乾燥肌は体質改善が効果的。カサカサ肌を正しくケアする方法

2017.06.21

乾燥肌は体質改善が効果的。カサカサ肌を正しくケアする方法

スキンケア

NADECICA編集部
NADECICA編集部

乾燥肌はうるおいがなく、少し老けた印象に見えてしまいます。乾燥肌になりにくい肌にするには、体質改善や生活習慣の見直しなどを行うことが大切です。乾燥の原因や予防法、スキンケア法を身に付けて、乾燥しにくい肌を目指しましょう。

INDEX

目次

    乾燥肌が及ぼす肌への影響

    バリア機能が崩壊する

    肌の乾燥は、肌バリア機能が低下している状態です。肌バリア機能は、外からの異物や侵入などの攻撃から肌を守ったり、体内の水分の蒸発を防ぐ役割を担っています。

    そのバリア機能が低下すると、外からの刺激を受けやすくさせ、さまざまな肌トラブルが起こりやすくなります。そのため、肌の保湿ケアをきちんと行なって肌の乾燥を防ぎ、バリア機能を低下させないようにしましょう。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    敏感肌はこうしてできる!バリア機能を高め、肌にうるおいを保つ方法。

    毛穴が開きやすくなる

    乾燥している肌は、毛穴が開きやすくなります。乾燥している肌は、水分が足りていない状態です。肌が水分不足を起こすと、ハリが奪われ重力に負けてたるみが生じます。このたるみが原因で、毛穴が伸びてしまい開いてしまいます。

    シミやシワができやすくなる

    肌が乾燥状態だと老化が早くなり、シミやシワができやすくなります。健康な肌を保つためには、肌のターンオーバーが正常に働いていなくてはなりません。ターンオーバーとは、肌の新陳代謝や肌の生まれ変わりのことをいいます。

    肌が乾燥している状態だと、ターンオーバーが正常に機能せず、シミが剥がれにくくなる場合があります。また、肌が水分不足を起こすと肌はハリを失い、ターンオーバーの新陳代謝が低下します。そのため、シミやシワができやすくなります。

    乾燥肌になる生活習慣

    エアコンをつけっぱなしにしている

    エアコンをつけっぱなしにしていると、肌は乾燥しやすいです。エアコンの風に当たると、皮膚の水分が奪われてしまいます。肌の表面には、薄い膜の角質層が肌の水分が蒸発しないように守っています。

    エアコンを使用している環境下にいると、皮脂が乾いてしまい角質層を弱くさせます。角質層が弱くなると、肌の水分が蒸発してしまい乾燥肌を引き起こしてしまうのです。

    乾燥しない肌をつくるには、できるだけエアコンを使わないことが望ましいです。夏場はエアコンの代わりに扇風機を使ったり、冬場は厚みのある洋服を重ねて着て過ごすことをおすすめします。

    入浴時に洗いすぎている

    入浴時に洗いすぎると、肌が刺激を受けやすく乾燥を起こりやすくなります。外部からの刺激から守る役割を果たしている角質層を剥がしてしまうからです。

    角質層は、約0.02ミリでラップ1枚程度の厚さです。入浴時にゴシゴシとこすって洗ったり、繊維の硬いナイロンタオルなどで体を洗うと、角質層が剥がれます。角質層が剥がれることで、紫外線などの外部からの刺激を受けやすくなり、肌が乾燥してしまうのです。

    そのため、入浴する際はたっぷりの泡で優しくなでるように洗いましょう。そうすると、肌への刺激が軽減され、角質層も剥がれ落ちにくくなります。

    ストレスを溜めてしまう

    ストレスをためてしまうと、肌が乾燥しやすくします。ストレスを受けると肌バリア機能が低下し、水分が保てなくなくなります。すると、肌が水分不足になり、ハリが失われてしまうのです。

    ストレスを発散させるためには、自分の好きなことをすることが効果的です。ストレスを感じてしまうのは、自分の自由が制限されてしまうことが原因です。何かを我慢することで、精神が不快な状態なります。不快な状態になることで、体のさまざまな部分の働きが悪くなり、免疫力の低下させる可能性があります。

    肌のバリア機能を正常化させ、水分不足を解消させるためにも、ストレスを溜めないように心がけましょう。

    生活習慣が悪い

    生活習慣が悪いことでも、肌を乾燥させやすくします。肌を乾燥させやすくする原因は、偏った食生活、睡眠不足などです。?食事の栄養バランスが偏っていると、代謝が悪くなったり、体内のさまざまな部位の環境が悪くなります。

    代謝が悪くなると、肌の表面を守る皮脂の量が減ってしまい、乾燥しやすくなります。また、体内に必要な成分が行きわたらないと、それぞれの機能が低下し、肌に悪影響を与える可能性があるのです。

    また、睡眠不足になると、ターンオーバーが正常に行われなくなり、乾燥肌になる場合があります。また、ホルモンバランスが崩れてしまうことでも、肌の乾燥を引き起こしやすくなります。ホルモンバランスは、体の新陳代謝に関わっています。ホルモンバランスが乱れてしまうと、新陳代謝が悪くなり、肌に水分が保持されにくくなります。

    日差しを浴びている

    太陽の日射しを浴びていることでも、肌の乾燥を招きます。太陽の日差しは、属にいう紫外線です。紫外線は肌のうるおいを奪ってしまう性質があります。

    紫外線にあたると、肌を外部刺激から守ったり、水分を保持する角質層のバリアが壊されやすくなります。それが壊されることで、肌は水分を失い、乾燥を引き起こしてしまいます。そのため、日中外出する際には、日焼け止めクリームなどでしっかりとケアを行い肌を乾燥から防ぎましょう。

    乾燥肌の化粧品の選び方

    糊のような役割を果たすセラミド配合のものを選ぶ

    乾燥肌には、糊のような役割を果たすセラミド配合がされたのものを選びましょう。セラミドとは、肌の角質層で、スポンジのように水分と油分を抱え込んでいる成分です。何層も重なっている角質細胞の一つひとつを接着しています。そのため、肌のうるおいを保つために欠かせません。

    セラミドが配合されている化粧水を選ぶことで、みずみずしいうるおいのある肌にしやすくします。乾燥肌の方は、セラミドが配合されている化粧水を選び、乾燥しにくい肌を目指しましょう。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    超乾燥肌はセラミドで潤い肌に。加齢でなるカサカサ肌を改善しよう

    肌の潤いを保持するNMF配合のものを選ぶ

    セラミドが配合された化粧水の他にも、肌のうるおいを保持するNMF(天然保湿因子)配合のものを選ぶこともおすすめです。NMFとは、肌の本来の角質細胞内にあり、角層の水分を保持している物質です。セラミドと一緒に角質層で肌のうるおいを保つ働きがあります。

    NMFが配合された化粧水を選ぶポイントは、NMFの配合量が多いものを選ぶのをおすすめします。NMFの配合量が多いもの選ぶことで、肌の保湿力を高めて、乾燥を引き起こしにくい肌がつくれます。

    オススメクレンジングランキング

    乾燥肌のスキンケアのポイント

    クレンジングと洗顔は1分半以内で終わらせる

    乾燥肌のクレンジングの洗顔は、1分半以内で終わらせることが重要です。クレンジングや洗顔料には、肌へ刺激を与える成分が含まれています。

    乾燥した肌はバリア機能が低下しているため、刺激を受けやすく様々な肌トラブルを引き起こしやすくなります。そのため、時間をかけてクレンジングや洗顔を行うのは避けることがおすすめです。

    クレンジングは、クレンジング剤でメイクになじませて落とし、洗顔はたっぷりの泡を使って優しくなでるように洗いましょう。

    クレンジングはクリームやミルクタイプのものを選ぶ

    水分が不足している乾燥肌に使うクレンジング剤は、クリームやミルクタイプを選ぶことをおすすめします。オイルクレンジングは、界面活性剤などの肌へ強い刺激を与える添加物が含まれており、乾燥肌の方が使うと肌への負担が大きいです。

    一方、クリームやミルクタイプのクレンジング剤は、なめらかなテクスチャーで肌への伸びが良く、摩擦がなく肌への刺激が少ないです。そのため、肌への負担を軽減できます。また、保湿成分が含まれているので、うるおいを保ちながらメイクを落としやすくしてくれます。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    乾燥した肌にミルククレンジング。お肌を労りつつメイクを落とす方法

    洗顔料は固形石けんがおすすめ

    乾燥肌におすすめの洗顔料は、固形石鹸です。固形石鹸は以外にも泡立ちが良く、洗顔ネットなどを使うとふわふわのきめ細かな泡がつくれます。その泡で優しく洗顔すると、弾力があるので肌への摩擦力が少なく、肌の負担を抑えられます。

    また、固形石けんは程よい洗浄力があり、肌に必要な油分を残します。油分が残ることで、乾燥しすぎを防ぐことができます。乾燥しすぎると、肌がつっぱる違和感や、外部からの刺激を受けやすくします。

    そのため、乾燥した肌の洗顔は、固形石鹸でつくった泡で洗顔して、刺激を軽減するようにしましょう。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    石鹸で毛穴のトラブルは解決できる?お手軽おすすめ洗顔石鹸

    洗顔後にすばやく化粧品をつける

    乾燥肌や他の肌質にもいえることですが、洗顔後は素早く化粧水をつけて肌を保湿しましょう。洗顔後は、肌が通常よりも乾燥しています。素早く化粧水でケアすることで、肌の水分を蒸発するのを防ぎ、うるおいを保てます。

    このときに使用する化粧水は、ヒアルロン酸やセラミド、ビタミンC誘導体などの成分が含まれているものがおすすめです。これらの成分は、肌の水分を保持する効果があります。まずヒアルロン酸は、細胞と細胞の間に存在し肌の水分を保持したり、クッションのような役割を担っている成分です。

    次にセラミドは、肌の角質層部分で、細胞と細胞の中でスポンジのように水分や油分を抱えており、肌にうるおいを与えます。そして、ビタミンC誘導体は、コラーゲンの合成を促進して、肌のハリや弾力を保たせます。

    • Private: 寺島 茜
      Private: 寺島 茜(25)大学生
      3181-1:乾燥肌は体質改善が効果的。カサカサ肌を正しくケアする方法

      私は幼い頃から乾燥肌で、成人してからは毎日化粧水や乳液を使うようにしています。ですが、睡眠不足やストレスでニキビなどが増えてくると、どうしてもお風呂でゴシゴシと洗顔してしまったりしがちです。夏になるとクーラーをつけっぱなしで寝てしまったり、ダイエットのために高温のお風呂に長時間浸かり過ぎたりとお肌に悪いことばかりしてしまいます。日々のスキンケアもワンパターンではなく自分の肌の調子と毎日相談しながら行うべきですね。毎日化粧水バシャバシャが正解ではないみたいです。

    Private: 寺島 茜さんを0人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    化粧品は手で温めてからつける

    手で温めた化粧水をつけると、肌の乾燥に効果的に効きやすいです。温めて使うことで、肌への浸透力が良くなります。それぞれの成分が肌のすみずみまで行き渡り、うるおいたっぷりの肌にしやすくします。

    また、化粧水を使う前には、しっかりと手を洗うことが大事です。手にはさまざな雑菌が付着しています。雑菌が付着している手で化粧水使うと、雑菌が肌に付着して肌トラブルの原因を作ってしまいます。

    化粧水をつける前には手を洗い、手で温めてからケアを行いましょう。

    保湿は長時間やりすぎないこと

    保湿を長時間やりすぎると、肌を乾燥させやすくします。肌に水分がついている状態だと、角質層にある細胞間脂質やNMFが肌から出ていきやすくなるからです。これらの成分が流出してしまうと、肌の保湿力が低下し、肌の水分が失われてしまいます。

    そのため、長時間パックをしたり、入浴したりすることは控えましょう。控えることで肌の保湿成分が流出する可能性が少なくなり、肌の水分を保たせて乾燥を防ぎやすくします。

    美容液を取り入れる

    乾燥肌のスキンケアは、美容液を取り入れることがおすすめです。美容液を使うことで、保湿成分が肌に浸透し、ハリのある肌が保てます。美容液には、肌への保湿成分の補給や、化粧水の水分を保持する働きがあります。そのため、肌がうるおいハリを保ち、肌トラブルも改善しやすくさせるのです。

    美容液を使い方は、化粧水で肌を整えてからつけます。化粧水で整えた肌は、美容液の保湿成分を肌全体に浸透しやすくなっています。ただし、美容液の中には化粧水前に使用し、角質を剥がしてから浸透させるタイプのものがあります。そのため、美容液の使用法などはしっかりと確認するようにしましょう。

    乾燥肌を改善するための生活習慣

    積極的にビタミン類を取る

    乾燥肌を改善するためには、積極的にビタミンを摂りましょう。肌の乾燥は、ビタミン不足が影響している場合があります。ビタミンが不足してしまうと、肌のハリが保つことができなくなったり、血行が悪くなりして、肌のターンオーバーを正常に機能させにくくします。

     

    また、ビタミン不足は、体全体にも悪影響を及ぼします。そのため、体の調子が悪いときには、肌の調子も悪くなる傾向があるのです。

    ビタミンの中でも、肌の乾燥の改善に役立つのが、ビタミンCとビタミンB群です。まずビタミンCは、コラーゲンを生成を促進させる機能と抗酸化作用を持ち、ハリのある肌にします。次にビタミンB群は、肌の新陳代謝を活発化させ、肌のターンオーバー正常に機能させる働きがあります。

    乾燥した肌を改善するためにも、食事やサプリメントなどで積極的に摂取することがおすすめです。

    バランスの良い食事を心がける

    毎日の食事をバランス良く摂ることでも、肌の乾燥を防ぎやすくします。現代は、ファーストフードなどで簡単に食事をすませることができます。しかし、そのような偏った食事をしていると、ビタミンが不足したり、脂質をたくさん摂取したりと肌に悪影響を与えやすくなります。

    そのため、栄養バランスを意識して、食事を摂ることが大切です。三大栄養素の炭水化物、脂質、タンパク質を筆頭に、ビタミン、カルシウム、ミネラルを食事に取り入れましょう。すると、体全体に栄養が行きとどき、体のさまざまな部位を正常に機能しやすくさせます。

    さまざまな体の部位を正常に機能させることで、肌の新陳代謝が上がり、ハリツヤのある健康的な肌になりやすいです。

    添加物の多い食品を避ける

    肌が乾燥しているときは、添加物の多い食品はできるだけ避けるようにしましょう。添加物の多い食品は、肌に悪影響を与えてしまいます。添加物が多いとされる食品は、カップラーメンなどのインスタント食品、着色料や甘味料が入ったお菓子やジュースなどです。

    これらを摂取すると、乾燥して刺激に弱くなっている肌にダメージを与えやすくし、肌荒れなどの肌トラブルを起こしやすくさせます。また、肌の新陳代謝が低下し、肌の生まれ変わりを遅くしてしまいます。

    したがって、インスタントなどの添加物の多い食品は控えて、魚や野菜などの天然の食材を摂ることを心がけましょう。

    こまめな水分補給を心がける

    体内の水分不足でも、肌の乾燥の原因になります。そのため、こまめな水分補給をすることが大切です。水分量は1日1.5リットル~2リットルを目安に摂ることをおすすめします。飲むときに注意したいのが、一度にたくさん飲まないことです。

    水を一気に飲んでしまうと、体全体に行き渡らずに尿としてすぐに排出されやすくなります。なので、コップ一杯の水を起床時や食事、入浴前後、就寝前に分けて飲むようにしましょう。こまめに飲むことで、体のすみずみに水分が行きわたり肌のうるおいが保てます。

    部屋では加湿器をつけるようにする

    エアコンをつけている環境下にいると、肌が乾燥しやすくなります。そのため、部屋の中では、加湿器をつけることがおすすめです。加湿器で部屋の乾燥を防ぐことで、乾燥から肌を守りうるおいが保たれます。

    また、現在はアロマやマイナスイオン効果のある加湿器が増えています。それらは、乾燥を防ぐだけではなく、心と体を安定させる効果が期待できます。

    加湿器を使って部屋の乾燥を防ぎ、肌への負担を軽減するようにしましょう。

    紫外線対策をする

    乾燥肌は肌が弱っている状態なので、紫外線からのダメージが受けやすいです。したがって、日焼け止めなどの紫外線対策が重要になります。ここで注意したいが、日焼け止めの選び方です。

    日焼け止めには、紫外線吸収剤という肌に刺激が強い成分が含まれています。乾燥している肌につけてしまうと、より肌トラブルが起きやすくなる可能性があります。なので、乾燥肌の方は、ノンケミカル(紫外線吸収剤が入っていない)と書かれている日焼け止めを選びましょう。

    また、日焼け止め以外にも、帽子やサングラスなどの紫外線対策グッズを使用することもおすすめです。日焼け止めと一緒に使うことで、紫外線からの影響を受けにくくしてくれます。

    運動を取り入れ汗を流す

    運動を取り入れて汗を流すことで、肌の乾燥を軽減することが期待できます。運動をすると体の新陳代謝が上がります。体の新陳代謝が上がることで、肌のターンオーバーも正常に機能するようになり、肌のうるおいを保ちます。

    乾燥肌を改善しやすくするには、運動を取り入れて汗をかくことです。汗をかくことで新陳代謝が活発化し、肌のターンオーバーを促進させます。そのため、肌のうるおいやバリア機能を保持することができます。

    ウォーキングなどの手軽にできる運動を取り入れ、体の新陳代謝を高めて、乾燥しにくい肌を作りましょう。

    毎日のスキンケアを欠かさない

    乾燥肌を改善させるために、毎日のスキンケアを欠かさないようにしましょう。保湿成分などでケアすることにより、肌がうるおいを保ち、乾燥から肌を守ります。

    また、体質改善や生活習慣の見直し、ホルモンバランスを安定させることも大事です。これらを解消することにより、肌のターンオーバーを正常に機能するように促し、乾燥しないうるおいのある肌にする効果が期待できます。

    乾燥肌は体質改善で治せる

    乾燥肌は体質改善などをすることにより、治しやすくなります。体質改善をすることで、体や肌の代謝が上がり、それぞれの機能を向上させる効果が期待できます。肌を乾燥から防ぐためにも、乾燥する原因や予防法、スキンケア法を学んで、毎日の乾燥予防や対策に役立てましょう。

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT