結婚できる女性の特徴と効率よく理想の相手に出会うための方法

結婚できる女性の特徴と効率よく理想の相手に出会うための方法

2017.09.29 / 恋愛・結婚

NADECICA編集部
NADECICA編集部

男性が結婚したいと思う女性の特徴を理解し、自分自身を見つめ直してみることによって、男性が結婚を意識する女性に近づくことが期待できます。また、受け身でいることで婚期を逃してしまわぬように、自ら積極的に出会いを求める方法についてまとめました。

結婚できる女の特徴

料理や掃除のスキルがある

男性を落とすためには胃袋をつかめと言われているように、結婚相手の条件として料理のスキルはとても重要で、おいしいものを作ることができる女性の評価は高い傾向にあります。

また、気持ちよく過ごせる空間作りも家庭を築いていく上で大切です。掃除が苦手で整理整頓ができていない女性は何かといい加減なイメージを持たれます。男性は、結婚して家族が増えたときに家庭を守ってくれるのだろうか、という不安を感じてしまうかもしれません。

掃除のスキルがある女性は、何事もしっかり行えるという印象があり、男性はある程度安心して家庭を任せられると考えるでしょう。

他人に対して思いやりがある

他人に対して思いやりがある人というのは、ただ優しくするだけではなく、本当に相手の立場に立って物事を考え、意見が言える人です。

自分の考えを押し付けるのではなく、相手の考え方を理解しようとして、話し合うことが結婚生活においては、重要となってきますので、普段から他人に対して思いやりがある人は、結婚後も家族のことを大切に考えてくれるだろうという信頼感を持たれます。

お金の使い方が常識的

夫婦間でお金の使い方についての価値観が違うと、どんなに愛があったとしても、相手への不満が次第に募ってしまうこととなります。独身のときは自分一人で自由にお金を使うことができますが、結婚すると二人で協力してお金を管理していかなくてはいけません。

男性は結婚したい相手かどうかを判断する項目の一つとして、女性の金銭感覚を重要視している場合があります。お金の使い方は、人間性を判断する材料の一つであり、堅実なお金の使い道ができる女性には安心して家計を任せられると感じるでしょう。

理想ではなく現実的な考えを持っている

普段の生活の中でも現実的に物事を冷静に考えられる女性は、金銭感覚がしっかりしていたり、無駄遣いが少ない傾向にあります。

例えば旅行に行きたいのなら漠然に行きたいと語るだけで行動しない人は、理想だけで行動が伴ってないでしょう。なぜ行きたいのか、いつどこに行きたいのか、予算はいくらまでで、いつまでを目標にお金を貯めるのかなど、具体的に計画を立てて実際に実行できる人は何事も現実的に考え行動できる人だと言えます。

食事や挨拶のマナーがきちんとしている

結婚すれば、相手の親や親戚との付き合いが多くなります。お盆、年末年始などの行事にも参加しなくてはいけなくなりますし、一緒に食事をする機会が必ずあるでしょう。

食事や挨拶のマナーは、それぞれの家庭のしつけを表します。そのようなマナーがしっかりと身についているかどうかは、結婚前にも意外とチェックされている項目の一つです。

礼儀正しくマナーがきちんとしている女性は、結婚して子供ができたとしても、しっかりとしつけができるという印象を与えます。

結婚するために必要な準備

ダイエットやメイクなどの自分磨き

外見は中身を表すと言われるように、引き締まった体や清潔感のあるメイクはその人の人間性を表します。常に運動や栄養管理を心がけ健康的な体型の女性や、自分に似合ったメイクを研究している女性は、日ごろから何事も自己管理ができている傾向があります。

また、「メラビアンの法則」から、人は最初の3~5秒で相手の印象を決めると言われています。視覚情報が55%、聴覚情報が38%、話す内容が7%の割合となっており、出会って話す前には93%の印象が決まってしまうということです。

つまり、顔の表情、体型、服装、髪型などの見た目から最初の印象のほとんどが決まってしまうため、いざ結婚を意識する男性が目の前に現れたときのためにも、常に身だしなみを整えておくことが大切です。

資格や習い事でスキルアップ

自己啓発を怠らず、何か目標を持っている女性は魅力的です。結婚後もスキルアップは目指せますが、時間や経済的に余裕がある独身のうちに資格取得のための勉強や習い事を始めることはおすすめです。

英語、簿記、医療事務などの資格は、実際に仕事に活かしやすいため、現在の仕事のスキルアップのためや、もし結婚後に再就職する場合などにも有利になります。

料理、フラワーアレンジメント、楽器、ダンスなどの習い事は、自分の興味があることを楽しく学べるため、続けやすいでしょう。料理を習っておくことで、結婚後に普通の家庭料理とは一味違った本格的な料理を作ることができると、一目置かれるかもしれません。フラワーアレンジメントなどは本格的にできるようになると、結婚後にフリーで活動したいと思ったときに技術が役立つこともあります。楽器、ダンスなどは交友関係も広がりますし、スキルアップを目指しながらよい出会いの機会も増えるかもしれません。

定期的に貯金をしておく

もし自分が結婚することになった場合、婚約、挙式、披露宴、新婚旅行、新生活などにまとまったお金がかかります。一般的には平均400万円~500万円ほどはかかってしまう計算となります。そうすると、その半分の200万~250万ほどを結婚前に貯金をしておくとよいと言われています。

最近では結婚式や披露宴をしないという人も増えていますし、どこに住むのか、親からの援助はあるのかなどでも大きく必要な貯金額は変わってきますが、どんな相手と結婚するのかも分かりませんし、地域性や両家の考え方の違いがある場合もありますので、できる限り準備しておく必要があります。

金銭的な余裕は、気持ちの余裕にも比例します。まだ結婚する予定がない場合でも、結婚資金として毎月決まった金額を計画的に貯金しておくことで、もし急によい人に巡り合えて結婚が決まったとしても、備えがあるので安心です。

相手の条件は最低限に絞る

結婚相手の条件をいくつも持ち、理想が高くなりすぎるとその条件に見合う相手を探すことが難しくなります。また、条件が高ければ高くなるほど、結婚できる相手に出会える確率も低くなってしまいます。

しかし、とにかく結婚したいから全く条件なしでよいと言っても、心の中では誰でも理想とする条件を持っています。もし妥協して相手を選び結婚した場合は、後々他人の旦那と比べてしまったりして、後悔してしまう可能性もあります。

年を重ねるごとに人生経験が豊富になり、人を見る目も養われる一方で、結婚相手に求める条件が厳しくなってしまい、婚期を逃してしまう女性は年々増えています。

年収、身長、年齢など、ある程度譲れない条件を最低限に絞ることで、効率よく理想の相手を探すことができるでしょう。

色んな男と接して見る目を養う

できるだけ出会いの機会は多い方が、よりよい相手に巡り合える確率は上がります。色んな男性と会って接することで、自分が結婚するときに重視したい条件も見えてくるはずです。

性格、価値観、年齢、職業、収入、学歴、居住地など、自分が結婚するにおいて何を重視するべきなのかを、色んな男性と出会うことのできる時期には冷静に判断できるでしょう。また、自分の価値観が変わることもあります。譲れないと思っていた条件を満たしていない男性だったとしても、魅かれることはあります。

出会いを繰り返していく中で、自分の見る目も養われ、相手に見られることにも慣れていくのです。

結婚したい人におすすめの出会いの探し方

結婚相談所に登録

年を重ねるにつれて、出会いの機会はどんどん減っていきます。結婚相談所に登録することで、お金はかかってしまいますが、本気で結婚したいと思っている真剣な男性と出会うことができます。まず結婚したいと思ったときに結婚相談所に登録することは、どの婚活方法よりも確実でスピーディーであると言えます。

結婚相談所によっては、登録者の求めている条件をふまえて、相性のよい男性を紹介してくれるところもありますので、自分一人で探すよりも効率がよく、時間や手間も省くことができます。

また、登録者も入会するにあたり、身分証、勤め先、年収情報を提出していますので、身元がしっかりとした男性と出会うことができるため、安心感があります。

もし紹介してもらい会ってみて、お断りしたいと思ったときにも、知人の紹介などでは断り辛い場合があったり、その後も何かの機会にお断りした男性に会ってしまう可能性があります。しかし結婚相談所からの紹介の場合はそのような心配はないでしょう。

いい人がいないか親戚に聞く

親戚にいい男性がいないかどうか相談すると、親身になってくれますし、親戚からの紹介の場合、ある程度リサーチしてから紹介してくれることが多いため、安心感があり、社会的にも人格的にも最低限のボーダーラインはクリアしている男性が現れる可能性は高いでしょう。

また、紹介後にも次に会う場をセッティングしてくれたり、何かと世話をやいてくれる親戚は多いかと思います。男女とも積極的に進めるのが苦手の場合は、親戚を頼ることは効果的です。

友人や上司に紹介してもらう

友人からの紹介の場合、最初からある程度相手の性格などの内面的な情報を得ることができ、理解した上で会うことができるため、相手との距離が近い状態からスタートすることができます。

また、友人に交際のことなどについて相談することができ、友人を通すことで直接相手に言えないことも伝えることができるため、お互いの問題を解決しやすいこともメリットの1つでしょう。

上司からの紹介の場合、結婚してからも職場などで面倒を見てくれることがメリットと言えます。また、上司が仲人として根回しをしてくれることもあるため、結婚まですんなりいくケースも多いと考えられます。

趣味のイベントに参加する

結婚相手を探すときに趣味が合っている人を求める人は多くいます。話が盛り上がりますし、もともとの価値観が似ているので意気投合しやすいというメリットもあります。もし結婚した場合、生活を共にするだけではなく、共通の趣味を楽しめるでしょう。
趣味のイベントなどは、インターネットでも簡単に検索して参加することができる時代です。自分の少しでも興味があると思ったイベントに参加することで、同じ趣味と価値観をもった男性に出会う確率は上がると考えられます。

婚活パーティに参加する

婚活パーティは、たくさんの男性に一度に出会えることがメリットの1つです。婚活に費やす時間を短縮することができるため、早く結婚したいと思っている場合は定期的に参加するとよいでしょう。また、結婚相談所に比べるとリーズナブルな場合もあります。

婚活パーティには、参加者限定パーティなど、あらかじめ参加者の年齢、職業、年収などが限定されているパーティもあるため、相手の条件を絞って参加することも可能です。

最近では、パーティだけではなく、婚活ゴルフや、キャンプなどのイベントも多くなってきています。短時間一緒に過ごすだけでは分からない魅力や人柄が見えることもあり、参加者は増えているようです。

婚活パーティやイベントに参加することに慣れると、男性とコミュニケーションをうまく取れるようにもなりますし、今後の婚活にも活かされるでしょう。

女性から彼氏に結婚をアピールする方法

友達の結婚話などを披露する

それなりの年齢になれば、友人にも既婚者がどんどん増えてきます。女性は男性に比べて結婚するタイミングが早いので、彼氏の友人は独身者が多くても、自分の友人は既婚者ばかりという状況になる場合があります。

そういう状況なら、彼氏に自分の友人の結婚話をさりげなく話すことで、彼女もそういう時期なのかと気付き、真剣に考えてくれるようになるかもしれません。

結婚情報誌を購入する

彼氏と結婚したいということをアピールするなら、結婚情報誌を何気なく広げてみたり、本屋で立ち読みしてみましょう。部屋に何気なく置いておくのもよいと思います。

言葉では結婚に触れなくても、そのような雑誌を見ているということは、彼女は結婚したいという意志があるんだということを彼も気付くでしょう。

もし、彼女が自分と結婚したいと思っているのかどうか分からず、プロポーズのタイミングを見計らっている彼氏の場合は、結婚情報誌がプロポーズしてほしいという合図になるかもしれません。

子供が好きなことを印象づける

例えばデートで一緒に歩いているときに、赤ちゃんを見て「かわいいね」と話題にしたり、小さい子に話しかけてみたり、話の中で子供を連想する話題を取り入れるのも効果的です。

子供が好きな女性に対して男性は、家庭的なイメージや、母性を感じることができます。子供が好きということは、もし自分たちに子供ができたときにも安心だと考えるでしょうし、家庭を築き、自分と子供が一緒にいる姿を想像することができ、彼氏は結婚を意識するかもしれません。

将来の目標を語ってみる

私生活においても仕事においても、目標をもっている女性は頼もしく、魅力的です。そんな自分の目標を語ってみることによって、自分をしっかりもっている女性をアピールできます。

どんな家庭を築きたいのか、子供は何人ほしいのか、どんな家に住みたいのかなど、結婚後には二人で未来を作っていく必要があります。お互い共通の目標をもち、助け合うことが必要な状況になったときに、前向きに目標をもって行動できる相手なのかどうかということは、結婚するにおいて重要なポイントとなるでしょう。

思いをストレートに伝える

いずれは結婚を考えていたとしても、そのタイミングがわからない男性や、彼女が自分と結婚したいと思っているのかどうか分からず、踏み切れない男性は多いでしょう。

自分が結婚したいと思う相手の場合、素直に結婚したいという気持ちを伝えてみるのもよいと思います。分かりにくい表現では、男性に伝わらない場合もあります。例えば「ずっと一緒にいたい」と言葉にすることで、自分の意志が伝わり、相手に結婚を意識させることができるでしょう。

結婚するには気合いと根性が大切

女性が今までの人生の中で結婚を意識したことあったとしても、実際に結婚までに至らなかった理由はさまざまです。時期的にタイミングが合わなかったり、自分や相手のどちらかが結婚に踏み切ることができない状況だったり、仕事や金銭的な問題だったりすることもあります。

結婚をするために積極的に行動することで、時間、お金、体力などを思っている以上に消耗してしまうかもしれません。なかなか結果が出ず、精神的に辛い状態になることもあるでしょう。しかし、始めなければ自分の状況は何も変わりません。「結婚したいけどできない」と嘆く前に、後で後悔しないよう、できる限り行動に移してみましょう。

よい出会いや縁を大切にして、結婚について前向きに考え、気合と根性で自ら行動することによって、道が開ける可能性は高まります。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル