ラム肉はダイエット中に食べて良い?痩せる理由やおすすめレシピ

2017.05.30

ラム肉はダイエット中に食べて良い?痩せる理由やおすすめレシピ

ダイエット

NADECICA編集部
NADECICA編集部

ダイエット中でも食べられるお肉のラム肉。ラム肉は他のお肉よりもカロリーが低くヘルシーでダイエットに効果的な栄養素が備わっているお肉です。バランスの良い食事に取り入れてラム肉を食べるだけでダイエットに効果的な栄養素を摂ることができます。

INDEX

目次

    ラム肉ダイエットとは?

    日本ではなかなかなじみのないラム肉ですが、ダイエットに効果的な発揮するお肉です。ラム肉は子羊のお肉でL-カルニチンという成分が多く含まれています。後ほど説明する、このL-カルニチンがダイエットに効果的に作用します。

    ダイエットをすると空腹を我慢することが多いですが、ラム肉はその空腹感を軽減してくれるのでダイエットに向いているお肉なのです。

    ラム肉はダイエット中に食べても大丈夫?

    ラム肉は牛肉と比較してみるとカロリーはおおよそ半分でヘルシーなお肉です。人間の胃の中の温度は38度~40度ですが、ラム肉の場合、44度を超えて脂が溶け始めるので、身体の中でラム肉の脂が溶けません。胃や腸に脂が吸収されずに排出されてしまうので、太りにくくなります。

    野菜と一緒に料理するとビタミンや栄養も摂れるのでおすすめの食材です。

     

    ラム肉に含まれる栄養素と効果

    L-カルニチンの栄養素に期待できるダイエット効果

    ラム肉がヘルシーなお肉と言われている理由は、L-カルニチンという成分にあります。体の中で生成されるL-カルニチンですが、20代前半をピークに体内のL-カルニチンは減少してしまいます。

    L-カルニチンは脂肪酸を効率よくエネルギーに変える支えををする役目があります。これが不足してしまうと脂肪酸をエネルギーへと変えることができなくなり、残った脂肪酸が内臓や皮下脂肪に蓄積されてしまいます。

    L-カルニチンが少なくなると代謝が悪くなり太ってしまう要因となります。この栄養素をラム肉から手軽に摂取できるのはうれしいですね。

    短鎖・中鎖脂肪酸の栄養素に期待できるダイエット効果

    短鎖・中鎖脂肪酸は体の中でエネルギーとなって燃えてくれます。結果として身体が温められ、血の巡りも良くなりダイエットに繋がります。

    身体が冷えて体温が下がると血液の循環も悪くなりますし、脂肪も燃焼しにくくなります。ダイエットの秘訣として身体を温めることはダイエットに最大ポイントとも言えます。

    ビタミンK、ビタミンB6の栄養素に期待できるダイエット効果

    ビタミンKには止血効果やカルシウムを作る手助けや、カルシウムが骨から出ていくのを止める効果があります。血管にカルシウムがくっついてしまうと血液の流れが悪くなってしまうのですが、ビタミンKはそれを防止してくれます。

    ビタミンB6には脂質の代謝をよくして、脂肪肝を防ぐことが期待できます。

     

    ラム肉の種類とカロリー、ダイエット方法

    ラムロース

    子羊の背肉がラムロースです。ラム肉の中で一番柔らかく、人気のパーツです。ローストやステーキとしてよく食べられます。

    ビタミンB群の一種であるナイアシンが多く含まれている部位であり、抗酸化作用で美肌効果や血行促進効果を期待できます。100gあたり227カロリー。

    ラム肩

    ジンギスカンによく使われているパーツで、煮込み料理に適しています。筋が多いパーツになるので料理前に筋切りをする必要があります。亜鉛が一番豊富に含まれているので、抗酸化作用や免疫力を高める効果が見込め、健康的な身体づくりのサポートをしてくれます。100gあたり233カロリー。

    ラムもも

    ラム肉の臭みがもっとも少ないパーツのお肉で、ローストやたたき料理に適しています。脂質が一番含まれていないので、カロリーも一番低い部位です。100gあたり217カロリー。

    ラム肉ダイエットの方法

    ラム肉は日本にあまりなじみがなく普通のスーパーで売っているところは少ないですが、最近ではテレビの影響もあってラム肉のお店が増えたり、大型スーパーでは売られるようになってきたので購入しやすくなってきました。

    ラム肉ダイエットとは、普段の食事のお肉をラム肉に変えるだけです。間違ってもラム肉だけを食べたり、ラム肉以外を食べないということはしないようにしましょう。ラム肉を食べる回数を増やせば良いので、たまに牛肉、豚肉、鶏肉なども食べるようにすると良いですね。臭みが苦手な人はカレーなどのスパイスを入れてみたり、生姜・にんにくなどで臭みを取ってしまうのが良いです。臭みを消すにはナツメグやミントが適しています。

    • SAAYA
      SAAYA(28)フリーモデル
      205-1:ラム肉ダイエットの方法

      ラム肉は臭くて苦手、食べられないという方が多いかと思います。私自身も得意ではなかったのですが、新鮮なラム肉は全く臭くなく美味しく食べられました。なので、苦手意識のある方は、ぜひ新鮮かなラム肉を食べてみて下さい。 味付けを少し濃い目にしてみたり、スパイスなどを使うと、匂いは全く気にならなくなりました。

    SAAYAさんを0人が応援しています!

    SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。

    ラム肉ダイエットのおすすめレシピやメニュー

    基本的なジンギスカン(4人分)

    材料

    ・ラム肩切り落とし(400g)、
    ・玉ねぎ(1個)
    ・にら(ひと束)
    ・もやし(1袋)
    ・人参(1/3)
    ・塩・コショウ(少々)
    ・油(適量)

    レシピ

    1.野菜を食べやすい大きさにカットします。
    2.フライパンかホットプレートに油を入れ、お肉と野菜を火が通るまで炒めます。
    3.最後にタレを絡ませてできあがりです。(タレは市販のものか手作りでも作れます。)

    ジンギスカンは野菜炒めと似た料理なので、野菜炒めをイメージして作れば家でも手軽に作れます。野菜は他にもキャベツ、長ネギ、かぼちゃ、ピーマン、なす、きのこ類、にんにくを入れると栄養満点でおいしくできます。

    ジンギスカンのタレ(4人分)

    材料

    ・醤油(大さじ2)
    ・みりん(大さじ1)
    ・酒(大さじ1)
    ・にんにくすりおろし(小さじ2)
    ・生姜すりおろし(小さじ1)
    ・玉ねぎすりおろし(小さじ1)
    ・はちみつ(小さじ1)

    レシピ

    1.ミキサーがあれば全て一緒にミキサーにかけます。
    2.ミキサーがない場合はすりおろしてください。

    市販のタレも美味しいですが、自分で作るのもアレンジできて楽しいです。アレンジではりんご、オイスターソース、オレンジ、味噌を入れてみてもおいしくなります。焼肉のタレを使うのも手軽で良いですね。

    ラム肉のステーキ

    材料

    ・ラムロースやラムチョップ(好きなだけ)
    ・添える用の野菜(好きな野菜)
    ・塩コショウ(少々)

    レシピ

    1.ステーキ用のラムロースやラムチョップを用意してください。
    2.肉は冷え切った状態ではなく焼く前に常温に戻しておきましょう。
    3.肉に塩・コショウを味付けをする。
    4.フライパンを中火で熱し、ラム肉の脂肪の多い部分から焼きます。
    5.表面に焼き色がついたらホイルで包んで5分待ちます。

    好みがありますが、ラム肉のステーキは中がピンク色のミディアムレアが一番おいしいと言われています。ラム肉のロースには寄生虫の危険が低いこともあり、よくレアで食べられています。塩・コショウだけでも十分おいしいですが、タレを作ってみるのも味が変わっておすすめです。

    ラム肉の赤ワイン煮込み(4人分)

    材料

    ・ラム肉煮込み用ブロック(500g)
    ・玉ねぎ(2個)
    ・人参(2本)
    ・赤ワイン(50ml+300ml)
    ・水(50ml)
    ・塩(少々)
    ・オリーブオイル(大さじ1)
    ・ローリエ(2枚)
    ・○小麦粉(小さじ1)
    ・○ナツメグ
    ・○ガーリックパウダー
    ・○塩
    ・○コショウ(少々)

    作り方

    1.前もってラム肉と赤ワイン50mlをふりかけて1晩漬けておきましょう。
    2.肉に調味料の○を振りかけて下準備をしましょう。
    3.玉ねぎは薄くスライスし、人参は程度な角切りにしておきましょう。
    4.圧力鍋にオリーブオイルを入れ全体になじませ中火にし、肉の両面に焼き色がつくまで焼きましょう。焼き終わったら一回鍋から取り出しておきましょう。
    5.スライスした玉ねぎを飴色になるまで弱火でじっくりと炒めましょう。人参も軽く炒めておきましょう。
    6.水を鍋に入れて鍋にこびりついている小麦粉やスパイスを溶かす。
    7.ワイン150ml、肉、ローリエを鍋に入れて釜をして、圧力がかかってから火を止め、12分加熱して火を止める。
    8.自然に冷めるのを待ってから釜を開け、肉と人参を取り出し残りのワインを入れて半量になるまで煮込みます。
    9.肉と人参を戻し入れ、温めて塩で味を調整してできあがり。

    圧力鍋を使うので赤ワイン煮込みも短時間でできあがります。赤ワインを使っているのでポリフェノールを摂ることができ、強力な抗酸化作用と脂肪燃焼効果を発揮してくれます。さらに便秘解消や血行促進にも効果があり、ダイエットにはラム肉と抜群の組み合わせです。

    ラム肉ダイエットで気を付けること

    ラム肉だけを食べる

    通常食べているお肉をラム肉に変えるだけのダイエットですが、ラム肉以外の食べ物を食べないということはしないようにしましょう。ダイエット中でも栄養バランスは、身体の健康と美容には必要不可欠です。

    ビタミンやミネラルの多い野菜もお肉と一緒に摂って、健康的にダイエットすることが大切です。

    ラム肉を食べすぎる

    いくらダイエットに良くても、食べすぎると太ってしまいます。脂肪の吸収率は低いですがカロリーはあるので、いつも食べているお肉の量程度にしましょう。ダイエットとしてお肉を食べたいなら、食べる量を少し減らすと良いです。

    ラム肉の焼き加減

    前述したように、ラム肉の背ロースは寄生虫がの危険性が低いので、レアでも食べられます。他の部位はそうではないのでしっかりと火を通して食べるようにしましょう。レアが苦手な人や体調の不安な人は、中までしっかりと火を通して食べると良いですね。

    ラム肉はダイエット、美容に効果がある成分が豊富に含まれており低カロリーでヘルシーです。調理方法などもたくさんあるのでバリエーションを変えて、いろいろな料理を作ってみましょう。

    栄養バランスに気をつけて、ラム肉ダイエットを楽しんで

    ラム肉ダイエットの注意点にも気をつけて、栄養が偏らないバランスの良い食事を摂っていきましょう。それが健康的にダイエットを成功させていく秘訣になります。おいしい料理を味わいながらダイエットできるのはストレスもなく、健康的な方法です。ぜひ試してみてくださいね。

    当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

    記事のお問い合わせはこちら

    CATEGORIES

    アイケア&アイクリーム
    EYE CARE & EYE CREAM
    クレンジング
    CLEANSING
    コンシーラー
    CONCEALER
    ボディローション&ミルク
    BODY_LOTION&MILK
    まつげ美容液
    EYELASH_SERUMS
    化粧水
    SKIN_LOTION
    洗顔料
    FACIAL_WASH
    美容液
    ESSENCE
    SNSをフォローして
    最新の口コミをチェック!
    SNS ACOUNT