1週間ダイエットで「健康的」に痩せるための注意点と正しい活用方法

1週間ダイエットで「健康的」に痩せるための注意点と正しい活用方法

2017.09.30 / ダイエット

NADECICA編集部
NADECICA編集部

短期間で痩せたいというのは、多くの女性の願いではないでしょうか。さまざまなダイエット方法の中でも、1週間だけで痩せられるというような短期間ダイエットに惹かれます。しかしそんなダイエットには、体調を崩してしまうようなデメリットもあるのです。

短期間ダイエットを避けるべき理由

我慢をすることでリバウンドをしやすくなる

短期間ダイエットは通常のダイエットと違って期間が短く定められています。その短さがメリットでもあり、デメリットにもなるのです。短期間のダイエットは期間が短い分、ダイエットのルールが厳しくなります。

例えば、短期間で痩せるためにと食べてよい食事の量や食品の種類が制限されることです。食べることを我慢し続けると、ダイエットが終わったあとにその反動で食べ過ぎてしまいリバウンドします。そんな方法を続けていると逆に太りやすくなってしまうのです。

身体に栄養が行きわたらず体調不良になる

短期間ダイエットでよくあるルールが、決められた1種類の食材だけを食べるという方法です。同じものをひたすら毎日食べ続けるだけなのでとても簡単で誰もがチャレンジしやすくなります。

しかし、1種類の食材のみを食べ続けるような偏った食事は、身体に必要な栄養を十分に摂取することができません。それにより、栄養不足で体調不良を引き起こすのです。栄養不足になると身体がだるくなりやすく、日常生活に支障をきたす可能性があります。

頭がぼーっとする

短期間ダイエットは脳を働かせるためのエネルギーとなる、ブドウ糖を不足させる恐れがあります。脳はブドウ糖によって栄養を蓄えるのです。そのブドウ糖が不足すると、脳の働きが悪くなりさまざまな影響を身体に及ぼします。

ブドウ糖が足りないと脳の活性化を悪くするのです。それにより、運動機能や疲労回復力が低下し、頭がぼーっとする症状などがあらわれます。

イライラしやすくなる

短期間ダイエットによる、ブドウ糖不足は精神状態を不安定にさせ、イライラしやすくなったり怒りっぽくなってしまいます。それは、自律神経が乱れてしまうことで、交感神経や副交感神経がバランスを崩してしまうからなのです。これらの症状は、仕事中の集中力や思考力の低下につながります。

肌がボロボロになる

食事を制限するような短期間ダイエットは、肌荒れを起こしやすくなります。それは、短期間で効果を出すための偏った食事や摂取量の制限によって、肌に必要なコラーゲンが足りなくなるからです。人間の身体は3分の1がコラーゲンでできているといわれます。

そのコラーゲンが不足すると、肌の保湿力が低下し水分を保持することができなくなってしまうのです。それにより肌の水分量が減少して、肌がボロボロになります。

髪がパサパサになる

髪は身体の中で、最も栄養が届くのが遅い場所といわれます。普段から栄養が届くのが遅い髪は、ダイエットによって栄養不足となったとき、栄養が髪までいきわたらなくなってしまうのです。そのため髪がパサついてきます。

とくに髪はタンパク質からできているので、タンパク質の摂取が不可欠です。タンパク質が不足していると、枝毛や切れ毛などのダメージヘアとなってしまいます。ダメージヘアになってしまうと修復は困難です。そうなる前に、ダイエットの方法をもう一度見直しておきましょう。

ダイエットをするうえで大切な事

無理なく続けられるものを選ぶこと

ダイエットを続けるうえで、無理は禁物です。ダイエットはツラいものですが、無理をし過ぎると痩せるどころか体調不良を引き起こしかねません。ダイエット方法を選ぶときは、身体に無理なく続けられるものにしましょう。

そのためにおすすめなのが、日常生活のちょっとした習慣を変える方法です。例えば、普段エレベーターをよく使う方は、それを階段に変えてみてください。また、間食が多くお菓子などをたくさん食べてしまう方は、それをやめるだけでかなり違いがあります。そんなちょっとした習慣を変えていくダイエットからはじめてみましょう。

栄養を考えてしっかりと食べること

ダイエット中にとくに気を付けてほしいのが、栄養バランスです。偏った食事による栄養不足は身体によくありません。体調不良を引き起こすのはもちろん、ダイエット効果も下げてしまうのです。

偏った食事を続けていると、基礎代謝の低下につながります。基礎代謝は日常生活を過ごす中で、脂肪を燃焼させるために必要な働きです。その基礎代謝の働きをよくするために、栄養を考えてしっかりと食べるようにしましょう。

水分の摂取量を調節すること

ダイエットを行うときは、人それぞれの体に合わせた水分の摂取量を調節することが必要です。ボクサーや格闘技を行っている方が、短期間で痩せたいときに水を抜く方法を用います。人間の身体の半分以上を水が占めているためです。

水分の摂取量を減らすと体重は簡単に減っていきます。しかしそれは体内の水分量が一時的に減っただけで、通常の生活に戻すと体重は元に戻ってしまうのです。さらに脂肪の燃焼効果が下がり、血液がドロドロになってしまうなど健康にもよくありません。

また水分をたくさん摂取したときには、むくみや水中毒などの影響があります。ですが、水分をしっかり摂取すると便秘改善の効果があるのでおすすめです。これらをふまえながら、ダイエットを行うときは自分の体質に合わせて、水分の摂取量を調節しましょう。

適度な運動を心がける

健康的でより確実なダイエット効果を得るためには、適度な運動を取り入れましょう。1週間ダイエットのような短期間で行うダイエットの特徴として、食事制限を中心とした方法がよく用いられます。しかし食事制限によるダイエットは、栄養不足やストレスによって身体に悪影響を及ぼしかねません。

健康的にダイエットを行うために、運動を一緒に取り入れバランスのよい食事をするとよいでしょう。さまざまな運動の中でも、誰でも簡単にはじめられるのがウォーキングです。ウォーキングは緩やかな動きでありながら、身体全体の筋肉を使い脂肪燃焼効果があります。普段あまり運動をしないという方でも続けやすい運動です。

明確な目標を持ってダイエットに取り組む

ダイエットはとにかく痩せるというだけではなく、具体的な目標を立てて行うことが大事です。例えば3カ月で5キロ痩せる、1カ月でウエスト-5?など数字であらわすのがよいでしょう。そうすると日々その目標に近づくことでモチベーションが上がり、達成感も大きくなります。

目標を立てるときは、無理のない範囲にしてください。はじめから3カ月で10キロ痩せるなどの、無理な目標設定はよくありません。10キロ減量などの大きな目標があるときは、細かく目標を分けてみてください。1カ月で2キロずつ、全部で5カ月かけて10キロのダイエットを行うというようにすると、体に負担をかけずに行えます。

1週間ダイエットは準備期間と捉える

朝ごはんをスムージーに変えてみる

1週間ダイエットを行うときは、その1週間を準備期間としてダイエットに取り入れましょう。例えば、本番のダイエットをランニングによる運動のダイエットをするように決めます。そのランニングダイエットをはじめる前に、1週間ダイエットを行うのです。

まず、1週間ダイエットとして朝ごはんをスムージーに変えてみましょう。スムージーとは野菜や果物を生のままミキサーでジュースにしたものです。スムージーを作るときは、自分の今の身体に必要である成分を調べ、目的に合った食材を使って作るのがおすすめです。

間食をローカロリーなものに代えてみる

間食はしないようにするとダイエットの成果が出やすいです。しかし、全く間食をしないというのはなかなか難しくストレスの原因にもなります。そんな間食をどうしてもやめられない方は、ローカロリーなものに代えてみましょう。

おすすめなのは、こんにゃくゼリーやナッツです。これらはカロリーが低くく、手軽に食べることができます。そのためダイエット中のおやつや小腹がすいたときに取り入れてみてください。特にこんにゃくゼリーは、腹持ちがよいので間食に最適です。

自炊を心がける

準備期間である1週間ダイエットを行うときから、ダイエット中はなるべく自炊を心がけるようにしましょう。自炊にすることで、食べる量やカロリーをコントロールしやすくなります。そのため、外食に比べて余分なカロリー摂取を抑えることができるのです。

また、自炊を行うときは野菜を中心とした、バランスのよい食事を取り入れてください。さらに白滝を白米と混ぜ合わせた白滝ご飯もおすすめです。白滝を混ぜることで、炭水化物であるお米の量を減らし、カロリーを抑えることができます。

1日10分でもいいので歩く

1週間の準備期間のあいだも、運動を取り入れましょう。運動といっても過度なものでなく、日常生活の中で行えることで大丈夫です。例えば、電車通勤をしている方はいつも乗る駅より1つ先の駅まで歩いてみてください。そうすると10~15分程度の運動になるはずです。このように少しでも運動を取り入れることで、それが習慣になってきます。1日10分でもいいいので、運動をする習慣を身に付けましょう。

1週間燃焼スープダイエット

我慢せずに好きなだけスープが飲める

1週間ダイエットの中でも、燃焼スープダイエットがおすすめです。燃焼スープダイエットは、野菜をたっぷりと使って作ったスープを、決められたメニューに合わせて取り入れる方法です。ダイエット期間中は、そのスープならば好きなだけ飲むことができます。そのため、空腹を我慢すること必要がありません。スープでたくさんの野菜を摂取することで、食物繊維を吸収します。それにより、デトックス効果で痩せていくということです。

誰でも簡単に作れる

その燃焼スープは、野菜をお鍋で煮るだけなので誰でも簡単に作ることができます。スープに使われる野菜には、それぞれきちんと役割があるのです。タマネギは、コレステロールを抑えて血液をサラサラにする働きがあります。セロリやキャベツにはビタミンや食物繊維が豊富です。

そして、トマトとニンジンは抗酸化作用があるため、美容効果も期待できます。ピーマンには脂肪を燃焼させるカプシエイトが含まれているのです。これらの効果によって、食べるだけで痩せていくといわれる燃焼スープが作られます。

1週間のメニューを参考にする

このダイエット方法には、1週間の食事メニューが決められています。まず1日目はスープとバナナ以外のフルーツのみ、2日目はスープと野菜のみです。そして、5日目にはスープとトマト、お肉も食べられます。

このように1週間毎日食べてよいものが決められているのです。しかしこれらのメニューは決められた食材であれば食べる量の制限はありません。また1週間の間にさまざまな食材を、バランスよく摂取できるためストレスが少なくダイエットを続けることができます。

スープの味を変えてもいい

そしてこのスープは味を変えることができます。基準となるコンソメベースの味に飽きてしまったときや、野菜の味が苦手な方は、味付けで工夫してみましょう。おすすめは、カレー風味のスープとチリソースを使ったスープです。

それぞれ、基準となるコンソメスープにカレー粉やチリソースを混ぜるだけで大丈夫です。この2種類はそれらに含まれるスパイスや唐辛子などに、脂肪を燃焼させる効果があります。それにより、スープの燃焼効果をより高めることができるのです。

1週間燃焼スープダイエットの注意点

アルコールを控える

1週間燃焼スープダイエットを行うときは、いくつかの注意点があります。まず、ダイエットを開始する24時間前までに、アルコールの摂取を控えるようにしましょう。アルコールは脂肪燃焼を妨げてしまうからです。燃焼スープの効果を高めるために、アルコールを身体の中から排出して摂取しないようにします。

甘味料を控える

このダイエット中は、甘味料を控えてなるべく糖質の摂取を抑えるようにしましょう。脂肪は糖質が少ないときに身体のエネルギーとして燃焼されます。そのため、糖質を控えることでより脂肪の燃焼効果をアップさせるのです。ダイエット中はジュースなどの糖質の高いものを控え、飲みものはお水やお湯、お茶にしてください。それだけでも、多くの糖質を抑えることができます。

食事をするときはスープから

食事をするときはスープから食べ始めるのがおすすめです。スープでお腹をある程度満たしてから、他のものを食べます。そうすることで、満腹になりやすくカロリーの摂取量を抑えることにつながるのです。また、スープをはじめに食べると、そのデトックス効果が発揮されます。それにより、あとから食べるお肉の脂質などの吸収を抑えることができるのです。

ダイエットをしているからと言って量を減らさない

このダイエットを行っているときは、毎日最低1杯だけでもスープを飲みましょう。ダイエット中は少しでも多くのカロリー摂取を抑えようと考えてしまうものです。しかし、無理に食べる量を減らすのはよくありません。スープを飲まなければ、このダイエットも成り立たなくなり逆に失敗してしまいます。そのため、スープを食べる量はなるべく減らさないように、しっかり食べましょう。

1週間の食事メニューを守る

燃焼スープダイエットは1週間の食事メニューが決められています。1週間のメニューはきちんと食事のバランスやダイエット効果を高めるために考えられて作られているのです。そのため食事メニューを守らなければ、ダイエット効果があらわれにくくなります。

ダイエット中に友達との食事会に誘われることもあるでしょう。そんなときはついつい、決められたメニュー以外の食事を我慢できないことがあります。しかし、この1週間だけはなるべく外食は避けるようにして、食事メニューを守りましょう。

1週間のおすすめ運動メニュー

体幹を鍛える

1週間ダイエットを行っているあいだも、運動を取り入れることがおすすめです。まずは、体幹を鍛える運動です。体幹とは、身体の中心となる部分でお腹のおへそ辺りを示すことが多いです。それを鍛えるためには、インナーマッスルを鍛えます。

インナーマッスルを効率よく鍛えるのにおすすめなのが、フロントプランクです。フロントプランクは、うつ伏せの状態で肘から下の腕の部分を床につけ、腕立て伏せのような体制を作ります。その状態をキープすることによって、インナーマッスルが刺激され鍛えることができるのです。

膝をついて腕立て伏せ

腕立て伏せは、筋トレの中でも難しく1回行うのが精いっぱいという方いませんか。そんな方は、膝をついた状態で腕立て伏せをやってみましょう。

膝をつくことで、下半身への負担がなくなるため、腕立て伏せがやりやすくなります。しかしこの方法は、胸筋への負荷も弱くなってしまうのです。胸筋への負荷を保つためには、しっかり床ギリギリまで体を倒して行いましょう。胸筋を鍛えれば、メリハリのある綺麗な体を手に入れることができます。

姿勢を意識してスクワット

スクワットをすることで、最も刺激されやすいのは太ももやお尻の筋肉など下半身にある筋肉です。そのため下半身の運動だと思われがちですが、実は全身運動が行えます。スクワットは、ヒップだけでなくウエストの引き締めにも効果があるということです。上半身にある腹筋や背筋をより鍛えるためには、姿勢をまっすぐに保つことを意識して行うことが大事です。

短期間で痩せるのではなくダイエットを習慣にすることが大事

短期間で痩せられるダイエットは、女性にとってとても魅力的な方法です。しかしそれは、一時的な効果であるときが多く、ダイエットが成功したとは言えません。身体に負担をかてしまっただけ、ということにならないために、ダイエットを習慣に変えることが大事です。バランスのとれた食事や軽い運動を心がけて、健康的に美しく痩せましょう。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル