起こしやすいため保湿を意識した洗顔を行う必要があります。

    こすったりせずにクルクルと優しく洗うのがポイント。スクラブなどが入っている洗顔料も避けるようにしましょう。できれば、敏感肌用や乾燥肌用の洗顔料がベストです。また、高温での洗顔は乾燥を促進させてしまうため、35~37度程度のぬるま湯で行いましょう。洗顔後は化粧水などで保湿ケアをお忘れなく。

    日焼けがあまりにひどいときは病院へ

    あまりにも日焼けの症状がひどい場合には、皮膚科を受診することをおすすめします。水ぶくれになっていたり、腫れあがっている場合は症状を抑える適切な処置が必要です。

    皮膚科では、ステロイド系の塗り薬や消炎鎮痛薬などによって治療を行います。ひどい日焼けは放っておくと跡が残ってしまうこともありますので早めに治療を行いましょう。

    赤く日焼けした肌に注意したいこと

    日焼け後すぐに美白美容液は使わない

    日焼けをすると、いち早く美白ケアをしたくなってしまいますよね。しかし、日焼け後は美白美容液を使ってはいけません。

    というのも、日焼け後の肌はやけど状態。美白成分が肌に浸透しないのです。また、それだけでなく美容液に含まれる成分が肌への刺激となってしまうことも。日焼けをした肌はとてもデリケートなので、少しでも肌に負担をかける行為は控えることが大切です。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    美白美容液を効果的に使用するには?シミそばかすを防ぐ使用法と注意

    刺激を与えない

    とても敏感な日焼け後の肌。あらゆることが刺激となってしまいます。

    いつも使っているパックやメイク用品が刺激となってしまうことも。できるだけ刺激を与えないようにしましょう。症状が落ち着くまではファンデーションなどの使用も控えることをおすすめします。また、外部からの刺激も大きな負担になります。日焼け部分はあまり触らないようにしてくださいね。

    タオルで拭く時は優しく

    洗顔や入浴後のタオルドライも日焼け後の肌にとっては大きな負担。タオルで拭く際も、刺激を与えないように優しくすることが大切です。

    ゴシゴシと拭くとダメージとなりますので、押し当てるようにポンポンと水気を拭き取りましょう。また、タオルの素材も重要。繊維の硬いものは刺激となってしまいます。柔らかい繊維のタオルを使用してください。

    利用作用のある飲み物は控える

    日焼け後は、利尿作用のあるアルコールやカフェインなどは控えるようにしましょう。

    日焼け後の肌はとても乾燥しているため、保湿が重要。しかし、利尿作用がある飲み物をとると身体の水分が失われてしまいます。水分を維持するためにも、日焼け後はミネラルウォーターなど利尿作用の少ない飲み物を摂取してください。

    皮がむけてきても剥がさない

    ついつい気になってしまう日焼け後の皮ですが、絶対に剥がしてはいけません。皮を剥がすことにより、発達していない表皮が外部にさらされます。

    発達していない新しい表皮はとてもデリケート。紫外線があたるとシミの原因となってしまう危険性があるのです。皮は無理やり剥がさずに、自然に剥がれ落ちるのを待ちましょう。

    洗顔するときのポイント

    日焼けした肌に効果的な化粧水

    ナチュリエ スキンコンディショニングジェル(ハトムギ保湿ジェル)180g

    ハトムギエキスを配合し、自然の物質を利用していることが特徴。みずみずしいジェルがしっかりと肌になじみ、うるおいを与えます。

    べたつきもなく、非常に使い心地が良いことも大きなポイント。多くの女性から愛用されています。また、無香料・無着色・低刺激性なので、日焼け後のデリケートな肌にも安心して使用できます。

    ナチュリエ スキンコンディショニングジェル(ハトムギ保湿ジェル)180g

    肌ラボ 白潤 冷感ヒアルロンゼリー 200ml

    清涼感のあるひんやり高保湿オールインワンゼリー。化粧水・乳液・美容液・収れん・パックと一つで5役の効果があります。

    うるおい成分としてビタミンC誘導体、ナノ化けヒアルロン酸が配合されており、日焼け後の乾燥しがちな肌にうるおいを補給。また、素肌と同じ弱酸性です。

    肌ラボ 白潤 冷感ヒアルロンゼリー 200ml

    日焼け後に手軽にできるお手入れパック

    お手入れパックのやり方

    1.コットンやフェイスマスクに化粧水を含ませる

    まずは、コットンやフェイスマスクを水に濡らします。その後、水で湿らせたコットやフェイスマスクに化粧水をまんべんなく振りかけます。全体的に行きわたるように含ませることがポイントです。

    2.15分パックする

    パックが完成したら、顔に乗せ15分間程度パックします。パックが終了したあとは、化粧水をしっかりと浸透させるために清潔な手で優しくパッティングしてください。

    赤みが落ち着いたら通常のケアをする

    日焼けをしたデリケートな状態ではいつものスキンケアが刺激となってしまいますが、赤みが落ち着けば問題ありません。

    肌が本来の状態に戻ってきたと感じた時点で、通常のケアを行いましょう。美肌美容液の使用も問題ありません。徐々にいつものケアに戻して肌の状態を向上させてくださいね。

    日焼けで乾燥した肌はワセリンパックで保護

    ワセリンは肌が弱い人でも使える保湿剤

    ドラッグストアでも購入できるワセリンは肌が弱い方でも使える優秀な保湿剤。肌の表面にパラフィンの膜を張り、水分が失われてしまうのを防ぎます。

    日焼け後の肌は、乾燥しがち。補給した水分をしっかりと維持する必要があります。ワセリンを効果的に使用すれば、肌の水分をしっかりとキープすることが可能です。

    ワセリンパックのやり方

    1.化粧水でしっかり保湿する

    まずは、洗顔後や入浴後の肌を化粧水でしっかりと保湿します。丁寧に優しくパッティングし、肌の角質層まで水分を行き届かせましょう。

    2.ワセリンを塗る

    次に、ワセリンを塗ります。量はそれほど必要ないので薄く全体的に伸ばします。

    3.ラップを巻く

    次に、ワセリンを打った部分にラップを巻いていきます。ラップを巻くことにより、保湿効果がより高まります。

    4.10~20分したらラップを外す

    10~20分放置したあとにラップを外します。ワセリンの油分が気になる場合は、軽くティッシュオフしましょう。

    日焼け後に適切な対策をして美肌を目指す

    日焼けによって赤くなってしまうのは、やけどと同様肌が炎症を起こしているため。適切な処置をして対策する必要があります。

    日焼け後の肌は乾燥しているので、パックや化粧水で十分に水分を補ってあげましょう。また、とてもデリケートな状態なのでできるだけ刺激を抑え、優しく労わることが大切です。今回お伝えした対策を実践し、日焼け後の肌を効果的に改善させてくださいね。

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT