簡単置き換えダイエット。効果を最大限に引き出すその方法とは。

簡単置き換えダイエット。効果を最大限に引き出すその方法とは。

2017.09.30 / すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

置き換えダイエットといえば、ただ空腹に耐えるというイメージでしょうか?しかし単品ダイエットと違い、食材や食品のバリエーションも豊富でやり方も簡単です。その効果を最大限に引き出す方法を探ります。置き換えダイエットで理想の体を手に入れましょう。

置き換えダイエットがおすすめな人

食事の時間が遅い人

夕食の時間が遅い、食べてすぐ寝るというタイミングで食事を食べると太りやすいということは容易に想像できます。特に仕事の帰りが遅くて夕食がどうしても遅くなってしまう方は、お腹もすいているし、つい食べ過ぎてしまうというかたも多いのではないでしょうか。

しかし、遅い時間の食事内容が特に制限なく、一般的な食事内容で摂取してしまうと血糖値が上がり、脂肪に代わりやすくなります。しかし「何も食べない」というのも栄養不足が懸念されます。

朝食、昼食をしっかり摂って、時間の遅くなりがちな夕食を置き換えにすると「後は寝るだけ」という生活にも馴染みやすいでしょう。

食事の中で夕食がメインの人

一日の最後の食事をゆっくり楽しみたい気持ちは分かりますし、基本的に夕食をメインにしているご家庭が非常に多いことは事実です。しかし、メインなだけにボリュームもあり、カロリーも高くなりがちで多くのかたが一日の中で一番太りやすい食事内容になりやすいです。

この高いカロリーの夕食を置き換えにすることで、かなりのカロリーを制限することができるので、ダイエット効果は高まるでしょう。

簡単な方法でダイエットがしたい人

置き換えダイエットは普通に摂取していた食事を栄養のあるスムージーなどのダイエット食に置き換えるだけの簡単なダイエット方法です。

難しいカロリー計算はいらず、既に栄養のバランスやカロリーが考えられたスムージー、ドリンクなどに置き換えるだけ。置き換えダイエットは料理が苦手なかたほど手間いらずで向いているかもしれません。

短期間で結果が出したい人

置き換えダイエットは短期間での成功例が多いダイエット方法といわれています。特に夕食を普段たくさん食べていたかたが、その夕食を置き換えにすることだけでも効果は期待できるでしょう。

しかし、結果を早く出したいがために「水だけ飲んで済まそう」などの無理な置き換えはNG。焦りは失敗の元、すぐにギブアップしてしまいそうな方法は避けましょう。

結果を出したい人

確実にダイエットの結果を出したいかたにもおすすめなのが置き換えダイエット。ダイエットの方法としても簡単なので続けやすいのが特徴です。

期間やスケジュールを決めて自分のライフスタイルと相談しながら進めてみましょう。お腹が空きすぎたらちょっとだけ太りにくいものを間食するとか、縛りすぎないルールで進めると良いでしょう。

置き換えダイエットのやり方

1日1食置き換える

置き換えダイエットは1日1食、食事の内容をダイエット食に置き換えるというダイエット方法です。置き換えることで摂取カロリーを抑えるというもの。

特におすすめは夕食。朝食は普段から軽めのかたも多く、置き換えてもそれほど影響はしないことが一つ、また、朝食も昼食も1日の活動エネルギーになります。活動エネルギー不足になると体温が下がり結果的に脂肪が燃えにくい体になってしまいます。

夕食後はゆっくりと休むだけというかたも多いので、夕食の置き換えが特におすすめです。

3カ月を目安に行う

一般的に置き換えダイエットを行う期間は3か月間。もちろん置き換えダイエットは行う期間が短いダイエット方法で一月ほどでも効果はありますが、例えば体型が見た目にも「変わった」とわかるほどダイエットしたいと思うなら3か月間くらいは継続したいところ。

また、置き換えダイエットは食べたいものを我慢したり、空腹感があったりと、多少の我慢もつきものです。期間と無理のない目標体重を決めて行うことで継続しやすくなります。目標体重に至らなくても、一旦置き換えダイエットを休憩して、そしてまた目標を決めて始めるといったメリハリも大切です。

スムージーなどドリンクタイプでも噛んで飲む

ドリンクタイプのスムージーなどは数種類の野菜や果物をミキサーにかけた簡単で栄養のバランスの取れたドリンク。ビタミンやミネラル、食物繊維も効率よく摂取ができて置き換えにも大変重宝されます。

しかし、そこにはデメリットも。ドリンクタイプのデメリットは咀嚼しないこと。噛まないことで唾液が分泌されないまま体内に入っていきます。

唾液には栄養を分解して胃や腸の消化吸収を助ける酵素が含まれています。噛まないで唾液が分泌されないことで栄養素が分解されにくく、ただ飲むだけでは上手く栄養を吸収できないことが懸念されるのです。

更に、空腹感が心配な置き換えダイエットのスムージーなどのドリンクタイプのものでもよく噛んでから飲むようにすると満腹感が得られやすくなります。ドリンクタイプでも噛むということを意識してみましょう。

終了後3日は消化が良く低カロリーな食事にする

置き換えダイエットの目標期間を終えた後、急に普通の食事に戻してしまうとリバウンドの原因になってしまいます。ダイエット中の摂取カロリーに慣れた体は飢餓状態です。省エネ状態でエネルギー代謝をコントロールしている体に急に普通の食事のカロリーを摂取させてしまうと、体は脂肪を蓄えようとします。

代謝が省エネ状態のまま高いカロリーを摂取すると、余ったカロリーは脂肪として体に蓄積されるので、結果リバウンドとなってしまいます。

置き換えダイエット終了後の3日間は消化が良くて低カロリーな食事を心がけて、体を徐々に慣れさせましょう。おかゆや雑炊などの回復食や、麺が食べたい場合はよく煮込んだ蕎麦などもいいでしょう。

置き換えていない食事の食べ方

野菜から食べて余分なカロリーの吸収を抑える

置き換えダイエットの置き換えは基本的に1日1食。その他の食事は普段通りの食事ですが、食べ方にもコツがあります。それは、なるべく野菜から食べること。

野菜から食べることにより、野菜に含まれる植物繊維が糖の吸収を抑える効果があります。その結果、余分なカロリーの吸収を抑えることができるので太りにくい体を作る効果が期待できます。

バランスの良い食事を心がける

置き換え以外の食事はバランスの良い食事を心がけること。置き換えダイエット中に栄養が偏っては意味がありません。野菜やタンパク質を中心に摂り、筋肉量が減らないように注意しましょう。

筋肉の量が減っては基礎代謝量が下がってしまい、ただでさえ、省エネモードになっているダイエット中の体がエネルギーを燃やしにくくなります。栄養不足は自律神経が乱れイライラを引き起こしてしまいます。ダイエットが続けにくくなりますので、食べすぎに気を付けてバランスよく食事を楽しみましょう。

よく噛んで食べる

置き換えダイエット中の食事はよく噛んで食べること。よく噛むことで唾液の分泌がよくなり満腹中枢を刺激して、満腹感が得られやすくなります。

また、ゆっくり味わうことで食事のペースが遅くなり、食べ過ぎ防止も期待できます。一回の咀嚼回数を30回を意識してみましょう。

なるべく間食はしない

置き換えダイエット中は、やはり間食を避けることがベストでしょう。一食置き換えることで1日のカロリーを抑えているので、間食でカロリー摂取オーバーしてしまっては意味がありません。

しかし、我慢のし過ぎもストレスになります。どうしても甘いものが食べたくなったり、お腹が空きすぎたときには、糖質や脂質の多い洋菓子よりも、食物繊維の多いあんこなどの和菓子を食べるとか、ダイエット中でも安心して食べられるおやつをチョイスして、満足感を得られるようにしましょう。

置き換えダイエットを続けるポイント

置き換える食品はローテーションさせる

置き換える食品はローテーションさせて、味に変化を与えること。飽きてしまっては続けるのが大変なうえに、偏りがちになる栄養バランスも食材を変化させればバランスが保てるようになります。

置き換えダイエットを続けるためにも食材のローテーションをして、ストレスを溜めずに楽にダイエットができるように心がけましょう。

慣れるまでは2日に1回の置き換えでもOKにする

これまでにダイエットに挑戦したことがないかた、毎食ボリュームのある食事をしていたかたなど、急に自分にとってストイックと思われるダイエットをはじめるときは徐々に慣らしていくのもいいでしょう。

慣れるまでは2日に1回の置き換えにするなど、あまり厳しい規則を作らないことも長続きのコツです。「自分には無理」と思い込まないよう、緩めのルールで始めてみましょう。

飲み会や外食の対策を考えておく

社会人は、付き合いの飲み会も大切です。置き換えダイエット中に飲み会など外食する場合は、夕方にスムージーなどの栄養のあるドリンクを飲んでお腹を満たしておくような対策をして、食べすぎを防止しましょう。

また、お酒の席では太りにくいお酒をチョイス。焼酎やウイスキーなどの蒸留酒はカロリー、糖質共に低いのでお勧めです。また、つまみはお刺身、サラダ、海藻類、焼き鳥など栄養バランスがよく、カロリーが低いものをチョイスするとよいでしょう。

他の食事やサプリで不足しやすい栄養を補う

置き換えダイエットは栄養のバランスが大切です。栄養のバランスが崩れると便秘や冷え性などの原因になったりするので「ダイエットをしているのに痩せない」という結果に。また、ビタミンやミネラルが不足すると肌荒れの原因にもなり、ダイエットを続けることが難しくなります。

置き換えダイエットで不足しやすい栄養は、置き換え以外の食事やサプリを使ってしっかり補いましょう。栄養不足はダイエットのみならず、美容にも影響が大きいです。

自分に合った味と価格の物を見つける

置き換えダイエットを続けるには、価格も大きなポイントになります。市販されている置き換えダイエット用のスムージーや酵素ドリンクなど、種類も豊富ですが、価格が見合わなければ継続が難しくなります。

また、自分の嫌いな味では、ただ苦痛なだけのダイエットになり継続不可能ですよね。味も値段も置き換えダイエットでは大切なポイント。値段が抑えられる青汁などのドリンクに、他の野菜や果物をプラスしてオリジナルドリンクにするなど、工夫をすることで、自分に合ったものを見つけましょう。

空腹感を紛らわす方法

炭酸水を飲んで満腹感を得る

置き換えダイエットを成功させるには、空腹対策は不可欠です。空腹を紛らわせることで、ストレスに勝つことができます。よく使われている方法が「炭酸水を飲む」ことです。

炭酸でお腹を膨らませて、水分も補給するという方法です。炭酸水にレモンなどの柑橘系のものを絞って飲むのもおすすめ。ただし、市販の炭酸系ジュースは糖分がたくさん入っているので注意してください。

脂肪になりにくいたんぱく質を食べる

置き換えダイエット中にどうしても空腹に耐えられなくて「何か食べたい!」という気持ちが抑えられない場合、豆腐や納豆などのタンパク質を食べましょう。ここで負けてご飯やラーメンをモリモリ食べてしまったらもう止まりません。

ダイエット中はタンパク質が不足すると筋肉量が減ってしまい、基礎代謝量が落ちてしまいます。「体が筋肉を欲している」と言い聞かせ、基礎代謝量を上げるつもりで食べてしまいましょう。納豆を一粒ずつゆっくり噛んでお食べるのもいいでしょう。

フルーツを食べる

お腹が空いてどうしても耐えられない場合には「フルーツ」を食べることもおすすめです。フルーツをよく噛んで食べるとかなり空腹感が満たされます。できればリンゴのように固いフルーツがおすすめ。柔らかいフルーツよりも噛み応えもあって満腹感が得られやすくなります。

白湯を飲む

寝る前にお腹が空いてしまったけどカロリーは取りたくないといった場合は白湯がおすすめ。温かいものを飲むことで体温も上がり、眠気も誘います。眠気が来たらベッドに入りそのまま寝てしまいましょう。

白湯を飲むと内臓が温まり消化も助けて体の毒素を排出してくれる効果も。ただし、寝る前に飲みすぎると夜中にトイレに行きたくなってしまいますので、コップ1杯までにしましょう。

お風呂に入る

入浴は体の毛細血管や筋肉に血液が巡り全身が温まります。内臓に血液が集中すると胃腸が活発になりお腹が空きやすくなりますが、全身に血液がいきわたることで内臓の血液が分散され、胃腸の動きが鎮まって食欲を抑えてくれる効果が期待できます。食前に入浴すると、食欲を抑えられます。

また、40度くらいのお湯にゆっくり入ることで副交感神経が優位に働きます。リラックス効果が得られ、空腹を紛らわしながら質のいい睡眠へと導いてくれます。

置き換えダイエットの効果的に行う方法

有酸素運動を取り入れる

置き換えダイエットをより効果的にするために、有酸素運動を取り入れるといいでしょう。早起きして朝食の前にウォーキングや軽めのジョギングなどを30分程度行うと、体が目覚め、1日のエネルギー燃焼効果がアップします。朝時間がないかたは、通勤を自転車にする、駅一つ分歩く、なるべく階段を使うなど意識的に日常に運動を取り入れてみましょう。

ただし、空腹時の激しい運動は気分が悪くなったりしますので控えましょう。特に夜に置き換えダイエットをして、朝食前の激しい運動をしてしまうと、体の負担が大きく気分が悪くなったり、最悪の場合は倒れてしまうこともあります。あくまでも軽めの運動にしておきましょう。

期間を決めてメリハリのあるダイエットにする

置き換えダイエットにはメリハリが必要です。いつまで続ければいいにかわからないダイエットは辛いものです。期間をきちんと決めておきましょう。一般的には2カ月~3カ月ほどといわれています。

置き換えを繰り返し行いたい場合は一定期間時間をおいて再挑戦する、または新たな設定を設けるなど、とにかくダラダラと続けることはNG。目標設定を立ててメリハリのあるダイエットにしましょう。

毎日できる目標を立てて達成感を味わう

置き換えダイエットは毎日の繰り返しです。目標を立てて達成していくことで挫折を防ぎましょう。スマホやアプリを利用して、朝ウォーキングをする。間食をしないなど、その日の目標を記録しておくのも効果的です。食べたものを記録するだけでも効果があります。

毎日の記録をたどることで、もしも決めた目標に達しなかった場合でも反省点は見つけられるはず。毎日の目標をたてて、小さな達成感を味わいましょう。

自分ルールを決める

置き換えダイエットはときには「ご褒美」みたいなものも必要です。あまりストイックになりすぎはストレスが強くなってしまいます。運動したらフルーツを食べて良いとか、昼食をいつもより少なめにしたら、お饅頭ひとつ食べられるなど、自分ルールを決めてもよいでしょう。ただし、ルールが甘くなり過ぎないように注意してください。

短期集中3食置き換えダイエットのポイント

準備期間をつくる

短期集中型の3食置き換えダイエットに挑戦する場合は、準備期間が必要です。いつもの食事内容から急に3食とも置き換えにしてしまったら体調を崩す原因になります。

3食置き換えダイエットをはじめる前の最低3日前からは通常の6割~8割程度に食事を減らしましょう。また、食事内容も野菜を中心にバランスよく摂取して体をダイエットモードに馴染ませます。この準備期間が3食置き換えダイエットを成功させられるかどうかのカギとなります。

期間は3日以内にする

短期集中の3食置き換えダイエットは必ず期間を守ること。期間は最大3日まで。それ以上は健康面に影響が出てしまう場合があります。自分のみで3食置き換えを行う場合は3日までです。それ以上は医師の監修のもとでなければ行わないでください。

復食期間をつくる

3食置き換えダイエット後は必ず復食期間を取り入れましょう。3食置き換え後の体は飢餓状態にあります。いきなり普通の食事に戻すとエネルギーの吸収が良すぎて脂肪を溜め込みやすくなっているのでリバウンドの原因になります。

お腹が空いていても最低3日間は焦らずに重湯や具なし味噌汁などで徐々におかゆ、煮込んだ野菜入りスープなど消化の良い食べ物で復食していきましょう。

置き換えダイエットでおすすめのドリンクタイプ

オルビス プチシェイク

置き換えダイエットといえばオルビスのプチシェイク。シリーズ累計1.4億食突破!大人気の置き換えダイエットシェイクです。食物繊維がたっぷりで腹持ちもよく、約1/3日分の栄養素が配合されて栄養バランスが優れています。

平均1回の食事がおよそ750Kcalとすると、1食約600kcalカットできます。1食196円と低価格なうえに牛乳や豆乳、ヨーグルトを入れてシェイクするだけでダイエット中の不足しがちな栄養素を丸ごとチャージします。味の種類を変えて飽きのこないダイエットを応援してくれます。

優光泉 エリカ健康道場

酵素ドリンク・ランキング1位の優光泉。野菜酵母ジュースでできた酵母菌がダイエット中の体に優しい酵素ドリンクです。保存着色料を使用しない完全無添加、九州の野菜を主に使用している国産野菜100%だから妊娠中や授乳中のかたも安心の酵素ドリンク。原材料100%で自然な甘みが特徴です。

エンナチュラル 植物性プロテインダイエット

エンナチュラル植物性プロテインダイエットは低糖質で大豆イソフラボン含有高タンパク植物プロテイン。カルフォルニア産スーパーフード「アーモンド」、水溶性、不溶性植物繊維をダブルで配合しているので体の中からきれいにしてくれる効果が。

グルテンフリー、コレステロールフリー合成保存料・合成着色料・合成甘味料不使用なので安心。1杯48.5Kcalで低カロリー低糖質でダイエットをサポートしてくれます。

FABIUS すっきりフルーツ青汁

FABIUSすっきりフルーツ青汁は、自然由来の81種類の酵素・野菜不足解消の青汁に生きたまま届く生の乳酸菌が配合されていて美味しく体をすっきりサポート。

ビタミンC ・プラセンタ・セラミド配合でダイエット中の美容もサポートしてくれます。青汁にフルーツが配合されていることで飲みやすく、ビタミン・ミネラルも豊富で不足しがちな栄養をチャージ。美味しく健康的なダイエットを楽しめるドリンクです。

?スリムアップスリム シェイク ショコラ

スリムアップスリムシェイクショコラは1食置き換えはもちろん、コクのあるショコラ味でティータイムにも人気です。1食あたり約195Kcal、ソイプロテイン、乳酸菌やコラーゲン5000mg配合。美容成分プラス、ビタミン、ミネラルなどの成分を一度にチャージできる嬉しいダイエットサポートドリンクです。

ショコラ味の他、抹茶やミックスべりーなどほかにも味が豊富なので、ローテーションで飽きを防ぐのもおすすめです。

酵素女神 酵素女神555

体に負担をかけることなくダイエットを可能にした業界?1とも呼び声の高い「酵素女神555」は酵素400種、美容、健康成分155種の天然植物発酵エキスを使用した安心安全な酵素ドリンク。保存料、着色料無添加で安心な国内生産。

ダイエットをサポートしてくれる栄養素が詰まったダイエット酵素ドリンクです。美容と健康をトータルにサポート。アサイーベリー&ザクロ味で飽きずに美味しく続けられます。

置き換えダイエットでおすすめの固形物タイプ

スリムアップスリム スープ&クラッカー

野菜のおいしさを詰め込んだスープ&クラッカー。美味しさを追求した4種類の味、粒入りコーンスープ、野菜ミックスポタージュ、実入りパンプキン、ポテト入りクラムチャウダーで味のローテーションを効かせて飽きの来ないダイエット生活が可能に。

五穀入りクラッカーと併せて食べることで満足度アップ。20種類の栄養バランスとコラーゲンなど3つの簿用成分配合で体の中からキレイをサポートしてくれます。1食あたり約228Kcalで置き換えにも、朝食、昼食のサイドメニューにもおすすめです。

ヘルシーキューピー玄米雑穀6食セット

ダイエット中も美味しく食べることができる栄養豊富な玄米。お湯を注ぐだけで簡単に食べることができる雑炊セットです。食物繊維、カルシウム、鉄分、7種のビタミンと栄養成分も豊富でドライフートとは思えないしっかりとした味わい。和洋中の6種類の味が楽しめ、辛いダイエットを美味しくサポートしてくれます。

永谷園 冷え知らずさんの生姜シリーズ

永谷園「冷え知らず」さんの生姜シリーズは「あったかい」がコンセプト。働く女性のための生姜を使った温かいパワーで冷えを知らずな体へ導いてくれます。冷え知らずさんの生姜シリーズは種類が豊富で毎日の置き換えローテーションに役立ちます。

DHCプロティンダイエット リゾット

置き換えダイエットに大人気のDHCプロテインダイエットリゾット。1階の食事に必要なビタミン、ミネラルを厚生労働省の定める基準以上に配合。ダイエット中に必要なタンパク質、食物繊維も充実しています。1食192kcal以下の低カロリーで栄養簿バランスも良く、ダイエット中でもしっかり食べている感覚が嬉しい噛み応えのある「DHC発芽玄米」1食約405円で5種のバリエーションが楽しめます。

フリーズドライタイプ、合成着色料、保存料無添加。安心のダイエットサポートリゾットです。

置き換えダイエットにおすすめの食材

発酵食品の納豆

納豆は高タンパク低カロリーの発酵食品。不溶性食物繊維を多く含みます。また、納豆の成分大豆サポニンが脂肪の吸収を抑え、肥満予防の効果が期待できます。また、納豆のネバネバ成分の納豆キナーゼが腸内で善玉菌を増やし、便秘解消の効果が期待できます。

大豆イソフラボンが女性ホルモンの1つであるエストロゲンに煮た働きをするので、ホルモンのバランスを整えて肌ら髪の潤いを保ってくれますので、置き換えダイエットにおすすめの食材です。納豆にオリーブオイルを合わせたり、消化酵素の大根おろしを合わせたり、バリエーションも豊富に楽しめます。

高たんぱくで美容にも良い豆腐とおから

高タンパクで低カロリーといえば豆腐とおから。どちらもビタミン、ミネラルのバランスも良く、調理次第でバリエーションも豊富に楽しめます。おからは豆腐よりも多少カロリーは高めですが食物繊維が豆腐よりも豊富なので便秘解消効果が期待できます。

豆腐はおからよりも低カロリーで大豆イソフラボンが多く含まれています。どちらも高たんぱくな優秀食材。低価格なので置き換えダイエットの強い味方です。

低カロリーで高たんぱくなささみ

ささみはダイエット食としてよく用いられる低カロリーで高たんぱくな肉食材です。ささみは肉の中でもタンパク量が多いので、ダイエット中の筋肉作りに積極的に摂取したい食材です。調理方法は茹でるだけと簡単。野菜と一緒にドレッシングでいただいたりすると栄養のバランスが保てます。

置き換えに効果的ですが、塩茹でだけでは味が淡白なので飽きやすいので、ドレッシングの種類を変えたり味付けのバリエーションを変えて美味しくいただきましょう。

スープに入れるのがおすすめの春雨

春雨は緑豆やジャガイモ、さつまいもから採取されたデンプンを原料としています。春雨10gで35Kcalとカロリーは低く、タンパク質、カルシウム、鉄といった成分が摂取できます。また、春雨は炭水化物で糖質は多めですが、水分を吸収するのでお腹が膨れて腹持ちが良く、ダイエット中の麺類気分を支えてくれる食材です。

春雨はスープに入れて食べるのがおすすめ。春雨入りの暖かいスープは体を温めてくれるので代謝も上がって置き換えダイエットに効果的です。

麺を食べている雰囲気が味わえるこんにゃく麺

こんにゃく麺はダイエット中に麺類が食べたくなった時の強い味方です。ラーメンのスープに麺はこんにゃくにすればカロリーは大幅にカットできます。また、スープだけではなく、パスタの代わりにしてもOKです。バリエーションは麺類の種類だけあります。

こんにゃくはカロリーが低く、グルコマンナンという水溶性食物繊維が含まれています。コレステロール値を下げたり、腸の働きを活発にして腸内のお掃除をしてくれる効果が高く期待できます。

また、こんにゃくに含まれるカルシウムがアルカリ性で体内に吸収されやすい性質があることから骨を強くしてくれる働きがあります。その他の栄養成分はほぼないので、置き換えダイエットには他の食品と組み合わせることが大切です。

自分にあった商品や食材で簡単に確実にやせよう

ダイエット方法の中でも注目度の高い置き換えダイエット。置き換えダイエットはカロリーカットだけではなく、栄養のバランスが大切です。カロリーが低いからといってそればかりに固執しては女性らしいダイエットは出来ません。カロリーよりも栄養のバランスを重視することがダイエットには大切です。

リバウンドしない置き換えダイエットは空腹のストレスをいかに紛らわすかが成功のカギといえそうですね。自分にあった商品や食材をアレンジして1日1食、楽しんで置き換えてください。美味しく食べてきれいに痩せることは夢ではありません。簡単置き換えダイエットで美しい理想の体を手に入れましょう。

 

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル