顔が黒い原因は?改善方法や予防法をまとめてご紹介します!

顔が黒い原因は?改善方法や予防法をまとめてご紹介します!

2017.09.28 /

NADECICA編集部
NADECICA編集部

顔が黒い原因にはさまざまなものがあります。それらをしっかりと知識として把握しておくことで、いざ顔が黒くなってきてしまったときに対処することができます。ここでは、顔が黒い原因はもちろん、その改善方法や予防法も詳しくご紹介しています。肌の美しさを保ちながら、しっかりと美白することができる方法もご紹介していますので、それらを参考にしてあなたも白く美しい肌を手に入れましょう。

顔色が黒くなる原因とは

紫外線を浴びすぎている

日焼けなどによって紫外線を浴びると、皮膚を守ろうとして、メラノサイトという細胞が活性化し、メラニン色素をたくさん作り出します。肌を守ろうとしているにもかかわらず、メラニン色素が黒いために、紫外線を浴びすぎてしまうと肌が黒くなってしまうのです。肌のターンオーバーが活性化し、顔が黒くなってしまうものの色素沈着を起こさなければ、また元の肌の色に戻ります。

毛穴のつまり

私たちの肌には無数の毛穴が存在しますが、これらの毛穴の中に汚れが溜まってしまうとどんどん黒ずんできてしまいます。特に小鼻まわりの毛穴の黒ずみは、経験がある方が多いのではないでしょうか。顔全体の毛穴が詰まっていると、小鼻まわりの毛穴の黒ずみのようになってしまい、それが顔が黒い原因になっている可能性もあります。

糖分の多量摂取

糖分がたくさん含まれている甘いものやごはん、パンなどの炭水化物が好きな方は、それによって肌の内側でたんぱく質と糖分が結びつき、肌のくすみを引き起こす場合もあります。糖分の多量摂取は糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病を発症するリスクも大きくしますので、肌にはもちろん、体にも良くありません。

加齢による肌の老化

加齢に伴い、肌細胞も少しずつ退化してしまいます。そのため、細胞同士の結びつきやターンオーバーなどが活発に行われなくなり、肌の老化を引き起こします。そのため、シミやシワなどの症状はもちろん、肌の黒ずみなども改善されなくなってしまいます。ですから、肌細胞の活動を活発化させ、ターンオーバーをしっかりと行うことで、顔の黒ずみを改善することができます。

溜めすぎたストレスかも

ストレスを受け続けると、私たちの体の中では自律神経のはたらきが鈍くなります。そうすると血流も悪くなり、新鮮な血液が循環せず、顔はもちろん、身体のさまざまな器官に影響を及ぼしてしまいます。新鮮な血液を循環させるためにも、適度なストレス発散をするようにしましょう。

体の不調が原因のことも

気分が悪い、熱があるなどの症状がみられるときには、顔色が悪くなるのはご存じのとおりです。しかし、自覚症状がない場合でも顔が黒くなってしまっている時には、何らかの体調不良を引き起こしている可能性があります。体調管理のためにも、十分な休養をとるようにしましょう。

十分な睡眠がとれていない

しっかりと睡眠がとれているような場合には、体の中にたまった老廃物がしっかりと除去されている状態になっており、顔にめぐる血液もきれいな状態になっています。しかし、睡眠不足になってしまうと、体の中にたまった老廃物をしっかりと除去することができず、体の中を巡っている血管を流れる血液も濁ってしまい、それが顔が黒くなってしまう原因かもしれません。十分な睡眠は、健康的な生命活動に欠かせない要素のひとつです。しっかりと睡眠をとり、肌だけでなく、体の調子も整えましょう。

日頃意識すべき黒い顔色の対処法

AM10~PM14時の外出を控える

1日のうちで、最も紫外線が多いとされている時間帯がAM10~PM14時の時間帯です。紫外線による日焼けやメラニン色素の生成を抑えるためにも、この時間帯の外出は控えた方がいいでしょう。また、どうしても外出する際には、日焼け止めクリームや日傘などの紫外線対策をしっかりと行い、極力紫外線を浴びないような工夫をするようにしましょう。

糖分の摂取や間食を控える

肌の黒ずみだけでなく、体の健康にも影響を及ぼす可能性が高いので、当分の多量摂取や間食などは控えた方がいいですね。糖分の摂取や間食を控えることで血糖値の値をコントロールすることができるので、高血圧な方には特におすすめです。

趣味などでストレスフリーの生活を送る

仕事や生活の中でストレスを感じてしまうことは仕方がないことだといえますが、それによって溜まってしまったストレスをしっかりと発散することが大切です。特に、自分の趣味やスポーツなどで体を動かすなど、自分なりのストレス発散方法をしっかりと実践することが重要になります。特に、ジョギングや速足での散歩などの軽い運動は、自律神経のはたらきを活性化してくれるためおすすめです。

健康診断を受け治療が必要な場合は受ける

社会人であれば1年に1度の健康診断の受診は義務付けられていますが、その時こそご自分の身体を見つめなおすいい機会となります。毎年受けている方もそうでない方も、一度健康診断を受けて、ご自分の身体と向き合ってみましょう。良くない数値が出た時には、それを改善するためにしっかりとした対応をとるようにしましょう。

 

黒い顔色悩みを改善へ導く美容法

家の中にいても日焼け止めを塗る

紫外線は、日差しがあってもなくても降り注いでいます。それは家の中でも同じことで、しっかりと日焼け止めを塗っていることで、メラニン色素の生成を抑制し、肌の日焼けや黒ずみを防ぐことができます。

日焼け止めはこまめに塗り直す

日焼け止めの効果は商品によっても異なりますが、それほど長くはありません。汗をかいた時や食事をしたとき、手を洗ったときなど、些細なことで落ちてしまいますので、こまめに塗り直すことが必要です。

肌の水分量アップやキメを整える

肌がしっかりと潤った状態であることによってシミやシワを抑えることができますが、肌の水分量が少なければ乾燥肌や敏感肌などの症状が出てきてしまいます。そうすると紫外線などの影響を受けやすくなってしまい、黒ずんでしまうこともあります。しっかりと肌の水分量を確保できるよう、毎日の保湿はしっかりと行いましょう。

汚れをごっそり落とせるクレンジングを使う

毛穴につまった汚れや肌の葉面の古い角質などは、毎日洗顔していても溜まってしまいます。それが肌のくすみや黒ずみの原因になりますので、しっかりと汚れを取り除くことができるクレンジングを使うことで改善しましょう。

セラミド入りスキンケア用品を使う

セラミドは保湿成分としても良く知られていますが、肌の細胞のキメを整えたり、うるおいを持続させるはたらきを持っています。このセラミド配合のスキンケア用品を使うことで、肌の保湿やキメを整えることができますのでおすすめです。

朝晩2回きちんと洗顔ケアする

顔についたホコリなどの汚れは、その日のうちにしっかりと取り除く必要があります。朝晩の2回は、しっかりと洗顔し、古い角質や汚れ、メイクなどをしっかりとオフしましょう。

 

日焼け防止を助ける美容液の紹介

1.DHC 薬用V/C美容液

肌の安定性、肌への浸透性に優れたビタミンC誘導体をたっぷりと配合した美容液です。紫外線によるシミやそばかすなどのダメージを予防しつつ、透明感のある肌へと導いてくれます。また、肌のハリの元になるコラーゲンの生成を促してくれます。

2.ランコム ジェニフィック アドバンスト

ビフィズス菌発酵エキスや酵母エキスなどの発酵エキスによってみずみずしく肌へと浸透し、肌本来の美しさを呼び覚ましてくれる美容液です。

3.パピリオ デイケアパーフェクト

美白美容液をベースとし、みずみずしく透明感のある肌へと導いてくれます。メイクのベースとなり、一日中きれいをキープしてくれるので、メイク直しにかかる時間を短縮できます。

4.美人どうふ UV美容液

乾燥しない肌へとはぐくんでくれるオールインワンタイプで、保湿成分・UVカプセル配合のUV美容液です。UV最高値でありながら、お湯でスルッと落すことができ、パラベンフリーの肌にやさしい美容液になっています。

 

おすすめの日焼け止め5つ

1.UVプロテクト トーンアップモイスチャーベース

最強レベルのSPF50+ PA++++配合で強い紫外線をカットし、ハリのある肌を守ってくれる日焼け止めクリームです。高分子構造のコラーゲンがうるおいベール成分として肌の表面を包み込み、しっとりと明るい肌へと仕上げてくれます。紫外線ダメージブロック成分として、テンチャエキス、アーティチョーク葉エキス、乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液を配合しており、乾燥している環境から肌のうるおいを守ってくれます。

2.エーデルワイス UVプロテクト ヴェレダ

SPF33・PA++を配合しており、天然成分だけで作られた日焼け止めクリームです。紫外線をしっかりと防ぎながら、エーデルワイスなどの植物エキスである保湿成分が乾燥によるダメージを受けた肌をしっとりと包み込んで、肌のキメを整えてくれます。みずみずしい使用感で、UV対策はもちろん、化粧下地や保湿もできるのが特徴です。

3.コーセー 雪肌精 サンプロテクトエッセンスジェル

SPF50+ PA++++配合で、紫外線によるシミやくすみなどの肌のダメージを防ぐ、和漢化粧水仕立ての日焼け止めジェルです。サラサラ感触のスムースゲルを配合することで、肌のベタつきやオイリー感を軽減し、肌のうるおいの持続性があることが特徴です。顔だけでなく、からだにも使うことができます。

4.アクセーヌ スーパーサンシールド EX

SPF50+ PA++++を配合することで、アクセーヌ史上最高のUVカット効果があり、心地よさ・優しさにこだわった日焼け止めベースクリームです。紫外線吸収剤を使用しないノンケミカルタイプであるにもかかわらず、低刺激性を実現しました。バルーンパウダーと光彩パールの2つの特殊パウダーの効果によって明るく、毛穴やくすみが目立たない美しい肌を目指します。ノンコメドジェニックテスト、アレルギーテスト済みです。

5.資生堂 サンメディックUV 薬用サンプロテクト

紫外線ダメージを重ねた肌を徹底的にケアする日焼け止めです。美白や肌荒れ防止に有効なトラネキサム酸と低温焼成酸化亜鉛の2つの有効成分を配合し、うるおい成分も配合することで、乾燥による小じわを目立たなくしてくれる特徴があります。使いやすいミルクジェルタイプで、肌をみずみずしくうるおしてくれるのにサラサラな使用感が特徴です。これ1本で、化粧水、乳液、美容液いらずのスキンケアができ、化粧下地としても使うことができます。ウォータープルーフタイプで、アレルギーテスト、ノンコメドジェニックテスト済みです。

知識を身につけ肌を守りましょう

顔が黒くなってしまうのは、その多くが紫外線を浴びてしまうことによるものです。「少し出かけるだけだから・・・」「家の中にいるから大丈夫」といった知識不足が原因で、顔が黒くなってしまったり、久住が出てきてしまったりしてしまうため、紫外線による肌への影響をしっかりと知識として身につけておく必要があります。

紫外線による肌への影響をしっかりと把握し、くすみやシミなどの肌トラブルを改善し、予防していく行動が必要になります。正しい知識を身につけ、白く、美しい肌を手に入れましょう。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

記事のお問い合わせはこちら

PICK UP MODELS

NADECICA公式モデル