輝く美白にはこれがおすすめ。効果的な栄養成分とスキンケア

2017.06.21

輝く美白にはこれがおすすめ。効果的な栄養成分とスキンケア

スキンケア

NADECICA編集部
NADECICA編集部

きれいな美肌には美白が欠かせません。シミやくすみを改善し、美白を手に入れるための効果的な栄養素を含んだ食事や、スキンケアアイテムを上手に活用することが大切です。美白効果の高い食品とスキンケアアイテムをきちんと理解し、透明感のある美しい肌を手に入れましょう!

INDEX

目次

    美白になるための6つのポイント

    美白有効成分の入った化粧品を使う

    美白になるための1つ目のポイントは、「美白に有効な成分が配合された化粧品を使うこと」。ビタミンC誘導体やプラセンタエキス、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸などが配合されたものがよいでしょう。

    美白用化粧水・乳液・クリーム・ジェル・パックなど、美白有効成分が配合されたスキンケア用品は、さまざまなものが販売されています。自分の肌タイプに合わせたスキンケア用品を見つけ、継続することが必要です。シミやくすみは、すぐに改善されるものではありません。毎日のスキンケアがもっとも重要なのです。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    美白成分働きや種類まとめ。有効成分を知ると化粧品選びもうまくなる

    紫外線対策を一年中行う

    2つ目のポイントは、「紫外線対策は一年中行うこと」です。一年のうち、6月から8月の間が最も紫外線の量が多い季節といわれています。しかし、それ以外の季節には紫外線がなくなる、ということはないのです。12月や1月の寒い季節でも紫外線は降り注いでいます。

    冬だからといって油断することはできません。紫外線による日焼けダメージは、シミやそばかすだけでなくシワやたるみを作り出してしまいます。紫外線は肌の奥へと浸透し、肌の弾力を保つためのコラーゲンを破壊し、老化を早めてしまう可能性が高いのです。

    紫外線は晴れた日だけ気をつければよいというものではありません。曇りの日でも、紫外線は降り注いでいます。午前10時から午後14時までは、1日の中でもっとも紫外線が強く降り注いでいるといわれているので特に注意しましょう。

    また、室内にいても紫外線は窓を通って届くため、常に油断することはできません。日焼け止めクリームを塗ったり、帽子や日傘を使用したりなど、日焼け対策を常に意識しておくことが重要なのです。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    日焼け止めが冬でも必要な理由とは?紫外線対策している方は必見。

    保湿のケアをしっかりとする

    3つ目のポイントは、「保湿ケアはしっかりとする」です。乾燥した肌には、シミの原因であるメラニン色素の沈着がしやすくなっています。ターンオーバーの働きをサポートし、メラニンを排出させるためには、肌の保湿ケアは必須です。

    肌の弾力を保ち、うるおいを維持することで、メラニン色素の生成を抑制し、沈着を防ぐことにもつながります。たっぷりの化粧水と保湿効果の高い乳液やクリームを活用し、毎日の保湿ケアはしっかりと行いましょう。

    日焼けした時はよく冷やす

    4つ目のポイントは、「日焼けしたときは、よく冷やすこと」。紫外線による日焼けは、やけどをした時と同じ状態になっています。肌が熱を持っているため、代謝が悪くなります。すると、肌を守るためのメラニン色素が過剰に分泌され、沈着してしまう可能性があるのです。メラニン色素が沈着してしまうとシミやそばかすの原因となりますので、早めの対処が必要です。

    もし日焼けをしてしまった場合は、すぐによく冷やしましょう。冷やすときのポイントは、体温と同程度のぬるま湯で優しく冷やす・タオルで冷やす・化粧水をつけるなどです。あまり冷たすぎるのもかえって血行を妨げる可能性がありますので、注意が必要です。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    日焼け後のおすすめなケアとは。症状別に見る人気化粧水と有効成分

    美白を促す食事を意識する

    5つ目のポイントは、「美白を促す食事を意識すること」。毎日の肌のお手入れは、体の外から行う美白ケアです。体の内側からも美白ケアを行うなら、毎日の食事は美白効果のあるものを積極的に摂るようにしましょう。野菜や果物などは、特に美肌には効果的な食材といえます。

    そのほかにも、美白効果の高いトマトや大豆製品などをいつもの食事にプラスするだけで、美白効果をアップさせることも期待できそうです。朝一杯のスムージーなどを上手に活用するのがおすすめです。

    不規則な生活習慣を見直す

    6つ目のポイントは、「不規則な生活習慣を見直すこと」。睡眠不足や不規則な生活は、 ストレスや疲労がたまったり、新陳代謝の働きが低下してしまいます。肌細胞が新しく生まれ変わるための働きである新陳代謝(ターンオーバー)が正常に行われないと、乾燥やニキビ、くすみ、たるみなどを引き起こす可能性があります。

    美白や美肌を維持するためには、規則正しい生活が第一の基本です。まずは、不規則な生活習慣を見直すことからはじめてみましょう。

     

    市販の化粧品に含まれる美白有効成分

    皮脂を抑制するビタミンC誘導体

    一般的な市販の化粧品には多くの美白有効成分が配合されています。中でも、過剰な皮脂分泌を抑制し、肌の調子を整えてくれるビタミンCは、美白には欠かすことができません。

    しかし、通常のビタミンCでは分子が大きく、肌には浸透されないというデメリットがあります。そこで、肌への浸透率を高め、角質層でビタミンCと同じ働きをしてくれるビタミンC誘導体が生成されるようになりました。現在ではさまざまなスキンケア用品に配合されています。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    化粧水で肌美人に。悩みを解決してくれるビタミンC誘導体とは

    メラニン色素のもとを阻害するプラセンタ

    アミノ酸や良質なタンパク質、脂質、ビタミンなど、さまざまな栄養素から構成されているプラセンタは、赤ちゃんへ栄養を送るための胎盤から抽出されている成分です。細胞を若返らせる効果があるとして、古くから美容や健康の場で活躍してきました。エイジングケアや美白にも効果的とされており、とても期待できる有効成分です。メラニン色素のもとであるチロシナーゼという酵素の生成を阻害し、シミやくすみを防ぐ効果に優れています。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    メラニンを徹底解説。メラニンの構造を理解して、適切な対策をしよう

    抗炎症作用のあるトラネキサム酸

    抗プラスミンと呼ばれるトラネキサム酸は、ジェネリック医薬品として医療の現場でも使われています。扁桃腺の炎症などを鎮める効果が高いとしてよく使われているのですが、皮膚科や美容外科などでは、シミやメラニン色素の沈着を抑える目的で使用されることもあるようです。

    • 滝沢日花里
      滝沢日花里(34)MR、モデル、医療・美容・健康コンサルタント
      3136-1:抗炎症作用のあるトラネキサム酸

      私も実際に、トラネキサム酸配合の化粧品を使っています。 年中通しての日焼け止めにも、トラネキサム酸配合を使用。 朝晩のスキンケアで、使用しているのは、SHISEIDOさんから出ているドクターズコスメ、ナビジョンDR TAホワイトローションとホワイトエマルジョン。 また、週一のケアでは、SHISEIDOさんのHAKUシリーズの、フェイシャルマスクを取り入れています。 HAKUのマスクを使用しない日は、エリクシールホワイトの、塗って寝るだけ つや玉 でお馴染み。 ジェルパックを毎晩欠かさずに。※こちらも、トラネキサム酸が配合されています。 ポイントは、日焼け止めにも美白成分が配合された物かつ、普段使いでは「SPF20」程度の物を使用。 ※SPF50などは、海や山に行く時のみ。(強過ぎると、乾燥や肌荒れの原因になります。) きちんと落として、化粧水→(フェイシャルマスク)→乳液→ポイントケア→ジェルパック。

    滝沢日花里さんを23人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    メラニン色素を除外するアルブチン

    厚生労働省認定の美白成分アルブチン。プラセンタエキスやビタミンC誘導体と並んで、美白効果の高さを国が認めている有効成分です。アルブチンには、プラセンタと同様にシミの原因となるメラニン色素を構成するチロシナーゼの生成を除外する効果があります。新しく作られようとするメラニン色素を抑えることでシワやくすみを防ぐ効果も高まるのですね。

    メラノサイトの増殖を防ぐルシノール

    メラニン色素の生成はメラノサイトと呼ばれる物質によって、生成されています。このメラノサイトの増殖を防ぐことができれば、メラニン色素の生成を抑制することが可能になります。POLAが独自開発したルシノールと呼ばれる物質は、このメラノサイトの増殖を抑える働きが高く、シミやそばかすの抑止に効果的といわれています。さらに、ビタミンC誘導体と一緒に使うことで、その効果がアップすることが最近の研究でわかっています。

    メラニンの生成を抑えるコウジ酸

    麹を扱っている杜氏の手が白いことから、美白効果の高い美容成分として古くから着目されていたコウジ酸。コウジ酸は、メラニンを黒色化するチロシナーゼと呼ばれる物質の働きを抑制する効果があります。メラニンは、本来、肌を守るために重要な働きをする物質です。しかし、日焼けによってダメージを負ってしまうと、肌を守るために、メラニンが大量に生成されます。このメラニンにチロシナーゼが働きかけ、黒色化してシミやそばかすを作ってしまうのです。

    コウジ酸は、このチロシナーゼの働きを阻害することで、シミやそばかすを防止する効果があるといわれています。また、肌老化やシワ、たるみなどの発生を抑える効果があることからも高い期待ができそうです。

    メラニンを還元するハイドロキノン

    ハイドロキノンは、いちごや麦芽などに多く含まれている栄養成分です。メラニンを還元するハイドロキノン。この還元とは、酸化を抑える作用のことで、ハイドロキノンには、メラニン生成を阻害する高い効果があります。実際に皮膚科などでも処方されており、広く知られるようになりました。

    ハイドロキノンは、皮膚の表面にできたメラニン色素の沈着を改善し、炎症後の色素沈着、肝斑、そばかすなどに効果的に働きかける作用があるといわれています。2001年から日本国内でも薬事法の規制緩和によって、さまざまなスキンケア用品で活用されるようになりました。現在では、美白有効成分の代表であるといえるでしょう。

     

    ストレスフリーなクレンジング

    口コミで人気のおすすめ美白化粧水ランキング

    エスト ホワイトニングフォース ローション β 120ml

    肌のうるおいをしっかり守ってくれるエスト ホワイトニングフォースローション。ビタミンC配合でメラニン色素の生成を抑制し、シミやそばかすができにくい肌へと導いてくれます。アットコスメの評価は4.8、口コミは310件と注目を集めている人気の化粧水です。
    エスト ホワイトニングフォース ローション β 120ml

    ソフィーナ ボーテ 美白化粧水 しっとり 140ml

    ソフィーナのボーテ美白化粧水 しっとりタイプの化粧水は、アットコスメ評価4.5、口コミ総数304件ととても注目度の高い美白アイテムです。メラニンの生成を抑える美白成分配合でシミ・そばかすの目立たない肌へと導いてくれます。
    ソフィーナ ボーテ 美白化粧水 しっとり 140ml

    トランシーノ トランシーノ 薬用ホワイトニングクリアローション 175ml

    無香料・無着色が特徴の、トランシーノの薬用ホワイトニングクリアローション。角質柔軟成分配合で、ターンオーバーをサポートしてくれます。美白成分トラネキサム酸配合で、シミやそばかすを防ぎ、透明感のある素肌へと導いてくれます。アットコスメ評価は4.2。口コミ件数も200件を超えるほどの注目度を誇っています。
    トランシーノ トランシーノ 薬用ホワイトニングクリアローション 175ml

    SHISEIDO ホワイトルーセント ルミナイジング インフューザー 150ml

    届きにくい肌の奥の角質層のすみずみまで美白成分を届けてくれると話題の、SHISEIDO ホワイトルーセント ルミナイジング インフューザー。美白成分トラネキサム酸配合で、うるおいのある美透明肌に導いてくれます。
    SHISEIDO ホワイトルーセント ルミナイジング インフューザー 150ml

    アスタリフト アスタリフトホワイト ローション

    アスタリフト アスタリフトホワイト ローションには、独自成分ナノAMA、そして肌表面を健やかに整える海藻エキス、美白有効成分のアルブチンが配合されています。紫外線を浴びやすい肌にうるおいを与え、透明感のある素肌へと導いてくれます。
    アスタリフト アスタリフトホワイト ローション

    ディセンシア サエル ホワイトニング ローション クリアリスト 125ml

    現在アットコスメでの評価4.2、口コミ総数167件と注目されているのが、ディセンシア サエル ホワイトニング ローション クリアリストです。薬用美白美容液と呼ばれるクリアリストは、しっかり配合された美白有効成分が、メラニンの生成を抑えてくれます。
    ディセンシア サエル ホワイトニング ローション クリアリスト 125ml

     

    効果があると話題のおすすめ美白美容液ランキング

    ハーバー 薬用ホワイトレディ 60ml

    アットコスメでの評価4.5、口コミ総数なんと7292件もの注目を集めているのが、ハーバー 薬用ホワイトレディです。ビタミンC誘導体を6%配合し、笹から抽出されたミネラルエキスを8%配合。ビタミンCとミネラルとの相乗効果により、日焼けによるシミやそばかす、乾燥などの改善に働きかけます。無添加で、さらっとした付け心地のよさも人気を集めています。
    ハーバー 薬用ホワイトレディ 60ml

    ホワイトショット ホワイトショット SX 20g

    アットコスメでの評価4.6、口コミ総数なんと434件と注目度の高い美容液、ホワイトショット SX。美白有効成分ルシノール配合で、シミやソバカスを防ぐ薬用美白美容液です。コクのあるクリームが肌に密着し、美肌有効成分をメラノサイトにじっくりと届けることで、メラニンの生成を抑制してくれます。
    ホワイトショット ホワイトショット SX 20g

    HAKU メラノフォーカス3D 45g

    HAKU メラノフォーカス3Dは、アットコスメでの評価5.3・口コミ総数1041件で、その人気の高さが伺えます。メラノフォーカス3Dは、美白有効成分トラネキサム酸配合で、メラニンの生成をさまざまな方向から狙い撃ちしてくれる3D美白美容液です。明るく生まれたてのような透明感のある素肌へと導いてくれます。
    HAKU メラノフォーカス3D 45g

    DHC 薬用ホワイトニングセラム UV 30g

    アットコスメでの評価5.5・口コミ総数318件と満足度の高さを誇るDHC薬用ホワイトニングセラム。トラネキサム酸を配合しています。美容液・乳液・化粧下地・UVケアがこれ1本で、さらに2,200円とお手頃価格なのも人気の秘密なのかもしれませんね。
    DHC 薬用ホワイトニングセラム UV 30g

    トランシーノ トランシーノ 薬用ホワイトニングエッセンスEX 50g

    製薬会社のシミケア研究開発によって誕生した、トランシーノ 薬用ホワイトニングエッセンスEX。アットコスメでの評価4.6、口コミ総数306件と人気の高い商品です。肌を整え、保湿をサポートする透明感サポート成分EXを配合し、美白有効成分トラネキサム酸もしっかり配合。シミ・ソバカスを防ぎ、みずみずしい素肌へ導いてくれます。
    トランシーノ トランシーノ 薬用ホワイトニングエッセンスEX 50g

    SHISEIDO ホワイトルーセント マイクロブライトニング スポッツコレクター 50ml

    アットコスメでの評価5.5、口コミ総数260件と高い評価を得ているのが、SHISEIDO ホワイトルーセント マイクロブライトニング スポッツコレクターです。メラニンの排出を促すため、肌のうるおいをしっかり守り、ターンオーバーをサポートしてくれます。また、美肌有効成分トラネキサム酸の働きで、シミ・そばかすを防ぎます。キメの乱れを整え、透明感のある輝くような素肌へ導いてくれます。
    SHISEIDO ホワイトルーセント マイクロブライトニング スポッツコレクター 50ml

     

    スキンケアオススメランキング

    美白になるために使いたいおすすめクリーム

    キュレル 美白クリーム 40g

    植物由来の美白成分配合のキュレル美白クリーム。乾燥敏感肌タイプにもおすすめの低刺激が魅力です。潤い成分がセラミドの働きをサポートし、内側からふっくらとしたハリのある肌へ導いてくれます。シミ・ソバカスを防ぎ、くすみを感じない、透明感のある素肌へと導いてくれます。
    キュレル 美白クリーム 40g

    ちふれ 美白 うるおい ジェル 108g

    ちふれの美白うるおいジェルは、美白も保湿も同時にかなえてくれるオールインワン美白ジェルです。洗顔後のスキンケアはこれ一つでOK。トラネキサム酸配合で、シミ・そばかすに働きかけ、透明感のあるしっとり肌に整えてくれます。
    ちふれ 美白 うるおい ジェル 108g

    肌ラボ 白潤冷感美白シャーベット 30g

    紫外線による日焼け後の肌の火照りを優しく鎮めてくれる、肌ラボの白潤冷感美白シャーベット。ハマメリスエキスが毛穴を引き締め、美白有効成分トラネキサム酸が配合されているので、つるりとした透明感のある素肌へ導いてくれます。
    肌ラボ 白潤冷感美白シャーベット 30g

    雪肌精エクストラ クリーム コンセントレイト 40g

    雪肌精エクストラ クリーム コンセントレイトは、しっとり柔らかな肌へと導いてくれる美白クリームです。また、日焼けによるメラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぎます。コクのある濃厚なクリームは、肌なじみがよく、じっくりと浸透し、ハリや弾力のある素肌に整えてくれます。
    雪肌精エクストラ クリーム コンセントレイト 40g

    ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9 15g

    浸透テクノロジーQ(HQ) QuSomeRとハイドロキノン配合の融合により、低刺激でスピーディーな効果を実感することを可能にしたビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9。紫外線のダメージを解消し、透明感のあるなめらかな素肌へと導いてくれます。
    ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9 15g

    アンプルール ラグジュアリーホワイト クリームAO 30g

    ハイドロキノンをサポートする美白有効成分を配合し、リニューアルしたアンプルールラグジュアリーホワイトクリームAO。浸透型コラーゲンやプラセンタエキス配合で、ハリや弾力、乾燥が気になる大人の女性の肌をふっくら透明感のある素肌へ整えてくれます。
    アンプルール ラグジュアリーホワイト クリームAO 30g

     

    美白を守るための紫外線対策

    紫外線の強い時間帯に出歩かない

    美白をキープするためには、普段からの徹底した紫外線対策が必要です。特に紫外線の強い日中は、なるべく外出を控えるのがおすすめ。正午から14時の間は、1日の中でももっとも紫外線が強く降り注ぐため、室内で過ごすように意識することが必要です。

    日焼け止めだけでなく他のアイテムも併用する

    紫外線は肌の奥深くまで浸透し、肌の老化やシミ・そばかすの原因となる厄介なものです。毎朝のメイク前に、必ず日焼け止めを塗ることはもちろん、UV加工されたアイテムを併用して使うこともおすすめです。日傘やツバが広めの帽子、アームカバー、サングラス、ストールなどを活用するのがよいでしょう。

    なるべく日陰で過ごす

    やむを得ない日中の外出時には、なるべく日陰で過ごすようにしましょう。日なたで直接日光を浴びてしまうよりも約50%、紫外線をカットすることができます。ただし、昼間の影は短いので、注意が必要です。オフィス街などの移動であれば、建物などの日陰を選んで歩くようにしましょう。

    日焼け止めはこまめに塗りなおす

    朝に塗った日焼け止めは、汗や皮脂で崩れてしまう場合もあります。日焼け止めを常に持ち歩いて、こまめに塗りなおす習慣を身につけましょう。暑い季節は特に汗を拭くときに、日焼け止めを一緒に拭き取ってしまうことが多いので、外出前に塗りなおすようにするのがよいでしょう。

    少しの外出でも紫外線対策をする

    どんなに短い時間でも油断は禁物です。車や電車での移動時にも紫外線は、常に降り注いでいます。少しの外出にも紫外線対策を怠らず、しっかりと対策をして出かけましょう。

    天候に関係なくUVケアを行う

    曇りだからといって、紫外線が届かないということはありません。晴れの日に比べると、およそ80%もの紫外線が届いているのです。また、紫外線は季節を問わず降り注いでいます。冬だから大丈夫ということはありません。年中を通して紫外線対策を意識しておきましょう。

     

    美白になるサポートをしてくれる食べ物の栄養

    毛穴の悩み全般に効くビタミンC

    レモンやアセロラに多く含まれているビタミンCは、毛穴の開きや黒ずみの改善など、美肌効果の高い栄養成分です。肌の調子を整える、メラニンを薄くする、メラニンの生成を阻害する、皮脂分泌を抑制する、コラーゲンの生成をサポートする、毛穴を目立たなくさせる、高い抗酸化作用などの美肌効果があります。アセロラジュースやレモネードなどで毎日しっかり摂りたい美容成分です。

    抗酸化力の強いアスタキサンチン

    アスタキサンチンには、高い抗酸化作用があるということがわかっています。

    皆さんは、カットしたリンゴをそのまま放置しておくと、茶色く酸化してしまうのを目にしたことがあるでしょうか。これは、リンゴのカットした面が酸素に触れて酸化を起こした状態です。

    くぎや自転車の金属部分などの鉄のサビも同じように酸化したことによってサビが発生しています。物質は、酸化によってサビ(老化)を起こしてしまうのです。もちろん肌細胞も同様で、体内の活性酸素によって、肌の細胞が酸化してしまうことになります。抗酸化作用とは、このサビ(老化)を引き起こす元になる活性酸素を除去する働きがあり、老化を防ぐ効果があると注目されている美容成分なのです。

    ビタミンCやリコピンなどの栄養成分とともに抗酸化作用に優れているのが、アスタキサンチンです。メラニンの沈着を抑え、紫外線による肌の老化を防いでくれます。アスタキサンチンは、鮭やカニ、いくらなどに多く含まれています。

    美白効果のあるリコピン

    高い美白効果があることで知られているリコピン。強力な抗酸化作用とメラニンの生成を阻害する優れた栄養であるリコピンは、トマトやにんじん、パプリカなどに多く含まれています。シミやそばかす、シワなどに働きかけてくれる効果があり、美白には欠かすことのできない栄養素です。毎日のトマトジュースやニンジン、パプリカを使ったスムージなどで積極的に摂ることが大切です。

    メラニンの生成を阻害するL-システイン

    メラニンの生成を抑制し、シミやそばかすに働きかけてくれるL-システイン。さまざまな美白サプリなどにも配合されています。食品では、カツオやマグロ、鶏肉、豚肉、チーズ、しらすなどに豊富に含まれているので、バランスよく食事に取り入れることが大切です。

    肌を白くするのに役立つエラグ酸

    メラニンの生成を抑え、肌を白くするのに大活躍してくれるエラグ酸。シミやそばかすに働きかけるだけでなく、優れた抗酸化作用で、活性酵素を除去する働きもあります。エラグ酸は、いちごやラズベリー、ブルーベリー、ざくろなどのベリー類やナッツ類に豊富に含まれています。フルーツを積極的に摂るようにしたり、ジュースなどにして毎日続けて飲んだりすることが大切です。

    女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボン

    女性ホルモンに似た働きをすることで有名な、大豆イソフラボン。肌をキレイにする働きもある女性ホルモンは、年齢とともに減少していきます。これを補うためにも大豆イソフラボンは、女性にとって必要不可欠な美容成分をいえるでしょう。大豆や大豆製品に多く含まれており、豆乳や納豆、豆腐などを毎日欠かさず摂るようにしましょう。

    サプリメントをうまく活用して補う

    美白に有効な成分は、とてもたくさんあります。ひとつひとつの栄養成分を毎日きっちり食べることは、なかなか難しいもの。食品だけでは、1日の必要量を摂取することができないものや、毎日食べられない食材などもあるでしょう。

    そんなときには、美白や美肌に効果的な成分がしっかり配合されているサプリメントなどで、足りない栄養素を補給するのがおすすめ。サプリメントは、ドラッグストアやコンビニで手軽に購入することができます。

    上手なサプリメントを選ぶときのコツは、必要とする栄養成分がきちんと配合されているかを確認することです。どの栄養成分がどれだけ入っているのかをしっかり理解して、よいサプリメントを選ぶようにしましょう。

     

    美白に必要な正しい生活習慣

    湯船に浸かって新陳代謝を促す

    美白効果を上げるためには、新陳代謝の働きを活発にすることが大切です。新陳代謝には、古い角質が新しい細胞へと生まれ変わり、肌の再生を促す働きがあります。汗をかいて、血行をよくすることが代謝アップにとても効果的。入浴はシャワーだけで済ませず、ゆったりと湯船に使って新陳代謝を促進しましょう!

    肌のゴールデンタイムにきちんと睡眠をとる

    肌のゴールデンタイムとは、ターンオーバーと呼ばれる新陳代謝の働きが、最も活発になる時間帯のことです。夜22時~2時の間がこのゴールデンタイムと呼ばれており、この時間帯に質のよい睡眠をしっかりとることが重要です。リラックスして熟睡できる環境づくりも大切ですね。

    適度な運動で血行をよくする

    適度に体を動かすことは、代謝を高め、血行を促進する効果があります。しかし、運動が苦手な人や時間がないという人も多いことでしょう。

    そんな場合は、時間を気にせず運動ができるように工夫してみるのはいかがでしょうか。例えば、「一駅歩いて通勤する」「エスカレーターではなく階段を使う」「寝る前のテレビタイムにストレッチをしながら観る」など。普段運動する機会がないという人は、ちょっとの工夫で効果的に代謝を高めることもできるのです。

    こまめな水分補給で体の水分量を保つ

    体の老廃物は、水分とともに排出されていきます。水分を補給することは、体内老廃物を流す効果もあるので、こまめに水分を補給することが必要です。

    1日に摂りたい水分量の目安は、2L。ジュースや乳酸飲料などは糖分が多く、カロリーも気になるので、あまりおすすめしません。水やお茶など、カロリーを気にせず飲めるものがよいですね。また、冷たい水ではなく、常温のミネラルウォーターや、白湯などがよいでしょう。

    残業しないで疲れをとる

    毎日の残業が続いたりすると、顔色も優れず、メイクのノリも悪くなってしまいますよね。疲労は、ターンオーバーの働きの低下を招き、肌トラブルを引き起こしやすい体質を作ってしまいます。ターンオーバーが正常に行われなければ、古い角質はたまり、シミやそばかすの元となるメラニンも色素沈着を起こしやすくなってしまいます。

    こうした肌トラブルを引き起こさないためにも、疲労はためないことが重要。忙しくても残業はほどほどに。リラックスして1日の疲れをゆっくりとることが大切なのです。

    ストレスが溜まらないようにアロマなどでリラックス

    現代社会に生きる私たちにとって、誰もが一度は感じたことがあるストレス。ストレスは、自分でも気づかないうちに溜めこんでしまうこともあるでしょう。しかし、ストレスは自律神経を刺激し、皮脂の過剰分泌やターンオーバーの働きを阻害してしまうこともあるのです。

    とはいえ、ストレスを感じないようにすることはできません。重要なのは、ストレスを上手に解消する方法を知っておくことです。例えば、映画を見たり、音楽を聴いたりと自分の好きな時間を定期的に作るなど、自分だけの時間を持つように心がけましょう。

    また、ストレスを溜めないようにするためにも入浴時や睡眠前のアロマでリラックスしてみるのもおすすめです。

     

    内と外からの有効なケアで美白を目指そう

    美白は、すぐにその効果を実感できるものではありません。毎日の正しいお手入れと食生活や生活習慣が、一番効果的です。

    外からのケアで大切なことは、毎日の紫外線対策とスキンケア。UVカットアイテムを上手に活用し、自分の肌タイプに合わせた、美白有効成分が配合されたスキンケア用品を正しく使いましょう。内からのケアでは、美白に効果のある栄養成分をたっぷりとること、十分な睡眠、適度な運動、リラックスした入浴タイム。そして、ストレスを上手に解消できる時間を作ることです。

    体の健康は、美肌に大きく影響しています。心も体も健康になって、シミやくすみのない、明るい素肌を手に入れましょう。

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT