まっすぐな人の特徴とは。真似したくなるポイントに迫り好感度アップ

まっすぐな人の特徴とは。真似したくなるポイントに迫り好感度アップ

2017.09.30 / 恋愛・結婚

NADECICA編集部
NADECICA編集部

まっすぐな人といえば、素直で誠実、ピュアでやさしいなど想像するといろいろ浮かびます。人には場面によって多くの顔を使い分けていることもあるでしょう。好感度を上げたり、見習うためにどうすればいいのか、まっすぐな人の特徴から魅力に迫りましょう。

まっすぐな人を探す必要性

恋人候補になるから

誰でも自分の恋人になって欲しい人の条件があるはず。初対面でその人の性格などは分かりにくいので、初めのお気に入りポイントは「外見」でしょう。そこから会話をしていくなかで、その人の人となりが少しづつ分かってきます。

どんなにおしゃれな服を着て素敵な靴を履いていても、その人が思いやりのない自己中心的な性格であったり、時間やお金にルーズな性格だと気づいた時に外見が良いからとそんな人を恋人に選ぶでしょうか。真剣に長くお付き合いしたいと考えたとき、そのタイプの方は選ばないはずです。

誰もが心の中で秘めている思い

素敵な恋人とは、ずっと一緒で幸せでいたいと願いますよね。また浮気もしない人がよいとも願いたいことでしょう。

誰かと一緒に居るということは、相手への気配りも必要。条件を挙げると制限がないですが、一言でいうと人として「まっすぐな性格」の方見極めて恋人にすることをおすすめします。

結婚相手の候補になるから

1980年代後半から1990年代初め頃の結婚相手に求める条件は、性格は二の次で「高身長」「高学歴」「高収入」といわれてました。現代の人達の意識がどう変わってきているかといえば、高収入とまではいかなくても安定した収入があればよく、相手が癒してくれるかどうかを基準としているようです。

昔に比べると現代の方が結婚相手に望むものは、お金や肩書ではなく、シンプルに心が幸せだと感じさせてくれる相手かどうかに変化してきています。結婚相手は人生を共に歩んでいく大切な存在であり、家族になる相手です。

長い人生を共に歩んでいくには、信頼関係が大事で、それにはお互いを信じる勇気が必要。まっすぐな人はむやみにウソをつかないはずなので、結婚相手の候補としてはおすすめです。

結婚は失敗したくないですよね。まっすぐな人を選ぶ他にも結婚を失敗しないためのポイントはいくつかあります。以下の記事では結婚を失敗しないためのポイントについて詳しく解説しています。

仕事ができる人か見極められるから

仕事ができる人かを見極めるポイントがいくつかあり、まず1つ目は「早さ」。仕事でのやり取りの際にはメールや電話連絡が多いですが、その時の回答の早さが重要です。他には論理的であるのもビジネスマンにとっては大切なポイントです。

感情が最優先してしまうと、大きな損害をだしてしまうかもしれません。しっかりと情報を集め、その上で論理的に考え、行動に移すことが出来る人は有能だと会社からも評価されることでしょう。さらに、仕事ができる人の特徴は社交的で異業種の方々との交流もあり人脈が豊富だということ。

人脈の広さはビジネスでも重要

人脈が広いと様々な情報を入手できることで、ビジネスチャンスも大きく広がります。他には、仕事と直接関係がなさそうですが整理整頓ができる人は、思考の整理もちゃんとでき仕事の効率も良いので、できる人と思われているはずです。

まっすぐな男性と付き合いたい…恋愛相談をしたいなら

  

真っ直ぐな男性と付き合いたい!気になっている彼の気持ち知りたいなど恋愛の悩みがあると思います。
ヴェルニでは、電話やメールで簡単に占ってもらえます!有名な占い師によってあなたの恋愛も成就できるかもしれません。

  

「まっすぐな人」と類似の意味をもつ言葉

至誠の人

至誠という言葉は、普段の生活の中では聞きなれない言葉です。この「至誠」の意味ですが、これ以上ないほどに誠実であること。本心で相手に話したり、尽くせば心を動かされない人はいないという素晴らしい言葉です。

この名言は、歴史上でも有名な吉田松陰の言葉です。吉田松陰は、幕末の頃に松下塾という学校で教えていた教育者でした。ただ残念ながら吉田松陰は29歳という若さで亡くなったようですが、生前は自身も「至誠」という信念で人と接したようです。

言霊という言葉があるように、言葉には目に見えないパワーが宿っているように感じます。「至誠」はいつの時代でも人のもつべき基本的な考えではないでしょうか。

誠実な人

どちらかというと「誠実」という言葉は聞きなれた言葉ではないでしょうか。親が子供に「誠実な人になりなさい」といっているセリフをドラマやさまざまなシチュエーションで聞いたこともあるでしょう。

そもそも「誠実」って何

・ウソをつかない

・ひいきなどせずに公平さを大切にする

・他人の気持ちを察した行動ができる

・時間や規則を守る

・物を大切にする

・素直に謝れる

このように多くの意味が含まれている言葉ですが、特に難しいことではなく、少し気を付けて行動すれば誰でもできることです。難しいのはその行動を持続させるということで、それができる人だけが「誠実な人」なのでしょう。

正直な人

「正直」の意味は、ウソやごまかしがないこと、裏表のないことという意味です。子供の頃は素直で正直でいられたのに、大人になるといつも正直ではいられないこともあるでしょう。

社会人として働きだすと、時にはウソも方便でつくこともあります。職種として営業マンの方は少し誇張してしまうことも多々あるのではないでしょうか。その方がインパクトがあり伝わりやすいのかもしれません。

そのウソに悪意があり人を騙そうとしているのであれば、もちろんいけないこと。正直な人とそうでないかの見極めは、ウソをつくかつかないかよりは、誰に対しても裏表なく接している人なのかで判断した方がよいかもしれません。

なお、一般的には理系男子は真面目な人が多く結婚や真剣な恋愛におすすめの相手と言われています。以下の記事ではそんな理系男子について詳しく解説しています。

実直な人

日本語には同義語が多くあります。「実直」とは、誠実で、かげ・ひなたなく、真面目な人のことをいいます。意味は素晴らしいのに、人からあなたは真面目ですねとか、実直ですねと言われると素直に喜べる人は多くないかもしれません。

人の中には真面目、実直な人のイメージは「堅い人」であったり「融通が利かない人」のイメージがあるからかもしれません。昔話のウサギとカメの話を思い出すと、まさにカメは真面目で実直だったので最終的には勝利しました。

この話のように、世の中コツコツ真面目に生きている人の方が最終的には勝ち組になれるのかもしれません。ですので、これから「実直な人」ですねと言われたら素直に喜んだほうがいいのです。

まっすぐな人の特徴

正義感が強い

正義感が強い人は、誰かが傷つくことを嫌うので、まず自らウソをつくことはほとんどありません。約束やルールはほとんど守る。正しいと思うことを、つい周囲の人にも強要してしまい他人から批判されたり気が強い人と見られたり、正義感が強すぎると多少生きづらくなる人もいるかもしれません。

時間を守る

人との信頼関係を築くためには、とても時間がかかります。でも、その大事に築き上げた信頼関係は一瞬にして崩れてしまうこともあります。その信頼関係を築くのに簡単な方法として、時間を守るということがあります。

時間を守れる人は、自己コントロールができる人であり相手の大切な時間も守ることができる人と思われ、信頼されるのです。逆にいうと、時間を守れない人は信用できない人というレッテルを貼られてしまいます。「時は金なり」ということわざもあるので、時間は大切にして有意義に使いたいものです。

ルールや規則を守る

人間は幼い頃からルールや規則の中で生活してきています。それが普通になっているので、ルールや規則があることに疑問をもつことはあまりないかもしれません。ルールや規則を守ることは、社会の中で人とよい関係を築くためだったり、自分を守るためでもあります。

もし、ルールや規則がなかったら、きっと私たちの生活は大変なことになるでしょう。窮屈に感じることもあるかもしれませんが、実はそれがあるからこそ、自分たちが守られていることに気づかなければいけません。

自分に厳しい

自分に厳しいタイプの人でもいろいろあります。自分に厳しく他人には甘いタイプの人は、努力して実績を積むが決して他人には自慢したりすることはないです。

自信はあるが謙虚で、失敗は自分のせいで、成功は周りのおかげと感じている。尊敬にあたいする人格者だといってよいでしょう。

浮気の経験がない

浮気経験がないと聞いただけで、その人はまっすぐで純愛をしてきている人だと評価されるでしょう。世間では浮気のニュースが絶えません。浮気は悪いことであったとしても、実際はポピュラーな出来事なのです。

人を好きになったり興味を持つことは誰にでも起こる感情。ただ、それを行動に移すか止めることができるか、理性で対処できる人格なのかが問われるのです。

浮気をしてしまうのか、どんな時に浮気に走ってしまうのか、浮気をしやすい女性の特徴もあります。以下の記事では浮気してしまう心理を理解して、浮気を予防する方法について詳しく解説しています。

人を信じる勇気がある

人を信じるということは簡単そうに思われがちですが、実はとても難しいこと。例えば、その人を信じれば自分も窮地に追い込まれるかもしれない状況下にいたとします。

そんな時に、相手のことを信じる勇があるということは、自分自身のことも信じている人にしかできないことです。自分を信じているからこそ、その判断ができるのでしょう。

お金のトラブルがない

お金と人間の生活は、切っても切り離せない関係。お金があることで日々の生活が送ることができ、健康を守ることができます。しかしお金は、使い方によっては自身を厳しい状況に追い込んでしまうこともあります。

お金のトラブルに巻き込まれないように、早くからお金の使い方や運用の仕方を学ぶ必要があるでしょう。お金のトラブルがないという人は、自分の気持ちをしっかりとコントロールできる人といえそうです。

真面目である

真面目という言葉はよく聞く言葉です。真面目とは、ウソやいい加減なところもなく、いつも本気でいること。信用できる人だと社会からも評価されている人が多いでしょう。

真面目な人は無口なイメージですが、無口でも存在感があり、いざという時に頼りになるので、一目置かれている人も多いでしょう。

恋愛は順番を守る

恋愛の始まり方は人によってさまざま。友人関係から次第に相手を好きなり、恋愛に発展する場合もあれば、一目惚れをしていきなり恋愛が始まることもあるでしょう。付き合いだしたらお互いのことを何でも知りたいし、一緒にいるだけで幸せという時期に入ります。

しかし、中には付き合う期間がないまま、いきなり結婚されたという方もいるかもしれません。そういうパターンもありますが、まっすぐな性格の人はきっと恋愛も順番を守って、安全な恋愛をしていくはずです。

恋愛に情熱的なものを求めたくなり、そんな安全な恋愛に物足りなさを感じてしまうこともあるかもしれませんが、熱しやすく冷めやすい恋愛よりも長続きする可能性を秘めています。

身近な人にやさしい

人に優しくするのも時々なら無理せずにできます。ただ、日常生活で毎日意識してやっていると疲れるかもしれません。

身近な人となると、恥ずかしさから、なかなかやさしくすることができない人もいるでしょう。そこを身近な人にでも自然とやさしくできる人は、本当に心根がやさしい人なのです。

気配りができる

自然に気配りができる人は、そんなに多くはないかもしれません。中には打算的な考えが働き、その場だけ気配りができる人になりきる人もいるでしょう。

本当に気配りができる人とは、常に周りを意識していて何かに困っていそうな人がいたら、その人がして欲しいことを察して先に行動を起せる人のことをいいます。

本音をいえる友人がいる

社会人になると、「本音と建て前」をよく使うことがあります。立場上、その場の状況で建て前で話せなければいけないこともあるでしょう。欧米や他の国ではもっとラフに立場関係なく、自分の意見が言えることもあるかもしれませんが、日本人は立場が上の方には特に本音を言うことは難しいかもしれません。

そういう堅苦しい社会で生きていると、本音で話せる友人がいてくれるだけで、どんなに救われることでしょう。現代は、SNSという便利なツールがあるため、いつでもどこでも話し、情報を共有できます。中には、そんなもので人間関係が築けるわけないと考える人もいるかもしれませんが、どんな方法でも本音を言える友人がいるというのは幸せな事ではないでしょうか。

何事にも全力をつくす

世の中には自分に甘い人は意外に多いでしょう。楽することを覚えてしまうと、100%の力を出さなくても、70%でも満足してしまうようになります。

でも、誰も見ていないところでも100%の力を出し尽くすことのできる人は少なからずいるのです。どんな小さな事でも自分の力を存分に発揮するという誠意を感じますね。

人前で泣ける

人は年をとると、涙腺が弱くなってきたといい涙することがあります。年を重ねると、いろんな経験をしてきたことで人に対するありがたさや、感謝の気持ち、また人の痛みなども分かってくるようになるからです。

それにより、感情も豊かになり、年をとることで心が純真になっていくのかもしれません。人前で泣ける人は、心が優しく感情も豊かな人なのでしょうね。

自分の非に気づく事ができる

自分の非を認めることは勇気のいること。特に自信があった時は、より精神的なダメージはきついものです。例えば、仕事上で間違いに気づいたとしても、見て見ぬふりをする人もいるはず。しかし、いつかはバレてしまい、結局大きな損害を出すことになるかもしれません。

かけ間違えたボタンが自然に元に戻ることはないのですから、気づいた時点で早めに対処する方が結果的には小さなミスで済み、被害も小さく済むはず。自分の非に気づき早めに対処できる人は、最終的には勇気のある人だと評価をされるでしょう。

まっすぐな人の短所

騙されやすい

騙されやす人の特徴には、お人好しな性格があげられます。お人好しな人は人に幸せになってもらいたいので、困っている人がいるとつい助けてしまいます。

それはとても立派なことですが、あまりにも度が過ぎると金銭のことまで助けてしまい、結局相手にいいように利用されて騙されてしまっていたということにもなりかねません。まっすぐな人は、自己犠牲を自らしてしまうことがあるので、気をつけたいところではあります。

臨機応変な対応が苦手

まっすぐな人は、臨機応変な対応が苦手な人が多いようです。責任感が強い性格なため、全て自分で背負いこみ、処理しようとしてしまうのです。

仕事など突発的に入ることもありがちですが、そんな時に誰か他の人に頼めばスムーズにいくことであっても頼めない性格なので、結果自分だけがつらい思いをすることになるのです。

反論できない

反論できない人の中には平和主義の人もいるでしょう。平和主義だと、相手に反論するとその人が不愉快になるのではないか、またその人との関係が壊れるのではないかとか考えてしまいます。

自分の気持ちより他人のことを先に考えてしまうのも特徴の1つ。自分が我慢すれば丸く収まると考え、自身の気持ちを抑えてしまいます。まっすぐな人は、自分に厳しく人にやさしいため、中には気が弱いのだと勘違いされることもあるでしょう。

ただ、まっすぐな人は気が弱いのではなく、自分より人のことを先に考えるやさしい人が多いようです。

本音を言って相手を傷つけやすい

まっすぐな人は基本的に、白・黒はっきりさせたい性格の人が多いでしょう。少し不器用なので、相手に何かを伝える時に本音で話してしまい、悪気はないのに知らない間に人を傷つけていたこともあるかもしれません。

本音を話すのはよい事ですが、その時の状況や話し方、言葉の選び方などで人を傷つけることがあります。ちょっと気を付ければ問題はないのですが、まっすぐな人はそういうところが少し鈍感なのかもしれません。悪気はないのは分かるので、何度か接するうちにその誤解もとけるでしょう。

常識がない人が苦手

十人十色といわれているくらいなので、常識がない人は意外といるかもしれません。子供は常識を習っている最中なので、常識がなくてもしょうがないで済みますが、大人で常識がないとなかなか寛容に許してもらえません。

例えば、あいさつをされたら知らない人でもあいさつをするというのが暗黙の常識であるところもありますが、仕事仲間であってもあいさつができない大人がいるというのです。そういう人とのやり取りや、非常識な方は迷惑をかけることもあるため、まっすぐな人はそういった人を苦手に思うようです。

まっすぐな人の恋愛の特徴

聞き上手

聞き上手になるのは簡単ではありません。何故なら人は自分のことを知ってもらいたいので、聞く側より自分のことを話したいという人が多いからです。また、ただ聞いていても聞き上手ということではありません。

相手が気持ちよく話せるように、タイミングよく相づちをうったり、聞いている時の態度や表情にも気をつけなければいけません。それが出来たら、相手から信頼されるでしょう。

感情表現が豊か

恋愛関係になると言葉で気持ちを伝えるということは、とても重要なコミュニケーションの1つ。恋人から毎回同じ言葉をかけられるより、いろんな言葉をかけてもらった方が新鮮で感動があるからです。感情表現が豊かな人が恋人だと、楽しい時間が過ごせそうですよね。

まっすぐな人は不器用だけど、人を気づかうやさしさがあり、ウソがなく本音で話すので、その言葉には心がこもっています。少しくらい不器用でも、きっと相手に伝わるでしょう。

駆け引きをともなう恋愛は苦手

駆け引きのある恋愛をスリルがあってなんだか格好がよいという人もいるかもしれません。ただ、実際にはそんな恋愛をすると疲れてしまうだけで、本当の恋愛はできないかも。計算した恋愛関係を楽しむことができるでしょうか。

常に駆け引きのために演じていなければいけないことや、ありのままの自分を出せないので、どこかで行き詰ってしますはずです。駆け引きというのはうそをつきながら行うこと。そういう恋愛はまっすぐな人には不向きであるといえます。

嘘をつかれたことに気が付かない

まっすぐな人は、人を疑うことをまずしないので、ウソをつかれても気づかないことがあります。詐欺にあいやすいタイプといえるかもしれませんが、そこは注意したいものです。

恋人となると特別な存在ですから、その人を疑うなんてまっすぐな性格の人ではまずありえないでしょう。ただ、ウソはウソでも時と場合により必要な時もあります。

例えば、病気の人に真実を伝えずにウソをつく場合などです。その時のウソは、愛があるからついてるので例外ですよね。極端ですが、そんな時には気づかない人の方が幸せと言えるでしょう。

一途に相手を思う

まっすぐな人は、恋愛だけでなく何事にも一途。物を大切にして長く使うとか、仕事を任されたら最後まで全力でやり抜くなどまっすぐな人の特徴です。

愛した人をただひたすら愛し続ける、まっすぐといえば周りが見えずに盲目になっているようなところもあるかもしれませんが、愛されている人にしてみたらとても幸せな事。年をとってもぶれずに愛し続けてくれるでしょう。

まっすぐな人になる方法

相手の意見をきく

まっすぐな人になるためには、相手の意見をしっかり聞けることが条件です。人は、基本的に自分の考えが正しいと思っているところがあります。しかし、人の意見を聞くことでそれが間違いであり、正しいことであるということに気づくことができます。

相手の意見を聞く時には、自分の立場や相手の立場など関係なく、素直な気持ちで聞く必要があります。童心に戻って相手の話を聞くことで、受け入れることや認めることができ、大きく成長できることでしょう。

自分の感情を言葉で相手に伝える

まっすぐな人になるためには、感じたことを素直に自分の言葉で伝えられる人になる必要があります。大人になると、恥ずかしさから感情をごまかしたり、言葉にしなくても分かってもらえるだろうと、勝手に思い込んでしまうこともあるでしょう。

しかし、どんなに身近な存在であろうとなかろうと言葉にしなくては、相手が何を考えているのか分かりません。言葉で表現することはとても大切なことです。

感謝の言葉をいうように心がける

まっすぐな人になるためには、感謝の言葉もさらっといえるようになることが大切。感謝の言葉を伝えられて喜ばない人はいません。

自分がしたことで誰かが喜び、礼を伝えられたら、その人は自分を誇りに感じるかもしれません。感謝を伝えることによって両者が幸せになれますし、その幸せの輪は他にもどんどん伝染していくでしょう。

まっすぐな人を目指そう

まっすぐな人には多くの素敵な魅力があります。完璧な人はいないので長所も短所もありますが、それがその人本来の形なのです。人は死ぬまで成長でき、今この場からでもできることとして、感謝の言葉を伝えたり、相手の意見をちゃんと聞くようにするなど、難しく考えずに行動を起こすことが大事。

急に変えるとストレスになるので、楽しみながら毎日小さな一歩を踏み出し、思い描いている人に近づいてみましょう。

 

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル