肌に優しいオーガニッククレンジングの特徴を知って美肌になろう

肌に優しいオーガニッククレンジングの特徴を知って美肌になろう

2017.06.21 / スキンケア

NADECICA編集部
NADECICA編集部

オーガニック化粧品とは自然由来の成分を中心に配合していて、低刺激な肌に優しい化粧品です。メイクを落とすクレンジングは肌に負担がかかります。低刺激なのに汚れをしっかり落とすオーガニック化粧品でクレンジングをして美肌を手に入れましょう。

オーガニック化粧品のいいところ

自然由来の成分を中心に配合してある

オーガニック化粧品とは

オーガニック化粧品は、植物から抽出したエキスを使用して作られた化粧品です。エキスを抽出する植物は農薬や化学肥料を使用せずに、育てられたものを使用しています。化学的な成分を使用した化粧品は肌トラブルへの効果が高いぶん、刺激を与えるので敏感肌の人にはあまりおすすめできません。しかし、オーガニック化粧品は自然の植物から抽出した成分を中心に配合されているため、与える刺激が少なく肌に優しいといわれているので、敏感肌の方も肌荒れや乾燥の心配が少なく使用できるのです。

オーガニック化粧品に使用されている植物の中には、毒性のある成分が含まれている植物もあります。しかし、化学的な成分よりも肌に与える刺激が少なく、なおかつ毒性を抑える成分も植物には含まれているので副作用が出にくいことも特徴です。

使用される植物

オーガニック化粧品で使用されている成分にはヘチマ水やカカオバター、ローズマリーエキスなどがあります。これらの成分は昔から肌トラブルに生かされてきた植物や、ハーブ類から抽出されるものです。特にヘチマ水は「美人水」と呼ばれていて、昔から代表的な美容成分といわれています。

自然治癒力を助長回復させることに着目してある

一般的に使用している化学的な成分が中心に含まれているスキンケア化粧品は、肌トラブルのくすみやシワなどにピンポイントで効果を発揮させたり、肌のうるおいを保ったりすることを得意としています。しかし、肌はもともとうるおいを保って肌を守るバリア機能や、新しいはだに生まれ変わる機能を兼ね備えているのです。

肌本来の力は紫外線や加齢などによって、低下してしまいます。オーガニック化粧品はもともと肌が兼ね備えている機能を高め、本来の力を引き出すことを得意としているのです。化学的な成分を全く使用していないか、またはごく少量のみ使用して作られたものなので、肌本来の力を引き出しサポートをしつつ外側から肌を補ってくれます。そのためうるおいや皮脂などのバランスを自ら保つ、本来の肌へと導いてくれるのです。

クレンジングの種類と特徴

しっかりメイクを落とせるオイルタイプ

クレンジング剤には油分と水分を乳化させ汚れを落とす力がある、界面活性剤という成分が含まれています。油分でできているメイクと水分を乳化させ、油分を浮き上がらせることでクレンジング剤はメイクを落としています。クレンジング剤の中でも、オイルタイプのものは界面活性剤が1番多く含まれているので、しっかりメイクを落とすことができるのが特徴です。

しかし、界面活性剤が多く含まれているとそのぶん、肌にかかる負担も大きいと言われています。また、オイルタイプはさらっとしているので、使用すると肌に摩擦を起こしやすいです。そのためクレンジング剤の中でも、オイルタイプは肌がダメージを受ける可能性が高いことも特徴になります。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
オリーブオイルクレンジングで美肌に?特徴と正しい選び方を徹底解説

乾燥肌や敏感肌におすすめのクリームタイプ

クリームタイプのクレンジング剤は、クリームの厚みがクッションとなり摩擦が起きにくいので肌への負担が少ないことが特徴です。優しくメイクの汚れを落としてくれます。

また、皮脂を落としすぎると乾燥の原因になることがありますが、クリームタイプのものは皮脂を落としすぎてしまう心配があまりありません。そのためクレンジングをした後もうるおいを残し、しっとりとした肌になることも特徴になります。

クリームタイプのクレンジング剤は乾燥肌や、敏感肌の方におすすめです。また、オーガニック化粧品は肌本来の力を引き出すことが目的なので、オーガニッククレンジング剤では一般的にクリームタイプが使用されます。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
肌に優しい化粧落としはクレンジングクリーム。使い方と選び方。

洗い上がりがさっぱりするミルクタイプ

オーガニッククレンジングの種類の中で、ミルクタイプのものは界面活性剤の量が少なめです。界面活性剤の量が少ないぶん、肌にかかる負担が少ないので優しくメイクを落とすことができます。

ミルクタイプは水分の量が多く、伸びがいいことも特徴のひとつです。そのため、肌に摩擦が起きにくいクレンジング剤と言われています。また、オーガニッククレンジングの中でも肌にうるおいを残しやすく、クレンジング後は洗い上がりがさっぱりとすることも特徴になります。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
乾燥した肌にミルククレンジング。お肌を労りつつメイクを落とす方法

肌に優しいが洗浄力もあるジェルタイプ

ジェルタイプのクレンジング剤は、オイルタイプより界面活性剤の量は少なめです。しかし、クリームタイプやミルクタイプのものよりは多く含まれています。また、粘性が少しあり優しい質感なので、肌に摩擦を起こしにくいことが特徴です。

クレンジング剤の中でもジェルタイプのものはメイクを落とす洗浄力と、肌への優しさのバランスが良いと言われています。クレンジングをした後は比較的、さっぱりとすることも特徴のひとつです。

 

▼さらに詳しい解説はこちら
クレンジングジェルランキング決定版。自分に合うものを見つけよう

オーガニッククレンジングの選び方

合成界面活性剤不使用のものを選ぶ

メイクを落とすために必要な界面活性剤には、合成界面活性剤と呼ばれるものがあります。合成界面活性剤は化学的に合成して作られたもので、肌に必要な皮脂まで落としてしまったり角質にダメージを与えてしまったりします。そのため、肌が兼ね備えている機能を低下させてしまうのです。

オーガニッククレンジングを選ぶときは、合成界面活性剤が使用されていないものを選ぶようにしましょう。合成界面活性剤は使用されていても「合成界面活性剤」と表記されません。化粧品でよく見る成分だと「ラウリル硫酸~」や「ステアリン酸~」などと表示されているので、注意する必要があります。

自分の肌質に合ったものを選ぶ

クレンジングにはオイルタイプやクリームタイプ、ミルクタイプ、ジェルタイプと種類があります。また、肌質も乾燥肌や敏感肌、油分が多い脂性肌など人それぞれ違います。オーガニックレンジングを使用する場合はそれぞれの種類の特徴を知り、自分の肌質に合ったものを選ぶようにしましょう。例えば、敏感肌や乾燥肌の方にはクレンジングをした後も肌がしっとりとするクリームタイプのもの、脂性肌の方には洗い上がりがさっぱりするミルクタイプのものがおすすめです。

自然由来の成分が多いものを選ぶ

オーガニック化粧品は全てのものが100%自然由来の成分ではありません。ごくわずかですが化学的な成分が使用されているものもあります。化学的な成分は肌にかける負担が大きいので、なるべく自然由来の成分が多いものを選ぶようにしましょう。

  • Reina♡
    サロンモデル
    Reina♡さん

    私はアロマの勉強をしているのですが、自然本来の植物の強さや優しさを知る内に、オーガニック化粧品に注目し、実際に使用するのが楽しみになりました。 太古から身近にあり、人が本来持つ美しくなろうとする力をサポートしてくれたり、天然のアロマ成分でのリラクセーション効果も高く、内側からも綺麗にしてくれるオーガニック化粧品が大好きで愛用しています。

オーガニッククレンジングオイル

アテニア スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ 175ml

4つの高級美容オイルを配合している、オイルタイプのクレンジング剤です。ロックローズオイルが肌のくすみの原因となる肌ステインを除去し、ウォーターキャッチオイルを処方しているので濡れた手でも使用できます。また、スピーディメルティング成分が配合されていて、ファンデーションやウォータープルーフのものなど落ちにくいメイクを瞬時に浮き上がらせるので、メイクを落としやすいことも特徴です。

アテニア スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ 175ml

琉白(ルハク) 月桃リセットクレンジングオイル 150ml

沖縄ハーブ「月桃」を使用し、100%天然成分からできているクレンジング剤です。AHA(フルーツ酸)が配合されているので、毛穴や角質のケアができます。メイクをスッキリ落としながら、やわらかくハリのある弾力肌に洗いあげることが特徴です。また、100%天然成分で無着色、無鉱物油、ノンアルコールなので負担が少なく肌に優しいことも特徴になります。

琉白(ルハク) 月桃リセットクレンジングオイル 150ml

アルマダスタイル otocino 120ml

シリコンや増粘剤、合成着色料や合成香料、石油系界面活性剤を使用せず、厳選された8種類の植物原料を使用した100%植物由来のオーガニッククレンジングオイルです。防腐剤や天然成分にこだわっているので、肌に優しいことが特徴です。また、メイクや皮脂の汚れに素早くなじんで、肌のうるおいを奪うことなく、汚れのみをスッキリ落としてくれることも特徴になります。

アルマダスタイル otocino 120ml

ハイピッチ ディープクレンジングオイルW 170ml

お風呂場でも使用できるクレンジングオイルです。天然オレンジオイルと保湿成分であるユーカリオイルの香りで、リラックス効果を味わえることが特徴です。メイクや汚れになじみやすいので、しっかりメイクを落とすだけではなく角栓まで落としてくれます。また、親水性オイルなので洗いあがりがべたつかないことも特徴のひとつです。

ハイピッチ ディープクレンジングオイルW 170ml

洗顔料の種類

オーガニッククレンジングクリーム

無印良品 オーガニッククレンジングクリーム 150g

8種類のオーガニック成分を配合したオーガニッククレンジングクリームです。8種類のオーガニック成分は天然うるおい成分として配合されているので、肌にうるおいを与える保湿クリームのようなメイク落としになっています。肌にやわらかくなじみ、メイクや毛穴の汚れを優しく落としてくれることが特徴です。

無印良品 オーガニッククレンジングクリーム 150g

コスメデコルテ AQ ミリオリティ リペア クレンジングクリーム 150g

まろやかなタッチのクリームが肌を包み込みながら、メイクや皮脂の汚れを溶かし出すクレンジングクリームです。天然香料を使用し、つみたての植物から抽出したライトフローラルパウダリータイプが特徴になります。また、リッチな感触のクリームはなめらかに伸び広がってくれるので、ポイントメイクも素早く浮かせて落としてくれることも特徴です。

コスメデコルテ AQ ミリオリティ リペア クレンジングクリーム 150g

trefle(トレフル) クレンジングマッサージクリーム 180g

天然成分の力が肌に負担をかけずにメイクや汚れを落としてくれるだけではなく、マッサージもできるクリームです。配合されている天然スクワランオイルが肌にフィットして落ちにくい、ファンデーションなどのベースメイクを落としてくれることが特徴です。また、天然イオウが配合されていることによって、目に見えない汚れも優しくスッキリ落としてくれることも特徴になります。

trefle(トレフル) クレンジングマッサージクリーム 180g

Yoko クレンジングクリーム 150g

合成界面活性剤不使用なので、肌に優しいクレンジングクリームです。配合されているモンモリナイトが毛穴の汚れを抱きかかえて、肌の外に出してくれます。クリームに泡立ちはありませんが、汚れはしっかり落としてくれることが特徴です。無鉱物油でもあるので肌にストレスや負担をかけずに、本来の健康的な肌へと導いてくれます。

Yoko クレンジングクリーム 150g

オーガニッククレンジングミルク

マルティナ ローズクレンジングミルク 150ml

ローズの芳醇な香りが特徴的なクレンジングミルクです。オーガニック成分はオリーブ油やレチシン、ダマスクバラエキスが配合されています。肌に負担をかけずに刺激も与えないまま、うるおいを残してメイクや毛穴の汚れを落としてくれることも特徴です。

マルティナ ローズクレンジングミルク 150ml

Drハウシュカ クレンジングミルク 145ml

乾燥していたり湿疹ができてしまっていたり、トラブルが起きている状態でも使用できる肌に優しいクレンジングミルクです。合成界面活性剤が含まれておらず、アンチリスブルネラリアエキスやムギ発酵エキスなどが配合されているので、メイクや汚れを落としながら肌本来のうるおいを守りしっとりとした肌に整えてくれます。使い心地はマイルドで、首やデコルテまで使用できることも特徴です。

Drハウシュカ クレンジングミルク 145ml

マルティナ シアーナクレンジングミルク 150ml

肌をいたわりながら、メイクや毛穴の汚れを落とすことができるクレンジングミルクです。無鉱物油でノンアルコールなので、かかる負担が少なく肌に優しいことが特徴になります。過敏になっている肌を保護してくれて、うるおいのある落ち着いた肌へと導いてくれます。

マルティナ シアーナクレンジングミルク 150ml

テラクオーレ カモミールクレンジングミルク 125ml

ボタニカルオイルが配合されているクレンジングミルクです。ココヤシ由来の洗浄成分がメイクや汚れをしっかり洗い流すだけではなく、しっとりやわらかい肌に導いてくれる保湿効果もあります。

テラクオーレ カモミールクレンジングミルク 125ml

ヴェレダ アーモンドクレンジングミルク 75ml

デリケートな肌でも使用できるクレンジングミルクです。配合されているアーモンドミルクは汚れをやさしく落としながら、乾燥や肌荒れから肌を守りうるおいを保ってくれます。また、スローベリーやハマメリスががケアをしながら、引き締まった肌へ導いてくれることも特徴です。

ヴェレダ アーモンドクレンジングミルク 75ml

肌別 クレンジングの選び方

オーガニッククレンジングジェル

ハンスキン トランス クレンジング ジェル 130g

ジェルがオイルに変化し、洗い流すときに乳液へと変化していることが特徴のジェルクレンジングです。肌の上でジェリーからクレンジング成分が流れ出し、メイクと馴染んでくれるので、毛穴の奥に入り込んだファンデーションやアイメイクをしっかり落としてくれます。3種の植物由来のエモリエント成分が洗い流した後の肌をなめらかですべすべな状態に導き、無鉱物油でノンアルコールなので肌に優しいことも特徴です。

ハンスキン トランス クレンジング ジェル 130g

select organic SPA LBS オーガニック クレンジング 150ml

無鉱物油、ノンアルコールなので肌への負担が少ないことが特徴のジェルクレンジングです。厳選されたオーガニック原料や温泉水などがデリケートな肌をケアしつつ、メイクや汚れをしっかり落としてくれます。

select organic SPA LBS オーガニック クレンジング 150ml

サンタマルシェ ディープクレンジング(グリーンティ) 400ml

天然洗浄成分キラヤ樹皮エキスや、毛穴洗浄成分重曹が配合されたクレンジングです。美容液成分が配合されているので、協力メイクや毛穴の汚れを落としながら毛穴やキメ、うるおいのケアができ、透明感あふれる潤美肌へと導いてくれます。また、無鉱物油なので肌にも優しいことが特徴です。濡れた手や顔にも使用できます。

サンタマルシェ ディープクレンジング(グリーンティ) 400ml」

肌に優しいオーガニッククレンジングを使って美肌を目指そう

オーガニック化粧品は自然由来の成分を中心に配合されているので、一般的な化学的な成分が配合されている化粧品より負担が少なく肌に優しい化粧品です。また、肌がもともと兼ね備えている機能を高めて、本来の力を引き出すことができます。

メイクや汚れを落とすクレンジングは肌に負担をかけてしまいます。オーガニッククレンジングを使用することで、肌にかかる負担を軽減でき、なおかつ肌本来の力を引き出すことができるのです。

クレンジング剤には種類があるので、それぞれのタイプの特徴を知り自分の肌にあったクレンジング剤を選ぶことが必要です。また、合成界面活性剤が使用されているものは肌が兼ね備えている機能を低下させてしまうので、合成界面活性剤不使用のものを選ぶようにしましょう。

肌に優しいオーガニッククレンジングを使用することで、肌本来の力が引き出された美肌を目指すことができます。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル