心の隙間を埋めてくれるソフレ。あなたには必要ですか

心の隙間を埋めてくれるソフレ。あなたには必要ですか

2017.09.30 / すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

寂しいとき、仕事で怒られたとき、人肌が恋しいとき、そんな時に一緒に添い寝をしてくれるソフレがいたらどんなに嬉しいことでしょう。ただ添い寝をするだけの関係のソフレは、自分と相手の都合が合えば心を癒してくれる存在です。そんなソフレをどのようにして作ればいいのか、考えていきましょう。

ソフレの基本ルール

一緒に添い寝をするだけ

付き合っていない、セックスをしない、添い寝するだけの関係。でも、手をつないだり、抱きしめあったり、同意があればキスもしたりする、これがソフレです。

約束や責任、しばりもありません。体の繋がりがないので、とても都合のいい関係です。そして、居心地のいい関係、家族といるような安心感があります。お互いに恋人が出来たら簡単に関係を解消したり、自然消滅するケースが多くあります。

友達以上恋人未満、深く信頼できる友達にもなります。好きな人だと気にかけてしまいますが、ソフレはお互いに干渉しないので便利、寂しい時や癒されたい時に添い寝する関係です。

互いのプライベートには干渉しない

ソフレは互いに干渉しないので、昼間相手が何をしているのか全く知らないことが多くあります。会いたい時にだけ会う、寂しいときだけ添い寝する、都合がよく気楽です。相手と自分の都合が合わなければ、無理して合わなくてもいいのです。プライベートなことについては、相手が言い出さない限り、こちらからは興味本位で尋ねることはしません。相手のことを何も知らない、という関係も多くあります。

ソフレの思いやりとは、干渉しない事。見返りを求めずに、相手が求めていることを行うこと、基準が自分ではなく相手に置かれています。これらのことは、完璧に実践することは難しいので、相手の立場にたってみることから始めてみてはいかがでしょうか。案外心地良いものかもしれません。

本命の彼氏や彼女がいてもOK

お互いに彼氏や彼女がいても、ソフレを作っている男女は以外と多くいます。こうした人たちは、浮気をしているつもりは毛頭なく、自分たちが癒されたり、違った快楽を得るためにお互いにお互いを必要として楽しんでいるだけ、といった感覚なのです。罪悪もほとんどなく、本当の浮気よりはずっと軽い気持ちを持っています。浮気に入るかどうかといえば、限りなく黒に近いグレーゾーンです。セフレやキスフレと比較すれば健全なのかもしれません。

しかし、最初は心を満たすためと割り切っていても、心が変わり本当の恋人になれないかと思い、スキを見つけて取り入ろうとすることもありえます。自分の気持ちを強く持っていないと、関係は壊れてしまいます。

セックスは禁止

ソフレはお互いに安心感を得るため、隙間を埋めるための関係です。彼女や彼氏と頻繁に会えない、相手が忙しくて、して欲しいことなどを言い出せないなど、添い寝をするだけで安心感が得られ、細かいことは考えなくていいので楽です。

一緒に添い寝をするだけの関係ですが、人によっては手をつないだり、抱きしめたり、キスをしたりは、お互いの同意があればする場合があります。肉体関係がないので、体が目的じゃないと感じ安心することが出来るし、大切にしてもらっている感じがします。

セックスをしたらソフレではなくなるので、そこで関係は終わります。セックスをしたくても欲望を見せない事です。最終的に恋愛に持ち込みたいという野心がある場合でも、押し隠すこと。下心が少しでも見えてしまえば、相手があなたをソフレにする意味がなくなってしまいます。

同意があればキスもあり

一緒の布団に入って眠るというのは、相手に対してある程度好意を持っていないとできない事です。なので、一緒に眠る回数が増えてくると好意を持ってしまうこともあり得ることです。ソフレは基本的に添い寝をするだけですが、お互いの同意があればキスもありになります。

しかし、キスをしてしまうとそれから先に発展してしまう可能性があるので、慎重にしなければなりません。もし、好意を持ってしまったら辛くなるだけです。

好意を持ったら関係を解消する

ソフレは一緒に眠るだけの関係なので肉体関係はもちません。しかし、自分が嫌だと思っている人をソフレには選ばないので、少しでも好感が持てる人を選ぶことになります。数回、同じ布団で眠ると、好きという気持ちが芽生えてきても不思議ではありません。

しかし、ソフレを作る男性は、今後もソフレを作り続ける可能性は大きいものです。本気で好きにならない、のめり込んでしまわないように、最初に相手を選ばないと後で自分が精神的にダメージを受けることになります。もし、好意を持ってしまったら、ソフレの関係を解消し、友達になった方がよいでしょう。そうしなければソフレとは言えなくなってしまいます。

ソフレを作るメリット

肉体的なリスクがない

ソフレは添い寝をするだけの関係なので、恋人とは違ってセックスはしません。セックスがないので、肉体的なリスクはありません。疲れていても相手が要求するからとか、妊娠したのではないか、病気をうつされたのではないか等、思い悩むことはありません。

今日は彼女と過ごしたいな、と思う日があっても、セックスはしたくないと考える男性も多くいます。彼女がいることで束縛されたり、自由を奪われたりするのが煩わしいと感じたり、嫉妬などめんどくさいと感じる男性が増えています。ソフレは一定の線引きがあるので相手に入り込み過ぎることはないので、あえてソフレを作るという人もいます。

辛い別れを経験しなくて済む

辛い別れを経験すると、もう恋愛はしたくない、と思うようになるかもしれません。しかし、時間がたつと寂しい気持ちが募ってくる時があります。そんな時に添い寝をするだけ、肉体関係のないソフレは寂しさを埋めてくれる友達になります。

話を聞いてもらえるだけで救われる時もあります。肉体関係がなく、恋愛感情がないので、別れるときは簡単で楽です。恋人になると身も心も相手に尽くしているので、別れるときはとても辛くなります。ソフレは、辛い別れを経験しなくて済むのです。

ストレスが解消される

添い寝の癒し効果は半端なくいいものです。添い寝をすると大事にされている感が相手から伝わります。会えば体目当てでしかない関係からは得られない感覚です。

ソフレは恋愛感情がないので、彼氏や彼女に言えない事でも言うことができます。これを言ったら嫌われるかも、と思わなくても、自分の思いを伝えればいいのでストレス解消になります。大人になればストレスはたまります。一番のストレス解消はその原因を誰かに話すことです。ソフレは、話を聞いてくれるのでストレスが溜まってもすぐに解消することが出来ます。布団に入りながら嫌なことを思う存分話して、そのまま寝る、大切な二人の時間です。

寂しさを紛らわせる

ソフレは男女の深い関係は持たないのが前提なので、異性と一緒に寝ても、罪悪感やうしろめたさも味わずに寂しさを紛らわせることが出来ます。一人寝は寂しいと思う人から見れば、ソフレの存在は魅力的で、誰かが一緒に寝てくれるということの喜びは大きいものです。また、ゆっくりと人のぬくもりを感じることが出来ます。恋愛はしたくないけど寂しく感じる夜はソフレがいると助けられます。

安眠効果がある

ソフレに優しくなでてもらいながら添い寝をすると、オキシトシンやドーパミンが分泌されます。新しいセラピーとして添い寝は注目されています。肌と肌が触れ合うことで、脳からは癒し効果や、精神安定効果のあるホルモンが分泌されます。そして、精神的な安定が生まれたり、幸せに感じることが出来また、安眠効果があります。

ソフレは、男と女の関係を持ちたいと思うほど性欲のない人にとっては、手っ取り早いメンタルケアの一つになります。人肌が恋しい、なんとなく寂しい時は、一緒に寝るだけで心が癒されます。

セフレやキスフレより気軽に作りやすい

ソフレはセフレなどと比べて、友達同士からでも発展しやすい関係なので作りやすいです。普通の生活でも合コンや習い事など、彼氏を作りたい時と同じアプローチで構いません。彼氏になるかソフレになるか、それが違うだけです。セックス目的の男性ばかりでなく、純粋に寂しい心を満たしたい、という目的の男性は少ないですがいます。

身近にソフレの関係になれるような人がいない場合は、ネットの掲示板が出会いの一番の近道です。ネットは、顔の見えない文章でのやり取りなので、事前に理想を伝えやすく、会ったときにお互いに希望のズレが少ないと言われています。最近のネットの掲示板は、きちんとした会社が長年運営していて、年齢認証などもしっかり行っているので安心できますが、良く調べてからにしましょう。

ソフレを作るデメリット

何かあった場合は自己責任になる

ソフレは、肉体的な関係は持たないという前提から関係が始まります。金銭的なやり取りはないので、体を売ることにはなりません。相手の同意があれば成立します。もし、襲われたとしても和姦が成立しますので、相手は慎重に選ぶことです。何かあった場合は自己責任になるということを、忘れないようにしましょう。

女性側は単純に、添い寝してほしいだけと思っていても、それを理解できる男性はまだまだ少ないです。男性にもしっかり添い寝だけの意思を確認することが大切で、自分の気持ちが揺るがないような心構えが重要です。安易にソフレを作ったせいで、何か大切なものを失うことになるかもしれないリスクを、忘れないでください。自分の身は自分で守ることを忘れないように。

自分や相手の都合が合わない場合がある

ソフレは、長く続けられる関係ではありません。責任を負う覚悟なんてありません。恋人ではないので、自分と相手の都合が合わなくても、無理して合わせることはしません。お互いの都合が合う時だけ会う関係なので、時にはなかなか会うことが出来ない時もあります。

お互いに縛りがないので、強制するようなことはできません。長く都合が合わないと、自然消滅になる場合があります。そういう事をを理解しておかないと、少しずつ相手とズレが生まれてくるかもしれません。

個人情報を知られてしまうリスクがある

ソフレは添い寝をする関係なので、眠っている間に私物などを見られ、個人情報を知られてしまうリスクがあることを想定しておくことが大切です。自宅で一晩過ごす場合は、見られてはいけない物、貴重品などはきちんと管理しておくことをおすすめします。

後で嫌な思いをしないように、相手を選ぶときは慎重にならないといけません。また、気を許してしまい、個人情報など自分に関する大事なことをしゃべり過ぎないように気を付けましょう。あまり自分のプライベートを話してしまうと、関係を解消したときに困ることになるかもしれません。

好きになってしまうと辛い

一緒に寝ることで、信頼関係を築き、安心感も生まれます。それが、ある日突然、恋愛感情に変わってしまう場合があります。特別な異性として意識してしまい、一緒に寝るだけでは物足りなくなり、必要以上に求めてしまうこともあり得ます。そうなると、割り切った付き合いが出来るかは疑問です。

自分の話を聞いてくれ、気持ちが落ち込んでいるときなどは要注意です。好きになって辛くなるのは自分です。そのことをよく考えましょう。好きになってしまったら、関係を解消して友達になるのが、自分にとっていいかもしれません。

ストーカーになってしまう可能性がある

ソフレになる男性は、女性の話を黙って聞いてくれたりと優しい人が多くいます。しかし、このような男性は、誰に対しても同じです。また、女性も自分の悩みなどを黙って聞いてくれ、一晩同じ布団に寝ていると、気持ちが傾いてしまうことがあります。

ストーカーになるような男性は、そのような女性を見て隙があれば、そこへ入ってこようとします。もし、こちらの都合で関係を解消した場合は、気を付けなくてはいけません。優しさも相手をよく見極めることが大切です。また、あなたが優柔不断、八方美人な人も自分自身に注意が必要です。

ソフレにぴったりな男性のタイプ

純粋で性欲がほとんどない

同じベッドで一緒に寝ていると、その気になってしまうのも男なら仕方がないと言えます。しかしソフレは、添い寝をするだけなのでそれ以上の関係には進めません。それでもソフレが欲しいと思う男性の中には、体の関係を望まない、という人がかなり多くいます。

装飾系男子が増加している現代は、性欲がほとんどない異性が実際にいます。その様な男性からすると、女性に添い寝するだけでも充分心が満たされるのでしょう。そして、女性を友人として大切な存在と感じています。セックスにあまり固執しない男性にはちょうどいい関係なのです。恋愛だけにガツガツせず、自然体で生きている男性は、ソフレの適任者になります。穏やかに相手の話に耳を傾け、親身になってくれるからです。ですがその様な男性はまだ少人数ですので、ソフレを選ぶときは、よく見極めましょう。

真面目な性格をしている

ソフレをしている男性には、まじめな性格の人が多くいます。真面目ということは、約束は守ってくれるということ。肉体関係はダメだと言っておけばきちんと守ってくれます。また、遅刻をしない、仕事に手を抜かない男性もソフレにはピッタリです。プライベートをさらけ出すので、口が堅い、秘密が守れるということが大切です。口が堅いので、ソフレの関係を他の人に話すことはあまりしないでしょう。

しかし、もしあなたが彼との約束を破った場合は、すぐに関係を解消するといわれることになるでしょう。真面目な性格の人に対しては、自分も約束をきちんと守ることです。

仕事を第一に考えている

仕事を第一に考えている人は、仕事で疲れてしまい性欲はわかないという男性もいます。が、人と肌を触れ合わせたいという気持ちがあるので、ソフレは必要と考えている男性もいます。女性と付き合うと疲れていても肉体関係を持たないと不振がられてしまい、余計に疲れてしまいます。

仕事を第一に考える男性にとってソフレはとても都合がいい存在です。仕事での愚痴や悩みなども話すことが出来、ストレスなども解消できます。また、肉体関係を持たないので、疲れているときなどは彼女よりもソフレの方が都合がいいのです。こういう男性は女性が約束を破ってしまったりするとすぐに関係を解消しようとするでしょう。

家族に女の姉妹がいる

女の姉妹がいる男性は、日頃から女性に囲まれて暮らしているので、女性に対して変なあこがれが無く、性的興奮が起こりにくいようです。また、女性に幻想を抱いていないので添い寝をしても襲ってくる心配は少なくなります。

ソフレ男性を選ぶときは、女性の姉妹がいるかどうか、聞いてみるのもいいかもしれません。うわべだけではなく、女性の素の部分を日頃から見ているので、変なあこがれや妄想は抱きにくくなり、安心です。

恋愛は面倒だと思っている

ソフレ関係がある女性は恋愛感情とは全く別物、彼氏が出来たらすぐにこの関係を解消するという回答が多くあります。また、男性は今付き合っている彼女と別れたとしても、ソフレ関係にある女性とは付き合わない、という回答もありますが、わからない、という回答もあり女性とは少し違います。

ソフレは縛りあったりすることがないので気が楽、恋愛は面倒だと思っている人が多いようです。男性はソフレ関係の女性を女性としてみていない人もいます。リアル抱き枕、みたいな感じ。また、過去の恋愛にトラウマがあると、セックスよりも、安心感を求める男性が多くいます。恋愛話を避けるような男性は、ソフレにピッタリかもしれません。恋愛に発展するようなことはしないでしょう。

ソフレになった男性側の心理

ソフレから恋人への昇格を狙っている

ソフレになる男性の中には、最初から恋人になることを狙っていてソフレになる人もいます。元々目的が違うのです。そういう人は気を付けなければいけません。

女性は、生理的に嫌な人とは添い寝はしません。全く好意を持てない人と同じ布団で寝ることなんてできないのです。ある程度以上の好意のある人でないとできません。なので、添い寝が出来るということは、何かきっかけがあれば、男性に好意を持つことになってもおかしくないのです。それを狙っている男性はいるので、ソフレを選ぶときはよく見極めなければなりません。男性は、自分のタイプでなくても体の関係を持つことが出来ます。そこが女性とは違うので気を付けなくてはいけません。

ただ癒される存在が欲しいだけ

恋愛をすると相手を束縛したり、束縛されたりするなど二人だけの濃密な関係になりがちです。誕生日やクリスマス、バレンタインやホワイトデーなどイベントの時はいろいろと恋人からプレッシャーを感じることもあります。自分のテリトリーにズカズカ侵入されたくない、自分の時間を大切にしたい、セックスが嫌いというわけではないが、会うたびに義務のように求められ、うまくいかないと責められる、そういった不満を抱く男性もいます。

草食系と呼ばれる男子は、恋愛に振り回されることをあまり好まない人が多くいます。もともとあまり性欲がなくても、彼女によっては必要以上の好意を求められることもあり、女性が思う以上に男性にとっては精神的にも肉体的にも負担になります。しかし、ソフレは性に関する面倒くささは一切不要です。性的接触なしで、抱きしめて寝るだけなのでいいのです。ソフレは体や心の隙を埋めるのに最適で、心のよりどころとして求める男性もいます。

隙があれば体の関係に持ち込みたい

男性は、一緒に寝ているのにセックスしないなんて無理、という意見が目立ちます。人間の本能ですからこのような意見も当たり前と言えます。性欲が少ない男性もいますが、そのような男性は少数で、ほとんどの男性が隙あれば体の関係を持ちたい、と思っていますので、よく見極めることが大切です。

ソフレから自動的にセフレの関係になっていく場合があるので、ソフレを選ぶときは、相手の気持ちをよく確かめたほうがいいでしょう。万が一、ソフレ男性から無理やり肉体関係に持っていかれたとしても、女性の力ではかなわないこともあります。ソフレだから安全、と考えること自体が大きな間違いかもしれません。添い寝から得られる安心感もありますが、最悪のケースがあることも、しっかり頭に入れておくべきでしょう。

友達以上恋人未満の関係を楽しみたい

恋人ではないが、一緒にいて落ち着くと思っているので、人によっては二人で遊びに行くこともあります。はたから見れば、カップルと思われることも少なくないでしょう。デートスポットに遊びに行くたびに勘違いされることが続けば、お互い意識し始めることもありえることです。

友達以上恋人未満の関係が長く続くと、今更変に関係をこじらせたくない、という気持ちが強くなります。関係が安定していれば改めてそういう会話をするのも、お互いに恥ずかしい、と思っているかもしれません。友達以上恋人未満な関係が長く続くということは、友達ではかなり上だけど、恋人にしたいとまで思うほどではない、ということなのかもしれません。

彼女がいることで束縛されたり、自由を奪われたりするのが、煩わしい、嫉妬や恋人という関係がめんどくさいという人は、ソフレがあっているのでしょう。友達以上恋人未満という関係はソフレにとってとても便利で心地いい関係かもしれません。

女性慣れしたい

ソフレになる男性の中には、女性と接する機会が少なく、女性とどう向き合ったらいいかわからない人がいます。女性の気持ちが知りたい、女性慣れしたいと思っている男性もいます。布団の中で女性からいろいろな話を聞くことで、女性の気持ちを理解できるようになるかもしれません。このような男性は、純粋な人が多いのでソフレとして選んでも安心できるのではないでしょうか。

しかし、男性にもいろいろなタイプの人がいるので、選ぶときはよく見極めしょう。女性慣れしていないということは、女性にはこうしたらいい、とか女性の気持ちがわからない人が多くいるので、時にはイライラしてしまうことがあるかもしれません。

長く付き合うことで少しずつ女性の気持ちを理解することが出来、とても居心地のいいソフレになるかもしれません。女性慣れしてない人というのは、ソフレには最適かもしれません。

ソフレから恋人に昇格する見極めポイント

別れるのが寂しい

ソフレに対しては、癒しの時間を求めます。ソフレがいることで自分を認めている人がいると強く実感できます。しばらく恋愛はしたくないけど、寂しい夜はある、そんな時にソフレに助けられています。好意を持ってしまうと朝が来て別れるのが寂しくなります。別れ際に何か言いたいけど言えなくなる、もっと濃密な二人の時間を持ちたくなってしまいます。そして、離れるのが凄く辛くなります。

添い寝をしながら、愚痴や悩みなどを聞いてもらっている関係なので、別れてしまうとストレスを解消する時がなくなってしまいます。寂しいときや人肌が恋しいときにソフレと添い寝をするので、別れてしまったら寂しくなります。冬などは一人で寝ていると寒くて寂しさが増し切なくなります。

ソフレを作る人は、寂しさや癒しを埋めてくれる人が欲しくて作る人が多いので、恋人が出来たわけでもないのに別れる場合は寂しくなります。信頼関係が増すと、仲のいい男友達から自分を守ってくれる大切な存在に変わりますが、好意を持ってしまうと、かえって辛くなるのです。

添い寝以外でも触れ合いたい

ソフレは添い寝して心地がいい相手で、嫌いな相手ではありません。相手は一緒にいて疲れない相性の人がいいでしょう。不自然でない程度の触れ合いをして、脈があるかどうかを見ます。自然に触れられる機会をうまく利用します。スキンシップが日常になるまで根気よく繰り返すといいかもしれません。

一定の距離を置いて添い寝をしていたのに、好意を持ってしまうと添い寝以外でも触れ合いたいと思い、体を近づけることが増えてしまいます。そして、手をつないでほしい、腕枕をしてほしいとおねだりしてしまいます。

また、ソフレ関係が長く続くと、夜だけでなく昼間にも会いたいと思ってしまい、切なくなってしまいます。自分の時間を自由に使いつつ、都合の良い存在として考えていたはずなのに、どんな誘いも断らずに出向いてくれるとなると、それはもう、彼氏のゾーンに入っているかもしれません。

一緒にデートをしてみたい

好意を持ってしまうと、デートをしてみたいと思うのは仕方のないことです。添い寝フレンドだったのに、一緒にご飯を食べに行こう、とか一日付き合って欲しい、などとソフレの枠を超えた要望を言いたくなってしまいます。恋人のように昼間どこかへ遊びに行ったりしたいと思い、今までよりも多く連絡をとってしまったりすることが増えてしまい、妄想が広がります。

気持ちがあっても無理を言えない人は、添い寝の時に何げなく、昼間誘ってみてはいかがでしょうか。もし、断らなかったら脈ありかもしれません。

頻繁に連絡をとってしまう

始めの頃は、誘ったり誘われたりの関係だったのが、好意を持ってしまうと会いたくなって、自分から連絡を取ることが多くなってしまいます。何度も自分から誘うのはさすがに気まずいと思ってしまいますが、会いたい気持ちが募ってしまうので、連絡をとってしまうことになります。

好意を持ってしまうと、毎日でも会いたい、繋がっていたいと、思ってしまいます。しかし、あまり毎日だと不審がられてしまうといけないので、昼間グループで遊ぶ予定を作って、会う回数を増やしてしまう。今までは、今日は寂しくないし、ソフレはいいかな、と思う日があったけど、好意を持ってしまうと、何もなくても頻繁に連絡をとってしまいます。

好きだと自覚している

好き、という感情が芽生えてくると、言動にも変化が出てきます。彼女に慣れたら幸せだろうな、なんて言葉を言えば、相手に好意を持っているとわかってしまうので、言いたくても言えなくなってしまいます。そして、女性は男性に甘えたいという願望を持っている物なので、好意を持ってしまうと、添い寝をした時に甘えたくなり体を近づけてしまいがちになります。

今までは、添い寝をしていても何も思わなかったけど、好意を持ってしまうと、ドキドキしてしまって意識をしてしまいます。そして、好きになってしまったと自覚することになり、添い寝をするときに自然と笑顔が多くなったり、ボディタッチが増えてしまいます。しかし、以前と態度があまり変わってしまうと相手に築かれてしまい、関係を解消することにならないようにしなければいけません。

相手の交友関係に嫉妬してしまう

相手に好意を持ってしまうと、いつも一緒にいたいと思ってしまいます。いつでも傍にいたいと思うと、相手の友達や、家族、彼女などの交友関係にまで嫉妬してしまうようになってしまうかもしれません。自分が本当に好きなら、その気持ちを相手に伝えることがいいのではないでしょうか。ソフレの関係なので、二人だけになる時間はあります。その時に素直に気持ちを伝えてみては。相手も同じ気持ちかもしれません。しかし、相手から、あくまでソフレだけの関係だから、と言ってきたら、きっぱりと関係を立った方がいいでしょう。

嫉妬心は一度感じてしまうと、なかなか収まりません。相手が友達と一緒にいる所を見て、勝手に妄想したり嫉妬したりしてしまいます。嫉妬がひどくなると、好意を寄せている人や、友達に対して接し方がかわってきてしまうので、気を付けなくてはいけません。ソフレに彼女がいる場合だと、嫉妬が酷くなることがあります。好きだから嫉妬してしまうのですが、度を越してしまわないようにしないと、好意を持ったソフレを失ってしまうことになるかもしれません。

好きになってしまうと、誰にもとられたくない、と思ってしまいます。自分に自信がないと、周りの女性よりも劣っていると勝手に思い込み、自分を卑下し自信を無くしてしまう。それが嫉妬につながります。また、自分を気にかけてほしくてヤキモチを焼かせようとします。自分の気持ちに気が付いてほしくて、他の男性と仲良くしたりしてしまいます。嫉妬は怖いものです。嫉妬で大切なものをなくさないように気を付けましょう。

ソフレから恋人になるのもありと考えよう

ソフレは、二人しかいない空間で、悩みや愚痴などを聞いてもらえる相手です。好意を持ってもおかしくない状況にあるのは事実です。もし、好きになってしまったら素直になって自分の気持ちを伝えた方が良いでしょう。そしてうまくいかなかったら、すぐにソフレの関係をやめましょう。もし、相手も同じ気持ちなら、そこからいつでも一緒にいられる恋人になることができます。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル