浮気をしてしまう女の心理。どうしたら浮気を防ぐことができる

浮気をしてしまう女の心理。どうしたら浮気を防ぐことができる

2017.09.30 / すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

男性だけでなく女性も浮気をします。なぜ、浮気をしてしまうのか、どんな時に浮気に走ってしまうのか、浮気をしやすい女性の特徴もありますから、浮気してしまう心理を理解して、浮気を予防する方法を考えましょう。

浮気を繰り返してしまう女性の心理状況

求められている安心感がほしい

女性が浮気をする時には、男性の浮気とは違い、安心感を求めていることが多くなります。自分が必要とされているという安心感を無意識のうちに求めています。今のパートナーに自分の必要性を感じることができなくなったり、パートナーが自分を必要としていないのではないかと感じることで、自分を必要とする相手を求めます。

つまり女性の浮気の場合には体の関係よりも心の関係を求めて浮気をすることが多くなっています。

彼氏が冷たくて寂しい

女性は付き合う期間が長くなっても、付き合った当初と同じように彼氏に接してほしいと望みます。どんなに長く付き合っていても、いつでも自分のことを考えていてほしいと願っています。さらには、その気持ちを態度や言葉現してほしいと感じています。

彼氏が付き合いだした時ほど、自分に接することがなくなってくることで彼氏が冷たくなったと感じ、寂しさを覚えます。彼氏に、いつまでも彼女を大切に思う気持ちがあっても、それを態度や言葉に現されないと、女性は冷たくなったと感じてしまい、寂しさを埋めるために浮気に走ることがあります。

新しい刺激がほしい

付き合っている相手との関係があまりにも慣れ過ぎてしまって、お互いに男女の関係が薄れてくると刺激を求めて浮気に走ることもあります。女として見てもらっているのわからなくなることで、自分の存在感に不安を感じることもあります。自分を女性としてみてほしい、そんな気持ちが新しい刺激を求める行動にもつながります。

女性側だけでなく、パートナーに男を感じなくなってくることで、男性としてみることができる、ドキドキできるような相手を求めたくもなります。

断ることで人に嫌われたくない

女性の心理の中には、自分に好意を持ってくれている男性から嫌われたくないという意識があります。自分に好意を持ってくれている相手に対して、悪い気はしません。少なくとも自分を認めてくれる相手ですから、できればそういった人との関係は保ちたいというのが本音でしょう。

相手に恋愛感情はなくとも大切な相手ですから、できることなら放したくない、もしも、今の彼との関係がうまくいかなくなった時でも、希望があるそんな気持ちもあるのかもしれません。

そのため、恋愛感情がなくても相手に誘われればそれを断らないことも。断ったことで嫌われて、関係がなくなってしまうことに抵抗を感じるという心理も働きます。

彼氏との将来が考えられない

付き合っている彼氏のことがとても好きでも、彼との将来を考えると不安になる、彼との将来をイメージすることができない、そんな時、女性は未来を考えることができる相手を探します。

将来に希望も持つことができるような相手が近くにいれば、好きという気持ちよりも先に将来を考えてそちらに魅力を感じてしまうのも、無理のないことでしょう。

この場合には、浮気といっても本気に近いものがありますから、きっかけさえあれば彼を振って将来を考えることができる浮気相手のもとに行くでしょう。

自分に魅力があるのか確認したい

女性はいつでも、いつまでもきれいでいたい、かわいくありたいと考えています。彼氏がいても自分にも男性から見て魅力のある女性なのか、不安を持っていることも少なくありません。

好きといった感情とは全く別に、自分の魅力を感じるために浮気に走ることもあります。この場合、浮気をすることで自分の魅力を確認することになりますから、浮気相手に対してあまり関心はもっていないのが本当のところです。

浮気をしている女性の兆候と行動パターン

服や下着を新調した

女性も男性も変わりませんが、浮気をする相手がいることで自分に対してある程度自信を持つことができ、自分をよりよく見せたいという心理が働きます。

また、自分をきれいだと思ってほしい、魅力を感じてほしいということで洋服や下着などを新しくして魅力的な自分を演出する行動にでます。

化粧が濃くなった

女性にとっての化粧は、一つの武器のようなものです。自分をきれいだと思ってほしい、そんな気持ちからついつい化粧にも気合が入ってしまうことも。ほとんど化粧をすることがなかったような人が化粧をするようになるということもあります。

逆に考えると、パートナーに対しては化粧をしなくてもよい相手と思っているということでしょう。それだけ関係が慣れたものとなってしまっており、化粧で飾る必要もない相手ということになります。

スマホにロックをかけるようになった

スマホは浮気相手との連絡手段ですから、その中身をみられることはあってはならないことです。そのためロックをかけてバレないようにします。

これまでロックをかけていなかったのに、突然ロックをかけるようになった場合には様子を観察してみた方がよいでしょう。

ため息が多くなった

浮気相手のことを考えている時のため息もあれば、現在のパートナーの行動に対するため息の場合もあります。浮気相手とパートナーを比べて、ちょっとした怒りと残念な気持ちがこもっているため息のこともあります。ため息が多くなれば、それだけ、その場で嫌な気持ちになっていることです。

急に趣味が変わった

女性の中には好意を持った相手の趣味に合わせてしまうということも。これは自分もあなたと同じ趣味を持っているのよというアピールになります。新たな趣味が加わった場合には、その趣味を持った相手に好意を抱いている可能性も高くなります。

更に趣味を口実に出かけることなど多くなってくるようであれば、要注意といったところです。

浮気性な女性の特徴

決断力がなく優柔不断

自分で決断できないような女性は、男性から誘われるとそれを断ることができません。気持ちの中では断るべきだと思っていてもそれを決断することができないため、ついつい男性の誘いにも乗ってしまいます。

日ごろから何かを自分で決めることができない、人の意見に左右されやすい女性の場合には、誘われればそれを断ることができませんから、浮気を繰り返す可能性も高くなります。

こういった女性の場合には、自分からは断ることができませんから、浮気もいつまでも続いてしまう可能性があります。さらには彼に浮気がばれても、浮気相手からの誘いを断ることができないということも考えられます。

ボディタッチが多く親しみやすい

何気なくボディタッチを行う女性がいますが、こういった女性は、男性に勘違いされることも多くなります。その女性は特に、その気がなくてもボディタッチされることで、相手は自分に好意があるのではないかと感じて意識することもあります。

これをわざと行っている女性の場合には、相手を求めているということになりますから、簡単に浮気に走ってしまう可能性があります。

1人では生きていけない依存体質

なんでも人に頼らなければ生きていくことができない女性は、浮気をしやすい傾向にあります。彼氏がいてもちょっとした寂しさなどを感じると他の人に依存してしまいます。これは依存体質でもありますが、極度の寂しがりやとも言うこともできます。

基本的には、女友達にも依存しますが、女友達の場合には、あまりに依存されると面倒になり、はっきりとそのことを言うこともありますし、避けるようになったりします。しかし男性の場合には、女性に依存されることに喜びを感じることもあるため、浮気相手、つまり依存相手には事欠かず繰り返すことになります。

自分に自信を持っている

浮気しやすい女性には、依存体質の人もいますが、逆に自分に自信を持っている女性というのも浮気しやすいと言えます。自分に自信のある人は、自分に自信を持たせてくれる人を求めているとも言えます。自分に自信を感じさせてくれる相手を探しています。

また、自信を持っているからこそ、彼氏との仲が壊れるわけがない、彼が私を離すわけがないという意識があるので、浮気を繰り返します。浮気は、自信を確信するための方法の1つでしかないのでしょう。

更には、自分に魅力を感じる相手がいるということも自身の1つとなっています。それだけ多くの男性が自分に惹かれると思うことも自信へとつながります。

嫉妬や妬みの感情を抱きやすい

嫉妬や妬みといった感情は誰にでもありますが、人によっては必要以上にこういった感情を抱いてしまうことがあります。ちょっとした彼の態度ですぐに浮気をしているのではないか、という感情が芽生え、彼と話しをしている女性に嫉妬や妬みを抱いてしまったります。

実際には、会社の同僚や同級生というだけであっても、嫉妬や妬みの対象となり、彼に対する不信感と嫉妬によって他の男性を使います。浮気といってもこの場合、浮気相手は本命を振り向かせるための道具のような感覚でしょう。

彼が自分を一番好きでいてくれるという、確信を持ちたいという結果、浮気で振り向かせようとします。しかし、浮気をしたからということで彼女に申し訳なかったと思うことはすくないかもしれません。ほとんどの場合で他の男のところに行ったことに腹を立てます。

嫉妬や妬みは、自分が勝手に抱いている感情ですからどこかで自分をセーブすることが大切です。

女性が浮気をしてしまう具体的な理由

彼氏よりもイケメンに口説かれた

彼氏よりもイケメンに口説かれれば、多少なりともなびいてしまうのも仕方のないことでしょう。男性が彼女よりもきれいな女性から口説かれれば、一度ぐらいと考えてしまうのと同じです。ただし女性の浮気の場合には、一度だけならということではなく、イケメンの方が将来に希望を見ることができる、といったように将来を考えてしまいます。

つまり現在の彼氏は、その時点で控え選手となってしまいます。浮気で始まってイケメンとうまくいけば、イケメンをとる可能性が高いのかもしれません。

ただし、相手が真剣ならよいのですが、ちょっとした欲張りで彼を失ってしまったことを後悔しないように気を付けないといけません。相手がどこまで真剣なのか、そもそも口説かれて浮気をしたのであれば、その場限りということが多いでしょう。

相手があまりにも強引だった

女性の本能として強いものに惹かれるというのは仕方のないことなのかもしれません。浮気も相手に強引に誘われれば、その強さに少なからず魅力を感じてしまいます。

男性の強さを感じると同時にそこまで自分を必要としてくれるという、優越感を感じることもあるでしょう。どんなに強引な誘いであっても断ることはできるはずですが、どこかで強引に誘われるということに酔ってしまって、浮気をすることも少なくありません。

結局、強引に誘われて断ることできなかったというのはいいわけということになります。本当に拒否する気があるのであれば拒否することができます。どこかにそんな心の隙があったということでしょう。どこかで浮気に対する願望などがあるからこそ、強引に誘われることで断ることができなかったということになります。

お酒が入って正常な判断がつかなかった

酔いすぎて正確な記憶もないまま、気がついたらベットに入っていたということもありえなくはないでしょう。酔っぱらってからは結局のところ、流されるままになってしまっているということです。

ただし、この時の相手と浮気を続けるようであれば、流されただけでは、済まないでしょうし、判断が付かなかったとはいえません。

お酒での失敗はよくあるような気もしますが、結局は隙があるということです。相手が知り合いであれば日ごろからなんとなく気になっていたということもあります。逆に全く記憶にない相手の場合には、その後のことも考えるとちょっと怖いです。

お酒を飲むなら、適度に、つい飲んでしまうような場合には、最期まで面倒を見てくれる相手のいる時にしておくのが無難です。

性欲を満たしたかった

人にもよりますが、女性にも性欲があります。中には、男性同様に性欲が強いという女性もいます。体の疼きを感じて浮気に走ることもあります。

彼との関係がマンネリ化して男女の関係からは、遠いものとなってくると性欲を満たしたいと感じます。それに対してパートナーが応じることができればよいのでしょうが、そうならないと他で満たさなければならないことになります。

好きな相手に自分の性欲のことを話すことは、恥ずかしいと感じることもあります。自分が満足することができないことを言えずに性欲ばかりが先走ってしまうと結局はそれを満たすために恥ずかしくない相手を探して不倫ということにもなりかねません。

彼氏が浮気をしたのでやり返した

彼氏が浮気をしたことに対して、腹を立て、同じことをすることは珍しいことではありません。自分が感じた怒りを相手にも味合わせたいといったところでしょう。

女性は特に感情的になりやすい生き物ですから、感情のままに後先かんがえることなく仕返しとして浮気してしまいがちです。しかし、この浮気が別れの原因となる可能性もあります。

かれの浮気に腹が立ち悲しい思いをしたのであれば、それを同じように相手に味合わせても彼が同じ思いをするとは限りませんし、同じように腹を立てて悲しい思いをしても、これでおあいこだね、ということにはならないでしょう。

女性が浮気に走らないための予防法

男性が来る集まりに参加しない

女性が浮気に走らないためには、簡単に言えば男性が多く集まるような場には出ないというのが基本でしょう。特にパーティーなどでは、気分が高揚したりして日ごろならなんとも思わない相手に、興味を惹かれてしまうこともあります。

彼との関係がギクシャクしているような場合には、雰囲気にのまれるだけでなく、自分でも男性によって行ってしまう可能性がありますから、そういった時ほど男性のいる場への参加は、避けた方がよいでしょう。

特にたくさんの人が集まる場などでついつい男性に目がいってしまうという人の場合には、男性が集まる場所は避けた方がよい場です。無意識にも男性に目が向いてしまうことは、それだけ隙があるということでもあり、こういったちょっとした仕草などを見逃さない男性は多いですから、恰好の不倫相手となってしまいます。

男友達との交流を控える

男友達はあくまでも友達であって異性して意識していないからといっても、これもわかりません。男友達が突然異性として意識してしまうこともあります。また、いくら友達といっても、付き合っている彼にしてみれば男であることには変わりありませんから、交流を控えることも必要でしょう。

男友達は、身近にいる異性でもあり、浮気相手にもなりやすいですから距離を置くことは大切です。

昔からの仲間でということで男女ともにということかなら、まだ、話はわかるのですが、男友達と限定してしまっているような場合には、ちょっとしたきっかけで浮気に走ってしまう可能性は十分にあります。

自分にはその気がなくても相手がどのように考えているのかもわかりませんから、やはりある程度の距離を置いた付き合いにしていくことが大切な彼を失わないためにも大切です。

露出の多い服装をしない

露出の多い服装は、男性から見れば軽い女とみられがちです。それだけ誘いも多い状態になります。実際に露出の多い服装を好む女性は浮気をしやすいとも言われています。

自分では、そんなつもりはなくても、弾性の方はそういった目で見ますから、男性を引き寄せることになります。また、引き寄せられる男性には、恋愛感情などがあるわけではなく楽しみたいという気持ちだけですから、結局不倫相手をしてしか見ません。

ファッションはそれぞれの趣味といっても、ファッションによる印象は強いものとなりますから、浮気を予防したいのであれば露出は避けた方がよいでしょう。

男を喜ばせる言葉を言わない

女性の中には自然に男性を喜ばせるような言葉を使用している人もいます。興味がある男性ということではなくても相手を喜ばせるような、男心をくすぐるような言葉は、相手に勘違いさせてしまう結果になります。

そもそも褒められたりして喜ばない人はいないでしょうから、特に大人になれば褒められたりすることは、少なくなり、喜びはもちろん、言ってくれた相手に興味を示しても当然です。自分のことをよく思ってくれているそんな気持ちから誘われるのも仕方のないことになります。

男性に対して喜ばれるような言葉はかけない、また、かけるにしても、他の人にも同じようにしていることを見せることが大切です。自分にだけと思うと特別感を感じてしまいますが、他の人にも同じように話していることが分かれば何も感じいないでしょう。相手に特別感を与えないことが大切です。

出かける時は彼氏に報告する

出かける時に彼氏にどこに誰と出かけるのかを報告することは、彼氏に対して、浮気をしていないという報告をしている意味もありますが、それだけでなく自分に対する戒めともなります。

出かけることを報告することで、どのくらいの時間で戻るのかも予想が立てられます。用事の前後に余計な時間を作らないことで浮気予防となってきます。

一度浮気が彼にバレてしまっていると、彼の方も何かに付け疑いの目で、見てしまいます。報告することで自分が浮気してしまうのを予防するだけでなく彼にも安心感を与えることができます。誰と出かけるか迄報告する必要があるのかは、それぞれで違ってきますが彼に報告することは、報告できないような場には、出かけないということにもつながるでしょう。

彼氏に浮気を見抜かれた場合の対処法

非を認めて正直に謝る

彼氏の性格にもよりますが、彼氏に浮気がばれてしまったら、素直に謝ることも対処法の1つです。素直に認めることで反省していることを示すことができます。

謝る時には、言い訳をしながらでなく、まずは謝ることも大切です。言い訳をして謝ったような気になっていても相手に伝わらないことも多くあります。「ごめんなさい」の一言がなかなか言い出せなくて言い訳をしてしまうのもわかりますが、一番に必要となるのはこの言葉です。

また、浮気を認めることで、彼氏に対してもう行わないという意思表示にもつながります。ただし、彼氏が浮気を一切許さない人である場合には、他の方法を考えた方がよいでしょう。

体の関係はないと訴える

浮気が彼氏にばれたといっても、体の関係を持った現場を見られたわけでなければ、仲良くし過ぎたけど体の関係はないと言い張ることもできます。体の関係がなければ、その後浮気相手と距離を置くことで納得してもらえる可能性もあります。

もちろん、あまりにも納得できないような状況での説明は、余計に疑いを濃いものにするだけでなく、信用できない女という印象を残してしまいます。納得できる状況で相談に乗ってもらっていた、ただ、話をするだけの相手で会ったなどの説明もよいでしょう。

また、体の関係はなくても浮気を疑われるような行為に出たことに対して、寂しかったなど、自分だけの問題ではないということもできます。ただし、相手の様子を確認しながら、やりすぎないようにすることが必要です。

別れたくないことを伝える

浮気がばれても、そのことよりも別れたくないことを必死で訴えることも方法です。彼のことが何よりも大切であること、一番好きなのが彼であること、だから別れることはしたくないということを伝えます。

浮気から少しずつ焦点をずらして納得させてしまうこともできます。重要なのは、最も大事に思っているのが彼氏であるということを伝えることです。男性は頼られたりすることに喜びを感じますから、とりあえず許してくれる可能性があります。もちろん、その後の行動には気を付けなければなりません。

別れたくないのになぜ、浮気をしてしまったのかもきちんと言葉で伝えることが必要です。彼にしてみれば言っていることと行動が伴っていないということになってしまいます。なぜそのようなことになったのか、素直な気持ちを打ち合えけるようにしましょう。

2度と繰り返さないことを約束する

浮気を認めても、二度と同じことを繰り返すようなことはしないことを約束することも大切です。二度と浮気しないということは、それだけ彼のことが好きであるということを示すことになります。さらには自分が過ちを犯したことを認めることにもなりますから、約束するのであれば許してくれる可能性も高まります。

ただし、約束したからには、二度としないことも大切です。同じことを繰り返してしまえば、当然ですが、あきれられてしまいます。ちゃんと反省して彼のことが大切だからこそもう二度と行わないようにすることが大切です。しばらくは、それを態度で示すことも大切です。

二度としないことを約束しても、反省している様子が見られなければ、前歴があるだけに彼も疑いやすくなってしまいます。彼に疑われるような行動は控えましょう。

浮気のせいで大切な人を失わないようにしよう

浮気は、少なくとも現在付き合っている相手がいるということです。当然ですが、付き合うことになったのですから、それだけ相手を好きであり、大切に思っているということでしょう。

彼氏を大切に思っているのであれば、流されたり、ちょっとした感情に任せて浮気をして大切な人を失わないようにしましょう。一度失ってから大切な人であったことに気が付いても取り返しがつきません。浮気はあくまでも浮気であって、多くの場合、浮気相手も真剣に考えていることは少なくなります。遊びで大切な人を失わないようにしましょう。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル