ワキガを簡単セルフチェック。人に言えない体臭の悩みもこれで解決

2017.06.21

ワキガを簡単セルフチェック。人に言えない体臭の悩みもこれで解決

スキンケア

NADECICA編集部
NADECICA編集部

女性なら誰でも体臭は気になりますよね。毎日顔や全身のお手入れはしているけれど、「もしかしたら自分はワキガかも。でも、人には言えないし…」と悩んではいませんか?まずは、ワキガの判断方法でセルフチェック。もし、ワキガだとわかっても大丈夫。症状に合わせた対処で、しっかり体臭を軽減しましょう。

INDEX

目次

    ワキガになってしまう原因

    アポクリン腺からの汗が異常に分泌

    私たちの体には、たくさんの汗腺が存在しています。体内に熱がこもらないよう、汗腺は、汗として体外へ放出する重要な働きをしています。

    汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺と呼ばれる2種類の汗腺があります。エクリン腺は、体全体に存在している汗腺で、普段かく汗の多くは、このエクリン腺から排出されています。エクリン腺から出る汗は、サラサラとしていて無味無臭・透明であることが特徴です。

    一方、アポクリン腺と呼ばれる汗腺の特徴は、「特定の場所に存在している」「汗腺の数は個人差がある」「ベタベタとして、臭い・黄ばみや苦味がある」などが挙げられます。ワキガは、このアポクリン腺から排出された汗が臭いの元となってしまうことが原因で引き起こされます。

    特にストレスを感じたり、緊張状態が続いた場合などに、アポクリン腺から排出される汗の量が増えるといわれています。

    食生活が欧米化している

    肉中心のメニューや外食・インスタントものが多くなった現代。以前よりも日本人のワキガは増えていると言われています。その原因となるのが、食生活の欧米化によるものです。肉類などには動物性たんぱく質、ファーストフードなどには脂分が多く含まれています。こうした成分は、皮脂線や汗腺を刺激する働きがあるため、アポクリン腺からの汗が増えてしまうのです。

    両親からの体質遺伝

    ワキガは、遺伝によるものが大きな原因であるといわれています。これはアポクリン腺の数が、遺伝によって決まるため。個人差があるのは、このためなのです。もし、体質遺伝によって自分もワキガになってしまう可能性は、片親だけがワキガの場合は50%、両親ともにワキガの場合は80%といわれています。また、両親がワキガでなくとも祖父母や親族にワキガの人がいる場合は、ワキガになりやすい体質といえます。

    タバコの吸いすぎやお酒の飲みすぎ

    タバコの吸いすぎやお酒の飲み過ぎもワキガを強めてしまう原因の一つです。タバコに含まれるニコチンが中枢神経を刺激し、体温調節機能の働きを崩してしまいます。これにより、アポクリン腺から大量の汗が排出されるようになるため、ワキガを悪化させてしまうのです。

    また、お酒に含まれるアルコールも同様に汗腺を刺激してしまいます。お酒を飲むと発汗作用が働き、アポクリン腺からの汗が大量に排出されてしまうのです。

     

    ワキガ体質の人の特徴

    わきから鼻につく臭いがする

    わき汗が多いからといって、すぐにワキガと判断するのはやめましょう。多汗症という汗かきの症状を持っている場合、ワキガでなくともわき汗を大量にかく人は多いものです。多汗症の場合、エクリン腺からの汗が大量にでているだけなので、ワキガ特有のツンとした臭いはありません。

    ワキガ体質の人にとって、最大の悩みは鼻につく臭いでしょう。一般的にワキガの臭いは、「腐った玉ねぎの刺激臭」や、「生乾きの洗濯の臭い」と表現されることが多いようです。人によってその程度は異なり、すれ違ったときに気づかれる程度から、遠くにいてもすぐにわかるような臭いが強い人がいます。

    日本人の10人に1人がワキガ

    現在、日本では、10人に1人がワキガといわれています。食生活が欧米化したことや、ストレスを抱える人が多くなるにつれ、以前よりもワキガで悩む人が増えてきていることがわかっています。ただし、遺伝によってその数が決まるアポクリン腺が増えているわけではありません。欧米化した食生活によって、アポクリン腺から出る汗の量が増えること、臭いが強くなっていることなどが原因となるのです。

    欧米人では70%以上がワキガ

    肉中心のメニューや乳製品をが多く食べる欧米人は、人口のおよそ70%がワキガ体質であるといわれています。これは、肉類に含まれる動物性タンパク質が体内で分解される際に、アンモニアや硫化水素といった体臭のもとが作り出されてしまうことが原因です。

    皮下脂肪の多い女性の方がなりやすい

    一般的にワキガは、男性よりも女性に多いといわれています。これは、男性に比べて女性の皮下脂肪が多いことが原因です。ワキガの元となる汗を排出するアポクリン腺は、皮下脂肪によって刺激されるため、皮下脂肪の多い女性のほうがワキガになりやすいのです。肥満気味の女性の場合は、汗をかきやすい体質でもあるため、ワキガの発生も高まってしまいます。

    ホルモンバランスの影響で突然ワキガになることも

    思春期や妊娠・出産などを迎えた女性は、突然ワキガになってしまうことがあります。これは、女性ホルモンの影響によるものが原因です。私たちの体にとって大切な働きをしている女性ホルモンには、汗腺を刺激する働きもあります。そのため女性ホルモンのバランスが優位になると、汗や皮脂の分泌が活発になり、ワキガになってしまう場合があるのです。

    わきの下を触るとボコボコしている

    ワキガ体質の人は、わきの下を触ったときにボコボコしているのも特徴のひとつです。これは、わきの下にあるアポクリン腺が発達し、毛穴がもりあがったようになっています。

    わきの汗を舐めてみると苦い

    ワキガの元であるアポクリン腺から出る汗は、皮脂やアンモニアなどの成分が混ざりあっているため、わきが独特の臭いを発生させています。エクリン腺から出る汗と違い、味がするのも特徴です。わきの汗を舐めたとき、苦いと感じたらワキガである可能性は高いといえるでしょう。

     

    自分でわかるワキガのチェックリスト

    耳垢が粘着質で常に湿っている

    まずは、耳垢をチェックしてみましょう。アポクリン腺は、特定の部位に存在しているのは先述の通りです。わきの下や陰部・耳の中・肛門・乳首やお腹周りなどに集中して存在しています。中でも耳の中には、エクリン腺が存在していないため、ワキガをチェックするときは、耳垢を調べてみるのがよいでしょう。

    ポイントは、耳垢が粘着質で湿っているかどうかです。汗をかいた後や入浴後などを避け、普段の状態で調べてみましょう。定期的に耳垢を掃除しているにもかかわらず、しっとりした耳垢が取れるようなら、アポクリン腺が耳の中に多く存在しているということ。ワキガである可能性があるといえるでしょう。

    衣服のわき部分が黄色く変色している

    衣服のわきの部分が黄ばむことはありますか?アポクリン腺から排出される汗には、皮脂やアンモニア・鉄分や色素といった成分が混ざっています。こうした成分が汗を黄色く変色させるため、衣服についたわきの部分が黄ばんでしまいます。香水や制汗剤などを使用していない状態で衣服のわき部分が黄ばんでいることが多い場合、ワキガである可能性は高いといえるでしょう。

    女性はわき毛の量が多く太い

    わき毛の状態からもワキガをチェックすることができます。女性の場合、ワキガの人のわき毛は量が太くて多いか、がチェックポイントのひとつになります。これは、アポクリン腺から生えたわき毛に特徴があるためです。ひとつの毛穴から複数の毛が生えている、毛が太く量が多いという人は、ワキガである可能性があるといえるでしょう。わき毛についた汗は、そのまま蒸れてしまうため、臭いが強くなる傾向があります。

    • ひとみ
      ひとみ(35)医師、サロンモデル
      3161-1:自分でわかるワキガのチェックリスト ■女性はわき毛の量が多く太い

      もともと全体的に毛量が多く、毛が太い体質です。わき毛に関しても同様でした。毛量が多いとやはり蒸れやすくなり。汗をかいて時間が経つと、匂いがきになる状態でした。代謝はいい方なのかもしれませんが、その分汗をかく量も多く、悩みでした。わき毛に関しては、当初、カミソリでの処理も考えましたが、アトピー性皮膚炎のため、皮膚炎を起こすことも多く、かえって痒みの原因になったりと悪循環だったような気がします。永久脱毛を施行してからは、汗をかくことはあっても匂いは気にならなくなりました。もちろん清潔に保つことが一番なので、汗を拭くことができれば一番いいのですが、仕事中などは難しいこともあるかと思います。永久脱毛を行えば、少しでも蒸れを防ぐことができ、ワキガの改善に繋がると思うのでおすすめです。

    ひとみさんを1人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    男性はわき毛が細くてふわふわしている

    わき毛の特徴でいうと、男性の場合は女性の真逆と言えます。女性に比べて、男性はわき毛が細くてふわふわしているのが、ワキガかどうかを見極めるチェックポイントです。

    わき毛に白い粉がついている

    わき毛に白い粉がついていることがありますか?運動した後や熱い季節に汗をかいたとき、わき毛に白い粉がついていたら、ワキガである可能性があります。アポクリン腺から出た汗には、老廃物などの成分が含まれています。これは、この汗の水分が蒸発したあと、臭いの元である成分だけが残り、結晶となっている状態です。粉自体にもワキガ特有の臭いがあるため、粉の臭いを確認すれば、ワキガかどうかを判断することもできるでしょう。

    汗をかきやすい場所が決まっている

    いつもどこに汗をかきやすいかもワキガチェックのポイントの一つです。アポクリン腺は、特定の部位に存在しているため、わきの下や手・足などに汗をかくという人は、ワキガ体質である可能性があります。

    両親や兄弟にワキガ体質の人がいる

    家族や親族にワキガの人はいませんか?ワキガは感染してうつるというものではありません。ワキガの臭いの元を排出する、アポクリン腺の数は遺伝によって決まります。そのため、両親や兄弟にワキガの人がいる場合は、自分もワキガである可能性は高いと言えるでしょう。

    当てはまる項目が多いほどワキガの可能性大

    セルフチェックで当てはまるものはいくつありましたか?体臭は、自分では慣れてしまっているため、ワキガにも気づきにくいものです。ここでご紹介したセルフチェックの項目で当てはまるものが多いほど、ワキガである可能性は高くなります。逆に当てはまるものがなかったという場合は、ワキガである可能性は低いといえます。

    それでも判断がつきにくい場合は、家族や信頼できる友人に聞いてみたり、医師に相談してみるのがよいでしょう。

     

    チェックでワキガだった場合の対策と治す方法

    市販のデオドラントスプレーを使う

    ワキガはセルフケアで治すことはできませんが、正しい対処をすることで、臭いを抑えることは可能です。人前でのエチケットを兼ねて、こまめにケアすることを意識しましょう。

    スーパーやドラッグストアでも購入できるデオドラントスプレーなら、持ち歩きも可能で手軽に臭いを抑えることができるのでおすすめです。

    朝の外出前にシュッと一拭きしたら、バッグに入れてこまめにケアをしましょう。汗をかいたときは、拭き取ってから使用しましょう。

    このとき、乾いたタオルは使わないこと。汗の水分だけを吸収してしまい、臭いの元となる成分は皮膚に残ったままの状態になってしまいます。残った成分が衣服の中で蒸れて、臭いが強くなって逆効果になってしまうかもしれません。汗を拭き取るときは、一度濡らして固く絞ったタオルで汗をしっかりと拭き取りましょう。水分が完全に乾いた後、デオドラントスプレーを使うようにすると、かなり臭いを抑えることができるので効果的です。

    • ひとみ
      ひとみ(35)医師、サロンモデル
      3161-1:ワキガの改善方法 ■清潔に保ってニオイを予防(小見出し変更しました)

      私もわき汗が多く、悩みでした。仕事中はなかなか汗を拭くこともできないこともあり、ニオイは自分ではよくわかりませんでしたが、大丈夫なのかな?と不安でした。医師という職業柄、レーザー治療やボトックス注射という方法もあることは知っていましたが、高額でもあり、まずはデオラントクリームを試してみました。アトピー性皮膚炎ですが、全く刺激性はありませんでした。ベタつきもなく、さらっとしていて、つけごごちも良かったです。汗の量も減ったので、わき汗が気になる方は、是非試してみていただけたらと思います。

    ひとみさんを1人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    デオドラントでワキガ対策。1日中安心できるおすすめ制汗剤は?

    女性の場合はわき毛を剃る

    わき毛を放っておくと、汗が蒸れやすくなるため、臭いが強くなってしまいます。わき毛は、こまめに処理しておくことが重要なポイントですが、脱毛はおすすめしません。脱毛は、毛根を刺激してしまうため、アポクリン腺の活動を活発にしてしまう可能性があるからです。

    毛穴を刺激することなくわき毛の処理をするには、剃ることが一番。石鹸やクリームなどを使って、肌の滑りをよくしてから優しく剃ってあげましょう。

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    ワキガは脇毛を剃って対策できるって本当?効果的な方法を伝授

    改善しなければ病院で医師の診断を受ける

    上記のケアを行っていても、ワキガが改善しないようなら、病院で専門医の診断を受けることがおすすめです。ワキガの程度にもよりますが、医師の診断に従って適切な治療を行いましょう。

    受診するのは、皮膚科か美容皮膚科がよいでしょう。また、形成外科や美容形成外科などでもワキガ治療を行ってくれます。保険適用範囲での治療を希望しているなら、あらかじめどの病院が保険適用になるのかを問い合わせてみるのがよいでしょう。

    軽度の場合は塗り薬や飲み薬で治療

    ワキガが軽度であるなら、臭いを抑える塗り薬や飲み薬を処方されます。塗り薬なら即効性のあるもの多いので、毎日塗り続けることでワキガを軽減することができます。汗やにおいを抑えるための飲み薬はある程度継続する必要がありますが、保険が適用されるため、時間の都合をつけて定期的に通院するのがよいでしょう。

    中度の場合は注射やレーザーで治療

    中度のワキガなら、切らずに行うレーザー治療がおすすめです。最新医療技術によって、肌を傷つけることなくワキガの治療を行うことができます。効果は半永久的ですが、保険が適用されない場合、手術費用はやや高額になってしまうこともあります。事前にしっかりと確認しておきましょう。

    また、ボトックス注射をわきの下に注射することで、汗の量を調整することができます。わき汗を抑えることで、臭いを一時的に軽減させてくれるのです。効果は半年から1年程度で、痛みもありません。保険も適用されるので、軽度から中度のワキガ治療に効果的です。まずは信頼できる皮膚科や美容皮膚科で、きちんと相談することが必要となります。

    重度のワキガだった場合は手術を受ける

    重度のワキガを治すには、手術が必要となります。一般的には、剪除法という手術が多く行われているようです。わきを切開し、毛穴とともにアポクリン腺を根こそぎ取り除く手術になるため、熟練した経験豊富な医師の元で治療を行うことが大切です。この手術では、毛穴を除去することになるため、わき毛の処理が必要なくなるというメリットもあります。

    そのほかには、吸引法と呼ばれる手術もあります。これは、わきに小さな穴を開けて、毛穴を吸い出す方法です。傷口が小さく済むのがメリットですが、直接目視しながらの手術ではないため、全てを取り除くことができない場合もあります。

    保険が適用されるかどうかは、病院によって異なるため、事前に調べておくことが必要です。また、手術後のケアや通院が必要となるため、時間の調整も必要です。

     

    ワキガだと思っても焦らずまずはケアしよう

    自分がワキガだと思っても、あわてる必要はありません。現在は、ドラッグストアやインターネットなどでワキガの臭いを軽減させるためのデオドラント剤やクリームなどがとても多く販売されています。こうしたワキガ対策のためのアイテムを活用することで、かなり臭いを軽減することができます。

    大切なのは、ワキガを悪化させないこと。野菜や果物を中心としたメニューを意識しましょう。タバコ・お酒は控えるようにする。睡眠不足や不規則な生活で疲労やストレスを溜めない生活を送ることを心がけましょう。

    さらに、直接肌に触れる衣類は、化学繊維のものよりも、通気性がよく肌に優しいコットンやシルクなどの天然素材を選ぶようにしましょう。

    また、「わき毛の処理をする」「こまめに汗を拭く」などのこまめなケアも必要です。まずは、自分でできるケアから始めてみましょう。

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT