美白になるには美白成分が重要?効果的な美白方法で白肌を目指そう

2017.06.22

美白になるには美白成分が重要?効果的な美白方法で白肌を目指そう

スキンケア

NADECICA編集部
NADECICA編集部

日焼けをしてしまって後悔してしまった経験はありませんか?一度、日焼けをしてしまうと元の肌に戻すのは時間がかかるものです。美白になるには、美白成分の含まれているクリームや食べ物、運動を効果的に取り入れ、内側から輝く白い肌を手に入れましょう。

INDEX

目次

    美白になるスキンケア

     極力紫外線を浴びない

    夏場は紫外線も強いため、こまめに日焼け止めを塗っている人も多いと思います。しかし、日本においても紫外線は一年中降り注いでいます。冬場はもちろん、洗濯を干すときなど短時間でもこまめに日焼け止めクリームを塗るなどし、紫外線に浴びないよう心がけましょう。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    紫外線は曇りの日でも降り注ぐ。季節や天気に関わらず対策をしよう

    代謝を上げるマッサージ

    スキンケアを頑張っても、なかなか効果を実感できないときはありませんか?もしかすると、お肌の新陳代謝がスムーズに行われていないのかもしれません。お肌の新陳代謝が滞ると、くすみなどが目立つようになるので、対策が必要です。

    お肌の新陳代謝を促す効果的な方法の一つにマッサージがあります。左右の目頭のくぼみにあるツボ。このツボを指で数回指圧を行うことで、血行促進とともに代謝を高める効果があります。空き時間など、少しの時間でも簡単に行えるので積極的に行い新陳代謝を促しましょう。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    「マッサージのコツと効果的なやり方」肩こり・腰痛・むくみを解消

    ハイドロキノンを使う

    ハイドロキノンとは、美白成分の1つで、効果は「お肌の漂白剤」と言われるほど、美白効果が高いと言われています。皮膚科や美容整形外科などでは積極的に使用されており、また最近では市販の美白クリームでも配合されているものもありますので、化粧品を購入するときは成分をチェックしましょう。

    ルシノール配合の美白クリーム

    ルシノールとは日本の化粧品会社のポーラが独自開発し、1998年に厚生省から認可された美白美容成分です。メラニンの生成を抑え、シミ予防に高い効果があると言われています。

    美白クリームとはなにか

    シミの原因のメラニンを抑制

    日焼けをしてしまった際、シミなどを引き起こす原因はメラニン色素が肌内に蓄積されるからです。このメラニン色素の蓄積を抑制する働きをするのが、美白クリームになります。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    メラニンを徹底解説。メラニンの構造を理解して、適切な対策をしよう

    日焼けによるシミ・ソバカスを予防

    メラニン色素が蓄積されると、肌内で色素が定着します。通常であれば、お肌が新陳代謝を行うことで色素が元に戻りるのですが、新陳代謝がうまく行われずに正常な状態に肌が機能しないと、シミやソバカスといった肌トラブルとなります。お肌の新陳代謝を促し、シミやソバカスを予防する働きが美白クリームには含まれています。

    美白クリームの選ぶポイント

    美白有効成分が配合されているもの

    シミやソバカスなど、日焼けによる肌トラブルを予防してくれるのが美白クリーム。日焼け後に肌内で発生するメラニン色素の蓄積を抑制してくれる成分や、メラニン色素を除去してくれる成分など様々な美白成分を取り入れた美白クリームがあります。

    市販の美白クリームには、厚生労働省が成分を認可している「医薬部外品」と、認可されていない物があります。認可されていない美白成分だからと言って、美白効果が低いわけではなく美容皮膚科などで使用されるほど高い美白効果をもつ美白成分も多くあります。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    美白成分働きや種類まとめ。有効成分を知ると化粧品選びもうまくなる

    強力なハイドロキノンは肌質に合わせて選ぶ

    美白効果が高いと言われる成分のハイドロキノン。効果が高いため様々な美白クリームに含まれています。ハイドロキノンの配合濃度が高ければ、それだけ美白効果を高いのですが、肌への刺激も強くなります。肌質や肌の状態を考え、自分の肌に合ったものを選ぶようにしましょう。

    顔用体用は使い分ける

    市販の美白クリームには、顔用と体用に分けられて販売されています。顔用美白クリームは、さまざまな肌質を考慮し使用後の肌トラブルが起こらないよう安全性を一番に作られています。

    逆に、体用美白クリームは顔用に比べ美白成分の配合率が低く、コストが抑えられて作られています。商品に記載されている美白成分が同じだからと言って、体用を顔に使用すると販売会社の意図としていない使用方法のため、何かしらの肌トラブルが起きないとも言えません。商品に記載されている使用方法を必ず守り、上手に取り入れていきましょう。

    美白に有効な成分とはなにか

    アルブチン

    多くの美白系クリームに入っている成分で、日焼けによって蓄積されるメラニン色素の生成を抑える効果があります。また、お肌への浸透性も高いと言われています。

    トラネキサム酸

    日本の化粧品ブランドでもある、資生堂が開発した美白成分。元々は、肝斑など治療薬として病院などで処方されていたもので、メラニン色素の生成を抑える効果が高いと言われています。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    トラネキサム酸に秘められたパワー。メラニンを抑えて輝く白い肌へ

    プラセンタエキス

    プラセンタとは、牛や豚などの胎盤が原料となっており、若返り成分とも呼ばれています。肌の新陳代謝を助け、メラニン色素を排出するとともにシミやくすみを予防する効果があります。

    ビタミンC誘導体

    ビタミンC誘導体とは、ビタミンCをお肌に浸透しやすいように成分を変えたもので、抗酸化力があり、シミの予防だけでなく改善にも効果があります。しかし、効果が高いためお肌への刺激も強く乾燥肌の人は、保湿を十分に行うことが必要です。

    顔用のおすすめ美白クリーム

    サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト 30g

    敏感肌は紫外線ダメージを受けやすく、シミやくすみになりやすいだけでなく炎症などの肌トラブルに。外部からの刺激から守る成分を配合し、肌を守ると同時に水分を閉じ込めうるおいを保ちます。また、ビタミンC誘導体が含まれておりシミやくすみのない肌に導きます。
    サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト 30g

    富士フイルム  アスタリフトホワイトクリーム 30g

    「ナノAMA」という、お肌に浸透しやすいように独自の製法で配合された成分が、くすみをケアしながらうるおいのあるお肌に導きます。美白有効成分アルブチンやアスタキサンチンが配合され美白だけでなく、うるおいやハリを保つ成分も配合しているのもうれしいですね。
    富士フイルム アスタリフトホワイトクリーム 30g

    ビーグレン Qusomeホワイトクリーム1.9 15g

    角質の奥まで美白有効成分が届き、長時間効果的に肌内に留まらせることで肌内までしっかり成分が浸透します。ハイドロキノン配合で、紫外線トラブルに働きかけてくれます。
    ビーグレン Qusomeホワイトクリーム1.9 15g

    体用のおすすめ美白クリーム

    イルコルポ ミネラルボディシャインジェル 200g

    プラセンタやハイドロキノン、アルブチンなど美白有効成分が27種類も配合された美容ジェル。伸びの良いジェルで、顔だけではなく体にも使用できます。
    イルコルポ ミネラルボディシャインジェル 200g

    • Private: 堀田薫
      Private: 堀田薫(32)会社員
      3085-1:イルコルポ ミネラルボディシャインジェル 200g

      夏に向けて効果のありそうなボディ用の美白クリームを探していた所、口コミの評価も高く美白に有効な成分がたくさん入っているという事でイルコルポ ミネラルボディシャインジェル を使用してみました。着け心地はさらっとしたジェルでベタつかず夏でも使いやすいです。無添加で肌荒れの心配が無いのが嬉しかったです。サロン生まれの本格的な美白ジェルで安心感もありますしこれからたくさん使って夏を乗り切りたいです。

    Private: 堀田薫さんを0人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    アルビオン ホワイトニングボディミルク 300g

    アスコルビン酸2-グルコシドというビタミンC誘導体の成分が含まれており、お肌にハリやツヤ、透明感のある肌に導きます。
    アルビオン ホワイトニングボディミルク 300g

    マニス ホワイトニングボディクリーム 150g

    美白有効成分であるアルブチンを配合し、顔だけでなく体にも使用できるクリーム。天然成分を使用しているので、うるおいを閉じ込めながら美白へ導きます。夏だけでなく、冬でも乾燥対策として使用できます。
    マニス ホワイトニングボディクリーム 150g

    美白クリームのおすすめのつけ方

    顔用は朝と夜のスキンケアの最後

    基本的なスキンケアの順番として、化粧水、美容液、乳液の順番で肌に塗っていきます。美白クリームは、油分も多く保湿性も高いので一番最後にお肌につけることで、化粧水や美容液、乳液の成分を肌に閉じ込める役目もしてくれます。

    商品によっては、使用方法が前後している物もあるので、使用するクリームの使用方法を確認しましょう。

    体用はお風呂上りに塗るのが効果的

    美白成分が高いクリームを使用してもお肌に汚れや汗、日焼け止めクリームなどがついていると、それらが邪魔をして肌に美白成分が浸透せず効果も半減してしまいます。必ずお風呂で汚れなどを落としてから、美白クリームを使用するようにしましょう。

    美白おすすめの食べ物はなにか

    ビタミンC

    ビタミンCはメラニンの生成を抑えシミの予防だけでなく、できてしまったシミやくすみにも効果を発揮します。日ごろから、口にする機会の多い柑橘系の果物や緑黄色野菜に多く含まれいますので、食べ物や飲み物などから積極的に摂取していきましょう。

    アスタキサンチン

    アスタキサンチンは、高い抗酸化作用をもち日焼けによるお肌のダメージを予防する働きがあります。サーモンやいくら、金目鯛やエビなど主に海の幸に多く含まれており、油と一緒に摂取するとより効果的です。

    リコピン

    リコピンはメラニンの生成を抑えシミの予防に効果的と言われ、トマトやスイカ、ピンクグレープフルーツに多く含まれています。特に、大きいトマトに比べミニトマトは小さいながら1個に多くのリコピンを含んでいますのでおすすめの食品です。

    L-システイン

    L-システインは、美白化粧品などにも含まれる成分でシミ予防に効果を発揮します。L-システインを含む食べ物は多く、青魚や肉類、大豆やナッツ類、はちみつなど比較的タンパク質を多く含む食品に含まれています。

    シミ予防に効果的な成分ですが、多量に摂取するとシミができやすくなり逆効果に…。
    バランスの良い食事を心掛け、上手に摂取していきましょう。

    美白と運動の関係

    血行促進し毛穴が開き、皮脂分泌が適切になる

    美白に効果的なスキンケアや食事などを、積極的に取り入れている人も多いと思います。しかし、スキンケアや食事以外にもより美白効果を実感できるのが定期的な運動です。

    運動を行うことで、血液のめぐりがよくなり肌の新陳代謝が行われます。皮脂の分泌も正常に行われるようになり、シミや黒ずみなど肌トラブルを改善する効果があります。

    有酸素運動が美白効果

    ダイエット目的で、ウォーキングやランシング、水泳などの有酸素運動を行っている人もいると思います。有酸素運動は、全身を動かすことで多くの酸素を体内に送り込み全身の新陳代謝が活発になり美肌につながります。

    また、定期的に運動を行うことで、ホルモンバランスの改善にもつながり健康で若々しい印象を与えることができるとも言われています。女性にとっては、ダイエットだけでなく美肌にもつながり嬉しいい効果がたくさんありますね。

     

    ▼さらに詳しい解説はこちら
    ヨガの有酸素運動の効果を上げるコツ。健康的な体を手に入れよう

    柔軟性を高める運動も美白効果

    有酸素運動などのように、激しく体を動かすことが苦手な人はストレッチやヨガなど柔軟性を高める運動も美白に効果があります。ストレッチを行うことで、血行が良くなり新陳代謝が活発なります。また、固くなった筋肉を伸ばすことで疲労を軽減し、自律神経を整えることで睡眠の質を高めます。

    睡眠の質が上がると、睡眠中に成長ホルモンが分泌し、肌の代謝を助ける効果があります。ヨガなどゆっくりとした動きの運動は、呼吸を意識して行うことで体内に多くの酸素を取り込みます。体内に多くの酸素が行き渡ると血液の循環が良くなり、体内の老廃物を排出する機能が高まり皮膚細胞の活性化に効果が期待できるのです。

    また、最近では室内温度が36度から40度で湿度60%前後に設定された部屋で行うホットヨガも人気。通常のヨガに比べ大量の汗をかくことでデトックス効果が期待できます。

    まとめ:美白有効成分が入った美白クリームを選ぼう
    「美白は一日にして成らず」という言葉あるように、毎日のお手入れや食事、運動などを根気よく続けることで少しずつお肌が変わっていきます。しかし、お手入れの仕方によって効果も大きく変わってしまいます。

    美白成分と一言で言ってもたくさんの種類があります。商品の成分表示をチェックし、毎日お肌に使用する物だからこそ、低刺激・高保湿で自分の肌質に合った物を選びましょう。

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT