雨の日でもランニングを楽しむ方法とこだわりのレイングッズ

雨の日でもランニングを楽しむ方法とこだわりのレイングッズ

2017.09.30 / すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

ランニングを楽しみたいけれど雨で諦めることがありませんか。特に梅雨の時期は雨ばかり。天候によってランニングを諦める日々とはサヨウナラ。しっかり準備をすれば雨でもランニングを楽しむことができます。準備万端でのランニングは、意外と楽しいですよ。

雨の日にランニングをする際の対策

水を吸収しにくいウエアを選ぶ

防水加工などがされていないウエアを着て雨の日にランニングをすると、ウエアが肌に張り付いてきて、動きずらくなり、全身の体温を一気に奪ってしまい筋肉を冷やしてしまいます。雨の日のランニングでは、必ず撥水加工や防水加工のされた水を吸収しにくいウエアを着用しましょう。

夏場でも薄手の夏用のウエアもありますし、腕まくりするだけでもだいぶ違います。ウエアの中に荷物を背負えば、荷物も雨から守ることができます。

走っていることが分かりやすい蛍光色のウエアを選ぶ

雨の日のランニングは、他の人が少なくランニングしやすいですが、視界が悪かったり気温が低かったりと注意が必要になります。ウエアを選ぶ時には歩行者や自転車、自動車に分かりやすいように蛍光色などの明るく目立つ色を選びましょう。

黒はシックで選びやすいですが、雨の日は見えにくいと事故が起きる可能性が高まります。黒やグレーなど暗い色のウエアはとても分かりにくく、避けた方がよいでしょう。ランニングやマラソンブームで色々なおしゃれなウエアが出ているので選ぶのも楽しいですね。

体温低下を防ぐために上下ロングタイプを選ぶ

雨の日に着用するレインウエアは、フード付きで上下セットになっているものを選びましょう。上半身だけしっかりレインウエアを着ている方は多いのですが、下半身も濡れると体が冷える上に雨で服が濡れてしまって、肌にまとわりついたり、重くなってしまうなど、とても走りにくくなってしまいます。

雨の日のランニングで暑くなってしまうのは真夏の昼間くらいで、大体はすぐに体が冷え切ってしまいます。過信せず上下ロングタイプのウエアを選んでください。

つばの広い帽子で顔周りをガード

顔が濡れると息苦しくなるなど、走りずらいと感じる人も多いようです。そして、雨によって視界が妨げられてしまうと他の人との衝突や接触の危険性も高くなります。視界を確保するためのアイテムとしてつばの広い帽子で顔周りをガードすることがとても重要になります。

帽子派とサンバイザー派とで分かれますが、帽子であれば折り畳んでコンパクトにすることができ、雨から頭を守ってくれるのでお勧めです。

視界を確保するために透明なサングラスをする

防止と同じく、視界を確保するアイテムとして透明なサングラスも重要なアイテムになります。サングラスは視界が悪くなってしまうと思われがちですが、色々な種類があり雨の日は透明なサングラスをすることで前が見えやすくなります。

最近は、レンズのみを何種類か入れ替えることができるサングラスもありますので、一つ持っておくと色々なシーンに活用できて便利なアイテムです。

足元は古いシューズで汚れも気にならない

雨の日のランニングを諦めてしまう理由の一つとして、お気に入りのランニングシューズが汚れてしまうから…という方も多くいます。雨の日に走ると当然シューズは濡れて、泥がついてしまい茶色に変色してしまうことも。

雨の日用に、使い古して普段は使用しないシューズを取っておいてビチャビチャに濡れても泥や水たまりで汚れても気にしなくていいようなシューズを履いてランニングを楽しみましょう。また、ビニールをふくらはぎまで履いてランニングをする方もいますが、慣れるまでは滑って危険なので注意が必要です。

靴下は防水機能のあるものにして靴連れを防ぐ

ランニングシューズを履いているから靴下はいつも履いているもので大丈夫…と思われがちですが、体の末端である足は、冷えてしまうスピードがとても早く靴が濡れるとすぐに体温を奪い去ってしまい感覚が無くなるほど冷えてしまうこともあります。

筋肉まで冷えてしまうとケガの原因にもなりますので、靴下は必ず防水機能のあるものにして足が濡れないように保護をすることが大切です。足が濡れてしまうと靴とのずれが起きてしまい靴連れを起こしてしまいやすくなるので注意が必要です。

体を動かし続けて体温低下を避ける

雨の日のランニングで最も注意しないといけないのは体を冷やさないことです。ランニングは全身運動なのだから多少は大丈夫。と思われがちですが油断は禁物です。たとえレインウエアを着ていても、体を動かし続けていないとすぐに体温は低下してしまいます。

そこから風邪を引いてしまうこともありますので、雨の日のランニングは、できるだけ体を動かし続けて体温が低下してしまわないように気を付けましょう。そして、ランニングが終わったらすぐに着替えて濡れた部分を拭きます。できるだけ早くシャワーかお風呂に入って体全体を温めるようにしましょう。

走るコースはガード下などの濡れにくい場所を選ぶ

雨の日に普段と同じコースをランニングすると危険な個所がある場合があります。雨に濡れて滑りやすくなっている場所もありますので、雨の日はコースを変えてガード下などできるだけ濡れにくい場所を選んでください。

せっかく健康やダイエットなどのためにランニングをしていても、滑って怪我をしてしまったら、長期間ランニングをできなくなってしまい、せっかくのモチベーションが下がって本末転倒ですよね。普段は知っているからと過信せずに、雨の日専用のコースを考えて走るのも楽しいです。

雨と意識しすぎずいつも通りのランニングをする

ランニングを諦めてしまうような雨の日が続くと、せっかく付けた脚力やモチベーションが下がってしまいがちです。梅雨など長雨の時期はブランクが開いてしまいがちですよね。雨でも晴れでも準備をしっかりすればいつも通りランニングを楽しむことができます。

多少気を付けることがありますが、ランニングを楽しむという目的は変わらないので天候によってランニングを諦めてしまわずいつも通りのランニングを楽しみましょう。

雨の日のランニングを楽しむ

雨の日のランニングは、メリットがなさそうですが、実はいくつかメリットがあります。晴れの日のランニングとの体の変化が分かりやすく、雨で濡れることで短距離でも体力を使うことができます。そして、普段は使わないランニンググッズを使って、性能を楽しむこともできます。

晴れの日と雨の日はいつもの景色と違って見えるので、それも楽しみながらランニングするといいですね。レースや大会を目指している場合は常に天候がいいことはないので、雨の日のランニングはとても大事な経験になります。

雨のランニングを快適にするおすすめグッズ

FREETOO 防水 ランニング&サイクリング用 ポーチ 2ポケット

5.5インチまでのスマホに対応しており、ゴムバンドのバックルが薄く腰からの脱落を防止できるようしっかりと調節することができます。チャック部分に反射材を取りつけることで暗い状況下や夜間のランニング時にも光を反射するので安全を確保することができます。

 

Bubble ウエストポーチ ウエストバッグ 防水 多機能 ボディバッグ ヒップバッグ

防水加工がされており、耐久性に優れたボディバッグです。濡れても一拭きでOK。豊富なカラーをそろえており、ファッション性にも優れています。ポケットが4つも付いておりペットボトルを収納することも可能です。バンドが調節可能なので、男女兼用で使用することができます。

 

Parasom(パラソム) ブルートゥース イヤホン IPX5

IPX5等級の生活防水、防汗仕様になっています。マグネットが内蔵されており、音楽を聴かないときに二つのイヤフォンをくっつけて首にかけるとネックレスのようになります。高音質でbluetooth搭載、ワイヤレスなので全てのスマートフォンやタブレット端末に対応しています。

 

AGPtek S11 8GB ヘッドホン一体型防水・水泳MP3プレーヤー 国際防水等級IPX8

防水・水中型のヘッドホンです。内臓容量は8GBで2000曲を入れることが可能になっています。充電時間が2時間・再生時間は10時間になっており、再生モードも順番再生/リピート/シャッフル再生と選ぶことができます。国際防水等級IPX8に達しており高周波密封の高性能ヘッドホンです。

 

DexShell(デックスシェル) 防水通気靴下 UltraLite Biking socks (ウルトラライト バイキング ソックス) DS642H

完全防水で通気性・保湿性に優れた高機能性ソックスです。アンクル丈のソックスで、防水機能だけではなく暖かい季節にも対応した防水透湿膜の機能も持っておりドライな足をキープすることができます。季節を問わず使うことのできるランニングやアウトドアに適したソックスです。

 

WATERFLY 防水ソックス 防寒 完全防水 通気 靴下 ゴアテックス

WATERFLY(ウオーターフライ)の靴下は、3層防水の製造技術により100%防水の靴下になっています。透湿排汗機能と吸湿の機能があり通気性がいいので、冬場の防寒対策暑い時期でもドライな足を維持することができます。

 

CAVO スマートブレスレット ウェアラブルスマートウォッチ 心拍計 歩数計 腕時計 多機能 スポーツウォッチ スマートリストバンド IP67防水 スポーツウォッチ

スマートでスタイリッシュな外観で、光センサーによるハートレートモニターの機能を搭載しています。防水加工がされており、心拍数・歩数計・走行距離・消費カロリー・睡眠モニター・24時間モニターの機能がついており日々のさまざまな活動量を計測することができます。アラームなど腕時計としての機能も充実しています。

 

Poto 2017新しい防水ファッション日付ゴムLEDスポーツランニングブレスレットデジタル腕時計ギフト ライトブルー

耐水性に優れたPotoの腕時計は、カラフルでファッション性にも優れています。もちろん高品質の商品で、友人や家族、恋人などのプレゼントにも最適です。デジタルディスプレイで、防水加工がしてあり耐水性に優れています。ランニングを楽しくしてくれるアイテムの一つです。

 

REWARD 折り畳み 帽子 キャップ

さまざまなシーンで活躍するREWARD(レワード)のスポーツキャップは、防水・撥水加工がされており、メッシュ素材を使用しており、速乾で通気性が抜群でもちろんUVカットです。コンパクトに折り畳みができるので、携帯に便利で、サッとポケットに入れることができ置き忘れを防ぐことができます。

 

NIKE NIKE RUN MESH DAYBREAK

NIKE NIKE RUN MESH DAYBREAK(ナイキデイブレイクキャップ)は、防水加工がされており、通気性の良い軽量なDRI‐FITのメッシュ素材を全面に使用しています。暗い状況下の中でも優れた視認性を提供する再帰反射を使用しています。どのようなシチュエーションにも対応できるコンフォートビルが特徴的です。

 

ウィンドブレーカー 夏用 UVカット カーディガン

ウインドブレーカーの中でも夏用のUVカットが施されているカーディガンタイプがあります。夏用ですが、長袖になっており外部からの刺激を減らして、余計な体力を奪わないように作られています。高品質の防水加工がされており、防風機能と撥水加工により性能が高く高機能アウターになっています。

超軽量で小さくたためるので持ち運びにも便利です。アウトドアには天候の変化に対応することが不可欠になりますので、1着持っておくと安心なアイテムです。

 

Stormtech メンズ Axis 防水透湿 軽量シェルジャケット アウター スポーツ

Stormtech(ストームテック)の商品は防水性と通気性に優れており、耐久性に優れた耐水アウターシェルです。透湿性があることが特徴的で、運動をすることで熱を持って、ウエアの内部が蒸れてしまっても湿気を逃がしてくれて快適にランニングを楽しむことができます。

フロントファスナーになっており、裏地がメッシュになっているので着心地が抜群です。内側にポケットがついていて袖口にゴムが入っているので余計な雨水の侵入を防ぐことができます。

 

LANSI(レンシー) メンズ カジュアル

LANSI(レンシー)の商品は上質の防水加工がされており、生地は100%ポリエステルで肌触りがとても柔らかくなっています。超軽量でコンパクトに持ち運びができるので、かさばらず持ち運びにストレスを感じません。

通気性・速乾性があるので雨にぬれても乾きが早く無駄な体力を奪うこともありません。ポケットは防水チャックになっているので、スマートフォンや鍵、財布などを濡らさずに持ち運べるのでとても便利です。デザインも色々な種類があり幅広い年齢層の方に選ばれています。

 

Ronhill スポーツウェア 撥水・防水加工 耐風 トレーニングパンツ ランニング ジョギング ジャージズボン トラウザー ボトムス

Ronhill(ロンヒル)のトレーニングパンツは素材がポリエステル100%でできており、高品質のトレーニングパンツです。防水加工が施されており、軽量で通気性もよく雨にぬれてもストレスを感じることなく着用することができます。

耐風素材で、雨風が強い日でもランニングを楽しめるように、耐久性に優れた撥水加工がされており雨の日に着用するスポーツウエアとしてとても優れた性能を持っています。カラーもシックでスタイリッシュな種類が多いのでコーディネートしやすくなっています。

 

雨に濡れた体を温める方法

ランニング中は45Lのゴミ袋をポンチョのようにかぶる

雨で体が濡れてしまうと一気に冷えて体力を奪っていきます。上半身の冷えを防ぐ為にはゴミ袋で作ったポンチョがとても重要になります。ゴミ袋の3ヶ所を切るだけでできるので、すぐに作れて必要が無くなれば給水所などで捨てればいいだけなお手軽ポンチョです。

頭からかぶってポンチョになるだけだはなく敷物としても使用することができます。色々な使い道のあるゴミ袋はかさばらないので雨が降りそうな日は、何枚か多めに持っていきましょう。

帰宅後は温かいシャワーやお風呂に入る

雨の中でのランニングが終わったら、早めに身体を拭いてすぐに着替え、これ以上の体温低下を避けましょう。帰宅後は暖かいシャワーやお風呂にゆっくりと浸かってしっかりと体を温めます。そうすることで疲労回復が早く進みます。

雨で濡れて筋肉が冷えてしまっているので体を温めることが大切になってきます。ただ、ランニングをして体力が低下しているので、しっかり温めようとして熱すぎる温度に入ったり、長風呂にならないように注意が必要です。

準備運動をしっかりして体を温めておく

雨の日のランニングは準備運動をしてしっかり身体を温めておくことが大切になります。室内でしっかりとストレッチを行って、準備体操の時点で体を温めておきましょう。雨の中に出ると一気に体の体温を奪われて冷えてしまいます。

そして、雨の中のランニングは普段よりも筋肉を使うので、体を温めて筋肉を活性化させてからランニングをするようにしましょう。

肌が露出する場合はワセリンで保温力を高める

ワセリンには水をはじく性質があり、その効果を利用して防寒対策に使うことができます。肌が露出する場合や冷やしたくない部分にしっかりと塗りこみましょう。多めの量を塗りこんで余分なワセリンをペーパータオルなどでふき取るとべたつきがなくなります。

首回りや足、腕など身体の末端部分が冷えやすいのでしっかりと塗りこみます。ただ、夏場は逆にワセリンを塗ることでとても暑く感じてしまう場合があるので塗る量の調整が必要になってきます。

コーディネートを楽しむ

普段はシックな色を選んでしまいがちな方も多いと思いますが、雨の日のランニング用に普段は選ばないようなカラーを楽しんでみてはいかがでしょうか。普段着でも蛍光色などを身に着けることはなかなかないと思います。

雨の日のランニングで蛍光色やカラフルなカラーのウエアを身に着けることで、ランニングをマスターしているおしゃれなランナーとして普段とは違う自分を楽しむことができます。

ランニンググッズを準備して雨の日も楽しもう

気温や天候の変化は急に変わることもあり誰にも100%予測することはできません。せっかくのランニングの予定を雨だから延期するのは嫌ですよね。どうせなら雨の日のランニングが楽しくなるように、ランニンググッズを準備しておいて、雨の日のランニングを楽しみにするのも、ランニングの醍醐味の一つかもしれません。

雨の日のランニンググッズも数多くあるので、自分に合ったスタイルをみつけて天候に左右されることなく毎日のランニングを楽しみましょう。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル