【ニンニクを食べてダイエット】驚くべき効果で痩せやすい体作り

【ニンニクを食べてダイエット】驚くべき効果で痩せやすい体作り

2017.09.28 / すべて

NADECICA編集部
NADECICA編集部

ニンニクといえば、臭くてなかなか食べる機会がないという方も少なくないのでは?しかし、ニンニクには、健康になるための栄養素や痩せやすい体になるための成分が、たくさん入っているのです。ニンニクを摂取して、健康的な体になりましょう。

ニンニクの有効成分と効果

代謝が上がる「アリシン」

ニンニクの特徴といえば、特有の臭いがある食材ということです。この臭いの源は、「アリシン」といいます。特有のにおいを持つニンニクには、抗菌力や殺菌力があり、タンパク質を分解して、消化吸収を促進する性質があります。

以下の記事で紹介していますが、この「アリシン」の殺菌作用はニキビの原因のアクネ菌を殺菌する能力もあるためにんにくを使ってニキビを治す方法もあります。

にんにくの臭いの成分は「アリイン」といい、このアリインが刻んだりつぶれたりすると、「アリシン」に変化します。アリシンはビタミンB1の吸収力を高めて、糖の代謝を上げる効果があり、発汗作用があるので食べると汗をかきやすくしてくれます。

特有の臭いは調理すると、食欲をそそる香りに変化します。食欲がそそられると、食欲が増進してしまいますので、要注意です。

新陳代謝が上がる「スコルジニン」

にんにくに含まれる成分に「スコルジニン」という成分があります。スコルジニンとは、アリシンが加熱されることで変化する有効成分で、新陳代謝が上がる効果があります。新陳代謝が上がれば、自然と痩せやすい体になります。

また、血管を広げて血流をよくする働きや体温が高まり、脂肪を燃焼しやすくしてくれ、冷え症に効果があります。スコルジニンは、胃に作用して消化を助けたり、食欲の増進や生活習慣病の予防などにも働く、優れた成分です。全身の血の巡りがよくなれば、アンチエイジング効果も期待できます。

免疫力が上がる「ニンニクレニン」

「ニンニクレニン」とは、ニンニクに含まれるたんぱく質の一種で、全身の免疫力を上げる効果があります。レニンというのが、腎臓にある細胞の一種で、血液量や血圧などのバランスを保つ重要な役割をします。

ニンニクを摂取することで、全身の免疫力が上がり、風邪を引きにくい体に変化します。レニンの分泌が多くなるので、高血圧の方はニンニクの摂取によって、血行が良くなりすぎる可能性もあるので、食べ過ぎには注意が必要です。

脂肪を燃やす「ノルアドレナリン」を分泌させる効果

ニンニクを食べると、「ノルアドレナリン」の分泌が活発になり、脂肪を分解して燃やしてくれる効果を発揮します。ノルアドレナリンとは、ストレスに反応して脳内で分泌される神経伝達物質です。

ニンニクを食べることで、脳内ホルモンの一種のノルアドレナリンを分泌させる効果があり、脂肪を燃焼させやすく、エネルギーを消費しやすくなるのです。また、ノルアドレナリンの効能には、興奮作用があるため、集中力や判断力、身体能力を向上させてくれます。

よりキレイに痩せたいあなたには

『黒モリモリスリム』

   

体内からキレイになりたい方は『黒モリモリスリム』がおすすめ!
通販市場健康茶部門売上No.1美味しさと飲みやすさがさらにパワーアップしました
毎朝スッキリできて、お腹もぺったんこ!是非お試しください。

   

 『するっ茶』

 

美BODYを目指したい方は『するっ茶』がおすすめ!
するっ茶は燃焼と腸活成分をブレンドした健康サポートティーです。
普段のお茶をするっ茶にするだけでよりダイエット効果き!

 

ニンニクダイエットのデメリット

食欲増進効果がある

ニンニクの風味には食欲増進効果があり、ダイエット中には特に気を付けなければなりません。しかし、食べることは、私たち人間にとって、ある意味体調のバロメーターでもあります。食べられることは健康な印。

体調が優れないでいると、食欲は減り、食べられなくなります。食べないと1日のエネルギーにならず、疲れやすい体になります。ニンニクには食欲が増す効果があるので、ダイエットなのにたくさん食べてしまいやすくなり、太りやすくなるので、食べ過ぎには気を付けましょう。

貧血を起こす場合がある

ニンニクの臭いに含まれるアリシンという成分は、血液をサラサラにする効果があります。血液がサラサラになるので、一見健康的に見えますよね。

ニンニクを適量食べることは特に問題はないのですが、ニンニクを食べ過ぎると血液サラサラ効果のおかげで、血液中のヘモグロビンを破壊し、めまいや貧血を招くことがあるのです。ニンニクを食べると、必ず貧血を起こすわけではありませんが、可能性の一つとして覚えておくとよいでしょう。

この貧血の可能性を回避する方法としてはレバーがおすすめです。レバーには美肌効果と代謝アップの効果もありにんにくによるダイエット効果を更に促進してくれる可能性があります。レバーダイエットに関しては以下の記事で詳しく解説しています。

生ニンニクは胃腸を刺激しやすい

アリシンという成分は、加熱をするとスコルジニンという新陳代謝がアップする成分に変化しますが、加熱調理なしだと、抗菌力や殺菌力が最も発揮されます。

生のニンニクは、刺激が強くて殺菌作用があり、胃腸を刺激して、胸やけを引き起こすことがあります。そのため、にんにくを摂取する場合は、できるだけ加熱調理し、1日1かけらぐらいの摂取量にすることが理想的です。

臭いがきつい

ニンニク特有の強い臭いは、アリシンという成分が源なのですが、これは自分だけが臭いと感じるのではなく、周りにも影響します。この臭いは一瞬のことではなくて、食べた翌日にも残ります。元々は無臭のアリインが、つぶしたり刻んだりするとことで臭いにおいを放つので、口に入れて噛めば噛むほど臭いは増すのです。

また、血液中に臭いを放ったまま流れていくので、翌日も臭かったり、口臭や体臭の素になるのです。ニンニクは健康やダイエットによいですが、臭いがきついので対策をしなくてはなりません。

糖質が高い

野菜は糖質が低いイメージがあるかと思いますが、実は意外と糖質の高い野菜もあるのです。ニンニクを食べ過ぎてしまうと、糖質を摂取しすぎることになるので注意が必要です。実際にどれぐらい含まれるのかというと、ニンニクには100gあたり、およそ20.6gも糖質が含まれています。したがって、糖質制限している方には、おすすめできない食材といえます。

しかし、ニンニクを100g摂取しようと思うと、相当食べないといけないので、餃子や焼き肉屋などで食べられる量では、100gもないので安心してください。

ニンニクの口臭や体臭を和らげる方法

牛乳を飲む

ニンニクの臭いがきついので、口臭や体臭にその臭いは表れます。この臭いを和らげる方法で、特に効果があることは、牛乳を飲むことです。牛乳とニンニクの組み合わせは、どう考えても合いそうにないですよね。

しかし、牛乳に含まれるたんぱく質には、アリシンの臭いを抑制する作用があります。飲むタイミングですが、食後に飲むことで、翌朝に臭うことを和らげてくれる効果があります。

緑茶や青汁を飲む

緑茶や青汁も、ニンニクの臭いを和らげる力があります。牛乳だと、苦手で飲めない方も多いと思います。そんな方は、緑茶や青汁を飲んでみてください。ニンニク料理を食べている最中に、一緒に飲むとよいでしょう。

緑茶や青汁に含まれているカテキンが、ニンニクのアリシンと結合することによって、ニンニク特有の臭いを消す効果があるとされています。また、そのカテキンが多いものほど、効果があるとされています。

コーヒーや赤ワインを一緒に飲む

ニンニクを食べる際に、コーヒーや赤ワインを一緒に飲むと、臭いを和らげるとされています。コーヒーと赤ワインに共通するものが、ポリフェノールなのです。

このポリフェノールという抗酸化物が豊富に含まれており、抗酸化物がアリシンと結びつき、分解と吸収をしてくれるため、臭いを抑えてくれるのです。緑茶が置いていないイタリアン料理などでは、コーヒーや赤ワインを飲むとよさそうですね。

リンゴを一緒に食べる

リンゴに含まれるポリフェノール、酵素、カテキンが臭いを和らげてくれます。リンゴの皮には、ポリフェノールとカテキンの含有量が多いので、生で皮ごと食べることが効果あります。

リンゴのポリフェノールが、体内に吸収される前のアリシンと反応することによって、口臭を抑える効果があります。ところが、リンゴジュースだと酵素が少ないので、効果が薄いとされています。リンゴを持ち運べない方は、自宅へ帰ったら寝る前に食べるようにしましょう。

水をたくさん飲む

ニンニクを食べた翌日に行う対策として、水をたくさん飲む方法があります。1度胃の中で分解されたアリシンを、体外に排出する方法しかありません。

体内に吸収されてしまったアリシンは、排出されるまで臭っているので、尿や汗によって体の外に排出してしまうとよいです。そのため、水をたくさん飲んで水分をとり、尿として外に出してしまうと、臭いを消すことを早めてくれます。

また、水を飲むことでデトックス効果を得られるだけでなく、代謝機能をアップさせて病気を予防し、ダイエット効果を促進することができます。水のデトックス効果や代謝機能アップに関しては以下の記事で詳しく解説しています。

運動をして汗を流す

水をたくさん飲む方法と同じですが、運動をして汗を流すことで、汗から臭いを体の外に排出しようとする方法です。運動をすることで汗も出るし、水も自然とたくさん飲むようになります。

口臭や体臭からニンニクの特有の臭いを放っていることは、自分も嫌ですが周りにも迷惑がかかるので、朝起きたらジョギングに行ってみましょう。健康的で体にもよいですし、早く臭いを消す方法としてもよいです。

「水含み入浴法」で臭いを軽くする

1.大さじ1杯の水を口に含み3分間ぐちゅぐちゅうがいをする

大さじ1杯は、口の中で水を転がせる程度の量です。入浴しながら、うがいをひたすら3分間行ってください。

2.3分たったら吐き出す

3分経ったら吐き出して、うがいをしてください。水を口の中に含んで入浴するので、汗をかきやすくなります。

3.3回繰り返す

3回繰り返すので、合計9分行います。発汗と唾液の分泌が促されるので口の中もすっきりします。

ニンニクをダイエットに取り入れる方法

ビタミンB1を含む食品と一緒に調理する

ニンニクの臭いの元であるアリシンは、炭水化物を分解してエネルギーに変え、ビタミンB1の吸収を高めてくれる性質を持っています。ビタミンB1は、糖質のエネルギー代謝に欠かせません。

アリシンは、ビタミンB1を体内で持続してくれる働きを持っているため、疲労回復に効果があるのです。糖の代謝を上げる効果がある、玄米や豚肉、ウナギ、レバー、ハム、海苔などと一緒に調理をすると、脂肪燃焼に働きかけてくれます。

調味料として使う

ニンニクを摂取するために最もよい方法は、調味料として使うことです。ニンニクを調理するとなると、食材の邪魔をしそうなときもあります。ニンニク味噌やニンニク醤油などにして、食材にかけたりつけたりすると、程よくニンニクを摂取することができます。

調味料に加えるときに、チューブのすりおろしニンニクが使いやすくて便利です。生のニンニクを、すりおろして食べることもおすすめです。

フライドガーリックにする

ニンニクをスライスしたものを、そのまま油で揚げてしまいましょう。油で揚げることにより、香ばしさが増し、料理のアクセントになります。いわゆる、にんにくチップができ上がります。

おすすめは、お肉やサラダにかけて使う方法で、食感も楽しめて味をぐっとしめてくれます。ただし、油で揚げるので、食べ過ぎには注意が必要です。フライドガーリックを作るなら、オリーブオイルなど体に健康的な油を使用すると、ダイエット中でも食べられます。フライドガーリックは、1度食べると止まらなくなる美味しさです。

ニンニクダイエットのおすすめレシピ

香ばしく焼き上げる「トンテキ」

材料

・豚肩ロース 2枚
・塩 少々
・コショウ 少々
・醤油 大さじ2
・酒、みりん 各大さじ1
・砂糖 小さじ1
・ニンニク 1片
・サラダ油 大さじ1

作り方

1.豚肉を筋切りして、塩と胡椒をかけておきます。
2.熱していないフライパンに油をひいて、塩コショウした側を下にして、フライパンにのせます。
3.火をつけて肉が焼ける音がしてきたら、弱火にして蓋をします。
4.表面から肉汁がでてきたら、肉をひっくり返して再び蓋をして弱火で焼きます。
5.肉が焼けたらお皿に移します。肉を持ち上げて、ピンク色の肉汁がでてこなければ完成です。
6.フライパンに残った肉汁は、捨てずにソース作りをします。
7.醤油、酒、みりん、砂糖、ニンニクを入れ、中~強火で焦げないように混ぜます。
8.気泡が大きくなって、とろみが出てきたら火を止めて、肉にかけて完成です。

お手軽調理法「丸ごとニンニク」

材料

・ニンニク 1個
・サラダ油 ニンニクがかぶる程度

作り方

1.皮をむいたニンニクを鍋に入れて、かぶるぐらいの油を入れてコトコト煮ます。
2.竹串を刺して柔らかければ完成です。お好みで、一味塩や梅塩など、いろいろな味の塩をかけて食べてください。

ニンニク香るごはん「ガーリックライス」

材料

・ごはん 1.5合
・卵 2個
・ニンニク 1かけ
・しょうゆ 大さじ1~2
・バター 20g
・塩 少々
・ブラックペッパー 少々
・サラダ油 大さじ4
・ニンニクチップ用ニンニク 1かけ

作り方

1.ニンニクをみじん切りにし、卵は溶いておきます。ごはんはすぐに入れられるように、お皿に準備しておきます。ニンニク用チップは、スライスしておきます。
2.フライパンにサラダ油を入れ、スライスしたニンニクを入れて、色が付くまで揚げます。
3.色がついたら、スライスしたニンニクをキッチンペーパーにあげて、みじん切りしたニンニクを入れて、炒めます。
4.ニンニクのよい香りがしてきたら卵を入れ、卵が固まる前に、すぐにごはんを入れて、パラパラになるまで炒めます。素早く炒めることがコツです。
5.ごはんがある程度パラパラになったら、バターと醤油を入れて炒めて、味をなじませます。
6.塩とブラックペッパーで味を整え、ニンニクチップを飾ったら完成です。

さっぱりでもこってりでも大丈夫な「ニンニクとわかめの和え物」

材料

・ワカメ 50g程度
・ニンニク(すりおろし) 少々
・青じそドレッシング 大さじ2

作り方

1.ニンニクをすりおろします。(チューブでも可能)
2.ワカメを水から戻したら、一口大に切ってすべて和えて完成です。

黒ニンニクの特徴

高温多湿の場所で長期間熟成させて作る

白ニンニクを高温多湿の場所で、およそ1ヶ月間熟成させたものが黒ニンニクです。長期間熟成させて、自己発酵させるので、添加物が入っていなくても黒い色になるのです。

ニンニクに含まれる糖質と、アミノ化合物によるメイラード反応で、黒くなっているとされています。メイラード反応は、抗酸化作用の効能を高める効果があり、白いニンニクよりも、抗酸化力が黒ニンニクの方が高いといわれています。抗酸化力が強いと、錆びない体にしてくれるので、年齢を重ねても元気でいられます。

たくさんの栄養素がバランスよく含まれている

黒ニンニクは、健康食品やサプリメントに使用されるほど、健康への効果や効能が期待されている食品です。白ニンニクよりも、たくさんの栄養素がバランスよく含まれているのです。

ポリフェノールや遊離アミノ酸など、熟成されているので、ニンニクと同じような栄養素がパワーアップして含まれています。黒ニンニクのほうが熟成されている分、栄養素のパワーアップにより、白ニンニクより効果が高いとされています。

刺激がマイルドになっている

黒ニンニクは、臭いの元であるアリシンが、低温でじっくり熟成されることで激減し、白ニンニクよりも刺激が弱くなっています。刺激があまり強くないので、たくさん食べてしまいそうですが、食欲増進の効果は白ニンニクとさほど変わりません。

ニンニクが持つ刺激が、熟成によってマイルドになって、柔らかくなっています。ですから、胃腸の弱い人も食べられて、腸内を整える効果も得られます。胃腸が弱い人や弱っている人は、積極的に黒ニンニクを摂取するとよさそうです。

食物繊維が豊富

黒ニンニクは、低温でじっくり熟成させることで、植物性乳酸菌の量が増え、腸内の善玉菌を助けくれるため、胃腸の調子を整えてくれます。食物繊維が豊富なので、お通じが良くなり便秘気味の方におすすめです。

乳酸菌には、動物性乳酸菌と植物性乳酸期の2種類があります。ヨーグルトやチーズに含まれる乳酸菌は、動物性乳酸菌です。動物性に比べて植物性乳酸菌は、胃酸にも負けず、非常に強い力を保ち、生きたまま腸に届く性質があります。

臭いがほぼ消えている

ニンニク特有の臭いが気になるところですが、黒ニンニクは低温でじっくり熟成させることで、臭いの元のアリシンという成分が激減し、白ニンニクより臭わず、消えるので気になりません。

白ニンニクの香りは、口臭や体臭となって放ちますが、黒ニンニクは放つ臭いさえしなくなるので、摂取しても自分も周りも気にならないことが嬉しいですね。

また熟成発酵させることにより、特有の臭いが消えて、プルーンのような甘酸っぱい匂いに変化するので、口臭や体臭が気になる方には、黒ニンニクがおすすめです。

黒ニンニクのデメリット

一日の摂取量が決まっている

白ニンニクよりも魅力的な黒ニンニクですから、たくさん摂取したい気持ちもわかりますが、ニンニクには変わりはありません。いくらマイルドになっていてもニンニクなので、1日1~2片までにとどめましょう。

食べ過ぎても体内に効果が持続され続けるわけではなく、ただ不要な量の栄養などは排出されるだけなので、食べても蓄えられるわけではありません。1日に食べる量が大事ではなく、継続して摂取することが大切です。

また、体調などによっては、お腹がゆるくなることもあります。たくさん食べることで健康になるのではなく、毎日欠かさず摂取することが、健康的な体作りにおいて重要な役割となります。

作るのに手間がかかる

黒ニンニクは、自宅で作ることができます。白ニンニクがあれば作ることができますが、作るのには少し手間がかかります。黒ニンニクは、炊飯器で作ることができます。

炊飯器で作るのに1ヶ月もかかる上、激しい臭いがします。そのため、ご飯は炊けなくなってしまいますので、黒ニンニク専用の炊飯器が必要になります。さらに、炊飯器では簡易に作るために、完全に発酵しきらないので、黒ニンニクの効果は半減してしまいます。

購入すると意外と高い

国内で販売されている黒ニンニクは、国産のニンニクを使用したブランドのものが多く、安全面では安心して購入することができます。しかし、国産というだけあって、価格は高いものばかりです。

さらに、黒ニンニクを作る工程には、手間暇がかかるので、どうしても価格が高くなってしまうようです。手っ取り早く完成品を購入できますが、意外と高く、毎日食べることは難しいでしょう。

 

手軽に黒ニンニクを摂取する方法とおすすめ製品

サプリメントを飲む

手軽に黒ニンニクを摂取する方法は、サプリメントを飲む方法がよいです。サプリメントにしたからといって、効果が落ちることはなく、黒ニンニク本来の効果を期待できます。

サプリメントから摂取するなら、黒ニンニクの有効成分だけでなく、その他の栄養もバランスよく含まれており、手軽に飲めてそこそこの値段で取り入れることが可能なのです。

サプリメントなら、自分で作る手間もいりませんし、ニオイを気にせず摂取できるのでおすすめです。また、他の栄養と一緒に摂取できる点も、体にとって嬉しいことですね。

ドクターシーラボ 黒にんにく酵素スティック

ドクターシーラボの黒にんにく酵素スティックは野菜や果物、キノコなど80種類以上の素材を発酵熟成させた健康食品です。美容と健康だけでなく、燃えやすい体に疲れにくい体のサポートをしてくれます。

冷え症で悩んでいる方や、お通じ改善したい方だけでなく、ダイエットしている方にもおすすめのサプリメントです。内容はペースト状で、スプーン1杯を1日に摂取するだけでよいです。プルーン風味の甘酸っぱい感じなので、飲みやすいです。

DHC 熟成黒ニンニク

DHCから販売されている熟成黒ニンニクは、1日3粒飲んでいただくサプリメントです。熟成黒ニンニクはニンニクを主原料としており、スタミナやバリアパワーをサポートします。

また、口コミ評価も良く、熟成黒ニンニクを飲んでから風邪をひきにくくなったり、疲れにくくなった方が多いようです。さらに、臭いも気にならないので、ニンニクを摂取するなら、サプリメントの方がよいです。

ニンニクを効率よく摂取してダイエットに役立てよう

ニンニクは、臭いが気になって次の日が休みの日に食べるなど、食べる日を選びがちです。しかし、ニンニクにはさまざまな効果があるので、健康のためにも適度に摂取していきたいです。どうしても臭いが気になる方は、サプリメントでも摂取できる優れものなので、ぜひニンニクを摂取して、ダイエットに役立ててみてください。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル